CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

病欠とは?欠勤や有給との違いや会社を休む時の注意点も併せて解説!


みなさんは病欠で会社を休んだことはありますか?仕事と言えど生身の人間がやっているため、体調を崩して病欠で休んでしまうことはありますよね。どんなに健康で滅多に風邪を引かない人であったとしても、たまに体調を崩してしまうのは仕方のないことです。今回の記事では、病欠する際の注意点や欠勤・有給の違いについて解説していきます。体調がどうしても悪くて病欠せざるをえない状況になると、体のしんどさも相まって段取りなども疎かになりがち。いざという時のために、きちんと知っておきましょう。

この記事の目次

病欠とは?


まずは病欠とは具体的にどの様なことなのかを詳しく見ていきたいと思います。

病気のために欠席、欠勤すること

病気のために欠席、欠勤することを病欠と言います。インフルエンザやウイルス性のものというのは、他の人に感染する可能性があります。そうなれば会社を休むしかありません。

また、病気の内容によっては長期休暇をしなくてはいけない事もあるかもしれませんよね。入院などをする場合も病欠扱いになります。

欠勤や有給との違い


ではそんな病欠ですが、欠勤や有給との違いがあります。

有給は、「有給休暇」を利用して休むので、基本的に給料が発生します。病欠や欠勤の場合は、休んだ分は給料が発生しません。ですが、病欠の場合、会社によっては有給扱いになることもあります。

欠勤とは

欠勤とは、給料が支払われない休みのことを言います。有給休暇が使えない休みです。そうなれば、その月の収入が減ってしまうでしょう。

有給休暇の範囲を超えて休む場合も欠勤扱いになってしまいます。また会社の了承なく無断で休んだ場合も欠勤扱いとなります。

有給休暇とは

有給休暇は、会社を休んだとしてもその休んだ日の給料が発生する休みのことです。有給休暇は年に取得する日数が決まっていますので、その日数分は休みを取得しても変わらずお給料がもらえます。

会社によっては何日か前には有給申請をして、上司に許可をとらなければならないこともあるので、急な休みには使えない場合もあるでしょう。

病欠の扱いは?

では病欠の扱いにはどのようなものなのでしょうか。

病欠の有給扱い

病欠が有給扱いの対象になる場合、給料の支払い対象になります。特に有給が余っているのであれば、その事も伝えて休むと良いでしょう。

また有給扱いにしてもらうことができれば、ボーナスや退職金の査定に影響がないというのも利点の1つです。ボーナスや退職金の査定に響いてしまうと、普段稼いでいる額より少なくなってしまい、同時に会社での影響というものもあるかもしれません。

先ずは病欠が有給扱いになるのかを確かめ、有給扱いにできるのであれば、是非有給を活用して体調を万全に整えるようにしましょう。

病欠の欠勤扱い

病欠の欠勤扱いの場合は、給料の支払い対象にはなりません。そのため、その月のお給料が減ってしまうことになります。

また、会社にもよりますが、ボーナスや退職金などの査定に影響をしてしまう可能性があります。そのため、取れるのであれば積極的に有給扱いにしてもらいましょう。

会社を病欠するときの注意点5個

では会社を病欠する時の注意点についてお話をしたいと思います。様々な注意点がありますが、会社に迷惑をかけない程度に休む事が大切になります。ではどの様なものがあるのか更に詳しく見てみたいと思います。

1.速やかに連絡をする

先ずは速やかに連絡をすることから始めましょう。病欠で休むとなった場合は、無断で休むことがないようにしましょう。

体調が悪いのは、その当日に分かることですよね。例えば朝起きて高熱だった場合、インフルエンザなどの病気である事も考えられます。なのでまずは「熱があって休む」という事を伝えて、その後に病院にいってどの様な診断だったのかを報告するのがベストでしょう。

電話で連絡!なるべくメールは避ける

どうしてもメールで連絡したい人もいるかもしれませんが、メールはなるべく避けましょう。相手がいつ確認できるかわかりませんし、他のメールに紛れて見落としてしまう可能性もあります。そうなれば無断欠勤扱いになり、周りからの評価も下がってしまうでしょう。

メールで伝えるべき状況は、就業時間前や深夜や早朝といった、相手が電話に出れない時です。相手が電話に出れる状況であるなら、必ず電話連絡をしましょう。

2.深夜や早朝に連絡したい場合

深夜や早朝に連絡をしたい場合は、ひとまずメールで連絡をし、電話ができる時間帯になったら電話を入れるという方法が良いでしょう。前日から体調を崩しているのであれば、その事も相手に伝えなくてはいけません。

夜に体調が悪くなることもありますよね。その場合、早めに上司に連絡しておけば次の日の仕事をカバーしてもらえるでしょう。また、相手がどうしても電話に出ないというような状況であれば、メールに「電話を何度もかけたが出なかったので」という事を伝えるべきです。

3.必須の連絡事項を確認

必須の連絡事項を確認することも必要になるでしょう。例えばこの様な仕事を変わりにやって欲しいという事や、この確認だけをしておいて欲しいというような事は必ず伝えましょう。

会社の人や取引先の人に迷惑をかけないように漏れなく伝えるようにしてください。

4.有給休暇を使用する場合

有給休暇を使用する場合はその事を伝える必要があります。伝えなければ欠勤扱いとなってしまうかもしれません。

病欠で有給を取ることができるにも関わらず、欠勤になってしまっては損ですよね。なので有給休暇を使用する場合は、きちんと確認をとりましょう。

5.診断書の提出が必要な場合

診断書の提出が必要な場合もあるので、会社の就業規則等を確認しておきましょう。必要な場合は、病院で診断書をもらわなければなりません。

診断書がなければ有給休暇の取得ができないという会社もあるようなので、事前に確認しておくことが大切です。

不備のないよう確認を

病欠になった場合は欠勤扱いなのか有給扱いなのかで査定であったりボーナス、給料などに大きく響いてしまうこともあります。いざ体調を崩してしまった場合に、トラブルにならないように会社に確認しておくといいかもしれませんね。

ページトップ