男性陣の皆さん、過去、好きな女性にアプローチをかけて脈があると思ったのに、

思いがけぬ失恋をしてがっかりした経験はありませんか?

女性は、人当たりの良い方が多く、よく言うと人を傷つけないところがありますが、あまりはっきりとしないところがあり、

ともすればはっきりと断られたわけではないので、自分に好意があるのかと思って誤ってアプローチしてしまうことがあります。

これもまた一般的な傾向ですが、男性はどちらかと言うとはっきりとものを言うところがあります。

そこで男女の差があり、それがすれ違いとなってしまうことがあります。

ですので、女性の特性をしっかりと知って、どんな時に脈があって、どのようなときに脈がないのかをしっかりと見極めるようにしましょう。

では、女性が脈がない時はどのような感じなるのでしょうか。

脈ありに見えて、実は違う!

女性は、基本的にあまりにも嫌な相手ではない限りは、愛想よく振る舞うような一面があります。

ですので、男性はそこを勘違いしてしまうことがよくあるのです。

確かに、男性目線では「勘違いするからもっとはっきりとしてくれよ!」と思うかもしれませんね。

確かに男性にとっては少々めんどくさいかもしれないけれど、それが女性の特性でもあるのです。

では、脈なしの女性の考え方はどのようなもので、どうしてそのような振る舞いをしてしまうのかを分析してみましょう。

そうすることで、脈があると思ってアプローチしたけれど実は全くアプローチしても脈がない事を後から知って恥をかく経験がなくなります。

脈なし女の考え

では、そもそも脈がない女性はどのような考え方をしているのでしょうか?

