CoCoSiA(ココシア)

脈ありっぽいのに誘ってこない理由や心理と、女性が誘ってもらう3個の方法


お互いに好意を持っていて脈ありなはずなのに、なぜか二人きりのデートに誘われない。

自分からデートに誘ってもし勘違いだったら、恥ずかしいですよね。

好意を持っているのに誘ってこない男性の心理は、どういったものなのでしょう?

また、誘ってもらうにはどうすればいいのでしょうか。

今回は、脈ありっぽいのに誘ってこない男性の心理と誘ってもらう方法について紹介します。

ぜひ最後までご覧ください♪

この記事の目次

脈ありっぽいのに誘ってこない10個の理由と心理

この人脈ありっぽいのに、どうしてデートに誘われないんだろう?とヤキモキしちゃいます。

奥手な草食系男子

最近、草食系男子が増えましたよね。

草食系男子は、かなり奥手で自分からアタックする!というよりは相手からのアタックを待っています。

その分、思いやりがあってとても優しい所が魅力的ですよね。

草食系男子には、自分からどんどんアタックしてデートに誘うのがいいかもしれません。

自分に自信がない

「逆マリッジブルー」という言葉があるくらい、自分に自信がない男性も多くいるんですよね。

このような男性によくあるのが、幸せにできるか自信がなくてデートに踏み込めないパターンです。

時間をかけてゆっくりと、自信をつけてあげることが大切です。

プライドが邪魔をする

自信がないのと逆に、プライドが高すぎる男性も多いです。

基本的に男性は、プライドが高く見栄っ張りな生き物。

誘って断られると自分のプライドが許さないから、自分からは誘わない男性もいます。

プライドが高い男性には、100%OKサインを出してあげるといいですね。

恋の駆け引きを楽しんでいる

そんなワルいるの?!と思う方もいますよね。

実は一定数存在するのが、まさに友達以上恋人未満の駆け引きを楽しんでいるパターン。
モテる男性に多く見られます。

自分の駆け引きで、相手が一喜一憂するのを楽しんでいます。

深い関係になるリスクがある

職場恋愛となると、なにかあった時にトラブルになる可能性があります。

特に上司と部下の関係だと、男性側はやはり一歩踏み出すにはかなりの勇気がいるようです。

今後について自分がどう思っているか重くならないように話してみると、男性は安心できるかもしれません。

100%脈ありか確信できないから

男性は慎重な人が多いので、100%の確信がないと行動に移せないのです。

なので、こちらの好意をたくさん表現することが大切です。

どうして私の方からばかりなのよ~と思うかもしれませんが、男性ってそういう生き物なのですよね・・・。

がっついてると思われたくない

男性はプライドが高く、人にどう見られているかをとても気にする生き物です。

なので「この人、がっついてるなあ~」と、女性に思われることが恥ずかしいのです。

特に前の彼女と別れてまだ日が浅いと、やはり印象が気になるようです。

このままの関係を壊したくない

もしデートに誘って断られたら、今の関係が壊れてしまうのが怖い。

関係が壊れてしまうくらいなら、恋人にならなくても今の関係で満足!という男性も多いです。

「私はあなたと恋人同士になりたい」という好意を積極的に伝えるといいですね♪

過去の恋愛経験から、恋愛に対して消極的

女性でも同じですが、過去の恋愛でトラウマがあると好意を抱いてもなかなか一歩踏み出せません。

また傷つくのではないか?と自問自答して、恐れてしまいデートに誘うことができません。

過去の話を聞いてあげたり、不安を取り除いてあげる言葉をかけてあげるといいですね。

彼女がいる、もしくは既婚者である

彼女や既婚者であることを隠している男性もいます。