CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

仁義を切るとはどういう意味?仁義を切らないとどういうことが起こるのか、ビジネスシーンでの使い方・例文・同義語・英語表現を紹介

ビジネスシーンにおいて上司などから「君は仁義を切ったのかね?」だとか「一応は仁義を切っておくように」なんていわれたことがありませんか?

仁義を切る”という言葉の意味を知っていれば、すぐにでも返事を返すことが出来るでしょう。

そこでこの記事では、”仁義を切る”とはどういう意味なのか、仁義を切らないとどういうことが起こるのか、ビジネスシーンでの使い方、同義語などをお伝えしていきます。

この記事を読めば、”仁義を切る”という言葉を受身で受け取るだけではなく、使いこなせること間違いなしです。

この記事の目次

仁義を切るとはどういう意味?

仁義を切るには「①ばくち打ち・香具師 (やし) などの間で、独特の形式に基づいた初対面のあいさつを交わす。」「②仕事上のことなどで、事が円滑に運ぶように同業者などに挨拶をしておくこと。」という2つの意味があります。

ビジネスシーンで使う場合「連絡をする、(何かあること・用件・現在の状態状況などを)伝える」という意味合いになります。

元々の意味

”仁義を切る”という言葉は、ビジネスシーンだけで使われているわけではありません。

ドラマや映画などで極道の人が使っていたり、中国の儒教についてのべられている書籍などに登場することもあるのです。

ビジネスシーンにおいて使われている”仁義を切る”という言葉が出てくる前に、もともとは極道などが使っていた”仁義を切る”という言葉がありました。

その前は、なんと中国の儒教において「仁義を切る」という言葉での意味で使われていたのです。

要するに、数十年前までは現代のようにビジネスシーンにおいて「仁義を切る」という言葉があまり使われていなかったことになります。

そのため、”仁義を切る”という言葉の元々の意味は儒教からの教えでの意味における「人が守るべき、守って当たり前な道徳」というものでした。

儒教というのは、日本の武道や武士の方たちの戦いの軸になっていたことでも有名ですよね。

それは”道徳を守る”という意味合いがとても強かったからなんです。

ビジネスシーンにおいても、どんなときでも”常識”だとか”道徳”というものが求められています。

道徳のない人間というのは、それだけで信用を得ることが出来ません。

たとえ信用を得ることが出来たとしても”道徳がない””その気持ちがない”ということが相手に伝わってしまえば、培ってきた信頼を失うことになってしまいます。

そのような道徳を重んじるやくざ社会においても、この”仁義”という言葉が遣われるようになりました。

特にやくざ社会では、縦のつながりが重要視されていますよね。

上の者を敬い、そしてその世界に伝わる道徳だとかを守ることが出来なければ、破門されてしまうかもしれません。

”仁義を切る”という言葉は、その業界内において「挨拶をする」そして、その業界内で守られている「ルールに従うと宣言する」という意味になります。

このように中国からの教えからのやくざ社会における”仁義を切る”という言葉の意味が、現在ビジネスシーンで使われている”仁義を切る”という言葉の元々の意味になります。

転じてどういう意味?

「ルールに従う」「業界内で挨拶をする」ということを考えると、「伝える」「自分から相手に発信する」という意味が共通しているのがわかるでしょうか。

これらから、現在のビジネスシーンで使われている”仁義を切る”の意味である「連絡をする」「相手に伝える」という意味に伝わったのでしょう。

とはいえ、なかには「業界内で挨拶をする」意味で使っている人もいます。

しかし、口頭で「仁義を切るように」と言われるような場合は、そちらの意味ではなく「(相手方などに)連絡をする・一言いれるように」という意味合いになるということを肝に銘じておいてください。

そもそも「仁義」とは?

