世の中にはたくさんの美が溢れていますが、その基準はいったいどのようなところにあるでしょうか。

美しいものの基準は基本的には何も決まっていません。

「その人が美しいと思ったもの」が美しいものとして扱われることになるのです。

それは間違いがないでしょう。

一方で、美しいと言われるものが一般的に「こうあるべきだ」と決められていることもあります。

人の感性を統一することはできませんが、多くの人が美しいと思ったものが、「一般的に美しいもの」として扱われるのです。

人間においてはどのような基準があるでしょうか。

それが健康的に良いことかどうかは別として、美しいと捉えられる人間は基本的には痩せています。

痩せ型の人間の方が好まれるのです。

平安時代にはふっくらした方が好まれていたというのですから、時代によって価値観が異なることには違いありません。

ですが、今は男性も女性も痩せている方が好まれるものですよね。

多くの人が、肥満状態にあるよりも痩せている状態の方が美しいと思っているのです。

だからこそ、女性を中心に多くの人がダイエットに励もうとするのでしょう。

ところがその一方で、肥満体型の人がいなくなるわけではありません。

痩せようと思っているのに、肥満状態から抜け出すことができないのです。

それでは、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

美に対する意識はあるはずなのに、肥満から抜け出すことができない理由には何か特別なものがあるのでしょうか。

肥満体型の人がそこから抜け出すことができない理由について見てみることにしましょう。

意外と気づかない?!肥満な人の特徴や性格

肥満な人を見るとどのようなことを思うでしょうか。

何となく自分の管理ができていないような印象や、病気が怖いと言った印象を抱いてしまうかもしれません。

女性の「ちょっと太っちゃった」レベルではない肥満を見たような場合には、何か問題があるのだろうかという考えになってしまう人も少なくないのです。

多くの人はその問題を漠然としたまま考えていませんが、実は正確にあるかもしれないと言ことは考えたことがありますか?肥満は病気などのどうしようもない理由でなってしまった場合を除いて、本人の性格が原因である可能性が高いものです。

もちろん、本人の体質という個人差はあるにせよ、性格が原因しているというのは否定することができないでしょう。

実は肥満している人を見ていると、それらの人にはいくつかの特徴があることが分かります。

意外と気づかないような肥満の人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

肥満の人に共通している意外な特徴や性格まで見てみることにしましょう。

実は、こういったものが原因で肥満になってしまっているのかもしれません。

肥満な人の特徴


ここでは肥満な人の特徴を見てみることにしましょう。

そんなのは当てはまっていないと思うものもあるかもしれませんが、こうした知識をベースに周囲の人を思い浮かべてみると、実は当たっているということもあるのではないでしょうか。

