言葉が持っている意味というものは簡単な場合もあればとても難しい場合もあります。

例えば普段の日常から使用している言葉であれば、ある程度理解できるものもありますが、日常的に使用する事がない言葉であったり、専門性が高い言葉などについては理解できない人がたくさんいても不思議ではありません。

ある程度基本的な言葉であれば学校の勉強の中で触れる機会もあるかもしれませんが、学校の勉強などで行わないような感じがあるのもまた事実です。

このような難易度の高い言葉や専門性が高い言葉に関しては当然意欲を持って勉強しているような人や、普段からその言葉を使用する職業についていなければ理解できません。

そのような言葉は皆さんの想像以上にたくさんあると思いますが、そんな言葉の中でも試金石という言葉をテーマにして、試金石という言葉の意味や、使い方についてご紹介していきたいと思います。

️試金石って聞いたことある?

あなたは試金石という言葉を耳にした事がありますか?
恐らく、普通に生活しているとなかなか聞きなれない言葉だと思います。

普段あまりニュースや新聞などを目にしない方にとってはなおさらだと思いますので、若年層の方や、比較的若い世代の方であれば目にした事すらないという方も当然です。

試金石という言葉は一般的にはなかなか勉強したりする機会がないので、意味の分からない日本語としてはある程度上位に入ると思うのですが、この言葉はけっこう昔から存在しており、時代にしてみれば江戸時代から存在している言葉なんです。

そんな昔からある言葉なのになぜ広く知れ渡っていないのか気になる方も多いと思います。

それは試金石という言葉の意味が関係していると判断することが出来ます。

ニュースや新聞でよく見る言葉


試金石という言葉はニュースや新聞などによく記載されている言葉のひとつです。

試金石という言葉が用いられる場面としては、その名前の通り金が関係している話題の時に上がる場合も多かったりしますが、それだけではありません。

何かの文献など、文章などの中において用いられる場合もあり、複数の様々な意味を持っています。

だからこそ、人によってはまったく意味が違う場面なども関係して意味がわかりづらいと感じているかもしれませんね。

ある程度意味や使い方を把握しておけば、惑わされる事もありませんし、正しく理解して用いるようにすれば博識だと相手に印象を与える事も出来ますので、知っておいては損はない言葉です。

️試金石の意味

試金石という言葉の意味を知らない方もいると思いますので、まずは試金石という言葉の簡単な意味を考えていきたいと思います。

試金石という言葉はその名前からある程度ヒントが隠されています。

漢字の意味を考える時、ある程度漢字の存在を熟知している方であれば、漢字の名前から想像される方も少なくありません。

それは昔の人も漢字を考える時に、その意味を考えてから当てはまる漢字を名付けているからです。

そのように考えると試金石という言葉もある程度想像つくかもしれませんね。

これからご紹介する意味を試金石という言葉の漢字と当てはめて考えてみてください。

金など貴金属の鑑定に用いられる黒色の硬い石


試金石という言葉はもともと持っている意味としては「金の品質を測るために用いられる石のこと」を指し示している言葉です。

具体的には品の品質を測るために黒色の石英質の鉱石を用いており、一般的には緻密な粘板岩であり、碁石などの材料として用いられている那智黒石が使用されている事で知られています。

つまり金などの視覚的価値が高いと言われている様な物質を品質を確認するために用いられている石の事なのですが、そういった意味もあり試金石という言葉がつけられています。

金の品質を試すという意味から試金石という言葉が生み出されており、このように考えると言葉の意味がそのまま漢字になっているという事がお分かりいただけると思います。

金を擦り付けて調べる石

一般的には金などの価値を図る時には鑑定士さんが立ち会った上で確認をしたりするのが一般的だと思います。

しかしながら、試金石を用いて確認をしたりする場合などもあり、この方法は先ほどこの言葉が使用されていた時代についても触れた通り、江戸時代から使われていた言葉として知られています。

江戸時代には金の価値を確認するために試金石が用いられていましたが、この時に確認して出している結果と、現在の技術が発達した化学分析による結果は比べてみてもほぼ一致していると確認されており、それだけ金の品質を図る上で、熟練者なら確かな結果を導き出すことが出来る道具であったともいわれています。

素人からするとなんで石にこすりつけるだけで品質が把握できるのか意味が分からない方も多いかもしれませんね。

一般的な方法としては、試験標本と金品位がすでに分かっているようなものをいくつか用意した上で、石の上でこすりつけ、金純度が異なる指標となり金の棒を使って線を描き、その線の色で判断していると言われています。

