かっこいい男とはどういう男性が当てはまるのでしょうか?

誰もが振り向くような美男子?

それとも一緒にいるだけでほっこり幸せな気持ちにさせてくれるタイプの男性?

または女性への気配りができる事?

男性と女性ではかっこいい男の基準は微妙に違いがあるかもしれませんね。

また個人個人でタイプがありますから一概には決めにくいのですがここではいい男の基準!について少し掘り下げみようと思います。

女性目線?どうでしょうか男性からみてもいい男と言われるのが本当のいい男と言えるかもしれませんね。

男性の皆さんは自分がいくつ当てはまるか見てみてくださいね。

女性の皆さんは同感できるかどうか一度読んでみてくださいね。

かっこいい男の基準を大公開!何個当てはまる?

かっこいい男の基準として考えられる項目をあげてみました。

皆さんはいくつ当てはまりますか?

かっこいい男の基準とは?

まずはかっこいい男の基準をみていきましょう。

どうせ俺はイケメンじゃないからなんておもっていませんか?

かっこいい男とは顔だけでしょうか?

意外と女性目線でいくとそれだけではない場合もありますよ。

顔がかっこいい男はいい男!なんて思っているのはいがいと男性の方かも?

基準として考えられる項目を28個あげてみました。

きっと女性目線と男性目線では少し誤差があるかもしれませんね。

みなさんが考えるいい男とここに上がっている定義と当てはまるでしょうか。

ご自分の見解と共にみていってくださいね。

堀が深い

はじめて会う男性に対して女性はどこをみると思いますか?

実は女性は男性の顔の下半分に注目する傾向にあるんですね。

男性は男性ホルモンの作用で下あご大きく全体的に堀が深くなります。

反対に目が細く鼻やほほ骨は高くなる傾向にあります。

これにより男性はより男性らしい顔つきとなるんですね。

一般的には堀の深い男性は男らしい顔と言えます。

幼少期は大きな目と小さな鼻小さいあごなんですが男性が成長するにつれて下あごが発達し徐々に堀の深い顔つきになってくる傾向にあります。

女性は発達した下あごにが発達し堀の深い顔また目鼻立ちのはっきりした顔に成熟した男を感じる傾向にあります。

いい男と言われる男性は堀の深い顔の人が多いと言えるかもしれません。

堀の深さに男らしさを感じやすいのかもしれませんね。

あなたのタイプはどうでしょうか?(^^)/

左右のバランスが取れてる

人間の顔は左右のバランスが完全に一致する人はいません。

どちらかのあごを使うくせがあったりするので多少のアンバランスさがあります。

しかしいい男になるとこのバランスが絶妙にいい感じで整っているのです。

堀が深いだけではなく、見鼻立ちだけが整っているだけではなく顔全体のパーツとして絶妙なバランスをとっているものです。

こればっかりはどうしようもないなんて思いましたか?少し生活習慣を変えるだけでもバランスが取れるようになります。

同じ方ばかり頬杖をついていたり同じ目ばかりこすってしまうという人はその癖を直すよう努力してみましょう。

そうすることで多少バランスのよい顔つきになってきます。

何事もバランスなんですね。

肌が綺麗で清潔感がある

肌に吹き出物が出来ていても平気な男性ではいい男とは言えませんね。

いくらバランスの取れが顔付きをしていたとして不潔な印象をもってしまいます。

肌の特質により吹き出物が出来やすい人もいるでしょう。

しかし放置せずスキンケアしているかどうかで肌は変わります。

今時の男性はスキンケアをしている人も多いとは思います。

男性エステなどというものまであるのですから。

女性顔負けにエステにいかなければならないわけではないのですが気を配っているかどうかが大きく変わりますよね。

いつも肌がきれいな男性は清潔感を感じる事ができると思いますよ。

顔が整っているだけでなく清潔感をいかに感じられるかも大事なことですね。

体が引き締まっている


身体を鍛えててムキムキになっているというわけではありません(^^;

