女性の方は美意識が高い方がたくさん存在していると思います。

もちろん男性でも今の時代は美意識を高く保っている方はたくさんいると思いますが、やはり現代においても男性よりも女性の方が美意識は高いと考えることが出来ます。

美意識を高く持つという事は美しい人間であり続けるためにも大事であり、輝き続けるという意味でも大切なので人間にとって大事な思考であえると考えることが出来ます。

どうしても人間は見た目によって印象は左右されがちです。

見た目が全てというわけではありませんが、見た目が悪い人間よりもやはり良い人間の方が様々な場面で有利な立ち位置に立つことができます。

例えば、身なりをきっちりしている人間と見た目がだらしないような人間ではやはり第一印象はきっちりしている方が良いはずですし、信頼度も大きく見た目を意識している方が勝る場合がほとんどです。

しかし、見た目に気を遣うという事はとても大変な事です。

やはり努力無くしては美しくあり続けることは難しいです。

例えば体脂肪などを管理するダイエットに関してもそうですが、日々の食事や運動習慣などを改善しなければ美しい身体は簡単には手に入れることはできません。

努力し、継続し続けた人間だけが手に入れることが出来る美しさでもあります。

そんなたくさんの方が関心があるダイエットに関して、今回は骨格をテーマにして骨格別の理想のダイエット方法についてご紹介していきたいと思います。

️骨格は変わることがない

あなたは自分の骨格について正しく把握していますか?

そもそも骨格に関しては言葉の意味程度にしか理解されていない場合が多いです。

これまでの人生でダイエットを行おうと思った方が比較的たくさんの方がいらっしゃると思いますが、ダイエットを行おうと思った時に自分の骨格を意識した正しいダイエット方法を考えて実行したことがあるかと問われるとおそらく大多数の方が意識していないと回答すると思います。

ダイエットに関しては高い関心を持ってる方がたくさんいますが、それに伴って自分の骨格スタイルを知ろうとしてその上で適切なダイエット方法を実践している方はそこまで多くはないと思います。

そもそも骨格について正しく把握していない形が多いと思いますので、改めて骨格とはどういうものなのかということをご紹介させていただきます。

骨格は関節で結合した複数の骨や軟骨によって構成される構造のことを指し示している言葉であり、私たち人間の体は骨格と骨格筋が強調して働く機能を獲得しており、北親指先の細かな動きなどに関して高い運動能力を得ています。

この二つを合わせて運動器ともいわれ、人体の骨格は約200個の骨で形成されており680個の骨格筋が接続されていると考えることができます。

おそらく骨格について把握している方がいらっしゃったとしてもいくつの骨で形成されているのかということや、どれくらい骨格筋があるのかということまでは把握していない形が多いと思います。

また骨格については骨の太さを指し示すものではなく、骨の形やつきかたのことを指し示しています。

なのでこの点を考慮すると明確になるのが、骨格は基本的に変わらないという事です。

骨格をベースにして筋肉などはついているので、骨格は自分の体を作る大事なベースであり、骨格を変えられないという事はダイエットにおいてもひとつの知識として知っておく必要性があります。

骨格があるから痩せには限界がある


基本的に骨格は変わることがないということを簡単にご紹介しました。

少し考えれば分かるかもしれませんが、筋肉に関しては筋肉トレーニングなどを行ったり食事を改善したりすることによって筋肉を大きくさせたり、締まった筋肉をつけたりするという事は比較的可能になります。

しかし骨格を大きくしようと思った時に具体的な方法を考えつくことができる方はいないと思います。

もちろんある程度筋肉をつけて刺激を受けさせることによって多少なり骨を大きくすることは可能になります。

また骨折したりして骨を修復するときにさらに頑丈な骨にしようという作用を利用して骨を直す過程の中で太く強い骨に生まれ変えるという事は可能ですが、あまり理想的ではないですし、簡単には行えないですし、そもそもダイエットを考えた時には行う必要がありません。

その点を逆に考えてみると骨格を細くしようと思ったとしても基本的には不可能であるということが考えられると思います。

なので骨格を変えることができないということは、ダイエットをしようと思った時に自分のベースとなる骨格に基づいた限界があるという事に気が付くはずです。

当然ながらどんなに痩せたいと思って体脂肪を減らしたり、なるべくしまった筋肉を付けようとしたとしても、自分の骨格がベースとなって自分の体が形成されていますので、自分の骨格以上に痩せることができないということです。

