日本語には様々な言葉があります。

通常使っている話し言葉の他にも尊敬語や謙譲語などもあります。

ここまで多くの言葉を使う国は日本以外にはあまりありません。

だからこそ、日本語は世界的に見ても難しく使用している国が日本しか無いのかもしれません。

日本に住む私たちは、日本語を全て把握する事が出来て居るでしょうか。

それはおそらくNOです。

よほど詳しく研究でもしていない限り、日本語の全てを知る事は出来ないでしょう。

難しい言葉を抜かしたとしても、年代によって使用している日本語には差があります。

そのせいで、世代によって理解する事が出来る言葉と出来ない言葉があります。

それは、互いの生活スタイルに酔っても違いが出てくることであり、どちらが良いも悪いもありません。

常に新しい言葉が産まれてくると言う事は、それだけ使われなくなった言葉があると言う事です。

その言葉を『死語』と言います。

この死語を使っていると、年齢がばれるとも言われており、どんなに見ためが若かったとしても、実際の年齢ばれてしまう事も。

また、自分では最先端なつもりで話をしていたのにも関わらず、若い人達からしたら理解が出来ないなんて事もあるかもしれません。

そのせいで恥ずかしい思いをしてしまう事伊達あるでしょう。

そうなってしまうと、結局自分が恥ずかしい思いをする事にも繋がります。

だからこそ、どんな言葉が死語なのかと言う事をしっかりと覚えておく事が重要です。

そこで今回は、もう既に死語と言われている言葉をご紹介させて頂きます。

あなたが日常的に使っている言葉は、もう既に死語なのかもしれません。

死語紹介!いくつ知ってる?これを使うと恥ずかしいかも


そもそも『死語』という言葉を知っているでしょうか。

死語とは、書いて字のごとく『死んでいる言葉』です。

そう聞くと、なんだか重々しいような気持ちにもなります。

死語とは、日常的に使われなくなった言葉を指します。

死語を使う事によって、その世代がばれてしまうとも言われており、気を付けなければ行けない言葉です。

日本語には、流行りがあります。

だからこそ、その流行に乗って居る人達の中で使われた言葉は、年代によって大きく変わって来るのです。

その中で、自分達の世代しか伝わらないような言葉を使う事で、仲間意識のような気持ちも芽生え楽しい気持ちになる事も事実です。

ですが、それは流行を強く反映しているからこそ、年齢が出やすくすぐに死語となってしまうのです。

死語を使っていると、周りの人から痛い目で見られる事もあります。

自分では気が付かない内に恥ずかしい思いをしている可能性もあるのです。

あえてそれでも使いたいというのなら、本人の自由です。

沢山使っても良いでしょう。

ですが、気が付かない内に使用しているのとでは話が全く違います。

恥ずかしい思いをしたくないという人は、死語を使用する事を止めましょう。

死語を紹介!知っているものがあればもう年かも?

