仲睦まじいカップルの35個の特徴のイメージ写真
仲睦まじいカップルを見ると、羨ましい気持ちになりませんか?

あなたが、仲睦まじいカップルを見て、羨ましいと感じる原因は2人の仲がマンネリ化や慣れなどにより、新鮮さが足りないと感じているせいかもしれません。

また、お付き合いするなら、いつまでも仲睦まじいカップルになりたい!などいいイメージが膨らんできますよね。

今回は、そんな仲睦まじいカップルになりたい人にはオススメな、「仲睦まじいカップルの行動」について特徴を挙げていきます。

仲睦まじいカップルの行動を真似することで、2人も仲睦まじいカップルの姿に見えそうです。

最近、お互いなマンネリ化かな?と感じるカップルは、仲睦まじいカップルの特徴を真似して見ていましょう。

真似することで、あなたも仲睦まじいカップルになりませんか?

仲睦まじいカップルを見てほっこりしよう

まずは、あなた自身が仲睦まじいカップルを見てどのように感じますか?腹立たしいですか?

それとも見ていてうらやましいと思いますか?このように、仲睦まじいカップルを見てどのようにあなたが感じるかによって2人の仲もわかってきます。

もし、仲睦まじいカップルを見てマイナスイメージを抱くのであれば、あなた自身の恋愛がうまくいっていないのかもしれません。

しかし、仲睦まじいカップルの姿を見て羨ましく感じたりほっこりする気持ちになる場合、よりこれまでの2人より仲が深まる行動をとることで、仲睦まじいカップルに見られるようになるかもしれません。

長く付き合うと避けられないマンネリ

80年代に反響を呼んだ映画『3年目の浮気』。

これが元なのか、恋は3年で冷めるとよく言われますよね。

たしかに3年目あたりでマンネリ化に耐えきれずに破局するカップルは多いです。

これはジンクスでもなんでもなくて、脳内ホルモンのせいだといわれています。

恋をしてドキドキするような状態をもたらす脳内ホルモンPEAは、同じ相手に対して3年くらいしかもたないのだとか。

その後は家族愛のような幸せホルモンに切り替わります。

ただの愛情の変化なのですが、恋のドキドキとは感覚が異なるため「冷めた」と思ってしまうわけですね。

「あんな頃もあったなぁ…」

お互いにドキドキしていた頃を思い出して懐かしむ気持ちはよくわかります。

「あの頃は楽しかったのになぁ」とネガティブに考えてしまう人も少なくないでしょう。

愛情の形が変化しただけとはいえ、ドキドキ=恋愛と思い込んでいると「この人は運命の相手じゃないかも」なんて考えてしまうこともあります。

相手には何の落ち度もないのに、そういう思いが頭をもたげてくるのは嫌なものですよね。

仲睦まじいカップルを参考にしよう

仲睦まじいカップルはどうなのかというと、この2人だって長年付き合っていれば、もうドキドキはしていないのが大半です。

でも仲良しでいられるのは、愛情の変化を二人で紡いできた絆だと捉えられているから。

また、たまにはドキドキ気分を味わうためにスパイスを投下するのも上手です。

ぜひとも参考にしたいところですね。

仲睦まじいカップルの特徴35個

仲睦まじいカップル
それではここからは、仲睦まじいカップルの特徴を16個ご紹介していきます。

仲睦まじいカップルの様子を想像し、あなた自身仲睦まじいカップルの行動を真似していくことで、より新鮮な気持ちになれたり、仲睦まじいカップルの姿を作り上げていくことができるかもしれません。

誰しも、付き合い始めは仲睦まじいカップルの姿や、お互いのことを思いやれる気持ちがあったのに対し、最近の2人の関係を見直したときに仲睦まじい姿に見えるのか?と疑問になるのであれば、今が、見直すチャンスかもしれません。

これを機会にぜひ、仲睦まじいカップルになっていきましょう♪

さらに、なぜいつもお付き合いになるとマンネリ化しやすいのかについても考えていきます。

マンネリ化してしまうカップルには、いくつかのパターンがあります。

あなたは、そのパターンに当てはまっていませんか?マンネリ化しないための努力や工夫も必要なのです。

こちらも合わせてご参考にしてみてくださいね。

お互いいつもキラキラしてる

お互いがいつもお互いを思いやり、相手のことを思うだけでドキドキし、また相手のために綺麗でいたい、かっこよく居たいと思える気持ちが強いほどお互いにキラキラしているカップルになれるのではないでしょうか?

