それぞれの文化に特有の顔立ちというものがあることを知っている方は多いと思います。

何となく他の文化の人の顔を思い浮かべるときに、自分の中にある「ステレオタイプな顔」を思い浮かべるという人は多いのではないでしょうか。

肌の色や髪の色はもちろんのこと、そのパーツの並びやパーツの形など、その人種に特有な顔について思い浮かべることができるでしょう。

それでは、日本人についてはどうでしょうか。

自分の国である日本人顔というのは、海外で日本人を見かけて「あ、あれはたぶん日本人」と分かっても、すぐに口で説明できるものではありません。

自分の国にいては、ここの違いの方に目が行ってしまいがちで、これと言って基本となる顔の特徴について詳しく分かっているという人は少ないものです。

ここでは、日本人顔について詳しく見てみることにしましょう。

日本人の顔というのがどのようなものであるのか、自分の国の顔であるからこそ、どのような顔をしているのかは知っておきたいという人も多いでしょう。

日本人の顔立ちについて理解をするためには、それぞれの特徴を知っていることが大切ですね。

海外の人から見ると日本人顔ってどうなんだろう?

海外の人から見ると、日本人の顔というのはどのような特徴があるように見えているのでしょうか。

何となくアジア人として一くくりにされていそうで、日本人からしてみれば「それは日本人ではない」と思えるような顔も、日本人としてのカテゴリの中に入れられてしまっていることもあるかもしれません。

実は、顔の認識には文化の効果というものがあり、同じ文化に属している人にとっては全く違う顔に見えていたとしても、違う文化に属している人にとっては、他の文化の顔はよく分からない、うまく認知できないということがあるのです。

海外の人からしてみれば、アジア人というだけで一くくりになってしまい、日本人の顔と言っても、何となくアジアっぽいというところまでしか分からないかもしれませんね。

映画などで出てくる「日本人」が、何となく中国っぽいという印象を持ってしまうような俳優さんだったりするのは、欧米の人にとっては「日本人はアジアに属しているのだからこんな顔で、大して中国も韓国も日本も違いないだろう」という気になっているのではないでしょうか。

意外とわからないのが日本人

それでも、海外の人にとっては何となく中国の顔というのは分かるようで、むしろ分からないのは日本人の顔なのではないでしょうか。

日本人にとってみても「ほかのアジアの国々との顔の違いは分かるけれど、じゃあ、日本人の顔は?」と聞かれても分からない、という人が多いかもしれません。

そうなると、意外と日本人というのは、誰にとっても分からない顔なのかもしれませんね。

ですが、日本人顔という特徴を持つカテゴリは確実にあるはずで、それぞれのパーツの特徴が分かっていれば「ああ、これこれ!」というような顔を自分の中で作ることができるはずです。

日本人顔とはどのような顔なのか、日本人顔の代表例はどのような人たちなのか、意外と自分たちでも分かっていない日本人顔について見てみることにしましょう。

意外と知らない?!日本人顔の8個の特徴

ここでは日本人顔の特徴をいくつか見てみることにしましょう。

日本人顔と言っても、日本人にとっては同じ文化の中に生きている人間なのですから、その違いが簡単に分かってしまいますし、ここの違いが大きく見え、はっきりとした「日本人顔」のカテゴリが分からなくなってしまうことが良くあります。

