いくらダイエットしても、そもそもの自分の骨格を変えることはできません。

骨格はもう変わらないのです。

ですが、自分の骨格に合わせたダイエットをすれば、理想の体型を手に入れることができるかもしれません。

あなたは自分の骨格のタイプを知っていますか?

恐らく知っている人の方が少ないのではないでしょうか。

そんな人は、自分の骨格タイプを知っていくことから始めていきましょう。

そこで今回は、骨格をテーマにして、骨格のタイプや骨格別の理想のダイエット方法についてご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

️骨格は変わることがない

骨格について正しく把握していない人が多いと思いますので、まずは改めて骨格とはどういうものなのかということをご紹介させていただきます。

骨格は関節で結合した複数の骨や軟骨によって構成される構造のことを指し示している言葉です。

人体の骨格は約200個の骨で形成されており680個の骨格筋が接続されていると考えることができます。

また骨格については骨の太さを指し示すものではなく、骨の形やつきかたのことを言います。

なのでこの点を考慮すると明確になるのが、骨格は基本的に変わらないという事です。

骨格をベースにして筋肉などはついているので、骨格は自分の体を作る大事なベースなのです。

骨格を変えられないという事は、ダイエットにおいてもひとつの知識として知っておく必要性があります。

骨格があるから痩せには限界がある

骨格を変えることができないということは、ダイエットをしようと思った時に自分のベースとなる骨格に基づいた限界があるということです。

どんなに痩せたいと思って体脂肪を減らしたり、なるべくしまった筋肉を付けようとしたとしても、自分の骨格がベースとなって自分の体が形成されています。

そのため、自分の骨格以上に痩せることができないということです。

この点をよく考えてみると、ダイエットをするのに自分の骨格を知るということはとても大切なことであるということがお分かりいただけるはずです。

️骨格のタイプをチェック!

では早速、自分の骨格タイプをチェックしていきましょう。

できれば全身が映る鏡の前で、改めて自分の体を見てみることをおすすめします。

骨格タイプがわかれば、ダイエットにもファッションにも役立つので、是非この機会に確認してみてくださいね。

大きく分けて3つの骨格スタイル

基本的に人の骨格のタイプに関しては大きく分けて3つのタイプに分けることができます。

簡単にお伝えすれば、「骨格がそもそも他の人と比べて大きく、筋張っているナチュラルタイプ」、「骨格が小さくていわゆる華奢なウェーブタイプ」、「筋肉質で体に厚みがあるストレートタイプ」の3種類に分けることができます。

