人間社会におけるパワーバランスは、家庭・学校・会社などあらゆる組織内、人が存在する場所全てにあるものです。

このパワーバランスを正確に把握して、行動することができると、人付き合いはとても円滑なものになります。

組織での集団行動や連携が苦手だと思っている人は、一度自分の置かれている立場や全体のパワーバランスを見直すことで新しい発見があるかもしれません。

パワーバランスとは

そもそもパワーバランスとは一体どんなものなのでしょうか。

漠然としたイメージはあっても、実際にどういった要素から成り立つものなのか詳しく見てみましょう。

パワーバランスの意味


パワーバランスというのは、集団における力関係を指す言葉です。

人と人との力関係のバランスを表しており、このバランスが均衡に保たれているほど、その集団はうまく機能することができます。

このパワーバランスは目に見えるものでも、数値化されたデータでもなく、とても精神的な部分に関するものです。

非常に不確かなものですが、このパワーバランスこそが人間関係を良好に保つためには絶対不可欠の存在だと言えます。

権力の均衡状況

例えばAとBという2人の人間がいるとして、その2人に関係があるとしたならば、その2人の間には必ずパワーバランスが存在します。

それが対等な立場の人間、すなわち友人と言う立場であっても、上司や部下といった関係であっても同じことです。

パワーバランスは人間同士だけでなく、会社間や国家間にもあります。

基本的に同じ存在同士の間に生まれる力関係なので、人と会社の間にはパワーバランスというのは無いと考えてよいでしょう。

人は人同士、会社は会社同士、国は国同士の間でそれぞれパワーバランスがあると考えてください。

対象が人の場合、2人の人の間のパワーバランスはそれぞれの人が持つ権力(パワー)がどういった割合なのか、どちらが優位なのか、といった部分をかんがみて、2人の関係がどんなバランスで成り立っているのかを見るものです。

簡単に言うと人同士の上下関係や優位性などにおける、力の誇示と同じようなものですね。

力のバランス


パワーバランスは端的に言うと力関係の釣り合いです。

力関係において、それぞれの境界線はどこにあるのかを見るために重要なものになります。

このパワーバランスは、人が個人的な能力で築き上げていけるものもあれば、世間一般の常識で、予め暗黙の了解として認知されているバランスもあります。

例えば上司と部下、先輩と後輩、上級生と下級生、はたまた本社と子会社、請負元と下請けといったものです。

こうした上下関係は、パワーバランスを判断する基準となるものです。

これは2つの個体が出会った瞬間から決まっている関係であり、社会の節理と言っても過言ではありません。

もしも仮に、パワーバランスでは上位にいる上司より、部下の方が優れたパワーを持っていたとしても、だからといって立場がそう簡単に逆転することはありません。

パワーバランスは、ただ単にその人個人の能力値同士を比べてはかるものではないということです。

最初の関係が決まってしまうと、そこから改めてパワーバランスを覆すのは至難の業です。

パワーバランスという商品も存在する

ネットで“パワーバランス”と検索をかけると、ヒットするのは上記で紹介した精神的な部分の関係を指すものではなく、あるアイテムが上位に挙がってきます。

実は“パワーバランス”という名前のついた商品が発売されており、「パワーバランスとはなにか」と聞くと、こちらの商品を思い浮かべる人も多いと思います。

パワーバランスという商品は、シリコン製のブレスレットです。

一見腕につけるタイプのアクセサリーなのですが、ただおしゃれの為につける装飾品ではなく、人の身体的なパワーバランスを整えるために効果があるとされている商品となっています。

なんと、人の呼吸や鼓動など運動に用いる器官へ働きかけて、体全体の巡りを良くしてパワーを惹きだしてくれるという優れもの。

こうやって聞くと、少々胡散臭い気もしますがパワーバランスには、体内の磁気バランスを修復し、補正するための電気周波数が内蔵されていて、人体の調和平衡を取り戻すために有効とされています。

