あなたは執着心ってお持ちですか?
自分自身は執着心はないと思っていてもけっこう実際は持っているという事もあったりしますし、そこまで執着心を持っていないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

この執着心って非常に難しく、自分では普通だと思っていても、周りから見ると異常だと思われたりしてしまう事もあるようです。

非常に難しいですが、それでもなかなか周りと比較する事が出来ないものにもなりますので、自分自身で判断できないですよね。

今回はそんな執着心についてご紹介していきたいと思います。

自分自身が執着心が強いと思っている方だったり、わからないと感じている方は、ご紹介する内容を見て判断していただければと思います。

周りに執着心が強い人居ませんか?

あなたの周りに執着心が強い人っていませんか?
それが何に対してなのかという事は、基本的には人によって変わってくるかと思いますが、例えば異性の恋人であったり、お金、物事、出世などなど、何かに対して非常に執着している人ってけっこういるかと思います。

もしかしたらあなたが気づいていないだけで、けっこう執着心が強い人だったり、もしくは自分自身が気づいていないだけで、自分がかなり執着心が強い場合というのもあるかもしれません。

なので、今一度自分自身が執着心が強いのかどうか、何かに対して執着しているのかどうかという事を確認してみてはいかがでしょうか?

物だけでなく人に対しても執着が強い


先ほどおお伝えした通り、物に対してのみではなく、物以外にも執着している人は当然存在します。

例えば人に対して執着している場面が多いかと思います。

多い例としては、恋愛のタイプがこれに当てはまるのではないでしょうか?
恋愛において、異性に対して異常なまでに執着してしまう人は存在します。

例えば、ストーカーになってしまうのがこの例になるのではないでしょうか?
ストーカーってもとをただせばその人にすごく執着してしまう事から始めりますよね。

それが結果的にストーカーという形になってしまうという事になるのですが、あなたの身の回りでも一人くらいは過去にストーカーに付きまとわれた経験があるような事はあるのではないでしょうか?
これは結果的に執着している人が身近にいるという証明にも繋がるかと思います。

出来れば関わりたくないタイプ

できれば、このような執着心の強いタイプに関してはあまり関わりたくないかと思います。

関わってしまい、異性であれば好かれてしまうと異常なまでに終着されてしまう危険性がありますよね。

一度執着されてしまったら、次のターゲットが見つかるまでの間迷惑な事をされる可能性がありますし、場合によっては身の危険につながる可能性だって出てきますよね。

なので、事前にこういうタイプだとわかるのであれば、極力関わる事を避けた方が賢明な判断いなるのではないでしょうか。

しっかりと相手がどういう人なのか見極めた上で付き合っていけるのかどうかという事を考えるのが大事になるのではないでしょうか?

執着心が強い人の7個の特徴


まずは執着心が強い人の特徴をご紹介していきたいと思います。

執着心が強い人はなかなか一見しただけではわからない場合などもあり、判断するのに困ってしまう部分もあったりもします。

例えばストーカーなどになってしまっている人で、まさかあの人が?というような事ってあるかと思います。

表面上ではわからなかったとしても、実際中身は危険だったという事もあるかと思いますので、相手と付き合ってみないとわからない、内面を垣間見た時いしかわからないという事もあるので、事前に相手が大丈夫なのかどうか判断する基準にもなるかと思いますので、執着心が強い人の特徴をここで把握していただければと思います。

1、とにかくしつこい

まずはあげられる例としてはとにかく相手がしつこいという事が特徴にあげられるのではないでしょうか。

普通の人間であれば、ある程度主張したところで自分の意見が通らなかった場合は、しっかりと状況を飲み込んだり、改善できる部分を改善して主張したりする方も多いかと思いますが、しつこい人はとにかくしつこいですよね。