これは、筋肉や脂肪、肌の質感、関節などを見て判断することができます。

この3つを考えた時に自分がどの部類に当てはまるのか鏡で見ながら確認してみてください。

もちろん人によっては見た目だけではわからない方がいるかもしれませんので、まずは簡単にこれらの3つのタイプの特徴についてそれぞれご紹介していきたいと思います。

自分が本当にそのタイプに当てはまるのかどうかなど細かい部分を確認してみてください。

1.骨格が大きくて筋張っている「ナチュラル」タイプ

まずはじめにご紹介するのは、骨格が大きくて筋張っているナチュラルタイプと呼ばれるものです。

ナチュラルタイプの特徴は、骨の太さや関節の大きさが目を引くフレーム感のあるがっしりした体型です。

このタイプの人は、脂肪がつきやすいので、太ってしまうとかなり大柄に見えてしまう傾向があります。

ベースとなる骨格が大きいため、そもそも体脂肪率が少なかったり痩せていたとしても骨格が大きいために線が細い印象を受けることはあまりありません。

そこまで太っているわけではないのに、なんとなくがっしりした印象を受ける人はこのタイプに当てはまります。

そして身長の割に手足が大きくて長いので、縦長のラインが強調されており、実際よりも身長が高く見られがちかもしれません。

また、基本的に骨や筋が張っているタイプなので、肩幅が広かったり、鎖骨や肩甲骨などが大きく出ており、首をひねると筋がはっきりと出るでしょう。

それ以外にも膝や手の甲の筋が目立つなど、節々のパーツに力強さを感じる場合が多いです。

骨が目立つので、女性らしさというよりは少し男性っぽい体つきな人が多いかもしれません。

芸能人で例えるとするならば、梨花さんや冨永愛さんなどモデルさんにも多いタイプと言われています。

自分の体だけを見てもあまりわからない場合は、芸能人の画像などを見て判断してみてください。

2.骨格が小さくて華奢な「ウェーブ」タイプ

次にご紹介するタイプは、骨格が小さくて華奢なウェーブタイプです。

ウェーブタイプの特徴は、肌の質感がふわふわしていて脂肪の柔らかさを感じさせます。

そもそもベースとなる骨格の骨が細く平面的なタイプなので、全体的に見ても平面的な体型である場合が多いです。

特に上半身にあまり厚みがなく、バストやヒップなどがそれなりにある人だったとしても、ほっそりとした印象を与えます。

また首が細くて長いのも特徴的で、例えていうならバレリーナなどで理想的な体型だとされています。

そして、全身のバランスの中でも下に重心があり、上半身は横から見ると平面的で薄いのですが、太ってしまった場合に顔周りや下半身を中心に肉がついてしまう特徴を持っています。

また鎖骨は少し出ていますが、先ほどご紹介したナチュラルタイプに比べても骨自体は小さめです。

芸能人では、新垣結衣さんや佐々木希さんなどがウェーブタイプで、華奢なボディラインの女性が当てはまるでしょう。

3.筋肉質で体に厚みがある「ストレート」タイプ

次にご紹介する骨格タイプは、筋肉質で体に厚みがあるストレートタイプです。

ストレートタイプの特徴は、筋肉がつきやすく出るとこが出ている肉感的な体型が特徴的です。

つまりグラマーな体型と言われるのがストレートタイプに該当します。

横から見たときに厚みがあり、鎖骨や肩甲骨中も目立ちにくいので痩せている人でもどちらかといえば華奢にはあまり見られない場合が多いです。

このようなボンキュッボンのダイナマイトボディになることができるのがストレートタイプでしょう。

芸能人で例えなら、深田恭子さんや小池栄子さん、長澤まさみさんなどが該当します。

健康的でグラマーでシャープな印象の女性が当てはまります。

️3つの骨格タイプ別のダイエット法

太る時にどういう部分が太ってしまうのかということや、痩せた時に特徴的になってしまうのはどこの部分なのか、それぞれのタイプ別に全く異なります。

そのため、特徴別に沿ったトレーニングやダイエットを行うことによって、より変化を出すことができるのです。

逆を考えると、それぞれに適していないトレーニングやダイエットを行ったところで、そこまで大きな変化を見込めない可能性があるということです。

具体的にそれぞれどの様なダイエット方法が良いのか、自分がどういう骨格タイプに属しているのかということを踏まえた上で確認してみてください。

️骨格が大きくて筋張っている「ナチュラル」タイプのダイエット

ナチュラルタイプは骨格が大きいということもあり、フレームがしっかりしています。

なので、太ってしまった場合は、どこか一部分が太ってしまうというよりは全体的に太ってしまいます。

ガッチリしていて大きく見えやすい

ガッチリしていて大きく見えやすいナチュラルタイプは、元々痩せている状態だったとしても、そこまで華奢な印象を受けることはあまりありません。

もし女性どれだけ絞っても華奢な体になれずに悩んでいる人がいたら、ナチュラルタイプなのでしょう。

この様なタイプの女性が華奢ないわゆるウェーブタイプのような体型になりたいと思ったところで難しいかもしれません。

上手に引き締めればカッコいいスタイルに

ナチュラルタイプの人は、全身を上手に引き締める事によって、全体的に引き締まった格好良いスタイルになることができるでしょう。

3つのタイプの中で一番バランスが良いタイプなので、綺麗に鍛えることによって一番理想的なバランスを保つことが可能です。

全身運動が効果的

ナチュラルタイプがダイエットを行う場合、全身運動が効果的だと言われています。

筋肉や脂肪のつきやすいさに特徴がない分、太る時には全体的に太ってしまう場合が多いので、どこか部位別にトレーニングを行うという方法よりは、ランニングや水泳などの全身を動かす運動を行った方が効率が良いのです。