この点をよく考えてみると、ダイエットをするのに自分の骨格を知るということはとても大切なことであるということがお分かりいただけるはずです。

骨格に合ったダイエットをする

自分の骨格が体を作るベースとなっているので痩せようと思ったとしても自分の骨格以上に痩せることはできないですし、ある程度痩せるにしても限界があるということがお分かりいただけたと思います。

この点を理解した上でダイエットをしたいと思う方に知って頂きたい事として、ダイエットをするならば必ず自分の骨格に合ったダイエットを行う必要性があると言うことです。

人間は人それぞれ見た目は体の身体的な特徴が違う様に当然人によって骨格は全く違うものであると考えることができます。

例えば身長に関してもそうですが、身長に関して突き詰めていくとそれは骨の長さが違う事によってその差は生まれています。

これも人それぞれ違うわけですし、身長が同じ人間が体格が同じかと言われれば当然違いますよね。

同じ運動を行っていたとしても、痩せて筋肉がついている方もいれば、ある程度の筋肉に脂肪が乗っている人も存在します。

このように骨格が違えば当然印象も違うのはベースが違うからという事を理解しておけば当然のことだと思います。

なので、ダイエットに関しても周りの人と同じ方法ではなく、自分の骨格に合ったダイエット方法を行う必要性があるということです。

ファッションも骨格に合わせて


ここまでは、人によって骨格が違うので、骨格に合わせたダイエット法を把握して実践することが大切なことであるとご紹介しました。

骨格が違うということをわかりいただいたところで、その基礎知識さえ持っていれば当然人によってファッションが似合う似合わないが存在するということもなんとなく理解いただけると思います。

これはどういうことかと言いますと、自分の骨格によって似合うファッションだったり似合わないファッションがあるということです。

おそらく骨格に関する予備知識がない状態であれば、ファッションに関して自分の骨格を意識したものを着用したりすることはなかったと思います。

当然ながらファッションに関してはベースとなるのは着る人間です。

そのベースとなる人間のさらにベースは骨格なので、骨格がファッションに影響するという事は少し考えればわかるはずなんです。

例えば例を挙げて説明するとするならば、同じ人間だったとしても筋肉がつきやすい人間と筋肉があまりつきにくい人間が存在するはずです。

例えばこの両者の人間が女性だったとしてミニスカートを着用していたと考えてください。

まず筋肉がつきやすい人に関して考えていただくと、人間の筋肉の大部分は下半身に集中していると言われています。

つまり下半身の中でも比較的大きい筋肉を持っている太ももの筋肉などは自然と筋肉がつきやすい人は発達している可能性が高いです。

なので足を大きく露出するミニスカートを着用した時にゴツゴツとした印象を与えてしまい、あまり女性らしさを感じさせることができないという点を考慮する必要性があります。

その反対に筋肉がつきにくい人間であった場合は、当然ながら足の筋肉がそこまで発達していないことが考えられますので足が筋肉が発達している人よりも細くなっていることが考えられ、どちらかといえばすらっとした脚線美が演出することが可能になります。

この両者を比較した時にどちらがファッションが似合っているのかと考えると当然筋肉がついていない華奢な脚線美の女性の方が似合っていると考えることが出来ます。

しかしながらこれはあくまで一例であり、当然逆の場合も存在します。

例えば筋肉がついている女性は筋肉により胸元などが綺麗に演出されている可能性が高いので、胸元を開けたスタイルなどはセクシーで男性にとってはかなり魅力的です。

なので、自分の持ち味を生かせる部分で勝負する事が理想的であり、それは骨格スタイルによって分かれているという単純な話なのです。

まずは自分の骨格について知ろう

自分の骨格がファッションに関しても関係しているということがお分かりいただけたところで、おそらく自分の骨格タイプについて把握したいと考え始めた方がいらっしゃると思います。

自分の骨格を知るということは自分がどういうダイエットをするべきなのかということや自分がどの様なファッションが似合うのかということなど様々な美容に関する面に大きく関与している大事な要因であると理解する事が出来たと思います。

意外と自分自身のことをよく知らない人間はたくさん存在しています。

自分がどういう人間なのかということに強く関心をもって考えみなければ当然わからないことですし、なかなか自分のことを知ろうとする機会は人生においてそれほど多くはありません。

だからこそ早い段階で自分のことを知っておくことは自分を魅力的に見せる上で大切な事に繋がりますので、この機会に自分を知る良いきっかけだと思い自分の骨格をまずは把握してみるところから初めてみてください。

️骨格のタイプをチェック!

