女性の皆さんに質問です。

皆さんは、好意を持っている相手に対して「サイン」を出したことはありますか?

そして、男性の皆さんに質問です。

皆さんは、女性が発信する「サイン」にきちんと気が付きましたか?

「サイン」とは、わかりやすいようでわからないものもあるでしょう。

きちんと言葉にしていても、行動に示していても、相手に気づいてもらえなければ先に進むことができません。

しかし、その「サイン」が最上級の勇気の証でもあるのです。

好意を素直に相手に伝えたい、でも恥ずかしくて勇気が出ない、それなら遠まわしでも良いから相手に「サイン」を出そうと言うことではないでしょうか?

そうした考えに至ることも、それを形にすることも、どれだけの勇気がいることかは想像に難(かた)くないでしょう。

今回は、「女性の好意のサインは会話で見抜け!8個の言葉が出たら「脈あり」かも!」と題しまして、好意を持つ相手に対して女性が出すサインについてご紹介します。

「最近よく言われる言葉!」とピンときた方は、特に必見ですよ!

その相手と本気で向き合う好機をぜひ有効活用してみてはいかがでしょうか?

あなたにとっても、相手にとっても、何かしらの進展を期待できるかもしれません。

好意を持っている男性になんとなくほのめかすことはある?

女性全員とまでは言いませんが、好意を持っている男性になんとなくほのめかすことはあるようです。

この「なんとなくほのめかす」がポイントです。

なぜなら、この方法であれば、直接気持ちを伝えるほど緊張感も少なく済みますし、万が一相手の反応が微妙だった時の気まずさに苛(さいな)まれることはないからです。

相手に声をかけることも勇気がいることではありますが、それを乗り越えてしまえば、ハードルはいくらか低くなるはずです。

ともかくも、相手にそれとなく伝えることによって、感度が良い相手であれば何かしらのことに気がついてくれる可能性は高いです。

感度が鈍い相手にはあまり期待できないかもしれませんが、少しずつでも相手に気持ちを伝え続けることによって、免疫をつけることができ、一世一代の告白につなげることができるかもしれません。

いずれにせよ、あまり深く考えることはありません。

考え過ぎると、結局何を言いたいのかがまとまらなくなってしまうでしょう。

そうなってしまうと、身動きも取れなくなってしまい、相手に対してぎこちない態度を取ってしまいかねません。

呼吸をするように、スッと自然にが無難でしょう。

「案ずるより産むが易し」です!

実際に行動した方が、意外と良い結果をもたらすこともあるので、恐れずにサインを出してみましょう!

女性の脈あり好意サインはこの8個の言葉

それでは、ここからが本題です。

「女性の脈あり好意サインはこの8個の言葉」をご紹介します。

一見、どの言葉も誰にでも使う言葉にも思えますが、そうではありません。

どんなに同じ言葉であっても、そこに含まれる想いは違うものです。

相手に好意を持っているからこその言葉であり、その言葉の意味は深みを増したものであると言えますね。

心から思って発する言葉の持つ波動は、必ず相手の心にも響くでしょう。

心に響くか否かで、その後の進展があるかないかがはっきりと分かれます!

相手から発せられる言葉1つ1つを丁寧に聞き取り、相手の言わんとすることを余すことなく受け止めましょう!

それでは、順に見ていきましょう!

