中学生になって恋愛を思いっ切り楽しんでいる人も多いのでは?

もちろん恋愛は楽しい事ばかりではないですが、苦しい事や辛い事も恋愛の醍醐味と言えるでしょう。

特に“片想い”をしている時というのは、「相手は自分の事をどう思っているのか?」とか「この恋愛は上手くいくのか?」などと考えてしまって、悩みも尽きないと思います。

あるいは、気になっている人の方から、“脈あり”と思われる言動を取られる事もあるでしょう。

しかし、それが本当に脈ありなのかどうか、真相が分からないと、こちらからも積極的に行動を起こせないでしょう。

それに、“好きな人に対する脈あり行動”というのは、男女でも少し違ってくるものなのです。

そこで今回は、“好きな人への脈あり行動&脈ありLINEの見抜き方”を男女別でご紹介しちゃいます。

「この恋は脈ありかどうか」、恋愛に悩む中学生のみなさんは必見ですよ!

もしかして、あれって脈あり行動?

片想いをしている場合、好きな人にアプローチをした際の相手の反応から脈ありかどうかをジャッジするのが一般的だと思います。

しかし、脈ありかどうかの“判断基準”が分からなければ、正確に判断するのも難しいでしょう…。

また、周りの異性から親しげに話しかけられたり、頻繁にスキンシップをされたりと、まるで“自分の事が好きみたいな言動”を取ってくる相手の気持ちを推し量るのも案外難しいものだと思います。

そういう状況下で、「本人があなたの事を“好き”と言っていた」という噂が流れてきたのなら、脈ありの可能性も非常に高いと言えますが、その親しげな態度が、ただの“思わせぶりな行動”だった、という可能性も捨て切れません。

逆に「勘違いだったら恥ずかしいし…」と思って相手のアプローチを無視してしまえば、せっかくのチャンスを潰してしまう事にもなりかねないでしょう…。

だからこそ、「もしかして、あれって脈あり行動?」と気付いた時に、正確に相手の気持ちを見極める為の知識、すなわち、“異性の脈あり行動の特徴”を把握しておく必要があるのです!

人間の恋心は正直

人の恋心というのは正直です。

例え認めたくなくても、好きになると相手に対してドキドキと胸が高鳴るもの。

やはり、好きな人とそれ以外の人とでは、態度や行動にも違いが出てしまいます。

つまり、“脈あり行動”を見抜く際も、ポイントを押さえて良く観察すれば、ちゃんと見抜く事が出来るのです!

言動に出てしまう人がほとんど

「好き」だと自覚した途端に、気持ちを隠し切れなくなり、思いが言動に表れてしまうもの。

本人がどんなに隠しているつもりでも、周りには好意がバレバレという事も珍しくありません。

つまり、「好き」という気持ちを誰にもバレずに、完璧に隠し通せる中学生はいないのです。

これは決して「中学生は子供だから」という事ではなく、大人にも同じ事が言えます。

「自分に好きな人がいる事は、誰にも知られていないはず…」と思っていても、周りの友達や家族はあなたの些細な変化に気付いている可能性は十分にあるのです。

こういう言い方をすると、現在片思いをしている人は、「周りにバレたら恥ずかしい…」とか「誰かにからかわれたらどうしよう…」という不安で頭がいっぱいになってしまうかもしれませんが、そんな風に考えなくても大丈夫。

あなた自身が「恋をしている」とか「好きな人がいる」と白状しなければ、周りが必要以上に騒ぎ立てる事もないはずなので安心して下さい。

それよりも注目すべきは、「好きな気持ちが言動に出てしまう人が殆ど」であり「好きという気持ちを完璧に隠し通せる中学生はいない」という事は、“脈ありなら相手からのサインは必ず出ている”という事です!

つまり、そのサインさえ見逃さなければ、相手の気持ちをほぼ正確に見抜ける事が出来るという訳ですね。

男女によってその現れ方が違う

何事も男子と女子とでは、物の見え方・心理状態・行動パターンが全然違うという事を覚えておいて下さい。

なので、中学生男子と女子とでは、恋愛に対する考え方や、好きな人への言動の取り方も異なるのです!

では、具体的に男女でどの様に違うのか…?