しかししっかりと鍛えられた筋肉や引き締まった身体は男性らしさを感じる事ができるでしょう。

お腹がポッコリでている。

やたらと痩せているようでは男性の強さを感じることは難しいかもしれませんね。

太くたくましい腕、厚みのある胸板に女性の視線はいってしまうのではないでしょうか。

適度はトレーニングなどで体が引き締まってる男性には女性はたくましさを感じる事が多い傾向にあります。

男性も年齢を追うたびに脂肪が溜まりやすくなっていきます。

10代20代ならまだしも30代を超えたころからはアルコールの飲みすぎなどでぽっこりお腹に。

いくつになってもいい男というのは適度に体を動かし引き締まった体型を維持しているのではないでしょうか。

顔を変えることは難しくても身体を鍛えることはできますよね。

引き締まった身体はいい男の必須と言えるかもしれません!(^^)!

必ずしも美男子ではない

白馬に乗った王子様にあこがれる女性もいるでしょうか?

かっこいい男の条件としては必ずしも美男子であることが必要なわけではありません。

美男子過ぎて近寄り難いなんて事もあるかも(^^;

漫画に出てきそうな美男子が悪いわけではありませんが女性があまりにも距離感を感じたり引け目を感じてしまうかもしれません。

親近感がわく事も大切ですから。

自分は美男子じゃないからいなんて思っていませんか?

美男子は憧れの存在のようになりますがそばにいたくなるようなかっこいい男は親近感がわく事も魅力のひとつかもしれませんね。

高嶺の花過ぎると近寄りがたいものです。

見た目のバランスが良い

かっこいい男と言われる人の顔はバランスが取れているんですね。

堀が深い目鼻立ちがはっきりしている、それに合わせすべてのパーツが均等、つまりバランスが取れている人がいい男とされますね。

先にも述べましたが人間は顔の左右のバランスは異なるのですがそれでも左右の対称であればあるほどいいとされるんですね。

あとはどうでしょか。

顔立ちに合わせて清潔感のある装い。

いつも手入れさせている髪型や肌。

すべての見た目に対してバランスが取れてることがいい男と呼ばれる条件かもしれません。

どこか一つでもバランスが崩れていると違ってしまうのでしょうか。

このバランスは個人個人の見立てにより変わるかもしれませんね。

要は好みによってバランスの良さはかわってくるかもしれませんね。

自己表現が上手い


かっこいい男とはなにも顔だけではありません。

自己表現がうまい事。

これも必要です。

自己表現とはどんなことでしょうか?自分で自分の事って分かっていますか?

これがなかなか難しいですよね。

ということは第三者にもあなた自信をわかってもらうには自分で自己表現しない事には伝わりませんよね。

自分を知ってもらう事、理解してもらう為に感情や言葉を使って自分自信を表現することを自己表現といいます。

自己表現は自分と相手とのコミュニケーションを取るための手法と言えますよね。

この自己表現がうまくできない人はなんだか頼りない印象をもたれてしまいます。

やはり自己表現できる男性は男らしさを感じる事もできますね。

自己表現が苦手と言える人もいると思います。

自己表現とは表情であったり相手にとる態度などでも表現することおありますよね。

また服装でも自己表現できますよね。

要は自分を表現できる力があるかどうかです。

こんな事言ったら、こんな表情したら、こんな服装してたら。

自己表現できる人はそんなことは気にしません。

自分に自身があるともいえるでしょうか。

そんな表れが自己表現とするのであればいい男の条件は自己表現がうまいという事になりますね。

近寄りたくなる雰囲気

いくら顔のバランスがよくかっこいい男と言われる顔をしていたとしても近寄り難い雰囲気の人はかっこいい男とはいえまんせんね。

話をしてみたいな、どんな人だろうと相手に思ってもらえる雰囲気のある人がかっこいい男と言えるかもしれません。

近寄りたくなる雰囲気とはどんな雰囲気でしょうか?