1.「暇だよー」

1個目は、「暇だよー」です。

これは、口癖にも取れる言葉ではありますが、真意は別にあります。

言葉通りに暇であることを相手に伝え、相手と時間を共有したい気持ちの表れと言えます。

自分が暇であることを明確にすることで、相手から誘われる確率を上昇させる効果もあるでしょう。

それは、以下に挙げる理由から来るものと考えて良いでしょう。

フリーだということを伝えている

フリーだということを伝えている、これが肝心です。

このようにはっきりと伝えることによって、相手から誘われる口実を作っていると言えます。

誘う側にしても、相手がフリーであることがわかっていると誘いやすく、断られることはまずないだろうと言う保証が得られます。

つまり、双方の利害が完全に一致するということになります。

せっかく相手を誘っても断られてしまったら、次回誘おうとする時に躊躇(ちゅうちょ)してしまうことにもなるでしょう。

そんなことにならないためにも、相手の方からフリーだと言ってもらえた方が良いでしょう。

時間を持て余している

時間を持て余している、これも「暇だよー」を如実(にょじつ)に表しています。

そもそも、空いている時間があるからこそ暇なのです。

そうでなければ、暇と言う言葉は出てきません。

することがない時間ほど、長く感じられる時間はありません。

そうした「隙間」を埋めるべく、自分が暇であることを明確にする必要があります。

あるいは、やるべきことはあるけれども、今は乗り気ではなく、気分転換をしたいからと言う理由も考えられます。

自分1人でいては、どうしてもやらなければならないことが頭の隅から離れないため、とりあえずやるべきことは後回しにした結果、時間を持て余していると言った具合です。

誘ってほしい

遠まわしな表現ではありますが、誘ってほしい気持ちの表れとも取れます。

「どこかに遊びに行かない?」などとストレートに言う勇気がない時、「暇だよー」ほど使いやすい言葉はないのかもしれません。

誰にでも使える言葉とは言え、本命の相手に言うものとは濃度が違います。

「暇だよー」と言われたら、「それなら一緒に遊ばない?」などと返すのが理想的な会話のリレーと言えます。

もしも、「暇だよー」と言われたら、思いきって相手を誘ってみると良いでしょう。

たとえ言ったその日が無理でも、別の日に一緒にどこかに行こうと言う話しになるかもしれません。

いずれにしても、きっと相手は喜んで誘いに乗ってくれるはずです。

2.「私は時間まだ大丈夫だけど」


2個目は、「私は時間まだ大丈夫だけど」です。

これまた、そのままの意味ですね。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、気がついた時には「もうこんな時間!?」と言うこともあるでしょう。