そもそも”仁義”とは、「人が守るべき、守って当たり前な道徳」という意味合いになります。

また「道徳」とは、「生活を営んでいく上ですべての人が守るべき基準」のことをさしています。

要するに、社会ルールや暗黙に多くの人がしたがっているルールのことになります。

また、反対に不道徳というのは、そのように守るべきものから逃れ、本来であればやってはいけないということをやってしまうことをさしています。(窃盗・人殺し・不倫など)

ビジネスシーンにおいてもやっていいこととよくないことがありますよね。

まさに相手方に連絡をすること、伝えることというのは、とても重要なことであり、またできて当たり前のことであるということなのです。

ビジネスシーンで良く使われるようになった

”仁義を切る”という言葉は、もともとは中国の言葉で、しかも日本で使われるといってもやくざ社会のみでした。

しかし、現在では一般的なビジネスシーンでも「仁義を切る」という言葉が使われているんですよね。

そのため、まだ聞きなれない・見慣れない人にとっては少し違和感を感じてしまうかもしれません。

それにこの”仁義を切る”という言葉は、すべての業界で使われているということではなく、現在では特定のジャンルの業界でよく使われます。

では、どんな業界で主に使われているのでしょうか。

どういう業界でよく使われている?

”仁義を切る”という言葉は、主に広告・出版・テレビ関係の業界で使われることが多いです。

これらの業界に共通しているのは、”まったくないものを作り出す”ということ。

要するに、これまでに存在していなかったような新しい何かを作るためには、連絡をすることがとても重要だということなんですね。

ひとつの番組を作るにしても、その番組の製作者は出演者・演出家・さらには衣装担当…まで色々な人を手配しなければなりません。

「いつもの関係だから」と連絡を怠っているといざ撮影日になったときに衣装さんがこない、メイク担当がこない…なんてなってしまいかねません。

そうするとひとつのテレビを製作することが困難に。

ゼロから作り出し、さらに色々な意見を取り入れるからこそ面白いものを作れるんですね。

関係者に一言連絡を入れること

広告・出版・テレビ関係の業界においてでも”仁義を切る”という言葉は、「連絡を入れる・一言伝える」という意味合いで使われます。

特に「関係者」に一言連絡を入れるという意味合いで使われることが多いです。

また、暗黙のルール(社内規定にしているところもありますが)で社外や関係者以外には伝えてはいけないとしていることも。

そのため、この業界で「仁義を切るように」といわれたのであれば、そのプロジェクトや仕事に関わる人にしか連絡を出来ないということになります。

問題が起こるのを事前に避ける

このようにあらかじめ仁義を切っておけば、あとあと問題が起こったとしても周囲の人が知っているので臨機応変に全体で対応できるようになりますよね。

また、なにかひとつの仕事が終わった後であっても、安心することはできません。

数日、数ヶ月たった後に問題がおきてしまうなんていうこともよくあることだからです。

その点で仁義を切るようにしておけば、「こんなこと知らなかった」「こんなこと聞いていなかった」「これは打ち切りだ」なんて大きな問題に発展させるようなことはないです。

問題を起こさないためにも、問題がおきても臨機応変に対応するためにも仁義を切るということはとても重要なことになります。

仁義を切らないとどういうことが起こる?

では、仁義を切らない人というのは、相手からどのように見られてしまうのでしょうか?

また、どんな問題が発生しやすいのでしょうか?

1.礼儀知らずと認識される

連絡をしたり、一言伝えるというのは社会人にとっては”当たり前”のこととされています。

そのため、仁義を切ることが出来ない人は、そんなことをすると知る知らないに関わらず「常識のない人」と思われてしまうんです。

礼儀知らずだと思われてしまうと、なかなかそのレッテルをはがすことは出来ません。

2.以後取引してもらえなくなる

そのようなレッテルを貼られてしまったら、もうおしまいです。

なぜならば、それ以降は取引をしてもらえなくなってしまうから。

なかには、その後も取引をしてくれる会社もありますが、どこかで”レッテルを貼られた目”で見られているということをお忘れなく。

3.裏切ったと思われる

仁義を切らないとそれまでの商談を裏切ったとか、もらうだけもらってこちらのことは何も考えていないのではないか…なんて思われてしまうことも。

要するに”裏切った”と思われてしまいます。

「仁義を切る」の使い方・例文

では、実際に”仁義を切る”は実際どのように使うのでしょうか。

例文を見ていきましょう。

A社には仁義を切ったか?

