皆さんは会社などに行ったりする際にどうしても休むというような事がありますよね。

体調が優れないという事や、家庭の事情で行けないというときがあると思います。

そんな時にどの様にして会社を休んだりしますか?例えば有給を使うというような人もいるでしょうし、普通に休むというような人もいるのではないかと思います。

その中で病欠をするというような人も中にはいるのではないかと思います。

病欠というのは簡単に言えば病気のために欠席をしたり欠勤をしたりするような人のことです。

よく学校に行った際に誰かが休んだりしている時に「病欠している」というような事を耳にしたりしたのではないかと思います。

人というのはどうしても病気になってしまったり、風邪をひいてしまうというような事があり、その状態で出席をすると他の人達に迷惑をかけてしまうから、病欠をして欠勤、欠席をするというような事があると思います。

その例として代表的な病気が「インフルエンザ」になりますよね。

インフルエンザなどにかかってしまうとどうしても感染力が高いので、会社で集団欠勤になったり、学校では学級閉鎖を一時的にするともなるようなものです。

インフルエンザに誰もかからなければ良いですが、どうしてもどこでそのウイルスを貰うのかというのは分からないですよね。

もしかすると電車での出勤中であったり、バスやすれ違う人からインフルエンザのウイルスを貰うというような事も可能性としてあるのではないかと思います。

仕事に行きたい、学校に行きたいけれど止む終えず行けない状態であれば「病欠」として欠勤をするというような事があるのです。

今回はそんな病欠の事について詳しくみて見たいと思います。

学生時代であれば病欠をしたとしても自分に影響をするだけですが、会社などで病欠をしてしまうとどうしても響いてくるようなものがあります。

例えば有給などとは違い、病欠では給料などが貰えないというような事もあります。

基本的に会社で休むというような事は全て欠勤などになり、休んでいる間は給料などが入らないというのが普通になるのではないかと思います。

では他にもどの様なことや注意点というようなものがあると思いますか?

普段病欠をしない人でも、いずれ体調を崩してしまい休むというような事があるかもしれませんよね。

今回はそんな人達のために、欠勤や有給との違い、そして会社で病欠する時の5個の注意点について詳しく見てみたいと思います。

皆さんは病欠をした際にどの様にして会社に報告をしたりしていますか?

病欠とは?


そもそも欠勤と病欠との違いというようなものは何だと思いますか?

基本的に欠勤と病欠、そして有給というものはそれぞれ違いがあり、会社に響いてくるものなどもあるのです。

基本的にどんな事であっても出勤などをしなければ会社に影響を与えてしまいますよね。

しかしながらその日の体調や、家庭の事情などでどうしてもやすまなければいけないというような時もあります。

病欠の場合は病気のために欠勤をすることですが、具体的にどの様なことなのかを詳しく見てみたいと思います。

皆さんも病欠で休むというような事はあるのではないでしょうか?

病気のために欠席、欠勤すること

病気のために欠席、欠勤することを病欠と言います。

基本的に先ほどもお話ししたように、会社に影響を出るような病気というのもありますよね。

インフルエンザやウイルス性のものというのは、他の人に感染する確率がとても高いようにも思えます。

そこで大事なことは、その状態で無理をして行ってしまうと他の人にうつってしまうという恐れがあるので、決して会社を休めないと言ってその様な状態で行くという事だけはしないようにしましょう。

そして病気のために欠席や欠勤をするのであれば、その内容なども会社に伝えることが大切です。

病気の内容によっては長期休暇をしなくてはいけない事もあるかもしれませんよね。

また入院などをする場合も病欠扱いになるので、注意をするようにしましょう。

欠勤や有休との違い


ではそんな病欠ですが、欠勤や有給との違いがあります。

例えば有給などに関しては有給休暇というようなものを利用して休むので、基本的に給料が発生しますが、病欠や欠勤などの場合は、その分給料から引かれることが多いです。

また欠勤などに関しては無断で休んだりするというような事であったり、有給休暇などにはならない休みというような事もありますが、病欠の場合はその会社により欠勤扱いなのか有給扱いとしての休みなのかが変わってくることもあります。