自分の骨格を知る前にまずは自分を鏡で見てみてください。

その上で自分以外の人間を見たときに自分に関してどの様な身体的な特徴があるのかよく考えてみることから始めてください。

この時にすでに他の人と比べて自分の身体的な特徴に目が惹かれる場合が多いです。

例えば自分の姿を鏡で見たときに他の人と見比べて考えてみれば、自分は筋肉質な体をしているとか、自分はそもそも痩せ型の体質であるとか、平均的な中間に位置しているタイプなのかと言うことがある程度お分かりいただけると思います。

あくまで今回確認していただきたいのは骨格の部分になりますので、一番大事なのは自分のベースとなる素材がどうなっているのかという点です。

もちろん毎日の食生活や運動習慣などによって体脂肪率などは変わってきますので、それはあるけど仕方がないことと捉えていただいて、それより以前に存在しているベースがどうなっているのかということに目を向けていただきたいと思います。

それを踏まえた上で自分の骨格のタイプをよく考えてみてください。

大きく分けて3つのタイプ

基本的に人の骨格のタイプに関しては大きく分けて3つのタイプに分けることができます。

簡単にお伝えすれば骨格がそもそも他の人と比べて大きく、筋張っている様なタイプの人間と、骨格が小さくていわゆる華奢なタイプ、そして筋肉質で体に厚みがある様なタイプの3種類に分けることができます。

この3つを考えた時に自分がどの部類に当てはまるのか鏡で見ながら確認してみてください。

ある程度自分自身で分類することができれば自分の骨格タイプを予想しながらその骨格に合ったダイエット法を行うことが可能になります。

もちろん人によっては見た目だけではわからない方がいるかもしれませんので、まずは簡単にこれらの3つのタイプの特徴についてそれぞれご紹介していきたいと思います。

自分が当てはまりそうなタイプの特徴なども考慮した上で、自分が本当にそのタイプに当てはまるのかどうかなど細かい部分を確認していただければ幸いです。

骨格が大きくて筋張っているタイプ

まずはじめにご紹介する骨格の一つのタイプは骨格が大きくて筋張っているタイプです。

そもそもこのタイプに関しては「ナチュラルタイプ」と呼ばれており、ナチュラルタイプの特徴としては骨の太さや関節の大きさが目を引くフレーム感のあるがっしりした体型が特徴的です。

このタイプに関してはそもそも肉がつきやすい特徴を持っており、太ってしまうとかなり大柄に見えてしまう場合が多いです。

まずベースとなる骨格が大きいという事が関与するので、そもそも体脂肪率が少なかったり痩せていたとしても骨格が大きいために線が細い印象を受けることはあまりありません。

あなたの周りにもそこまで太っているわけではないのになんとなくがっしりした印象を受ける様な人間がいると思います。

これはそもそもの骨格が大きくて筋張っているタイプであると考えることができます。

そして身長の割に手足が大きくて長いので縦長のラインが強調されており実際よりも身長が高く見られがちな人間が多いです。

もちろん身長に関しては絶対に高いと言うわけではないので、あくまで縦長ラインが強調されて身長が高く見えやすいという特徴であると考えてください。

また体の厚みはそれぞれですが基本的に骨や筋が張っているタイプになっていますので、肩幅が広かったり鎖骨や肩甲骨などが大きく出ており、首をひねると筋がはっきりと出る様なタイプです。