もしもこのように上司などに言われたのであれば、この場合は「連絡をとったのか」「一言伝えてあるのか」という意味合いで解釈することができます。

きっとあなたは、A社との間に何かしらの契約をもっていたり、進行中の共同の仕事があるのでしょう。

相手が連絡してくれないからといって、あなたも放置しておいていいということではありません。

相手には仁義を切るという姿勢ができていないために、あなたの知らないところで何か問題が大きくなっていることがあるかもしれないからです。

仁義を切らなかったから破談になったんだ

このように言われたのであれば、きっとこれまでに他社との契約をするというシーンにおいて、お礼をしっかり伝えていなかったり、そもそも連絡を怠っていたのかもしれません。

学生時代であれば、担任の先生が「提出物早く出しなさい!」なんて言ってくれていたかもしれません。

しかし、社会ではそのようにいちいち「○○してください」と言ってくること事態が珍しいでしょう。

だからこそ、しっかりと自分で仕事を管理していなかくてはいけないんですよね。

この場合は、そのような連絡を怠ってしまった、重要な書類を送ることが出来なかった…なんて理由で破談になってしまったということになります。

仁義を切るの同義語

仁義を切るの同義語には「筋を通す」「報連相」「顔見せする」「礼を尽くす」「敬意を払う」「名乗りを上げる」などがあります。

では、これらの言葉にはどのような意味があるのか詳しく解説していきます。

筋を通す

「筋を通す」というのは、最初と最後で必ず物事が一貫していることをさしています。

また、道理にかなっているように自ら行動していくことです。

例えば、あなたの恋人が「毎月10万円を貯金している」とあなたに伝えているとしましょう。

そこには確固たる意思がみえていました。

しかし、いざ結婚するとなってその恋人の貯金額をきいてみると「30万円しかない」というのです。

この場合、貯金するといい始めてから3ヶ月しか経っていないのであれば、貯金額が30万そこらであるというのは理解できますよね。

しかし、その貯金をするといい始めてから2年たっていたらどうでしょうか。

本来であれば、12ヶ月×10万円=120万円の貯金がされているはずなんです。

要するに、最初にいっていたことと結果がまったく別のものになっているということになります。

相手のことがどんなに好きかもしれないですが、このように首尾が一環していない人というのは、第3者からみれば信用に値しない人になります。

また、会話をしているときでも最初にいっていた意見と、誰かの意見を聞いた後に発表した意見がかなり違っているとそこにも一貫性が見られません。

コロコロと考えが変わっていることになります。

このように”何に関しても一本の筋が軸となっている”ということを筋を通すといいます。

特にやくざ社会における”仁義を切る”という言葉は、この”筋を通す”という意味で使われていることが多いということを覚えておくといいかもしれません。

報連相

社会人になれば誰もが守るべきルールとされているのが”報連相”、通称「ホウレンソウ」ですね。

報告の「報」、連絡の「連」、相談の「相」の3つをあわせて報連相とよばれているんです。

仕事をしていると予期しない問題などが発生するのはよくあることです。

そんなときに一人でその問題を片付けてしまうおう考えていませんか?

たしかにあなたに任された仕事なのですから、あなたが責任を持って処理すべきです。

しかし、あなたが独断で動いたために他の社員だけではなく会社全体に迷惑をかけてしまうこともあります。

だからこそ、新入社員として入社したての頃はよく上司などから「何かあったらすぐに相談してね」「なんでもきいてね」「なんでも教えてね」「仕事が遅れそうなときも教えてね」といわれるわけです。

