やっとデートの約束にこぎつけた!テンションマックス!・・・でもそのテンションのままで彼女に向き合ったらダメ、ダメ。

失敗するかも。

何事も計画性をもって、慎重にいきましょう。

そのためのマニュアルがありますよ!

彼女との付き合う前デートは気を付けて!

まず、デートへの構え。

日頃の関係性にもよるので、2パターン紹介しましょう。

職場や学校などですでに友だち、仲間の場合は相手のことをある程度知っていますよね。

今までグループで付き合ったりはしているでしょうから「今度、デートしない?」などの直球も案外大丈夫だったりします。

つまりいつもと違って二人行動しようよ、って誘いですから、相手に好感があるのを隠す必要はないんです。

OKもらえれば彼女の気持ちも一緒。

デートという言葉が新鮮でかつ自然に使えます。

一方、まだ親しくない関係の場合。

お互いに相手をよく知らないのですからいきなり「デートしよう」という言葉はかなり警戒されますし、自分にとっても危険です。

それより「今度、映画〇〇観にいくんだけど、一人じゃつまらないし、一緒に観ない?」とか「あそこのパスタ、評判いいみたい。行ったことある?」など「デート」感をあまり出さない方がいいです。

もちろん嫌な人と約束はしませんが、とにかく彼女のテンションが自分と同じとは限らないことを知っておくべきです。

付き合う前デートの目的は?


「彼氏いるの?いないなら付き合ってよ」直球セリフは「焦り」を感じさせます。

「タイプの男性は?」これはまだOK。

でもそんな話題になったのならともかく、血液型を聞かれるのとは違う圧力を感じさせます。

女性側からすれば、自分に興味を持ってくれていることはデートに誘われた時点でわかっています。

かといって一気に攻められると後ずさりしてしまうのです。

いきなり深刻な関係じゃないからこそデートを快諾したのかもしれませんよ。

だから、このデートは恋人色はNGです。

あくまで行きたい場所、食べたいもの、見たいものに軽く付き合ってもらいたい、でも他の人ではピンとこないだ、くらいの雰囲気がいいかもしれません。

二人の関係を深める

とはいうものの、好感を持っているからデートするわけです。

一日(または数時間)一緒に過ごす以上は「自己アピール」を忘れてはいけません。

媒体が映画であれ、景色であれ、美味しい食事であれ、それに関する感想を必ず口にし、自分の思考と嗜好を知ってもらいましょう。

同時に相手の情報も聞き出す機会です。

そのためにも自分のことばかり話さず、相手の話も聞きましょう。

「ボクは〇〇だけど、君は?」というように相手に関心があることもさりげなく伝えましょう。

ここで気をつけるのは質問ばかりにならないこと。

相手の返答に対する自分の感想を言ったり、話を広げることも大事です。

関係が深まるのはあくまでも自然なこと。

焦らずに!

余談ですが、「シンクロ作戦」も効果的だと言われているのを知っていますか?

例えばカフェで、向かい合っているとき。

彼女が飲み物に手をつけると同じタイミングで自分も飲み物に手をつけたり。

右手でナプキンを触ったら、自分も触るなど、彼女の動きにさりげなく合わせるのです。

そう、鏡のように。

でもあくまでさりげなく!これは心理的に距離を縮める効果があります。

一度試してみては?

また、恋人としてやっていけるかを確認する

お互いに自分のいいところを見せようとするのは当然。

でも恋人になるには相手の嫌な部分や自分と合わない部分をどれだけ受け止められるかが大事。

でも付き合う前のデートではなかなか探れない部分でもあります。

そこでアドバイス。

それは第三者、それも二人が共通に知っている人(いなければ芸能人でも可)の話題を出してみましょう。

相手の考え方や物の見方を知ることができ、その意見が自分と一致するかどうかを確認します。

自分ごとでは猫をかぶれても他人事では本音が出たり、正直な自分が露呈することもあります。

もし意見が自分と合わなければ、その意見を認められるかどうか・・・を自分に問いかけましょう。
(ただ恋人としてやっていけるかは安直に答えを出してはいけませんよ。)