ここでは、特徴ごとに見て、日本人顔のざっくりとしたモデルを自分の中で作ってみると良いのではないでしょうか。

日本人の顔としてよくある特徴が8個分かれば、何となく日本人の顔について理解することができるはずですよ。

1、丸くて小さい顔


丸くて小さい顔をしているのも日本人の特徴だと言えるのではないでしょうか。

日本人の顔を思い浮かべたときに一番に思い浮かぶのが、面長や卵型だという人は少ないでしょう。

どこか幼さを感じさせるような丸くて小さい顔というのが、日本人顔の特徴なのです。

あまり痩せすぎていることもなく、きちんと頬の肉がついていて丸顔であるというのは、童顔の要因でもありますよね。

アジア人の顔は欧米人とも比べて若く見えてしまうものですが、その要因は、丸くて小さな顔というところにもあるのかもしれません。

もちろん、日本人の中ではそれほど小顔だという気にならないかもしれませんが、全体的に見て日本人は小顔で丸顔の人が多いのです。

全体的に身体が小さいというのも、もちろん理由の一つにはなるでしょう。

全体的に小さく、顔が丸くて何となく幼いん症になるというのが日本人の大きな特徴です。

最近では身長の高い日本人も出てきて春要るので、少しは異なるステレオタイプを持っている欧米人もいるかもしれませんが、それでもやはり平均身長の高い海外の人から比べると、日本人は小さく、なおかつ丸顔というイメージになるのではないでしょうか。

2、蒙古ひだがついている

日本人顔と呼ばれる顔の特徴の一つには蒙古ひだと呼ばれるものがあるでしょう。

蒙古ひだと呼ばれても分からないかもしれませんが、実は蒙古ひだは日本人の80%は持っているとされているので、多くの人は自分の眼に蒙古ひだがあります。

蒙古ひだの説明をするのはとても難しいのですが、自分の眼がしらの部分を見てみるとはっきり分かるのではないでしょうか。

欧米人の多くの人の眼には、目頭のところに肉が露出した部分があります。

その部分が目頭の切れ込みから三角形になって見えています。

ところが、多くの日本人の眼の場合には、それが見えない状態になっています。

目頭がひだのようになっていて、目頭の肉の部分を隠してしまっているのです。

自分の眼のその部分に注目したことがある人は少ないかもしれません。

一度確認して見ると面白いですよ。

アジア人によく見られる特徴

蒙古ひだの有無に関しては、日本人だけに特有のものではありません。

アジア人には良く見られる特徴の一つで、蒙古ひだがアジア人に特有な目を作り出しているとも言えるのではないでしょうか。

欧米人の眼を思い浮かべるとぱっちりしていて、とても大きい印象がありますよね。

ですが、日本人を含むアジア人の場合には、どこか細くて目が小さいような印象になるのではないでしょうか。

それは、この蒙古ひだの所為だと言われています。

最も、蒙古ひだにはデメリットばかりではなく、良い点もありますよ。

例えば、目元の皴を防止してくれるので、アジア人はなかなか老けないと言われていますが、それは蒙古ひだがあるからです。

欧米人の場合には耽るのが早いですが、それは目元のしわが関係しているようですね。

また、ごみや睫毛が入るのを防止してくれるような役割もありますので、必ずしも蒙古ひだがついていることは悪いことではありません。

3、歯が不揃いな人が多い

欧米の人の顔といえば、何となく綺麗な真っ白な歯並びという印象が強いのではないでしょうか。

チラリと見せた笑顔の印象が強いという人もいるのではないでしょうか。

それに対して、日本人の場合には、それほど歯並びがきれいだという人はいないでしょう。

最近ではだいぶ歯列矯正が流行していますから、日本人でも歯並びが綺麗な人は増えてきました。

ですが、やはり日本人の場合には海外ほど歯の矯正が流行しているわけではありませんし、やはり日本人に真っ白な綺麗な歯並びの葉という印象はないというのが正しいかもしれません。

もちろんただのイメージではありますし、日本人にとっては自分たちの歯並びが悪いという印象はないのかもしれませんが、海外の人から見てみると歯並びにびっくりしてしまうということもあるのかもしれませんね。

また、八重歯が人気であるというのも、欧米人からすると理解できない特徴だと言えるでしょう。

わざわざ八重歯にするための歯列矯正をするようなところを考えると、綺麗な歯並びが流行している現代の日本においても、やはり欧米よりは歯並びに対しての意識が薄いのかもしれません。

