一緒にいる人、憧れの人に恋愛の意味で気になってしまう人は多くいるでしょう。

誰かのことを好きになるのはそう難しいことではありません。

恋をしようと努力していなくても、いつの間にか相手のことを好きになってしまっている人も多いのではないでしょうか。

ですが、片想いから両想いになるのはそう簡単にできることではないでしょう。

自分が相手のことを好きになるだけではなく、相手にも自分のことを好きになってもらわらなくてはいけないからです。

さらに、相手の気持ちが自分に向いたタイミングで告白しなければ、恋人同士にはなることができません。

それでは、その「相手の気持ち」とは、どんなときに分かるものなのでしょうか。

タイミングを間違ってしまうと、恋愛は成就することがありません。

タイミングを計るために参考になるのは相手からの「脈ありサイン」です。

ここでは、脈ありを判断するOKサインについて詳しくご紹介します。

あの人が気になる!でも脈ありなのか分からない…

気になる人ができるたとき、人はどのようなことを考えるのでしょうか。

あの人のことが気になるという気もちがある場合でも、すぐにそれが告白と言ったような行動に変わるわけではありません。

気になる人ができたときの人の行動についてまとめました。

好きな人の気持ちが知りたい!

好きな人ができると、その人自信のことを知りたいと思うのと同じくらい、その人の気持ちを知りたいと思います。

やはり人を好きになると、その人に同じ気持ちになってほしいと思うのです。

恋愛は相手も同じくらいの気持ちを持ってくれなければ始まることがありません。

相手がどのような気持ちであるのか、自分のことをどう思ってくれているのかについて知りたいと思うのは、もっともだと言えるでしょう。

好きな人の気持ちさえ分かれば、恋愛を進めやすくなります。

ですが、この気持ちがなかなかわからずにヤキモキする人も多いのではないでしょうか。

周囲に聞いてみたいけれど、噂が広がってあの人の耳に入ったら、と思えばなかなか人に聞くこともできないでしょう。

本人に聞いてみたいけれど、そんなことをしては告白と同じこと、と、大好きな人の気持ちを想像するだけで苦しくなってしまう人も多いのではないでしょうか。

それは恋愛の醍醐味であるとも言えますが、渦中にいるときは、その苦しさが楽しいと思うこともできないでしょう。

サインを見抜くことが大事

相手の気持ちが知りたいと思ったときには、相手の言動に注意を払ってみましょう。

好きだという気持ちは無意識の行動に現れやすいのです。

つまり、好きな人の言動に注意を払ってみていると、意外と相手も脈ありのサインを出しているということもあるのです。

このサインをしっかり見抜くことで、言葉にしない相手の気持ちが分かってしまうということもあるかもしれません。

サインを見抜くことさえできれば、相手がどのようにあなたを思っているのかが分かるので、告白のタイミングを間違ってしまうようなことはないでしょう。

覚えておくべき異性のOKサイン

脈ありサインは、相手からの気持ちを量るためにも見逃したくないものです。

ですが、この脈ありサインは、意外と男女で異なるもの。

異性のOKサインは、相手からの脈あり度を知りたいという気持ちに反して、見逃してしまいがちなものなのです。

男性は女心を完全には理解できないものですし、女性は男心を簡単には理解できません。

ですが、気になる人の心をゲットするためには、相手の言動に映し出される気持ちを読み取ることができなければいけないのです。

それでは、男女ごとに異なる異性のOKのサインにはどのようなものがあるのでしょうか。

覚えておくべき異性からの脈ありサインに着いてご紹介します。

男性が発するOKサイン

男性が発するOKサインにはどのようなものがあるのでしょうか。

男性が脈ありの人に見せるサインは、女性のものとは少し異なります。

男性の場合には、どのようなサインで相手にOKだということを伝えるのでしょうか。

男性が発するOKのサインに着いてご紹介します。

どんな小さな約束も忘れない

 まず、男性が発するOKのサインの一つとしては、相手と交わしたどんな小さな約束でも忘れないというものがあります。

