CoCoSiA(ココシア)

将来イケメンになる子供・赤ちゃん・...(続き5)

逆に社交性の無い男性だと、仕事場でもプライベートでも、上手に人との関係を築くことができません。

社会に出ていけば、人と関わることなくして生きていくことができないので、いくら顔が良くてもイケメンとしての人生を送ることはできないでしょう。

ですから、男には社交性が必須。

イケメンも、社交性があってこそ、その顔が活かされると言っても過言ではありません。

頭がいい

かっこいいの条件その5は、頭がいいことです。

頭の良さは、そのまま将来性に繋がります。

その頭の良さで良い就職先を見つけることができるし、その頭脳でお金を稼ぐこともできます。

いくらイケメンでも、頭脳がなければ稼げません。

子供の頃はイケメンというだけでモテても、社会人になればあっという間にダサい男になってしまいます。

それに、いくら顔面イケメンでも、歳をとれば老けてしまうもの。

生涯変わらないのは頭の良さであり、女性はそんな男性をかっこいいと思うのです。

ですから、若いうちにイケメンとちやほやされ、それに甘んじて努力をしない人は、かっこいい男の子ではいられなくなるんです。

将来的にかっこいい男は、生涯使えるスキルを身につけている人です。

頼りになる

かっこいい男の条件その6は、頼りになることです。

頼りになる男性は、誰からも頼られる男の中の男!女性からモテるのは、そんな頼れる男です。

というのも、女性は男性に守られたい生き物だから。

頼りがいのないひ弱な男性では、自分がしっかりせざるを得ないので、頼りになる男性を探し求めるのです。

頼りになる男性なら、女性が安心して身を任せられるので、女性にもモテるんですよね。

そんな頼りになる男性は、一日にして成らずです。

モテようと頼りになる男を演出しても、もともとその素質がなければあっという間にボロがでます。

女性は、寄りかかれるとなれば全てを任せてしまうので、キャパがなければ支えることもできません。

演じようとしても演じられないのが頼れる男性で、だからこそ頼りになる男性は女性にとって貴重な存在なのです。

貴重だからこそかっこいい!

女性にそう思われるのが、頼りになる男性です。

レディーファーストができる

かっこいいの条件その7は、レディーファーストができることです。

日本では長らく亭主関白が当たり前でしたが、今はそんな時代じゃありません。

紳士的で、レディーファーストな男性が持てる時代です。

男性はプライドの塊のようなところがあり、レディーファーストよりも自分ファーストじゃなきゃ納得できない人が多いですよね。

でもそれは、本当は自分に余裕が無いということなんです。

自分に自信がなく、余裕が無いから自分ファーストになってしまうだけで、それってとてもカッコ悪い姿なんですよね。

本当にかっこいい男性は、自分に自信があるし余裕があるから、レディーファーストな振る舞いができるんです。

男は女性を酔わせてなんぼ!

レディーファーストをしながら女性の心を意のままに操れる人こそ、かっこいい男なのです。

努力家

かっこいいの条件その8は、努力家なことです。

いつの時代も、努力している男性には、輝きがあります。

それに、努力家な男性はコツコツと物事を続けられるので、将来的に大成する可能性も大きいんですよね。

そして女性は、そんな男性を応援するのが好きなんです。

スポーツ選手がモテるのも、まさにこの原理です。

夢や目標に向かってがんばっているから、応援したいと思わせて女性の心をガッチリ掴みます。

たとえ顔面偏差値はそれほど高くなくても、かっこよく見えるのが努力家タイプの男性なのです。

女性は現実主義なところもありますが、その分男性には夢を見ていて欲しいとも思うものです。

だからかっこいいの条件には、努力家なことも必須条件となるのです。

かっこいい男子を捕まえるにはどうしたらいい?


かっこいい男の子を捕まえたいと思う女性は多いですよね。

あまりに顔重視をアピールするのは何かと問題ですが、本音では誰だって、かっこいい男の子のほうがいいに決まっています。

そんなかっこいい男の子を捕まえるためには、女性はどう振舞えばいいのでしょうか?