アメリカの国際政治学者、サミュエル・ハンチントンはその著書『文明の衝突』の中で「日本文明は一国だけで完結している孤独な文明圏である。」と述べています。

これは、筆者も概ね同意しています。

古代では中国、インド(仏教)の影響を受け、近代ではヨーロッパの大きな影響を受けながら、いずれも適切にこなしてきました。

さらに武士階級の勃興する鎌倉時代には、「名こそ惜しけれ」という独自の『恥』の文化が浸透していきます。

武士道的な潔さを重視する行動規範です。

これに世界三大文明の影響とのが文化ミックスし、独自の孤立した文化圏になっています。

とくに近隣の中国・韓国との違いは際立っています。

同じ儒教圏とひとくくりにすることはとてもできません。

今では欧米の方により親和性が高くなっていると思います。

そして日本は独自性が高いだけに、さまざまな特徴をあげることができます。

以下それらについて考察していきましょう。

日本人の9個の性格の特徴

以下、常に世界と比較する視点を押さえながら、日本人の性格の特徴を探っていくことにします。

1.礼儀正しい


礼儀とは何か?秩序を維持するために人が守るべき行動様式と辞書にありますが、の行動様式といのは世界中どこでも同じ、というわけにはいきません。

日本では作法重視です。

ヨーロッパの上流社会もそうでしょう。

アメリカでは東海岸と西海岸では様子が違うそうです。

中国は序列にこだわりますが、作法はあまり重視していません。

ところで日本人は本当に礼儀正しいといえるのでしょうか。

ここで筆者の経験を紹介したいと思います。

中国駐在時、現地の鍼灸院に通っていたときのことです。

ベッドが5床、処置室と待合室が一緒になったこじんまりしたところです。

患者は金持ちが多く、共産党地方幹部や銀行支店長、海軍の将軍までいました。

ある日ドアを開けると満員で、中国人同士の会話がはずんでいました。

筆者は彼らの邪魔にならないよう隅のほうに座り、文庫本を読み始めました。

すると後になって鍼灸院の先生から、お前は礼儀知らずだと非難されたのです。

それはなぜでしょうか。

中国では黙っていることは礼儀知らずなのです。

まして社会的レベルの高い人々を前にして積極的に交流しないとは何事か、というわけです。

場の空気を読んだつもりが、実はまったく逆だったのです。

日本では遠慮や作法を重視していますが、果たしてそれは本当に礼儀正しいことになるのだろうか。

個人的には今でも結論は出ていません。

外国人から見ると少し壁を感じる

とにかく日本には独自の感覚に基付いた礼儀作法がたくさんあります。

作法教室を開いたり、本を書いたりして、それで食べている人たちもいます。

ここまで大衆的レベルにまで作法文化の発達しているのは、日本くらいでしょう。

さらに感情を出してはまずい、という暗黙の決まりまであります。

かつてモンゴル出身の横綱・朝青龍が、土俵上でガッツポーズをして非難されました。

横綱ともあろうものがはしたない、礼儀にかなっていないというわけです。

朝青龍は17歳のとき来日し、四国の明徳義塾高校の相撲部に入っています。

17歳からの日本経験では、この辺りの機微は分からなかった、ということでしょうか。

まして大人の外国人にはわかりません。

なお朝青龍は今でも毎年同校へお米一俵を寄付しているそうです。

これは礼儀にかなった行為ですね。

2.挨拶を大切にする


挨拶は日本礼儀作法の基本です。

時候の挨拶、冠婚葬祭のそれぞれ、また宗派によっても違います。

正確にこなそうとすれば、インストラクターが必要になるでしょう。

しかし都会を中心に、気持ちが伝わればいいじゃないか、という風が広まり、やかましいる制約は解けてきつつあります。

嘆かわしいことなのか、喜ばしいことなのか、解釈は人それぞれでしょう。

ただし挨拶を大切にする風まで衰えているわけではないと思います。

挨拶を重要視する文化がある

