世界には様々な国の人が存在しており、それぞれの国によって同じ人間でもまったく外見が異なったり、特徴を持ったりしていますよね。

日本は島国なので、陸続きでない分を考えると、他の海外の国よりも外国人を目にする機会は少ないのかもしれません。

ただ、日本は海外から見ても非常に豊かな、魅力的な国であるという事も多くご紹介されているので、たくさんの観光客がきている事も事実です。

その上で、日本人という人種のルーツについてスポットライトを当ててご紹介していきたいなと思います。

あまり自分自身である日本人のルーツについて考えた事はないのではないでしょうか。

普段特別な事がない限りこのような事は考えたりはしないかと思いますので、今回はその日本人のルーツについてご紹介していきた医と思います。

是非みてみてくださいね。

1.遺伝子から見る日本人のルーツ

様々な特徴から日本人に関するルーツを見ていきたいと思いますが、まずは遺伝子からみる日本人のルーツについて考えてきたいと思います。

あまり自分達の事を遺伝子レベルで考えてみたりする機会はないかと思いますので、知っているという方はあまりいないかと思います。

それでも日本人である以上は自分たちのルーツくらいは知っておいても損はないですよね。

まずは遺伝子からルーツを探っていきましょう。

是非、今回知った内容を豆知識で友達や知り合いにも披露してみてください。

きっと盛り上がるかと思いますよ。

アジアでも特殊な遺伝子を持っている

日本はアジアの中の一つの島国という存在になります。

そして、遺伝子から見てみると、日本人はアジアの中でも特殊な遺伝子を持っているという事がわかります。

特殊と言われると、なんだか嬉しいような悩んでしまうような感じになってしまうかもしれませんが、遺伝子のタイプがなんでも東アジアの中では特殊な存在になっているのだとか。

それは簡単に言えば、アジア人が持っていないとされている遺伝子を日本人は持っているという事がわかっています。

少数民族を除くアジアで唯一持っている遺伝子があるそうで、そういった意味でかなり異質な民族であるという事がわかっています。

そして、ここからはいくつか遺伝子について細かくご紹介していきたいと思いますので、是非頭の中に入れて頂けたらと思います。

ミトコンドリアDNA

まずはミトコンドリアDNAですが、ミトコンドリアという言葉自体はけっこう聞いた事があるという人は多いのではないでしょうか。

細胞の核の部分のさらに外にあるミトコンドリアというものが持つ遺伝情報になります。

この細胞の特徴でありますが、これは母親から娘へ受け継がれる遺伝という事がわかっています。

逆に、父親から娘へは遺伝子に関する影響は全くないと言われています。

では、これが何を意味するのか?という事なのですが、母親から娘へと遺伝するのであれば、そこをたどっていけば女系の先祖に関する情報、そして謎などを解明していく事につながりきっかけになるのです。

そこから分かっている事はいくつかあるのですが、是非参考にしていただければと思います。

まず、日本の九州にあたる部分ですが、この九州と韓国に住んでいる韓国人は非常に似通っているという事が判明されています。

そして、日本の本土で考えた時に、関東より西と東北より東の部分を比べるとかなり異なるという事もわかっています。

同じ日本でも遺伝子だけで見るとかなり違うという事がわかり、これは非常に興味深い結果になっているのではないでしょうか?

Y染色体DNA

次にご紹介するのがY染色体DNAですが、細胞の外には染色体という部分があり、この染色体は大きく二つに分けられます。

まずはX染色体、そしてY染色体です。

このうち、Y染色体に注目していただきたいのですが、なぜかといいますとこのY染色体は父親から息子へと受け継がれる遺伝子になるのです。

なので、母親から息子へとは引き継がれないものになります。

なので、先ほどと同様ですがこれをたどっていく事で男系の先祖に関する情報、謎などを解明していく事が出来る方法になります。

これをたどっていく事で、いくつかのタイプに分けて考える事が出来、それは例えば縄文人の持つ遺伝子を持っているタイプ、そして弥生人の持つ遺伝子を持っているタイプと分けて考えたりする事が出来るので、非常に面白い結果を招く事が出来るともいえるでしょう。