そのような言葉をもらってしまうと「自分は信用されていないのかもしれない」と思ってしまいがちですが、そうではないんですよね。

あなた一人の問題ではなく、会社全体の問題になりうるからこそそのように声かけしてくれているのです。

どんなにちょっとしたことでも相手に伝えておけば、その問題を大きくしなくてすむかもしれないですよね。

”仁義を切る”は、「相手に伝える」という意味をもっているとお伝えしました。

まさにこの”ホウレンソウ”は、”仁義を切る”とまったく同じ意味と考えてもいいでしょう。

顔見せする

忙しかったり、ちょっと面倒くさいと感じてしまうとどうしても電話やメールで済ませてしまいがち。

しかし、ビジネスシーンにおいては、しっかりと相手の顔を見て話したり契約を勧めていったほうが有利になったり、また良い商談を結べることが多いのです。

それに現代っことして育ってきた方にとっては、バイトの休む連絡などもラインやメールで済ませていた…という方もいるはず。

しかし、社会人になったのであればそれは通用しません。

そのため、「仁義を切ってこいよ」なんていわれるのです。

その際の意味は、連絡しろよ、でもなく「顔を見せてこいよ」という意味合いになります。

一言伝えるのはメールや電話でもいいですが、できれば相手の顔をみてしっかりと伝えましょう。

礼を尽くす

誰かになにかをしてもらったときには、感謝の気持ちを伝えるかと思います。

この”礼を尽くす”というのは、その感謝の気持ちを出し尽くす、しっかりと伝えるという意味合いになります。

これは”仁義を切る”において、なにか商談をして感謝すべきことがあったときに礼をたっぷりと伝えきるという意味合いに変化します。

ビジネスシーンにおいては、感謝の気持ちを伝えるのは基本中の基本です。

日ごろの感謝の気持ちは、あなたが話すことがなければ相手には伝わらないですよね。

それは、あなたの家族や恋人・友人でもそうでしょうし、ビジネスシーンにおける相手はもっとわかってくれません。

そのため、礼を尽くす(お礼をたっぷり伝え)ことを忘れないようにしたいですね。

仁義を切るときには、なにか悪いことを伝えるだけではなくこのような感謝の気持ちを伝えるということもあるということになります。

敬意を払う

相手に対して敬意を払わなければ、商談はうまくいきません。

敬意を払うとは、相手の存在を敬い、そしてその態度を示すことになります。

例えば、ちゃんとした敬称を使う、敬語を使う、相手がなにかをしてくれたら礼をつくす、何かをしてもらってばかりいるのではなくもちつもたれつの関係を作っていく・・・ということです。

何度も取引をしていると、ビジネスだということを忘れてどうしてもなあなあになってしまうものです。

飲みにいったり、休日は一緒にレジャーにでかけるような人もいますね。

それが悪いということではなく、仕事では仕事の顔で相手に接するべきなのです。

相手があなたに敬意を払っているのに、あなたが敬意を払わないようになるとその関係は崩れます。

敬意を払うということは、相手を上に上にあげるということ。

それを求めているわけではないけれども、見下されているような気持ちにさせてしまえば、「この人とは取引したくない」と思うようになりますよね。

そのため、仁義を切る際にもただ一言伝えるだけではなく、その一言に相手を敬っている敬意を払うことが必須とされているのです。

名乗りを上げる

あなたは、どこかのプロジェクトに参加するときにこっそりと参加していませんか。

また取引先の相手が話を進めてくれるまでじっと黙っているのではないでしょうか。

それでは、うまくいく商談もうまくいかなくなってしまいます。

そんなときにこそ”名乗りを上げる”べきなのです。

名乗りを上げるというのは、もともとは武士たちが戦いをする前に自分たちの名前を教えあうということで使われていました。

しかし、ビジネスシーンにおいてはそうではなく、「自分がそこに参加すると表明する」「その競争に参加することを意思表示する」ということになります。

要するにあなたの心の気持ちをあなたの心の中にしまっておくのではなく、相手にしっかりと伝えるという意味をもっているのです。

仁義を切るのもそれと同じこと。

自分がそれを理解している、失敗したということを理解している…そのようなことを相手に伝えるには、自分がそれをしっていると自分を認めていなければならないですよね。

「仁義を切る」の英語表現

仁義を切るを英語にすると、「inform in advance」=事前に伝える、「touch base」=…と連連絡する、などを使うことができるでしょう。

まとめ

今回は”仁義を切る”という言葉についてご紹介してきました。

いかがでしたか。

仁義を切るということは、主に「相手になにかを伝える・連絡する」という意味合いということを覚えておけば、間違いないでしょう。

また、仁義を切るということは良い人間関係を営むためにもとても重要なものになります。

それに自分さえ良ければそれでいいというのが通用しない社会だからこそ、仁義を切ることによって周囲への気遣いができる社会人になりましょう。

これからは自ら進んで”仁義を切る”ようにしてくださいね。

ページトップ