皆さんは初デートの日のことを覚えていますか?

前の晩から緊張しっぱなしでほとんど眠ることもできなくて色々とあれこれ考えてしまったりしてしまいますよね

着ていく服も何度も変えてみたり髪型を決めるだけで2時間も考えたりと色々とやることが多すぎます。

最終的には普段の感じで落ち着いたりして「あんなに考えた結果がコレ?」などとちょっと自己嫌悪になったりと、とにかく気持ちの変化が忙しいですよね。

デートが終わってから「やっぱりあの時はこうすればよかった・服は違うものにすればよかった」など反省点もたくさん残るわけですが、初デートでやっちゃ駄目なことってあまり考えませんよね?

普段はあまり意識することはありませんが「してはいけない行動」というものがあるのです。

しかも、それは男女共に存在します。

「えっ?!そんなことを気にしたことない!」という人にも安心です。

初デートは何回でもやり直しのチャンスがあります。

これから恋人を作る人や誘いたい誰かがいたりする人も、これだけは覚えていてほしいものを選んでみました。

自分の人生を決めてしまうかもしれない大事なものですから、出来るならば成功で終わらせたいですよね。

学生であれば笑って許せるものであっても、成人を迎えたり社会人になってからの初デートでは意味が違ってきます。

もしかしたらその相手は将来の結婚相手になるかもしれませんし、好きで好きで仕方のない相手ならば絶対に失敗は許されません。

ですがやってはいけないことを知らなければ気がつかないうちに失敗をやらかしてしまうおそれもあります。

そうならないように事前に学習することは大事ですよね?

自分の運命を賭けた日でもある初デート、やってはいけない事とはどのようなものなのかを見ていきましょう!

初デートでやってはいけないこともあります!

初デートは男女共に緊張していますよね。

お互いが好意をもっているので多少の失敗は許されがちに感じてしまいますが、やってはいけないことがあるのです。

このあたりのことをわかっていないと好きな人に初日でフラれてしまうかもしれません。

それは避けたいですよね?せっかくデートの話しまで進んできたので一日だけで関係が終わってしまったらどうですか?

何もかも嫌になってしまったり何日も塞ぎこんだままになってしまうかもしれません。

初デートは何回しても緊張するものです。

ですから自分の服や髪形などを考えすぎて大事なことをわすれてしまうケースがとても多くなっています。

本当であればこのことを一番に考えなくてはいけなかったと後で悔やんでみても遅いですよね。

電話で「もう一度初デートのチャンスを下さい!」とは言えませんよね?

ですから知っておく必要があるのです。

「初デートでやってはいけない」というものをです。

初デートでやっちゃ駄目なNG事例集29選。男性も女性も注意!


始めに、やっちゃ駄目な行動やNG事例ですが自分では気づきにくいものがとても多いです。

やはり初デートは誰でも気持ちが落ち着かず、いつものような行動をとれない場合が多くなっています。

ですから色々な事例を参考にして準備を整えていくことが大切になってきます。

相手のことが好きなほどに私たちの行動というのは緊張しすぎで可笑しくなっていきます。

相手も同じ様な状態かもしれませんが見ている所は見ているものです。

ちょっとでも自分が大切にされていないと感じたならば次はのデートはないかもしれません。

そのような状態は絶対に避けたいところでもあります。

やってはいけないことは普段であれば見落とすことのないようなものばかりですが、初デートだからこそやってしまいがちなものになっています。

それでは男女共に注意してもらいたいNG事例、自分でもチェックしながら見ていきましょう!

第一印象に気を遣ってない

初デートですが大抵の場合は行く場所などが決まっていますよね。

遊園地や映画など色々と予想されるものがありますが、その場所に合わせた服装選びというものも大事になってきます。

まず考えたいことは第一印象です。

例えば最初のデートコースに選んだものが映画館だった場合、普段であればカジュアルな服を選びますが初デートということでドレス系など選んでしまった場合、ちょっと相手はドン引きするかもしれません。

映画にドレス?男性の場合ならスーツなどは最悪です。

ドレスやスーツもデートコースがそれなりの場所であれば良いと思いますが映画を観に行くのに場違いな格好で来られたらどうでしょう?