販売以降、テクノロジーを屈指して生み出された画期的なアイテムとして人気を集めました。

身に着けるだけでパフォーマンスを向上できるという手軽さも売りのようです。

ブレスレットで、スポーツをする方には支持されている

このパワーバランスは、スポーツマンや海外セレブからも愛用されています。

アスリートが練習や試合の際などに着けている姿も度々紹介されました。

流行に伴い、類似品が出回りましたが、本来正規品は全て米国のソフトウェアが開発しており、本物の証として個別IDナンバーが記されているということです。

誤って偽物を買わないように注意しましょう。

また、パワーバランスにはブレスレットのほか、ネックレスタイプなども開発されています。

よくある人間関係のパワーバランスとは?

ではここからは、人間関係でよくあるパワーバランスについて詳しく見て行きましょう。

パワーバランスの均衡が正しく保たれていないと、なかなか思うような関係を築けなかったり、人間関係に違和感を感じて悩むようなことにもなりかねません。

人付き合いと言うのは、生きていく中で切っても切り離せない問題なので、もし少しでもわだかまりを感じている人は、これを機会に解消していきましょう。

立場と経験

パワーバランスには、先ほど紹介したように組織内の上下関係や、立場の関係性によって基本の判断基準があります。

まず、パワーバランスで最優先となるのが“立場”です。

自分の置かれているポジションによって、パワーバランスの比率は大きく異なります。

例えば会社であれば、代表取締役社長を筆頭に部長、課長、係長といった役職がパワーバランスに直結します。

こうした立場を除けば、年齢による上下関係が基本となりますが、会社での立場は、年齢にさえも勝るものなので、入社歴によって一般社員よりも係長のほうが年齢が若いというケースも少なくはありません。

しかしこういう場合、やはりパワーバランスにおける年長者という要素の強さから、「年上の部下はどうにも扱いにくい…」「自分の部下だとは言え、年上の方だから言いたいことが言えない…」などと言うような悩みに直面することも多いでしょう。

部下からしても「年下に指示されるのは癪に障る…」といったように劣等感を感じるこものです。

これはパワーバランスが上手く保てていない状況だと言えます。

会社では年齢に関わらず、立場を優先し、毅然とした態度で職務を全うできてこそ、正しいパワーバランスを成り立たせていけるのですが、そこは手腕が試される部分だともいえます。

次にパワーバランスで重要なのが“経験”です。

人の経験年数は、固有のスキルとして重宝される部分です。

ある会社で業務経験5年のAさんが居た場合、その会社に後から入ってきたBさんの業務経験が10年だとするとどうでしょう。

会社という組織の中ではAさんが先輩ですが、業務経験としてはBさんのほうが先輩と言うことになります。

このAさんとBさんのパワーバランスは非常にはかりにくいものです。

Aさんからすれば「業務年数はどうあれ、この会社での上司は自分だ」というプライドがあるでしょうし、Bさんからすれば「自分の方が仕事ができるのに、どうしてあの人が上司なんだろう」という不満があるでしょう。

途中入社や転職した人は、こうした社歴と業務経験の壁によって、上司との関係性に困惑し、なかなか本来のパフォーマンスを発揮できなかったりすることもしばしば。

こう考えてみるとパワーバランスとは非常に難儀なもののように感じますね。

若手の社員と社歴の長いパートさんの関係

こういった、立場と経験という観点からみたパワーバランスでよくありがちな問題の一つに“若手社員”と“社歴の長いパート”というのもあります。

組織的なヒエラルキーとしては、社員はパートを管理する立場になるので、社員の方が立場は上です。

しかし、入社したばかりで社会経験も浅い若手社員ともなると、社歴の長いパートのほうが組織や社会の仕組みや業務内容に関して明るく、社内での立場が強いということになりかねません。

