誰しもが自分はこうなりたい、ああなりたいというような理想の自分を抱えているはずです。

あなたは理想の自分になることができていますか?

理想の自分になるということは簡単なことではありません。

なぜならば、理想の自分になるということは自分の欠点をなくすという事に等しい言葉です。

そして、人は完璧な存在ではないため、得意なこともあれば欠点もあります。

なので、その欠点をなくす為にはそれ相応の努力が必要になります。

そして、全てを完璧にするには、全ての欠点を得意にする必要があり、それには膨大な時間もかかります。

なので、理想の自分になれるようにするという事はとても難しい事なのです。

場合によっては何を得意にすべきなのか取捨選択しなければいけない状況もあるかもしれませんので、すべてを完璧にするという事自体が不可能な場合もあります。

そんな中で、何を自分は努力し、何を手に入れるのかという事を自分で考えて行動していかなければいけません。

だからとても難しい事なのです。

ちなみに、理想の自分を考えた時に、具体的にどういう自分になりたいのか?と考えると、ある程度共通した考え方が見つかる可能性が高いです。

例えば、女性であれば綺麗になりたい、人気になりたいなどが一般的に考えられる理想です。

これは男性も同じで、かっこよくなりたい、人気者になりたいと思うのは当たり前の事です。

今回はそんな男性の理想の自分を考えた時に、多くの方が憧れている特徴である、威厳をテーマにして、威厳のある人物の特徴についてご紹介していきたいと思います。

周りから頼りないと言われている方や、男らしくないと言われている方は喉から手が出るほど威厳が欲しいと感じている方も多いと思います。

そんな威厳のある人間になれるように、特徴からそれを紐解いていきたいと思います。

威厳がある人って憧れる!

威厳のある人物って素敵だと思いませんか?

あなたの周りにもしも威厳のある人物がいるならば、想像してみてください。

一般的に威厳がある人物は男性を指し示して使われている言葉です。

女性に威厳があるという言葉を使ったりすることはありませんよね。

一般的に威厳という言葉が使われる際には「威厳のある父親」「威厳のある先生」などという言葉で表現されたりするのが一般的です。

それを踏まえた時に、なんとなく意味が推測できるかと思いますが、人によっては細かい定義などを理解できていない方もいるかもしれませんので、簡単に威厳とはどういう意味なのかという事をご紹介します。

威厳とは「近寄りがたいほど堂々としておごそかなこと」という意味を持っています。

ちなみに、おごそかなことという言葉の意味は「厳粛である」というような意味を持っています。

簡単に言えば「心が引き締まる」という意味です。

なので、「近寄りがたいほど堂々として心が引き締まる」という意味として解釈することが出来ます。

つまり、言い換えで見れば存在感のあるような堂々とした男性を想像することができるかもしれませんね。

こうして考えてみると、世の中の男性が威厳を求めている理由がよくわかるようになるはずです。

いざという時頼りになる


威厳のある人物を想像をしてみた時に、いわゆる頼りがいがあるような存在として認識することもできます。

なぜならば、威厳があるということは、存在感があり、堂々としている人物なので、困った事があった時に相談すれば解決してくれるのではないだろうか、と期待してしまうような人物にも該当しやすいのです。

その逆に、あまり存在感がなく、常におどおどとしているような人間が問題を解決してくれるのかと考えるとどうしても不安になりますよね、つまり頼りないという事です。

なので、威厳のある人物ほど頼りにできる存在であるという事です。

それを踏まえて考えてみた時に威厳のある人物=男らしい人物という考え方もできるわけなのです。

困った時に自分を助けてくれるような頼れる存在は男らしいと思いますよね。

男性は沢山の方が男らしい自分になりたいと思っているはずです。

なぜ男らしくなりたいのかと考えた時に、男らしくなることで自分に自信を持てるようになる、そして、男らしくなることで女性から魅力的に感じてもらいやすくなるという利点があるからです。