それでも、時間に余裕があることもあります。

少しでも長く相手と一緒にいたいと言う気持ちが、強く感じられる言葉ですね。

それは、以下の理由からも明らかです。

少しでも一緒にいたい

少しでも一緒にいたい、これこそが「私は時間まだ大丈夫だけど」の半数以上を占めていると言っても良いでしょう。

たとえ門限があったとしても、好きな人と離れたくないと思うのは自然なことです。

「あと5分でも一緒にいたい」「もう少しくらい大丈夫」、それは相手に対する気持ちの大きさに比例します。

言われた側にしても、時間があるのであれば、自分に用事がない限りは一緒にいることになるでしょう。

残り少ない時間ほど、濃密な時間を過ごせることもあります。

時間が許す限り、いや、一緒にいたいと思う気持ちがあるからこそ、相手に対する想いは募っていくと言えますね。

あなたは予定あるの?と遠回しに聞いている

あなたは予定あるの?と遠まわしに聞いている、その可能性ももちろんあります。

文章的にも、「私は時間まだ大丈夫だけど、あなたは予定あるの?」とすんなり意味が通ります。

これは、自分は平気と伝えると同時に、相手に対する配慮と「相手も平気だと良いな」と言う気持ちの表れと言えますね。

「私は時間まだ大丈夫だけど」と言われた時には、自分はどうなのかをはっきりと相手に伝えましょう。

もし万が一、予定があったりしてもそれは致し方ないにしても、「今日は楽しかった!また会おう!」など相手に伝え、次の機会にもつなげられると良いですね。

3.「一緒にいると落ち着く」

3個目は、「一緒にいると落ち着く」です。

これは、ストレートな言葉ですね。

心安らぐ相手と一緒にいられる時間は、楽しくて貴重なものです。

過度な気遣いも必要ありませんし、素の自分でいられるなどのメリットがあります。

楽しい時間を共有できる相手がいることは、こんなにも幸せなことなんですね。

安らいでいることを伝えている

安らいでいることを伝えている、これは相手にとっても嬉しいことです。

言葉にすることで、より深い安らぎを得ることができるでしょう。

一番羽根を伸ばせる場所と言っても良いくらいです。

お互いにリラックスできているのであれば、さらに良い関係を築いていくことができるでしょう。

素直に伝えることの大切さを表していると言えますね。

安心した時間を過ごせている

安心した時間を過ごせている、つまり、質の良い時間を過ごせていると言うことですね。

安らぐ相手といること、その相手と何かをすること、それぞれ別のことをしていても一緒の空間にいること、いずれにしても、そうでなくても、安心できるのならそれは良いことです。

「時は金なり」と言いますが、安心した時間とはお金以上の価値や安らぎを与えてくれるものと言えますね。

それが成り立つのも、ひとえに相手との間に揺るぎない信頼関係が築けていることの証です。

お互いに相手に対して丸ごと預けられるような感覚と言うのでしょうか?