“まだ”恋人じゃないんです

相手もあなたを吟味してることを忘れてはいけません。

あなたは恋人候補に過ぎません。

だからあまりなれなれしくするのはダメです。

また、「君のことを分かっている感」も出してはいけません。

「付き合う」とか「恋人」というワードも出さない方がいいでしょう。

今回のデートは次につなげるためのものであることを意識しましょう。

その気になれば相手は簡単に逃げられる

恋人候補ということはまだ友人、知り合いの域から出ていないわけですから、彼女はいつでもあなたから離れることができます。

でもその安心はあえて与えておくべきです。

彼女も少なからず緊張しているでしょうから、「深刻な関係ではない」という雰囲気作りを心掛けましょう。

 「彼氏いるの?」「好きな人いるの?」は聞きたいでしょうが、がっつき感が出るので様子を見てからがいいでしょうね。

付き合う前デートで失恋した方の体験談

<体験談1>

A君は職場の新人の彼女をデートに誘うことに成功。

おしゃれな彼女に釣り合うように新しい服を用意。

おしゃれなカフェを予約しました。

(以下:彼女S)

A「その服似合ってるね」
S「そう? Aくんもいつもと違う感じ」
(A 彼女、嬉しそう。よし、向き合ったタイミングで褒めて成功。)
A「ここのパスタ最高なんだ」
S「よく来るの?」
A「ま、月1くらいかな」
(Aあまり気取らないようにしよう)
A「好きなもの食べて。」
S「ありがとう」(A 下調べで一番高いものでも大丈夫なように財布にお金を入れてきた)
A「休みの日は何してるの?」
食事中もマニュアル通りに自分の話だけではなく、彼女の話を聞くことも忘れず。
S「最近はサイクリングにはまってるの」
(A:おっと、意外にアウトドアなんだ)
A「いいねえ、サイクリング」
S「Aくんもするの?」
A「いや、遠い昔にはしたけどね。おススメのコースある?」
(Aインドアなボク。ここは正直に。さらに彼女の話を広げよう)

そのあとも楽しい雰囲気を維持して、いい感じ。食事のマナーもしっかり勉強してきた。何しろ彼女はモテるし、デートは慣れていそうだから。

きっと男を見る目もある。

そして彼女のリクエストでカラオケに行くことに。

カラオケも多いに盛り上がりました。

(A:これならきっと彼女の受けもよく、付き合えそう。おお、十八番の「女々しくて」が入った!ここは踊ってお茶目なところをみせなきゃ)

ところが調子に乗り、カラオケ部屋のソファに乗りあがったとき、靴下が露呈!汚い靴下から悪臭が・・・。

彼女の顔が露骨に険しくなりそのあとはノリが悪くなりました。

S「あ、もう1時間ね」

A「延長は・・・」彼女はカバンを肩にかけました。

女の子は不潔が大嫌い。

おしゃれは見えないところまで必要ですね。

 

<体験談2>

B君は合コンで知り合ったOLの彼女(T)とデートの約束をとりつけました。

彼女はドライブが好きらしいので、事前にコースを確認し当日に臨みました。

B「そろそろお昼だね。次のドライブインの名物、〇〇丼でも食べよう」
T「わー、うれしい!」
B(よし! 合コンでここの話が出たとき、彼女が興味持ってたのを覚えててよかった)
T「ねえ、全国人気ドライブインランチって知ってる?」
B(この馴れ馴れしさがいいんだよな。初めてのデートらしくなくて)
B「ああ、知ってるよ。確か1位は・・・」

話は盛り上がり、いよいよお目当てのドライブインへ入る車。

運転も安全運転を心掛けたBくん。危険運転は彼女を大事にしていない証拠。そう思っていつも以上に慎重に運転した。

名物どんぶりはさすがに長蛇の列。でも二人の会話は弾み、退屈ではない。

席を決めて、向き合う二人。目の前には念願の名物どんぶり。

やっとありつけた!

B「いっただきまーす」。

割りばしをいつもの癖で二本交差させシャカシャカ。ちょっと驚くTさん。

T「いただきます」

口いっぱい頬張るBくん。ご飯粒が飛び散ってる。

T「ふふ、お腹空いてたのね」
B「うまい! どう?」
T「う、うん。おいしい」クチャクチャ。クチャクチャ。
B「さすが名物だね!」

急に口数が減るTさん。

食後のコーヒータイムもなんとなく浮かない表情。

あれ?という戸惑いを見せるBくん。

B(なんか悪いこと言ったかな?)