それ以外にも膝や手の甲の筋が目立つなど節々のパーツに力強さを感じる場合が多いです。

芸能人で例えるとするならば天海祐希さんなどが骨格が大きくて筋張っているタイプに考えることができます。

自分の体だけを見てもあまりわからない場合は芸能人の画像などを見て判断してみてください。

骨格が小さくて華奢なタイプ

次にご紹介する骨格の一つのタイプは骨格が小さくて華奢のタイプです。

このタイプに関しては「ウェーブタイプ」と呼ばれており、ウェーブタイプの特徴としては肌の質感がふわふわしていて脂肪の柔らかさを感じさせる場合が多いです。

そもそもベースとなる骨格の骨が細く平面的なタイプなので、全体的な身体構造を見ても平面的な体型である場合が多いです。

特に上半身に関してはあまり厚みが存在しておらずバストやヒップなどがそれなりにある人間だったとしてもほっそりとした印象を与える様な場合が多いタイプです。

このウェーブタイプに関しては首が細くて長いのも特徴的で、例えていうならバレリーナなどで理想的な体型だとされています。

バレリーナなどで踊っている方は基本的に線が細い方が多いですよね。

そしてウェーブタイプに関しては全身のバランスの中でも下の重心が多く、上半身は横から見ると平面的で薄いのですが、太ってしまった場合に顔周りや下半身に中心に肉がついてしまう特徴を持っています。

また鎖骨は少し出ていますが先ほどご紹介したナチュラルタイプに比べても骨自体は小さめです。

芸能人で例えるとするならば松田聖子さんや壇蜜さんなどがウェーブタイプに存在しており、華奢なボディーラインの女性が当てはまるタイプと認識してください。

筋肉質で体に厚みがあるタイプ

次にご紹介する骨格の一つのタイプは筋肉質で体に厚みがあるタイプです。

このタイプに関しては「ストレートタイプ」と呼ばれており、ストレートタイプの特徴としては筋肉がつきやすく出るとこが出ている様な肉感的な体型の形が特徴的です。

つまりグラマーな体型と言われる体型がストレートタイプに該当すると考えていただければわかりやすいと思います。

横から見たときに厚みが存在しており鎖骨や肩甲骨中も目立ちにくいので痩せている人でもどちらかといえば華奢にはあまり見られない場合が多いです。

このようなボンキュッボンのダイナマイトボディになることができるのがストレートタイプであり、セクシーな外人さんの様な体型に近いタイプであると考えることができます。

芸能人で例えるとするならば小池栄子さん家藤原紀香さんなどが該当するタイプになります。

健康的でグラマーでシャープな印象の女性が当てはまる場合が多いです。

骨格タイプから分けると以上の「ナチュラルタイプ」「ウェーブタイプ」「ストレートタイプ」の3つに分けることが可能であると言えます。

タイプに合わせたダイエット法を!

骨格に関しては主に3つのタイプに分けられることができるとご紹介しました。

基本的な3つのタイプの骨格を把握いただいたところで、それぞれの骨格に該当する特徴についても目を通していただけたと思います。

このように考えてみるとそれぞれ全く違った特徴を持っていると考えることがわかり、それぞれの骨格で理想的な体型を目指すためには全く方法が違ってくるということもある程度想像しやすい状況になったと思います。

では具体的にこの3つのタイプそれぞれに合ったダイエット方法はどういう方法なのかということについてこれから詳しくご紹介します。

️3つの骨格タイプ別のダイエット法

では具体的に主に3つのタイプがに対してダイエット方法を考えていただければいけないのかということなのですが、例えば一例を挙げるとするならば太る時にどういう部分が大きくなってしまうのかということであったり、どういう部分が痩せた時に特徴的になってしまうのか、という事などのそれぞれのタイプ別に特徴が全く異なってきます。

なのでその特徴別に沿ったトレーニングやダイエットなどを行うことによって、より変化を出すことが可能になります。

逆を考えるならばそれぞれに適していないトレーニングやダイエットを行ったところで、そこまで大きな変化を見込むことができないということにも繋がります。

具体的にそれぞれどの様なダイエット方法が良いのか、自分がどういう骨格タイプに属しているのかということを踏まえた上で確認してみてください。

️骨格が大きくて筋張っているタイプのダイエット

まずはじめにご紹介する骨格タイプ別のダイエット方法の一つ目は骨格が大きくて筋張っているタイプのダイエット方法です。

このタイプに関しては先ほどご紹介したようにナチュラルタイプと呼ばれている骨格タイプです。

このタイプに関してはやはり骨格が大きいと言うこともありフレームがしっかりしているタイプに該当します。

なのでフレームがしっかりしているという事に関して考えた時に、もしも肉がついて太ってしまった場合は基本的にどこか一部分が太ってしまうというよりは全体的に太ってしまう場合が多いです。