お互いいつもキラキラしていることでお互いの刺激になりいつまでも新鮮な気持ちでお付き合いができるかもしれません。

マンネリ化しやすいカップルにありがちな事と言えば、お付き合いが浅いにもかかわらず、恋人の前でリラックスしすぎてしまうことが原因になるようです。

そのため、お互いいつもキラキラしていることで、マンネリ化が起こりにくく、お互いいつまでも付き合いはじめの頃のように仲良くいられるのではないでしょうか。

彼氏のさりげない気遣い

彼氏のさりげない気遣いがある仲睦まじいカップル
やはり、彼氏のさりげない気遣いが仲睦まじいカップルには欠かせないようです。

例えば、彼氏のさりげない気遣いと言えば彼女に対し、優しくエスコートする姿など彼氏のさりげない気遣いになるのではないでしょうか?

さりげない気遣いと言えば、彼女が持っている荷物を持ってあげたり、どこかにデートに行けば彼女が入ろうとしたお店のドアを開けてあげるなど、さりげなく優しいところを見せることで、仲睦まじいカップルに見えるようです。

また、彼氏のさりげない気遣いに彼女もきちんと「ありがとう。」が言えなければなりません。

お互いにさりげない気遣いと、心遣いを行うことでより仲睦まじいカップルに近づきそうですね。

【気遣い上手な人については、こちらの記事もチェック!】

仲良く夕食の準備

カップルが、2人仲良く揃って夕食の準備をする姿は誰が見ても仲睦まじいカップルに見えるでしょう。

2人が仲良く夕食を作る姿は、周りがほっこりさせるような温かい気持ちにさせることでしょう。

さらに、お互いの家へデートに行く際には、2人が仲良くキッチンに立ち夕食の準備をすることで、2人の料理が出来上がります。

また、2人でお料理する事でどんなお料理を作るのか決めたり、お料理が上手い方にお料理を教えてもらっても良さそうです。

さらに、2人が食べたい夕食を作る事で夕食が盛り上がりますよね。

このように、仲良く夕食の準備をすることで、将来お互いを旦那さんや奥さんになった様子を伺えるて楽しそうですね。

二人で漫才コンビのような関係

カップルが互いに笑合えるような仲が、仲睦まじい姿にみえますよね。

あうんの呼吸といいますか、きちんと相手にツッコミを入れられるところも大切です。

お互いにボケとツッコミのような漫才しているような姿が、仲睦まじく見えるようです。

さらに、2人で漫才コンビのような関係になることで、より2人で居ることが楽しくなり笑える機会も増えそうです。

2人が笑える関係になれば、より2人で居ることが楽しくなります。

また、2人で漫才コンビのような会話をする事で、側から見て居ても思わず笑ってしまいそうですね。

そんな漫才コンビのような2人を見ていても、周りは仲睦まじい姿のカップルだなと心が温かくなるかもしれません。

さりげなく寄り添ってる


べったりしすぎると、見ているほうも不快に感じてしまいますが、さりげなくカップルが寄り添っている姿は、絵になる2人になりそうです。

2人でデートしているときに、さりげなく寄り添うことで、その時が心に残る思い出になったり、また姿を見ているほうもさりげなくカップルが寄り添う姿に、心がジーンとくるような光景に見えそうです。

あまりイチャイチャしたりベタベタしているカップルは、仲睦まじいようには見えません。

そのため、さりげなく寄り添う姿が、なんとも仲睦まじい姿に映るのではないでしょうか。

人前で、イチャイチャベタベタしすぎずカップルであれば、少しは行動に注意した方がいいですね。

彼女の話を文句を言わず聞いている

これは、話の内容にもよりますが、人の悪口ばかり言っている彼女は、誰もが不快な気持ちになりますよね?