Bくんの計画では夜景の見えるところへ行き、ディナーを食べて帰る。

しかし彼女はディナーまでに帰らなければと言い出しました。

Bくんは気づいていません。TさんはもうBくんの食事姿を見たくなかったのです。

癖って怖い。すぐにボロがでますね。

付き合う前デートのNG行動!

背伸びしたり、カッコつけたりはある程度は仕方ない。

君に気に入ってほしい!って気持ちを見せることも必要ですからね。

ただこれだけはNG!という行動を押さえておきましょう。

ホテルに誘う!


最大級にNG。

目的がこれに集約されてしまいます。

本気で付き合いたいなら相手を大切にする気持ちを見せないとダメ。

目の前の欲望が打ち勝つ男に女性は魅力を感じません。

キスする!

そういう雰囲気になった場合でも慎重さが必要。

アメリカンスタイルの挨拶だと言う人もいますが、下心100%なのは見抜かれています。

大事なのは、キスを彼女が望んでいるとは限らないと知っておくことです。

Hの手前だからキスくらいいいだろうと考える人へ。

女性は特別な感情なしにキスなんて出来ないものなんです!

怒る

怒るなんてもってのほか。

お前はガキか!となりますよ。

器の小さい男を好む女性はいません。

彼女に対して怒るのはもちろんダメですが、第三者に対しても同じ。

よく店員さんに怒る人もいますね。

彼女をかばって怒ったとしても悪印象です。

それから運転も注意。

よく運転したら人が変わるといいますが、確かに運転の粗さに気性がうかがえることがあります。

小声で「前の車、うっとうしいな」とか、舌打ちとか・・「この人、切れやすい」と思われたら絶対に次のデートはありません。

優柔不断な態度を見せる

なにかにつけて選択を彼女に委ねるのもNG。

「どっちがいい?」「どこ行きたい?」「何食べようか?」は度が過ぎると、レディーファースト精神にはなりません。

「優しい」と「優柔不断」の境目は微妙です。

また迷いや戸惑いを頻繁に口にすると「頼りない」と思われます。

食事にお金を払わない

男性がお金を払うべき!とは言わないですが、はなから「割り勘」を主張するのはただセコイとしか映りません。

付き合いが深くなれば「今日、あまりお金無いんだよね」も有りでしょう。

しかし初デートは多少の無理も必要。

一旦ケチというレッテルが貼られれば、なかなか払拭できません。

まずは「ここはボクが出すよ」と言いましょう。

家族の話ばかりする

自分のことを知ってもらう目的で家族構成や生い立ちの話をするのはいいのですが、そればかりだと交際の狭い男に映ってしまいます。

家庭内の悩みや自慢には適当な相槌しか打てず困らせてしまうこともあります。

逆に相手の家族のことを根掘り葉掘り聞くのも避けましょう。

他人の悪口を言う

誰かの批判も気を付けないといけません。

彼女が同意するとは限らないし、そもそも悪口や陰口が嫌いかもしれません。

この人、そのうち私の悪口も言いそう、と思われます。

付き合う前デートでの理想的な行動

緊張の中にも相手に「好意」を持っていて、デートを楽しんでいる様子を見せること。

笑顔や笑い声を意識しましょう。

彼女が心地よく過ごせるような気遣いも必要です。

そうすれば彼女も自然と笑顔になります。

付き合う前ですから、好意に裏打ちされた行為を彼女に感じさせることが大事です。

「あなたに合わせたデートコースですが、それをボクも楽しんでいます」というスタンスをとりましょう。

あくまでも「友達同士」で遊ぶことを考える

先に述べた「彼女に合わせたデート」もさりげなさが大事。

ふたりはまだ恋人ではないのですから「男女」を意識した言葉は使わない方がいいでしょう。

「友達であること」をあえて強調する必要もありませんが、まずは単純に仲良くなることを考えましょう。

ひとりよりふたりならより楽しいと思える遊びを選択しましょう。

(実話シーン1)スタスタ前を歩く彼。

おしゃれなカフェを通り過ぎ、2軒隣のゲームセンターへ。

彼女(え!ゲームセンター?)
彼「ちょっと寄ろうよ。やりたいゲームがあるんだ」
彼女「う、うん。いいよ。よく来るの?」
彼「いや久しぶり。昔はよく男同士でね。」
 少し、うろうろした後、彼はお目当ての「太鼓の達人」を見つけた。