そんな相手となら、最も充実した安心を得られるのも納得ですね。

好意がない人には言わない

好意がない人には言わない、これは守るべきことです。

好意がある人に限定して伝えることに意味があるのです。

それ以外の人にまで伝えていては、その相手に勘違いされてしまったり、あらぬ方向に話しが展開してしまう恐れもあります。

悪く言ってしまうと、八方美人にもなりかねません。

誰に対しても愛想が良いのは良いことですが、誰にでも同じことを言ってしまっていると、どこまでが本当なのかわからなくなります。

なので、伝えたい言葉こそ慎重に相手を選び、確実に伝えましょう。

4.「そういうところいいよね」

そういうところいいよね、これも立派な褒め言葉です。

褒められることは、決して悪い気はしないはずです。

相手の良いところをピンポイントで褒めることで、相手にも伝わりやすく、自分の長所として受け入れやすいでしょう。

どんな人にも良い面はあります。

それを見ようとするかしないかで、気がつくか気がつかないだけの違いなのです。

人の良い面を見る姿勢は、前向きで良いことです。

良い面をクローズアップして相手を見ることで、相手への見方は良い方面に向かうことは確かでしょう。

性格の好きな部分を伝える

性格の好きな部分を伝える、これはその相手をきちんと見ていなければできないことです。

「三つ子の魂百まで」とあるように、性格はそう簡単に直るものではありません。

良い面も悪い面も、ほぼほぼ一生持ち合わせていく、それが性格です。

そんな性格に好きなところがあると言われたら、言われた側にとっても嬉しいですよね。

相手に対するリスペクトに近い感情の表れとも言えるでしょう。

自分にないものだから、意外な面を知って相手を見る目が変わったなど、理由は様々あると思いますが、相手の良いところはその場で伝えると効果的なことは間違いありません。

ストレートに褒める

ストレートに褒める、これも非常に効果的です。

上記の「好きな部分を伝える」にも通じるものがありますね。

ストレートに褒めると言うことは、無駄な言葉やわざとらしさが一切ないと言うことです。

いくら褒め言葉であっても、言葉が多ければ良いと言うものではありません。

言葉も多くなればなるほど、言葉は違っても同じ意味合いのことを言ってしまっていたり、わざとらしい言葉になってしまうこともあります。

そうなってしまわないように、相手に最も伝わりやすいストレートな言葉で褒めることは、良い方法であると言えますね。

特に、普段は褒めない相手からの褒め言葉は大きな影響力を与えることになるでしょう。

先にも書きましたが、相手の良い面を見つけなければ、褒めることはできません。

上辺だけでなく、相手の中身もきちんと見て、相手の本当に良いところを褒めてみてください。

5.「応援してる」


応援してる、これは相手の心のよりどころに成り得る言葉です。

好きな人を応援したいと思うことは、往々にあります。

だからこそ、心から応援することができるのです。

応援してくれていると知った時、相手はより一層の力を発揮することができるでしょう。

なので、応援していることを明確に相手に伝える必要がありますね。

応援は、相手に対する期待と相手ならできると言う気持ちの表れです。

相手のことを信じている気持ちが原動力となり、それはきっと相手にも伝わります。

頑張ってねとはまた別の表現

頑張ってねとはまた別の表現、これを心がけてみましょう。

なぜなら、「頑張ってねは比較的誰にでも使いやすい」言葉だからです。

応援に使われる言葉で最も多い言葉で、自然に使えることもあって、特別感にも欠けます。

また、プレッシャーを感じさせる言葉でもあるので、何度も使い過ぎると相手に多大な負荷をかけてしまうことにもなるでしょう。

好きな人を応援したいからこその言葉ではありますが、言われる側の人の気持ちも考えなければいけません。

そうでなければ、良かれと思ってしたことが仇(あだ)になってしまいかねません。

好きな人を応援するのであれば、他の人には使わない特別な言葉で応援したいですよね。

大切なのは、言葉の数ではありません。

「量より質」、つまり、言葉に含まれる想いと相手を想う配慮です。

背中を押す言葉で励ましたい

背中を押す言葉で励ましたい、できればそうしたいですよね。

例えば、「あなたならできるよ!」とか「あなたの力が必要とされているよ!」などと言う言葉はいかがでしょうか?

どれだけ「やる気」と「実力」があっても、二の足を踏む人はいます。

「石橋を叩いて渡る」ほど慎重な人とも言えますし、だからこそ絶妙なタイミングを考えているのでしょう。

それは、一歩を踏み出す勇気が足りないからです。

「失敗したらどうしよう」など、先の見えない不安が行く手を阻(はば)んでいるのでしょう。

あと一歩、その一歩がとても大きなものに感じ、「やらなければ良かった」と後悔したくない気持ちも少なからずあるのではないでしょうか?

そんな時、例えに挙げた言葉などをかけられたら、前に進むきっかけになるのではないでしょうか?

それほど、人の言葉は人を突き動かす力を秘めているのです。

いつも気にかけているよということ

いつも気にかけているよということ、これが相手に伝わるかどうかでも違ってきます。

自分のことを気にかけてくれる相手がいる、このことを知っているのと知らないのとでは、その後の展開に天と地ほどの差が生じます。

たった1人でもそんな存在がいてくれることが、どれだけ励みになるかは言うまでもありません。

何かをするのも自分、何かを決断するのも自分、それでも見えないところで支えになってくれているのが、「いつも気にかけているよ」です。

見てくれている人は必ずいます。

その存在を認識できることによって、自分は1人ではない、乗り切ってみせる!と言った自信ができます。

6.「似てる部分多いね」

「似てる部分多いね」、この言葉によって相手を意識し始める可能性が高まります。

人は自分と似ている相手に共感を持つことが多いです。

まさに、「類は友を呼ぶ」ですね。

似ているからこそ、相手の思うことなどが何となくわかる気がするのです。

話しの輪も広げやすく、それによって相手との関係もより深めやすくなるでしょう。

確かに、反りが合わない人よりも、考え方が似ている人と一緒にいる方が楽しいですし、嫌な気持ちになることも少なくて済むでしょう。

好みも似ていれば、料理の味付けの好みも一緒で済みますし、漫画やドラマなどの嗜好も盛り上がります。

似てる部分が多いと言うのは、いかにメリットが多いかと言うことがよくわかりますね。

会話も合う

会話も合う、これが最大のメリットです。

似てる部分が多いこともあり、会話のリレーも長く続けることができるはずです。

よって、次々と会話が盛り上がり、最初にしていた話しから脱線していくか、ツリーのように枝分かれしながら話しが延長していくでしょう。

前者にしても後者にしても、特に違和感もなく、むしろ心地良い時間を楽しむことができるでしょう。

それだけ会話は必要なものです。

会話がなくては、相手との意思疎通はおろか、自分の気持ちも伝わらず、相手の気持ちを知ることもできないからです。

よって、少しでも多く相手と会話を交わすこと、それによって相手のことを知ること、自分と似ているところを知って親睦を深めることは大切です。

会話が合うことで生み出される相手とのハーモニーに浸ってみてはいかがでしょうか?

