CoCoSiA(ココシア)

熊本県のおすすめ美術館・博物館5選。子どもから大人まで楽しめるものが盛りだくさん!


熊本県と言うと、まず先に熊本城や阿蘇山が頭に思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

熊本県に旅行に来た際にはこれらの有名どころに行きがちですが、少し視点を変えて美術館・博物館に立ち寄ってみるのも意外な良さがあるものです。

熊本県ゆかりのアーティストの作品や熊本県のこれまでの歴史などを知ることができるので、オーソドックスな旅行をするよりもより深く熊本県を楽しむことができるでしょう。

そこで今回の記事では、熊本県でおすすめの美術館・博物館をご紹介していきます。

近々熊本県に行く予定があるという人は、ぜひ旅程に組み込んでくださいね。

熊本県でおすすめの美術館

熊本市現代美術館


(ホームページ画像の出典:熊本市現代美術館公式サイト)

熊本市中央区に設立された熊本市現代美術館。企画展以外はジェームズ・タレル、マリーナ・アブラモヴィッチ、草間彌生、宮島達男などの作品を無料で観覧することができ、子育て広場やキッズサロンも併設されていることから地元の人にも非常に親しまれています。

無料で楽しむことのできる展示につい目が行きがちですが、定期的に開催されている企画展も注目したいところ。

過去には絵本「はらぺこあおむし」の作者の展覧会「エリック・カール展」をはじめとし「こわいな!恐怖の美術館 展」「あの時、何食べた?― 平成28年熊本地震『丸尾の食卓』アーカイブ展」などを開催。

思わず興味を惹かれるテーマで数々の作品を楽しむことができます。

地元の人はもちろん、熊本県に観光で訪れた人もぜひ足を運びたい美術館です。

所在地:熊本県熊本市中央区上通町2番3号
電話番号:096-278-7500
開館時間:10:00~20:00(最終入館19:30)
休館日:火曜日、年末年始
入館料:無料(企画展は展覧会ごとに料金が異なります)
ホームページ:https://www.camk.jp/

葉祥明 阿蘇高原絵本美術館


(ホームページ画像の出典:葉祥明 阿蘇高原絵本美術館公式サイト)

阿蘇長陽村の丘を上っていくと見えてくる草木に囲まれた白い建物。まるで絵本の中に入り込んだかのような景色を見せてくれるのが葉祥明 阿蘇高原絵本美術館です。

館内では絵本作家 葉祥明の作品の原画や詩などを中心に展示を行なっています。

カフェテリアも併設されているため、お好みのドリンクと景色を楽しむことでも葉祥明が描いた世界を思う存分堪能することができます。

空が澄み渡る晴れた日に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

所在地:熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5988-20
電話番号:0967-67-2719
開館時間:10:00~16:00(最終入館15:30)
休館日:臨時閉館日(詳しくはホームページをご確認ください)
入館料:大人/450円、中高生/250円、小学生/150円
ホームページ:https://www.yohshomei.com/shimaikan/index.html

熊本県でおすすめの博物館

御船町恐竜博物館


(ホームページ画像の出典:御船町恐竜博物館公式サイト)

御船町恐竜博物館が位置する御船町には白亜紀後期の地層「御船層群」があります。

この地層からは様々な恐竜の化石が発掘されており、御船町恐竜博物館ではこれらの化石を中心に生命史や地球環境の変動などについての展示が見られます。

また館内に設置されている「オープンラボ」では、化石の分析・研究や標本の作製過程を見学することができるため、子どもから大人まで知的好奇心を刺激され夢中になるかもしれません。

化石採集や化石のレプリカ作りなどの講座も定期的に開催されているので、ぜひ参加してみてくださいね。

所在地:熊本県上益城郡御船町大字御船995-6
電話番号:096-282-4051
開館時間:9:00~17:00(最終入場16:30)
休館日:月曜日、年末年始
入館料:大人/500円、高校生・大学生/300円、小学生・中学生/200円
ホームページ:https://mifunemuseum.jp/

熊本博物館


(ホームページ画像の出典:熊本博物館公式サイト)

熊本市中央区に位置する熊本博物館では、旧石器時代から現代にかけての熊本県の歴史をはじめとして地質・化石などの自然についての展示などを見ることができます。

屋外展示場には実際に豊肥線を走っていた蒸気機関車69665号機や石造物が展示されているので、歴史好きな人は特に楽しむことができるでしょう。

プラネタリウムもあるので、星空を楽しみにぜひカップルや家族で訪れてください。

所在地:熊本市中央区古京町3-2
電話番号:096-324-3500
開館時間:9:00~17:00(最終入場16:30)
休館日:月曜日、12月29日~1月3日、保守点検期間
入館料:一般/400円、高校生・大学生/300円、小学生・中学生/200円
ホームページ:https://kumamoto-city-museum.jp/

熊本県伝統工芸館


(ホームページ画像の出典:熊本県伝統工芸館公式サイト)

熊本県伝統工芸館では、その名の通り熊本県で受け継がれてきた伝統の技が生きた伝統工芸品の数々を見ることができます。

企画展ではこれまでに「戸田東蔭茶道具コレクション 茶の湯の道具展」「ちょっと昔の郷土玩具展」「熊本県伝統工芸館収蔵品展 花を飾る器展」などを開催。

いずれも伝統工芸品というテーマが共通してはいますがそれぞれで全く違うものが見られるので伝統工芸品の奥深さをより感じることができるでしょう。

今後の企画展にも期待が高まる人も多いのではないでしょうか。

毎月第3日曜日には鍛冶屋さんの包丁研ぎも行われているようなので、包丁研ぎも一緒にお願いするとその匠の技を肌で感じられると言えます。

所在地:熊本県熊本市中央区千葉城町3-35
電話番号:096-324-4930
開館時間:9:30~17:30
休館日:月曜日、年末年始
入館料:無料(企画展・常設展の観覧には別途料金がかかります)
ホームページ:https://kumamoto-kougeikan.jp/