CoCoSiA(ココシア)

自分の気持ちを伝えるのが苦手な人の10個の特徴と対処法


あなたは、きちんと自分の感情や考えを他人に伝えることができていますか?

自分の気持ちを伝えることが苦手なあなたに向けて、対処法を紹介します。

まずは、自分の気持ちを伝えることが苦手な人の特徴を性格から行動まで10個お伝えします。

また、気持ちを伝えることが苦手な方がすぐに実践できる対処法をご紹介。

今回の記事で気持ちを伝えることが苦手なあなたの参考になりましたら幸いです。

この記事の目次

自分の気持ちを伝えるのが苦手な人の10個の特徴

まずは、自分の気持ちを伝えるのが苦手な人の特徴を個人の性格から行動まで10個紹介します。

自己肯定感が低く自信がない

他人と自分を比較する自己肯定感が低い方や、自分に自信がない方は自分の気持ちを伝えられません。

自分を大切な人間だと認めていないため、価値がないと感じてしまい自分自身を過小評価してしまうので気持ちや考え、意見を伝えられないことが多いのです。

他人に心を開けない

他人を信頼できない方は心を開けないため、自分の気持ちを伝えることが苦手です。

「傷つけられたらどうしよう」と不安に思ったり「嫌われたら嫌だ」などと臆病な方は、他人からの反応やアクションが怖くて心を開けずに、自分の気持ちや考えが伝えられません。

人見知り・恥ずかしがり屋

人とコミュニケーションをとる時に、緊張したり恥ずかしいと思ってしまうような人見知りの方は自分の気持ちをなかなか伝えられません。

人との交流することが少なく、コミュニケーションの経験が乏しい方は自分の気持を伝えることが苦手な傾向にあります。

感情を言葉にすることに慣れていない

内向的な方は特に感情を言葉にしたり、表現することに慣れていないため自分の気持ちを伝えることが苦手です。

伝えたい感情や言葉があるのにも関わらず、どのように相手に伝えれば良いかわからないため気持ちを伝えられません。

自分の意見や気持ちを後回しにしている

人に優しく、自分の意見や気持ちを後回しにしてしまう方は気持ちを伝えることも二の次。

他人に意見や考えを合わせてしまう方は特に、自分の感情や意見を伝えることが難しいでしょう。

喜怒哀楽の感情表現が上手くできない

喜怒哀楽とは人間が持っている感情を表す表現ですが、気持ちを伝えることが苦手な方は感情表現が上手くできません。

特に無表情だと他人に言われたことがある方は、自分自身が思っているより気持ちを伝えることが上手くないことがあります。

控えめな性格で目立ちたくない

消極的で大人しく慎ましい性格の方は、自分の感情や意見など気持ちを伝えるタイミングを逃しがち。

一度伝えるタイミングを逃してしまうと後手後手に回ってしまいます。

リアクションが上手にできない

自分の感情を態度・リアクションで表現できない方は、言葉でも気持ちを伝えることに苦戦します。

リアクションはスムーズに感情を伝える反応なので、表現に乏しい場合は相手に気持ちが伝わっていないこともあるでしょう。

過去にトラウマや嫌な経験がある

気持ちを伝えることに対して、過去に大きなトラウマや思い出したくない嫌なことがある場合、上手く伝えることができません。

自分が発した言葉によってトラブルに巻き込まれた経験があると、繰り返したくないと思い気持ちを伝えることができなくなります。

両親から厳しく育てられた

子供の頃の経験は現在の状況に大きく影響するため、両親から厳しく育てられた経験がある場合、感情を上手に表現できないことがあります。

自分の気持ちを伝えるのが苦手な人の対処法

続いては自分の気持ちを伝えるのが苦手な方に向けて対処法を紹介します。

気持ちを伝えられるように経験を積む

気持ちを伝えることが苦手な方は、コミュニケーション経験不足の可能性があります。

人前に立って話したり、話の中心になるなど経験を積むことで気持ちや感情を伝える練習になるでしょう。

相手の顔色を気にしすぎない

気持ちを伝える際、相手の顔色が気になってなかなか言い出せないこともありますよね。

相手の感情を考えることも重要ですが、思い切って自分の気持ちや感情を伝えてみても良いでしょう。

読書や映画で感情の表現力を学ぶ

読書や映画は感情に刺激を与える良いツールです。

さらに、読書や映画は感情を揺さぶったり、気持ちの上手な伝え方を学ぶことができます。

上手く伝えようとせずシンプルに伝える

気持ちを伝える場合、遠回しに伝えるより端的・シンプルに話す方が相手も理解ができます。