彼「これこれ。一緒にやってくれない?」
彼女(懐かしい!でもできるかな?それに周りは中学生と子供ばっか。)
 有無を言わさず彼はコインを投入。

彼「どの曲がいい?」
彼女「最近じゃない曲」
彼「よし、じゅあこれだ」
 ♪君がいた夏は遠い夢の中〜♪
彼女(定番ね!)

夢中で太鼓を叩く二人。気がつけば周りは人だかり。

彼女(う、うまい!)共鳴する二人。

曲が終わったとき、うっすら額の汗をぬぐう彼女。

彼「なかなかやるじゃん」余韻を楽しむ間もなくゲームセンターを出る彼。

彼女(純粋に楽しかった。このノリだとバッティングセンターもいいかも。女子一人じゃ行きにくいし)

料金はおごり、でも彼女がいえばワリカンで

財布には奢れる金額は入れておきましょう。

ただもし彼女が割り勘を言い出したら一回は拒否、それでも彼女が主張したら「じゃあ、次回は奢るよ」くらいにしておきましょう。

あまり頑なに奢ることにこだわると逆効果です。

(実話シーン2)一人2500円(税別)のランチセットを平らげた二人。

彼「さ、行こうか。映画の時間まであと30分だし」
彼女「ええ。トイレ行ってきます」トイレで化粧直しをする彼女。

鏡の自分に微笑みかける。笑顔の練習。カフェ入り口に立っている彼。

彼女「お待たせ。え?お金は?」
彼「もう済ませたよ」
彼女(申し訳ないわ。映画の前売りチケット代も受け取らなかったのに)
彼女「自分の分は払います」
彼「いいよ。誘ったのはボクだから」
彼女「でも映画代も出してもらってるし、払います。」
彼「じゃあ、ポップコーンとコーヒーを奢ってよ」
絶妙な笑顔で言う彼。つられて笑顔になる彼女。
彼女(笑顔の練習なんていらなかったな)
 

繁華街などは歩いたりしない

彼女のショッピングに付き合うならともかく、あえて人の多いところは避けるべきです。

どうしても目移りし、彼女に集中しにくくなります。

それに「対話が減る」といったことも考えられます。

対話なく横並びで歩いたりすると、独りで行動しているのと変わりません。

「相手を知る」意味でも時間は貴重です。

彼女と向き合って話す時間をたくさん作りましょう。

対話が苦手でも大丈夫。

苦手であることをオープンにすればかえって好印象です

負の感情は一切見せない

普段ネガティブな人もデートは意識してポジティブになりましょう。

好きな彼女と一緒にいること自体ラッキーなわけですからね。

自分には[杉村永章1] 「いい風」が吹いていると考えましょう。

発言もポジティブワードを使いましょう。

「君と一緒にいると〇〇シリーズ」で使うワードは
①落ち着く②楽しい③あっという間に時間が過ぎる④嫌なことを忘れられる⑤だんだん好きになる(ややストレートすぎますが)

またちょっとした表情にも気持ちは表れますから、努めて笑顔で過ごしたいですね。

(実話シリーズ3)突然の雨に街行く人たちも小走りになっている。

日傘と兼用の折り畳み傘を出す彼女。

駅の方から傘をささずに走ってくる彼。

彼「ごめん。待ちました?」
彼女「ううん。ちょっと早く着いてしまって」

少しためらうも傘を差し出す彼女。

照れくさそうに彼女の傘の中に入る彼。

彼女「天気予報もあてにならないですね」
彼「だね。でも雨に感謝」
彼女(え?どういうこと?もしかして相合傘?)
彼「デートメニューを変えます」
彼女「映画とか」
彼「いいですね!観たい映画あります?」
彼女「〇〇は観ましたか?」
彼「観ましたよ」
彼女「そう、残念」
彼「(笑って)見たい映画が一致するのは嬉しいですね」
彼女「他に・・・」
彼「〇〇にしましょう。もう一度見たいくらい気に入ってるんでOK」