次で男女別に説明していきますね。

男子は恋愛に素直じゃない

中学生男子は、ハッキリ言って恋愛に関しては奥手と言えます。

なので、女子が喜ぶ様な上手いアプローチが出来ず、好きな女子に対して分かりやすくイジワルしたり、素っ気ない態度を取る男子もいれば、特定の女子だけやたら贔屓したりと、ある意味、好意がバレバレな男子が多いのです。

ちなみに、“好き避け”と“嫌い避け”の違いは、下で詳しく説明するので、そちらもチェックしてみて下さいね。

いくら過去に女子と付き合った経験があると言っても、恋愛というものに対して、とてつもない恥ずかしさを感じるものなのです。

だから、恋愛に対しても素直になれません。

そもそも、中学生と言えば男女関係なく、恋愛経験豊富な大人と比べれば、どうしたって恋愛初心者なのです。

特に男子は女子と違って、小学生の頃はゲームや漫画に夢中だったり、遊ぶ事にしか興味がなかったという子がほとんどではないでしょうか?

そうなると、恋愛に興味を持った事もないでしょうし、「付き合いたい!」と思う程、好きな子が出来たのも、中学生になって始めてという男子も珍しくないと思います。

しかも、中学生男子はクラスでも部活でも、男子同士のグループで群れてふざけ合って過ごす事の方が多いでしょう。

そんな仲間達も、ちょっと背のびをして大人びた振る舞いをしたり、いきがった様な言葉遣いをして、「恋愛なんて興味ない」とクールに振う子の方が多いと思います。

そんな中学生男子にとって、興味がない風を装いながら実は恋をしている事や、ましてや自分の好きな人の事を仲間に知られるのは、堪らなく恥ずかしい事なのです。

そんな恋愛初心者が好きな子に対して自然に接するなんて難しいと思いませんか?

ちなみにこれは、大人の男性でも難しい事だと思います。

当然、好きな子が出来てもどうアプローチして良いのか分からないでしょうし、仮に女子が憧れる様なアプローチの仕方を知っていても、それをスマートに実践出来る男子はほぼいないでしょう。

とにかく、恋愛に関しては男子の方が奥手で、なかなか素直になれません。

女の子への好意を隠しがちなので、好きな女の子に向ける脈あり行動も、場合によっては「分かりづらい!」と感じるかもしれませんが、見抜き方は後でバッチリ解説するので、気になる人はそちらもチェックしてみて下さいね。

女子のほうが強く出やすい


恋愛に関しては、女子の方が積極的と言えます。

女子は比較的早い段階で恋愛の楽しさに目覚め、小学生の頃から恋バナで盛り上がったり、恋愛漫画を読んで恋のお勉強をしている子も多いです。

恋愛に限らずですが、女子は中学生になると、男子よりはお姉さんの様な考えを持つ様になります。

なので例え恥ずかしくても、好きな男の子が出来れば一生懸命話す努力をし、好きな男の子が喜んでいたり、楽しそうにしている姿を見ると満面の笑みで答えてくれます。

それに女性は、男性に比べて「感情に支配されやすい」とも言われています。

好きな人の前だと意図や狙いと関係なく、気持ちがそのまま態度に出てしまうところがあるのです。

つまり、女子が出す脈あり行動の方が“素直さ”があり、好意が強めに言動に表れていると言えるでしょう。

中学生はピュアな表現が多い

お互いに中学生であれば、アプローチをする上で大人の恋愛の様な複雑な駆け引きをする事も、そうそうないと思います。

というより、あまり遠回しなアプローチをしても、相手に気付いて貰えない可能性がありますよね。

基本的に中学生はピュアな表現が多いと言えるでしょう。

それ故に、自分に向けられた好意が、「友達として好きなのか?それとも、恋愛対象として好きなのか?」が判断しにくい事もあるかもしれません。

ポーカーフェイスができない人が多い

人生経験豊富な大人ならともかく、中学生でポーカーフェイスが完璧な人は多分稀でしょう。

それに、一見表情に出ていない様に見えても、本当に嬉しい時や悲しい時というのは、普段とは少し違う仕草や言葉となって表れます。

特に恋愛感情というのは、心が大きく動かされるもの。

ちょっとした事で飛び上がりたくなるくらい幸せな気持ちになったり、ドン底に突き落とされたみたいに暗い気持ちになったり…。

そんな自分ではどうしようも出来ない感情に振り回されながら、表情を1つも変えずにいるなんて、出来る訳がありませんよね?