なので、男性は男らしくなる事に関心を持っている場合が多く、逆に女性から男らしくないと言われてしまうと大きなショックを受けるようになっています。

男らしくないと言われてショックを感じないような男性はいません。

なので、男性は威厳が欲しいと考えている方がとても多いのです。

あなたの身の回りにいる男性に何かあった時に「男らしい!」と言って褒めてみてください。

恐らく簡単に期限が良くなるはずですよ、とにもかくにも、男性は単純な生き物なのです。

部下や上司からも慕われる

威厳のある人物になることができれば、部下や上司からも慕われるようになります。

なぜ威厳のある人物になることで部下や上司から慕われるようになるのかと考えた時に、まず部下の立場から考えてみると、部下からしてみれば頼りになる上司が必ず欲しいと思うようになります。

自分のことを成長させてくれるような、そして失敗してしまった時にしっかりとフォローしてくれるような、頼りがいのある上司を欲しいと思うのは当たり前です。

もしも自分の上司が頼りなく、常におどおどとしているような人間であれば頼りにしたいとも思わないですし、本当に大丈夫だろうか?と不安になりますよね。

なので、威厳のある人物が上司だった場合は、自分もそうなりたいと慕うはずですし、その背中を見て成長していきます。

また、上司の立場で考えた時に、同様に頼りなく常におどおどとしているような部下は信頼できません。

信頼できないということは、仕事を任せてもらえず、いつまでも成長できない人間であると考えているため、嫌われてしまう可能性もあります。

なので、その逆に威厳のある人物が部下だと頼りにしやすく、仕事も与えやすく、成長していくので好きになってくれるようになるのです。

なので、威厳のある人物は部下や上司からも慕われるようになるということです。

威厳がある人の6個の特徴


威厳のある人物になることによって様々な面で得をするようになります。

なぜならば、プライベートにおいてもそうですし、ビジネスのシーンにおいても結果を出すために威厳が有利に働く場合があるからです。

また、威厳がある人間になる事で良い人間関係を築く事も期待できます。

まさに良い事づくめですし、純粋にかっこいい自分になりたいと思った時に威厳を身に着ける事で自分に自信を持ち、積極的な自分になれるようになる事で、成功をつかみやすく、良い経験をたくさん得ることも出来るようになります。

このように、威厳を身につけることによって様々な良い事が生じてくるようになります。

では、威厳がある人物になるためにはどうすれば良いのかと考える時に、大切なのは自分の身近にいる威厳がある人をよく観察してみることです。

なぜ、威厳を身につけることができているんだろうと考え、威厳がある人の特徴を把握してみることによって、威厳を身につける方法が想像できるようになるからです。

そこで、ここからは威厳がある人が持っている特徴について項目別にご紹介していきます。

もしもあなたが威厳が欲しいと思ってるのであれば、まずは威厳を持っている人の特徴を正しく把握するところから始めてみましょう。

1、いつも落ち着きがある

威厳のある人物にみられる特徴としてはいつも落ち着きがあるということです。

なぜ威厳のある人物がいつも落ち着きがあるのかと考えた時に、そもそもゆっくりと喋ったり、落ち着いて物事を考えたりするような人間が威厳があるように見えてしまうからということが理由なのです。

なので裏を返して考えてみれば、相手に対して受け答えをする際に、ゆっくりと言葉を選びながら喋るように心がけてみれば、威厳がある人間だと思われる可能性が増えます。

なので、形だけ威厳があるように見せることも可能だということです。

あなたの周りに、何かを喋ったりするときに早口で落ち着きがないように何かを主張したりする人間はいませんか?

おそらくそのような人間からは全く意見を感じるようなことはないはずです。

なぜならば、早口で落ち着きがないように喋ったりする人間は言葉に重みを感じられないからです。

重みを感じられないという事は、深く信頼できないという事にも繋がってしまいます。

なので、いつも落ち着きがある人は威厳があるように見えるからこそ、威厳がある人の特徴に該当すると考えることができます。

少しでも威厳を出したいと思っているのであれば、話し方をゆっくりと意識して見るようにしてください。

そうすることだけでも周りが受け止める印象が全く変わるはずですよ。

一言一言に重みを感じる

落ち着いてゆっくりと言葉を選びながら喋ることによって相手に一言一言の重みを与えることができます。

言葉とは不思議なもので、同じ言葉であったとしても、話す人間が変わることによってその思いが変わるようになります。

例えば、低身長で細身で早口で色白の男性に何かを相談するのと、高身長で体格があり、ゆっくり話す色黒の男性に何かを相談するのとでは、まったく内容を受け止める印象が変わります。