これは執着心が強い人における特徴にもなるのではないでしょうか。

執着心が強い人は、簡単にあきらめるという事をしないですし、周りの見られ方なんかよりも、まずは自分の執着心を満たすための行動をとりがちになります。

なので結果としてはとにかくしつこくなってしまうという事になるのではないでしょうか。

諦める事が出来ない

執着心が強い人は諦める事が出来ないという事にもつながるのではないでしょうか。

諦める事が出来ない人は、当然執着心が強いという事にもなりますし、執着心が強いという事は、しつこくなるのです。

確かに簡単にあきらめるよりは、ある程度粘ったり、自分の意見や考えを主張する事は大事です。

特に日本人はこの力が弱かったりもするので、外国に比べて弱いようにも感じてしまいます。

ただ、あまりにもしつこいくらいに主張してしまうのもモラルには反しますよね。

これは難しいかもしれませんが、ある一定レベル以上になると周りに対しても不快感を加持させてしまいますし、相手の迷惑にならない範囲で主張する事が大事になるのではないでしょうか?

2、他人に拒絶されても付きまとう

執着心が強い人の特徴として、相手が拒否したり、拒絶しても付きまとってしまうという事にもなります。

これは、結局自分自身の欲望を満たしてる行為にしかなりません。

相手の事を一切考えていないという事にも繋がっています。

例えば普通の人であれば、こちらの思いを伝えた所で、拒絶されてしまったらもう相手に対して思いを告げようとは思わないですよね。

チャンスがあるならばまだしも、相手は完全い嫌がっていたり、拒絶されるとさすがに空気を読んでもうアタックしようとは思わないはずです。

ただ、執着心が強い人はこれをなんとも感じずに、むしろ自分の都合の良いように解釈したり、自分に都合が良いように行動したりする事にも繋がっています。

なので、非常に危険な存在であるといえるのではないでしょうか?

恋愛関係ではストーカーに発展する

恋愛関係でおきますと、執着心が強い人はストーカーに発展するケースがかなり高いといえるのではないでしょうか?
ストーカーになってしまうというのは、相手に対して強い執着心をもっているからであり、なおかつ自分自身の事を中心的に考えてしまっているので、相手に対して迷惑になるような事も平然で行ったりもします。

中には悪質なストーカーの場合、精神的に苦しめるような事をしてくる人もいます。

例えば、電話番号を知っているのであれば無言通知を行ったりとか、監視したりとか、ついていったりとか、相手にプライバシーを侵害するような行為を平然と行ったりもします。

そういう事をする事で、結果的に相手に対して自分という存在を認めさせることで一種の満足感を得ているのではないでしょうか。

いずれにしても最低の行為になりますので、このような事を行わないように絶対にしないといけませんね。

3、昔の出来事を鮮明に覚えている

過去に起こった出来事などを鮮明に覚えている場合などもあります。

これに関しては、執着心が強い人は自分という存在が非常に大事になっているケースが多いです。

その自分に対してされた事だったり、相手にされてしまって抱いた感情などを強く持っている場合があります。

例えば、過去にあまり良い経験をしなかった過去があったとして、それを鮮明に今でも覚えているからこそ、仕返しをしたりとか、少しねじ曲がった感情だったり、考え方を今でも持っているという事があったりもします。

昔の出来事に関しても、鮮明に覚えているのはその時に強い感情を抱いたからこそであるかと思います。

これに関しては、執着心が強い人の特徴になるのではないでしょうか?

真面目の裏返しの行動

この過去の事をしっかりと覚えているという事は、真面目であるという事に裏返しになるのではないでしょうか?
真面目だからこそ、あまり楽観的に物事を考えたりできない性格である場合も多いのでははないでしょうか?
このように真面目であるがゆえに、その事に対しても真面目に考えてしまい、そこで終わらせられないような事にもなってしまうのではないでしょうか?
真面目であることは素晴らしい事ですが、程度に抜くところは抜けるような性格ではないと、息がつまってしまったり、真剣に難しく考えすぎてしまう傾向があるといえるのではないでしょうか。