とりあえずさっさと映画を観たら帰ろうと思ってしまうかもしれませんよね。

初デートとは相手のことを知る最初の日でもあります。

普段親しく話していたとしても普段の生活まではわかりませんからデートの第一印象というのはとても大切になってきます。

こういったことは男女ともに出てきてしまうのできちんと場所に合わせた服装選びをしていきましょう。

自分でデートコースを想像しながら服を選んでみるとかなり印象の良い服をチョイスできますので、場違いな格好だけは避けるようにして下さい。

第一印象でもう一つ大切なことがあります。

服装もそうですが香りにも気をつけて下さい。

電車通勤などの方は香りや臭いに敏感になりますよね?

人の第一印象ですが臭いなどでも影響してきます。

香水を必要以上に使ってみたりすればかなりキツイ臭いになってしまいます。

そうなってしまうと香りではなく悪臭にもなりかねません。

女性の場合はこの香水などは特に気をつける必要が出てきますよね。

男性でも香水が苦手という人は沢山いますので、ほのかに臭う程度が一番良いと言えます。

大事な初デートで気合が入る気持ちはわかりますが臭いというのもかなり重要なポイントになってきますので注意が必要になります。

車内や部屋の掃除をしていない


初デートにドライブや部屋でのビデオ鑑賞を楽しむなど考えている場合、何よりも先にしなければいけないことは掃除です。

ドライブにいくのに車内が汚く、なにか異様な臭いがしていたらそれだけでデートは終了してしまう可能性が高いです。

外見的なものは雨などの影響も考えられるのでそれほど問題にはなりませんが、実際に乗る時間が多かったりすれば車内が掃除されていない状態では自分は平気でも相手には不快でしかありません。

また、自宅などでのデートを考えている場合も掃除は必ずして下さい!いつものようにちょっと片付ける掃除ではなく、誰がきてもキレイと思えるくらいにして頂きたいと思います。

当たり前のことのように感じますが案外忘れることが多いです。

当日になって気がつき相手に嫌われるパターンも少なくありません。

掃除をする必要があるデートであれば相手に不快な思いをさせないように徹底した掃除を心掛けることが大切です。

行く店を決めてない

初デートの場合は大抵は男性は女性を誘うことが多くなってきます。

その場合で大事になってくることが食事も注意が必要です。

待ち合わせの時間が午前中であればランチをメインに考えた店・お昼近くに待ち合わせの場合はディナーをメインにした店をあらかじめ決めておく必要が出てきます。

もちろん女性の好みなどもあるので当日にも聞いてみることが大事なことになりますが、気が動転しているときには店まで決める余裕がない時も出てきてしまいます。

そうなってしまうと相手に与える印象がかなり悪くなります。

初デートですから相手にしてもリードされたいはずですよね。

相手からの提案が多少苦手な料理などの場合だとしても一生懸命に選んでくれた気持ちをわかってくれるはずです。

ですが何も決めていないとなれば話は別ですよね?

誘っておいて店も決めてくれないの?という気分になってしまうかもしれません。

男性側としてはこういったことは絶対にNGとなりますので注意して下さい。

食事代を1円単位まで割り勘にする

食事のときに気をつけたいことがもう一つあります。

初デートの場合は男女とも気をつかって割り勘などにするパターンが多くなってきます。

その場合1円単位まで相手に求めることは絶対にやめて下さい。

ケチという問題ではなく率直に気分が悪くなってしまいます。

相手が半分出すといっても1000円だけをもらうなど色々とスムーズなやり方はありますよね。

それを細かく半分にしてしまうと印象的にも悪いですし、次のデートはないかもしれません。

細かいやり取りはつき合い始めてからでも遅くはありません。

初デートに限ってはあまり細かいお金のやり取りはしないようにして下さい。

現金を全く持っていない

現金を全く持っていないという事態は男女ともに注意が必要です。

今かある程度カードがあれば生活する上で困ることはありませんが、途中でどのようなことになるかはわかりません。

現金が必要になってしまうケースも想定した上で行動しましょう。

カードが使える場所が増えただけで、どこでも使えるというわけではありませんよね?もし自分が現金の持ち合わせが全くなければ相手が払うことになってしまいます。

恋人同士であればそれも許されるかもしれませんが、初デートで関係が終了することだってあり得ます。

現金は多少の額でもきちんと持っていくようにしましょう。

自慢話ばっかりしてくる

デートの時の会話で注意したいことは話の内容です。

初デートで自分を良く見せようと自慢話ばかりをする人がいますが、デートに限らず聞かされる相手はウンザリしてしまうのでやめるようにしましょう!