日本における挨拶とは、私は周囲との調和を重視します、日本文化以外の異文化の人ではありません、との宣言のようです。

3.集団行動と秩序にこだわりがある

出る杭は打たれる、という言葉が生きているように、日本では突出した才能には警戒の目を向けます。

プロジェクトXのような大きな仕事の成果でも、すぐれたリーダーの業績というより、集団の共同作業の結果としたがる傾向があります。

本当に天才的な日本人は、日本の秩序を尊重する「いい人」として自分をぎりぎりまで押さえるか、海外に飛び出すか、の選択をやがて迫られることになります。

集団に馴染む文化がある

日本では自分のもっとも大切な所属集団を家族ではなく、会社や宗教団体などの他の組織に置いている人がいます。

これは家族・一族中心の他の世界の人々からすると、ちょっと考えられないことです。

そのため集団に肌が馴染む、馴染まないは人生の大事のようになっています。

組織への思い入れが少し強すぎるようなのです。

もっとドライに割り切ることも必要でしょう。

4.綺麗好きである

外国人家主が最も部屋を借りてほしいと願う外国人は、日本人で間違いありません。

日本人に貸せば、出ていくときは貸す前よりきれいにしてくれる、という伝説は十分生きています。

日本人奥さんの信用は絶大です。

また、韓国や中国のサウナでも日本人は大歓迎です。

シャワーを出しっぱなしにしたりせず、水の使用量が少ないからです。

消耗品の使用量も少なく、設備を汚すこともない。

じつにいいお客さんなのです。

日本人の奇麗好きは世界中に響き渡っています。

身の回りを整えることが当たり前の日本人

常識とは住む世界によってそれぞれ異なります。

その一例を紹介しましょう。

筆者は中国人の妻から日本の常識では考えられないことを、何回も言われています。

それは、毎日風呂に入るからフケが多い。

毎日風呂に入るから痛風になる。

毎日風呂へ入るから高血圧になる。

何か問題があると、毎日風呂に入るからいけない、と目の敵のように風呂に結びつけるのです。

高級な物件を除けば、中国人の一般家庭にバスタブはありません。

週に2~3度シャワーを浴びるくらいが一般的でしょう。

清潔感という感覚も、清潔に対する考え方もまったく違うのです。

5.時間や約束をきちんと守る

日本人のこの面でも際立った存在です。

口約束でもできるだけ守ろうと心がけます。

東南アジアは豊かなところです。

放っておいても作物が育つため、あまりシャカリキに仕事しなくてもすむ風土です。

その遺伝子の影響でしょうか、今でも時間通りに現れない人はたくさんいます。

カトリックの影響が強いところでも、すべては神の思し召し、あとは教会が何とかしてくれる、といった大ざっぱさを感じます。

契約や善悪などの観念にこだわりの強いのは、プロテスタントの影響が強い、アメリカ、イギリスと、ドイツなどの北欧諸国と日本くらいではないでしょうか。

外国には時間にルーズな国がある

外国の路線バスに時刻表はありません。

例えば中国上海の市内バスの場合、58号系統、運行時間6:00~22:00とあるだけです。

中長距離バスターミナルや鉄道駅には時刻表はあります。

小さな遅れはしばしばあります。

飛行機もしょっちゅう遅れます。

列車が3分や5分遅れただけでお詫びのアナウンスが入るのは日本だけです。

世界標準から見れば、日本の方がおかしいのです。

日本人の時間を守ろうとする努力は、外国人には変態的とまで見られています。

海外に行ったときは、時間のことでカリカリすることなく、もっと気楽に過ごしましょう。

6.仕事に熱心である

日本人は仕事を離れても魅力的といえるのでしょうか。

集団主義のイメージが強く、仕事に熱心なのか会社に熱心なのか、よくわからないところもあります。

ただし一旦作業が始まれば、その熱意や責任感は、文句のつけようはありません。

職人気質が勝り、逆に販売の足を引っ張ることも、頻繁に起こっています。

これは日本ならではの悩みです。