4、恩着せがましい

執着心が強い人は、恩着せがましい事をしてくる場合などもあります。

例えば、何かに対して執着している人は、その何かに対して、異常なまでに真剣になってしまう事があります。

そこまで執着しているという事は、自然とその物事に対してある程度知識があったり、技術があったりもします。

なので、そこで希望にそった結果が得られないとどうしても周りや相手に対して攻撃的になったりする場面もあったりします。

また、何かをしてあげた時に、何かを期待している可能性などもあり、普通に考えて相手の好意だけで終わらせるような事でも、それに対して見返りを要求してきたり、それがなかった時には相手に攻撃的になったりなど、普通の感覚であればちょっとおかしいと思われてしまうような行動や言動なども平然と行ったりもしてくる特徴を持っています。

望んだ返しがなければすぐ嫌う

自分自身が望んだものを返還してもらえないと、すぐに怒ったり、見返りを求めるために何かを行っているのではと考えられてしまうような行動や言動を行う場合もあります。

なので、こういった事をしてくる相手に関してはあまり接さない方がいいですし、相手がしてくる事に対して甘えないで、極力借りをつくらないような行動を行う事が大事になるのではないでしょうか。

難しいかもしれませんが、こういう場面で相手のいいなりになったり、相手がしてくる事に対してすべてを受け入れてしまうと、相手のペースになってしまったりもします。

なので、細心の注意が必要になるという事を覚えておきましょう。

5、同じ様な事を何度も繰り返す

執着心が強い人が強い人は何度も何度も同じような事を繰り返してくる可能性があります。

それは例えば、先ほどご紹介した通り、ストーカーになったりするケースが当てはまるのですが、相手がいやだと思うような事などを何度も何度も繰り返してくる事にも繋がります。

ストーカーになって非通知で相手に電話をかけたりするのも、一回かけてきただけで終わったケースはおそらくほとんどないでしょう。

結果として、相手に対して何件も何件も通知してきたり、何度も何度も嫌になるような事を繰り返す傾向があります。

もとをただせばしつこい性格なのでしょうが、このしつこさも執着心が強いという事にかかわってくるものになるのではないでしょうか?

特に嫌がらせをしてくる

嫌がらせなどをしてきて、普通の人である場合は、どんなに怒っても数回おこなったりとか、直接話したりすれば解決してそのあとはそのような事を一切しなくなりますよね。

でも、執着心が強い人は何度も何度も同じ事を繰り返しますし、注意されても何度も何度も結局は繰り返す恐れがあります。

ストーカーをしている人でも、逮捕されたり処罰を受けたり、監視されていたとしても結果的にまた同じことを繰り返して、逮捕されてしまったという事がかなり多いように感じます。

これは根本的にやはりしつこかったり、面倒な性格をしているので、このような事に繋がってしまうのではないでしょうか?

6、こだわりが強い

自分自身がかなりこだわりが強いという事も特徴的になるのではないでしょうか。

執着心が強い人という事は、当然何かに対して思ったり、感じたりした時に異常なまでにこだわってしまうという事になります。

なので、当然人間であれば趣味を持っていたり、何かを好きになったりすることがあるかと思います。

それが物や趣味であるか、人であるかの違いになってくるのではないでしょうか。

例えば、アイドルのおっかけなどがいますが、あの部分が一歩超えてしまうと、ゆがんだ感情を持ってしまったりする事にも繋がるかと思います。

例えば過去にもアイドルの事が好きで、贈り物をして、それがちょっと内容だったり、ものが受け入れられない物であった場合で返送されて怒ったという事もあるかと思います。

そこからゆがんだん感情が爆発して、結果的に事件になってしまったという事もあるので、こだわりが強いという人はちょっと注意が必要になる場合もあります。

納得するまで追及する

こだわりが強いという事は、執着心が強いという事にもなりますし、執着心が強いという事は、とことんまで追求してしまうという事にもなります。

とことんまで追求してしまうので、自然と納得するまで追い求めますし、納得するレベルまでいってしまうと、一般的に見てちょっとおかしいというレベルがだんだんとわからなくなってしまったりもします。

