この世の中には沢山の人が居ます。

その中で自分の運命の相手を見つける事はそう簡単な事ではないかもしれません。

例え男女がであったとしても、そこから恋に落ちる可能性はかなり低いでしょう。

更に、恋に落ちたとしてもそこから結婚までいくとなるとその確率はさらに低くなります。

ですが、この世の中には当たり前のように結婚している人が沢山います。

その少ない可能性を、皆はどうやって捕まえているのでしょうか。

世界にどれだけ沢山の人が居るとしても、その中で自分が人生の中で出会う事が出来る人などそう多くはないのでしょう。

その中から結婚相手を選ぶとなると自分の直感を意識する以外に方法はありません。

勿論、人によって譲る事の出来ない基準はあるでしょう。

ですが、例えその基準をすべてクリアしているとしても惹かれない時には惹かれないのです。

反対に、全く条件を満たしていなかったとしても自分が惹かれる何かがあればそれだけで人の心は惹かれるという事もあるでしょう。

だからこそ、わからないのです。

どんな人と結婚するかは、誰にもわかりません。

けれど、知りたくなるのが乙女心というもの。

結婚するかもしれない人を探すきっかけを知っておくだけでも自分の気持ちを落ち着かせる事が出来るかもしれません。

そこで今回は『この人と結婚するかも』という運命の出会いについてご紹介させていただきます。

「この人と結婚するかも」と感じる瞬間

よく芸能人などの結婚会見で『結婚すると思った瞬間はありますか?!』などという質問を受けている事があります。

これを聞いた世の女子は、結婚する相手は他の人とは違う何かを感じるのだと思ってしまう事でしょう。

ですが、それは大きな勘違いです。

例え運命を感じたとしても、その恋がうまくいくかどうかは誰にもわからないからです。

例え自分が運命を感じたとしても、相手がそれを受け入れてくれなければ何にもなりません。

結婚する事が出来たからこそ、振り返ってみると運命を感じる瞬間があったというだけ。

つまりは結果論なのです。

だからこそ、最初から運命を求めて相手を探してしまうと本当に大切な事を見落としてしまう可能性もあります。

とはいえ、女性の多くは『運命』という言葉に弱いものです。

自分の好きになる人が自分の運命の相手なのではないかと毎回思ってしまう人も少なくないでしょう。

何処に運命を感じるかは自分次第です。

それが例えこじつけだったとしても自分の気持ちをより盛り上がらせるだけの効果を発揮する事が出来るのであれば、それはそれでいいのかもしれません。

あなたの生活の中で運命を感じる瞬間はどれだけあったでしょうか。

もしかしたら、その運命の瞬間が結果的に結婚まであなたを導いてくれることもあるかもしれません。

1.初対面かと思ったら過去にもあったことがあると分かった時

どこに運命を感じるかは人によって違います。

他の人から見れば単なる偶然のでありも、人によっては運命だと感じる事が出来る場合もあります。

例えば、初対面だと思っていた人がすでにあった事がある人だった場合、そこに運命を感じる人も居ます。

全く別の県で生活していた二人が偶然にも出会う事が出来たなら、それは本当に運命なのかもしれません。

けれど、同じ県内などの狭い空間の場合には運命では無く偶然の場合も多々あります。

きっと同じように何度も出会ている異性は他にもいる事でしょう。

けれど、その人にのみ運命を感じるという事は、既にその人の事を好きになっていたりどこかで良いと感じるだけの理由がある人なのでしょう。

所詮『運命だと感じるかどうかは、自分の気持ち次第です。

同じ条件の人が居ても、運命を感じる人も居れば感じない人も居ます。

無意識のうちに自分の心がどこかで判断してしまっているのでしょう。

