あなたは、男性から色っぽいと思われる視線を感じた事はありませんか?意外と男性は、女性の表情やしぐさなどから色っぽさを感じ取るようです。

色っぽいと男性が思わず感じてしまう女性の表情や仕草とは、一体どんな表情や仕草なのでしょう?これからの季節、色っぽいと思わせる状況が何度か巡って来やすいといえます。

暑い日などに、少しはだけた胸元や、髪を縛り上げたうなじなど、見た目だけではなく、実際に色っぽいと感じる仕草を詳しく解説していきます。

気になる男性に、ぜひ色っぽいと感じさせてみてはいかがですか?女性の色っぽさや仕草は、男性のハートを貫くことでしょう。

ぜひ、色っぽい表情や仕草をあなたの大切な男性に試してみてください。

色っぽい表情6つ

ではここからは、色っぽいと思われる表情を6つ挙げていきたいと思います。

さらに、色っぽい表情することで、男性からどのように思われるのかをリサーチしていきます。

色っぽい仕草や表情をすることで、男性の心を鷲掴みにするとは間違いありません。

ではあなたは実際に、色っぽい表情とはどのような表情を想像しますか?男性になったつもりで考えてみてください。

女性が斜め下を見る流し目でしょうか?それともかわいい足りないですか?または上から目線でしょうか?などなど、様々な色っぽい表情分析し、どの角度が男性から色っぽいと思われるのかを検証していきたいと思います。

