恋愛は楽しい事ばかりではありません。

時には人生を投げ出したくなるほど、辛くなる事もあるかもしれません。

深く傷つき、人間を信用する事が出来なくなってしまう事だってあるでしょう。

ですが、それは色々な事を経験した人だからこそ言える事なのかもしれません。

恋に恋するような年代の人には、いくら恋の辛さを伝えた所でイマイチピンとこないかもしれません。

それよりも恋への好奇心が勝ってしまう事でしょう。

今は、昔とは違い多くの情報を簡単に手に入れることが出来るようになりました。

また、性に対する低年齢化も進んでおり昔のように淡い恋心を楽しむと言う事も少なくなっているのかもしれません。

とはいえ、恋に対する憧れはいつの時代も同じようにある物です。

その為、様々な事を頭の中でシュミレーションし、ドキドキしている方も居る事でしょう。

そこで今回は、ファーストキスの方法についてご紹介させて頂きます。

大人になってしまえばなんともないキスも、ファーストキスは誰にとっても大事なもの。

ぜひ、大事にしてください。

️キスとは単に唇を合わせることだけではない

キスをする事は、単純に唇を合わせる事に意味がある訳ではありません。

それをする事によって、お互いに相手の存在を感じ、心を通わせることが出来るのです。

コミュニケーションをとる事によって、人の温かみを感じたりする事が出来るでしょう。

恋愛をしていれば、キスの先に進んでい事もあるかもしれません。

それもまた、コミュニケーションの一つです。

ですが、女性の中には体を重ねるよりもキスに重きを置く方も大勢います。

体を重ねないからこそ、よりお互いの心を大事にする事が出来るのです。

どんなに好きになった相手だとしても、所詮は他人同士。

なかなか分かり合えない事もあるでしょう。

そんな中で、相手との心の距離を縮める為にもキスをする事はとても意味がある事だと言えるでしょう。

キスの前に雰囲気作りを


恋愛経験が少ないと、ついキスのチャンスが来るとがっついいてしまう事もあります。

しかし、焦っても良い事はありません。

相手に引かれてしまってチャンスを逃してしまう事もあるでしょう。

そうならない為には、相手の心をきちんと考え、行動する事が大事です。

キスは頭で考えてする物ではありません。

その為『キスをしよう』と思って行動すると、失敗する事もい多いでしょう。

相手に焦りが伝わり失敗するケースも多々あります。

しかしながら、何もしないで居てもそのチャンスを引き寄せる事は出来ないかもしれません。

ですから、がっつき過ぎも良くは無いものの相手の気持ちを盛り上げる為に行動する事は大事な事だと言えるでしょう。

女性の場合、雰囲気づくりを重視している方も大勢います。

特にファーストキスの場合には、どこで・どんなふうにしたのかと言う事を意識する事もあるかもしれません。

その為、より良い思い出になるようにする為にも、出来るだけ素敵な場所を意識してデートの場所を選ぶなどの下準備をする事も大事なポイントとなるでしょう。

スキンシップをする

全くスキンシップの無い状態から、キスをしようとしても上手く行くはずがありません。

女性が引いてしまう事は目に見えています。

相手の気持ちを盛り上げる為にも、キスの前にはスキンシップをとって行きましょう。

スキンシップと言っても、下心丸見えの物では行けません。

手を繋いだりするなど、軽い物から初めて行くのです。

そうする事によって、女性の心も自然と解きほぐして行く事が出来るでしょう。

自分の気持ちだけでは無く、相手の気持ちを考える事も大事なポイントです。

人目のないムードのある場所


人目のある場所で、いきなりキスをされたら誰でも驚きます。

既に付き合っているカップルであれば、それもまた楽しいかもしれません。

ですが、ファーストキスの場合には、女性が怒ったり泣き出してしまう事もあるでしょう。

そうならない為にも、まずは人目の無いムードのある場所でキスをしましょう。

ただし、余りにも人目が無い場所に女性を連れて行くと、別の意味で警戒されてしまう事もあるかもしれません。

その為、あくまでもただ暗いだけでは無く、ムードのある場所を選ぶ事が大事なポイントです。

