目は口程に物を言うといいますが、時には何を伝えられているかがはっきりと分からない方が、相手の心に強いインパクトを残すこともあるものです。

最近のメイクでは目力を重視するものもありますが、その一方で、昔から異性にアピールする際に使われてきたのが「流し目」です。

これは目力とは全く違った意味合いを持っているものであり、どちらかと言うと、相手に迫力のある目線を与えるものではありません。

ただし、横目で相手を見ることで、相手に色っぽい印象を与えることができる流し目を使いこなせる人は少ないですね。

映画や、歌舞伎の中ではよく見られる流し目ではありますが、普段の生活の中ではそれほど多く見られることはないのです。

何となく流し目と言うと大げさな気がして、自分がそれを自然に使いこなすことができないような気がすると言うのがその理由でしょうか。

ですが、この流し目は上手に使いこなすことができれば、相手の心に強く訴えかけることができますよ。

ここでは、流し目のコツや、流し目を上手にすることができる芸能人について見てみることにしましょう。

流し目に色気がある理由

流し目に色気がある理由はご存知ですか?

流し目には色っぽい印象がありますが、それは、流し目がはっきりと自分のことを見ているわけではないからです。

横眼だけで見られるそれには、色々な意味が込められているように感じますよね。

意味深長な視線を異性からもらうというのは、何か色ごとの雰囲気を感じさせます。

また、はっきりと意味の分からない視線というところから、何となく、見てはいけないものを見ている。

はっきりと分からないけれど、何らかの意味があるものを見ているというところから、要するにチラリズムと同じような威力を持っているのです。

まっすぐに見られるわけではない視線は、要するに「はっきりと意味が分からないからこそ」色っぽいものだと言えるでしょう。

目だけで何かを強く打って駆けてくるような目力とは違うインパクトを持っているのが流し目なのです。

流し目で色気を出してみたい!8個のコツとは?

色気のある流し目に憧れる人は少なくありません。

目力がなかったとしても、流し目を使いこなすことができれば、多くの場面で役に立ちそうですよね。

ですが、その一方で、流し目を使いこなすことができる人はそう多くはないでしょう。

それでは、流し目を上手に行うコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

1、伏し目がちに相手を見る

上手に流し目をするためには、まずは伏し目がちに相手を見るということが大事でしょう。

かっと目を見開いて相手を見てしまうと、それは流し目ではなく目力ということになってしまいますよね。

流し目は決して、相手のことをしっかりとみるというものではありません。

目の全ての力を使って相手を見る場合には目を見開く必要もありますが、流し目の場合には少しくらい隠れているところがあっても良いほどです。

そのため、もし流し目を上手にしたいのであれば、まずは伏し目がちにしてみましょう。

特に、目が大きくて目力があると言われるような人の場合には、流し目ではなく、相手に圧迫感を与える眼力を見せつけることとなってしまいかねません。

少し伏し目がちにして相手を流し見るということを心がければ、視線に色っぽさを出すことができるのではないでしょうか。

2、メイクを変えてみる


上手に流し目をするためには、メイクを変えるということも必要かもしれませんね。

メイクで一番雰囲気を変えることができるのは目元です。

ポイントメイクの一つではありますが、流し目をしたい時には、流し目に適したメイクにすることによって、雰囲気を出しやすくしてくれるのです。

特殊なコスメを使う必要はありませんので、ここぞという流し目をしたい日には、少しいつもとは違ったメイクテクニックを使ってみると、流し目の効果が出やすくなるかもしれません。