4、平面的な顔立ち


平面的な顔立ちというのも日本人の特徴の一つですね。

欧米の人の顔立ちを見ると真っ先に気づくのが、その立体感なのではないでしょうか。

立体的な顔だと言うというのは、彫りの深さと鼻の高さから来ています。

まるでギリシャ彫刻のような顔立ちということもできるかもしれません。

ですが、日本人の多くの顔立ちを見ると、そう言った凹凸感というものがあまり見受けられず、どこか平面的な顔立ちという印象になっているでしょう。

鼻はどちらかというと低いですし、彫りの深さは欧米人の深さに比べると、ほぼないと言っても過言ではありません。

最も、この立体感のなさというのは日本人に限った話ではありません。

中国人や韓国人を含むアジア人では、絵多くの場合は欧米の人に比べると平面的で立体感のない顔立ちであるとまとめてしまっても問題ありません。

5、絶壁頭が多い

日本人は頭の形にも特徴があるようですね。

頭の形を思い浮かべたときに、人が一番イメージしやすいのは後頭部の膨らんだような形ででしょう。

綺麗な球体とまでは行かなくても、後ろに若干丸みを帯びた形になっているのが普通だと思われるのではないでしょうか。

ですが、多くの日本人の場合には、そう言った形の頭にはなっていません。

多くの日本人が悩んでるのが絶壁頭と言われる形ですね。

読んで字のごとく、後頭部が絶壁のようにストンと落ちたような形になっており、ふくらみや丸みが見られない形なのです。

もちろん、頭の形は厳密には日本人顔の特徴とは言えないかもしれませんが、顔の認識に大きな役割を果たしている髪型に影響する特徴であることには違いありません。

絶壁の頭になっており、ヘアスタイルが上手く決まらない悩みを持っている日本人はとても多くいるのです。

6、地域によって顔立ちが異なる

日本人顔の一つの特徴としては、日本人と言っても意外と差が大きいというところも挙げられるのではないでしょうか。

日本は縦に長い地形です。

北海道と沖縄ではかなり気温が異なっていますし、気候が違うと言っても良いでしょう。

これらの気候の違いは顔の違いにも関わってきます。

寒いところの人間は王と鬱が激しいとパーツが冷えてしまうので、どちらかというと凹凸のない顔になっていきます。

暑いところに住んでいる人間はその逆となるでしょう。

これらの気候の違いによって地域による顔立ちの違いは出てくるため、日本と言っても若干異なる部分があるというのは確かです。

最も、その違いが欧米人にも見分けられるような違いであるかどうかというところは定かではありません。

ただ、日本人同士では「何となく違う」と思っていた顔立ちが、例えば北海道と沖縄ほどに離れた地域の出身だと聞くと、何となく納得してしまうというような現象が起こるかもしれません。