映画を観た後、カフェへ入る二人。店は混んでいてウエイティングあり。

映画の感想を言いながら順番を待つ二人。やがて席に着くもなかなか料理は来ない。

三杯目の水をセルフで入れに行く彼。イライラしない彼を不思議に思う彼女。

彼女「料理遅いですね」
彼「混んでるから早く出ないといけない。だから料理がくるまでゆっくりしゃべれるからラッキーですよ」

やがて仕事の話をする二人。自分の力量や給料の話まで話題になる。

彼「とにかく部長に怒られてばっかりです。ま、期待されてると考えて流してますけど(笑)」
彼女(この人、マイナスをプラスにできる人ね。自分の欠点を話してみよう。きっとプラスワードにしてくれる)

最後は駅まで見送ろう

次につなげるには「別れ方」、「去り際」が大切。

「今日はありがとう」という言葉は必ず言いましょう。

ここでがっつき過ぎないこと。

「次いつ会える?」もちょっと飲み込んで「また連絡していい?」くらいにしましょう。

デート中に共通の趣味や興味が見つかった場合は具体的に「今度〇〇行こうよ」のような軽い感じで別れる方が無難。

彼女の反応を見ながら言葉を選ぶ必要があります。

そして自分から背中を向けるより、彼女の背中を見送る方が好感度は上がります。

(実話シリーズ4)駅の改札口前。

彼「今日は楽しかった。ありがとう」
彼女「私も。ありがとうございました」

時計を確認する彼。つられて時計を見る彼女。

彼「予定より遅くなってごめん」
彼女「ううん。大丈夫です」
彼「時間経つのが早かったよ」
彼女「本当に」
彼「アドレス教えてもらったのでまたメールするね」
彼女「ええ、待ってます」
彼「じゃあ、気を付けて」
彼女「さよなら」

途中二度振り返る彼女。ずっと手を振る彼。

階段に消える直前に三度目の振り返りを躊躇う彼女。

背中に彼の視線を感じたまま階段を上がる。

彼女(きっとまた会えるわね。いや、会いたい!)

付き合う前デートにおすすめなスポットは?


どこへ行くかは大切です。

センスも問われます。

どうしても思いつかない場合はオーソドックスな場所でもいいです。

行った先の出来事よりも二人で同じ時間を過ごすことそのものに意味があるわけですから。

ここでは代表的なデートスポットを挙げてみましょう。

映画館

デートの定番。

見たい映画が一致するだけで親近感が沸きます。

いきなり話し込む必要もなく、二人の距離がいい感じでスタートします。

大事なのは見終わったあとに映画の感想を言い合うこと。

その中で互いの感性を知ることができます。

対話が苦手でデート中に何を話していいかわからない場合も、今観た映画の話ならスムーズにいくはずです。

それに、二人がうまくいって長い付き合いになったとき、初めて一緒に観た映画が偶然テレビなんかでやっていたら、それだけで昔の二人に戻れたりします。

ついでに言うと、鑑賞マナーには気をつけましょう。

他人の迷惑になる行為はNG。

まして暗闇に乗じて彼女にタッチなどは厳禁です。

ライブ

同じ音楽を肌で感じることで、一体感を持つことができます。

しっとりライブもよし、ノリノリライブもよし。

カラオケは密室なのでやや警戒されますが、ライブなら安心することができます。

ただし彼女の好みの音楽であることが前提です。

ボウリング場

レジャーといえばボーリング。

苦手でガーターばかりな女の子も可愛く見えます。

彼女の方が上手な場合には「教えてくれる?」というプライドを捨てた発言も格好悪くありませんよ。

またハイタッチなどの軽いスキンシップも自然にできます。

何よりリーズナブル!