友人同士でもこういった事を永遠と話したがる人がいますが、これは同性が聞いていても不快に感じます。

初デートであれば自分のことをある程度話すことも必要ですが度を超した自慢は相手に嫌われます。

これが毎回続くとなれば相手も嫌になりますよね?ですから男女ともにこういった発言はNGとなりますので注意して下さい。

ネガティブ発言

デート中のネガティブな発言・暗い話題も避けましょう!

せっかくの楽しい時間をわざわざ暗い話題で過ごすことはないですよね?初デートのイメージはもっと満面の笑みで幸せのオーラに包まれているようでなければいけないと思います。

今にもお化けが出そうな淀んだ空気の中では全くデートを楽しむことは出来ません。

ネガティブの思考をその日は捨ててしまい、明るい話題つくりに集中して下さい!

他人の悪口

ネガティブな発言が出ましたので関連したことについても注意が必要です。

例えば共通の友人や知り合いがいる場合、その人たちの悪口は絶対に言っては駄目です。

他人の悪口は元々良いイメージはありませんが、初デートで話題にするものではありませんよね?お互いにその人への信頼関係もわかりませんし相手を傷つけてしまうかもしれません。

出来ればその後も人の悪口は自分の評価を下げてしまいますし、あまり良い結果は生み出しません。

そういった事を話すよりも将来の夢などプラス思考の会話を楽しめるようにしましょう。

自分の話しばかりで言うことを聞いてくれない

会話の中で自慢話もあげましたが、自分のことだけを話すこともやめてください。

せっかくの二人の時間を作ったのに相手の言うことも聞かずに永遠を自分のことを語っていくことは本当に相手を無視した行為です。

相手も色々と聞きたいこともあれば話す内容を考えていたかもしれませんよね?

そういった事を否定してしまうようなことになってしまい、相手にしてみれば全く楽しめない時間を過ごすことになってしまいます。

会話は二人が互いに話し合って始めて成立するものです。

お互いのことを聞きあったりちょっとした話題から相手の性格を知っていく手段でもあります。

自分を良く見せることは大事かもしれませんが初デートでこれをやってしまうと嫌われる可能性が非常に高いと言えます。

これらの会話に関する注意は本当に気をつける必要があるので、やってはいけないこととして覚えておいて下さいね。

いつまでも敬語、「さん」づけ

相手を呼ぶときに関するものですが初デートの最初は敬語などでも全く問題はありませんが、打ち解けてきたら名前を呼んでみたり自分から相手に寄り添うようにしましょう。

いつまでも敬語を使われたくない人もいます。

自分から呼ぶ勇気がない場合は相手に聞くことも必要です。

相手はどう呼ばれたいのかを確認する意味でも勇気を出して聞いてみましょう。

デートが終わることには名前などで呼び合っていればかなり気を許している状態でもあるので次のデートも誘いやすくなります。

ところがいつまでも「さん」づけなどの場合は少し堅苦しいイメージで相手も考えてしまうかもしれません。

楽しい時間だったと思わせるにはフランクな会話を楽しむ必要もでてきます。

気をつかいすぎて相手の良い所を潰してしまわないようにするためにも、呼び方は聞いてみたり自分から提案してみたりすることが大切なことになってきます。

いい人すぎて、押しが弱い

いい人すぎるということは悪いことではありませんが、相手の気持ちに全く踏み込んでいけない部分も出てきてしまいます。

相手からすればもっと強引さを求めているかもしれませんよね?