アイシャドウ

流し目メイクをするためには、持っているアイシャドウの中から肌馴染みの良い色を使ってみることにしましょう。

ブルーやグリーンなどの色は素敵ではありますが、どちらかと言うと色っぽい雰囲気の流し目をしたいのであれば、温かみある色の方が良いはずです。

少しオレンジに近いピンクやベージュなどを選びましょう。

少し肌の温度が上がったくらいの色であるのなら最適ですね。

それらの色合いを横長に入れることが特徴です。

自分の目幅よりも目じり側に少しだけは乱すようにして塗れば、横目で見たときのインパクトが増しますよ。

また、少し肌温度が高くてぽっと明るくなっているように見えるので、流し目に色っぽさを出すこともできます。

アイライン

アイラインを入れる場合にも、少し目じりの方に長めに書いてあげると良いのではないでしょうか。

流し目は基本的には横目で見たときの色っぽさが大事になるものなので、その横眼の印象を強めてあげるためには、アイラインも長めに入れることが大事です。

ただし、気が強そうに目じりを跳ね上げてしまうと、色っぽさと言うよりは目力が出てしまう点には注意が必要ですね。

自然な感じで少し長めにアイラインを引いてあげれば、横目で見たときのインパクトを出すことができるでしょう。

カラーコンタクト

瞳に印象を持たせることでも流し目の効果を得られることができるでしょう。

カラーコンタクトはその役割にぴったりなのではないでしょうか。

カラーコンタクトを入れている日本人んあまりいないので、変わった色のものを入れれば、それに対する興味も相まって流し目の効果を大きく得られることになります。

ブラウン系のナチュラルなカラーコンタクトであったとしても、黒目が大きく見えるので、普段よりも目から受ける印象が強くなるでしょう。

艶やかなリップ

鮮やかなリップを使ってメイクをすることで、流し目から受ける色っぽ印象を強くすることもできるかもしれませんね。

鮮やかな色のリップは、仇っぽい印象を作ることができます。

少しあざとくも見えますが、元々色っぽい印象にしてくれる流し目にプラスして、鮮やかに映える色のリップであれば、顔全体の印象も弱くはなりません。

元々、流し目は目力と違って曖昧な印象の視線が色っぽさを出して人の心をつかむのです。

顔全体の印象をぼんやりさせないためには、普段よりも少しはっきりした色のリップで印象を引き締める必要がありますね。

3、流し目が得意な友達を観察する

流し目を上手にするためには、それを使うシチュエーションや、実際に使われているところを見て勉強するということも大事です。

流し目と言う行為自体が頻繁に行われるものではないですし、普段から意識して流し目をしている人はあまりいないでしょう。

だからこそ、意識して流し目をするようなときには、不自然にならないようにしなければいけないのです。

流し目が得意な友達を見ていると、その友達がどのようなタイミングで流し目をしているのか、どのような方法で使われた流し目の効果が高いのかというところが分かるのではないでしょうか。

また、本人にコツを聞いてみるというのも良いかもしれません。

流し目が得意な人は、それを意識せずに行っていることもあるかもしれませんが、中には意識して行っている人もいます。

流し目のコツについて聞いてみると、意外と具体的なところを教えてくれるかもしれませんね。

4、顔を向けずに目だけで相手を見る

流し目をする具体的なコツは、顔を向けずに目だけで相手を見るというものです。

元々流し目が横目で相手を見るというものですから、横目になるようにしていれば、相手にとって流し目になるのです。

もちろん、横目で相手を見るというのは普段から慣れていなければ、どこか不自然になってしまうでしょう。

また、相手に声をかけられた場合に目だけを動かして応えるというのは、失礼に値することもあります。

そっと気になっている人を見るときに、少し目だけで相手を見るように心がけることができれば、上手に流し目ができるかもしれません。

5、歌舞伎を見て勉強する

流し目のプロと言えばやはり、歌舞伎の女形でしょう。

女性の色っぽさを最大に出すことができる女形の流し目は、やはり色っぽいですし、色々な意味を持たせることもできます。

流し目を勉強するのなら、やはりプロの技を見てみるというのが一番でしょう。

もちろん、女性だけではなく、男性も流し目を勉強するのなら、歌舞伎を見るのが一番です。

伝統芸能は自分たちの生活とは違うと考えるかもしれませんが、女形は特に「自分とは違う性別の魅力を最大限に出す」と言う意味で、研究されつくしたプロの技を身に着けている人たちです。