例えばデートの約束はもちろんのことですし、

「今度これについて教えて」「こんなことをしてみたいな」と言った些細なことも聞き漏らすことがないのです。

約束を破らないでいることで自分の株を挙げたいと思っていることもありますし、単純に、好きな女性との約束を忘れられないからということもあります。

ドタキャンしないのは人間としては当たり前かもしれませんが、

自分側は忘れてしまうような些細な約束さえも忘れずに守ってくれるのが、男性の脈ありサインの一つなのです。

2人きりになると無口になる

男性の中にはシャイな人も多くいます。

女性と話すことに何のためらいがない人もいますが、シャイな男性の場合には、二人きりでは恥ずかしくて話すことができないということも多くあるでしょう。

特に、好きな女性と一緒の場合には、何を話していいか分からなくなって無口になってしまう男性もいます。

一緒にいるときに何もしゃべってくれず、気まずい雰囲気になっているからと言って、脈なしなのではありません。

逆に、相手はあなたを意識し過ぎているからこそ、何も話すことができずに無口になってしまっているのです。

そういったときには、相手からの脈ありサインだととらえて、相手に積極的に話しかけてみましょう。

話の糸口さえ掴むことができれば、楽しく話すことができるという男性もいますから、好きな男性には遠慮せずに話している方が良いのです。

花束を贈る

花束を贈ってくれるのも男性の脈ありサインの一つです。

男性は意味もなく女性に花を贈りません

男性は女性が喜ぶプレゼントについてはあまり把握していませんが、花を贈ると女性は喜んでくれるのではないかというような知識は持っています。

そのため、特別な女性にプレゼントを贈るときには、花が良いのではないかというように思うのです。

女性からしてみると、特別なプレゼントというのはアクセサリーのようなものかもしれません。

ですが、付き合ってもいない女性にアクセサリーを贈るのは男性にはハードルが高すぎますし、そういったときに良いのが花なのです。

男性から何かの折りにプレゼントとして花束を渡されたら、「もしかしたら脈あり?」と思っても良いかもしれません。

恋愛観などを話してくる

恋愛観を話してくるのも、男性も脈ありサインの一つだととらえることができるでしょう。

好きな女性ができたときに、その女性に、自分がどんな恋愛をする人なのか知ってほしいという意味ではなすのです。

恋愛観が合わなければ相手と付き合うことはできませんから、

自分の恋愛観を話すことで相手の反応を見て、相手が自分と馬の合う人間であるのかと調べると言ったような意味合いもあります。

相手が自分の恋愛観に同意してくれれば、安心してアプローチすることができるからです。

こういった話をしてきたときには脈ありのサインの一つして扱うことができるものの、

ただし、相手と話が合わなければそこで恋が終わってしまうようなこともあるかもしれませんね。

LINEなどの連絡が頻繁に来る

男性は女性に比べて、あまりメッセージのやり取りが頻繁ではないと言われています。

女性よりもLINEなどを使ったやり取りが苦手なのです。

最も、最近の大学生のような若者では男女関係なくLINEなどでのやり取りはするかもしれません。

ですが、頻繁に連絡が来るようなら、脈ありサインだととらえて良いでしょう。

男性も女性も、好きな相手以外には頻繁に連絡を取りたいとは思いません

相手に勘違いされても困りますし、そこまで暇でもないはずです。

相手からの連絡が他の人に比べてかなり多いというようなことがあれば、それは脈ありサインだと思っても良いでしょう。

さりげなくボディタッチする

さりげなくボディタッチしてくるのも脈ありサインの一つです。

ただし、このサインが出たときには、他のサインと併せて総合的に判断するようにしてくださいね。

男性は下心があるときにも女性にボディタッチをします。

ボディタッチをしてくる理由が、ただの欲情の場合もありますので、他の場合できちんと愛情表現をしてくれているのか考えてみることが大切です。

他のサインもたくさん出ている中でのボディタッチなら、相手からの脈ありサインだと思ってよいでしょう。