そういう背景があり、気づいたらエスカレートしてしまった、なんだか感覚がおかしくなってしまったという事もあるのではないでしょうか。

気づかないうちに行っていたりもするので、そのあたりを考えると本当に危険きわまりない事になりますよね。

7、恋人など束縛する

執着心が強い人は、恋人などを束縛してしまうような行動をとってしまっている人が多いようにも感じます。

例えば、あなたに周りにも恋人を束縛するような事を強制する人はいませんでしたか?
例えば連絡先を異性のものはすべて削除するように伝える、異性と話す事を禁止されるなど、様々な事を強制するような事をしてくる人がいるかと思います。

これに対して、愛情を感じられるのであれば問題はないのかもしれませんが、これに対して面倒だと感じるのであれば、相手に従うという事はしない方が良いでしょう。

これに従ってしまうと、相手は調子に乗って様々な要求をしてくる事になります。

なので、受け入れられる部分は受け入れるけど、無理な物は無理だと相手にしっかりと伝える事が大事になるといえるでしょう。

信用していない証拠

結果として、執着心が強い人は結局自分に自信がない人が多かったりもします。

だからこそ、相手に対しても信用していない、相手が信じられないという事で束縛などを行ったりもするケースが多いのでしょう。

自分に自信があり、絶対に相手がどこにもいかないという自信があるのであれば、束縛なんかをしたりする事はないでしょう。

それに、束縛をして相手を押さえつけるという事は、相手に対してストレスがかかる事にもなります。

それを理解していないということは自己中心的な考えを持っているという事にもなりますし、相手に対する配慮がないという事にもなります。

自己中心的な性格の人の場合は、相手が感じる事などを配慮出来ないので、相手が嫌な思いをしても関係なしだと思ってしまっています。

なので、こういう事をしてくる相手に対しては、あまり言いなりにならない方が良いといえるでしょう。

執着心が強い人の行動

ここまでは執着心が強い人の特徴についてご紹介していきました。

執着心が強い人がちょっと危ないという事も理解していただけたのではないでしょうか。

それでは、実際に執着心が強い人がどのような行動をとっているのかという事に関してもご紹介していきたいと思います。

執着心が強い人の行動を把握する事で、先ほどご紹介した内容も含めて、周りの人があてはまるかどうか判断する事も出来ますし、自分自身がそのような特徴だったり、行動をとっていないかを確認する事ができるようになります。

しっかりとこの部分を理解することで、自分自身が危ない行動をとらないようにするためだたったり、周りが危ない行動を取る前に止めてあげる事も出来ます。

しっかりと客観的に自分や相手を見る事が大事になるかと思いますので、気を付けてみてくださいね。

他人のプライベートを必要以上に知ろうとする

執着心が強い人の行動として、相手のプライベートを必要以上に知ろうとする傾向があります。

仲が良かったり、ある程度の信頼関係があれば、問題ないかもしれませんが、それでも限度はあります。

あまりにも過剰な詮索は相手にとっても失礼ですし、仲が良くても限度があります。

なので、普段から相手に失礼な事を聞いていないかという事を客観的に見る必要があるという事を覚えておきましょう。

こっそり調べる

一番最低なのは、面と向かって聞くならまだしも、こそこそと相手の事を詮索しようとする事です。

相手の事を詮索したりする事でこのような陰湿な事をされてしまうと一気に信頼関係がなくなってしまいます。

このような事をしてバレてしまった時には、大問題になる場合もあるので、絶対にこのような事はしないようにしましょう。

束縛が激しい

執着心が強い人の特徴としてやはり束縛が激しいという事があります。

実際に周りにもこれは軽度から重症レベルまで様々あるかと思います。

嫉妬をするくらいなら可愛いものですが、怒りだしたり、毎回相手に不快な思いをさせてしまうくらいまでのレベルになると、相手に対しても失礼ですし、相手が愛想をつかしてしまう事にも繋がるので、嫌われたくないのであれば、このような行動はとらないようにすることが大事であるといえるのではないでしょうか。