なお、日本本土の人は半分混ずつざり合った人が多いようです。

ハプログループDタイプ

最後にご紹介するのが、ハプログループと呼ばれる遺伝子です。

これは、先ほどご紹介したミトコンドリアの中で分類される遺伝子情報です。

ミトコンドリアにはいくつかのグループがあり、その中のひとつにハプログループは過ぎないものになります。

この遺伝子も調べる事でルーツを探る事ができ、例えば人類がアフリカへ移動していくルートなども判明したりなど、これだけで様々な事がわかるようになるそうです。

このDグループは特異な遺伝子で、このDグループは元々アフリカから沿海ルートを通りアジアに向かったとされており、今ではこの遺伝子はアジアのきわめて限られた地域でしか見つけられない遺伝子となっているそうです。

なお、このDグループが多くみつかるのは日本、チベット、ヤオ族、グアム島だけだそうです。

なので、非常に珍しい特異な遺伝子を持っているという事になりますよね。

謎なのが、日本に近い中国や朝鮮半島などではこの遺伝子を持っている人はほとんど見られないそうなんです。

場所が近いだけにすごく不思議ですよね。

ただ、ひとつの理由としては日本が島国であり、他の共通してみられる特徴はなかなか他の場所と交流がしにくい地域であるという事がわかっているので、島国であった事がひとつの原因になっているという説があります。

遺伝子から見ると日本人のルーツは東南アジア!?

遺伝子から見ると、日本人のルーツは東南アジアではないかと言われています。

元々東アジアに住むためにアラビアから南アジアの沿海岸を通っていったのではないかと言われています。

そして、そこから東南アジアに入り、北方への経路を進んでいき日本にたどり着いたのではないかと言われています。

なので、もともとは日本人は東南アジアがルーツになっているのではないかと言われています。

人の存在自体はアフリカがルーツになっており、そこから世界にどんどんと広がっていったとされています。

そう考えると、もともとは同じだったのに環境や経験してきた事で、どんどん進化して、今の人類が存在しているんだなと思うと非常に神秘的な気持ちになりませんか?

2.顔から見る日本人のルーツ

先ほどは遺伝子から日本人のルーツについてご紹介していきました。

ではここからは、日本人の顔からルーツについて考えていきたいなと思います。

世界には様々な人種があり、それぞれの国によって人の特徴ってたくさんありますよね。

でも、大きく分けると、白人、黒人、黄色人種という風に分けられるようのも思います。

ただ、細かい部分を見ると様々な特徴があるのも事実で、日本人の顔ってどんな感じなんでしょうか?
顔から色々とわかる事もあるので、是非ここからは顔について真剣に考えて頂けたらと思います。