例え自分が作り出した考えだったとしてもそれもまた、一つの運命と言えるのかもしれません。

2.素の自分を見せられると思った時


どんなに素晴らしい相手でも、一緒に居ると緊張してしまったり本当の自分を出す事が出来なければ、それは素晴らしい結婚相手とは言えません。

憧れと生活は違うのです。

より幸せな結婚生活をイメージするのであれば、素のままの自分で居られる相手を探す事が大切です。

素の自分を出す事が出来るという事は、それだけ相手に対して心を開いているという事の証でしょう。

あなたが心を開く事が出来れば、相手もまあ同じように心を開いてくれる事でしょう。

互いに信頼しあう事が出来る二人は、結果いい夫婦になる事が出来る可能性が高いと言えるでしょう。

3.いつも傍にいてくれたことを知った時

本当に大切な事は、意外と気が付くのに時間がかかってしまう事があります。

運命の出会いを探して、沢山の人に目を向けたり出会いを探してさまよっている事もあります。

けれど、実際にはあなたの事を本当に考えてくれる人はもうすでにそばに居てくれているのかもしれません。

今まで困ったときにそばに居てくれた人は居ませんか。

気が付くといつもそばで応援してくれていたり、手を貸してくれる人が居る場合、その人が運命の相手の可能性があります。

自分が気が付かないだけで既に相手はあなたの事を思ってくれている可能性もあります。

『運命の相手』というと、どうしてもとても素敵で特別な人をイメージしてしまいます。

けれど実際には、そんな出会いは早々あるものではありません。

今の生活の中で、なくてはならない人。

そんな人が運命の相手なのかもしれません。

4.偶然会うことが多いとき

偶然出会うという事は、それだけ生活スタイルや生活圏内が似ているという事なのでしょう。

だからこそ、もし一緒に生活するようになったとしてもストレスが少なく生活する事が出来るといえるでしょう。

わざわざ約束をしなくとも出会う回数が多いという事は、そういっ意味合いを感じる事が出来るはずです。

もし相手の事が嫌いな場合には、出会う事に嫌悪感を感じる事もあります。

その場合には、わざわざ運命の相手とする必要はありません。

けれど、相手に対して何も考えていない場合改めてその人の魅力を見直してみる事も一つの方法です。

人間は無意識のうちに固定観念にとらわれています。

『この人はこんな人だ』そんなイメージが強ければ強いほど、本当の良さに気が付く事が出来ないでしょう。

それでは本当の運命の相手を探す事が出来なくなってしまいまうす。

相手に対してあまり何を感じない場合には、深く考えずにその人の事を見てみましょう。

意外といいところが沢山目につくかもしれません。

5.海外などありえない場所で鉢合わせした時

非現実的な空間で出会うと、それに対して運命を感じる人も少なくありません。

特に海外などでであう場合は、まさにドラマのように運命を感じる事もあります。

結局のところ、それが運命なのか単なる偶然なのかは誰にもわかりません。

それを運命ととらえるかどうかは自分次第だからです。

相手の事に興味があるのであれば、そこに運命を感じるのも一つの方法です。

6.ふとその人のことを思い出した時

これは、運命と感じるかどうかは人によって大きく違うはずです。

というのも、恋をしている人は何度もその人の事を思い出すはずです。

好きな人の事を思い返す事は、恋のあるあるです。

この場合の運命を感じるポイントは、好きだと意識していない時にこそ効果を発揮しているのです。

自分では相手の事を意識していないのにも関わらず、無意識のうちに相手の事を考えてしまうという事はそれだけ自然と相手の事を考えるほど好きになっているという事なのです。