なので、線の色によって金の純度がわかるようになるという判断方法なのです。

価値を確かめるもの

金の価値を確かめるという事はとても大事な事です。

知らない方はいないと思いますが、金に関してはかなり希少価値が高い物であり、高い値段が付けられています。

例えば本来品物の価値を決めるのは需要であったり、希少価値が関係していることが多いです。

例えば、日本でA電気の掃除機が販売されたとします。

日本だけでなく、世界でもA電気の実力はトップクラスであり、そのA電機の商品は高品質で、日本に存在している人達がのどから手がでるくらいほしがったとします。

本来は10万円で販売されていたとして、需要が供給を上回れば当然、その価値が上がり続けます。

曰く、10万円以上の金額を出してでも欲しいと思う人がいれば、転売などが行われたり、オークションに出されたりして、最終的に10万円以上の値段で購入する人が増えるからです。

しかし、例えば日本ではなく海外でこの商品を販売しようとした場合、価値を知っている人なら高い金額でも購入するかもしれませんが、価値を知らない人は別の国のよくわからないブランドの商品という印象しか残らないので、認知度が下がれば当然需要も下がるので価格は下回る場合があります。

しかしながら、金に関しては同時刻であれば世界ほぼ共通の価値を保っている品物です。

金の価値は世界の先物市場で決められており、変動はしていきながらも、同時刻であれば世界共通の価値となっているので、その品質次第で一気に価値が変わるからです。

なので、金の価値を図るという事を間違ってしまうと大変な事になってしまうため、価値を確かめる必要性がとても高い品物だからこそ試金石という石が存在しています。

つまり、様々な物質がある中で金は需要も価値も高い、世界中誰もが憧れる品物であるという事です。

物の価値や人の力量などを計る基準となる物事

試金石という言葉が金の価値を図るための道具である意思を指し示している言葉であると理解いただいたところで、試金石という言葉が持っている別の意味にも触れていきたいと思います。

試金石と言う言葉に関してはただ単に石を指し示している言葉だけではありません。

隕石と言う言葉がもともと試験素材の品質がわかると言う意味を持っていることから、普通の言葉の意味として「実験的や試験的な様子が上手くいくかどうかを見極めるために行う事柄」を指し示す言葉としても用いられるようになっています。

またもう一つ意味を持っており「物事を判断する基準の意味」でも用いられることが多いです。

転じてこの意味が生まれた

先程ご紹介した試金石が持っている最も有名な意味である金の価値を確かめる石という根本的な意味から転じて物の価値や人の力量などを測る基準となる物事の意味を示す様になりました。

一見すると全く違う様な意味ですが根本的な部分に関しては似たような意味を持っていると考えることができます。

実際に口に出して人と会話をする時に試金石という言葉を使う場合に関しては、比較的後者の言葉の意味の方が使用される例が多いです。

特にビジネスシーンなどで用いられる場合などもまったくないわけではないので、試金石という言葉についてある程度理解しておいた方が、困る事はありません。

知らないと意味がまったく分からない言葉になりますので、困った時に対処のしようがありませんよね。

具体的な使い方については後ほどご紹介いたしますので、まずは試金石が持っている基本的な意味を知る事で、試金石という言葉を知る第一歩と認識してください。

試金石の読み方

試金石という言葉の意味についてここまではご紹介をしていきました。

試金石という言葉がどの様な意味を持っているか理解頂いたところで試金石という言葉の読み方についても理解していただきたいと思います。

普段から日常会話でよく使用している方に関しては試金石という言葉の読み方についても当然理解頂いてると思いますが、普段あまり試金石という言葉を使わなかったり、試金石という言葉を初めて知った方の中には間違った読み方で認識してしまう方もいるかもしれませんので、この機会に正しく試金石の知識を身に着けてください。