若手ということで年齢も若く、経験も知識も豊富なパートの年配者と比べるとその能力差は歴然です。

ですが、社員としてパートに対してへりくだり、従うような姿勢を見せることは良い判断とは言えません。

受動と能動

パワーバランスには、“受動”と“能動”という2つの面も関係します。

受動というのは簡単に言うと消極的で受け身であること。

他から促されるままに行動し、自らの意思を持った決定や判断ができないことです。

同じような意味合いの言葉を並べると、無抵抗、活気がない、言いなり…などが当てはまります。

それに対して能動というのは積極性で行動的であること。

自ら働きかけ、明確な意思を持って進んで行動する姿勢のことです。

同じような意味合いの言葉を並べると、活発・活気ある・盛んな・意欲的な…などが当てはまります。

いわゆる受動性のpassiveと活動的なactiveの違いということです。

この2つの行動原理はパワーバランスに大きな影響を表します。

受け身側と働きかける側の関係

なされるがままに全てを受け入れる受動的な人には、人を動かすようなパワーがありません。

そもそも他人どうこうという以前に自分自身のことさえも受け身で、人の言いなりになって受け入れてしまうような状態ですから当たり前です。

ですのでこうした受動的な人は、能動的な人によって影響され、コントロールされやすいということになります。

そう考えれば、この2つのパワーバランスがどのように成り立っているのかは歴然です。

完全に能動的な人のパワーが勝りっていることが分かります。

この受動と能動という素質は、性格的な部分が大きく反映されるので、年齢や立場などに関わらずパワーバランスが形成されることが多くなります。

年配で経験が長くても受動的な人と、若くて経験が浅いけれど能動的な人では、本来前者がパワーバランスの優位に立っている存在となるはずですが、受動的であるがゆえに能動的な若手にそのバランスを脅かされることもあります。

パワーバランスを早く理解するためには

パワーバランスは、元々の判断基準がありますが、その上で日頃の行いにより変化していくものです。

より良いバランスの均衡を保って、良い人間関係を形成していくためには、身の周りのパワーバランスをよく理解したうえで、自分の身の振り方を考えなくてはなりません。

力の関係を見誤ることがないよう、パワーバランスを理解するために気を付けるべきポイントを押さえておきましょう。

今回は人が生きていくうえで大切な関わり合いのひとつである職場での人間関係を基に紹介していきます。

主導権を握っているのは誰か

まず、人と人との関係における力のバランスを見る時は、その組織の中で誰が主導権を持っているのかを知る所からはじまります。

主導権を握っているということは会社を牽引する強いパワーを持っている人ということです。

組織で自分が働いていく中で、まず先輩や上司の言うことをきちんと聞くのは常識です。

そもそも自分と立場が違う人間との間でのパワーバランスというのは言わずもがなですから、知らなければいけないのは、更に奥深い部分です。

例えば、上層部の間で主導権を握っているのは誰なのか、先輩社員たちの間では?同期社員の間では?後輩社員の間では?明確になっているヒエラルキーの中で形成されてる力のバランスに目を向けてみましょう。

もちろん、そうしたパワーバランスのみで人をはかるのはナンセンスなことですが、各階層において主導権を握っている人物とより親密な関係を築いておいて損になることはありません。

逆に、そのパワーバランスの強い人間とトラブルに発展すると厄介と言うことです。

話の進行や行動の中心にいる人物を探る

主導権を握っている人を知るためには、周囲で交わされている会話やちょっとしたやり取りに目を向けてみるのが一番です。

会話の進行役となっている人や中心にいる人物、すなわち能動的な人を探すのです。

受け身ではなく周りに働きかけて、人を動かすことのできる人は、組織において強い存在となります。

周囲の人間は誰の言葉に耳を向けているか、話している時の反応の違いや姿勢から、人への信頼度や興味の深さはうかがえます。

主導権を握る人は良くも悪くも人から興味を抱かれ、アクションを引き出す力があるのです。

誰が誰に従っているのか、誰の言うことがこの場を動かしているのか、こうした人間観察を日頃から注意してみておくようにしましょう。

表だっていることがない場合もある

会社という組織では、上下関係が役職という立場や社歴という経験値によってハッキリしていることがほとんどですが、この2つの要素のみでパワーバランスが決定されるというわけではありません。