それが運命かどうかはわかりませんが、自分の気持ちに気が付くきっかけになる事はあるでしょう。

7.目を見ただけで分かり合えた時

多くを語らなくても、相手と分かり合う事が出来た場合はそれだけ考え方が似ているという事になります。

考え方が似ている二人は、一緒に生活しやすくなるはずです。

おしゃべりな人には理解できないかもしれませんが、夫婦になればなるほど何も語らなくとも相手の考えがわかるようになるものです。

結婚前から目を見ただけで会話をする事が出来る人は、それだけ相手の気持ちを感じやすくより夫婦としての信頼関係を作りやすい間柄だといえるでしょう。

どんなに一緒に居ても理解できない相手と言う人も居ます。

だからこそ、交際している時点で目で会話が出来る二人は良い夫婦になる事が出来るかもしれません。

「この人と結婚するかも」と感じる相手

恋愛と結婚は違います。

恋愛は、自分の気持ちだけを考えて行動すればいいのです。

例え相手に交際相手が居たとしても、それを奪う事だって出来てしまうかもしれません。

しかし、結婚は違います。

今は昔ほど両家のつながりと言うのは意識しなくなて来ている事でしょう。

ですが、ゼロではありません。

だからこそ例え自分がとても好きな相手だとしても、家族として生活が合わなければ結果的にうまくいく事はないかもしれません。

結婚は、一度してしまうとそう簡単に分かれる事が出来ません。

子供などできてしまえばさらに別れる事は大変になっていく事でしょう。

だからこそ、結婚相手の事はしっかりと見極めなければなりません。

『この人と結婚するかも』という気持ちになる事が出来る相手は、人生の中でそう何度も出会うものでは無いでしょう。

そこに確かな根拠はないとしても、何かを感じ取った事は事実です。

だからこそ。

その気持ちを信じてみる事も大事なのではないでしょうか。

育ってきた環境が似ている相手

結婚は生活です。

恋愛では相手の考え方に合わせているようにふるまう事も出来るでしょう。

けれど結婚となてしまうとそうも言っていられません。

自分の育ってきた中での培った考え方と言うものもあるからです。

そんな時、あまりにも違った考え方をしている二人は一緒に生活する事が出来ないでしょう。

だからこそ、より幸せな結婚生活を望むのであれば同じような環境で育ってきた人と一緒に暮らす事がより自然に過ごす事が出来るのではないでしょうか。

第一印象から相手の育ってきた環境を知る事はできません。

ですが、おかしなもので口に出さずとも一つ一つのしぐさを見ているだけでどことなく通じるものを感じる事が出来る時があります。

そんな人は、もしかしたら育った環境が似ているのかもしれません。

同じ感覚で生活をする事が出来る事は、何よりも幸せな事です。

そんな人に対して運命を感じる事もあるでしょう。

言葉遣いが似ている相手

日本にはさまざまな言葉の文化があります。

標準語と呼ばれている関東で使用されている言葉をし私用している地域はごくごくわずかです。

実際にはみんな何かしらの方言を使って会話をしています。

互いの育った場所が違うと、同じ日本語なのにもかかわらず意味が分からないなんて事もあるかもしれません。

田舎から都会に出てきて、自分の言葉が通じなかったらどうでしょうか。

時には笑われたりしてしまう事もあるかもしれません。

そんな日々が続けば悲しい気持ちになったり外で話をする事が嫌になってしまうかもしれません。

けれど、そんな時に言葉づかいが似ている人に出会う事が出来れば気持ちはぱっと明るくなるはずです。

なかなか知り合いに出会う事が出来ない環境の中で、どこか懐かしい言葉を使う相手に出会う事が出来ると、それだけで親近感がわき相手に対して興味を感じる事もあるかもしれません。

