日本語には様々な言葉があります。

通常使っている話し言葉の他にも尊敬語や謙譲語などもあります。

ここまで多くの言葉を使う国は日本以外にはあまりありません。

だからこそ、日本語は世界的に見ても難しく使用している国が日本しか無いのかもしれません。

日本に住む私たちは、日本語を全て把握する事が出来て居るでしょうか。

それはおそらくNOです。

よほど詳しく研究でもしていない限り、日本語の全てを知る事は出来ないでしょう。

難しい言葉を抜かしたとしても、年代によって使用している日本語には差があります。

そのせいで、世代によって理解する事が出来る言葉と出来ない言葉があります。

それは、互いの生活スタイルに酔っても違いが出てくることであり、どちらが良いも悪いもありません。

常に新しい言葉が産まれてくると言う事は、それだけ使われなくなった言葉があると言う事です。

その言葉を『死語』と言います。

この死語を使っていると、年齢がばれるとも言われており、どんなに見ためが若かったとしても、実際の年齢ばれてしまう事も。

また、自分では最先端なつもりで話をしていたのにも関わらず、若い人達からしたら理解が出来ないなんて事もあるかもしれません。

そのせいで恥ずかしい思いをしてしまう事伊達あるでしょう。

そうなってしまうと、結局自分が恥ずかしい思いをする事にも繋がります。

だからこそ、どんな言葉が死語なのかと言う事をしっかりと覚えておく事が重要です。

そこで今回は、もう既に死語と言われている言葉をご紹介させて頂きます。

あなたが日常的に使っている言葉は、もう既に死語なのかもしれません。

死語紹介!いくつ知ってる?これを使うと恥ずかしいかも


そもそも『死語』という言葉を知っているでしょうか。

死語とは、書いて字のごとく『死んでいる言葉』です。

そう聞くと、なんだか重々しいような気持ちにもなります。

死語とは、日常的に使われなくなった言葉を指します。

死語を使う事によって、その世代がばれてしまうとも言われており、気を付けなければ行けない言葉です。

日本語には、流行りがあります。

だからこそ、その流行に乗って居る人達の中で使われた言葉は、年代によって大きく変わって来るのです。

その中で、自分達の世代しか伝わらないような言葉を使う事で、仲間意識のような気持ちも芽生え楽しい気持ちになる事も事実です。

ですが、それは流行を強く反映しているからこそ、年齢が出やすくすぐに死語となってしまうのです。

死語を使っていると、周りの人から痛い目で見られる事もあります。

自分では気が付かない内に恥ずかしい思いをしている可能性もあるのです。

あえてそれでも使いたいというのなら、本人の自由です。

沢山使っても良いでしょう。

ですが、気が付かない内に使用しているのとでは話が全く違います。

恥ずかしい思いをしたくないという人は、死語を使用する事を止めましょう。

死語を紹介!知っているものがあればもう年かも?