見た目で判断するのは良くないことではありますが、人はどうしても見た目で判断してしまう生き物です。

なので、ちょっとした要素を注意するだけで相手に与える印象は大きく変化させることが出来るのです。

だからこそ、威厳がないからといってショックを受けている男性は必要以上に落ち込まなくても良いのです。

注意するべき部分を注意すれば、自然と威厳は出てくるようになるのです。

2、隙を見せない

威厳がある人の特徴を考えた時に、威厳がある人は隙を見せないという特徴を持っています。

なぜ威厳のある人は隙を見せないのかと考えた時に、隙を見せないという事はツッコミどころがないという事です。

ツッコミどころがないという事は力のある人物であると考える事も出来ます。

なので、隙を見せない人間は力を持っているように見え、威厳があるように見えるのです。

そもそも、隙がありまくりな人間を見て威厳を感じますか?
恐らく感じないはずです。

隙を見せるとは、例えば相手の外見ひとつとっても該当する場合が多いです。

例えば服装などを想像してみてください。

服装がびしっと決まっているスーツの男性を想像してみてください、隙が見えない感じがしませんか?

しかし、スーツがよれよれで、ネクタイもゆるく、きっちり締まっていない姿を見ると隙だらけだと感じませんか?

服装もそうですし、髪型も綺麗に整えられている場合と、ボサボサの髪を比べれば威厳が歩かないかは明白です。

このように外見においても隙があるないという事は存在しており、相手と話す際の言葉に関しても同様です。

言葉が軽い人間は隙だらけで、言葉が重い人は隙を感じません。

なので、隙を見せないという事は、威厳のある人物の特徴であると考えられます。

常に戦闘態勢でいる

隙を見せないということは、言い換えてみれば常に戦闘態勢でいるということに置き換えることができます。

人間は戦闘態勢にいればいるほど、相手に緊張感を与えることができます。

つまり、ヘラヘラした態度を取っていれば相手からは舐められてしまいますが、こちらが真剣に望む姿を見せると、相手もそれに伴って緊張感を感じるようになります。

そして、その緊張感が相手に対して威厳として伝わると、それが威厳のある人物の特徴になると考えることができるのです。

なので、常に戦闘態勢でいるということを考えた上で行動しておけば、威厳を放つことができるようになり、威厳を身に付けることができるようになるということです。

常に戦闘態勢でいるということは、精神的にも疲れてしまう事だと想像できますし、簡単にできるようなことではないと捉えられがちです。

しかし、それは自分が習慣化していないだけであり、戦闘態勢に入るということを習慣化することができれば、それが当たり前になった時そこまで精神的に疲れたりするのことはありませんし、身につけば簡単に行えるようになります。

習慣化するまでがストレスがかかったり、意識するのが大変なだけで、身につけてしまえばあとはどうとでもなりますので、威厳を持ちたいと思っている人は戦闘態勢でいることを習慣化するように心掛けてみてください。

3、正しい態度を指し示す事が出来る

威厳を持っている人間ほど相手に対して正しい態度を指し示すことができる場合が多いです。

なぜ相手に対して正しい態度を指し示すことができると威厳があるように感じるのかと考えた時に、相手に対して正しい態度を指し示すという事は、勇気が必要な事なのです。

なぜ勇気が必要なのかと考えた時に、相手がいかにも自分よりも強そうな場合であったり、相手が自分よりも権力を持っている場合、自分が不利になってしまう状況など、どんな場合に対しても相手に対して正しい態度を指し示す必要性があるからです。