心を通わせる為には、言葉が必要です。

そう言った意味でも、言葉づかいが似ている相手はとても良い運命の相手だといえるでしょう。

食の趣味が合う相手


一緒に生活していくうえで、食の趣味は大切です。

例え見た目がとても好みだったとしても、それは何年もすれば必ず見慣れてしまいます。

付き合った当時のようなドキドキ感を感じる事はないでしょう。

むしろ、同じものを一緒に食べておいしいと感じる事ができるかどうかの方がよっぽど大切です。

一生懸命作った食事が、相手の口に合わないと悲しい気持ちになるはずです。

それは相手も同じ事。

毎日おいしくもない食事を一緒に食べなければならないとなると、自然と会話は減ってしまう事でしょう。

味覚が違えば、作り手を交換したとしても互いの不満が埋まるわけではありません。

食の趣味が合わないと、、外食などの際にもいつももめる事になってしまいます。

食事は生きていく為には必要不可欠のポイントです。

そのポイントを合わせる事が出来ないという事はその二人は根本的に合わないという事なのです。

逆を言えば、例え趣味などが全く合わなかったとしても食の部分がぴったり合えば意外と幸せな生活を過ごす事が出来る場合も多々あります。

笑いのツボが同じ相手

食の好みと同じように一緒に暮らす為には譲る事の出来ないポイントがあります。

若いころは、見た目など簡単な容姿が気になった事でしょう。

ですがそれも年月を重ねればどうでも良いものになっていく事でしょう。

昔どんなに美男・美女だったとしても50年も過ぎてしまえば過去の栄光と化してしまうのです。

そんな根拠のないものにこだわるよりももっと大切な事があります。

それは、笑いのツボです。

一緒に居る空間が楽しいと感じる事が出来るかどうか。

それこそが大切な部分なのです。

笑いのツボが同じという事は、人生の中で楽しいと感じる瞬間が同じだという事です。

それは生活していくうえでとても大切な事でしょう。

物事に対する価値観が違う二人は段々とその溝が大きくなってしまうからです。

例え見た目が全くタイプではなかったとしても、一緒に居る時に楽しいと感じる瞬間が沢山ある相手とはきっと心が通じやすいのでしょう。

人間最終的に大事なのは、一緒に居て楽しいかどうかです。

常にドキドキする相手は、恋愛対象としては良いでしょうが結婚相手としてはおすすめする事はできません。

一緒に居て落ち着く。

楽しいと感じる事が出来る。

それが大切なのです。

お互いが結婚したいと思ったタイミングで出会った相手

結婚は人生の中でも特に大きいポイントの一つです。

だからこそ、それを決断するには人それぞれタイミングがある事でしょう。

例えどんなに互いの事を思っている二人だったとしてもそのタイミングが合わなければ結婚まで進む事はできないかもしれません。

昔ほどではありませんが、結婚・出産などする場合女性の方が生活に変化が出やすい傾向があります。

仕事を辞めなければならなくなったり、自分の時間をすべて削って家事や育児をしなければならなくなってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、結婚に対するハードルが上がっている人は多々います。