7.自己主張や自己表現が下手である

これは日本人の最大の欠点です。

欧米や中国では自己主張をたたかわせることで、人間関係を作構築していきます。

意見を表明しないことには何も始まりません。

このとき相手の気持ちを汲みすぎたり、場の雰囲気を読む必要はありません。

相手に合わせようとすれば、主体性に欠ける弱い人間と見られてしまうでしょう。

欧米や中国では、子どものころからしっかりこの力を鍛えています。

Why? とBecauseという問いかけの連続で、子どもたちは大変ですが、自分の意見はしっかり表明できるようになります。

物静かに見られる

自己主張することが少ないため、日本人は外国では物静かに見られます。

ただしそれはけっして好印象をもたらしているわけではありません。

何を考えているかわからない不気味な存在、ひどいときには「変態」と見られてしまうことも多いのです。

自己表現が下手、くらいならまだしも、変態扱いされてはたまりません。

8.貯蓄精神が旺盛である

日本は台風や地震など自然災害の多い土地柄です。

まずこの面における不安は常にあります。

さらに仕事や会社に入れ込みすぎていて、それらを失ったときの不安にも強いものがあります。

その割には日本では自動車以外の損害保険の浸透が十分でなかったこと、本来元本の保証された貯蓄商品を好むなこと、などから今にいたるも貯蓄が盛んです。

それも利子の高低にあまり関係されません。

世界的には不思議な感覚と見られています。

将来のことをしっかり考えている人が多い

日本人は将来のことを少し悲観的に考えすぎています。

その結果、金融資産は高齢層に集中しています。

極め付きは死ぬ間際の貯蓄額が、人生で最も多いということです。

これはいくら何でもやりすぎでしょう。

若い世代への資産移転を積極的に図っていく必要があります。

政府による制度的支援も必要でしょう。

9.言動が誠実である

日本人は正直誠実を尊びます。

交渉においても正論をたたかわせます。

ところが他の世界では一概にそうとばかり言えません。

外国人は自己主張と交渉において、あらゆる手段を駆使してきます。

ウソも方便を地で行く交渉ぶりで、正論などは数ある交渉手段の一つに過ぎません。

純情な日本人は、いちいち真面目に対応しすぎ、かえってペースを握ることを難しくしています。

男女別に見る日本人の性格

筆者は中国で貿易の仕事をしていたとき、全世界を相手に商売をしているカシミヤ業者にどこの国のバイヤーが一番信頼できるか?と聞いてみました。

すると答えは、1位ドイツ人、2位日本人、あとはどこも同じというものでした。

まったく予想通りでした。

この2トップは、まじめで信頼できるイメージが確立されています。

これは先人たちよって積み上げられた功績であり、いつまでも受け継いでいきたいものです。

以下それ以外の特徴を分析してみましょう。

日本人男性の性格

日本人男性は、やはり日本人イメージの大半を担っていると言ってよいでしょう。

それを形作っているのは、真摯なビジネス姿勢です。

筆者が中国に駐在していたとき、日本人と韓国人の差が話題となっていました。

それは投資に関するものです。

日本人は中国に100万ドルの工場投資をすると決めたら、計画に基付いて必ず実行します。

ところが韓国人は、事務所を設立しただけでぐずぐずしている。

いつ実行するかさっぱりわからないケースが多いのです。

計画を発表した後でも、もっともうかる商売はないか、などと画策を続けています。

真面目な日本人による投資はどこへいっても歓迎されます。

仕事熱心で真面目である

日本人男性の仕事熱心には定評があります。

とくに海外で仕事をしている日本人は、そのイメージを世界に発信するリーダーだったでしょう。

かつては使命感にあふれた高潔な人材が集まっていました。

その一方、夜遊びもまた盛んでした。

この2つともに熱心なイメージでした。

何をするにつけても真面目だったのです。