気が合うことを伝えている

気が合うことを伝えている、これによって相手からも親近感を感じてもらえるでしょう。

はっきりと相手に伝えることによって、相手に自分を印象づけることができます。

それは最も効率的な方法かもしれません。

相手の捉えようによって変わってはきますが、気が合うも褒め言葉だけに、相手に受け入れてもらいやすいでしょう。

まさに、相手の心のハードルを下げてくれる効果があると言えますね。

気が合うの良いところは、性格のタイプが違っても成立することです。

性格が似ているに越したことはありませんが、性格のタイプが違っていても気が合う人はいます。

気が合う人とは、一緒にいても苦になることはありません。

気が合う=ウマが合う人とは、いつまでも付き合っていけるでしょう。

7.「一緒にいて楽」

「一緒にいて楽」、これも良い響きですね。

一緒にいて楽な人=好きな人、まさに理想的な関係ですね。

一緒にいると、できることやできないこと、楽しいことや嫌なこと、様々なことがあるでしょう。

それでも、お互いのことをよく知っていれば、どんな時も安心して背中を託せるものです。

つまり、気心が知れていて、相手に対して何の邪推や不安もない、これが一緒にいて楽な関係ではないでしょうか?

特別なことをするわけでもなく、ただ黙って隣にいてくれる、それは自分を信じ見守ってくれているような存在と言えますね。

自然体で付き合える

自然体で付き合える、そんな相手は貴重な存在です。

普段の自分を見せられる、自分にとってカッコ悪い姿も見せられる相手はそうそういないでしょう。

そんな自分すらも受け入れてくれる相手に出会えたら、これほど幸せなことはないでしょう。

それはつまり、自分も相手のありのままを受け入れると言うことです。

お互いに相手を受け入れることで、最も自然に近い自分で相手と接することができると言うことですね。

等身大の自分を知っている相手となら、本音で語り合えますし、そこに嘘は存在しません。

嘘のない関係こそ、相手との付き合いを長く、より強固にしてくれるものです。

無理や背伸びをせずに一緒にいられる

無理や背伸びをせずに一緒にいられる、素晴らしいことです。

好きな相手には少しでも良いところを見せたい、これは誰しも少なからず持ち合わせている考えです。

その思いが強いあまりに、自分の上限値を超えた行動を起こすことがあります。

相手のことが好きだからこそ続けられることもあるにはありますが、途中で燃え尽きることもあるでしょう。

みっともないところを見られてしまった暁には、まともに相手のことを見ることもできない、気まずい状態が発生してしまうことにもなるでしょう。

そうなってしまっては、本末転倒です。

ありのままの自分でいられれば、そんなことにならずに済んで良いでしょう。

大丈夫、自分らしさを見失いさえしなければ、相手とも無理や背伸びをせずに一緒にいることができますよ。

8.とにかく質問が増える

とにかく質問が増える、自分に興味を持ってくれていることの表れです。

好きな人のことを知りたい、これは好意を持ったら芽生える自然な気持ちです。

それによって質問の数が増え、内容が深まっていくのも自然なことです。

質問する側としては、とにかく相手のあれこれを知りたいのです。

どんなに些細なことでも、いや、取り留めのないことだからこそ知りたくなるのです。

自分にあれこれ質問してくる女性がいたら、その女性に目を向けてみてはいかがでしょうか?