例えば会社によっては普通に欠勤扱いになるというような事もあるので、十分にどの様な休みであるかという事を確認することが大事になるのではないかと思います。

では欠勤と有給について詳しく見てみたいと思います。

皆さんは病気などで休んでいる際にはどの様な扱いで休んでいることが多いですか?有給を取れるのであれば有給休暇を

欠勤とは

欠勤というのは基本的に学校でいう欠席扱いというようなものと同じような捉え方をします。

言うのであれば普通に休んでいるという事であり、欠勤の場合は様々なデメリットとなる場合があります。

例えば有給休暇扱いにならないので、どうしても給料などが発生するというような事がありません。

また給料が支払われないので、その月の収入が減ってしまうというような事もあるでしょう。

また会社の了承なく無断で休んだ場合も欠勤扱いとなります。

場合によっては理由なども聞かれることもあり、給料に影響をするというような事にもなるので、なるべく欠勤というのは取らないようにすることがベストなのではないかと思います。

では他にもどの様なことがあるのか詳しく見てみたいと思います。

有給休暇扱いにならない休み

有給休暇扱いにならない休みのことを欠勤と言います。

基本的に有給休暇というようなものは、会社を休んでいる際に給料が発生をしますが、欠勤扱いの場合は給料が発生しません。

そして何より有給休暇にならないという事は、無断で休んでいるというような事と同じになるのでどうしても会社から良い印象というものが少なくなるのではないかと思います。

また有給休暇扱いにならないというのは、基本的に有給休暇というものは申請を出してから、有給休暇になるというような事が多いです。

明日有給を使うというような事は会社によっては厳しいところばかりなのではないかと思いますが、いきなり明日休むというような事の場合は欠勤扱いになってしまうのではないかと思います。

給料が支払われない休みのこと

給料が支払われない休みのことを言いますが、欠勤をするというような事はよほどの理由が無い限りは基本的にしないですよね。

どんな人でも嫌々ながら仕事に行くと思いますが、事情があり欠勤をするという場合でも1日や2日といった少ない休みなのではないかと思います。

しかしながらそれ以上を超えてしまうと、全て欠勤扱いになってしまうので、その時の給料というようなものが支払われないという事になるのではないかと思います。

給料が支払れる休みというのは基本的に有給休暇以外は無いので、注意をするようにしましょう。

有給休暇の範囲を超えて休む場合

有給休暇の範囲を超えて休む場合も欠勤扱いになってしまいます。

例えば有給休暇というのはその年の間にいくつまで取れるというようなものが決まっています。

その際にそれ以上の休みを取る場合は全て有給休暇での休みではなく、欠勤扱いとなってしまうのです。

例えば1日2日であれば有給休暇になりますが、それ以外の休みや1週間と休む場合は全て欠勤扱いになってしまうのではないかと思います。

人によっては1週間有給休暇を使用して休むというような人もいますが、基本的に申請をしなければ通らないものなので、必ず有給休暇を取って休む場合は、会社に申請をするようにしましょう!

会社の了承なく無断で休んだ場合

欠勤扱いになる場合は、他にも会社の了承無く無断で休んだ場合は欠勤扱いになります。

いわゆる学校の欠席扱いというようなものと同じであり、理由などが分からず休むというような人もいますよね。

何故この日いなかったのだろうかというような事や、理由を言わないというような人もいると思います。

その様な人というのは基本的に会社の了承なく無断で休んだりするので、その場合は有給休暇などのような給料が発生せず、また病欠にもならず欠勤扱いになるのではないかと思います。

有給休暇とは

では有給休暇というのはどの様なことを言うのでしょうか?基本的に有給休暇の利点というのは出勤と同じように支給される休暇という事です。

簡単に言えば会社を休んだとしてもその休んだ日の給料が発生するという事になります。

病欠や欠勤との大きな違いはこの休んだとしても給料が発生するというような事になるので、欠勤や病欠との違いはここにあるのではないかと思います。

しかしながらメリットがあるこの有給休暇ですが、有給休暇を取ることができる日数なども決まっています。

その違いというのはいわゆる、どれだけそこの会社で働いているのかというような事であったり、会社の福利厚生などがどの様なことになっているのかで変わるのではないかと思います。

いきなり休むとなった場合には有給休暇を使うことは難しいですが、日数が余っているのであれば有給休暇を効率よく使うようにすることをオススメします。

出勤と同様に賃金の支給される休暇

出勤と同様に賃金の支給される休暇というのは実はこの有給休暇のみです!そして有給休暇にも必ず条件というようなものがあります。

会社によっては早めに申請をしないといけないというような事もありますが、基本的には有給の取れる日数分、どこにでも休みを取るというような事ができるという事です。

よく「有給を消化しないと」というような言葉を耳にしたりすると思いますが、これは年によって、どんどん有給というものを消化しないと、有給を申請できる回数が無駄になってしまうからです。

簡単に言えば、有給というのは必ずできる回数が決まっているので、それと残し続けるというような事ができません!