現在では世代交代し、新しい世代は仕事一本でゆとりのないイメージです。

ただし真面目さは引き継いでいるようです。

我慢強い

日本人男性は、我慢強いけれども、決して打たれ強いわけではありません。

むしろ精神的にはもろい方です。

集団を離れた場合ではなおさらです。

集団との関係性において常に不安を抱えているのでしょう。

所属集団に対し、我慢して従っているという感覚が強いように見えます。

それで消耗してしまい、私生活には見るべきものがないとしたら、あまり我慢強いのも考えものです。

日本人女性の性格

日本人女性は世界的に高い人気を誇ります。

それは美人でセクシーだからではありません。

それは人様の前で、男性を立ててくれるからです。

欧米や中国では、これはまったく望めません。

彼らの地の女性たちはTPOに関わりなく、平気で夫を非難します。

夫婦喧嘩は人前で派手に行い、自分の味方を増やそうとします。

こうした厳しい家庭風土に置かれている外国人男性にとって、人前で自分を非難しないという一点だけでも、突然この地に舞い降りた天使のように見えるのです。

さらに激しい自己主張はなく、清潔感と引き締まった育ちのよさも感じさせます。

ここまで来るともう外国人男性はイチコロです。

草食系男子の増殖する日本に物足りない日本女性は、是非海外へ目を向けて下さい。

外見を気にする

外見というより世間体を気にする面が強い印象です。

例えば中国の場合、社会正義より自分たちの損得の方を優先します。

その狭間で悩むことはありません。

妻は世間体など一切気にせず、全力で家族を守ってくれます。

これがあるからこそ中国人男性は、日ごろ妻の傍若無人に耐えていられのです。

逆に日本では世間体という外見にプレッシャーを受けて、日本人女性は苦しんでいるようです。

例えば「公園デビュー」などという言葉は、どう通訳しても外国人には伝わりません。

本音と建前がはっきりしている

これは何も日本人女性に限ったことではありません。

どこの国と地域であろうと、女性はみな建前と本音を使い分けています。

そして今日も世界中あらゆるところで、猫かぶりの演技を繰り返しています。

日本人女性の建前と本音の距離は、むしろ近い方です。

逆にこの点がかえって本音を分かりにくくしているようです。

それが世界的には神秘的な印象を与えています。

外国人から見る日本人の性格

世界のジョーク集に面白いものがありました。

ある日、夫がいつもより早く帰宅すると、妻が見知らぬ男を部屋に引き込み、事に及んでいた。

この場面でアメリカ人、フランス人、日本人はそれぞれどうするか?アメリカ人は男を銃で撃ち殺した。

フランス人は自分も服を脱ぎ始めた。

では日本人は?日本人は名刺を準備して、事の終わるのを待っていた。

このジョークはすべて当たっているとは思いませんが、示唆に富んでいます。

日本人はすぐ行動には出ない。

名刺交換して互いの関係性をはっきりさせないと、話をすることができない。

などの特徴は描かれていると思います。

完全に否定できないのはちょっと残念です。

卑屈、自虐的である

卑屈感はもちろん人間以外の動物にはなく、また世界的にもあまり見られない感覚です。

とくにヨーロッパ、インド、中国の3大文明の影響下にある地域にはほとんど見られません。

貧乏人でも、物乞いですらも堂々としています。

もちろん自分と神との関係が優先であったり、階級社会、家族中心思想によって、日本より第三者との関係を重視しない傾向があります。

大陸に住む人たちは、何よりも味方を増やすことを優先しているように見えます。

卑屈や自虐的になっていたら、誰も相手にしてくれません。

日本社会のように同情を得ることは期待できないのです。

謙遜という文化がある

謙遜も日本に特有のものです。

筆者は中国、韓国で企業のパーティーに参加したことがあります。

日本同様主催者は、お忙しい中お集まりいただいた列席者にまず感謝の意をささげます。