そのプロの技は自分たちの普段の生活にも通じているものですし、心に響かないわけがありません。

6、眼帯をしてみる

流し目の感覚をつかむのに眼帯をしてみるというのも良いかもしれませんね。

眼帯をしていると、見える範囲が完全に狭くなってしまいます。

そのため、見たい方向を見るのに、いつももとは違って横目で見ることも多くなるでしょう。

その感覚がまさに流し目の感覚なのです。

流し目の感覚がつかめない、いつものままで「横目で見る」ことに慣れないという方は、ぜひ眼帯を使って強制的に流し目の感覚を掴んでみるのも良いのではないでしょうか。

7、流し目に合う髪型にする

流し目に合う髪型にすると言うのも良いかもしれませんね。

流し目と言うのは色っぽい印象を作ってくれるものです。

この場合の色っぽさと言うのは、太陽のような明るさに派全くそぐわないものであり、どちらかと言うと影のあるミステリアスな印象にぴったり会ってくれるものです。

だからこそ、髪型も、少し顔を隠してくれるようなものなど、ミステリアスな印象を作ってくれるものを選びましょう。

特に、少し目にかかるような髪型であれば、「すべてが見えないない方が良い」流し目の効果を出してくれるでしょう。

8、服装を変える

服装も髪型と同じで、流し目の雰囲気の効果を高めてくれるのではないでしょうか。

あまりにも溌溂とした印象の服を着ていると、流し目の持つ色っぽい雰囲気が台無しになってしまいます。

または、せっかくの流し目だったのに「あの元気な子が流し目なんてするしかない」と思われて終わってしまうのです。

色気のある流し目をしたいのであれば、落ち着いた服装であるか、色気を強調した服を着た方が良いのではないでしょうか。

女性であれば、キュートすぎないフェミニンな服を選ぶことで、流し目の意図を相手にしっかりと伝えることができるようになるでしょう。

流し目をする人の5個の「心理」とは

流し目の仕方は分かっても、実際に流し目をすると言うのはなかなかにハードルが高いものです。

まして、あまり積極的に自分の気持ちをアピールすることのない日本人にとっては、「流し目でアピールする」というだけで、一般人にはできないという気分になるのではないでしょうか。

ですが、中には当たり前のように流し目をしてしまう人と言うのも存在しますよね。

流し目をする人がどのような心理でいるのか、どうして流し目をしてしまうのかと言うのは、流し目ができない人にとっては永遠の不思議なのではないでしょうか。

ここでは、普段から流し目をできる人の心理について見てみることにしましょう。

同じような心境に陥ったときには、流し目がしやすいかもしれません。

1、人見知り


人見知りな人はよく流し目をしてしまうようですね。

人見知りで人とのコミュニケーションが苦手な人は、真正面から人の目を見ることもできません。

誰かの顔を見ながらのコミュニケーションはできずに、どこか横目で相手のことを見ることになってしまうのです。

自分の心に負担をかけないように相手の顔を見つめるためには、横眼がちになってしまうのは仕方ないことでしょう。

ですが、これは、他の人から見ると流し目ということになるのです。

明らかに他人が見て分かるほどの人見知りであれば「ああ、これは目を併せられないのだ」と分かってもらうことができます。

ですが、ある程度人見知りを取り繕って人から知られないようにしている人であれば、人見知りで顔を見られないのだということを理解してもらえないかもしれません。

そんなときには「流し目をしてくれている。気があるのかも?」と解釈される可能性もあるということになります。

2、自分に興味がある

自分に興味があるというのも、流し目をしてしまう心理の一つとなるでしょう。

流し目の一番イメージしやすい使い方ということになりますね。

興味があるものに対してじっと見つめてしまう人もいれば、じっと見つめることに対して躊躇してしまい、つい横目で窺ってしまう人と言うのもいます。

また、人に対して興味を覚えているときには、わざと流し目を作って相手の気持ちを引こうとする人もいるのではないでしょうか。

消極的な意味で流し目になってしまう人もいれば、意図的に使いこなしている人もいるということになりますね。

好意を持っている

具体的に「興味がある相手」というのは、何よりもまず、好意を持っているということが挙げられるでしょう。

好意を持っている相手に対しては、じっと正面から見るよりも、相手に気づかれないように伺いたいという心理になる人は多いものです。

まして、恋心が芽生え始めたばかりの片思いの時期にはその傾向が強いのではないでしょうか。

仲良くなりたい

仲良くなりたいと考えている相手に対しても、つい流し目をしてしまう傾向はあるようですね。

仲良くなりたい相手のことは、正面から見つめて不躾なことをしてはいけないでしょう。

ですが、相手のことが分からなければ、仲良くなるきっかけをつかむこともできません。

結果的に、相手に気づかれないように横眼で眺めることになり、それが流し目ということになってしまうこともあるのです。

ライバル意識がある

ライバル意識がある相手に対しても、流し目状態で相手を見てしまうことがあるのではないでしょうか。

ライバルだと思っている相手のことを完全に無視できる人はいません。

大抵は、ライバルだと思っているからこそ気になって仕方ないのです。

ですが、だからと言って相手のことを真正面から見つめることもできないために、ライバルの相手に流し目を贈ることとなってしまうのです。

もちろん、本人は流し目を贈ろうと思っているわけではなく、ただ単に横目で相手のことを確認しようとしているだけにすぎません。

3、ただボーっとしているだけ

ただぼーっとしているときにも、何となく流し目になってしまっているということがあるかもしれませんね。

流し目で誰かに色っぽくアピールをしようと言うわけではなく、ぼーっと横の方に注意を払ったことで、流し目になってしまうという状態です。

特に、どこに焦点を当てたと言うわけでもない流し目は、曖昧な分だけ多くの人の心をドキッとさせるようなものになっているかもしれません。

または、アンニュイに見える原因ともなります。

アンニュイな色っぽい流し目をしているからと言って、背後で何かを常に意図しているわけではないということですね。

自分では色っぽい流し目などできるはずがないと勘がてえていても、意外と他の人から見てみると「よく流し目をしている人」のように思われている可能性もあるということですよ。