読み方、意味、あとは使い方され知れば自分自身の知識としていつでも引き出すことが可能になりますので、この機会に正しい知識をインプットしておきましょう。

試金石=しきんせき

試金石という言葉は、試金石=しきんせき と読まれます。

その漢字からある程度想像することが出来ると思いますので、そこまで難しい読み方ではないと思います。

その名前の通り、試すという漢字と、金という漢字と、石という感じが組み合わさって出来ている言葉です。

なので、この言葉を切り離して考えてみると、試すは試算表などという言葉で用いられているので、読み方などもそこまで難しくないでしょう。

金はそのままきん、石はそのまませきと読めますので、そのまましきんせきと呼んでください。

意味について理解しておけば、読み方なども関連して覚えることが出来ますので、一連の意味を関連付けておけば暗記しやすいですよ。

️試金石の使い方

ここまでは試金石という言葉の用いられている意味や読み方などについてご紹介いたしました。

試金石という言葉を知らなかった方からすれば、初めに試金石という言葉を見た時に難しいという印象を持ったかもしれませんが、試金石という言葉の意味を正しく理解すればそこまで複雑な言葉の意味ではなかったと思えたはずです。

試金石という言葉の意味や読み方などを根本的に理解すれば使い方などもそこまで難しくはないかと思いますが、間違って認識しないようにここからは試金石という言葉がどのように実際に会話などで使用されるのか、例文を交えてご紹介していきたいと思います。

言葉の意味を知っていても、例文まじりになるとちょっと難易度が上がりますので、対応できなくなってしまう人もいるのが事実です。

意味を知っているのに複雑な使われ方などをすると理解できなくなってしまうのはもったいない事なので、この機会にいくつか例文などもマスターしておくようにしましょう。

これは重大な試金石となるだろう

まず初めにご紹介する試金石という言葉の使い方は「これは重大な試金石となるだろう」という例文です。

まずこの試金石と言う言葉を交えた例文を理解するためにはもう一度試金石という言葉がどういう風に意味をなしているのかという事を頭の中で描く必要があります。

そのためにもう一度先ほどご紹介した意味を振り返りましょう。

試金石が持っている意味は、「①金の品質を測るために用いられる石のこと、②実験的や試験的な様子が上手くいくかどうかを見極めるために行う事柄」となっていましたよね。

なので、この例文を全体的に考えて、どちらの意味合いがこの文書に適しているかを想像してみると、意味合いとしては②の意味合いが当てはまるとすぐにわかると思います。

つまりそのまま直訳して意味を考えてみるとわかると思いますが、この例文の意味としてはこれは重大な判断結果になるというような意味を表しています。

つまり、試金石という言葉は何かの実験を行ったりした時にその実験は、ある物事がうまくいくかどうか見極めを行うために行っているので、その実験がある物事を行うのに大きな判断材料となりという事を意味しています。

もちろんその実験が失敗すれば物事がうまくいかないでしょうし、逆に実験が成功すればその物事はうまく行く可能性が高くなるので総合的な判断を下す重大な指標となると考えることができます。

指標=試金石と考えることが出来ますので、このような形で試金石という言葉を使うことが出来ます。

簡単そうだと思っていても、実際に例文にしてみるとちょっとだけ難易度が上がったように感じる方もいるかもしれませんね。

使い慣れていけばそこまで難しくはないので、いくつか例文を目に通しておくとより理解いただけると思います。

本部の能力を問う試金石

次にご紹介する試金石という言葉の使い方は「本部の能力を問う試金石」という例文です。

この例文に関しても先ほどご紹介した試金石という言葉の基本的な意味合いを理解しておけばそこまで難しいものにはなりません。

試金石の意味である、実験的や試験的な様子が上手くいくかどうかを見極めるために行うという意味をこのまま当てはめて考えてみてください。

そうすると、この例文の意味は本部の能力を問う判断結果というような意味として用いることが出来ます。

まず、本部という言葉が使われるという事は何かしらの団体や会社などにおいての大本となる場所を示しています。

なので、本部などはその団体や会社の基盤になる最も力を持っている場所だと認識することが出来ます。

言ってみれば、本部の実力があるような団体や会社に関しては力を持っている存在であると考えることが出来、逆に力をもっていなければ、名前ばかりで実質は頼りない存在であると判断することが出来ます。

なので、本部が本当に力をもっているのかどうか、結果次第でわかりますよ、という意味として解釈できます。

これは会社などでもよく用いられる場合などが多いですし、政治などに関しても用いられる場面は多いと考えることが出来ます。

これからを示す試金石となる

次にご紹介する試金石という言葉の使い方は「これからを示す試金石となる」という例文です。

この例文に関しても先ほどご紹介した試金石という言葉の意味合いがそのまま用いられるようになります。

なので意味を直訳するとこれからを示す判断結果となると考えることができます。

この例文は様々な場合で用いることができます。

例えば、人間であれば未知の経験に対しては当然今後どういう結果が生まれるのかわからない場合が多いです。

これは理科的な実験でもそうですし会社の新しい方針に関しても全て当てはめることができます。

わかっていることや一度経験したようなことであればそれを行うときにある程度の結果について予想することができるかもしれませんが、何も経験したことがないようなことであったりそれに関するデータが揃っていない場合に関しては全くわからないのが当たり前です。