自分よりも体がとても大きい相手であったり、いかにも見た目が強そうな相手に対しては、強く物言いができない人も多く存在しています。

しかし、威厳を持っている人ほど相手に対してどんな状況でも正論をぶつけたり、正しい態度で相手に言葉を指し示すことができるはずです。

なので、正しい態度を指し示すことができる人間は威厳を持っている人間であると特徴付けることができます。

相手の立場や、相手の外見を見てコロコロと自分の考え方や判断を変えたりするような人間に威厳を感じたりするはずがありませんよね。

どんな時でも自分が思っていることをはっきりと相手に伝えることができるという事はまさに威厳を感じることが出来る瞬間です。

まさに本物の男といえるカッコいい存在なので、多くの男性が威厳あふれる風格を手にしたいという事も理解いただけるはずです。

自分に厳しく生活している

正しい態度を指し示すことができるようになるためには、強い精神力が必要になります。

その強い精神力を身につけるためには自分に厳しく毎日生活する必要性があります。

なぜならば、自分に対して甘い考え方を持つことなく、自分に対して厳しい考え方を持つことによって、日々自分自身の精神力を鍛えあげることができ、自分に厳しい生活をしているからこそ、毅然とした態度で相手に正しい意見をぶつけることができるようになるのです。

もし自分に対して厳しい生活をしていないのであれば、自信を持って意見を言うことなどできるはずがありません。

自分に対して厳しく接することができるからこそ、それを乗り越えている自分に自信を持てるようになるのです。

なので、威厳を持つためには、自分自身により厳しく接するようにしなければいけません。

そして自分に自信を持つことができるようになれば、自然と周りの人間に対して威厳を放つことができるような存在感のある人間になれるはずです。

4、余裕を持った生活をしている

威厳のある人間には、余裕を持った生活をしていることが特徴の一つとして考えられます。

なぜ威厳のある人間は余裕を持った生活をしているのかと考えた時に、威厳を持った人間は落ち着いているからということと、自分に対して自信を持っているからということが考えられます。

いつも落ち着きがあるという事は、威厳のある人間の特徴として先ほどご紹介いたしました。

そして、自分に対して自信を持つということも、毎日自分に対して厳しく接している人間であれば兼ね備えている精神力ゆえの強さです。

なので、落ち着きと自分に対する自信を持っている人間は余裕を持った生活を送ることができ、余裕を持った生活をしているという事は威厳のある人間の特徴として考えることができます。

逆に考えてみれば、どんなに仕事ができる優秀な人間だったとしても、その人間が常に余裕がないような状況に身を置いているのであれば、威厳を持っている人間だとは考えられないはずです。

飛び抜けて仕事ができなくても、常に何事に関しても余裕を持ちながら行動することができる人間は逆に威厳を持っていると感じやすいです。

なので、威厳を身につけたいと思うのであれば、余裕を持った生活をするようにしてみてください。

そのためには、自分に対して厳しく、そして常に冷静でいることを意識することができれば身に付けるはずです。

トラブルが起きても冷静でいられる

余裕を持った生活をすることができる人間は何事においてもトラブルが発生したときに冷静でいられるような精神力を身につけることができます。

人間はどうしても予想外のことが起きた時であったり、トラブルが起きた時には思考回路が乱れやすくなります。

何かが起きるということを事前に予測しておけば必要以上に思考回路が乱れたりすることはないのですが、トラブルなどはどうしても予測していない時に起こり得るものなので、そのような時こそ本来の自分が出てきてしまいやすくなります。

しかし、トラブルが起きた時こそ冷静に対応しなければ大きなミスや失敗につながってしまいます。

そうなってしまっては、威厳どころの話ではありませんので、必ずピンチの時こそ冷静になれるような考え方、そして精神力を普段から養えるように努力してください。

これを常に自分の頭の中に入れておくことで、ピンチの時こそ冷静に対応することが出来る人、つまり威厳あふれる人物として周りが認められるようになるはずです。

5、歳を重ねている

威厳のある人物を想像してみた時に、一般的には歳を重ねている人間が該当する場合が多くなります。

なので、歳を重ねているということも威厳のある人物の特徴として考えることができます。

では、なぜ歳を重ねている人間は威厳のある人物なのかと考えた時に、歳を重ねている人間は人よりも長い人生を歩んでいる部分様々な経験や体験をしてきています。

様々な経験や体験をするという事は、それに伴って様々な知識やスキルを身につけている人間であるとも考えられます。

様々な経験や体験をして、様々な知識やスキルを身につけている人間ほど何かが起きた時にも冷静に対処することができたり、落ち着いて物事を見定ながら問題解決を行うことができる場合が多いです。