もう少し詳しくみてみましょう。

気取っていないこと。

いかにもプライドが高そうで気取った人では男性も女性も近くに行きたいとは思いませんよね。

「話しかけやすい」ちょっと話をしてみたくなる雰囲気でしょうか。

いかにも話かけてこないでみたいな怖い顔している人には間違っても話かけようとは思いませんよね。

「色気がある」お色気ムンムンではなくさりげない色気でしょうか。

普通にしていてもどことなく色気がある人っていますよね。

「落ち着いた雰囲気がある」何を聞いても答えてくれそうな頼りがいがある感じでしょうか。

思わず頼りたくなりますよね。

「堂々としている」これも頼りがいがある感じと似ていますが落ち着いて堂々とした雰囲気でしょうか。

このような雰囲気を兼ね備えている男性がかっこいい男と言えるでしょうか。

男性的な一面を持つ

男性的な一面とはどういう一面でしょうか?

普段大人しそうな男性がいざという時、前に出てしっかりと意見を発言する。

ちらっと見えた腕のたくましさ。

女性をうまくエスコートするしてくれる。

道路を歩くときさり気なく自分は道路側を歩く。

などでしょうか?
男性的な一面とはやはり普段みせない男らしさをもっている事も男性的と言えるかもしれませんね。

きっと女性はドキッとすると思いますよ。

普段と違うギャップですね。

また仕事に関してはどうでしょうか。

しっかりとした責任感をもつ、リーダーシップがはっきできる一面も男性的と言えるかもしれませんね。

いざと言う時に引っ張って行ってくれるたくましさの部分を男性的な一面と言うのかもしれませんね。

同性にも好かれる

かっこいい男とは同性にも好かれる魅力を持ち合わせています。

男女構わず好かれる人とはどんな男性でしょうか。

例えば仕事。

堂々と自信に満ち溢れている男性は男性からも女性からも憧れの眼差しを集めます。

気取っていないこと。

いつでもフレンドリーな男性は男女問わず好かれますね。

またしっかりと決断する事ができる人。

自信がないと決断も難しいかもしれません。

友達を大事にする人。

異性と同性によって態度を変えるような人は決しては男女どちらからも敬遠されてしまいますね。

また悪口や愚痴を言わない人。

人の悪口になると張り切るなて男性は決して好かれるとは言えませんね。

また愚痴ばかりこぼしているような人も敬遠されがちです。

同性にも好かれるということは人間関係自体を大事にする人なのかもしれませんね。

人として魅力のある人は同性からも好かれると思いますよ。

信念を持っている

自分の新年をもっている人は堂々としている印象がありますね。

ここまでは折れる事が出来てもここは譲れないというような自分なりの信念をもっている男性は魅力的なものですね。

信念を持つという事は自信もあるでしょう。

自分なりの指標ももっているでしょうか。

あまり自分の信念ばかり押し付けて妥協することが難しくて困りものですが自分の意見もなく優柔不断なようではいい男の条件とは言えないかもしれませんね。

男性はプライドをもっていますね。

合わせて自分なりの信念をしっかりもちそれを貫ける強さが男性として魅力的な部分になるのかもしれませんね。

いかがでしょうか。

あなたは信念をもっています?

他の意見に左右される優柔不断な部分が強いようではかっこいい男とは言い難いかもしれません。

清潔感がある

男性に清潔感がある人はいい男と言えるでしょう。

顔の清潔感もその一つです。

顔に吹き出物があるような肌の男性は清潔とは言い難く女性からも好まれません。

またいい男の顔とは言えません。

服装や髪型もそうですね。

だらしない服装の男性や髪がぼさぼさの男性ではいい男とは言えませんね。

スキンケアをしっかりとし、いつも洗濯したてのようなシャツを着て、しっかりと整髪された髪型であることは絶対条件ではないでしょうか。

男性のみなさんどうですか?

お洒落ばかりに気を使うのではありません。

Tシャツにジーパンであったとしてもピシッとしたシャツを着ていれば十分清潔感はでますよね。

服装や髪型、スキンケアなど身だしなみにも気を配れる男性はかっこいい男と言えるでしょう。

身長が高い

かっこいい男とはやはりすらり背が高い男性でしょうか。

低いからいい男ではないというわけではありませんがやはりどの男性も背が高くなる事を理想としているのではありませんか?