あなたの身近にも以前と比べて肉がついて太ってしまった人がいた場合を思い出してみてください。

その時に意外と見た目はそうでもないのに下半身だけ太っている人もいれば、全身的に太ってしまってる様に感じる方がいるときもありますよね。

全身的に太ってる場合はナチュラルタイプであると考えることができます。

ガッチリしていて大きく見えやすい

通してもナチュラルタイプに関してはそもそもの骨格であるフレームがしっかりしているタイプに該当しますので本来の体格自体もガッチリしていて大きく見えやすい場合が多いです。

なので元々体脂肪なのかついておらず痩せている状態だったとしてもそこまで華奢な印象を受けることはあまり多くはありません。

なので女性の方でダイエットをしたいと思ってどれだけ絞っても華奢な体になれずに悩んでしまっている人がいるかもしれませんが、その様な形はもともと骨格自体がナチュラルタイプで痩せていてもがっちりした体型に見えやすい場合が多いです。

この様なタイプの女性が華奢ないわゆるウェーブタイプに該当するような体型になりたいと思ったところでまず難しいです。

まずはこの点を勘違いしない様にしなければ、実現できない理想を追い求めてしまうことにつながりかねませんので注意してください。

上手に引き締めればカッコいいスタイルに

自分の骨格別に最終的な理想体型を考えて実現することが大切であり、ナチュラルタイプの理想型に関しては全身を上手に引き締める事によって全体的に引き締まった格好良いスタイルを演出することが可能になります。

どちらかといえば3つのタイプの中で一番バランスが良いタイプとして考えることができますので、綺麗に鍛えることによって一番理想的なバランスを保つことが可能になるタイプなので、その点を考慮した上で自分の体を理想体型に持っていくことが大切です。

全身運動が効果的

基本的にナチュラルタイプの方に関してはダイエットを行う場合は全身運動を行う必要性があります。

なぜ全身運動を行う必要性があるのかと考えた時に、先ほどご紹介した様にこのナチュラルタイプに関しては筋肉や脂肪のつきやすいさに特徴がない分、太る時には全体的に太ってしまう場合が多いので、どこか部位別にトレーニングを行うという方法よりかはランニングや水泳などの全身を動かす運動を行った方が効率が良いのです。

例えば全身が太りやすくて全身に肉がつきやすい状態なのに、下半身だけを大きく動かすようなトレーニングを行ってしまった場合は、下半身のみ鍛えられてしまい上半身はそのままなんていう事もありえてしまうのです。

そうなってしまった時に全体的なバランスで見るとあまり均一性がとれない様な体型になってしまうことが考えられます。

なので必ずナチュラルタイプに該当する形は全身運動を行う様にしてください。

️骨格が小さくて華奢なタイプのダイエット

次にご紹介する骨格タイプ別のダイエット方法は骨格が小さくて華奢なタイプのダイエット方法です。

いわゆる先ほどご紹介したウェーブタイプに該当する人間のダイエット方法になりますが、どちらかといえば3つの種類の中の一番早いが少ないタイプである可能性が高いです。

なぜならば元々骨格が小さいので筋肉もつきにくいこともありますが肉もつきにくい場合が多いので、著しく太ったりする可能性はそこまで高くはありません。

もちろん生活習慣や運動習慣などが全く伴っていなければ太ってしまうことは十分考えられますので、場合によってはダイエットが必要な状況ももちろん存在しています。

ウェーブタイプの具体的なダイエット方法について詳しくご紹介します。

体の線が細く筋肉が少ない

まずウェーブタイプに関しての特徴を言えば、比較的身体の線が細く筋肉が少ない場合が多く該当します。

そもそも骨格が小さいので他のタイプと比べてあまり骨格が主張しているタイプではないので、体型なども平面的になるとご紹介しました。

なので体の線が細く筋肉がつきにくいのですが、その分ウェーブタイプに関しては肋骨から腰にかけてのラインが他のタイプと比べて長い特徴を持っています。

これがどの様な特徴を生み出すのかと考えた時にいわゆるくびれを作りやすいタイプと考えることができます。

くびれができやすい

ウェーブタイプがくびれを作りやすいということをご紹介しました。

なのでその特徴を生かして自分の体をダイエットする場合はしっかりとくびれを作ることに重点を置いたダイエット方法やトレーニングを行うことが向いています。

特にくびれに関しては女性の体の中でもかなり特徴的な部分になり、女性らしさを感じる魅力的な部分になりますので、女性の方でウェーブタイプの方はしっかりとくびれを作ることを意識する必要性があります。