それではここからは、死語をご紹介させて頂きます。

あなたが使用していた言葉はいくつあるでしょうか。

その年代の背景を反映しやすい言葉たちばかりなので、実際には産まれて居なかった世代でも知っている言葉もあるかもしれません。

実際に使用するかどうかはべつとしても、多くの言葉を知る事は日本語の楽しさに触れる機会をより多くする事にも繋がります。

だからこそ、死語となった言葉を知る事も広く日本語を知る意味では必要な事なのかもしれません。

多くの言葉をご紹介させて頂きます。

あなたはこの中で、一体どの程度の言葉を知っているでしょうか。

アッシー

こちらは、バブルの頃に良く使われた言葉です。

アッシーとは、女性が男性に対して付けたあだ名の一つであり、アッシーは足の事を指します。

つまりは車代わりと言う事です。

バブル時代の日本は、超好景気でした。

その為、女性達もより良い男性を捕まえる為に多くの男性を手玉にとる事も珍しい事ではありませんでした。

アッシーだけでは無く、ご飯をおごってくれるメッシーなどもおり、それぞれ用途に
合わせた使い分けが行われて居ました。

今では互いに食事代を出し合う事もそう珍しい事では無くなってきた物の、当時は男性が支払う事が当たり前でした。

だからこそ、より良いご飯に連れて行ってくれる男性に人気が集中したのかもしれません。

今の時代、良くも悪くも男女平等です。

だからこそ、男性が女性の送り迎えをする事自体珍しい事かもしれません。

だからこそ、この言葉は死語になってしまいました。

出来る事なら、そんな時代がまた来たらと思う女性も多いはず。

アベック

アベックとは、カップルの事を指します。

付き合っている男女の事を、昔はアベックと言いました。

この言葉は、かなり古く、今の50代から60代で多く使用された言葉です。

だからこそ、孫など年の離れた人に対して『アベック』という言葉を使用したとしても伝わらない場合も多々あります。

アベックもカップルも意味としては同じです。

ですが、その言葉選びによって年代が分かりやすくなってしまいます。

また、それだけでは無く同じ日本人同士なのにも関わらず言葉が通じないという現象も出てくる事でしょう。

そうならない為には、今どきの言葉も覚えて置く事も重要です。

【アベックについては、こちらの記事もチェック!】

アムラー

アムラーとは、歌手の安室奈美恵さんのファッションをまねた女性の事を指します。

90年代にデビューした安室奈美恵さんは、一躍トップミュージシャンとなりました。

その歌声やダンスは勿論、年齢異常に大人っぽいファッションに多くの女性達が憧れ『ああなりたい』『同じ服が着たい』という女性達で町はあふれかえりました。

アムラーのファッションで、最も人気となったのが厚底靴です。

厚底靴は、足が長く見える事によって体型をよりスレンダーに見せる事が出来ます。

そんな効果もあり、スタートはアムラーの方からでしたが、次第に幅広い年齢層に支持されるようになりました。

一方で、厚底靴は当然危険を伴います。

足を怪我する人が続出下のも記憶に新しいのでは無いでしょうか。

美しい姿になるには危険が隣り合わせなのです。

先日引退を発表された安室奈美恵さん。

それもあり、最近またアムラーという言葉を良く耳にするようになりました。

その為、若い世代の方々もこの言葉を理解する機会があったはずです。

このように多くの人がその言葉を使用すれば、言葉に命が宿ります。

結果的に、死語が死語で無くなる事もあり得ます。

今の時代、アムラーとなりファッションを楽しむ事は少々恥ずかしいかもしれません。

厚底自体あまり販売されていないので、購入には苦労するはずです。

ですが、それでもアムラーを貫く事が出来れば、それはそれで個性の一つとなり受け入れられる事もあるかもしれません。

だいじょうV

こちらは、CMで一躍人気となった言葉です。

アメリカの知事も勤めた事のあるアーノルド・シュワルツェネッガーさんが出演していた飲料のCMの中で、大丈夫の後に指をピースし、それを英語のVに見立てる事によって『だいじょうV』という言葉を作りだしたのです。