背が高くすらっとしている男性の姿は堂々として見えるでしょうか。

堀が深く目鼻立ちが整い顔のバランスがよい上に身長が高くすらっとしてる。

また男らしくがっちりとした体型かであっても背が高い人がかっこいい男の条件の一つと言えるかもしれませんね。

先ほどもありましたが全体のバランスとして均等が取れていると言えるのかもしれません。

女性目線ではあまり身長が高すぎるものタイプではないという人もいるかもしれません。

女性と並んでちょうど方の高さに女性の頭がくるくらいのバランスがいいなんて言いませんか?

しかし一般的に男とされる人は身長が高い人が多いのかもしれません。

姿勢がいい

ピンと姿勢のいい男性からは自信が満ち溢れて見えますね。

下ばかり見ていては姿勢がいいとは言えません。

しっかりと前をみてスラっと姿勢よくたついでたちは素敵に見えますね。

先ほど身長高い事項目があがっていましたよね。

身長高いという事はやはり姿勢がよう凛とした印象の方が素敵にみえますよね。

せっかく身長が高いのに姿勢が悪ければなんだかアンバランスな印象にも見えかねませんね。

ピンと背筋がのびて胸を張る姿はなんともりりしく頼もしく見えるのではないでしょうか。

やはりかっこいい男の条件には姿勢がいい事があがってくるのも納得できると思いませんか?