立場や経験に年功序列や受動と能動のような要素が加わると、面目上とは別に見えない部分でパワーバランスが形成させていることがあるんです。

見えないところでバランスが保たれていることも

会社の重役などは、立場上でも経験上でも、大きなパワ―を持ち、人を動かす能力に長けている人だと感じるでしょう。

しかし実際はその人物を支えている他のパワーがあるかもしれないということです。

それこそ会社の秘書的な立場の人や、補佐というような一見パワーバランスでは弱い位置関係に居そうな人たちが、実は隠れたところでその力を発揮していることも少なくありません。

見える情報だけでパワーバランスをはかるのではなく、もっと突き詰めた部分まで注視してこそ、本当に必要な情報が得られるようになるでしょう。

情報を仕入れる

表面上で成り立つ上下関係がイコールで本質的なパワーバランスではないということは、力関係を正確に把握するためには、色々な方面から情報が必要になります。

それに、組織内におけるコミュニケーションは、パワーバランスに変化を与える大きな要素です。

自分と同一の立場の人はもちろんですが、上下関係が明らな人との交流は非常に大切。

組織全体がどういったパワーバランスの下に成り立っているのかを知るには、上も下も関係なくできるだけ多くの情報を仕入れましょう。

普段はあまり関わり合いを持たない人や、別の部署の人であっても、繋がりがあるのとないのでは、大違い。

実はこうした情報を仕入れることによって手に入るのは、単にパワーバランスの情報だけでなく、強力な権力にもなり得る人脈づくりにも繋がるので積極的に取り組むことが重要です。

しかし上の人ばかりと親しくしたり、下の人ばかりと仲良くすると「取り入ろうとしている」と周りから良く思われないので、上下関係の縛りなく多くの人と万遍なく交流するのが肝です。

決して八方美人にならないように、良い話題、良いアクションでコミュニケーションをはかりましょう。

権力者の秘密や真の権力者について情報通から話を聞こう

人間関係やヒエラルキーというのは、ストレスの原因や悩みとなることも多い問題です。

こうした中で、権力を持っている人の情報を掴んでおくことは、自分の心の均衡を保つために有効な手段です。

その情報を使う、使わないということに関係なく、人の知らない情報を手に入れていることによる優越感や余裕が生まれることで精神面に変化が生まれるのです。

良い情報にせよ悪い情報にせよものは使い道です。

それに「知らぬ仏より馴染みの鬼」ということわざのように、仏のように良い人でも知らない人ならば鬼のような人でも良く知っている人には及ばないということ。

ですので、鬼のような人でも疎遠であるよりは、親密度が高いだけその人への信頼や情が大きいということですね。

それに情報を仕入れていく中で、苦手な人の意外な一面を発見するなど、イメージアップに繋がり、苦手意識が改善されたりするようなこともあるでしょう。

良い印象の人が実は悪い人だった…なんていうことも無くはないので、逆もしかりですが、こうした人の関係の本質を知ることで、最も有益かつ信頼できる人付き合いができるようになるというものです。

本人たちと交流を図り情報を仕入れるのが一番確かですが、やはりどこにでも情報を統べている情報通や裏で人をまとめているような隠れた権力者がいますので、そことのパイプを持つことが最優先事項です。