日本人の顔は縄文人と弥生人に分けられる

まずは、日本人という人種に関して考えた時に、日本人は大きく二つに分ける事が出来ます。

ご存知の方も多いかと思いますが、縄文人と弥生人ですね。

具体的にご紹介すると、もともと大陸と日本は陸続きになっていました。

元々先に日本に渡っていた人達は縄文文化をはぐくんでおり、今でいう縄文人とされています。

そして、その後に渡来人がやってきて、その渡来人が本州で弥生文化を築いていき、今でいう弥生人という風になっています。

なので、この二つに大きく大分する事が出来るという事がわかります。

なので、その視点から日本人という人種を解明していきましょう。

縄文人タイプの特徴

まずは、もともと先に日本に住んでいた縄文人についてお話していきたいと思います。

縄文人の特徴は、全体的におおぶりであるという事です。

どちらかといえば、がっちりとした体形、体格、骨格という事になるでしょうか。

そして、背は高く、それぞれのパーツが大きかったり、長かったりという事が言われています。

また、非常に体毛が濃いいという事でも特徴的であるかもしれません。

体毛が濃いので、当然ながら眉毛も太く、目はどちらかというとぱっちりとしたくりっとした二重の目であったようです。

そして、輪郭も骨格が大きいので、どちらかといえば四角形の形をしているような、いわゆるホームベース型のような骨格であったそうです。

唇や耳たぶも大きく厚いような形になっているという事で、想像すると職場に一人くらいはいそうな顔ではないでしょうか。

とにかく濃い、男らしいような、そんな人が縄文人というイメージですね。

縄文人タイプの性格

では、縄文人はどのような性格をしていたのか、性格の違いはあったのか?という事が疑問に思い浮かぶかもしれません。

もちろん、人種によって性格は違ってきます!
なぜかといいますと、まずは縄文人ですが縄文人はどちらかといえば狩猟採集などを行っており、少数精鋭で望んでいた事から基本的に少数精鋭で対応な立場を好んでいます。

そして、狩猟などを行っていたので、その日の分はその日にというような考え方、行動様式おtなっていましたので、場当たり的な行動をする事が多かったようです。

なので、腹が減ったから今から餌を取りに行く!というような印象でしょうか。

そして、狩猟に関してはうまくいく事もあれば、失敗する事も当然あったようで、失敗に関してそれほど気にしないというおおらかなタイプという事も性格に反映されているようです。

なので、イメージとしては西郷隆盛のような、豪快で気は優しくて力持つ、のような印象なのではないでしょうか。

弥生人タイプの特徴

次に弥生人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

先ほどの縄文人と違い、弥生人は対照的な存在となっています。

弥生人は全体的に細く長いという特徴があり、背は低く、それぞれのパーツは短いともいわれています。

なので、縄文人と比べて一見ひ弱な感じの見た目の印象となっています。

今でいう草食系男子のような、細身の体系となっています。

そして、体毛自体は薄く、顔は輪郭が丸い輪郭で、目は一重で切れ長の目をしていたようです。

現在でいうイケメンの塩顔系男子のような印象でしょうか、なので、現在の女性は弥生人顔が好きという傾向にあるのかもしれません。

そして、耳や唇は薄く、すっきりとしているようです。

昔から美人と称されるのは弥生人だったそうで、今でもそれはあまり変わらないというような結果になっているのかもしれませんね。

弥生人タイプの性格

次に気になるのが弥生人の性格ですが、先ほどの縄文人とはまた違った対照的な性格をしています。

先ほどの縄文人は生活スタイルが狩猟をしているというのに比べ、こちらの弥生人は農業の方がさかんだったようです。

なので、どちらかといえば少数といよりは集団的な生活スタイルを送っていたようにも捉えられます。

実際に、集団での行動をとっていたので、失敗に厳しい性格のような人が多かったそうです。

実際に農業に関してもひとつの失敗で大きな損害が出るので、計画的で慎重であったともされているので、こうした普段の生活スタイルの違いによって性格も形成されていくんだなと思うと非常に考えさせられてしまいますよね。

生活スタイルだけでもこれだけ違いが出てくるのですから、それぞれの国によって文化や特徴が形成されていくのも当然かもしれませんね。

3.ユダヤと関係がある!?日本人のルーツ

あなたはユダヤ人を知っていますか?
かつて、ドイツで迫害された民族ですが、ユダヤといえば昔から存在していた文明であり、非常に優れた民族であるという事も有名な話です。

ユダヤ人はお金を稼ぐ事について非常に優れた民族であり、そのほかにもたくさんの知識を保有していたため、ヒトラーは危機感を感じて迫害したという風にもいわれています。

そんなユダヤ民族ですが、思わぬ所で日本人と関わりがあるのかもしれません。

単純な話ですが、お金を稼ぐ能力、その他の能力も高い民族と共通点だったり、ルーツが関係するってなんだか嬉しいですよね。

今回はそんなユダヤ人とのルーツについてご紹介していきたいと思います。

日ユ同祖論とは

ユダヤとのルーツを語る前にあなたは日ユ同祖論という言葉あを知っていますか?
日ユ同祖論とは、日本人とユダヤ人が共通の先祖であるヤコブを持つという説なのです。

古代イスラエルでは、いくつかの民族が存在しており、その中のいくつかの民族が日本に来たのではないかといわれている説であり、細かい説がたくさんあるので、非常に細かい部分までは謎となっているようです。