なので適度に有給を消化するような形をどの会社でもとっていると思います。

中には有給を消化して欲しいというような会社も多くあると思いますが、有給休暇があるのであれば、適度に取るようにしましょう!

病欠の扱いは?

では病欠の扱いというのはどの様なものになると思いますか?

欠勤や有給とは違うようなものであるという事があるかもしれませんが、病欠になった場合は少し複雑な事になってきます。

病欠の扱いというのはいわゆる会社次第になってしまうので、会社がどの様な対処をするのかで欠勤になるのか有給になるのかという事が変わってしまうのです。

特に病欠の扱いの場合は、診断書などが必要になったりする場合もあり、会社によってはどんな状態でも欠勤扱いというようなところもあるのでよく確認をすることが必要になります。

会社がどうあつかうかによって給料や査定に違いが

例えばですが病欠という事で欠勤になるとなった場合はどうしても給料などが下がってしまいますよね。

また会社が判断するのはどの様な病気であるかにもよって判断をすることが多いです。

例えばですが、インフルエンザの場合は病欠ということで、有給の使用を認めるというような事があるとします。

この場合はインフルエンザで休んでいる日にちを全て有給として使用することで出勤扱いになっているという事になりますよね。

しかしながら風邪や胃腸炎で長引くといった形で1週間ほど休むとなった場合は、会社によっては欠勤扱いになってしまうという事になります。

基本的にどの様な病気なのかという事で査定にも違いがでてきますが、特に重要な事になるのは有給が使える時と使えないときがあるという事です。

言うのであれば有給というのは前もって申請をするものですが、特別な事情の場合は、その有給を明日からというような形でも使うことができる会社があるという事になります。

その際には有給だと良いですが、欠勤扱いだと給料に思いっきり響いてしまうことになりますよね。

なので確認をする上でも、病欠の場合の扱いというものをしっかりと見ておく必要があるのではないかと思います。

病欠の有休扱い

病欠扱いの有給の場合は先ほども言ったように給料の支払い対象になります。

特に有給が余っているというような事であれば、その事も伝えて休むというような事もできるのではないかと思います。

この利点として病欠の有給扱いは給料の支払いの対象になるということや、簿ナースや退職金の査定に影響がないというのも利点の1つです。

何よりボーナスや退職金の査定に影響がないというのも良い利点の1つになるのではないかと思います。

病欠の有給扱いというのは基本的には普通の有給と同じ扱いになると思っていてください。

給料の支払い対象になる

給料の支払い対象になるというのはとても良いことです。

言うのであれば、仮に有給扱いである場合というのは、そのまま休んでいたとしても給料が入るという事になりますよね。

有給のメリットをそのまま病欠の時に使えるというのはとても良いことです。

なのでよくあるのが、病欠だから有給で休もうとした際に使えなかったというような事があるのではないかと思います。

そんな時のために先ずは確認をすることが必要になるのではないかと思います。

支払いの対象になるのかというより、先ずは有給扱いになるのかという事が必須になるのではないかと思います。

ボーナスや退職金の査定に影響なし

ボーナスや退職金の査定に影響もないというのが何よりのメリットになります。

どうしても欠勤扱いになってしまうと、影響が出てきてしまうので額が低くなってしまったりというような事もあるのではないかと思います。

ボーナスや退職金の査定に響いてしまうと、普段稼いでいる額より少なくなってしまい、同時に会社での影響というようなものもあるかもしれません。

先ずは病欠が有給扱いになるのかを確かめ、有給扱いにできるのであれば、是非有給を活用して休みを取って体調を万全に整えるようにしましょう。

病欠の欠勤扱い

病欠の欠勤扱いの場合は有給のとは逆の形になってしまいます。

いわゆる無断欠勤の扱いとなってしまうので、どうしても会社での評判なども悪い状態になってしまったり、ボーナスや退職金などの査定に影響をすることが多いです。

特に懲戒対象になってしまう場合もあるので十分に注意をすることが大切になります。

ではどの様なデメリットがあるのか、詳しく見てみたいと思います。