だからこそ、ほかの人間よりも発する言葉の重みが違うのです。

なので、歳を重ねている人間は威厳のある人物の特徴として考えることが出来ます。

その分、経験も積んでいる

人よりもたくさんの経験を積むことができている人間ほど、その人の人生は厚みが周りの人と違います。

厚みが違えば、発する言葉の重みも違うように、年齢を重ねることが威厳のある人物へと自分を成長させてくれる要因になります。

しかし、年齢を重ねていても威厳を放つことができないような人間もいますので、一番大切なのは、どのようにして年齢を重ねていくのかということが大切です。

何も考えずにただ年齢だけ積み重ねている人間は、軽い言葉しか話すことができませんが、何かを考えながら様々な経験をしてきた人間は重い言葉を話せるようになるのは明白です。

そう考えてみれば、年齢が若い人間は経験が少ないので、威厳を放つことができない人間が多いのも明白ですし、見方を変えてみれば、年齢が若い人間でも人一倍様々なことを経験してきた人であれば、威厳を放つ事が出来るはずです。

なので、将来的に威厳を放つことができるような魅力的な人間になれるように、今を生きるようにしてください。

その考え方を身に着ければ、きっとあなたを変えることが出来るはずです。

6、いざという時行動出来る

威厳のある人物は男らしいという言葉と言い換えることも出来るとお伝えしました。

それは、威厳のある人物は頼りにすることが出来るからであり、なおかつ、いざという時にきちんと行動することが出来る人間だからなのです。

では、なぜ威厳のある人物はいざという時に行動することができるのかと考えた時に、しっかりと物事に関して正しい反応をすることができる判断能力を身につけているからであり、
どんな時でも相手に対して正しい態度で指し示すことが出来るからです。

いざという時に行動ができない人間は威厳のある人間とは考えられないですよね。

人がなかなか行動することができない場面だったとしても、そんな状況にかかわらずきちんと自分の意見を堂々と行いぬくことが出来る強さも威厳を持っている人間だからこそできることです。

それが威厳を持っていると周りに感じさせる行動にもなりますので、いざという時行動できる人間は威厳を持っている人間の特徴である、と判断することができます。

多くの人から信頼される

いざという時に行動することができる人間は周りの人間から信頼されやすくなります。

なぜならば、いざという時に行動できる人間ほど行動力を兼ね備えており、周りから実力を評価されやすくなるので、周りから信頼され認められるようになるからです。

すなわち、リーダーシップを持っている人間であるとも考えられます。

行動力や判断力、そしていざという局面に自分の行動で示してくれる人間こそリーダーとしての素質が備わっている人間など誰もが判断するからです。

このような素質を持っている人間はたくさんの人間から好かれるようになります。

もちろん異性からも好かれますし、同性からも好かれるようになります。

すなわち、人に恵まれた人生を送りやすくなりますので、ほかの人間と比べた時に人生が幸せになる確率がとてつもなく高くなります。

人生は、たくさんの人と関わり、良い人間関係を築くことが素晴らしい人生を送る一つの要因になります。

自分の人生をより幸せで素晴らしいものにしたいと思うのであれば、周りの人間から信頼され、周りの人間の為に行動できるような精神力を兼ね備えようにしてみてください。

そうすることで、あなたの人生はきっと変わるはずです。

威厳を出すにはどうしたら良い?