しかし、最近あった出来事や楽しそうに話している姿を、彼氏が優しい眼差しで見つめながら、話を聞いている姿に思わず仲睦まじい姿だと感じてしまいます。

また、女性は喋る事が大好きですので、その事をよく理解した上で話を聞いてくれる姿は、彼女を思いやる優しい姿に見えますよね。

このように、彼氏が彼女のたわいもない話などを文句も言わずに聞いてあげている姿は、側から見て仲睦まじい姿のカップルに見えるようですね。

お互いの好きなものを理解している

あなたはどれくらい彼氏、彼女の事を理解していますか?お互いの、好きなものや大事にしている事などの理解をしている事で、より深い絆を感じます。

さらに、お互いの好きなものを理解している事で、仲直りのプレゼントにも使えそうです。

さらに、お互いの好きなものを理解している事で、サプライズのプレゼントやここぞ!という時、記念日などにも相手に喜んでもらえるようなプレゼントをする事が出来そうですよね。

このように、お互いの好きなものを理解しておく事で、相手を喜ばせる事が出来たりよりお互いに愛し合う姿に見えるのかもしれません。

仲睦まじい姿のカップルは、お互いの好きなものを理解して、絆が深いカップルなのかもしれません。

何気ないことでも2人ではしゃいでる

たわいもない話で盛り上がっていたり、何気ない事でも、2人仲良くはしゃぐ姿は幼い子どもを見ているようで、可愛らしく見える事があります。

また、何気ない事でもはしゃげる2人に見ている周りもほっこりした気持ちにさせてくれそうです。

このように、何気ない事でも2人仲良くはしゃぐ姿は、仲睦まじいカップルの姿に見えるのです。

あなたが、仲睦まじいカップルになりたいと思うのであれば、まずは些細な事でも2人仲良く盛り上がる事が出来るのか、確かめてみても良さそうです。

些細な事でも盛り上がる事が出来るなら、きっと些細な事にも幸せを感じる事が出来るカップルです。

そんな2人なら、周りから見ていても幸せそうな、仲睦まじいカップルに見えるのではないでしょうか?

彼女がしっかりフォローしてる

彼氏が少々頼りない時、頼りない姿を見せてしまっても、彼女がしっかり彼氏を支えてフォローしている姿は、何とも仲睦まじいカップルの姿に見えるようですね。

彼女がしっかりしていることで、彼氏を支えている、彼氏がダメになりそうな時でもきちんとフォローしている姿に、彼女からの愛を感じるのではないでしょうか。

もちろん、フォローされた彼氏が感じるのはわかりますが、その姿を見ている周りの人達も彼女が彼氏をフォローする姿に、仲睦まじい姿を見ているように感じます。

しっかり者の彼女なら、彼氏も頼りがいがありますし、いざという時引っ張っていってくれそうです。

そんな頼もしい彼女の姿は、側からみていても見習いたくなる姿なのかもしれません。

現実をしっかり見てる

「あぁなりたい。」「こうなりたい。」と、夢ばかりを見ているカップルも素敵ですが、地に足をつけたように、しっかりと現実を見ている姿は、見ている側が少々厳しさを感じる事もありますが、現実をしっかり見ている事で、お互いの事を真剣に考えているんだな…。

と、思われるようです。

お金の事や、将来設計などきちんとした考えがある上で、お互いを愛し合う関係に、誰しもしっかりしているな、と感じますよね。

現実をしっかり見ているカップルは、側から見ている人達も仲睦まじい姿に見えるようですね。

お互いがポジティブ

どちらかが、ネガティヴな考えを持っている事で、ネガティヴな考えに引っ張られてしまいます。

そこで、お互いポジティブな考えならその場に居る人もポジティブなカップルを見て、心がほっこりするようです。

例えば、何か失敗しても前向きに励まし合うカップルの姿を見ると、何だかあったかい気持ちになりませんか?

お互いに、支え合う姿を見せられる事で、より周りの人達も巻き込み、ポジティブな感覚にさせてくれそうです。

このように、お互いがポジティブなカップルの姿は、周りの人達をほっこりと暖かな気分にさせる、仲睦まじい姿に見えるのかもしれません。

笑いを共有している

楽しい事や面白いこと、また笑える事を共有する事で、2人で笑い合い楽しい姿に見えます。

お笑いや、爆笑ネタなどジャンルは様々ですが2人で笑い合える事は、何よりお互いの気持ちが通じ合ったり、また理解していないとなかなかできない事ですよね。

そんな、笑いを共有しているカップルを見て、周りも仲睦まじいカップルに見えるようです。

周りにどう思われようが、どうみられようが、2人が楽しい事を中心に笑い合う姿は、みていてほっこりした暖かな気持ちになりませんか?