それではここからは、死語をご紹介させて頂きます。

あなたが使用していた言葉はいくつあるでしょうか。

その年代の背景を反映しやすい言葉たちばかりなので、実際には産まれて居なかった世代でも知っている言葉もあるかもしれません。

実際に使用するかどうかはべつとしても、多くの言葉を知る事は日本語の楽しさに触れる機会をより多くする事にも繋がります。

だからこそ、死語となった言葉を知る事も広く日本語を知る意味では必要な事なのかもしれません。

多くの言葉をご紹介させて頂きます。

あなたはこの中で、一体どの程度の言葉を知っているでしょうか。

アッシー

こちらは、バブルの頃に良く使われた言葉です。

アッシーとは、女性が男性に対して付けたあだ名の一つであり、アッシーは足の事を指します。

つまりは車代わりと言う事です。

バブル時代の日本は、超好景気でした。

その為、女性達もより良い男性を捕まえる為に多くの男性を手玉にとる事も珍しい事ではありませんでした。

アッシーだけでは無く、ご飯をおごってくれるメッシーなどもおり、それぞれ用途に
合わせた使い分けが行われて居ました。

今では互いに食事代を出し合う事もそう珍しい事では無くなってきた物の、当時は男性が支払う事が当たり前でした。

だからこそ、より良いご飯に連れて行ってくれる男性に人気が集中したのかもしれません。

今の時代、良くも悪くも男女平等です。

だからこそ、男性が女性の送り迎えをする事自体珍しい事かもしれません。

だからこそ、この言葉は死語になってしまいました。

出来る事なら、そんな時代がまた来たらと思う女性も多いはず。

アベック

アベックとは、カップルの事を指します。

付き合っている男女の事を、昔はアベックと言いました。

この言葉は、かなり古く、今の50代から60代で多く使用された言葉です。

だからこそ、孫など年の離れた人に対して『アベック』という言葉を使用したとしても伝わらない場合も多々あります。

アベックもカップルも意味としては同じです。

ですが、その言葉選びによって年代が分かりやすくなってしまいます。

また、それだけでは無く同じ日本人同士なのにも関わらず言葉が通じないという現象も出てくる事でしょう。

そうならない為には、今どきの言葉も覚えて置く事も重要です。

アムラー

アムラーとは、歌手の安室奈美恵さんのファッションをまねた女性の事を指します。

90年代にデビューした安室奈美恵さんは、一躍トップミュージシャンとなりました。

その歌声やダンスは勿論、年齢異常に大人っぽいファッションに多くの女性達が憧れ『ああなりたい』『同じ服が着たい』という女性達で町はあふれかえりました。

アムラーのファッションで、最も人気となったのが厚底靴です。

厚底靴は、足が長く見える事によって体型をよりスレンダーに見せる事が出来ます。

そんな効果もあり、スタートはアムラーの方からでしたが、次第に幅広い年齢層に支持されるようになりました。

一方で、厚底靴は当然危険を伴います。

足を怪我する人が続出下のも記憶に新しいのでは無いでしょうか。

美しい姿になるには危険が隣り合わせなのです。

先日引退を発表された安室奈美恵さん。

それもあり、最近またアムラーという言葉を良く耳にするようになりました。

その為、若い世代の方々もこの言葉を理解する機会があったはずです。

このように多くの人がその言葉を使用すれば、言葉に命が宿ります。

結果的に、死語が死語で無くなる事もあり得ます。

今の時代、アムラーとなりファッションを楽しむ事は少々恥ずかしいかもしれません。

厚底自体あまり販売されていないので、購入には苦労するはずです。

ですが、それでもアムラーを貫く事が出来れば、それはそれで個性の一つとなり受け入れられる事もあるかもしれません。

だいじょうV

こちらは、CMで一躍人気となった言葉です。

アメリカの知事も勤めた事のあるアーノルド・シュワルツェネッガーさんが出演していた飲料のCMの中で、大丈夫の後に指をピースし、それを英語のVに見立てる事によって『だいじょうV』という言葉を作りだしたのです。