確かにどうしても生理的に受け付けず、会社上での付き合いでもないと言うことであればもっと露骨に拒否反応見せるかもしれません。

ですが、友達としてだったら歓迎だと言うことであったり、

恋愛に対していろいろな事情を抱えていると好意的な感じに見えても実は恋愛的な面では脈がない事はよくあることです。

確かに、恋愛対象としてはなくても人間として好きでであれば、露骨に拒否をされることもなく、気づかない男性もいるかもしれません。

友達としての関係を築いていきたいのであれば脈がない女性にいち早く気づき、

友達としての関係を維持できるようにするためにも脈があるかないかと言う見極めが非常に重要です。

あなたが好みではないけど愛想はふるまう

愛想良くされると、ついつい「俺の事好きなのかな?」と思ってしまいますね。

やはりよほど恋愛に慣れている人でないと、そのような態度から好きだと勘違いしてしまうのもおかしくはありません。

だけど女性はよほど嫌いで、日常生活や仕事に支障がないと言うことでない限りはそこまで露骨な振る舞いをしません。

そのようなことから恋愛対象ではないものの愛想良く振る舞う事はよくあることです。

「愛想が良い=自分のことが好き」と早合点してしまうと、後にあまりにもしつこくされると嫌がられてしまう可能性もあります。

また、一度告白して断ってからと言うことになると友達付き合いも難しいです。

ですので、彼女との関係を崩したくないのであれば、この見極めは非常に重要です。

友達なら歓迎だけど・・・

仕事に関係する人であれば、例えどんなに嫌いな人でもそこそこ愛想よくは振る舞います。

やはり仕事のことで支障が出ると困りますので、ビジネス関係の方でしたら愛想良く振る舞うというのも疑ってかかったほうが良いです。

だけど、男性陣が気になるのは特にビジネス上でつながっている人ではなく利害関係はない人でも自分に愛想よく振る舞ってくれる女性のことです。

特に利害関係がないのに愛想よくしてくれると、自分のことが好きなのかなと思ってしまいます。

だけど、そのような場合は友達なら歓迎と言うことです。

ですので、ちょっと一緒に遊びに行くと言うことであったり食事に行くのであればいいけれど、彼氏としてはちょっと…と思われている可能性大です。

そもそも恋愛に興味がない

女の子はみんな恋愛好きと思ってしまいますが、中には全く恋愛に興味がない人もいます。

ですので、どんなにそんな女性にアプローチをかけても基本的に心を開く事はありません。

男性は、基本的に本能的に女性を求める事はありますが、女性は本当に人それぞれで全く男性を必要としない人もいるのです。

そのような人だと、こちらを振り向かせるのは並大抵ではありません。

「どうしてもこの彼女がいい!」と言うことであればがんばってみる価値はあります。

だけど、早く結婚したい等、時間がものを言うときはそのような女性は対象から外した方が良いでしょう。

男性は女性ほど結構焦らないといけないわけではありませんが、

やはり将来子供産むことを考えると、やはり体力があるうちの方が良いに越した事はありません。

そのような将来を見据えているということであれば、恋愛に興味のない女性に固執しなくても良いのではないかと思われます。

実は同性愛者だ

そんなに多くはないのかもしれないけれど、中には同性愛者という人もいます。

同性愛者の方は、男性が女性を、女性が男性を好きになるような感じで、同性の人が好きなタイプですので、決して相容れる事はありません。

これはもうそもそもの考え方の違いですのでそれを埋めることができません。

どうにかアプローチをすると言ってもどうにかなる問題ではなく、バイセクシャルではない限りは入る余地はないと思ってもらっても間違いないです。

どうしてもその彼女でないとあきらめ切れないのであれば、バイセクシャルになる可能性大にかけてアプローチするのもいいかもしれません。

だけど、本能的なところですので、それが実を結ぶと言う事可能性は非常に低いです。

ですので、同性愛者の女性であれば基本的に脈がないと思って間違いないです。

脈なし女を見破れないと損をするもの

男性が女性にアプローチをする時、男性はいろいろなものを消費します。

それは、お金であったり時間であったりもしますし、女性を口説き落とすにもエネルギーが要りますが、そのエネルギーを消費します。

また、損しているとは気づきにくいですが、告白してフラれることであなたのプライドがズタズタになるのも損をするものの1つです。

ですので、男性はそのような失うものを極力失うことなく、効率よく脈のある女性を攻略していき、うまく交際に発展させる方が望ましいです。

特に男性であってもそろそろ結婚意識したい年齢であれば、なおさら脈なし女に時間を割いている暇はありません。

若いとそれぞれのロスについてあまり気がつきませんが、年齢を重ねるとそれが顕著になってきます。

では、脈なし女と見破れないために損するものについてもっと掘り下げて見ていきましょう。

お金

女性とお付き合いをするのもそれなりにお金がかかるものです。

やはり、ずっと家で家飲みをするだけのデートと言うわけにはいきません。

外に色々と遊びに行くこともありますし、外に行けば外食をすることも増えます。

同年代であったり、年上の女性であったりすればまだしも、年下の女性だとやはり食事もおごりたいと思うものでしょう。

また、プレゼントなどを購入するとそれにもお金がかかってくるのです。