適度に見つめる

相手を見つめる事によって、相手に自分の『キスしたい』という気持ちを伝えることが出来ます。

いきなりキスをしたら相手を驚かせてしまう事もあるでしょう。

心の準備をして貰うためにも、ある手度分かりやすく行動する事も大事な事となるでしょう。

相手の目を見つめる事が苦手な人も、この時は勇気を出してしっかりとみつめてみてください。

普段見せない顏だからこそ、余計に女性がドキドキする事もあるでしょう。

そうする事によって、キスする気持ちを作り上げることも出来るかもしれません。

【キスの前の雰囲気作りは、こちらの記事もチェック!】

いざキスをする!という時にしてはいけないこと

さあこれからキスをしようと思っている時は、その事で頭が一杯になってしまっているかもしれません。

気持ちのままに行動する事も、大事な事ではあります。

しかしながら、それでも気をつけて欲しいポイントがいくつかあります。

それを忘れて行動すれば、後から必ず後悔する事になるでしょう。

大事なファーストキスの思い出を、最悪な物にしない為にもその注意事項を頭の片隅においておいてください。

素早く動きすぎない

キスは一人でする物ではありません。

必ず相手が居る物です。

その為、相手の気持ちを考えて鼓動する事も必要でしょう。

その為にも、行きなり行動するのでは無く相手の心の準備をする時間も確保するようにしましょう。

そうした時間を作る為にも、行動は少しゆっくりめを意識しましょう。

また、余りに早く行動してしまうと慣れていないが丸わかりです。

それは少々恥ずかしい事かもしれません。

焦りを感じさせない為にも、急がずゆっくりと行動しましょう。

大事なのはムード

いきなりガツンとキスをしても、相手を困らせてしまう事もあるかもしれません。

より思い出に残るキスにする為には、ムードを大事にする事も大切です。

お互いにキスしたくなるような環境を用意するのです。

また、キスする速度もいきなり強く行く事はおすすめ出来ません。

もしかしたら、歯が当ってしまう事もあるかも。

そうなってしまえば、せっかくのファーストキスが台無しになってしまうかもしれません。

そうならない為にも、落ち着いて行動する事が大事なのです。

焦って行動しても良い事はありません。

ゆっくりと相手と呼吸を合わせながらキスをして行きましょう。

少しづつ近づく事によって、相手の気持ちを感じなながらその後どうして行ったらいいかを考えるのです。

ですが、いきなりファーストキスの段ディープキスをする事は良くありません。

余りにも頭でっかちに恋愛を考えている人は、つい焦ってドンドン先に進もうとしてしまう事もあるでしょう。

ですが、それをしてしまうと、確実に女性は引いてしまいます。

そうならない為にも、ディープキスのデビューは2回目以降にとっておきましょう。

キスをいい思い出にする為には、自分の気持ちだけを考えて行動してはいけません。

相手の気持ちもきちんと考えて行動する事が大事なのです。

その事をしっかりと頭の中に入れておかなければ独りよがりな行動をとってしまう事も十分に考えられるでしょう。

相手からさせるテクも必要

自分からなかなか行動する勇気を持つ事が出来ない人の場合には、相手の気持ちを盛り上げる為に行動する事も大事なポイントとなります。

相手もキスしたいと思ってくれれば、より簡単にキスをする事が出来るかもしれません。

ファーストキスは、とても大事な行為でしょう。

ですが、それを意識しすぎるあまり他の事がおろそかになってしまっては、結局良い結果を掴む事は出来ないでしょう。

本当にキスがしたいのであれば、『キス』という行為にばかり固執するのでは無く、その前後の行動にも意識を払うべきです。

それをする事が出来れば、女性の方からも積極的にアピールして貰う事も出来るかもしれません。

したくなるように一日中頑張る

キスをすると言う事は、それだけ相手に対して好意を持っていると言う事になります。

その為には、デートの一日を楽しい物にする事も大事な事でしょう。

一緒に居て楽しくない相手とキスがしたい女性は居ません。