ただ、遺伝的な面で見てみると遺伝子組成がかなり異なっているので、この説はあまり有力ではないという事もわかっています。

なので、あくまでこういう説があるんだなぁ位に感じていただけたらと思います。

ただ、これからご紹介するいくつかの項目の中で、偶然には思えない事もあったりするので、まだまだ実際はどうなのかわからないので、是非あなたの中で自分なりの答えを見つけてみてはいかがでしょうか?
それでは見ていきましょう。

ユダヤと日本にはよく似た祭りがある

日本とユダヤの関係性の中で、気になるのがまず似たような祭りがあるという事です。

日本には三大祭として京都で行われている祇園祭というものがあります。

これは7月17日に行われている祭りになるのですが、なんとユダヤでも似たような祭りがおこなわれているんです。

名前はなんとユダヤはシオン祭りとされており、非常に名前が似通っているんです!
これって偶然でしょうか?
なおかつ、なんとこのシオン祭りですが開催日時がなんと…同じ7月17日に行われているんです。

これは偶然と呼ぶにはあまりにも似通っていませんか?
非常に気になってしまう謎ですよね…何かの関係性があるとしか思えない現象だと思われます。

ユダヤの神殿と日本の神社の作りが似ている

そして、この祇園祭とシオン祭りですが、似ているのは開催日時と名前だけではありません。

もともとシオン祭りというものはノアの箱舟でも知られている通り、ノア一家が大洪水から逃げる事を祝うお祭りとなっています。

ノアの箱舟といえば、大洪水から大きな箱舟を作って逃げるという物語ですが、日本の祇園祭では山車を担いだりするのですが、専門家からはこの山車がノアの箱舟を象徴しているのではないかとも言われています。

そう考えると、箱舟も関連性があったりするという風にとらえる事が出来ます。

箱舟と開催日時、そして名前…これらを考えると、ユダヤとの関係性がまったくないとは言えなくなってしまうのではないでしょうか?
非常に不思議な内容ですよね、まるで偶然ではないような気もしてしまいます。

古代ユダヤ人の体格は日本人と似ている

古代ユダヤ人との関連性ですが、なんと古代ユダヤ人と日本人の骨格や体格が似ているという事も理由のひとつになっています。

例えば、みなさんの想像で、ユダヤ人というとどんな見た目でしょうか。

金髪や色白な欧米人を想像してしまうかもしれませんが、これは間違いで、古代ユダヤ人は黒髪、黒目、朝黒い肌をしており、見た目は日本人と似ているという事がわかっています。

そして、遺伝子レベルでの話になりますが、冒頭でもお伝えしたY染色体を思い出してみてください。

これは男性同士で遺伝される要素になりますが、古代ユダヤ人と日本人の染色体が同じ大きさで見られたという事もわかっています。

そう考えると、もはや関連性が全くないとはいえないですよね。

非常に興味深い研究結果だとは思いませんか?

日本語とヘブライ語は似ている

日本語とヘブライ語ですが、これがかなり似ているという事も話題となっています。

ヘブライ語を目にする機会がなかなかないかもしれませんが、一度見て頂けると非常にわかりやすいかと思います。

日本語のひらがな、そしてかたかなですが、けっこうヘブライ語と同じような文字が使われている事が多いのです。

すべてではないにしても、一文字二文字というレベルではなく、かなり似ている文字が多いので、それもユダヤとの関係性を証明する一つの理由になるのかもしれませんね。

文字が似ているというのは、文明的にもにたような文明があったととらえる事も出来るため、本当にユダヤ人との関係性が気になります。

そうすると、祖先が同じと考えると親近感がわいてしまいますよね。

ただ、もし同じ祖先だったとして、今では見た目もまったく違うと考えるととても不思議ですよね。

4.目の色から見る日本人のルーツ

ここまでたくさんの特徴から日本人のルーツについてご紹介していきました。

そして、ここからは日本人の瞳の色についてのルーツをご紹介していきたいと思います。

瞳の色というと、あまり意識した事はないのではないでしょうか。

もちろん、海外の綺麗な青色の瞳に憧れを感じた人もいるかもしれませんが、あまり瞳の色からルーツを考える事はないかと思います。

瞳からもルーツを考える事が出来ますので、是非気になる方はみてみてくださいね。

じっくりと自分自身の瞳の色も見てみてはいかがでしょうか?