病欠での欠勤扱いというのは、場合によっては様々なものに響いてくるという事を覚えておくと良いかもしれません。

給料の支払い対象にならない

給料の支払い対象にならないというような事もあるでしょう。

例えば有給の場合というのは有給を使うことで支払い対象になることが多いですが、基本的に有給ではないとなった場合は支払い対象ではなくなってしまいます。

なので休んでいる時に給料が入るというような事が滅多にないので、欠勤の場合は極力避けるようにしつつ、早めに有給申請を出したりすると良いかもしれません。

ボーナスや退職金の査定に影響あり

ボーナスや退職金の査定に影響がある恐れがあります。

基本的にボーナスなどに関してはどれだけ会社で働いているのかという事や、実績をあげているかで金額が上下することがあるかもしれませんが、ボーナスなどに影響が出てくるという事は、金額が下がってしまうというような恐れがあるからです。

基本的にはボーナスというのは下がるというような事は、会社が不景気だからというような事はあるかもしれませんが、それとは別でボーナスが下がる原因というのはこの様なこともあるという事を覚えておくようにしましょう。

懲戒対象となる場合も

懲戒対象となる場合もあります。

これは簡単に言うと減額の影響に繋がるようなものです。

会社というのは基本的に働きにいくというような事が前提になるので、働かずしてお金をもらうというような事がありませんよね。

特に懲戒対象となってしまった場合は、他にも停職といったようなものもあるので、欠勤扱いになった場合には長期で休んでしまうと場合によっては対象となってしまうので注意をするようにしましょう。

積極的に有休扱いにしよう

積極的に有給扱いにすることが大切になります。

欠勤扱いとなってしまった場合は、先ずその日を有給として使用することができないのかを確認することが大事になるでしょう。

特に欠勤扱いの場合は、様々な影響を大きく受けやすくので積極的に有給扱いにすることが大切になるのではないかと思います。

会社を病欠するときの注意点5個

では会社を病欠する時の注意点についてお話をしたいと思います。

病欠で休むというような事は、必ず会社側に伝えなければいけません。

特に直ぐに連絡をしたいというようなときはメールを入れておくことが必須にもなります。

必須の連絡事項を確認するというような事もあるでしょう。

他にも様々な注意点がありますが、会社に迷惑をかけない程度に休むというような事が大事になります。

ではどの様なものがあるのか更に詳しく見てみたいと思います。

1.速やかに連絡をする

先ずは速やかに連絡をすることから始めましょう。

病欠で休むとなった場合は無断で休むというような事がないように行動をすることが大切になります。

特に速やかに連絡をするというような事は、その当日に分かることですよね。

例えば朝起きて熱が高熱だからというような状態であったりすると、インフルエンザであったり感染症の高い病気であるというような事も考えられます。

なので先ずは休むという事を伝えて、その後に病院にいってどの様な診断だったのかを報告という形がベストだと思われます。

電話で連絡しよう

電話で連絡をすることが大切です。

特に電話であれば、誰かに伝えるというような事が可能ですし、上司に対してでも報告をすることができるのではないかと思います。

何故電話なのかというと、メールであれば、確認をすることはできるものの、いつ相手が見るのかわからない状態になってしまうからです。

なので電話で連絡をするという方法をとり、直ぐに伝えるようにしましょう。

いつ確認するかわからないメールは避ける

どうしてもメールでというような人もいるかもしれませんが、これはなるべく避けることが必要になります。

例えばメールで伝える場合は、就業時間前であったり、深夜や早朝といった際にメールをすることがベストになるのではないかと思います。

また、どの様な状況なのかという事も電話で必ず伝えるようにしましょう。

仮に上司などがいるのであれば、上司にどの様な状態で休むのかという事は必ず伝えるように報告をしましょう。

2.深夜や早朝に連絡したい場合

深夜や早朝に連絡をしたい場合は、ひとまずメールで連絡をするという事が必須になります。

特に深夜や早朝というのはまだ誰もいない状態ですが、通勤中にメールで確認をしたり、会社にきた人がメールを確認する際に直ぐに伝えることができるのではないかと思います。