意味としては大丈夫と同じ意味であり、日常的に使い易い言葉でした。

だからこそ、多くの
人が、その言葉を使い一躍大ヒットしました。

今でも年配の男性の方の中にはこの言葉を使用する方も多く居る事でしょう。

ですが、少々古い印象も強い言葉なので、周りの人がしらけてしまう可能性も多々あります。

エッチスケッチワンタッチ

こちらの言葉は、1970年代頃子供たちの中でブームとなった言葉です。

語呂合わせが良いと言う事もあり、ついつい耳に残る言葉です。

だからこそ、意味も無く言いたくなる魅力がありその効果もありより流行したと考えられます。

この言葉を使用する際は、相手に触られた時などに多く使われてい多用です。

鬼ごっこなど、遊びの中にもこの言葉は登場しました。

子供同士なので、深い意味は無くただの遊びの一つだったのかもしれません。

おこんばんは

こちらは、戦後の時代に活躍したトニー谷と言う方のギャグの一つです。

今では、ギャグと言えるのかどうかも悩めるような言葉ですが、当時は多くの方がこの言葉の虜となりついつい使ってみたくなるような言葉でした。

おやじギャル

親父ギャルとは、1990年に流行語大賞を受賞した言葉です。

当時、習慣SPAに連載されていた漫画のの『スイート・スポット』に出てくる言葉でした。

この言葉は主人公に対して使われた言葉であり、見た目は若く可愛らしい女性なのにも関わらず、中身がまるでおじさんのような人に対して使用される言葉です。

この時代から、年々男女平等が多く言われるようになってきました。

まだまだバブルは続いていたものの、そろそろ陰りが出てくるような時代です。

だからこそ、女性もまた変化を求められていた時期なのかもしれません。

そんな事もあり、女性も単にお茶くみではなく社会の一員としての活動が求められて居ました。

だからこそ、多くの女性達が強くなり結果的におじさんのような姿になったのかもしれません。

女性の本質は変わって居ません。

変わったとすれば、それを前面にだすか出さないかの違いでしょ。

キープくん

キープ君とは、そのまま『キープしている』と言う事です。

つまりは、まだ付き合っては無いけど、あっちがだめならこっちにしよう。

と言った意味が込められています。

今でこそ、そんな事をしたら、噂はすぐに広まりあっという間に自分の周りから人が居なくなる事でしょう。

男性からも全く相手にされなくなるかもしれません。

今の時代の男性は草食系なので、怖がって近寄って来ない可能性も多々あります、ですがこの言葉が流行った当時は誰もが同じようにやっていた事なのです。

この言葉が流行下のはバブル時代。

正に行けいいえどんどんで、日本が活気に満ち溢れていた時代だったのです。

男性もまた、その状況を楽しむだけの余裕があったのかもしれません。

人気のある男性はより人気に。

そうでない人は、いかに自分の魅力を相手にアピールするかを必死になって考えて居ました。

だからこそ、アッシーも居ればめっしーも居たのです。

そんな時代を経験した方は、さぞ楽しかったでしょう。

今となればなかなか出来る事ではありません。

だからこそ、バブル時代の経験者は、なかなかその記憶を忘れる事が出来ないのかもしれません。

コンサバ

コンサバとは、お嬢様スタイルの事をしめしており上品で大人しいイメージを与える服装の事を指しています。

ギャルやアバンギャルドなどとは対義語にあり、清楚なイメージがあると言う事もあり男性受けしやすいファッションとして長い間支持されてきました。

今でも、ファッション雑誌などではあえて他のファッションと対比させる為にこの言葉を使用する場合もあります。

だからこそ、ファッションに詳しいいかたからすればこの言葉はそれほど古いと言う事も無いのかもしれません。

ただし、コンサバという言葉が登場した1970年代と今では同じ『コンサバ』というファッションでも内容が大きく変わっています。

だからこそ、その変化をしっかりと理解する事も大事なポイントでしょう。

ダベる

ダべるとは、『話す』という意味です。

つまりは『ダべって帰ろう』と言う事は『話をして帰りましょう』と言う事になります。

わざわざ分かりにくくする意味があるのかどうかは分かりません。

ですが、なんとなくカッコイイよういしていると言った所でしょか。

その言葉を使用する事によって本当にカッコイイかどうかは誰にも分かりません。