今までは肥満の人をひとくくりにしてみることはなかったかもしれませんが、実は意外と共通しているところがあるかもしれませんね。

優しい

肥満の人の印象には優しいというものがありますが、これは、色々な意味からなっているでしょう。

まず、肥満の人は全体的な印象が丸いので、何となくほんわかしているように思われるのです。

だからこそ、優しいという印象をひとからもたれるようになるのではないでしょうか。

さらに、肥満の人には楽観的な性格をしている人が多く、その楽観的な性格から出てくる発言が「優しい」と言う印象を作っているように思えます。

そして、さらに、肥満で身体が重いことから、何となく動きかゆったりしており、そうした動きからにじみ出るオーラや雰囲気が人に「優しい」と思わせることになるのです。

こうしたことから野菜いと思われることが多い肥満の人ですが、実際にその人が本心から優しいというわけではありません。

それは完全に個人の性格に寄るでしょう。

断れない

肥満の人はどこか気が弱く、意志が強いような印象であることが多いですね。

自分の意思で頑張ってダイエットすることができないような意志ですから、精神的に揺れ動くことが多いような印象も受けます。

あまり強い意志を持っているわけではないので、他の人から言われたことを断れないという人も多いでしょう。

自分で主張することもうまくはないですし、相手に強く出られるとそれに従ってしまうことになるのです。

我慢できない


肥満の人は我慢強くはありません。

我慢できる人であれば「ここで食べたら太る」というときには食べようとしないからです。

我慢することが苦手な人は、そこで我慢することができずに食べてしまい、さらに脂肪をため込むようなこととなってしまうのです。

我慢できない体質と言うのは食べることのみならず色々な場面に出てくるでしょう。

買いたいと思ったものをすぐに買ってしまうことや、失礼な相手に我慢することができずにすぐに喧嘩を買ってしまう傾向にあるなど、色々なところに出ているはずです。

食べ物をしっかり噛まない

肥満の人は食べ物をしっかりと咬まないという共通する特徴を持っているのではないでしょうか。

しっかりと噛んでいると、それだけでしょうかが良くなりますし、きちんと満腹中枢が働いてくれることになります。

食べ物を何でも飲むように食べていると、能が歯止めを利かせる前に、危険な量を食べきっていることになりますから、それが肥満に繋がっているのではないでしょうか。

きちんと勘でゆっくりとご飯を食べていれば、それほど量を食べることにはなりません。

何でも飲みこむかのように食べてしまっていることが、肥満の身体を作り上げていると言っても良いのではないでしょうか。

両親のどちらかが肥満

肥満の人は、両親のどちらかが肥満になっていると言こともあるでしょう。

肥満が完全に遺伝するわけではありませんが、太りやすい体質の人がいると、肥満になりやすくなるというのは確かです。

両親のどちらかが肥満であるということは、そうした太りやすい遺伝子を持っていると考えた方が良いでしょう。

また、両親とは同じ食生活を送っているわけですから、両親が太るような食生活を一緒にしていて、太らないはずがないのです。

両親の様子を見ていて、どちらも太っているようなら、それは食生活も問題になっているかもしれません。

普段自分が当たり前のように食べていたもののカロリー計算をしてみると、自分が太っている原因を把握することができるかもしれませんね。

体重計に乗らない

肥満の人は、自分が肥満状態にあるということをきちんと知っています。

鏡を見れば鏡が答えをくれるわけですから、全く自覚していないというわけではないのです。

ですが、できる限り自分の現実を見たくないと思っていることも確かでしょう。

体重計に乗ってしまうと「薄々感づいていた」自分の肥満が、具体的な数字となって突き刺さることとなります。

具体的な数値で現実を見せつけられると、それには耐えられないと思っている人もたくさんいるでしょう。

具体的な数字と言うのは現実的すぎて、そこから目を逸らすことはできないからです。

鏡を見ている段階では「これくらい普通」と思うことができていたことも、具体的なものを見ってしまった後には言い訳が効かない状態になりますよね。

だからこそ、体重計に乗って現実を見るのが本気で嫌なのです。

運動しない

運動をしないという特徴を持っているのも、肥満の人たちに独特ですね。

もちろん、人間の中には脂肪がつきにくい人とつきやすい人がいます。

つきにくい人の場合には、何もしていなくてもそれほど肥満になることはありません。

普段普通に動いているような、ちょっとの買い物のウォーキングくらいで運動が足りているということになるでしょう。

ですが、脂肪がつきやすい人の場合には、それよりも運動量を増やさなければいけません。

つまり、肥満の人は自分に最適な運動量の運動をしていない可能性が高いということです。

そもそも、肥満状態になってしまうと、運動するのがかなり苦しくなるのではないでしょうか。

自分の身体も重くなってしまいますし、それによって運動をさらにしなくなってしまう状態になるかもしれません。

食事を抜きがち

意外なことですが、肥満の人は食事を抜きがちになっているところもあるでしょう。

食事は抜いていれば痩せるというように誤解されているかもしれませんが、それは嘘です。

食事を抜くような傾向にある人は、逆に肥満になってしまう可能性を高めているのです。

その理由について見てみることにしましょう。

そもそも、身体は栄養をきちんとため込もうとするような性質があります。

きちんと身体に栄養がなければ死んでしまうので、死なないように過剰に入ってきたものはきちんとため込んでおくのです。

このために肥満になりますよね。