また無断で欠勤というような事だけは避けるべきなので、前日から体調を崩しているのであれば、その事も相手に伝えなくてはいけません。

夜に体調が悪くなるというような事がありますよね。

その場合はその可能性のことを伝えるという方法も1つの手段です。

ひとまずメールで連絡

その際には先ずメールで連絡をし、電話ができる時間帯で電話を入れるという方法が良いです。

どうしても電話に出ないというような状況であれば、メールに「電話を何度もかけたが出なかったので」という事を伝えるべきです。

3.必須の連絡事項を確認

必須の連絡事項を確認することも必要になるでしょう。

例えば連絡というのは、メールでもできますが、同じ部署の人達にも連絡を伝えることができますよね。

よく会社ではグループメールといったものや、最近ではLineで連絡を取り合うような人達が多いと思います。

その場合は連絡事項の確認を必ずするようにすることが大切になるでしょう。

迷惑をかけないように漏れなく伝えること

迷惑をかけないように漏れなく伝えることが大事になります。

例えばこの様な仕事を変わりにやって欲しいという事や、この確認だけをしておいて欲しいというような事は誰でもありますよね。

自分の仕事というのは必ずしなければいけないと思いますが、その日いけなかったというような状態になれば、誰か同じ部署の人に変わりを頼むというような事をすると良いかもしれません。

4.有給休暇を使用する場合

有給休暇を使用する場合はその事を伝える必要があります。

言うのであればその事を言わない限りはどうしても欠勤扱いとなってしまうので、病欠で有給を取ることができるにも関わらず欠勤になってしまっては損をしますよね。

なので有給休暇を使用する場合はちゃんと確認をとるという事が必須になるのではないかと思います。

その旨を電話でも伝えておく

その旨を電話でも伝えておくことが必要になるでしょう。

しょく欠勤をしていたと思ったら診断書を出されてしまい有給扱いにするというような事もありますが、予めその様なことをするのであれば先に言っておいた方が通りやすくなります。

なので先に言ってもらわないとダメだとなった場合は、欠勤扱いになってしまう恐れがあるということです。

5.診断書の提出が必要な場合

診断書の提出が必要な場合もあるでしょう。

例えば有給を取る際の理由として、その病欠であれば病院にいった際の診断書が必要だというような事もあるのではないかと思います。

特にこの診断というようなものが無ければ、そのまま有給休暇を取るというようなかたちで終わることもできますが、ほとんどの会社では期限などがあったりする場合が多いです。

特に休んだ後のものを有給として使用するというような事はあまり無いようにも思えます。

なので診断書の提出が必要な場合は、必ず早めに出すようにしましょう。

有給休暇申請に期限がある場合など

有給休暇申請に期限がある場合などもあるかもしれません。

例えば申請をして1週間後というような事もあれば、明日からというような場所もあるのではないでしょうか?

基本的に有給休暇をとる場合は、予め連絡を入れておいたり申請を出したりするというような事が前提になりますよね。

なので有給休暇申請に期限がある場合は、気をつけるようにしましょう。

就業規則等を確認しよう

就業規則等を確認する必要もあります。

いわゆるどの様な規則になっていてルールになっているのかという事も確認する必要があるでしょう。

病欠などにはならないと思っていても、確認をすることでいざ自分自身がなった際にどの様なことをすれば良いのかという事を理解することができるようになります。

不備のないよう確認を

いかがでしたか?

病欠になった場合は欠勤扱いなのか有給扱いなのかで査定であったりボーナス、給料などに大きく響いてしまいます。

先ずは健康第一という考えも良いかもしれませんが、いざ自分自身が体調を崩してしまった場合に、トラブルなどにならないようにその会社に1度確認をとることをオススメします。

どうしても出勤をしないと、周りの評判であったり印象というようなものが下がってしまうので、どうしても悪いイメージというような事が多いようにも思えますよね。

しかしながらちゃんとした病欠、インフルエンザなどであったりするのであれば、それを必ず伝える必要があると思います。

また、休むというような事になれば必ず会社に連絡を入れることが必須になるのではないかと思います。

不備のないように、周りとの連携も取りつつ確認をすることが一番ベストになるのではないかと思います。

よくあるのが原因などが分からず欠勤をするような人も多いですが、どの様な状態なのかという事は必ず相手に伝えなければいけません。

無断に休むとなった場合は特に、懲戒対象などにもなってしまいかねないので、十分に注意をするようにして連絡などのやり取りをするようにしましょう。

そうする事で、仮に病欠で休む際にもトラブルが少なくなるのではないかと思います。