4、苦手意識を持っている

相手に対して苦手意識を持っているときにも流し目になってしまう傾向はあるかもしれません。

人間は苦手意識を持っている相手に対しては、正面から顔を向けたくないと考えるものです。

真正面から顔を見るのを避けようとしつつも、だからと言って相手の顔を見ないわけにはいかないというときには、少し横眼気味に見てしまうものでしょう。

また、嫌いだからこそ、相手のことが気になって見ないわけで二も行かないというときには、流し目になってしまうことがあります。

つまり、セクシーな魅力で相手を魅了しようとしているわけではなく、相手のことが苦手だと思っているからこそ、色っぽい流し目になってしまっているということですね。

つまり、流し目を受けたからと言って、必ずしも相手が自分の好意を持ってくれているわけではないということにもなるでしょう。

5、流し目が癖になっている

流し目をすることに対した意味を持っておらず、ただ、流し目が癖になってしまっているという人もいます。

または、眼力や目の形から、普通に見ているだけなのに流し目っぽくなってしまうという人もいるかもしれませんね。

流し目は意図して行わなければ流し目にならないと言うわけではありません。

受け取った方が「流し目だ!」と思ってしまえば、それが流し目ということになるでしょう。

普段から顔を動かさずに横目で見るような癖がついてしまっている人は、本人が意識することなく、また、流し目をしようと言う意図もなく、流し目になってしまっていることがあります。

普段から流し目をしている友人に「流し目のコツは?」と聞いても、本人はその自覚がないので、流し目なんてしたこともないと答えられてしまうかもしれませんよ。

流し目が似合う有名人

流し目のコツや心理は上記の通りですが、だからと言っていきなり流し目を普段の生活の中で使えと言っても、それは無理だと感じてしまうのではないでしょうか。

まして、流し目のイメージがなければ、どのような場所で使えばよいのか、どのような種類の流し目を使えばよいのか分からないことも多いはずです。

そんなときに役に立つのは、既に流し目を使いこなしている芸能人の方々を参考にすることでしょう。

一般人と比べて芸能人は流し目を使うようなシチュエーションにも慣れているでしょう。

中には、流し目のプロとして扱われている人もいますから、こうした人々の流し目を見ていれば、何となく、どのようにして流し目をすれば良いのかイメージできるかもしれません。