いつもきちんと食事をする習慣がある人の場合には、どんなときでも栄養が不足しないことを学習しているので、身体は過剰に栄養をためこむことがありません。

ですが、逆に食事を抜いている人の場合だと、脳は「今を逃すといつになるか分からない」「次がなければ餓死してしまう」と理解してしまうことになるのです。

このために、栄養をため込もうと働いて、肥満になってしまうのです。

肥満の人は食事を抜けばよいと思っているかもしれませんが、それは逆に危険です。

食事を少量でも良いのできちんと規則正しく捕っている方が、効果的にダイエットができるでしょう。

電気をつけたまま寝る

肥満の人はどこかずぼらなところがあるのではないでしょうか。

そう言った行動の代表的なものが「電気をつけたまま寝てしまう」と言うところです。

ずぼらな性格がたたってこうした行動になってしまうのですが、これは電気代に悪影響を及ぼすだけではなく、自分の睡眠にも悪影響が及んでいます。

いつまでも明るい状態で眠っていると、睡眠の質が変わってしまうことには違いありません。

人間はもともとは野生の生き物ですから、ずっと明るい状態でいることには慣れていませんよね。

自然な状態で眠ることができていないので、睡眠の質が変わり、そのことが影響でホルモンバランスが崩れてしまうこともあるのではないでしょうか。

こうしたことが原因で、肥満に繋がってしまっているという遠因もあるかもしれませんん。

食べるのが早い

肥満になってしまっている人は、とても食べるのが早いという特徴もあるかもしれません。

食べるのが早いために、満腹中枢が刺激されるまでに詰め込みすぎるほどに詰め込んでしまい、過剰に栄養を摂取している状態になっている可能性があります。

ゆっくり噛んで食べていれば、満腹中枢が早くに刺激されるので、少量でお腹がいっぱいになったように感じるでしょう。

ですが、肥満の人は食べるのが早いために、なかなか満腹になったと感じなくなってしまうのです。

実際には逆かもしれませんね。

食べるのが早い人は、満腹中枢が刺激されるのがかなり遅いために、食べ過ぎてしまって肥満の状態から抜け出せなくなっているのです。

食べるのが早くて肥満状態の人は、自分が早食いだということに気づいていないかもしれません。

自覚がないままに早食いをしてしまっているので、ダイエットをしようとしてもなかなかその結果を見ることができないのです。

周りは太った人ばかり

肥満な人の特徴の一つとしては、周りに太った人ばかりがいるということです。

これは類は友を呼ぶと言う言葉で説明できるのではないでしょうか。

つい、一緒にいて心地が良い人たちを友人に選んでしまうと、周りが太った人ばかりということになってしまうのです。

もちろん、痩せた人たちと仲良くできないという意味ではありません。

痩せた友達もいるかもしれませんが、つい集まって、いつも一緒に行動しているのは太った人が多いということもあるのではないでしょうか。

肥満の人は自分が肥満だということを自覚していないわけではありません。

だからこそ、肥満しているということを少しでも目立たせないため、そして自分自身に気づかせないために、太っている人との行動を選んでしまうのです。

また、痩せた人と一緒にいると、さらに太って見えるということが薄々分かっているので、避けているような側面もあるかもしれません。

周囲の友達がみんな同じような体型をしているということは珍しくないでしょう。

肥満の人の性格

肥満の人の性格について詳しく見てみることにしましょう。

肥満の人であっても良い性格の人、悪い性格の人がいることは確かですが、根本にある特質は同じであるという可能性もあります。

その特質の良い面が出ているのか、それとも悪い面が出ているのかと言う違いがあるだけなのです。

肥満の人を一くくりにするのはあまりにざっくりとしているかもしれませんが、そういったジャンルで区切って見たときに共通する特徴があるというのは、とても面白いところですね。

楽観的

肥満になってしまう人は、楽観的と言う性格のことが非常に多いようですね。

楽観的な人は、物事をよくとらえようとしますし、あまり危機感を感じないような性格です。

だからこそ、太っている自分を鏡の中で見てもあまり何も感じないのかもしれません。

不安症とは程遠いような印象の性格をしていますから、自分が太っていることに対して、嫌だ、おかしい、どうして、と思うことができないのです。

また、自分が太るような行動をとっていることに対しても罪悪感などを感じません。

これくらいは大丈夫だと思っている傾向があるので、どんどんと肥満が蓄積してしまうのです。

楽観的な性格は肥満の人の優しい行動を引き出しますが、それが良い面ばかりではないということですね。

【楽観的な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

面倒くさがり屋

肥満の人は面倒くさがりな性格をしているかもしれません。

自分が肥満であるということに対して何も思っていないわけではないものの、何かをするのが面倒くさいので、ついそれを見逃してしまうという状態なのです。

ダイエットをしようとするのはとても面倒くさいことに間違いありません。

過酷なダイエットに臨むのはエネルギーも使いますし、大変な思いをすることには違いがないでしょう。

そう言ったことを考えると、とてもやる気にならないと考えている傾向があるために、肥満の状態になってしまうのです。

もしかすると「明日から」「一週間後には」と考えているうちに、面倒くさくなってダイエットをやめてしまうという人もいるかもしれませんね。

意志が強くない

基本的にあまり意志が強くない人が多いようです。

自分の肥満体型を直すことができるのはダイエットだけだということが分かっていても、それをするには強固たる意志がなければいけないので、面倒くさいと思ってしまうのです。