権力の順序を探る

人同士のパワーバランスのはかり方が分かってきた人は、そのバランスから権力の順序を想像してみましょう。

これには完璧な正解があるわけでもありませんし、答え合わせができるわけでもありませんので、あくまで自分の中での順序予測となります。

年齢や立場に捉われず、あなたなりに導き出した順序を基に、上位の人との関係をより強固なものにしていくと良いでしょう。

どのような構図になっているのか

人間関係はピラミッドです。

上位になればなるほど人の人口は減っていくので、その他大勢よりは頂上付近の数名との関係を最重視しましょう。

その上で、上位にいる人と関係の深い人をピックアップして網羅しておくことも忘れてはいけません。

結局は上位の人たちはピラミッドの下の階層がなければ立てないポジションなので、その人たちを持ち上げ、支持している人達を疎かにしてはパワーバランスは崩れます。

すぐには理解できない

パワーバランスはそう簡単に理解できるものではありません。

その組織に属してある程度の年月が経ってからでないと、なかなか正しい答えにたどり着くのは難しいでしょう。

人は第一印象と互いの距離が縮まってからみせる姿とでは、その印象が大きく異なることがあります。

それに誰もがすぐに人の本質や関係性を理解できる能力に長けていたら人付き合いはもっとシンプルで明瞭なものであるはずです。

日々観察をして理解していかなければならない

人間には表の顔と裏の顔があります。

仕事用の顔とプライベートの顔を使い分けることは社会人としてマナーでもあるので、それは決して悪いことではありません。

ですが、いろいろな表情を持つからこそ理解することは容易ではなく、辛抱強い経過観察が大切になります。

日々仕事をしながら見えてくる部分もあれば、一緒に談笑したり食事に行ったりすることで見えてくる部分もあります。

意識していなくては見落としてしまうようなことも多いので、自然と人の表情や仕草を観察する癖をつけてみましょう。

いろいろな人を観察しているうちに、些細な変化から人の感情の変化や考えを読み取れるようになるはずです。

周りの変化に敏感な人は、目配りや気配りもうまくできるようになるため人間力の部分も自ずと高まっていくでしょう。

パワーバランスと上手くつきあっていくためには

ここまで紹介したように、人の世にはあらゆる部分に大小さまざまなパワーバランスが存在しています。

このパワーバランスを無視して生活することはできません。

自分が自分らしくあるためにも、きちんとバランスをはかり、調和性のとれた生き方をしていくと良いでしょう。

しかしパワーバランスを重んじるあまり、自我を押し殺したり我慢したりしていると、とても息苦しく窮屈な思いをすることになりますので、周囲とのバランスを上手く保ちながら付き合っていく方法を考えてみましょう。

ぶつかり合いには巻き込まれないこと

パワーバランスが分かっていれば、人同士の相性やいがみ合いなど、人間関係の闇も見えてくるはずです。

そうした問題には絶対に首を突っ込まないようにしてください。

なぜパワーバランスを知る必要があるのかと言われれば、第一に人同士の衝突やいざこざなど面倒な事態から回避するためではないのでしょうか。

折角観察して知った情報をうまく活かさなくてどうしろという話です。

組織内でのいさかいは激化すると仕事の進行にも影響をきたします。

職場というのは人生の内、半分以上を過ごす場所なので、その環境は人にとって非常に大事なものです。

可能な限り自分の負担になるようなことにならないよう、自衛していくことが重要になります。

パワーバランスに悩まされる原因にも

パワーバランスによって、なかなか自分の思うように行かないことってよくある話です。

パワーバランスに押されて、本当にしたいこと、本当に言いたいことを飲み込んで受動的な立場になってしまっている人も多いと思います。

こうした状況を打破するには、やはりパワーバランスをうまく利用するしかありません。

目には目を歯には歯を、パワーバランスにはパワーバランスをということです。

悩んでいる時は、上下関係のパワーバランス、年齢によるパワーバランス、経験によるパワーバランスなど、自分がうまく立ち回れない理由となっているパワーを制するにはどうすべきなのか考え、行動すべきです。

