CoCoSiA(ココシア)

埼玉県で評判の美術館・博物館6選!イベントやサービスについてもご紹介!


仕事や学校に追われる平日とは打って変わって、休日はゆったりとした時間を満喫することができますが、時間がありすぎて却って何をして良いか分からないという人も多いもの。

やりたいことや趣味も特にない場合は時間を持てあましてしまって結局寝て過ごしていたということになりかねません。

そこで今回は、そんな休日にぜひ訪れたい埼玉県のおすすめ美術館・博物館6選をご紹介していきます。

アートや歴史に触れることによって、充実した時間を過ごすことができるでしょう。

埼玉県でおすすめの美術館

埼玉県立近代美術館


(ホームページ画像の出典:埼玉県立近代美術館公式サイト)

埼玉県立近代美術館は北浦和公園内に位置しており、自然豊かな空間の中アートが楽しめるとして人気の美術館です。

埼玉県にゆかりがあるアーティストをはじめ、モネやシャガール、ピカソなど国内外でその名を轟かせる巨匠たちの作品も多数所蔵しているため、展覧会も非常に見ごたえのあるものとなっています。

アート作品を見て刺激をもらうと自身の感性も知らず知らずのうちにどんどん磨かれていくので、新しい発見を得るためにもぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

所在地:埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
電話番号:048-824-0111
開館時間:10:00〜17:30(最終入館17:00)
休館日:月曜日、年末年始、メンテナンス日
観覧料:MOMASコレクション 一般/200円、大学生・高校生/100円(企画展は展覧会ごとに料金が異なります)
ホームページ:https://pref.spec.ed.jp/momas/

原爆の図 丸木美術館


(ホームページ画像の出典:原爆の図 丸木美術館公式サイト)

原爆の図 丸木美術館では、生前画家として活動していた丸木位里・丸木俊夫妻が戦後に制作した「原爆の図」を中心に「アウシュビッツの図」「水俣の図」など様々な作品を展示しています。

館内に併設されている小高文庫では丸木夫妻の画集や資料を観たり、窓から覗く豊かな自然を楽しむことができます。

丸木夫妻が生き抜いた戦乱の時代の人々の生き様を作品を通して感じ、平和とは戦争とは何なのかを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

所在地:埼玉県東松山市下唐子1401
電話番号:0493-22-3266
開館時間:3月~11月/9:00~17:00、12月~2月/9:30~16:30
休館日:月曜日、年始年末
入館料:大人/900円、中高生または18歳未満/600円、小学生/400円(その他割引料金などについてはホームページをご確認ください。)
ホームページ:https://marukigallery.jp/

大宮盆栽美術館


(ホームページ画像の出典:大宮盆栽美術館公式サイト)

自然が持つパワーや和の雰囲気に癒されたいのであれば、大宮盆栽美術館はいかがでしょうか。

大宮盆栽美術館では盆栽の基本からその歴史や展示を見ることができ、盆栽庭園では約60点もの盆栽が見せる四季折々の表情を楽しめます。

スタッフやボランティアの方による盆栽の展示解説も用意されており、海外の人向けに英語でのガイドも行っているようなので、海外から知人や友人が遊びに来た際に一緒に利用すると大いに喜ばれることでしょう。

所在地:埼玉県さいたま市北区土呂町2-24-3
電話番号:048-780-2091
開館時間:3月~10月/9:00~16:30(最終入館16:00)、11月~2月/9:00~16:00(最終入館15:30)
休館日:木曜日、年末年始、臨時休館日
観覧料:一般/310円、高校生・大学生・65歳以上/150円、小学生・中学生/100円
ホームページ:https://www.bonsai-art-museum.jp/ja/

埼玉県でおすすめの博物館

入間市博物館


(ホームページ画像の出典:入間市博物館公式サイト)

入間市博物館は、通称「ALIT」と呼ばれています。

「ALIT」とは「Art・Archives」「Library」「Information」「Tea」の頭文字を組み合わせたもので、入間市博物館が人々に提供しているサービスや価値観を表します。

この愛称が示すように、入間市博物館では入間市の歴史・自然や狭山茶及び世界各国のお茶についての展示を中心に行なっており、入間市について深く知ることができます。

入間市が持つその歴史や文化に魅了されるでしょう。

所在地:埼玉県入間市二本木100
電話番号:04-2934-7711
開館時間:9:00~17:00まで(最終入館16:30)
休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始、館内整理日
観覧料:大人/200円、高校生・大学生/100円、小学生・中学生/50円
ホームページ:https://www.alit.city.iruma.saitama.jp/

埼玉県立自然の博物館


(ホームページ画像の出典:埼玉県立自然の博物館公式サイト)

埼玉県立自然の博物館は、「自然と人との共生を創出する」ことを掲げ1981年に開館しました。

常設展示では2500万年前~400万年前に存在したという巨大ザメ カルカロドン メガロドンの復元模型や、約1700万年前~1500万年前に秩父にあったとされる古秩父湾に存在した海獣パレオパラドキシアの化石を展示。

埼玉の植物や実際に触れることができる動物の剥製コーナーなども人気で、埼玉県の動植物が辿ってきた軌跡を五感で感じ取ることができます。

子どもはもちろん大人も楽しめる興味深い展示・イベントが盛りだくさんなので、休日を利用してぜひ足を運んでみてくださいね。

所在地:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
電話番号:0494-66-0404(代表)、0494-66-0407(学芸)
開館時間:9:00~16:30(最終入館16:00)、7月~8月に限り9:00~17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜日、12月29日~1月3日、臨時休館日
観覧料:一般/200円、高校生・大学生/100円、中学生以下/無料
ホームページ:https://shizen.spec.ed.jp/

埼玉県立川の博物館


(ホームページ画像の出典:埼玉県立川の博物館公式サイト)

埼玉県立川の博物館は「埼玉の母なる川-荒川-を中心とする河川や水と人々のくらしとのかかわり」を人々に知ってもらうことを目的として掲げており、埼玉県・東京都を流れる荒川を中心に河川・水に関する展示を中心に行っています。

常設展示では川と水の科学や水の性質についての展示、鉄砲堰の放水実演などを開催。ヤマメ・イワナなどを飼育している大水槽や日本で二番目の大きさを誇る大水車なども楽しむことができます。

河川のゴミ問題などが深刻になっている現代。古くから我々の生活と切っても切り離せない存在の河川や水についての理解を深めるため、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

所在地:埼玉県大里郡寄居町小園39
電話番号:048-581-7333
開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30)、夏休み期間 平日/9:00~17:00、土日祝日・8月11日~8月15日/9:00~18:00
休館日:月曜日、年末年始、臨時休館日
観覧料:一般/410円、学生/200円、中学生以下/無料
ホームページ:https://www.river-museum.jp/