ブラウン(濃褐色)

瞳の色は人によってそれぞれ異なりますし、同じ日本人でも全く違うという人も中にはいます。

なので、個人差があるという事を念頭に置いたうえでご説明させていただきます。

まずは一般的なのがブラウン色の瞳ですね。

日本人の瞳の色は黒じゃないの?と思った方も中にはいるかもしれませんが、実は日本人の瞳の色は黒色なんです。

もちろん、人によっては薄目の灰色だったり茶色の方も中にはいます。

これも遺伝が関係しており、メラニンの量によって決められるという事も関係しているようです。

これは先ほどご紹介したアジアの国の人達も同じような目の色をしており、中国や韓国、東南アジアなどもおなじようなブラウンの色素の目をしているという事もわかっています。

、もともとのルーツをたどると同じような目の色をしているという事も理解出来るのではないでしょうか。

ヘーゼル(淡褐色)

次のご紹介するのが、ヘーゼルという色見です。

こちらはあまり聞いた事がないのではないでしょうか?
こちらは日本人でもまれに存在しており、色見としては薄い色になります。

薄いグリーンのような色見をした目であり、色素が薄い事でこのような色見になってしまうという事がわかっています。

場所としては、多くはいませんが九州地方や南西出身の方がこのような色をしている事が多いようです。

ただ、中には青森や秋田などの東北の地方で、日本人であるにも関わらず、青い色の目をしている人が存在するようです。

こうして考えると、目の色だけですべてを判断してしまうのは浅はかな考えにもなってしまうかもしれませんね。

5.人類が日本に渡る3つのルート

アフリカが人類の起源だとされているという事はみなさんご存知でしょうか。

では、人類がアフリカからどうやって日本に来たのか、気になる方も多く存在するのではないでしょうか。

これってけっこう不思議に感じて、今まで一度は気になった方も多いかと思いますので、是非ご紹介させてください。

なかなか難しい答えかもしれませんが、これまでの研究で様々な事が明らかになっています。

これも日本人というルーツを考える上で非常に大事な事でもありますよね。

是非この機会に日本人という人種が誕生するまでのルーツを知っていただけたらと思います。

1.北海道ルート

まずはご紹介するのが北海道から経由してきたとされている北海道ルートです。

北海道はもともとシベリアと陸続きになっており、ここから渡ってきたのではないかとされているルートになります。

過去の2万6000年前に北海道の遺跡から見つかった石器があり、それがシベリアのものと非常によく似ている事からこのルートが浮かんできたともいわれています。

ちょうど移住してきたのではないかと言われている期間の間に、シベリアで遺跡が確認できなかったことも含めて、その頃に移住して南下し、今の日本に来たのではないかという風に言われています。

そう考えると、つじつまもあっており、非常に信ぴょう性の高いルートになるのではないでしょうか。

2.対馬ルート

次にご紹介するのが、対馬からやってきたのではないかと言われているルートになります。

対馬のルートですが、これは大陸から海を渡って日本に来たのではないかと言われています。

紀元にしておよそ3万8000年前ともいわれています。

これはなぜかというと、遺跡の数がこの時にかなり増えているからともいわれています。

確かに移住してきて、遺跡をたくさん作り始めたと考えると納得ですし、妥当な結論にはなりますよね。

一応、朝鮮半島から対馬までは目視しながらであれば十分にわたっていける範囲であったともいわれている事から、海を渡ってきて、目視しながらたどり着いたのではないかとも言われています。