積極的すぎるのもそれはそれで問題ですが押しが弱すぎるというのも相手にとっては物足りなく感じてしまうことが多いです。

多少の強引さというものは特に男性には必要になってきますし、女性も自分をリードしてくれる頼りがいのある人とつき合いたいと思う人がほとんどです。

あまりに自分の感情を押しとどめてしまえば相手に嫌われてしまう原因にもなってきます。

ちょとの勇気をだすことは必要ですし、いい人で終わらないように注意して下さい。

当たり障りのない会話しかしない

会話の中で当り障りのないことしか言わない人がいますが、少し考えて下さい。

「それは初デートでなくとも話せますよね?」

初デートってお互いに特別な日になります。

特に話す必要のない会話は普通にときでも話せます。

デートの最中はもっとワクワクするような会話をしていきましょう。

会話に自信がない場合はお互いを知る意味でも小学校時代のことを聞いたり自分でも話したりと自慢にならないような話をチョイスして会話を繋げていきましょう。

先ほども言いましたが、中学の時は常に成績がトップクラスでなどといった話は要りません。

できれば失敗談など笑いを誘うようなことを話して相手の気持ちを楽にしてあげて下さい。

二人で笑うことが出来ると自然を会話は弾んできます。

最初はぎこちなかったものも話を続けているうちに恋人のような雰囲気にもなってきます。

当り障りのない話は相手との距離を縮めませんので、こういった会話にならないように注意が必要です。

スキンシップが全くない

スキンシップがないのも問題になってきます。

相手の手を握ったり会話の途中で腕に触れてみたりと多少の行動は起こすようにしましょう。

これは主に女性からのほうが効果的になってきます。

男性は自分からスキンシップをすることが苦手とする人が多い為に女性からリードしていく必要が出てきます。

女性も男性の性格などは少しすればどういう人なのかわかってくると思いますのでスキンシップに関しては女性から行うことがベストです。

全くない状態でデートを終えてしまうとどちらも今日のデートは楽しかったのかどうか不安ですよ?

そういう状況にならない為にもスキンシップでお互いの距離を縮めていくことが大切になってきます。

対面の席で食事をする

デートで食事の時間になった時に気をつけたいのが食事する位置になります。

ここで失敗してしまうのが対面の店を選んでしまうことです。

「えっ?普通は対面で食事でしょう?」と思っていたら初デートは失敗に終わってしまうかもしれません。

なぜ対面が駄目かというと必ず相手の正面を見て話をしなければいけませんよね。

これは対決の時の位置を示しているので会話も弾みません。

できるだけ横にならんでいる店・またはL字になっているような店を選んでください。

横並びや相手が斜め前にいる状態は相手の正面は見ないことになります。

相手の正面を見るときは威圧的なものも含まれてくるのでお互いがすぐにスキンシップできるような位置に座ることがベストになります。

それともう一つの効果ですが「食事のときは相手との距離を縮めやすい」というものです。

一緒にご飯を食べることはその人を知る上でもとても重要です。

食事の時間が楽しければかなりの確率で楽しいデートとして終えることが出来ます。

ですから、対面のお店だけは選ばないようにして初デートを楽しく終わらせるようにして下さい。

食事のマナーが悪い

食事で気をつけたいことは座る位置だけではありません。

マナーにも気を配って下さい。

あまり食事のマナーに気を配らない人がいますが、相手にとってはマナーの悪さは恥かしさしかありません。

クチャラーであったり必要以上に音を立てて食べる人などいますが、初デートに限らず直す努力をして下さい。

一緒に行った人は食べるより早くここから出たいとしか考えていないと思います。

自分では気がつきにくいことでもありますが友人を誘ってマナーチェックをしてもらったりと方法は色々とあるはずです。

相手に恥をかかせないためにも食事のマナーには気をつけて下さい。

店員の態度が悪い

まれに店員の態度が悪い店にあたってしまうことがありますが、そういった時は別な店に移ることも必要になってきます。

初デートでは食事の雰囲気も大切になってきますよね?

せっかく楽しい会話をしていると思っても店員の態度が悪ければ二人とも気分が悪くなってしまいます。

どんなに美味しいものを食べても会話が弾まなければ意味はありません。

二人が共感している状態であれば店を出て軽くファストフードで食事しても許されます。

お互いが気持ち良く食事をする方が大切ですので、態度の悪い店員がいたら迷わずに店を出てしまい違う場所でデートの続きを楽しむようにしましょう。

次回のデートの約束をしないで解散

楽しいデートもあと少しで終わりという時、女性は何を思っているでしょう?