自分が少しでも優位な立場になるためには、どういったパワーを身につければよいのかを考察しましょう。

そのために必要なのは仕事での成果かもしれませんし、上司からの評価や部下からの信頼かもしれません。

それともコミュニケーションや人脈づくりかもしれません。

いずれにせよ、自分に不足している部分を見極めて、能力を高めなければパワーバランスに変化は起こりません。

今の立場に満足していない人は、ぜひ能動的に行動してみてください。

そして、こうした対策を投じるためにも、現状のパワーバランスのリサーチをしておくことが不可欠ということになります。

息抜きも大事

とはいえ、ずっと神経をとがらせて周囲を観察してばかりいると、どうしても疲弊してしまいます。

他の人よりプラスアルファの行動をすることで自分にとってもプラスの影響があることは確かですが、時には息抜きをすることも大切です。

息抜きしたい時は、それこそパワーバランスが上手に保てている気の置ける友人なんかと気楽な気分で遊んだり飲んだりするのが一番。

もしくは、自分よりも優位な相手にあえて甘えてみたり、部下や後輩に頼られる先輩という立場としての立ち居振舞いをして気持ちを入れ直すのも良いでしょう。

実は人は、無意識のうちにその時々の気分によって、自然とパワーバランスの関係を考慮しながら接する相手を選んでいたりするものです。

気の張りっぱなしではもたない

人に大切なのはオンとオフの切り替えです。

仕事ができる人というのは、私生活とプライベートのスイッチを上手に切り替えて、その時やるべきことに集中できる人が大半。

ですから、いつもいつも全力で臨んでいるのではなく、抜く時は抜く、やる時はやるというメリハリを付けましょう。

無理を続けると、自分の為にもなりません。

余裕のある時に見える景色と、そうじゃないときに見える景色は、同じものでも受け止める時の心情や感情によって全く違うものです。

パワーバランス云々を差し置いても、いつもカツカツして余裕がない人間では良い関係を築いていくことは難しいでしょう。

ストレスを溜め込まない

ストレスは人の人生に影を差す厄介な存在です。

社会人にもなると、こうしたパワーバランスや上下関係など、人付き合いにおける部分でストレスを感じている人も大勢います。

ストレスが溜まっていると、捗るものも捗らず、表情も暗くなり、心がふさぎ込むなど、どんどんマイナスな現象ばかりが引き起こされます。

ストレスを溜めこんでしまう人は、自分への苛立ちや周りへの不満など、事あるごとにイライラとしてしまうものです。

こうならないためにも、身の周りの環境を整えておくこと、そしてパワーバランスを把握しておくことは重要になります。

パワーバランスを知るために視野を広く持つこと、大きな枠で自分を捉え新しい可能性や次の一手を見つけること、周囲と円滑なコミュニケーションをとり支え合うこと。

自分の理想とする環境を生み出すのは、会社でも社会でもなく自分自身だと心得ましょう。

ストレスが原因で考えすぎることも

ストレスが溜まっていると思考回路はどんどんマイナスに向かい、余計なことまで考え込んでしまったり、ありもしない被害妄想に捉われたりしてしまうことも。

「どうして自分はこうなんだろう…」と自虐的になったり「もしかしてあの人に嫌われているかも…」など、何の根拠もないことで考え込んでいても全く不利益です。

自信を持って前向きに進んでいくエネルギーが大きい人ほど、周囲から期待され、頼りにされる人材となります。

いつも暗いことばかり考えている人には、何かを任せたりすることはおろか、信頼するなんて以ての外でしょう。

ストレスは溜めないこと、溜まったらすぐに解消すること。

問題は作らないこと、できてしまったらすぐに解決することが鉄則です。

ストレスはマイナスしか生み出しません。

特に受動的な人はストレスを上手く発散できない傾向が強いので要注意。

周りを見るばかりではなく、自分ともしっかり向き合いウィークポイントを強みにかえていく上昇志向も大切にしましょう。

まとめ

パワーバランスとの向き合い方やこうしたバランスの上手な活用方法について、自分の役に立つような情報は見つけられましたでしょうか?ぜひ、自分が自分らしく過ごせる環境を築くためにも、周囲との調和や均衡を重視して、快適なライフスタイルを送りましょう。