いつかは結婚したい。

でも今では無い。

もっと仕事がしたい。

スキルを積みたい。

そう思う女性は多いはずです。

女性が男性と対等に働くにはそれだけの強い気もちが必要なのかもしれません。

だからこそ、結婚したいと思うタイミングとその相手がいるタイミングが必ずしも重なるとは限らないのです。

自分が結婚したいと思っているときに、結婚したいと思う事が出来る相手と出会う事が出来た。

もしかしたら、今の時代もうそれだけで運命の相手なのかもしれません。

どこか家族と似ている部分が多い相手

自分の家族に似ている部分がある人は、それだけで親近感を抱きやすくなる事でしょう。

だからこそ、そんな相手に対して運命を感じる事は少なくありません。

家族の仲が良ければよいほど、似た雰囲気の人を探してしまう傾向にあるのかもしれません。

今まで付き合ってきた人と何かが違う相手

今ままで付き合った人という事は、結局うまくいかなかったという事につながります。

うまくいかなかったからこそ、次の相手と出会う事になったのです。

という事は、今まで付き合ってきたタイプの人はダメだという事が分かるでしょう。

それを考えれば、むしろ逆のパターンの人と出会う事に意味があるのです。

タイプの人と、うまくいく人は違います。

自分がどんなに好きな相手だったとしてもその人とうまくいくかどうかは全くの別問題なのですから。

自分に合う人を見つける事が出来なければ結局結婚までつなげる事はできないはずです。

今までの経験を無駄にしないようにする為にも、今までとまたく違った人と出会った時こそチャンスだと考えてみてはいかがでしょうか。

お互いの欠点を許し合える相手

互いにいいところだけに惹かれて交際を始めても、そこから長続きをするかどうかは全くの別の話です。

どんな人でも、他人の長所に対しては暖かい目で見る事が出来るはずです。

問題なのは、短所の部分をきちんと受け止める事が出来るかという点です。

欠点を知った時、その人の事を嫌いになるかそれも含めて好きになる事が出来るかどうかは大きなポイントです。

悪いところこそ受け入れる事が出来るかどうかによって、その後結婚までつなげる事が出来るかどうかが変わってくるのでしょう。

恋をする際は、つい相手のいいところばかりが目に入ってしまいます。

悪いところは見ないようにしてしまう事も多々ある事でしょう。

しかしいつまでも見ないふりを続ける事はできません。

後からやっぱりこんなはずではなかったと思う事が無いように、あえてマイナスな部分を知る事も大切です。

将来持ちたい家族像が似ている相手

結婚は将来にかかわる大事なポイントです。

様々な家族がいる中で、そのビジョンが似ている相手とはより理想に近い未来に近づく事が出来る事でしょう。

イメージする家族の形が違っていると、それだけで擦れ違いの原因となる場合がありますので注意が必要です。

出会っていきなり家族のイメージを聞くと、引いてしまう男性も多々いる事でしょう。

だからこそ、会話の中からそのイメージを掴むようにする事も必要となるでしょう。

相手の見た目やうわべだけの言葉に惑わされることなく本質的な大切な事を意識するようにしてください。

運命の人と出会う前兆ってあるの?