威厳のある人間の特徴を知ることによって、その特徴をヒントにして、どうすれば威厳を出すことができるのか?ということがある程度想像することができると思います。

日常生活を送る中で、たった少しのことを自分の考え方に取り入れたり、気をつけたりすることによって、すぐに自分自身を変えることができるはずです。

今まで行なっていなかったことや、今まで考えたことがなかったことを自分の考えや行動に取り入れるのは、最初はストレスが掛かる事です。

しかし、継続して、それが当たり前になれば、そこまで難しい事ではなくなります。

習慣化さえしてしまえば、後は時間が立てば結果が出るはずです。

それを念頭に置いた上で、ここからは威厳を出すためにはどうすれば良いのか、という事を簡単にご紹介していきます。

どれもすぐに行える事ばかりですので、自分を変えたいと思っているならば実践してください。

自分の行動・発言に責任を持つ

威厳を出すためには自分の行動や発言にきちんと責任を持つようにしてください。

自分の行動や発言に責任を持つようにすれば、軽薄な行動が無くなり、軽々しいことを言わなくなり、なおかつ、きちんと行動や発言を選ぶようにする事ができます。

そうすることによって、自分自身の行動、発言に責任が出るようになると、あなたの行う行動や発する言葉には重みが備わるようになります。

それを周りが感じ取れば、威厳を感じさせることが出来るようになります。

なので、自分の行動・発言に責任を持つという事は威厳を出す為に必要な事になるということです。

悪口は言わない・乗らない

威厳のある人間になりたいのであれば、悪口は言わない・乗らないようにしてください。

なぜ悪口は言わない・乗らないようにすると威厳が出るのかと考えた時に、人の悪口を平気で言うような人間に威厳を放つことはできません。

なぜならば、簡単に悪口を言うような人間は軽薄な人間であり、その人間に対する信頼も下がるからです。

周りから信頼されないような人間が威厳を放つことができるとは思いません。

自分の言葉にきちんと責任を持ったり、相手のことを考えて発言をすることができる人間だからこそ周りに対して威厳を放つことができるのです。

ちょっと嫌なことがあったり、気に入らないことがあったりするだけで軽口を叩くような人間はその程度の精神力しか持ち合わせていないということです。

言葉に重みがある人間だったり、余裕を持った人間であればそのようなことが絶対に言わないはずです。

なので、悪口を言ったり、乗ったりしないようにすれば威厳を放てるようになる可能性が上がります。

【悪口を言わないほうが良い理由は、こちらの記事もチェック!】

事態を客観的に分析する

問題が起きた時に動揺するのではなく、事態を客観的に分析することができるような精神力を身につけると威厳を放つことができるようになります。

威厳を持っている人間は簡単な事では動揺したりすることはありません。

それは、強い精神力があるからであり、なおかつ問題が起きた時に物事を主観的に見ず、客観的に見て問題点を把握し、解決できる問題解決能力を持っているからです。

だからこそ、落ち着いて事態を分析することができ、いざという時に頼りになれるようになります。

ただ動揺しているだけでは問題は解決しません。

根本的な原因をいち早く探り、適切な判断を下して初めて問題は解決するという事はよく理解し、物事の本質を見抜くように努めてください。

そうすれば自体を客観的に分析、解決できる力を養えるようになるはずです。

姿勢や身だしなみを正す

自分自身の外見も威厳を身に着ける大切な要因です。

自分の姿勢や身だしなみが見られているとそれだけで威厳がなくなってしまいます。

自分の外見から隙を作らないように普段から戦闘態勢でいられるように気を配るようにしてください。

外見が乱れている人は内面も隙だらけで乱れている人が多いです。

外見だけを磨いてもしょうがないですが、内面は外見に現れます。

これをよく理解した上で、外見も内面も隙を作らないように、身だしなみには十分気を付けるようにしてください。

威厳を持ちたいならば自分の気持ちから変えていく

結局、威厳を持ちたいならば自分の気持ちから変えていく事が大切です。

気づいたら威厳が身についていたなんて都合の良い事などはそうそうありません。

気持ちを変え、考え方を変え、行動、習慣を変える事が大切です。

すぐに身につくようなものでもない為、必ず継続した努力が必要になります。

これを出来る人間だけが身に着けられる武器でもありますので、威厳を放てるような人間になりたいなら、今回ご紹介した注意点を日常生活に取り入れて、自分を変えてみてください。

努力すれば努力した分だけ自分を大きく変化させることが出来るはずですよ。