7、唇がぼてっとして厚い

日本人の唇はぼてっとして暑いという特徴もあります。

欧米人の顔を見ていると、唇が薄く、それほど主張するような顔立ちではないでしょう。

例えばアンジェリーナ・ジョリーなどはぼてっとした厚めの唇で知られていますが、彼女はどちらかというと特殊ですね。

日本人の場合には、彼女のような唇の方が多いと言われています。

もちろん、人によって異なりますが、欧米鵜人と比べる厚めでインパクトのある唇をしているような印象になるのではないでしょうか。

また、女性の場合には、しっかり目にリップを塗っているような傾向もあるようですね。

8、体毛が濃い

日本人は体毛が濃いという特徴もあるようです。

最近では脱毛サロンも流行していますが、全員が言っているわけではないので、やはり国全体で見ると日本人は毛深いという印象を持っている人が多いのかもしれません。

海外の人もかなり剛毛なイメージがありますが、特に日本人の場合には毛質がしっかりとしているので、余計に体毛が濃い湯に見えてしまうのです。

これが顔に及ぼす影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

眉毛や髪の毛が濃い

毛深さが関係してくる顔の部位としては、眉毛や体毛が挙げられるでしょう。

眉毛が濃いというのは、もちろん色素のせいもあります。

メラニン色素を持っている日本人はどうしても眉毛が濃くなってしまうので、これが顔立ちに影響します。

さらには毛深いので、眉毛が太い、しっかりしているというような印象になるはずです。

また、髪の毛が濃いというのも顔立ちに関わってくる部分ですね。

最近では日本人も薄毛に敏感にはなっていますが、元々濃い体毛の体質ですし、黒髪は量が多く見えます。

他の国からすると毛深いところが顔立ちに強く影響して見えているということもあるかもしれません。

日本人に見られる3つの顔の種類

上述のように、日本人の顔にはいくつかの種類があります。

それは、機構による違いが大きく出ていますが、さらに言えば、はるか昔に日本に二種類の人間がいたことが関係していると言えるのではないでしょうか。

人間の進化は一朝一夕にしてなるものではありません。

はるか昔、私たちの文化的な歴史が厚みを持ってくる前の時代に生きていた人間が、今の日本人の顔立ちに影響を及ぼしている可能性があるのです。

ここでは、日本人の顔立ちから分類する三つの種類について見てみることにしましょう。

私たち日本人の顔のルーツを知ることができれば、はるか昔の祖先の息吹を感じるとともに、今に引き継がれる生物の進化の不思議を感じ取ることもできるかもしれません。

1、縄文系

まずは縄文系の顔立ちです。

縄文系の顔立ちは立体的で、受ける印象としては「濃い顔」というものなのではないでしょうか。

アジア人にしてはとても彫りの深い顔立ちをしており、二重瞼が特徴的です。

【縄文顔と弥生顔の特徴は、こちらの記事もチェック!】

アジア南部に見られる顔

縄文系の顔立ちが見られるのはアジア南部に多くありますね。

南国の、熱い国の印象が強い顔立ちだと言えるのではないでしょうか。

日本人にしては濃い顔立ちを作る要素になるのが縄文系の顔立ちです。

今の日本では珍しい顔立ちになってしまっていますが、一時期は縄文系の顔立ちが日本全土を占めていました。

このことにより、今でも縄文系が少ないながらも日本国内で見られるのです。

特にアイヌ民族系の顔立ちは縄文系の顔だと言われており、北国ではありますが、北海道の一部ではこうした濃い顔立ちが残っていると言えます。

2、弥生系

弥生系の顔立ちは、縄文系の顔立ちに比べるとすっきりした顔立ちをしていると言えるのではないでしょうか。

縄文系の顔立ちの印象が濃いというものであったのに対し、弥生系の顔立ちはすっきりと平面的な顔立ちをしています。

さらには一重瞼であり、今の日本人はどちらかというと弥生系の顔立ちが近いようですね。

北方アジアに見られる顔

弥生系の顔立ちは北方アジアに見られる顔立ちです。

縄文系に比べると寒い地域から移住してきた民族が弥生系の顔立ちをしていました。

縄文系よりもすっきりとした顔立ちをしているのは、寒冷な地方から来ているせいです。

寒冷な地方でも生き残るために、彫りの浅いすっきりとした顔立ちになって行ったのです。

この純粋な弥生系の顔立ちは、純粋な縄文系と同様に現在ではあまり見られなくなってしまいました。

もちろん、現在の日本人には弥生系の特徴が色濃く残っていますが、ピュアな弥生系を受け継いでいると言うわけではないでしょう。

3、混血系

縄文系の顔立ちが一般的であった中に、弥生系が侵略してできたのが今の日本人です。

二つの民族がまじりあっていたと考えるのが普通でしょう。

二つの民族がどのように融和していたのかというところは分かりませんが、今の日本には縄文系と弥生系の混血の顔立ちが見られます。

縄文系の特徴を持っている人もいれば、弥生系の特徴を持っている人もいるということです。

どちらかというと彫りが浅い顔立ちをしている、どちらかというと彫りが深い顔立ちをしているという違いはあるかもしれませんが、ピュアな縄文系、弥生系というよりは混血である可能性が高いですね。