女性目線のオシャレをわかってる

女性が好むようなオシャレをわかっている男性は女性からの支持も受けますね。

あまり背伸びしてしまうと逆効果になってしまいますが個性だけを引き立てるのではなく女性が素敵だと思うオシャレをわかっいる男性はやはりいい男の条件でしょうか。

例えば清潔感のあるファッション。

シンプルしかし清潔感がある服装は交感を得る事ができますね。

あまりにも奇抜過ぎるファッションは敬遠されがちです。

個性的であっても自分に似合っているかどうかという点が重要かもしれませんね。

例えばせっかくのデートによれよれのTシャツにくしゃくしゃのジーパン汚れた靴では幻滅されてしまいます。

同じスタイルであっても洗い立てのような白いシャツにジーンズスタイルだとなんともカジュアルながらオシャレにみえるのではないでしょうか。

やたらと香水をふったようなキザなスタイルは敬遠されがちですが相手の女性に合わせた服装をする事ももしかしたら大事な事かもしれませんね。

声が低い

男らしい太い声、また低い声は色気も感じさせるかもしれませんね。

これも男らしさを感じられるポイントでしょうか。

低い声でゆっくり丁寧に話す姿には信頼感や安心感。

落ち着きなども感じさせてくれるかもしれませんね。

声の低い男性は女性の支持も集める事があります。

顔とのギャップに魅力を感じる女性も多いでしょう。

説得力もあるかもしれません。

声の低い男性が仕事ができる印象があるとも言われています。

仕事の面では反対に声が高い人も仕事が成功するなんて事もあるようですよ。

少し話がそれましたがかっこいい男の声は重低音で渋さがある方が似合うのかもしれません。

声まで全体とのバランスですね。

若々しい

いくつになっても持ち合わせる若々しさはいい男の条件でしょうか。

若いからいいわけでもありません。

歳を重ねながらupする魅力もあります。

しかし年齢を気にして年相応の装いをしている男性はいい男の魅力とは言えません。

いくつになっても若々しさを忘れずふるまえる男性は素敵ですね。

オシャレにも手を抜かない事も大事ですね。

還暦を迎えているのになんだかそんな風に見えないダンディーな男性っていますよね。

かっこいいと言われる男性はいくつになっても若々しいスタイルでいれるのかもしれません。

いくつになっても気をぬかない事。

これが出来る男性をかっこいい男と言うのでしょうか。

かっこいい男性は年齢関係なくいくつになっても若々しくいて欲しいものですね。

自信を持っているけど謙虚

自分に自信をもっている。

それでいて謙虚であることはかっこいい男の条件であると言えます。

しかし自信をもちながら謙虚になるというのは意外と難しい事があるかもしれませんね。

自信をもつという事はある程度の実力をもっているからこその現れでもあります。

しかしそこで満足することなくまだまだ上を目指す事が謙虚さにもなりますね。

自分の実力を固辞するのではなくもっと高みを目指さすという事は人の意見を聞く場合もあるでしょうし指摘を受ける事もあるかもしれません。

男性はある程度プライドをもっています。

そこに自信が兼ね備わるとなるとなかなか謙虚になれるものでもないかもしれません。

今の自分にもしっかりとした自信をもちつつもっと上を目指す事ができる。

そこには努力を惜しまない事と謙虚であることも条件になります。

なかなか出来る事ではないからこそ自信を持っているのに謙虚であるスタイルはかっこいい男の条件ではないでしょうか。

常にポジティブ

常にポジティブな考え方ができる人は素敵ですね。

なんでもマイナスにとってしまう。

愚痴ばっかりこぼして努力をしようとしない。

何かを変える事をしない男性には魅力は感じられないかもしれません。

誰でも多少落ち込む事はあるでしょう。

常にポジティブなんてとんでもないという人もいるかもしれませんね。

しかし後悔だけでは前進することは難しい事です。

後悔しているだけではその場とどまってしまいますよね。

いつもポジティブな考え方を出来る人はいかなる困難が怒った時にも乗り切っていける強さがあるのではないでしょうか。

またそこに魅力も感じられ逞しさ、強さを感じる事ができますね。

周囲に安心感を与えてくれる存在であるかもしれません。

そんな男子がいい男と言えるのではないでしょうか。

おおらかな性格

細かいことはあまり気にせず常におおらかに接する事ができる性格の人にはゆとりさえも感じる事ができるかもしれませんね。

おおらかな性格の男性は器も大きいと思うので些細なことで怒ったりはしません。

どんな時にもどんと腰を据えているイメージでしょうか。

なんでも言う通りにしてくれる優しさとおおらか器の大きさは少し違います。

たいていの事はいいよいいよといってくれる余裕は持っていたとしてもいざという時には頼りがいがある。

そんな性格の男性はかっこいい男と言えるかもしれませんね。

女性は多少身勝手な部分もあるかもしれないのでなんでも言う通りにしてくれるだけの男性では満足できないかもしれません。

普段は器の大きさでつつんでくれる余裕をもちつつ間違っている時にはしっかりとリ-ドしてくれる。

そんな男性をかっこいい男と表現するのかもしれせんね。

きれいな笑顔

かっこいい男の笑顔は素敵ですね。

少しはにかんだ笑顔。

微笑んだ笑顔。

きれいな笑顔ができる男性は素敵ですしまたいい男の笑顔とは元々きれいな笑顔なのかもしれませんね。

時には友人と戯れ大笑いすることもあるでしょう。

それでいても上品さがあり女性を虜にする笑顔を兼ね備えている男性はかっこいい男と言えるのかもしれませんね。

無邪気な笑顔。

ドキッとさせられる笑顔。

いつもニコニコと笑っている笑顔。

どんな笑顔に魅力を感じるでしょうか。

かっこいい男と言える人はあまり人前で大笑いをしないものでしょうか?