意志が強くなければそもそもダイエットは続けることができませんので、何度か初めて見ては挫折を繰り返しているという歴史を持っている人もいるかもしれません。

自分の力で働かなければいけないのがダイエットですし、辛いと思っているときにも誰も助けてくれません。

そこから逃げ出すのは簡単ですが、そう思う気持ちを抑えて何とか自分で自分をコントロールしなければいけないというのは、意志が弱い人にとっては苦痛の混じることだといえるのではないでしょうか。

自分に厳しい、甘い極端

肥満になっている人は、自分に厳しい、もしくは自分の甘いという極端になっているかもしれません。

自分に厳しい性格をしている場合には、その厳しさに耐えられなくなって食べてしまう、もしくは、それがストレスになって太ってしまっているということが考えられます。

また、自分に甘い人の場合には、食べたいという自分を止めることができないために、太ってしまうのです。

自分に厳しく、または自分に甘くいるような場合には、肥満体になる自分を止めることができないというのが欠点ですね。

さらにはそういった性格が、肥満になる原因の食欲を自ら大きくして言っているという可能性を作り出しているのです。

どちらかと言うと、自分にとても甘い性格の人が多いように思えますが、厳しい人でもストレスが原因となることがあるので、普通くらいで自分に接して上げることが一番大切なのかもしれませんね。

ストレス発散が苦手

肥満になりやすい性格の人は、ストレス発散が苦手ということもあるかもしれませんね。

体重の増減が比較的激しく、すぐに太ってしまうような人の場合には、ストレス太りになっている可能性があります。

ストレスと言うのはホルモンに関係していますから、特に女性の場合には、身体の中のホルモンバランスが崩れることで代謝が上手くいかなくなってしまい、太ってしまうということが考えられます。

うまくストレスを発散することができていれば問題ないのですが、ストレスをため込んでしまうことで肥満に繋がってしまい、さらには肥満に見えてしまっていることがストレスに繋がって悪循環になっている可能性も考えられますね。

どちらにしても、きちんとストレスを発散することができないために、肥満体になってしまっているのかもしれません。

解決策で肥満を解消!