綺麗なくびれを作りたい場合は脇腹を引き締める運動が効果的であり、くびれを作ることで全体の美しいボディラインを形成することができ、服を脱いだ時により綺麗な体のラインを見せることが可能になります。

なのでウェーブタイプの方が積極的にくびれを作りやすいトレーニングを導入して、全体のバランスを引き締める様に心がけてください。

筋トレでエクササイズが効果的

ちなみにウェーブタイプで注意していただきたい点としては、くびれを作りやすいというメリットの反面、ウェーブタイプは下半身から太りやすいと言われています。

時々見かける女性でも上半身はそこまで太っていないのに、下半身だけが太っているという女性を見かける事があると思います。

これは完全にウェーブタイプであると考えることができますので、その様な女性の方はくびれを作るトレーニングも導入しつつ、積極的に下半に関するエクササイズや筋肉トレーニングなどを導入することをお勧めします。

筋トレ以外にもエクササイズを行うことによって、血流の流れを良くしむくみなどを開始をして綺麗な脚のラインを演出することが可能になりますので、リンパの流れなどを意識したマッサージなども行っていただけるとなお綺麗な曲線美を得ることができます。

️筋肉質で体に厚みがあるタイプのダイエット

最後にご紹介するのはいわゆるストレートタイプと呼ばれる筋肉質で体に厚みがあるタイプの方のダイエット方法です。

このタイプは女性の中でもコンプレックスとしてとらえられがちになっているタイプである可能性が高いです。

本来女性はあまり筋肉質な体ではありませんし、男性が筋肉の象徴ということもあり、思春期の頃からこの大切に悩まされてきた女性はたくさん存在すると思います。

しかしながらこの手のタイプに関してもきちんとした自分に合ったダイエット方法を行うことが求められます。

なのでストレートタイプの具体的なダイエット方法について詳しくご紹介します。

運動での筋肉がつきやすい

まずストレートタイプについては筋肉がつきやすいということは先ほどご紹介した通りなので、部活であったりスポーツなどを普段行ったりすることが多い方はそのスポーツに関連した筋肉がつきやすくなっている場合が多いです。

例えば上半身を大きく使うスポーツがあれば上半身が発達している可能性が高いですし、下半身を使う様な陸上などのスポーツを行っている場合は下半身が大きく発達している可能性が高いです。

しかしながら筋肉がついているということは悪いことではなく、少なくとも脂肪がついているよりも幾分かダイエットしやすくなります。

軽い運動でも燃焼効果が高い

そもそも脂肪に反して筋肉に関しては脂肪燃焼効果が高いというデータが存在しています。

なぜかと言いますと筋肉が多く付いている方が肉体の基礎代謝を高めてくれる働きが存在しているからです。

なのでこの手のタイプに関しては脂肪燃焼することを目的としたダイエットを行う場合はそこまで大変な思いをしなくてもある程度短期間で脂肪燃焼することが可能になる場合が多いです。

筋肉太りしやすいタイプ

どちらかといえば脂肪がついて悩んでしまうというよりかは筋肉太りしてしまって困ってしまうという場合の方が多いかもしれません。

なので気がつけば二の腕や太ももなどが他の女性よりも太くなってしまって悩んでしまうということが多いと思います。

この様な筋肉太りしてしまうことに関して悩んでいる方は基本的には表面の筋肉ではなくコアの筋肉、つまりインナーマッスルと呼ばれる体幹を鍛えるトレーニングを行うことが求められます。

体幹をトレーニングするのが効果的

体幹トレーニングに関しては最近頻繁にその言葉を耳にする機会が多いと思います。

例えばバランスボールなどは体幹を鍛えるために必要な道具であり、最適なトレーニング器具として知られています。

それ以外にも体幹を鍛えるエクササイズなどもたくさん紹介されており、体幹トレーニングを目的としたエクササイズやトレーニングをたくさん導入することが一番自分の骨格タイプに合っているダイエット方法になります。

内側の筋肉を鍛えることは外見的に見ても太っている様な印象を与える事は少ないので、筋肉がつきやすくて悩んでいる方でも安心してトレーニングを行うことができます。

これらの特徴を考慮した上で自分に該当するおすすめのトレーニングを実践していただければ、最適な効果を得ることが出来るはずです。

【体幹トレーニングについては、こちらの記事もチェック!】