人はいつ運命の人に出会う事が出来るのでしょうか。

それを知る事が出来れば、苦労はありません。

皆運命の相手を待って、努力などしなくなる事でしょう。

知る事が出来ないからこそ、運命の相手は貴重なのでしょう。

とはいえ、それでも何か前兆くらいはないのかと思ってしまうのが人間の欲張りなところでしょう。

絶対に運命の相手を逃したくないからこそ、その前兆をしっかりとキャッチしたいと思うのかもしれません。

恋愛に執着しなくなる

何に対しても、執着しすぎていると結果は伴わないものです。

それは恋愛に関しても同じです。

余りにも必死に結婚を目指して婚活していると、周りの異性が逃げていく事が多々あります。

必至過ぎる姿はまさに痛々しく見えてしまうだけではなく殺気すら感じてしまうのでしょう。

だからこそ、方の力が抜けているくらいが丁度良いのです。

女性の場合には、結婚ブームが人生の中で何度かやってきます。

周りの結婚が次々に決まる損時期は、どうしても内心焦ってしまったり婚活に力が入りすぎてしまうので危険です。

けれど、その時期が過ぎるとどうでも良くなる時期がやってきます。

一人でも楽し時間を過ごす事が出来る。

気ままな日々が好き。

そんな風に思う事が出来るようになってくるのです。

そう思う事が出来る時期こそが、意外と運命の相手に出会う事が出来る時期となるのです。

必死になっていないからこそ、あなた自身の素の素敵な部分が相手に伝わりやすくなります。

その結果、無理をしない状態で運命の相手に出会う事が出来るようになる事も多々あります。

自分を取り繕ってであった相手は、結局長くは持ちません。

どうしてもぼろが出てしまうからです。

結婚は、生活です。

いつまでも自分を偽る事はできません。

だからこそ、自分の運命の相手となる人は意外と素の状態で出会った方が長続きするのかもしれません。

悲しいことが起こる

運命の相手に出会う為に、悲し事が起こるなら運命の相手など必要ないと思う事もあるでしょう。

ですが、悲しい事が起こるからこそ運命の相手が現れるのではなくその存在に気が付く事が出来るようになるという事が正しい言い方でしょう。

人は、充実した日々を生きていると以外と周りの事が見えなくなります。

自分の事でいっぱいになりいい事しか見なくなってしまうからです。

けれど、落ち込む事があると、どこかで冷静に物事を考えるようになります。

そのお蔭で一時の感情に流される事なく、物事の本質を見抜く事が出来るようになるのです。

楽しく明るい人のそばには多くの人が集まってきてくれる事でしょう。

ですが、落ち込み悲しんでいる人の傍にはなかなか人は集まりません。

そんな時にそばに居てくれる人こそ、本当に必要な人なのかもしれません。

人間の本質は、落ち込んでいるときに頃見えてくるものです。

自分にメリットが無いにも関わらず、傍に居てくれたり励ましてくれる人こそ運命の相手としてふさわしいのではないでしょか。

付き合っている人に興味がなくなる

運命の人と出会うとき、自分がフリーかどうかはわかりません。

もしかしたら交際している人がすでにいるかもしれません。

ですが、その交際している相手に対して興味が無くなった時は運命の人に出会うチャンスなのかもしれません。

興味が無くなる理由は多々あります。

ただ単純に気持ちが覚めてしまっただけの事もあるでしょう。

その時には、例え運命の相手に出会う事が出来ていなかったとしても冷める時は冷めてしまいます。

そのままフリーになる事もあるでしょう。

ですが、他の人に気持ちが移った時には運命の相手の可能性があります。

今までは特に何の問題もなかったのにも関わらず、急に相手に興味が無くなり気持ちが冷めてしまうという事はその出会った人によほどの魅力があったという事なのでしょう。

それだけ強い魅力を感じさせる事が出来る人は運命の相手だと思ってもいいのかもしれません。

新しい環境になったとき

新しい環境になるという事は、それだけ新しい出会いがあるという事です。

その際には、運命の人に出会う事が出来る可能性も高くなる事でしょう。

今まで同じ生活をしていてなかなかいい出会いが無かった人は、きっとその環境には運命の人が居なかったのです。

けれど、環境が変わればまた出会いも変わります結果的にいい人と出会う事が出来る可能性も高くなる事でしょう。

どんなに魅力的な人も、ずっと見ていればその魅力に慣れてしまいます。

そこから恋に発展させようと思ってもそう簡単に出来るものではありません。

けれど、自分の周りに変化をもたらす事が出来ればそれだけでも出会いのチャンスを作る事は可能でしょう。

どうしても運命の相手に出会う事が出来ないと悩んでいる方は、思いきって自分自身の環境に変化をもたらしてみてはいかがでしょうか。

その荒療治が結果的に良い効果をもたらしてくれる事もあるかもしれません。

人生は一度しかありません。

なかなか来ない出会いにモヤモヤとした日々を続けるのであれば、思い切って日々の空らしごと変えてしまう事も一つの方法では無いでしょうか。

必ずしもそれが運命の相手と出会う事が出来るとは限りません。

けれど、少なくとも大きなきっかけに一つにはなる事でしょう。

「この人と結婚するかも」の直感は当たるもの

昔は、顔も知らないような相手と結婚が決まることも珍しい事ではありませんでした。

だからこそ、結婚相手に夢を抱く事も無かったのでしょう。

自分の運命を受け入れ、その人とどう幸せに生きていくのかを考えようと努力したはずです。

けれど、今はそんな時代ではありません。

結婚前に交際する事は当たり前であり、その人数も人によってさまざまです。

多くの人と交際をする事が出来るようになったからこそ、比べる相手も多く出るようになりました。

その為、結婚相手に対する条件はどんどん上がっていきます。

学生の頃は見た目中心だった気気持ちも知らず知らずのうちに、より良い条件を求めていくようになっていく事でしょう。

結婚は生活です。

そこにシビアな条件が付く事も珍しい事ではないでしょう。

けれど、あまりに度が過ぎると結局自分はどんな相手と結婚したいのかわからなくなってしまう事でしょう。

そんな時、意外と役に立つのが直感です。

人間は、本能を抑え頭で考えて行動するようになった生き物です。

だからこそ、結婚相手に対しても様々な条件を付けてしまうのでしょう。

けれど、結局は他の動物たちと同じで本能は必ずあるはずです。

だからこそ、その本能が求める相手を選ぶ事が結果的に良い効果を表す事につながる場合もあります。

もし、異性に対して『この人と結婚するかも』と感じる事があればその直感を信じてみてはいかがでしょうか。

あなたにそう感じさせる何かをその人は持っているという事なのでしょう。

自分の本能を信じ、そのまま行動してみてください。

それが結果的にあなたを幸せに導いてくれるかもしれません。