だからこそ何も分からない状態で突っ走ってしまうのは単なる無謀な策だと判断することはできますので、いきなり大胆な行動に出るよりもそれが本当に正しいのか確かめるために、何か別の事を行って、そこまでリスクを被る心配がない程度に冒険するような事を行う場合がほとんどです。

なので、そのような試しで何かを行って、本来の目的がうまくいくかどうかを確認する時などに用いられるような例文です。

日常生活においてもたくさん使い機会が存在していますので、当てはまる機会があれば積極的に使用してみるとより理解が深まると思いますよ。

成功するかどうかは彼が試金石だ

次にご紹介する試金石という言葉の使い方は「成功するかどうかは彼が試金石だ」という例文です。

この例文に関しても先ほどご紹介した試金石という言葉の意味合いがそのままを用いられるようになります。

この例文に関しては今までご紹介したきた例文と少しだけ違う感じがしますが、これまでは物事に対して試金石という言葉が使われるようになっていましたが、今回は人に対して試金石という言葉はあてがわれている事が理解いただけると思います。

このように試金石という言葉に関しては様々な意味にあてがわれることが出来ますので、 物に対しても人に対しても使うことができます。

そのように考えてみるとほど例文は成功するかどうかは彼が判断結果となると考えることができます。

つまり、物事が成功するかどうかについては彼が結果を出せるか出せないかで大きく変わるという事を物語っている言葉です。

この例文に関しては解釈が難しく感じる方もいるかもしれませんが、元々試金石の言葉の持っている意味は、「物の価値や人の力量などを計る基準となる物事」というような意味を持っています。

この場合、人の力量などを~というような意味として用いることが出来ますので、この例文でいう彼の実力を測る基準となる物事としてとらえることが出来ますので、彼の実力があれば成功するし、実力がなければ成功しない、つまり彼の実力を図るための材料として考えることが出来るという事です。

この例文は会社において使われることが多いので、ある程度理解しておけば利便性が高く使うことができます。

この件を解決させることは政府にとっての試金石である

次にご紹介する試金石という言葉の使い方は「この件を解決させることは政府にとっての試金石である」という例文です。

この例文に関しても先ほどご紹介した試金石という言葉の意味合いがそのまま用いられるようになります。

試金石という言葉の中の「物の価値や人の力量などを計る基準となる物事」という意味を考えていただけると、わかると思います。

つまりこの例文をそのまま直訳するとこの問題を解決させることは政府の価値をはかる基準となる物事であると考えることができます。

つまり何らかの問題が発生してその問題を解決する能力があるのかないのかは、政府にとっての力量次第であると考えることが出来ます。

ある程度力のある政府であれば問題を解決することが出来ますし、力のない性格であれば問題を解決することはできない、つまりこの問題が存在することは政府にとって力量を測る基準となる物事であると考えることができるというわけです。

このようにいくつか例文を紹介してきましたが、一通りの例文を理解することによってある程度試金石という言葉がどの様に用いられるのかということが理解いただけたと思います。

難しい例のものもありますが、ある程度例文の意味合いはすべて似ている場合などが多いので、基本的な意味を理解しておけば理解する事は難しくないです。

️試金石の類語

ここまでは試金石という言葉の使い方を試金石という言葉を用いた例文を題材にしてご紹介しました。

ここまでご紹介してきた内容を全て踏まえると意味や読み方、使い方など一通り理解いただけたと思います。

この時点で試金石という言葉はほぼ理解いただけているといっても過言ではありませんが、最後に試金石という言葉について理解いただきたい点として、試金石という言葉の類語について理解していただきたいです。

試金石という言葉の意味を考えてみると、似ている言葉がいくつか存在している事に気づいた方もいらっしゃると思います。

日本語はたくさんの言葉が存在しておりその言葉が持っている意味に関しては似ている単語が少なからず存在しているのが事実です。

言葉の意味が似ていると間違って使ってしまったりする可能性なども考えられますので、ある程度似ている単語についても意味を理解しておくと、より試金石という言葉を間違えずに使うことができます。