時には「やりたいだけ」だということもありますので、このサインが出たときには、一応警戒しておいた方が良いでしょう。

細かい気遣いをしてくれる

細かい気遣いをしてくれるのも男性の脈ありサインだととらえることができます。

男性側は女性には気を遣うものですが、それでも細かいところまで気を遣ってくれるのは「好きだから」でしょう。

好きだという理由がなければ、そこまで気遣いをしてくれることはありません。

例外的に、いつでも女性に優しく、細かく気づかってくれる人もいますが、こういった人は誰にでも優しいので、脈ありサインだとは言えないでしょう。

ですが、自分に対しては特別に気遣いをしてくれるというようなことであれば、男性の脈ありサインだと言えるのではないでしょうか。

元彼のことを聞いてくる

元カレのことを聞いてくるというようなことがあれば、それも脈ありサインと言えるでしょう。

元カレのことが気になるのは、貴方のことが気になっているからなのです。

普通は、元カレのことを聞いたら気まずい雰囲気になるのではないのかと思い、そう簡単に聞くことができません。

ですが、相手のことを好きになってしまった場合には、元カレのことを聞かずにはいられません

「まだ好きなのか」「まだ友人として付き合っているのか」「どうして別れることになったのか」「元カレのようなタイプを求めているのか」

など、相手と恋愛をしようと思ったら、元の恋人のことは大事な情報になるでしょう。

相手が元カレに着いて詳しく聞いてくるようなことがあるのなら、相手からの脈ありサインだと思うと良いでしょう。

態度がぎこちなくなる

好きだという気持ちを自覚すると、態度がぎこちなくなってしまう人もいるようです。

ストレートに愛情表現をすることができずに、どうしていいか分からなくなってしまっているということです。

ある日いきなり、ぎこちない態度で対応されるようになったのなら、それは相手があなたのことを好きになってしまったからだという可能性があります。

嫌われてしまったのではなく、相手が意識しすぎているのだと思った方が良いでしょう。

ただし、怒らせてしまうような心当たりがある場合には、脈ありサインだととらえてはいけません。

行動が女性中心

普段の行動が女性中心になったのなら、それは脈ありだということです。

どんなに優しい人でも、馬鹿を見るタイプのお人好しでなければ、自分の生活をおざなりにしてまで相手のことを中心にするようなことはしません。

ですが、多少の不利益を被っても、その女性中心に動いているようなことがあれば、それは好きだということになります。

少しでも自分のことを良い男だと思ってほしいという気持ちの表れが、女性中心への生活へと変わるのです。

最近は自分のことを優先してくれるな、というようなことが分かったのなら、行動は女性中心になるでしょう。

デート後、お礼と無事帰宅したか連絡を入れる

デートをした後の彼の行動が分かれば、相手がどれくらい自分を思ってくれているのかが分かります。

どうでも良い相手であれば、デートが終わった後のことまで気にしません。

得デートが終わって「さようなら」と言った後のことは気にならないのです。

ですが、本当に女性のことを気にかけているのならデート後には無事に帰宅したかどうかの連絡を入れるでしょう。

「無事に返れた?」「今日はありがとう」など、さりげなく気づかうようなメッセージが届くでしょう。

こういったメッセージを送ってくるのなら、少なくとも、あなたに対して好感のようなものを抱いているということになるのではないでしょうか。

些細なやり取りでも自分から終わらせない

男性は気になる女性とやり取りをしているときには、些細なやり取りでも話を広げようとします

少しでも長く話していたいという気持ちの表れです。

そのため、ちょっと口に出したことでも、話を広げてくれるのです。

自分からは会話を終わらせないようにしているので、黙っていればいつまでも話をすることになるでしょう。

「この人は私と話したがっているのだ」というようなことがあれば、それは脈ありサインの一つだと思っても良いのかもしれません。

女性が発するOKサイン