しかしその後は様相が違います。

ただひたすらに自分たちの業績を強調します。

自分がいかに優れた経営者であるかを繰り返します。

そうすることで頼もしいリーダー像を演出するのです。

株主様、取引先様やお客様のおげです、という謙遜したあいさつにはなりません。

謙遜するという文化そのものがないのです。

外国人相手には、しっかり自分の意見を表明しましょう。

周りと同じことをしている

日本人は周りと同じことをしていないと不安になる、という特性を抱えています。

この理由として、日本には四季があり、周囲と同じ農作業をこなさいとメシが食えないから、とする学者の説を聞いたことがあります。

これも原因の一つかも知れません。

しかし四季のある地域はたくさんあり、説得力に欠けています。

狭い島国であること、名こそ惜しけれ、という恥の文化があることなど、複合的に影響していると思います。

日本で大切にされる協調性

日本のサラリーマンが6人で昼休みに定食屋へ行ったとします。

6人がバラバラに違うものを注文する可能性はあまりありません。

何となく周囲に合わせ、2~3種類に集約されるでしょう。

昼食は楽しむものどころか、時間のロスのような感覚です。

この感覚も食事は楽しむもの、または大事な社交と考える外国とは大いに違っています。

ただしファーストフードの本家であるアメリカとは、この辺りの感覚も似ているようです。

ミーハーである

ミーハーとはもともとは低俗な趣味や流行に走っている教養のない人を指していたそうです。

それが芸能人の動静を追いかけ、知ったかぶりをする若い女性を中心に使われるようになりました。

現在は逆にもう少し広く若い女性に限らず、使われているようです。

例えばAKB48を見守り、育てるのが生きがいである、などと広言している中高年のオヤジたちも、あるいはそう呼ばれたがっているかも知れません。

外国人からは、オタクの存在や性産業の発達も含めて、日本人は変態が多いという評価です。

仲間内のうけ狙いのような活動が、国際的には怪しい行為と見られてしまいます。

流行りのものに流される人が多い

日本は、流行りすたりの目まぐるしい社会であることは間違いありません。

さらに面白いのは、その去っていった昔をやたら追慕する気持ちも強いことです。

それならもう少し一つ一つの時代をもっと大切にしてもいいと思います。

しかし流行りものに流されては、あとから懐かしむ感性はもう血肉と化しているようです。

ユーモアがない

日本人はユーモアを欠く、と言われます。

もともと自虐的な傾向が強いため、欧米のようにジョークをジョークとして笑い飛ばせないことは考えられます。

サラリーマン川柳など、国内でしか通用しない、うさ晴らしを専門としているせいでしょうか。

こうした分野でも、もっと世界に目を向け、センスを磨いていく必要がありそうです。

日本人=仕事人間、真面目という印象がある

イギリス人の映画監督に、「グラディエーター」「ハンニバル」などで知られるリドリー・スコットがいます。

日本の中高年には、松田優作の遺作となった「ブラック・レイン」の監督としてなじみ深い人です。

彼は世界中さまざまな場所で映画の撮影を行っていますが、その経験に基付いて、イギリス人、アメリカ人、日本人のスタッフについてコメントしています。

監督の要求した舞台装置や小物などを、「日本人スタッフはその日のうちに手配してくる。アメリカ人スタッフは、日本人ほど早くはないが翌日には手配してくる。イギリス人スタッフは手配することができない。」というものです。

多方面に目配りができ、機敏な日本人スタッフの動きが伝わってくるようです。

イギリスは階級社会のため労働者階級のスタッフは、上流階級の使う品物をどこで手にいれればいいかわからなかったのでしょう。

もっともネット通販の発達した現在では事情が変わっていると思います。

とにかく日本人は何をやらせても仕事人間、真面目かつ有能である、ということがこの証言からも伝わってきます。