日本では混血系が大半を占める

上述の通り、日本では混血系の顔立ちが大半を占めています。

これは、二つの民族がまじりあっていたというところからも明らかでしょう。

純粋な縄文系の人々、弥生系の人々がいた時代から数千年たっていることを考えると、混血が大半であるというのは当たり前の話のように思えますね。

ただし、その中でも「どちらより」という判別をすることはできるでしょう。

日本人の中でもあっさりした顔立ちの人もいれば、かなり濃い顔立ちの人もいますよね。

割合的には弥生系の顔立ちの人の方が多いと言われているようですが、周囲の人はどのような顔立ちをしているのでしょうか。

周りの人と自分たちの顔立ちについていて見ると面白いかもしれません。

また、家族内でも見てみると、何となく自分のルーツについて考えることができて話が盛り上がるのではないでしょうか。

アジア圏の人々の顔立ち

同じアジア圏の顔立ちの場合にはどれくらい異なっているのでしょうか。

日本人はアジアの顔立ちの中ではどれくらいの違いを持っているのでしょうか。

欧米のドラマや映画の中ではほとんど同じような顔として扱われてしまっていますが、そこに違いはあるのでしょうか。

何となく日本人にとっては「違う」と感じるようなことはありますが、それが何であるのかというのをはっきりと説明できる人はあまりいません。

日本人の顔がアジアの中ではどのような特徴を持っているのか見てみることにしましょう。

はっきりとした違いはない

アジア圏の顔立ちの違いを挙げようとして、いきなり出ばなをくじくような形にはなってしまうのですが、日本人の顔とほかのアジア圏の顔立ちではそれほど違いはありません。

世界の中で見ると「誤差範囲」ですね。

例えばミャンマー人の顔立ちはとても日本人と近いと言われていますし、日本人でなければ違いに気づかない程度の違いしかないのです。

日本人にしてはちょっとエキゾチックすぎる、と思っていたとしても、日本人でも最近ではエキゾチックな顔立ちの人もいますし、判別が難しいのは確かでしょう。

日本人と中国人の顔の違い

日本人と中国人の顔立ちの大きな違いとしては、やはり目が挙げられるのではないでしょうか。

日本人の方が垂れ眼に近いような目をしていて、中国の人の方がきりっとした印象の眼をしていることが多くあります。

個人差も大きくありますが、欧米人の持っている印象としてはそれが大きいかもしれません。

また、蒙古ひだがあるという印象も強いため、日本人よりも目元があっさりしている印象になりますね。

日本人と韓国人の顔の違い

日本人と韓国人の顔の違いについても見てみることにしましょう。

やはり違いは目に表れているように思えます。

少し日本人の方が目が大きいようなイメージがありますね。

ですが、柔和な顔立ちをしているのが韓国系の顔立ちであり、どこか素朴なイメージがあると言っても良いかもしれません。

とても近い顔立ちをしているため、はっきりと違いを見せるパーツがあるわけではないでしょう。

日本人顔の芸能人

ここまで日本人顔の人の特徴について見てきました。

日本人顔はあっさりして平面的ではありますが、眉毛や髪の系の印象からも薄いというだけではありません。

それでは、これらの特徴を持っている人間は、具体的にはどのような顔をしているのでしょうか。

何となく特徴だけを聞いていると良いところがないように思えてきますが、もちろん、日本人顔と言われる人でもたくさんの美しい人がいます。

ここでは、日本人顔と言われる芸能人の方の顔を見てみることにしましょう。

これを見てみると、美しい日本人顔というのがどのようなものなのか分かるはずです。

上戸彩

まず、日本人顔の特徴を持つ女優さんとしては、上戸彩さんを上げることができます。

上戸彩さんはかなり綺麗な日本人ではありますが、典型的な日本人顔ですよね。

どちらかと言うと彫りが浅い青立ちをしており、唇が厚めです。

ぼってりとしていると言うわけではありませんが、下唇を見ると厚めで日本人らしい顔立ちですね。

蒙古ひだについては確認することはできませんが、小さな顔で、どちらかというと丸顔系であるというのは確かでしょう。

もちろん女優さんなので綺麗に整えてはいますが、眉毛の印象も強くあります。