それは、相手を好きな気持ちが大きければ大きい程、隠し切れなくなってしまうもの。

だからこそ、表情を含め、相手の言動をよく観察する必要があるのです。

好きな人への脈あり行動&LINE(男子編)

上でも説明した通り、男の子の方が恋愛には奥手です。

恥ずかしさや照れなどもあり、好きな女の子に対して上手くアプローチ出来ていなかったり、好意の示し方も女子から見るとイマイチ分かりにくい場合があると言えます。

なので女子のみなさんは、相手の些細な言動もしっかりチェックして、脈ありかどうかを見抜かなければなりません。

しかし、「分かりにくい」とは言っても、脈ありかどうかを見分けるポイントはちゃんと存在するので安心して下さいね。

それでは、“好きな人への脈あり行動&LINEの特徴〜男子編〜”をご紹介していきたいと思います。

次の様な特徴が見られれば、脈ありと判断して良いかも!

それでは早速チェックしていきましょう。

よく目が合う

「近頃急に、よく目が合う様になった男子がいる」なんて事はありませんか?

実はそれも、男子が好きな女子に取る脈あり行動の1つ!

誰でも、好きな人を無意識に目で追ってしまうものです。

気が付くと特定の男子からジッと見られていて、それが1度や2度ではなく、頻繁にそういう事がある。

しかも、あなたと目が合った瞬間に相手は慌てて視線を逸らし、何だか照れている様にも見える…というのは、高確率であなたの事が気になっていると言えるでしょう!

男子中学生は、女性に対する興味の有無もはっきりしており、興味のない女子に対しては、決して無意味に視線を向けたりしません。

大人しくシャイなタイプは、自分から直接話しかけたり、積極的にスキンシップを取る事が出来ないので、“ただ好きな女の子を見つめる”という男子も多いのではないでしょうか?

遠くから貴女の姿を目で追っている

男子が好きな女の子に視線を送る時というのは、周りや相手(好きな子)にバレない様に細心の注意を払っているもの。

それは、周りの人にからかわれるのが嫌だったり、中途半端な形で好きという気持ちが相手に伝わってしまうと困るからです。

だから、目が合った瞬間に慌てて目を逸らし、まるで「全然、見てないよ〜」と言うかの様に振る舞う訳ですね。

なので、好きな子が近距離にいる場合は、バレたくないので頻繁には見ません。

基本的に、“遠くから”好きな子の姿を目で追っている場合が殆どです。

あるいは、授業中やあなたが何かに集中している時にこっそりと視線を送っている場合もあります。

急に避けるようになる


「好きだ」と自覚した途端に、相手の女子を避ける様になってしまうのも、男子が取る脈あり行動の1つです。

それまで恋愛に全く興味がなかった中学生男子にとって、好きな女子がいる事を周りに知られるのは非常に恥ずかしい事ですし、何より自分の中にある恋愛感情をどう扱って良いのか分からず戸惑っている事もしばしば…。

そんな彼らが最終的に取る手段と言えば、“恋心を一生懸命に隠す事”なのです。

しかし、気持ちを隠すにも思う様に行かないので、結果、不器用に好きな女の子を避ける事しか出来ない訳ですね。

特に、「今までとても仲が良く、ケンカをした訳でもないのに、急に避けられる様になった…」という場合は、“好き避け”の可能性が高いでしょう。

気持ちと行動が裏腹になる

「好きな気持ちがあるのに、素っ気ない行動を取ってしまう」という様に、気持ちと行動が裏腹になるのは、男子中学生の恋愛あるあるでしょう。

上でも、「好きな子に対して、イジワルをしたり、素っ気ない態度を取る男子がいる」という話をしましたが、「好きだからそういう態度を取っているのか?」それとも、「嫌いだからそういう態度を取っているのか?」実際に素っ気なくされる側にしてみたら少々分かりにくいかもしれませんね。

“好き避け”と“嫌い避け”の違いは、行動の中に“照れ”があるかどうかです!

好き避けの場合は、そっけなく見えてもふいに笑顔を見せたり、緊張や照れなどでソワソワとしているもの。

反対に嫌い避け場合は、完全に無視をしたり、話しかけてもひたすらつまらなさそうにして、会話もすぐに終わらせようします。