連絡が頻繁に来る

連絡が頻繁にくるようになるという事も注意が必要です。

あまりにも頻繁に連絡したり、相手が何をしているのか把握しようとする事は相手にとって苦痛です。

相手も開放されたい時もありますし、詮索されたくない事だってあります。

相手を縛り続ける事によって、自然と相手は連絡を取る事自体がいやになる可能性だってありますので、自分の為でもあるという事で、知りたい気持ちをぐっと我慢する事も大事になるのではないでしょうか?

嫌がらせをよく行う

相手に対していやがらせのような事をしてくる事も執着心が強い人の行動になるのではないでしょうか。

今まで過去に嫌がらせを受けた人は理解できるかもしれませんが、これが結構しつこい事をしてくる場合もあります。

自分がした以上に相手もし返して来ることもありますし、気づかないような細かい事でも、意識が過剰になって、相手が1受けた事を100で返してくる場合もありますので、注意が必要になります。

嫌がらせ理由は”昔の事”

例えば、中には過去の受けた事に対して現在でもねちねちしてくる人がいます。

過去に起こった事を今でもねちねちいう人って結構いますよね。

それってしつこい性格でもあり、執着心が強いという事にもなります。

済んだ事をずっと言ってくる人は器が小さいですし、人間としてちょっと悪いような性格をしている場合があります。

なので、このような事をしないようにする事が大事ですし、気づかないうちにこのような言動を言ってしまっている場合は、注意が必要であるともいえるのではないでしょうか。

なぜ執着心が強くなってしまうのか

執着心が強い人の理解が出来ない方には、なぜこのような事をしてくるのか理解できないと思います。

ここからは執着心が強い人の心理であったり、理由についてもご紹介していきたいと思いますので、この心理を理解しておけば行動などについても説明がいくようになりますので、知っておいてくださいね。

特に身近にこういう人がいるという事は知っておくと便利ですよ。

自分の気持ちを理解して欲しいから

自分の気持ちを理解してほしいという事から始まっているケースが多いようです。

確かに理解してほしい気持ちは誰しもが持っていますが、だからといって、相手にそれを強要したりすることは間違っている事を知っておくべきです。

本当の自分を知って欲しい

本当の自分に対して理解してほしいと思っている場合もあり、それを結果としてご紹介した異常な行動で示してくる場合があります。

ただ、このような曲がった行動をとっても、相手には理解どころか苦しめるだけになるので、根本的な解決にはなりません。

理解してほしいのであれば、素直に言葉で理解してほしいとただ伝えるだけが一番効果的なのではないでしょうか。

損をしたくない

自分が損をしたくないという思いがあるのかもしれません。

今までに積み上げてきたものだったり、努力してきたものを台無しにしたくないからこそ、上手くいきたいという焦りなどがこのような異常な行動に結び付いているのかもしれません。

してきた事を無駄にしたくない

今までに行ってきた事が無駄になってしまうのが一番怖いので、結果的に、相手に対して嫌がらせなどを行う事に対しても、抵抗なく行えてしまう事にも繋がっているのではないでしょうか。

無駄にしたくないという事のそもそもの原理が間違った方向に働いてしまっている事によって、このような行動をとってしまっているという事が理解する事が大事です。

執着心が強い人との上手な付き合い方は?