上戸彩さんの頭の形については確認することができませんが、あまり膨らみがないことは確かのようです。

何となく平面的で綺麗な印象がない日本人顔ですが、上戸彩さんのような人を見ていると、典型的な日本人顔でも綺麗な人がいるのだと思ってしまいますね。

多部未華子

女優の多部未華子さんも、やはり典型的な日本人顔の一人だと言えるのではないでしょうか。

彼女の中で印象が強いのは、その黒髪です。

もちろん、一般人である私たちには彼女の毛深さなど分かるはずがありませんが、メラニン色素を感じさせる髪色の印象が、まさに日本人天啓のものだと言えるでしょう。

また、眉毛の印象もきりっとしているために強く、そこの部分も日本人的ですね。

さらに言えば、丸顔の小顔であり、まさに日本人のフェイスラインだと言えるでしょう。

顔全体の彫りも深い方ではありません。

印象の強い顔立ちをしているために彫りが深そうな感じもしますが、目の強さがそう言ったところを出しているのでしょう。

全体としてパーツが大きいところも特徴だと言えるかもしれません。

そのパーツに関してですが、下唇が厚めの写真も多く、まさに日本人に典型的な唇をしていますね。

蒙古ひだについては写真からははっきりと確認することはでできませんでしたが、どうやら多部未華子さんは蒙古ひだがないタイプの人のようです。

吉高由里子

吉高由里子さんの顔立ちについても見てみることにしましょう。

彼女も、あまり彫りが深くない日本人的な顔立ちをしている女優さんの一人だと言えるでしょう。

黒髪をトレードマークにしているところも、そう言った印象を強めていると言えるかもしれませんね。

フェイスラインに関しては丸顔の印象はありませんが、写真によっては丸顔系に見えることもあります。

下唇がぼてっとしているところも、日本人的な特徴の一つだと言えるでしょう。

やはり写真からはっきりと確認することはできませんでしたが、蒙古ひだがあるように見える写真もあります。

年齢とともに蒙古ひだがなくなっていく人もいるようなので、そう言ったタイプの人なのかもしれませんね。

どちらにせよ、彫りのそれほど深くはない、日本人の典型的な顔立ちの一人に数えて問題ありません。

剛力彩芽

ベリーショートの髪が特徴的な剛力彩芽さんも日本人的な顔立ちの一人ですね。

顎が尖っているので丸顔の印象は少ないかもしれませんが、かなり小顔だというところは日本人的だと言えるかもしれません。

一重瞼であっさりした顔立ちであるというところからも、剛力彩芽さんは弥生系の顔立ちの人だと言えるのではないでしょうか。

また、黒髪や眉毛の濃さからも日本人に典型的な顔の人だと言えるかもしれません。

そんな彼女は、絶壁頭とは言えない綺麗なふくらみを持った頭をしています。

そこは日本人のステレオタイプとは少し違うところですね。

全体的に薄い印象なのが日本人顔

いかがでしたか?
日本人顔について梨華介することはできましたでしょうか。

日本人の顔と言われても、一般的にこれであるとはっきり言うことはできない人が多くいるのは当たり前です。

なぜなら、自分たちが日本人である以上、自分の顔がステレオタイプからどれくらい離れているかというのはなかなか分からないからです。

その文化の中に入ってしまうと、それぞれの個性の方が大きく見えて、モデルとなる顔立ちを思い浮かべることはできないからです。

日本人の多くはとてもあっさりした顔立ちをしています。

もちろん、日本人でもとても濃い顔立ちをしている人もいますが、多くの日本人は弥生系の顔立ちを強く示した混血顔です。

日本人の中では濃い顔立ちであると言われていても、欧米人の彫りの深い顔立ちなどと比べると、やはり醤油顔と言われてしまうだけのあっさりした顔立ちであることには違いありません。

最近ではパーツがはっきりした顔立ちの方が美しいと言われて好かれますから、そういった日本人のあっさりした顔立ちを嫌う人もいるでしょう。

ですが、日本人の典型的な顔立ちをしている女優さんたちを思い浮かべると、日本人顔だからと言って決して醜いわけではないということは覚えておきましょう。

日本人の顔には日本人の顔で良いところがたくさんあるので、典型的な日本人の顔だからと言って卑下しないようにしてくださいね。