何してる?何してた?と聞かれる

何してる?何してた?と聞かれる、これは初級編な質問ですね。

これらの質問をすることによって、相手との会話の糸口をつかもうとしているようです。

例えば、漫画を読んでいたとかDVDを観ていたの場合、その作品や内容を知っている知らない、好き嫌い、初耳から興味が湧くなど、質問後の対応にも様々なパターンがあるでしょう。

世間話に近い質問と言えますので、気楽に答えてもらえたら良いと思います。

あるいは、自分も相手に同じ質問を返してみるのも良いかもしれませんね。

お互いにお互いのことを質問し合い、相手のことを知っていく、自分のことを知ってもらう、そんなやり取りによって相手とのつながりが強くなっていくのでしょう。

誰と一緒だったか

誰と一緒だったか、上記よりも踏み込んだ質問ですね。

友達、家族、異性の友達、それ以外の人など、相手は様々でしょう。

いずれにしても、相手によって何をしていたかも違ってくるでしょうから、そこにも話しが展開していくでしょう。

聞かれる側にしてみたら詮索されているように感じることもあるかもしれませんが、聞く側としては特に他意はないので、深く考え過ぎないようにしましょう。

その誰かが相手も知っている共通の人かもしれませんし、知らない人にしても「こんな人だよ。」と言われたら、それはそれで相手の交友関係を知り、自分もその人と友達になれるかもしれません。

いずれにしても、交友関係の幅を広げられることは良いことですし、どんどん行っていくことをお勧めします。

今後のスケジュールもそれとなく

今後のスケジュールもそれとなく、どさくさに紛れて質問すると答えてもらえる確率が高そうですね。

スケジュールの空きの有無によっては、相手を誘いやすく、OKをもらえる可能性も格段に上がるでしょう。

その際、自分のスケジュールの空き状況もそれとなく織り交ぜて話してみると良いでしょう。

その方が、「その日は自分も空いてるよ!」と言う展開も期待できるかもしれません。

相手のプライベートなことを知ることができ、相手により近づくことができることもあり、一石二鳥以上の効果があると言えますね。

たくさん会話して脈アリを見抜こう

以上が、「女性の好意のサインは会話で見抜け!8個の言葉が出たら「脈あり」かも!」の紹介になりますが、いかがでしたか?

会話を重ねることで、相手の本当の気持ちが見えてくると言うのは本当のことです。

もっと関係が深まってからなら、「何も言わなくてもわかってくれる」可能性も高いですが、そればかりではよろしくないです。

伝えるべきことをきちんと伝えなければ、相手の気持ちどころか、相手のこと自体を信じられなくなってしまうところまで発展してしまう恐れもあるからです。

「何も言わなくてもわかってくれる」、これは甘え以外の何ものでもありません。

自分の行動力や勇気の無さを正当化しているに過ぎないのです。

そんなことでは、いつまでたっても相手に自分の気持ちを伝えることはできません。

上記に挙げてきたような言葉の数々は、1つ1つを見れば言葉にするのに勇気がいることもあるかもしれません。

しかし、どんなことも勇気を持って行動に移した人にチャンスが巡ってくるのです。

どうなるかわからない先のことで、ネガティブ思考になって足踏みをしているよりも、相手に自分の想いを込めた言葉を全力で伝える方が、相手が何かしらの答えを返してくれます。

相手が全力で伝えてくれた言葉を、どのように生かしていくのかはあなた次第にかかっています。

自分に対して、好意を寄せてくれる相手に対して、嫌な気持ちをすることはまずないはずです。

どう思うかは自分次第ではありますが、あなた自身がまんざらでもない気持ちであるのなら、相手にも同じように言葉を返してあげてください。

そうすることによって、相手はより一層の想いをあなたに贈り、あなたも相手に気持ちを贈る、そうしたリレーが2人の関係を少しずつ形にし、色付けていってくれるでしょう。

相手の一言一句に耳を傾け、その言葉の向こう側にある「真意」をくみ取りましょう。

会話の基本とは、そういうことの繰り返しです。

会話を疎かにすることは、相手を粗末に扱うことと同義と心得ましょう。

そんなことは絶対にしないように、常日頃から注意しましょう。