水族館や美術館

動物園よりは初デート向きなのが水族館。

一つは屋内で鑑賞できる点。

もう一つは匂いがそれほどきつくない点が挙げられます。

(これも好みの問題でしょうが)また水を見ていると心が和むので二人の空気感が良くなります。

アシカショーやイルカショーがあれば必ず見ましょう。

水しぶきで一緒に濡れるのも一興。

美術館もオススメ。

これも彼女の興味があればの話ですが、独特の静けさが二人を冷静にしてくれます。

小声で話すので距離が縮まるという地味なメリットもあります。

山へのピクニック


登山の最大の魅力は自然との一体感。

山頂の景色を見るという共通の目標をもつことができます。

ゴールに向かって一緒に汗を流す行動は、暗黙の連帯意識を持たせ、それが親近感へと変わります。

もし彼女がお弁当でも作ってきたら、素直に喜びましょう。

美味しいと褒めることを忘れずに。

カフェ巡り

最近は雑誌で多く特集しているので、美味しい、おしゃれ、リーズナブルなカフェを見つけるのは簡単になりました。

まず本屋へ行って二人で立ち読みもいいですね。

そこで行きたいカフェを決めてから一緒に向かう。

行き先を考える共同作業が二人を近づけます。

ランチとティータイムの二か所を押さえるのもいいでしょう。

きっと候補が複数になるので、次回行ってみようと次のデートプランも立てられます。

寺社仏閣巡り

最近はデジカメ、中には一眼レフを持った若い女子がお寺や神社の境内を歩いているのを見かけます。

一見、地味に思える場所ですが、心が落ち着き、四季折々の景色をゆったり眺めることが好きな女子も増えています。

告白のタイミングは?

好きな女性とデート。

千載一遇のチャンスです。

しかし焦ってはいけません。

何度も言うようにこのデートは「次につなげるためのデート」なのです。

告白はするものじゃありません

彼女が「この人、いいかも」とか「またデートしたい」と思ったとしたら、それは今日のデートのあなたが素敵だったということ。

でもちょっと考えて。

今日のあなたは素のあなたでしたか?無理をしていない、等身大のあなたでしたか?今日のあなたをこれからも維持できますか? 

もうちょっと自分を知ってもらってからでいいのでは? それとも好きだと言えば得をすることがある?慌てる理由は何? 

彼女が告白されることを望んでいるという確信がない限り、告白は一か八かの賭けをすることになります。

「好き」とか「恋人として付き合って」と言われた瞬間、今日のデートがすべて告白までの演出だと思われるかもしれません。

もちろん言葉は大事だし、告白の想い出もいいものです。

ただゆるい構えで始めたデートの最後に重いセリフは避けた方がいいでしょう。

互いが望めば、自然とそういう仲になる

慌てなくても付き合いを重ねるうちに無二のパートナーになるものです。

だって好きでなきゃ何度もデートしないでしょう。

改めて「好きかどうか」なんて考えなくてもいいんです。

最初は合わないと感じた部分を気にしなくなっているものです。

その後のことも、二人が望むままに進む

ポジティブシンキングって大事です。

自分が望むことをイメージしましょう。

二人が同じゴールをイメージすれば、きっと望むような事態がすり寄ってきます。

成り行きに任せましょう

急な展開や強引な引き寄せによる仲は長続きしません。

自然が一番。

気が付けば恋人、が理想ですね

付き合う前デートから、恋ははじまってる!

本当に好きな相手ならば関係は丁寧に築いていかないといけません。

好きだという気持ちを全く感じさせないのもアウト。

押しつけもアウト。

デートに誘った時点、OKした時点でまずは第一関門は突破しています。

間違いなく「恋」は始まっています。

それは彼女も同じ。

他人が入れない領域に足を踏み入れているわけです。

落ち着いて行動すべしです。

「あ、彼女喜んでる」「あ、拒否してる」「あ、心配してる」などなど相手の様子から、

予定を変更したり、言葉をえらんだり、デート中に相手はもちろん、自分を客観的に見詰める余裕も必要です。

まとめましょう

●デートに承諾した以上、互いに好感をもっているわけですから「焦り」は禁物。徐々に距離を縮めることを考えましょう。

●自己アピールばかりでなはく、彼女の話も聞きましょう。相槌がうまいと好感度はアップします。

●「好き」という思いはとりあえず秘めたまま、かつ相手に興味がある素振りは見せましょう。

【付き合う前のデートについては、こちらの記事もチェック!】