以前は寒冷期だった事もあり、海面などもかなり低かったともいわれているので、可能だったのではないでしょうか。

3.沖縄ルート

最後にご紹介するのは、こちらの沖縄ルートです。

沖縄ルートは、およそ時期にして3万年前以上という風に言われており、実際に沖縄県本当の南部で2万年以上前の人骨が見つかったという事もあり、かなり有力なのではないかともいわれています。

そして、今の東南アジアの地域と同じ特徴を持つ遺伝子型をもっていたともされているため、わたってきたのではないかとおも言われています。

問題としては、海を本当に渡れたのか?という事ですが、びっくりする事に、現在の機械など便利な物はなかったにせよ、知力でいえば当時の人達と今の私たちはそれほど知力自体は変わらなかったともされています。

なので、航海術を持って海を制したのではないかともいわれているようです。

まさに謎ですよね、でも様々な事がこれだけ解明されているのは非常にすごい事だと思いませんか?

海外から見る日本人の印象

これまでにたくさんのルーツをご紹介しましたが、日本人は海外から見てどのような見られているかという事を考えた事がありますか?
最近ではグローバルな自体になりましたので、海外の基準であったり、海外の思想などを十分とらえることが容易となってきましたが、まだまだ日本人古来の伝統などは残っているかと思います。

その上で、海外から見た日本はどうなのか?という事を是非知っていただきたいなと思いますので、是非みてみてくださいね。

日本人は宇宙人!?

これは不快だと思う方もいるかもしれませんが、なんと国によっては私たち日本人を宇宙人だと称する国もあるようです。

これにはびっくりですよね(笑)
なぜ日本人が宇宙人なの?と思うかもしれませんが、これには理由があります。

これは宇宙人という比喩は、まるで同じ世界の人ではないみたいと言う風な意味合いとなっています。

例えば、日本人であれば有名な馬刺しがありますよね。

これは馬の肉を生で食べる事ですが、これが信じられないという人も中にはたくさんいます。

日本では当たり前でも、海外ではありえないという事ですよね。

また、海外では荒らされる可能性もあるので、普通はおかれない自動販売機など、他の国の当たりまえが日本では違うという事も海外から見た日本がまるで別の世界であるという事を表されているのかもしれないですね。

日本人と東アジア人は遺伝子が違う!?

元々のルーツとしては、似たような、同じようなルーツだったのかもしれません。

ただ、他に東アジア人と比べて、日本人は遺伝子が違うという事も最近では裏付けられています。

例えば、中国や中国南部、北京、べトナムなどの人種とのDNA比較で、今ご紹介してきた国はかなり近い関係であるのに対し、縄文人は違うという風な結果が出ていました。

元々のルーツが似ていたとしてもDNAで見ると違う為、別の系統で東アジアや東南アジアの人達は生まれたのではないかという見方も出来るんです。

そう考えると、同じアジア人でも別系統から生まれたとう事でまったく別であるという見方もできるわけなんですね。

アジア系の顔じゃない日本人がいる

これは日本人がアジア系じゃない風に見えてしまうという事から始まった事になるのかもしれませんが、アイヌの方の写真を欧米人が見た時に、日本人が白人に見えてしまうという事があるという事がわかりました。

確かに大部分の方は日本人のような見た目ですし、違和感を感じる事はないかもしれませんが、例えば夏目漱石の顔なども良く見てみると日本人離れしているような顔だったりもします。

時々日本人でも本当に日本人?と思ってしまうような人もいることから、こういった欧米人の白人の要素を持った人がいるという事があるのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
日本人のルーツに関して様々ご紹介していきました。

ルーツをたどるだけでも、様々な事を知る事が出来ますし、自分たちに歴史ってとても面白いんだなと思うようになりませんか?
それぞれの国ごとにそれぞれのルーツがあり、それが積み重なって歴史となります。

今自分たちが生きている今が積み重なり、それが未来では歴史となると思うと、なんだか不思議な感覚になりますよね。

是非自分たちが生まれ育った日本という国をもっともっと知ってみてくださいね。