デートの最中に笑顔が沢山見れたとすれば次の約束を待っているはずです。

男性はこういった所にも目を配り女性が出しているサインを見逃さないようにして下さい。

もし女性が初デートに満足していたとしても、次の約束がなければ不安になりますよね?もしかしたら嫌われたかもしれないなどと考えてしまうかもしれません。

きちんと次のデートの約束をするのは男性の役目です。

きちんとつき合うことになれば男性は女性をリードしてあげる必要があるのですから、デートの約束をしてから解散するようにして下さい。

デートが終わっても「ありがとう」の報告をしない

デートの内容に満足出来たときはお互いに「ありがとう」の報告をするべきです。

自分も相手もこの日は色々な想いがあったはずですし、色々を不安もあったと思います。

初デートが成功したのはお互いが努力したからであって、その事を二人でたたえ合えばより一層二人の距離が縮まってきますよね?そういう細かい所も初デートのときには気をつけて下さい。

遅刻する

まさか初デートの日に遅刻する人は少ないと思いますが、絶対にしないようにして下さい。

遅刻は第一印象としては最悪です。

お互いよく眠れなかったり用意に手間取ったということはあるでしょうが、最初が肝心でもありますよね。

好きな人とのデートで遅刻することはある意味最悪です。

せめて遅れる場合には余裕をもって連絡してあげることが必要ですし、時間を少し変更するなどして相手を待たせないようにして下さい。

「これ買って」感を出す

初デートですから記念の品を買いたいと思うかもしれませんがあからさまな「これ買って」感を出す人がいますよね。

これは相手も良い気分にはならないのでNGです。

相手が進んで二人の記念を提案してくれば話は違いますが、その場合でも会計は割り勘などにした方がよいと思います。

初デートは色々と気遣いをすることが多く相手を思いやる気持ちも大切ですよね。

どちらか一方に負担させるような言葉ではなく一緒に買って大事にしようという気持ちのほうがどちらも気分よく過ごせるのではないでしょうか。

この場合は特に女性が言いだす割合が多くなると思いますので、相手を不快にさせるような言葉には注意が必要です。

浮気のボーダーラインを話す

初デートで浮気の言葉は厳禁ですから絶対に言わないで下さい。

中には浮気のボーダーラインはここからかな?などと信じられない事を口にしてしまう人もいます。

初めてのデートでいきなり浮気の話をされたらどう思うでしょう?普通に考えればその場で帰る人のほうが多いと思います。

最初から浮気ということを考えているのであればデートをする必要はありませんよね?相手も馬鹿にされたと思い二度と連絡をしてくることはないでしょう。

つき合ってからでも浮気という言葉は相手が過剰に反応してしまうのでやめて下さいね。

過去に付き合っていた人の話をする

浮気と同じですが過去の付き合っていた人の話も絶対にNGです。

その話を聞いた瞬間に相手はモヤモヤした状態から抜け出せません。

デートにも集中できなくなりますし、その人のことが気になってしまい悲しくて帰ってしまうかもしれません。

男女とも過去に付き合ってた人は気になりますが、初デートは特別な日でもありますよね。

二人がこれからうまくいくかどうかを確かめる日でもあるのです。

そういった日にあえて話題にする話ではありません。

浮気と過去の付き合った相手の話は絶対にNGです。

相手に聞くのもやめて下さい。

派手な格好でくる

初デートの日に気合が入るのは非常に良いことなのですが、あまりに派手な格好ですと相手がドン引きしてしまいます。

どこか二人で歩く時も目立って仕方ありませんよね?相手は恥ずかしくてその場から逃げ出したくなるかもしれません。

よく原色の色など奇抜な服を選んでしまう人も見かけますが、そういったセンスは相手に恥をかかせるだけで好ましいとは言えません。

普通に楽しめるような服を選び、初デートをきちんと楽しめる格好を選んで下さい。

お洒落のしすぎ

お洒落のしすぎはかえって逆効果になってきます。

全身ブランドで固めたような人と歩くのは嫌ではありませんか?