ですが、その年代にしか分からないこだわりのような物が存在しているのです。

その事を理解する事は難しいかもしれません。

『そんな時代もあるな』と受け止めてあげる事も大切です。

ドロンします


ドロンとは、忍者が消える際に使う言葉を真似たものであり、その場から居なくなる事を指します。

つまりは消える事。

『帰ります』という意味をしている言葉です。

そのまま帰りますと言っても問題は無いものの、飲み会の席などではその場の空気を壊してしまう事にもなりかねません。

だからこそ、あえておちゃらけたイメージを作る為にもこの言葉を使用してるのです。

ですが、この言葉が流行下のはバブル時代です。

その為、この言葉を使用するせいで相手を寒い気持ちにさせてしまう事もあるかもしれません。

年代によっては引かれてしまう事も容易に想像出来るでしょう。

だからこそ、そうならない為には、使う相手を選ばなければなりません。

余りにも若い人達にはこの言葉は通用しません。

つい癖になってしまっている人は相手にされなくなる前に、なおす事をお勧めします。

ナウい

ナウいとは『流行っている』『最先端』などの意味がある言葉です。

この言葉を使用する事によって、時代にあっているかどうかを示す事が出来るでしょう。

語源は英語の『NOW』からきており、その読みのまま送り仮名を付けることによって時代の若者に合う言葉に変えたのでしょう。

1970年代ごろから使用され始めた言葉であり、その当時は雑誌などにもこの言葉が多く
登場しました。

その為、それらの言葉を使う事自体が時代にあった行為と言われており多くの方々の目指すものとして考えられてきました。

写メ

写メとは、DOCOMOの携帯が始めて写真付きメールを開発した際に付けられた名前です。

その為『写メ』とは、本来DOCOMOだけの言葉でありそれ以外の携帯電話では使う事が出来ませんでした。

しかし、その言葉が余りにも流行した事もあり私たちの生活の中に広く認知される事となった言葉です。

今の若者は。

携帯電話にカメラがついている事など当たり前でしょう。

カラーである事も当たり前出し、加工する事だって珍しい事ではありません。

ですが、この機能が登場した当初は、とても活気的な事であったと同時にとても珍しい事でもあったのです。

だからこそ、私たちはその機能に喜び、使ってみたいとウズウズしたものです。

携帯電話が普及したのはつい最近の事です。

だからこそ『写メ』という言葉が死語だと言われる事に驚く方も居るかもしれません。

そこが、正に世代間ギャプなのです。

その為、若者の前で『写メ』という言葉を使ってしまうとあっという間に、その先代がばれてしまう事でしょう。

いくら若く見えても、中身は年齢そのものです。

わざわざ自分の年齢をさらけ出す必要はありません。

そうならないようにする為にも、時代の変化に付いていけるようにまずは言葉遣いを意識する事が大切です。

花金

花金とは『花の金曜日』の略語です。

金曜日は、平日ではありますが次の日は土曜日です。

だからこそ、会社に行く必要が無い方が殆どです。

その為、お酒を沢山飲んで次の日使い物にならなくなったとしても全く問題無いのです。

そこまで浴びる程お酒を飲む人は少ないでしょう。

ですが、それだけ気楽にお酒を飲む事が出来ると言う事はそれだけ自分の気持ちの中に置いても気軽な事として考える事が出来ます。

だからこそ、金曜日に向けたサービスなども多く登場しており多くの人が金曜日を楽しみにしています。

花金という言葉が使われ始めたのも日本がバブル経済又だ中にある頃です。

仕事は勿論、遊びにも忙しかったこの時代。

多くの人は、その金曜日を楽しみに仕事をしてきたのです。

遊びも仕事も頑張る。

それがこの時代に生きる人々の美しさの由縁なのかもしれません。

らんでぶ〜

らんでぶ~とは、男女が二人で合う事を指します。

簡単に言えばデートです。

他にもあいびきなどと言った言い方をする場合もあります。

結局どれも意味は一緒です。

ですが、相手に与える印象にそれぞれ違いがあります。

だからこそ、その年代にあった言い方をする事が需要です。

今の若い子達にしてみると、らんでぶ~という良い方は聞きなれない部分が多くそのまま意味が分からないと言った事もあり得ます。

ですが、どことなく響きが面白いのでついつい使って見たくなる言葉でもあります。

今ではあまり使用されては居ませんが、高齢の方の中には今でもこの言葉を使用している場合もあります。