肥満の人でも、それがどうしようもないような理由でない限りは痩せることもできるはずです。

きちんと痩せるような行動をとっていれば、痩せられないということはないでしょう。

痩せるためにはいくつかの厳しいダイエットをしなければいけませんが、問題はそれに耐えられる精神力があるかどうかです。

肥満体型を戻すための解決策はいくつもありますが、それをする覚悟は絶対に必要ですね。

さらに、いくつもある解決策の中から自分に合ったものを探すというのも絶対に必要でしょう。

以下に解決策をいくつか示しますが、自分に合ったものが見つけられなければ、他のもっと良い方法もあるかもしれないと思って諦めないようにしてくださいね。

ダイエットを習慣づける

ダイエットはイベントとして考えるとかなりつらいものがあります。

一気に落としてしまうと、リバウンドで戻ってしまう可能性もとても高くなってしまうので、注意が必要なのです。

ダイエットをしっかりとするためには、ダイエット自体を習慣づけなければいけません。

きちんと体重をコントロールするような食生活や生活リズムを自分の体の中に刻み込んでしまうのです。

そしてそれをするのが当たり前の生活にしていくのです。

ダイエットをイベントにしないことで、なかなか体重が劇的に落ちて行かないと悩むこともあるかもしれません。

ですが、長期的に見ると、ダイエットを習慣づけて少しずつ落としていった方が、身体のためにもなりますし、リバウンドを防ぐためにもなるでしょう。

あまりダイエットが苦手だという人は、少しずつ習慣づけて、さらに少しずつ習慣にしたダイエットをきつめにしてみてはどうでしょうか。

段階を踏んでダイエットをする方が、精神的にはずっと楽になれますよ。

セルフコントロールする

ダイエットをするときには、しっかりとセルフコントロールするようにしてください。

セルフコントロールは、自分自身を抑制するということになります。

誘惑が多い中でセルフコントロールするのは簡単なことではありませんが、それを乗り切れなくては肥満を解決することはできません。

精神力を身に着けるつもりで、しっかりとセルフコントロールして体重を減らすことができるように頑張ってくださいね。

自分に厳しく

ダイエットはとても過酷なものです。

あまり落ちないような脂肪をきちんと落とそうとしているのですから、当然、過酷なものになるに決まっているのです。

そんなダイエットをきちんとしようと思うのなら、自分に厳しくいなければいけません。

そもそも、自分に甘い性格が肥満体を作ってしまっているともいえるでしょう。

自分にしっかりと厳しく接して、体重が増えそうなことはしないように気をつけましょう。

自分のダイエットは自分で管理するしかなくなってしまいます。

厳しくするのが自分でなければ誰もできないので、しっかりとコントロールするようにしてくださいね。

体重を常に管理する

ダイエットをするためには、体重を常に管理しているようにしましょう。

自分の細かな体重も分かっていない状態でダイエットすることはできません。

きちんと体重を把握しておくことで、具体的に何kg痩せると言ったような目標を立てることもできるのです。

体重を常に管理しているのは大変かもしれませんが、最近では色々なアプリも出ていますから、工夫して管理するようにしてください。

体重計は必要になりますが、毎日図って自分自身のコントロールをできるように努めると良いでしょう。

具体的な体重を考えるのが嫌だからと言って、体重を計らずにダイエットをしてはいけません。

具体的な数字を頭に刻み込めば、ダイエットをしなければという気持ちになるでしょう。

自分と向き合う

ダイエットをきちんとしようと思っているときには、絶対に自分と向き合わなければいけなくなります。

自分をきちんと見つめていなければ、痩せようという気持ちにならないからです。

ダイエットはそう簡単にできるものではありません。

自分の生活を買えるほどのことも出てくるのです。

そんなことをするのに、自分とまともに向き合うようなこともしていなければ、「どうせ良いか」と言う気分になってしまって終わりです。

しっかりと自分と向き合うことで、自分自身に何が必要なのかということを身に染みて理解することができます。

肥満体の人というのは、自分と向き合うことを恐れているように思えます。

自分と向き合ってしまえば、太っている自分を自覚することになるからです。

現実から目を逸らしている方がよほど楽な気持ちで生きることができますよね。

ですが、本当に痩せたいと思っているのなら、まずは自分と向き合って見なければいけません。

痩せている人と友だちになる

肥満体を解消するためには、痩せている人と友達になるということも大切ですね。

類は友を呼ぶといいますから、肥満体のときには、友人もどこかふっくらした人が多いかもしれません。

そんな友人付き合いはとても楽だったのではないでしょうか。

確かに友人付き合いをしているときに肩ひじ張った状態でいるのは嫌ですよね。

ですが、どうしても痩せたいと思っているのなら、痩せた友達を作れるように頑張ってみましょう。

痩せた友達を持っていて良いことは二つあります。

一つは、ダイエットのための適切な情報をくれるというところです。

痩せている人でも、やはり元は太っていた人や、ダイエットをして体型を保っている人がいます。

そうした人から有効な情報をもらうことができるのは、とても魅力的ですね。

さらには痩せている人と一緒にいると、常に太っている自分を意識することになるというメリットもあります。

太っている人と一緒にいるときにならないかもしれませんが、痩せている人といると、自分がさらに太っているように対比して見えるのです。

これは怖いですが、ダイエットへの意識を高めることになるでしょう。

痩せている自分をイメージする

痩せている自分をイメージするということも大切です。

イメージ上の自分と、イメージではない自分の違いをしっかりと考えるのです。

また、痩せている自分をきちんとイメージすることで、イメージトレーニングのようなことができるでしょう。

イメージをきちんと持っていれば具体的な自分をイメージしながらダイエットをすることになります。

具体的なイメージと言うのはとても大切です。

曖昧な目標に向かって頑張る気持ちになることはできないかもしれませんが、しっかりした具体的な目標に向かっては頑張りやすいですよね。

要するに、具体的な痩せた自分のイメージは、具体的な目標にあたることになるのです。

痩せている自分をしっかりイメージして、それに向かって頑張るようにしてください。

肥満を解消してスマートボディを手に入れよう!(まとめ)

いかがでしたか?
肥満の人が悪いことをしているわけではありませんし、現在の「痩せすぎブーム」よりはずっと健康に良いと思っている方もいるでしょう。

確かに、現在の痩せることばかりを求めている女性たちを見ていると、それは健康には良くないと思えるようなことをしている人もいますよね。

ですが、やはり肥満状態でいることも健康に良いというわけではありません。

また、痩せたいと思っている方も多いでしょう。

肥満を解消するとスマートなボディを手に入れることができます。

健康的に見えるだけではなく、美しいからだもなれることができるということですよね。

肥満を解消するためには強い意志を持っていることがとても大切になりますので、まずは強い詩を持つことができるようにしましょう。

肥満になってしまっている原因の一つには、その人の性格があるのです。

自分の性格をきっちりと引き締めて、肥満体から抜け出せるように頑張ってみてくださいね。