上手に流し目をするには、上手な流し目を見て学ぶということも必要ですよ。

ここでは、男女関わらず、流し目が得意な芸能人の人について見てみることにしましょう。

男性

何となく流し目と言うと女性の特権のように思われてしまうかもしれませんが、男性でもやはり流し目が得意な方もいます。

上手な男性の流し目にどきっとしてしまう女性は少なくないはずですよ。

ですが、下手な流し目を男性からもらうと、女性は、気持ち悪い目で見られているとしか思えません。

ですが、女性から人気の高い流し目ができる男性のことをきちんと見ていれば、そんなこともなくなるでしょう。

以下には、流し目に定評がある男性芸能人を挙げてみましたので、参考にしてみてくださいね。

1.早乙女太一さん

早乙女太一さんの流し目には、女性でなくてもドキリとするものがあるのではないでしょうか。

女形であることも知られている早乙女太一さんは、流し目王子と言われることもあるほどに、「流し目のプロ」です。

女性らしい流し目から、男性としての迫力のある流し目まで使い分けることができる早乙女太一さんの流し目を勉強して見るのも面白かもしれませんね。

2.高橋一生さん

俳優の高橋一生さんも流し目が得意だという印象がありますね。

物言わず視線で語ることができるような役をすることもあり、目に物を言わせることができるからでしょうか。

高橋一生さんの雄弁に物を語る流し目にぐらっとくる女性は数多くいるはずです。

3.羽生結弦さん

フィギュアスケーターの羽生結弦選手の流し目にどきっとしてしまう女性ファンは少なくないでしょう。

羽生結弦さんは芸能人と言うわけではありませんが、そのフィギュアスケートの演技の中で流し目を披露してくれていますよね。

どちらかと言うと、スケート以外の場所で見る羽生結弦さんのキャラクターはほんわかしたものであるように思えますが、演技の中ではクールな流し目も見せてくれています。

羽生結弦さんの流し目にドキッとする女性は、流し目そのものにも心を引かれているだけではなく、普段の姿とのギャップに惹かれているところもあるのかもしれませんね。

どちらかと言うと童顔寄りではありますが、羽生結弦さんを見ていると、顔立ちが流し目のあり・なしを決めてしまうわけではないということが分かるのではないでしょうか。

女性

女性でも流し目が得意な芸能人の方は何人もいます。

女性の流し目にはエロスが含まれていることもあれば、眼力でドキッとさせるような威力もあります。

その流し目を使いこなすことも必要ではありますが、やはり、その人の性質によって流し目の種類は変わってくる者かもしれません。

それでは、どのような芸能人に流し目が似合い、それらの方々の流し目とはどのような種類のものなのでしょうか。

女性で流し目を上手にしたいと思っている方は、ぜひ以下のような方たちの流し目を参考にして勉強してみてくださいね。

1.壇蜜さん

セクシーな色気満点の壇蜜さんは、まさに流し目の似合いそうな芸能人さんと言えるのではないでしょうか。

流し目にはセクシーさが必要になりますが、壇蜜さんであれば、その色気がたっぷりですから、問題ありませんね。

壇蜜さんは色気を売りにしている人でありながら、教養も溢れていることで知られています。

流し目をしていながらも、嫌らしいだけにならないというところが素敵ですね。

壇蜜さんの流し目には定評もあり、あるテレビ番組の中では、その名が締めの秘訣についても聞かれていますよ。

その答えは、視線を送る側に対して自分の中の寂しいという気持ちを全面に込めるというものでした。

ですが、それだけで人を魅了できるような流し目になるというのは、やはり、壇蜜さんの魅力があってこそかもしれませんね。

エロスのこもった流し目で彼女の右に出る人はいないでしょう。

2.栗山千明さん

女優の栗山千明さんも、流し目が似合う女性として知られていますね。

フェミニンな女性を演じるというよりは、格好良い女性を演じることが多い栗山千明さんは、映画やドラマの中でもその流し目を存分に披露してくれていますね。

エロスを全面に感じるというよりは、目力の圧力を感じることもある流し目かもしれません。

その流し目の特徴を作り出しているのはもちろん、その役の性質もあるかもしれませんが、多くは栗山千明さん自身の目にもあるのではないでしょうか。

栗山千明さんは黒目がちな大きな目をしています。

大きな目の人が強い目線で流し目をしているところを見ると、目力を感じてしまうのかもしれませんね。

栗山千明さんの流し目はエロスと言うよりは迫力があって、その視線に当たった人んことをどきりとさせるものなのかもしれません。

3.天海祐希さん

流し目が似合いそうな芸能人の一人と言えば、天海祐希さんが挙げられるのではないでしょうか。

天海祐希さんと言えば、宝塚歌劇団のトップスターで会ったことでも有名ですし、男役らしい流し目のようなものが得意そうですよね。

実際に天海祐希さんは若くて華のあるトップスターのタイプだったので、それほど流し目が似合うようなタイプではなかったようなのです。

ですが、女優の彼女は切れ目が格好良く、女性が見ても格好良い女性に間違いありません。

また、退団後にも光源氏を演じていたり、舞台でも男役を披露したりと、格好良いイメージが強くついています。

そのため、天海さんの場合には「女性のフェミニンな色気を含んだ流し目」というよりは、格好良い男っぽいキザな流し目が似合いそうという印象が強いですね。

実際に、女性の役であったとしても、場の雰囲気を占めるような男勝りな役をやっているときなどには、流し目の威力を感じることができるはずです。

流し目で色気たっぷり

いかがでしたか?

流し目なんて普段の生活の中では、あまり自分には関係のないものに思えるかもしれませんね。

女優さんや男優さんが人の心をつかむために行うもののように感じてしまうかもしれません。

ですが、流し目は普段の生活の中でも使うことはできるでしょう。

俳優さんたちのような、一瞬で人の心をつかむような雰囲気にすることは難しいかもしれませんが、それでも、流し目をすることで色気を出すことができるでしょう。

また、素人の流し目であったとしても、色気を含んだ視線をもらってドキっとしない人はいないはずです。

もちろん、流し目でも上手にできた方が良いですから、一つの気持ちの表現として流し目を使おうと考えている人は、ぜひ、上手に長し目をするための方法を実践してみてください。

コツを掴めば、だんだんと色気たっぷりの流し目ができるようになるはずです。

流し目ができれば大人の雰囲気を出すこともできますし、気になる人にアプローチをすることもできますよね。

ぜひ、流し目を上手に使いこなして、人の心を掴めるようになってくださいね。