その為、互いの文化の違いを受け入れる為にも相手の言葉を理解する事も大切です。

マブダチ

マブダチとは、親友を指します。

『マブ』とは本当のという意味があります。

すなわち本当の友達とは親友の事なのです。

この言葉は、1970年代ごろに流行した不良漫画の中に良く登場した言葉です。

当時は、この手の漫画が大変流行しており多くの人がその言葉を利用していました。

その為、不良かどうかは関係なく誰しもが幅広く使用していた事でしょう。

今でもマブダチという言葉が使えない訳ではありません。

歌詞の一説や漫画のタイトルなどになっている場合もあり、広く多くの人に支持されて居る言葉です。

おっはー

今から十数年前『おはスタ』というテレビ番組がありました。

子供向けに作られた番組で、多くの子供たちがそれに参加して、番組を盛り上げて居ました。

その中で、元スマップに香取慎吾さんが扮した『慎吾ママ』が大人気キャラクターとなりました。

そのキャラクターが挨拶の一つとして行って居たものがこの『おっはー』という挨拶です。

手の前でOKの形を作り、その指を開く事によって『おっはー』のポーズは完成します。

誰でも出来るのにも関わらず、なぜか親しみやすいそのフレーズは多くの人達から支持を受けてその年の流行語友なりました。

今の時代に、いきなり『おっはー』と言ったとしてもそれに対して返してくれる方は少ないかもしれません。

心が折れてしまう事もあるでしょう。

そうならない為にも、年代が離れて居る人にはしない事が一番です。

おニュー

おニューとは、新しい物を指す際に使用する言葉です。

英語の『new』の『お』を付けてどこか日本語のようにした言葉です。

通常の日本語の中に『new』といきなり使用すればおかしな雰囲気になってしまう事でしょう。

言葉がかみ合わず、なんだか気持ち悪い話言葉になってしまうでしょう。

ですが、『お』を付ける事によって日本語らしい言葉使いにする事が出来ます。

この言葉は今でも、普通の日本語の中で使われている言葉でもあります。

その為、死語という程古い言葉では無いのかもしれません。

ですが、この言葉のスタートから考えれば十分古い言葉であると言えるでしょう。

昔は当たり前に使用していた言葉でも、月日が立つ事によって段々と死語へと変化していく事があります。

そうなってしまうと、その言葉を使うだけで恥ずかしい思いをする事も考えられるでしょう。

そうならない為にも、死語をあえて使っているという事実が需要です、

知らずに使用知れいれば、それは合うとです。

相手に意味が通用しないだけでは無く、恥ずかしい思いをする事にもなりかねません。

だからこそ、その言葉を意識してくことが大切名なのかもしれません。

アウトオブ眼中

アウトオブ眼中とは眼中に無いと言う事を示しています。

つまりは、異性としての魅力が無い。

興味が無いと行った際に使用される言葉です。

これは男性にたして女性が使う場合が多く、1990年代頃から爆発的な人気となりました。

ですが損爆発的な時代も、基本的に流行っていたのは大学生などの若い人たちが中心です。

だからこそ、そういった世代に居なかった人達からすればこの言葉に馴染みが無くそこまで流行したとは感じてない場合も多々あります。

OK牧場

OK牧場とは、ガッツ石松さんが使った事によって大きく流行した言葉です。

元々は、西部映画のタイトルとなっていたのがこの言葉です。

しかしこの言葉には、もっと深い意味が込められて居るのです。

というのも、このOK牧場という言葉は心理学の中ではとても有名な言葉なのです。

交流分析とも呼ばれるものであり、この言葉を使て様々な心の動きを知る事が出来るのです。

とはいえ、その事を知っている人はさほど多くはありません。

多くの人が、ガッツ石松さんの言葉として認識しているのでしょう。

OK牧場とう言葉は、出し蟹今の言葉ではありません。

古臭く感じる事もあるでしょう。

ですが、それと同時に多くの人が元気になる事が出来る言葉でもあります。

そういった言葉に対しては、わざわざ死語という言い方をしなくても良いのかもしれません。

訳わかめ

訳わかめは1980年代に一度流行しました。

その後、携帯電話の普及と共にもう一度流行した事もあり、幅広い年代の人に知られて居いる言葉の一つです。

だからこそ、親子間でこの言葉を知っていると言う方も少なくないでしょう。