似ている意味だとしても根本的に少し意味が違ってくる場合などもありますので、正しく理解するためには必要不可欠な項目なのでこの機会に合わせてマスターしておきましょう。

物差し

まずはじめにご紹介する試金石という言葉の類語については物差しという言葉です。

物差しという言葉が持っている意味は「物の長さを測る道具、たけやプラスチックや鉄などで細長く形作り目盛りをつけたもの、価値・程度などを判断する基準」という言葉の意味を持っています。

物差しという言葉の意味を理解したところで、試金石という言葉の意味と照らし合わせてみると、物差しの「価値・程度などを判断する基準」という言葉と似ている表現であると判断することが出来ます。

これは試金石の「物の価値や人の力量などを計る基準となる物事」という意味とまったく同じであると考えることが出来ます。

具体的に細かく考えてみるとちょっとだけ意味は違うかもしれませんが、大抵の場合は併用して使うことができるような言葉です。

例えば、成功するかどうかは彼が試金石だという例文を、成功するかどうかは彼が物差しだ、というような言葉に置き換えたとしても、そこまで違和感を感じなく、意味も伝わると思います。

正しいのは試金石という言葉を使った方がより意味や状況を理解できるかもしれませんが、そこまで大きく意味は異なっていませんので、この機会に似ている言葉も理解しておきましょう。

規格

次にご紹介する試金石という言葉の類語については規格という言葉です。

規格という言葉が持っている意味は、「①工業製品、材料、工程などに対して定めた基準、②物事の基準となる社会一般の標準」という意味を持っています。

つまり、規格という言葉における試金石と似ている意味は②であると考えることが出来ます。

②の意味と、試金石の持っている「物の価値や人の力量などを計る基準となる物事」という意味が似ていると考えることが出来ます。

細かく突き詰めると意味は少し違う様に感じるかもしれませんが、根本的な意味はある程度同じです。

なので、規格という言葉を試金石という言葉で変換する事が出来るかもしれませんが、厳密にいえば代替できるまでは似てはいません。

例えば、成功するかどうかは彼が試金石だ という言葉を 成功するかどうかは彼が規格だと言われてもあまりぱっとしないと思います。

彼を規格にして考えるなどと表現すればまだ意味は通じるかもしれませんね。

いずれにしても意味合いとしては似ている意味として捉えることができますのでこの機会に意味をインプットしておくと、試金石に関連して規格という言葉の複雑な意味なども理解いただけると思います。

基準

次にご紹介する試金石という言葉の類語については基準という言葉です。

基準という言葉が持っている意味は、「物事の基礎となるよりどころ」というような言葉の意味を持っています。

つまり、 試金石という言葉が持っている「物の価値や人の力量などを計る基準となる物事」という意味と似て考えることが出来ます。

基準という言葉は日常生活の中でも比較的多用している言葉でもありますので、想像する事がかなり容易であると考えられます。

厳密に考えるとちょっと違うような気もしますが、意味としてはある程度に通っている意味としてとらえることが出来ます。

例えば、成功するかどうかは彼が試金石だ、という言葉で同じような意味で表現する場合は、成功するかどうかが彼の実力の基準となる、と表すことが出来ます。

言葉の使い方は違うかもしれませんが、組み合わせや使い方を意識すれば同じような意味の文章は作ることが出来ます。

ある程度他の能力なども求められますが、基本的な意味を両方理解しておけば表現するのに困る事はなくなりますよ。

️少し難しい言葉、試金石を覚えておこう

今回は試金石という言葉の意味や読み方、例文を交えた使い方、そして類語などについてご紹介していきました。

試金石という言葉ひとつだけ理解するにしても、複雑な意味を持っていたり、実際に例文として使ってみると意外と理解するのは簡単でも使うとなると頭を使うという事がお分かりいただけたかと思います。

また似ているような意味も複数存在しているので、頭の中で混同してしまいがちになる方もいると思います。

少し難しい言葉かもしれませんが、意味を正しく理解しておけば大きく間違った使うような事はなくなります。

社会人になるといきなり難しい単語などを使われる場合などが多くなりますので、ある程度難しい言葉なども覚えておいて損はありません。

博識だと周りから思われるきっかけにもなりますので、言葉についてはある程度理解しておくように工夫してみてください。