最近は、高収入の方というのは非常に少なくなってきて、特に一人暮らしをされている方だと、うまくやりくりをしながら何とかお金を工面しているところがあります。

ですので、なおさら脈なし女にお金を使うと経済的な損失と感じてしまうのも不思議ではありません。

本気で女性と交際したいのであれば、脈がある女性にお金を使いたいものですね。

時間

また、女性にアプローチするにはやはりそれなりに時間も必要です。

普通に男女交際をしていこうと思えば、遊びならまだしもやはり時間をかけて攻略する必要があるのです。

まずは、友達として徐々に距離を縮めていき、だんだんとその女性に自分を異性としてアピールして意識してもらう必要があります。

そして、脈がありそうだ!と思ったら告白に踏み切るのです。

やはり、真剣に女性と付き合したいと思ったらこの過程はどうしても外せません。

ですので、もし脈がありそうだと勘違いして、実は脈なし女だったのであれば、その時間はまるまるロスしてしまうのです。

若い時だったら、この一見無駄にも見える時間も経験の1つだったと割り切ることができますが、

やはりもう年齢的にアラサー近くなって結婚を意識している男性であれば、この時間のロスは非常に痛いものです。

エネルギー

女性を口説くにも、やはりそれなりにエネルギーが必要ですよね。

このエネルギーがもったいないということで自分から積極的に行かない草食系男子が増えたと言われています。

本能的な部分ですので女性にアプローチするなんて何でもないと思ってしまいますが、やはり男性にとってもそれなりにエネルギーが要ることなのです。

このエネルギーがまるまる無駄になってしまったのであれば、その無念な気持ちは半端ないものがあります。

時間と同じく、このエネルギーも若い時は特にそれが丸々無駄になってしまっても良い経験だったと割り切れるものですけどね。

やはり、だんだんと年齢を重ねるごとにそのエネルギーも非常に貴重なものになってくるので、

できるだけ脈がある女性にそのエネルギーを消費したいと思うようになるのはある意味当然の心理です。

あなたのプライド

若い時は、女性に振られることも経験の1つとして1つや2つあっても悪くないと思ってしまいますが、

やはり年齢を重ねて「そろそろ結婚したい!」となったときに、失恋してしまってプライドがズタズタになるのは非常に辛いものがあります。

失恋をすると、女性ももちろんショックですが男性は静かに痛みを堪えるところがあるので、その傷口が痛むのは非常に長くなりがちな傾向にあります。

特に男性はプライドの生き物ですので、そこをくじかれるのは非常に辛いものがあるのです。

脈があると思って告白したのに、とっさに断られてしまうことがあればとても傷つきますよね。

ですので、若い時は経験の1つとしてそんなこともあってもいいと思いますが、年齢を重ねると、

脈なし女性と脈がある女性を見分けて、少しでも要領良くしたいと思うのは当然です。

脈なし女の見分け方その1:昔のコイバナ

では、脈なしの女性の見分け方にはどのようなものがあるのでしょうか。

やはり、本気で恋人関係に良いと思っている男性と、恋愛対象ではない男性とでは、少々振る舞い方が違います。

表面的にはとても愛想よく見えて、「もしかしたら自分のことが好きなのではないか?」と思ってしまうのも分かる気がしますが、

よくよく観察すると少々振る舞い方に違いがあるのです。

その見分け方の1つとして、昔の恋バナを積極的にしてくれるかどうかと言うところにあります。

なんだか昔の話をしてくれると言うと心を開いてくれたようで嬉しく思いますよね。

特に男性は自分が子供の時の話は心を開いて女性にしかしないと言われています。

女性が昔の話をしてくれるという事は自分に心を開いてくれたのではないかと思いますよね。

だけど女性の場合は少々事情が違ってきます。

あなたが恋愛対象じゃないからこそ話すんです

ですが、残念ながら女性の場合は恋愛対象じゃないからこそ、そのような過去の恋バナの話をするのです。

昔の話や失敗談をしてくれれると、なんだか心を開いてくれたようで自分にだけこのような振る舞いをするのではないか?と思ってしまっても不思議ではありません。

だけど女性は割とオープンなところがあります。

失恋して落ち込むと、友達を呼んでさんざん愚痴を言ったり泣いたりすることで、

「この子大丈夫かな?」と思うくらいに荒れたり落ち込んだりしますが、

だんだんと話を聞いてもらうことで心の膿を出し切り、少しするとあっさりと立ち直っているのです。

このように女性は、自分の弱いところ見せることにあまり強い抵抗感を示さない傾向にあります。

失敗談を話してくれたから心を開いてくれるのは自分に恋愛対象だからと思ってしまいますが、残念ながら少々違うところがあります。

好きな男性に過去のミスは話さないもの

やはり、女性であっても好きな男性の前で自分の過去の恋愛に関する失敗と言うのはあまり話したくないものです。

たとえ、過去のそのような失敗を反省してその過ちを繰り返さないようにしているとはいえ、

そのような話をすると「この子、本当に自分の彼女としてふさわしいのかな?」と思われてしまう可能性があります。

恋愛対象の本気の男性にはそのような懸念を抱かれるような話はあまりしたくないものです。

そのような過去の恋バナに失敗談についていろいろと話してくれると言う事は、確かに心は開いているかもしれないけれど、

好きな男性に対する振る舞いではないのは確かです。