きれいな笑顔とは少し難しいかもしれませんね。

社交性がある

社交性があること。

誰でもすぐ仲良くなれるというわけではありません。

しかしその場その場ですぐに打ち解け話す事ができる。

相手に警戒心を与え過ぎない。

仕事をするうえでは必要な事かもしれません。

初対面の相手の前にでるとがちがちになってしまうようでは仕事でもうまくいかないかもしれませんね。

ある程度初対面の相手であっても話を合わせていける社交性は大切かもしれません。

警戒心の強い人や緊張しやすい人もいるでしょう。

しかしそれさえも感じさせない社交性の良さはかっこいい男の条件かもしれません。

女性に慣れているけど誠実

かっこいい男は常に女性に囲まれているかもしれませんね。

女性の扱いもおてのものかもしれませんがまるで自分は女性に人気がある。

もてると自覚しているようではかっこいい男とは言えないかもしれません。

女性の扱いはなれているけどなんともスマートな扱いをしてくれる男性には女性は好意をいだく事あるでしょう。

誠実な男性は責任感や決断力があります。

優柔不断では誠実とは言い難いですね。

しっかりと自分をもっている。

女性に対しても男性に対しても態度を変えたりしない。

そんな男性も誠実と言えると思います。

素直

素直であること。

なんでも言う事を聞くというのがいいとは思いませんが人の意見や忠告を素直に受け入れる事ができる事。

素直に相手に伝える事ができる事が素直と言えるでしょうか。

嘘に嘘を重ねるような男性ではけっして素直とは言えませんね。

相手の意見を一旦は受け入れる事ができる。

これは男性にとっては意外と難しい事かもしれません。

素直であると正直者とは少し違う気がします。

素直に受け入れはするけれども先ほどでてきました信念がある人は一旦受け入れその後自分の意見などもスマートに相手に伝えらるかもしれませんね。

素直さがなければ相手の意見を受け入れる事が難しいでしょう。

しかしそれでは自分の成長とはならないかもしれませんよ。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い男性はいかがでしょうか。

口がうまいというわけではありまりません。

どんな相手、どんな境遇であっても相手に合わせて話をすることができる。

相手のタイプに合わせて話ができる事などはコミュニケーション能力が高いと言えるかもしれませんね。

恐らく仕事の面であってもコミュニッケーション能力の高さは必要不可欠かもしれません。

よってかっこいい男はコミュニケーション能力が高いと言えるかもしれませんね。

仕事ができる

かっこいい男の条件は仕事ができる事でしょう。

しかし仕事が出来るとはどういう事でしょうか。

もちろん強い責任感は大切です。

途中で投げ出してしまうようでは仕事ができるとはいえませんね。

リーダーシップを発揮できる。

自分自身の能力を知っていることも強みかもしれません。

自分自身を知った上でワンランク上を目指す事ができるのもひとつでしょう。

今の自分で満足しているようではそこまでで終わってしまいますね。

仕事ができるかっこいい男とはそれなりの上昇志向も必要でしょう。

また周囲への気配り配慮ができるという事もリーダーシップを取るうえで必要なことかもしれませんね。

優柔不断では仕事ができるとは言えません。

上司から後輩から同僚からあつい信頼を得る事が出来る男性。

こいつなら任せても大丈夫と思ってもらえるような存在であること。

これは仕事ができる男性像ではないでしょうか?

頼りになる存在

かっこいい男は頼りがいもある存在ではないでしょ。

おおらかで器の大きい性格。

それでいて自身もありながら謙虚さも持ち合わせる。

この人なら頼ってもなんとか導いてくれそうだと思えるような頼りがいのある男性はかっこいい男と言えるのではないでしょうか。

頼られる事を苦痛に思うようではかっこいい男とは言い難いかもしれませんね。

余裕のある男性は頼りがいを感じるものです。

頼られたとしてもすべてジ自分が引き受けるというお人よしさではなくうまく引っ張って行ってくれる印象かもしれません。

かっこいい男とはなにも言わすとしても頼りたくなるようなたくましさを醸し出しているのかもしれませんね。

外見も中身もかっこいい

外見のかっこよさだけではなく中身もかっこいい男性は男性女性関係なく支持を集めるのではないでしょうか。

外見の良さだけではかっこいい男とは言えませんね。

すぐに飽きられてしまうかもしれません。

やはり中身が伴ってる男性は存在自体が大きく人を引付けるだけの魅力も持ち合わせているのではないでしょうか。

意外とかっこいい男性に鍵って自分がかっこいいとは思っていないものかもしれません。

なぜなら存在自体が自分なので人と特別違いがあるなんて思っていないかも知れません。

そんな気持ちの余裕のある男性は外見も中身も兼ね備えた完璧なかっこいい男と言えるのではないでしょうか。

この特徴に20個当てはまればいい男!(まとめ)

さて、男性の皆さんはいくつ当てはまりましたか?

20個当てはまったという人は相当いい男と言えるでしょう。

あまり当てはまらなかったと言う人もかっこいい男性を見え座して少し自分を振り返る材料としてみてくださいね。

【女性からいい男と思われるのはこんな人!こちらの記事もチェック!】