では色っぽい6つの表情鏡の前で試すとともに、自分の気に入る色っぽい表情をあなたの大切な男性の前で実践してみましょう。

また、男性の反応を楽しむのもいいですね。

下目遣い


下目遣いなどの流し目のような目は、色っぽい雰囲気が満載です。

目で訴えかける事は口で訴えかけるより目線で訴えかける方が何倍も色っぽく見えることでしょう。

さらに下目遣いをすることで、上目遣いの幼い感じではなく大人の色っぽさもしっかりと演出できます。

下目遣いをするタイミングですが、彼に呼ばれて振り返り様に下目遣いをしてみたり、体を少し伸ばして物を取る時などに下目遣いをしてみましょう。

また、すれ違い様に軽く会釈をし、品良く下目遣いをしてみても色っぽい仕草になりそうです。

また、大好きな彼氏とキスする前後に下目遣いをすると、色っぽい印象になりキスの後も余韻を残すことが出来そうです。

このように、下目遣いの使い方を上手く使いこなし、タイミングをバッチリ決める事で、相手の脳裏に焼き付く色っぽさを印象付けられる事でしょう。

歯を見せて笑わない

ゲラゲラと大口を開けて笑う女性は、いかにも下品に見えてしまいます。

色っぽい女性や品のある女性は歯茎や歯を見せて笑わないのがポイントです。

「うふふ。」「クスクス。」このように、笑うのが色っぽく見えるポイントです。

大口開けて手を叩いているような女性には、到底色っぽさには程遠い女性と感じてしまいます。

このように、お上品に笑うことで、色っぽく見えることがよくあります。

もしあなたが歯を見せて笑ってしまうタイプの女性であれば、これを機に歯を見せて笑わない訓練をしてみてはいかがでしょうか。

さらに、歯を見せてしまわないような上品な笑顔も鏡の前で練習してください。

そうすることで、他人にどのようにあなたの笑った顔を見られているかがよくわかり欠点を治す事が出来るでしょう。

口は半開き


いつも、口が半開きになっていれば少々アホっぽい顔になりますので、少し注意が必要です。

口を半開きにさせるときは、キメ顔をしたり、男性に甘えるような素振りを見せるときに有効です。

あまり、口を半開きしすぎてしまえば、天然どころかあまり関わりたく無い女性に見えてしまう場合があります。

ここでの扱い注意点は「やりすぎないこと」です。

やりすぎてしまうと、みっともない女性になってしまうことが欠点です。

そうならないためにも、相手に見られていると分かった時に少しやる位がちょうどいいのかもしれません。

あまりやりすぎてしまうと相手にも惹かれますので、少しやる位が色っぽく感じられるのではないでしょうか。

テロテロなタレ目

色っぽい感じのする女性は、テロテロなタレ目の人が多いようです。

さらに、テロテロなタレ目とは普通のタレ目よりさらに、垂れたように見える女のこといます。

なので、お化粧の時にあえてタレ目にすることもオススメです。

タレ目にすることで、上目遣いが上手に演出することができたり、タレ目というだけで非常に色っぽく見えることは間違いないでしょう。

てろてろなタレ目するために、アイシャドーはベージュか茶色などの落ち着いた色目と、アイラインはできるだけ長めにタレ目にするように引くとうまくタレ目を演出出来ます。

このように、普段のお化粧にもタレ目の技法をぜひ取り入れてみて下さいね。

唇に手を添える

ちょっとした仕草の時に、口元に手を添えたり、唇を指で触れるような仕草をすることで、色っぽさを演出できる可能性があります。

さらに、見ている側として口もとに視線も行きますので、その時の唇もグロスやリップなどを塗った色っぽい唇に仕上げておくことも大切です。

さらに、その色っぽい唇に視線が行くために唇に手を添えることでより色っぽく感じることでしょう。

いやらしくない仕草としては、ジュースや飲み物を飲み終えた時などに、唇に手を添えるようにすると自然と色っぽく、また自然な仕草に見られたりします。

このように不自然に動くとかえって相手に不快な印象与えるため、自然の流れで自然な仕草に色っぽく仕上げてみてください。

口元が緩い

口元がゆるい仕草は、着ている服が汚れてしまったり、等を汚してしまう可能性がありますので、口元がゆるい仕草をする際にはハンカチやティッシュなど持参するようにしておきましょう。

口元がゆるいと、なぜ色っぽく見えてしまうのか?その原因は、やはり口元に目線が行くからではないでしょうか。

さらに口元がゆるい演出をする時にもリップやクロスをきちんと塗っておくことをお勧めします。

さらに、口元がゆるい演出をする際にはものを食べるときに落としてしまったり、口から漏れてしまったと言うような表現が理想的かと思います。

そのために、わざとらしくするのではなく、詰め込みすぎるのではなく、「ちょっと緩んで出ちゃった」言う程度の緩みが非常に自然で色っぽさが感じられる仕事なのではないでしょうか。

色っぽい仕草は12個!

からは色っぽい仕草について12個特集をしていきたいと思います。

さらに、色っぽい仕草をする上で、重要なポイントを上げていきますのでぜひ色っぽいしぐさに絡めて行うようにしてみてはいかがでしょうか。

さらに、色っぽい仕草を普段から心がけることで、色っぽい女性に見える事は間違いないでしょう。

毎日色っぽい仕草を続けていくことで、いつしか色っぽい女性になっているのではないでしょうか。

途中で、諦めてしまったり止めてしまうことがないよう、普段から色っぽい仕草に気を配り、周りの男性たちを虜にさせてみてはいかがでしょうか。

ゆったりとした動作

せかせかしたせっかちさんや、周りのことが見えていないずけずけ女さんには、色っぽさやゆったりした仕草が似合わないでしょう。

やはり、ゆったりとした動作ができる女性は色っぽい仕草ができる女性に感じます。

ゆったりとした動作ができることで、さらに女性らしく余裕を持った姿に映りますので、ぜひ色っぽい仕草をする際にもゆったりとした動作を心がけてみてください。

しかし、ここでの注意点はぼーっとしている人はゆったりとした道さんには感じられません。

ゆったりとした仕草と言うのは、一つ一つの動作が丁寧でおおらかに行っている行動と言えるかもしれません。

そのため、ぼーっとしていて動けない女性とは違いきちんと気の利く行動もでき、ゆっくりした動作ができる女性のことを「ゆったりとした動作ができる女性」となるのではないでしょうか。

一つ一つ丁寧に

ゆったりとした動作に加え、さらに一つ一つが丁寧にこなされていく姿を、色っぽく感じるのではないでしょうか。

動きが遅くて雑な仕事をしているのであれば、色っぽくは見えませんよね?色っぽく見えるポイントは、丁寧さや綺麗さにポイントがあります。

その人自身が持っているセンスなどもありますが、一つ一つの作業がゆっくりで、一つ一つ丁寧に何事も仕上げていく姿が色っぽいのではないでしょうか。

一つ一つ丁寧に何かを仕上げられる人は、仕上げてる動作も美しく、また一つ一つの作品も美しいものに仕上がるのではないでしょうか。

つまり、一つ一つ丁寧にすることで工程や完成したものまですべて美しくみるということです。

このように、色っぽい人や艶っぽい人には一つ一つゆっくりと丁寧に作業する傾向があるようです。

手を添える

話をするときは、ものを取る時など必ず手を添えて動作を行うようにしています。

色っぽい女性の方は、必ず片手で何かをするのではなく、手を添えて行うことが多いようです。

そのゆったりとした仕草に手を添えることで、上品に見える事はもちろん、仕草にも余裕が見られそばにいる人をドキッとさせている事でしょう。

行動をするときに、手を添えることで一つ一つの行動が上品に見え、また一つ一つのことが丁寧に映るのではないでしょうか。

このように、そっと手を添えるだけで上品に見えたり、丁寧に見えたりすることで、色っぽさを最大限に引き出すことができるのかもしれません。

このように、一つ一つの仕草に丁寧さを心がけることで色っぽい女性としての雰囲気とイメージが出来上がっていくのかもしれません。

常にあごは引いておく

顎が出ている女性は、上品に見えませんよね?顎が出ている女性はやや下品に見るのも特徴です。

常に顎は引いておくことを心がけてください。

ぼーっとしているときに顎が出ていたり、喋っているときに顎が出てしまっていては全く色っぽくは見えません。

お風呂に入る前やお風呂から上がった後などによく鏡などを見て自分の話している顔を調べてみましょう。

知らず知らずのうちに、顎が出てしまったり、ものを食べるときなどに顎が出てしまったりしていませんか?そうならないためにも、信頼のおける友達などに普段の様子を聞いておくのも1つかもしれません。