意味としては大丈夫と同じ意味であり、日常的に使い易い言葉でした。

だからこそ、多くの
人が、その言葉を使い一躍大ヒットしました。

今でも年配の男性の方の中にはこの言葉を使用する方も多く居る事でしょう。

ですが、少々古い印象も強い言葉なので、周りの人がしらけてしまう可能性も多々あります。

エッチスケッチワンタッチ

こちらの言葉は、1970年代頃子供たちの中でブームとなった言葉です。

語呂合わせが良いと言う事もあり、ついつい耳に残る言葉です。

だからこそ、意味も無く言いたくなる魅力がありその効果もありより流行したと考えられます。

この言葉を使用する際は、相手に触られた時などに多く使われてい多用です。

鬼ごっこなど、遊びの中にもこの言葉は登場しました。

子供同士なので、深い意味は無くただの遊びの一つだったのかもしれません。

おこんばんは

こちらは、戦後の時代に活躍したトニー谷と言う方のギャグの一つです。

今では、ギャグと言えるのかどうかも悩めるような言葉ですが、当時は多くの方がこの言葉の虜となりついつい使ってみたくなるような言葉でした。

おやじギャル

親父ギャルとは、1990年に流行語大賞を受賞した言葉です。

当時、習慣SPAに連載されていた漫画のの『スイート・スポット』に出てくる言葉でした。

この言葉は主人公に対して使われた言葉であり、見た目は若く可愛らしい女性なのにも関わらず、中身がまるでおじさんのような人に対して使用される言葉です。

この時代から、年々男女平等が多く言われるようになってきました。

まだまだバブルは続いていたものの、そろそろ陰りが出てくるような時代です。

だからこそ、女性もまた変化を求められていた時期なのかもしれません。

そんな事もあり、女性も単にお茶くみではなく社会の一員としての活動が求められて居ました。

だからこそ、多くの女性達が強くなり結果的におじさんのような姿になったのかもしれません。

女性の本質は変わって居ません。

変わったとすれば、それを前面にだすか出さないかの違いでしょ。

キープくん

キープ君とは、そのまま『キープしている』と言う事です。

つまりは、まだ付き合っては無いけど、あっちがだめならこっちにしよう。

と言った意味が込められています。

今でこそ、そんな事をしたら、噂はすぐに広まりあっという間に自分の周りから人が居なくなる事でしょう。

男性からも全く相手にされなくなるかもしれません。

今の時代の男性は草食系なので、怖がって近寄って来ない可能性も多々あります、ですがこの言葉が流行った当時は誰もが同じようにやっていた事なのです。

この言葉が流行下のはバブル時代。

正に行けいいえどんどんで、日本が活気に満ち溢れていた時代だったのです。

男性もまた、その状況を楽しむだけの余裕があったのかもしれません。

人気のある男性はより人気に。

そうでない人は、いかに自分の魅力を相手にアピールするかを必死になって考えて居ました。

だからこそ、アッシーも居ればめっしーも居たのです。

そんな時代を経験した方は、さぞ楽しかったでしょう。

今となればなかなか出来る事ではありません。

だからこそ、バブル時代の経験者は、なかなかその記憶を忘れる事が出来ないのかもしれません。

コンサバ

コンサバとは、お嬢様スタイルの事をしめしており上品で大人しいイメージを与える服装の事を指しています。

ギャルやアバンギャルドなどとは対義語にあり、清楚なイメージがあると言う事もあり男性受けしやすいファッションとして長い間支持されてきました。

今でも、ファッション雑誌などではあえて他のファッションと対比させる為にこの言葉を使用する場合もあります。

だからこそ、ファッションに詳しいいかたからすればこの言葉はそれほど古いと言う事も無いのかもしれません。

ただし、コンサバという言葉が登場した1970年代と今では同じ『コンサバ』というファッションでも内容が大きく変わっています。

だからこそ、その変化をしっかりと理解する事も大事なポイントでしょう。

ダベる

ダべるとは、『話す』という意味です。

つまりは『ダべって帰ろう』と言う事は『話をして帰りましょう』と言う事になります。

わざわざ分かりにくくする意味があるのかどうかは分かりません。

ですが、なんとなくカッコイイよういしていると言った所でしょか。

その言葉を使用する事によって本当にカッコイイかどうかは誰にも分かりません。

ですが、その年代にしか分からないこだわりのような物が存在しているのです。

その事を理解する事は難しいかもしれません。

『そんな時代もあるな』と受け止めてあげる事も大切です。

ドロンします


ドロンとは、忍者が消える際に使う言葉を真似たものであり、その場から居なくなる事を指します。

つまりは消える事。

『帰ります』という意味をしている言葉です。

そのまま帰りますと言っても問題は無いものの、飲み会の席などではその場の空気を壊してしまう事にもなりかねません。

だからこそ、あえておちゃらけたイメージを作る為にもこの言葉を使用してるのです。

ですが、この言葉が流行下のはバブル時代です。

その為、この言葉を使用するせいで相手を寒い気持ちにさせてしまう事もあるかもしれません。

年代によっては引かれてしまう事も容易に想像出来るでしょう。

だからこそ、そうならない為には、使う相手を選ばなければなりません。

余りにも若い人達にはこの言葉は通用しません。

つい癖になってしまっている人は相手にされなくなる前に、なおす事をお勧めします。