例えば全身が太りやすくて全身に肉がつきやすい状態なのに、下半身だけを大きく動かすようなトレーニングを行ってしまった場合、下半身のみ鍛えられてしまいます。

そうなってしまった時に全体的なバランスはあまりよくありません。

そのため、ナチュラルタイプは全身運動を積極的に取り入れていきましょう。

️骨格が小さくて華奢な「ウェーブ」タイプのダイエット

元々骨格が小さいので筋肉もつきにくく、脂肪もつきにくい場合が多いので、著しく太ったりする可能性はそこまで高くはありません。

もちろん生活習慣や運動習慣などが全く伴っていなければ太ってしまうことは十分考えられますので、場合によってはダイエットが必要な状況もあるでしょう。

体の線が細く筋肉が少ない

ウェーブタイプは、比較的身体の線が細く、筋肉が少ないのが特徴です。

体の線が細く筋肉がつきにくいのですが、その分ウェーブタイプは肋骨から腰にかけてのラインが他のタイプと比べて長い特徴を持っています。

これがどの様な特徴を生み出すのかと考えた時に、いわゆるくびれを作りやすいタイプと考えることができます。

くびれができやすい

ダイエットする場合は、くびれを作ることに重点を置いたダイエット方法やトレーニングを行うことが向いています。

くびれは女性らしさを感じる魅力的な部分です。

綺麗なくびれを作りたい場合、脇腹を引き締める運動が効果的でしょう。

くびれを作ることで全体の美しいボディラインを形成することができ、服を脱いだ時により綺麗な体のラインを見せることが可能になります。

筋トレでエクササイズが効果的

くびれを作りやすいというメリットがある反面、下半身から太りやすいと言われています。

時々見かける女性でも上半身はそこまで太っていないのに、下半身だけが太っているという女性を見かける事があると思います。

これは完全にウェーブタイプで、その様な女性はくびれを作るトレーニングも導入しつつ、積極的に下半身痩せできるエクササイズや筋トレを導入することをお勧めします。

筋トレだけでなく、エクササイズを行うことによって、血流の流れを良くし、むくみなどを解消して綺麗な脚のラインを作ることができるでしょう。

リンパの流れなどを意識したマッサージなどもおすすめです。

️筋肉質で体に厚みがある「ストレート」タイプのダイエット

ストレートタイプは、女性ならコンプレックスがあった人もいるかもしれません。

本来女性はあまり筋肉質な体ではありませんし、筋肉は男性の象徴ということもあり、思春期の頃から悩まされてきた女性はたくさんいるのではないでしょうか。

しかしながらこのタイプにも、自分に合ったダイエット方法があります。

運動での筋肉がつきやすい

部活やスポーツを普段からしている人は、筋肉がつきやすくなっている場合が多いです。

例えば上半身を大きく使うスポーツがあれば、上半身が発達している可能性が高いでしょう。

また下半身を使う陸上などのスポーツを行っている場合は、下半身が大きく発達している可能性が高いです。

しかし、筋肉がついているということは悪いことではなく、少なくとも脂肪がついているよりも幾分かダイエットしやすくなります。

軽い運動でも燃焼効果が高い

ストレートタイプの人は、軽い運動でも脂肪燃焼効果が高いとされています。

なぜなら、筋肉が多く付いている方が基礎代謝を高めてくれる働きあるからです。

なのでこのタイプは、脂肪燃焼することを目的としたダイエットを行う場合はそこまで大変な思いをしなくても、ある程度短期間で脂肪燃焼することが可能でしょう。

筋肉太りしやすいタイプ

どちらかといえば脂肪がついて悩んでしまうというよりは、筋肉太りしてしまって困ってしまう人は多いのではないでしょうか。

気付けば二の腕や太ももなどが他の女性よりも太くなってしまって悩んでしまうことも多いかもしれません。

筋肉太りに悩んでいる人は、基本的には表面の筋肉ではなくコアの筋肉、つまりインナーマッスルと呼ばれる体幹を鍛えるトレーニングを行うことが求められます。

体幹をトレーニングするのが効果的

体幹トレーニングをするには、バランスボールなどの道具を使うトレーニングがおすすめです。

座ってバランスをとるだけで体幹を鍛えることができるので、簡単にトレーニングを始めることができます。

それ以外にも体幹を鍛えるエクササイズやエクササイズを導入することが、ストレートタイプに合っているダイエット方法になります。

内側の筋肉を鍛えることは外見的に見ても太っている印象を与える事は少ないです。

筋肉がつきやすくて悩んでいる人でも安心してトレーニングを行うことができます。

これらの特徴を考慮した上で自分に該当するおすすめのトレーニングを実践していただければ、最適な効果を得ることが出来るはずです。