CoCoSiA(ココシア)

死語いくつ知ってる?使うと恥ずかしい27個の言葉!知ってるだけで年齢がバレる


日本語には様々な言葉があります。

通常使っている話し言葉の他にも尊敬語や謙譲語などもあります。

ここまで多くの言葉を使う国は日本以外にはあまりありません。

だからこそ、日本語は世界的に見ても難しく使用している国が日本しか無いのかもしれません。

日本に住む私たちは、日本語を全て把握する事が出来て居るでしょうか。

それはおそらくNOです。

よほど詳しく研究でもしていない限り、日本語の全てを知る事は出来ないでしょう。

難しい言葉を抜かしたとしても、年代によって使用している日本語には差があります。

そのせいで、世代によって理解する事が出来る言葉と出来ない言葉があります。

それは、互いの生活スタイルに酔っても違いが出てくることであり、どちらが良いも悪いもありません。

常に新しい言葉が産まれてくると言う事は、それだけ使われなくなった言葉があると言う事です。

その言葉を『死語』と言います。

この死語を使っていると、年齢がばれるとも言われており、どんなに見ためが若かったとしても、実際の年齢ばれてしまう事も。

また、自分では最先端なつもりで話をしていたのにも関わらず、若い人達からしたら理解が出来ないなんて事もあるかもしれません。

そのせいで恥ずかしい思いをしてしまう事伊達あるでしょう。

そうなってしまうと、結局自分が恥ずかしい思いをする事にも繋がります。

だからこそ、どんな言葉が死語なのかと言う事をしっかりと覚えておく事が重要です。

そこで今回は、もう既に死語と言われている言葉をご紹介させて頂きます。

あなたが日常的に使っている言葉は、もう既に死語なのかもしれません。

死語いくつ知ってる?これを使うと恥ずかしいかも

死語を使って恥ずかしい思いをしている女性
そもそも『死語』という言葉を知っているでしょうか。

死語とは、書いて字のごとく『死んでいる言葉』です。

そう聞くと、なんだか重々しいような気持ちにもなります。

死語とは、日常的に使われなくなった言葉を指します。

死語を使う事によって、その世代がばれてしまうとも言われており、気を付けなければ行けない言葉です。

日本語には、流行りがあります。

だからこそ、その流行に乗って居る人達の中で使われた言葉は、年代によって大きく変わって来るのです。

その中で、自分達の世代しか伝わらないような言葉を使う事で、仲間意識のような気持ちも芽生え楽しい気持ちになる事も事実です。

ですが、それは流行を強く反映しているからこそ、年齢が出やすくすぐに死語となってしまうのです。

死語を使っていると、周りの人から痛い目で見られる事もあります。

自分では気が付かない内に恥ずかしい思いをしている可能性もあるのです。

あえてそれでも使いたいというのなら、本人の自由です。

沢山使っても良いでしょう。

ですが、気が付かない内に使用しているのとでは話が全く違います。

恥ずかしい思いをしたくないという人は、死語を使用する事を止めましょう。

使うと恥ずかしい27個の言葉

それではここからは、死語をご紹介させて頂きます。

あなたが使用していた言葉はいくつあるでしょうか。

その年代の背景を反映しやすい言葉たちばかりなので、実際には産まれて居なかった世代でも知っている言葉もあるかもしれません。

実際に使用するかどうかはべつとしても、多くの言葉を知る事は日本語の楽しさに触れる機会をより多くする事にも繋がります。

だからこそ、死語となった言葉を知る事も広く日本語を知る意味では必要な事なのかもしれません。

多くの言葉をご紹介させて頂きます。

あなたはこの中で、一体どの程度の言葉を知っているでしょうか。

アッシー

こちらは、バブルの頃に良く使われた言葉です。

アッシーとは、女性が男性に対して付けたあだ名の一つであり、アッシーは足の事を指します。

つまりは車代わりと言う事です。

バブル時代の日本は、超好景気でした。

その為、女性達もより良い男性を捕まえる為に多くの男性を手玉にとる事も珍しい事ではありませんでした。