もし、知らず知らずのうちに顎が出てしまっているのであれば、意識的に顎を引く訓練をすることで、上品な顔立ちを作ることができ、顎を引いておくことで色っぽさも演出できるようになるのです。

騒いだりしない

色っぽい女性は、まず騒いだりはしません。

ビービーギャーギャーと騒いだり、すぐに泣いたり、喚いたりする事もありません。

また、テンションが高いということもありませんしふざけすぎたりと言う行動も起ません。

つまり、おっとりしていて穏やかな上に、一つ一つの作業や行動が丁寧で、騒ぎ立てたり怒ったり、八つ当たりすることもありません。

このように色っぽく見える仕草の1つには感情がむき出しになりコントロールできなくなるということがないと言うことです。

しかし、感情のコントロールができ、常に冷静な対応や丁寧な作業ができているのであれば、立派な女性としている姿に周りの人たちも尊敬の念を示すのではないでしょうか。

できる人とは、自分の感情もコントロールできる人なのではないでしょうか。

おっとりとした話し方

騒ぎ立てたり、感情的になったりすることもなくまたおっとりとした話し方をするのも特徴です。

おっとりした話し方をすることで、周りに安心感を与えて隙を与えることで、色っぽく見えたり癒されたり、安心感につながるのではないでしょうか。

おっとりとした話し方が苦手な人もいるようですが、せかせかガチャガチャした話し方より、おっとりしている話し方の方が男性ウケも良いようです。

このように、おっとりした話し方をすることで、自分の頭の中を理解しながら話ができるとともに、秘密の話を言ってしまったり、話してはいけない内容を話してしまうこともありません。

このようにおっとりした話し方は、周りを安心させるだけではなく、話の内容などにも充分注意をしながら話をできるため非常に効率的なのかもしれません。

暑がっている姿

色っぽい仕草の人は、常に扱っている様子が見受けられます。

だからと言っておもむろにはだけているわけでもなく、シャツを着ていてもきちんと清楚に見える服の着こなしをするとともに、清潔感のある服装選びもしています。

服装での露出が多いわけでなく、動作や動きまた仕草等により色っぽく見せていると推測できます。

さらに、色っぽい女性の特徴として少々ぽっちゃりさんが色っぽく見えるスタイルに見受けられます。

そのためか、夏の暑い日には、日傘をきちんとさしていたり、暑いと言いながら手やハンカチ、うちわなどで仰ぐ姿も色っぽく映ります。

このように、暑がっている姿ですら色っぽく見えるのでしょう。

上品な雰囲気

色っぽい仕草をしている人は、上品な雰囲気があります。

下品な雰囲気の人が色っぽかったら、安っぽいイメージになりそうです。

それって、一番なりたくない女性のイメージですよね…。

そんな安っぽいイメージにならないように、注意したいところ。

色っぽい女性には、そんな上品な雰囲気が備わっているとともに、余裕のある行動や雰囲気も同時に備わっていると言えるでしょう。

このように、色っぽい仕草の人は安っぽいイメージの色っぽさになってしまわないような注意が必要なのです。

例えば、安っぽいイメージの色っぽさになってしまう原因として、無駄に服装が肌蹴ていたり、無駄な露出が多かったりすることが原因なのかもしれません。

胸元が空きすぎたシャツ、下着が見えているショートパンツやスカートなど、着るものや履く物にも注意をしておきましょう。

相手の目を見て話を聞く

相手の目を見ながら話をすることが、とても大切です。

なぜなら、相手の目を見て話を聞くことできちんと相手の話を聞いていると確認できるからです。

さらに、相槌を打つなど相手の話を聞いているそぶりを見せることで、色っぽさを感じさせるとともに、自然と相手を癒せる行為にもつながっているのかもしれません。

さらに、話をしていて瞳に吸い込まれそうなくらい目が合えば、相手はドキッとすることはもちろん、その瞳に癒されることでしょう。

このように、相手の目を見てきちんと話を聞くことで自然と色っぽさを演出できる可能性があります。

相手の話をうなずきながら聞いてあげることで、相手も癒され、あなたへ色っぽさを感じて落ちていくのかもしれません。

髪を耳にかける