キスがしたくなるほど、相手との関係を築く事が大事なのです。

恋愛初心者の人の場合、ついキスの事ばかりで頭が一杯になってしまう事もあるでしょう。

ですが、それでは女性の気持ちを掴む事は出来ません。

女性は過程を大事にする生き物です。

気持ちを盛り上げる為にも、その前の行動が大事なのです。

キスしたいと伝えるのもアリ

女性としても『キスしたい』というオーラを前面に出されてしまうと、困惑してしまうものです。

緊張感が伝わって来る事によって、なんともいたたまれないような気持になる事もあるでしょう。

そんな雰囲気を前面に出しつつもなかなか行動してこないと、イライラしてしまう事もあるかもしれません。

もし、そこまで心が丸見えになってしまうのであればきちんと相手に自分の口から気持ちを伝えることも大事な事でしょう。

下心が前面に見えているよりも、キチンと気持ちを伝えてくれた方が小でぃらとしても、素直に受け入れることが出来るかもしれません。

今の女性は、男性が思っているよりもずっと強くなっています。

その為、恋愛に関しても受け身というわけではありません。

自分の気持ちを伝えて貰う事によって、その後どうしたいかを女性自身が考える事が出来ます。

それもまた、お互い後悔のない恋愛をする為には大事な事なのかもしれません。

ファーストキスだったら、事後に伝えるのもあり

なんでも感でも素直に話す事は、正直者かもしれません。

ですが、正直者はバカを見ると行った言葉もあります。

生きて居れば、色々な事があります。

それを、なんでもかんでも伝える必要はありません。

もしあなたがファーストキスをするとして、それをわざわざ相手に伝える必要はありません。

特に男性の場合は、キスをする際リードする事が必要になる場合もあるでしょう。

にも関わらず、ファーストキスだと伝えてしまう事によって、女性が警戒してしまう事もあるかもしれません。

どうしても、その話を相手に伝えたいのであれば事後報告にしましょう。

事前に伝えて
しまうと、先入観をもって見てしまう事も事後報告であれば割とすんなり受け入れる事が出来る場合もあるでしょう。

事前だと引かれるかも?

ファーストキスは恥かしい事ではありません。

誰もが必ず一度は通る道です。

ですが、わざわざ相手に申告する必要は無いかもしれません。

お互いにファーストキスだと分り切っている状態なのであれば、その心境を分かち合う事もいいかもしれません。

しかし、そうではない場合相手を引かせてしまう恐れもあります。

特に、男性に方がファーストキスの場合女性が警戒してしまう恐れもあります。

普通にしているつもりでも、焦っているように見せてしまう事もあるでしょう。

更には、キスの上手さを比べられてしまう事もあるかもしれません。

自分に不利になりそうなことを、イチイチ相手に伝える必要はありません。

特に恋愛の場合には、隠す事が大事な場合もあります。

自分に自信が無い時も、そこをあえて自信があるように見せることが大事なポイントなのかもしれません。

️初めてのキス、緊張するけど勇気を持って

どんなに恋愛のプロを自称しているような人であっても、必ず初めてはあるものです。

手慣れているように見えたとしても、最初は大きな失敗をしているかもしれません。

人間誰しも失敗する事もあります。

絶対に失敗しないようにしよとすればするほど、無理が出たりそもそもスタート位置に立つ事すら出来なくなってしまう事もあるでしょう。

失敗する事を望む人はいないでしょう。

ですが、失敗しなければ出来ない事もあります。

なんでも経験が必要です。

時には勇気を出して、一歩前に進む事も大事な事でしょう。

それをする事が出来るかどうかはあなた自身にかかっています。

ファーストキスは、特別な物として大事に考えている方も多く居る事でしょう。

いい思い出に残るように、適当にするのでは無くしっかりと考えてから行動してください。

最近は恋愛に対してついついなんでも軽く考え、行動してしまう事もあるでしょう。

ですが、人生は一度しかありません。

是非後悔の無い時間を過ごす為にも、自分自身の事を大事にしてください。