訳わかめとは、『意味がわからない』『訳が分からない』と言った意味を持ちます。

それを単純にゴロが良いように並べた言葉なのでしょう。

大した意味が無くともなんとなく使いたくなってしまう。

それが流行語になる秘訣なのかもしれません。

やってみそ

やってみそも、訳わかめと同じように使用されていた言葉です。

この言葉を使用する事によって、単純に『やってみなよ』というよりももっと軽い形で相手に促す事が出来るようになります。

死語とはいえ、そういった効果がある言葉は積極的に使用していきたい物です。

例え、自分が使っていた世代では無かったとしてもその言葉時代におもしろみを感じて使用してみたいと思う事だってあるかもしれません。

めんご

めんごとは、1980年代に流行した言葉です。

元スパイダーㇲのメンバーだった井上順さんが多く使用した事によって、一躍大きな注目を集める言葉となりました。

多くの場合『めんごめんご』と重ねて使う事が多い言葉です。

意味としては『ごめん』という意味ですが、どことなく軽く謝る時に使用されて居ました。

謝っているから良いのではないかと思われるかもしれませんが、実際にこの言葉を言われるとイラっと来る事もあるでしょう。

だからこそ、使用する際には気を付けなければ行けない言葉の一つです。

嘘ぴょん

1980年代頃に流行した言葉です。

嘘を付いた際に、それを打ち明ける時に使用されていました『嘘でした』というには、余りにも内容が軽すぎる時などにあえて場を和ませる為に使用されたことばです。

そうする事によって、盛り上げる事も出来たのです。

ですが、これは使う場所を意識しなければなりません。

むやみに使用していれば、相手をいら立たせる事にもなるでしょう。

そうならない為には、あくまでも冗談が通じる相手に対して行う必要がります。

バイビー

バイビーとはバイバイと言う事であり、別れの挨拶です。

最近ではめっきりバイビーと言う言葉を聞く機会が減りました。

だからこそ、この言葉を未だに使用していると年齢を強く感じさせる事となるでしょう。

だからこそ、注意が必要です。

一方で、その古い言葉をあえて面白がって使用している若い子達も居ます。

ファッションが一周まわって流行するように、言葉の世界もまた繰り返される可能性があると言う事なのです。

だからこそ、今死語だと思われている言葉も、今後更に注目される事もあるかもしれません。

チョベリバ

これは1990年代に流行した言葉です。

『チョーベリーバット』の略であり、ようはとても良くないと言う事です。

チョベリバの反対語としてチョベリグもあり多くの若者たちが使用しました。

特に、この年代はコギャルが多く登場した時代す。

個性的なファッションにヤマンバにも似たお化粧をしたその姿は、一躍大ブームを起こしました。

そんな彼らが使用していた言葉がこの言葉達なのです。

これは、まさに年齢が出る言葉です。

今若く見える世代の中にもこの時代に青春を謳歌した方は居るはずです。

見た目ではしっかり年齢を隠せているのにも関わらずこの言葉を使用してしまえば、途端に実際の年齢がばれてしまうと言う事もあるでしょう。

だからこそ、言葉選びには十分注意して下さい。

冷コー

冷コーとは冷たい珈琲の事を指します。

元々は関西で使用されていた言葉ですが、その独特な言い回しが人気となり多くの地域で使用される事となりました。

現在では『アイㇲコーヒー』という呼び名が一般的になりなかなかその言葉を使用する人も居なくなりました。

ですが、今でも関西の年配の方の中にはこの言葉を使用する方も多く居ます。

その為、年代によってはまだまだ現役バリバリの言葉と言う事も考えられるでしょう。

そこまで古い言葉となれば、逆に新しささえ感じる事もあるかもしれません。

平成生まれはほとんど知らない!(まとめ)

今回ご紹介させて頂いた言葉は、平成生まれの人達が生まれる前の言葉ばかりです。

その為、知っていると言う事は30代ということなのかもしれません。

世間的に見ても、20代と30代には大きな違いがあります。

その差をわざわざ自分でアピールする必要は無いのかもしれません。

相手に対して年齢をアピールしない為にも普段から使用する言葉には気を付けて行きたいものです。

出来る事なら今どきの言葉を使用するべきです。

かと言って余りにも若い言葉を使用すればかえって痛い人にもなりかねません。

だらこそ、程よいラインを目指しましょう。