執着心が強い人との上手な付き合い方を見つけたいと思う人もいるかもしれません。

好きだけど、執着心がかなり強いという場合だったり、友達だけど、このような一面を持っているという場合もあるかと思います。

なので、上手な付き合い方を見つけるヒントにしていただきたいと思い、ここからは上手な付き合い方をいくつかご紹介していきます。

恨まれない様にする

執着心が強い人から恨まれないようにするという事が大事です。

一度相手から恨まれてしまうと、際限なくしつこく迫ってきます。

何度も何度も相手からしつこい攻めがくるようになるので、相手に対して失礼な言動をしないような配慮などが必要になるといえるのではないでしょうか。

恨まれたらきちんと謝る

もしも相手から恨まれたり、不機嫌にさせてしまったという事があれば、きちんと相手に対して謝罪をする事が大事になります。

しっかりと面と向かって相手に謝罪をすれば、相手も理解してくれる事も多いです。

なので、怒らせてしまった場合がきちんと謝りましょう。

接する時は複数人で接する

執着心が強い人と接する時には、ひとりだけではなく、複数の状態で相手に接するようにしましょう。

もしも1対1の場合は、相手の執着心がこちらの集中してしまう可能性があり、そうなった時には非常にやりにくくなってしまうので、複数で接する状況を意識する事が大事になります。

執着心が分散される

自然と複数でいる場合は執着心も分散されるような構図となり、自然と立ち回りがしやすくなります。

一人だと相手からの執着心がストレスに感じるようになるかもしれませんが、複数であれあばやわらぐ可能性も高いので、こちらもストレスなく接する事ができるようになるといえるでしょう。

「しつこい」と思わない

相手をしつこい人だとは思わないようにすることが大事です。

どうしても心の中で思っていることは、自然と態度に出てしまう事はありますし、不意に意識していなくても相手に感づかれてしまう事がありますので、これは根本的に相手をしつこいと思わないようにすることが大事であるといえるでしょう。

寛大な気持ちで接する

しつこいと思わずに相手が、こちらに対して嫌な事をしてきたとしても、寛大な気持ちを持つことが大事になります。

寛大な気持ちを持つ事で、しっかりと相手に対して理解できるようになり、相手に対してy優しくできるようになることが出来ます。

心から思っている事って自然と出てくるので、相手を嫌な目で見てしまうと、普通に接するのも嫌になってしまうので、これは大事であるといえるでしょう。

相手が満足するまで付き合う

相手が満足するまで付き合ってあげるのも大事です。

相手が満足していないのをわかっていながら、途中で面倒だからという事でないがしろにしてしまうと、相手は不機嫌になり、嫌な行動を取ったりする可能性が生まれるからです。

蔑にしない事が大事

相手が不機嫌になったり、気が進まないような事って大体付き合っていれば理解できますよね。

そういう事をしっかりと理解した上で、相手との付き合い方を考えるだけで、相手を不機嫌にさせないようにすれば、自然とこちらも嫌な気分になる事を防ぐ事が出来ます。

多少面倒かもしれませんが、そこまで気を使ってあげる事で、相手も不機嫌にならないようにできるので、大事な事になります。

プライベートは隠すようにする

プライベートな事は隠すようにする事が大事です。

例えば、相手にプライベートを詮索されそうになったりとか、そういった状況でプライベートがちょっと聞いたり、調べたらわかるような状況だった場合は相手は調べてきます。

こちらも隠したいのであれば、隠せるような状況に作り替えることが大事になるといえるでしょう。

追及されない環境を作る

相手から追及されないような環境を作るという事も大事になるのではないでしょうか。

相手から追及されるような状況などを作ってしまうと相手も気になったり、調べようとしてくるので、プライベートが気にならないような言動だったり、行動を起こすことが大事になるといえるでしょう。

執着心が強い人は、自分も周りの人も不幸にしてしまう

いかがでしたでしょうか?
今回は執着心が強い人に関してご紹介していきました。

特徴や行動などを含めて、総合的に見てもやはり付き合いにくいタイプである事には変わりないでしょう。

なので、しっかりと相手がどういうタイプなのかという事を事前に確認しておくことが大事ですし、付き合っていくのであれば、付き合い方などを理解しておくことが大事になります。

身近にこういう人がいる場合は、付き合い方などを心がけて、相手と行動を共にする事を意識しましょう。