お洒落とはさりげない所で見せるものであって、ひと目みてわかるようでは相手も引いてしまいます。

それともう一つ大事なことになってきますが、お洒落を楽しむことは良いことですがあまりにしすぎると相手との価値観の違いが出てきてしまいます。

最初のデートはとても重要ですよね。

それを理解した上でお洒落のしすぎというのはあまり相手にはわかってもらえないでしょう。

その部分に時間をかけるのであれば、どういった会話をしようかなど他のことを考えてもらえればと思います。

エスコートしない

男性はいかなる時でも女性をエスコートすることを忘れないでほしいと思います。

これは初デートに限ったことではありません。

きちんとエスコートされれば女性はそれだけで嬉しいものです。

緊張もほぐれて会話を充分に楽しむきっかけにもなりますが、全くエスコートをしなければどうでしょう?

自分はあまり大切に思われていないと誤解を生んでしまいますしデートが終わっても気分が落ち込んだままになってしまいます。

エスコートは男性の役目でもあり、女性もその行為に対してはきちんとした評価が必要になってきます。

求めるだけではなく相手にも感謝の気持ちを出さなくていけませんよね?その言葉は「ありがとう」で相手に伝わりますのでエスコートされるだけの状態にならないようにして下さい蛙。

深夜まで連れ回す

初デートはあまり遅くまで連れまわしてはいけません。

楽しい気持ちはわかりますがゆっくりと家で余韻にも浸りたいのです。

深夜まで連れ回すようなことは絶対にNGです。

相手の予定もあるのですからそういった自分勝手な行動はしないようにして下さい。

最初から帰りが深夜になってしまうような人ですと不安も出てきてしまいます。

女性を不安にさせるような行動は控えるようにして紳士的な初デートを楽しむようにして下さい。

趣味に偏った場所へ連れていく

自分の趣味に偏った場所というのは相手側はさっぱり楽しい気持ちにはなれません。

自分の事ばかりを話すようなもので、相手の存在価値を全く考えていない行為ですので絶対にやめて下さい。

趣味はお互いが仲良くなった上で共通の趣味をつくっていく事が大切です。

自分の趣味などを初デートで押し付けても相手は戸惑うだけになってしまいデート事態を楽しめません。

自分の趣味を聞いてもらうにしてももう少し先の話になってくるの始めから趣味を聞かせてそのような場所しか選ばないといった行動はとらないで下さい。

スマホばかりを見て会話しない

これは男女の両方に言えますがスマホというものはデートには必要ありません。

友達との連絡も帰ったらすればよいだけの話です。

食事でも会話中でもスマホの画面とにらめっこをしている人など見かけることがありますが、初デートであれば尚更デートの相手と会話を楽しみましょう。

自分を偽る

初デートで思わず事実とは違うことを言ってしまった人はいませんか?例えば大学の名前を実際とは違う学校名を出してしまったり、ちょっとしたことで自分を偽ってしまった人もいるかもしれません。

ですがそういったことは後になってバレてしまう確率も高くなりますよね?あんな事を言わなければよかったと後悔するはずです。

初デートだからちょっとカッコつけるつもりが後からとんでもない事になってしまったという話もありますし、素直な自分を好きになってもらわなければ意味がありません。

嘘や偽ることは相手への裏切りにもなってしまうので、本当の自分を出すようにして下さい。

初デートでは絶対に気をつけてね♪(まとめ)

初デートはいつでも緊張するものです。

相手はどんな服装でくるのか・どこへ連れていけば喜んでもらえるのは男女ともに色々なことを考えます。

やっちゃ駄目なことの基本的な意味は自分中心にならないことにあります。

まだまだ探せば駄目な事はあると思いますが考えて頂きたいことは相手への思いやりです。

服装などにしても自分の服で相手が恥ずかしい思いをするかもしれないと、自分よりも相手も気持ちを考えた行動をしていけばデートは成功間違いなしです。

初デートは色々な意味で新鮮でありそこからの自分の人生を変えるチャンスでもあります。

ですから自分を偽ることなく相手のことだけを考えてほしいのです。

長い人生ですからデートは何人かの人とするかもしれませんが、自分にピッタリの人と出会ったときは別れるような結果にはなりたくありませんよね?

初デートをきちんと成功するために必要なことは相手への思いやりだけです。

これさえ忘れなければ必ず良い結果となってきます。

これから初デートをする方もいらっしゃるでしょう。

気分的にも不安になったときは思い出して下さい。

デート相手のことだけに気持ちを集中させればなにも心配することはありません。

ありのままの自分を素直に伝えて本当の気持ちを伝えれば、デートの後には二人の笑顔がまっているでしょう。