2人が笑い合う姿は、仲良しカップルに見える事と、仲睦まじいカップルに周りもほっこりしてしまいそうです。

共通のゴールがある

カップル同士、お互いに共通理解や目的を持つ事で、共通のゴールを目指す事ができます。

また、共通のゴールがあるからこそお互いに切磋琢磨して、素敵なカップルを作り上げていける事も考えられます。

共通のゴールのあるカップルは端から見ていても仲睦まじい姿に良いそうです。

また、共通のゴールに向かいお互い励ましあい支え合う姿にも、周りが温かい気持ちになります。

このように、共通のゴールを2人で力を合わせ突き進んでいく姿に、感動と仲睦まじい様子を垣間見ることができるのかもしれません。

共通のゴールがあることで、2人が協力できるなら、何かを目標に2人で力を合わせて頑張っていきたいと感じるようになるのかもしれません。

スキンシップが多い

人前であまりベタベタやいちゃいちゃが良いとは思いませんが、爽やかにスキンシップをすることで、お互いの刺激になり仲睦まじい姿に見えるのかもしれません。

例えば、彼女が一生懸命何かを頑張っているときに、彼氏が彼女の肩を揉む姿や、彼女が落ち込んでいるときに彼氏が頭を優しく撫でている姿など、周りが見ていて優しい気持ちになりそうです。

このように、カップルの間でスキンシップが多い事は、仲が良いことを示していることにもつながります。

そのため、スキンシップの多いカップルを見ると仲睦まじい姿と感じる人も多くいるようです。

もし、お付き合いしている中でスキンシップが少ないようであれば、これを機にスキンシップを増やしてみてはいかがでしょう?

言いたいことを言い合える

何でもかんでも感情をぶつけ合う関係は良くありませんが、言いたいことを相手に言い合える関係はとてもすばらしいと言えるでしょう。

しかし、喧嘩のようにお互い感情的になり言いたいことをぶつけるのではなく、心で思うことを相手が理解できるよう感情的にならず話し合いにもっていくことで、喧嘩型より相談型の話し合いに持っていきましょう。

言いたいことも言い合えないカップルでは、いずれ爆発する時がやってきます。

そのため、喧嘩にならずお互いに言いたいことを言い合える関係を作っていくことも大切です。

このように言いたいことを言い合える関係や姿を見た人たちは、よりお互いに信頼し合う受け入れている姿に見えるようです。

そのため、言いたいことを言い合っているカップルを見ても仲睦まじい姿に見えるのかもしれません。

お互いを尊重してる

仲睦まじいカップルは、やはりお互いに敬意を持ちお互いを尊重しているカップルが多いといえます。

彼氏や彼女のことを馬鹿にしたり、友達に悪口ばかりを言っているようであれば、お互いを尊重している、お互いに敬意を払っているとは思いません。

他人同士がくっつきカップルになっているので当然のこと、口や文句も言いたくなるときはあります。

しかし、その度合いによりお互いを尊重しているのかしていないのかが他人からわかってしまいます。

お互いを尊重しているカップルは深い絆で結ばれ、周りが見ていても清々しい気持ちにさせてくれるでしょう。

そのため、お互いを尊重している姿がなんとも仲睦まじい姿に見えるのです。

このように、お付き合いしている上でもお互いを尊重しあいる関係は、とても素晴らしく周りから見ていても仲睦まじいカップルの姿に見えるのです。

近況報告など何でも話す

男性側のあるあるなんですが、長く付き合えば付き合うほど「言わなくても通じ合ってる」と思い込んでしまいがち。

でも、エスパーじゃないんですから口にしないで分かることなんてほとんどありません。

せいぜい「お腹痛そう」「風邪ひいてそう」「嫌なことあったかな」くらいのもので、あとはサッパリ。

なんでもかんでも「察してくれ」は無理があります。

女性側もそうですけどね。

仲睦まじいカップルは近況報告などを毎度細かくしっかりやっています。

他愛ない話、伝えなくても別に良い話でも、共有することでお互いの状況を理解しようと努めているのです。

ですから、急に連絡が途絶えても「そういえば仕事が忙しくなりそうって言ってたな」とか「結婚式への出席が多くてお金が大変って言ってたな」というのが浮かんで不満にならずに済んでいます。

何気なく伝え合っているからこそ「察する」こともできるようになると心に留めておきましょう。

楽しもうという気持ちが強い


仲睦まじいカップルの多くは両者ともに自立できているタイプが多くみられます。

お互いに自分一人でも生きていける人間だからこそ、「一人でいるより一緒にいると楽しいな」と感じられるのです。

そして、一人でいる時ではできない楽しみ方を存分に満喫しようと心がけています。

マンネリ化してしまうカップルの場合、依存度が高くてお互いに「楽しませてくれよ」が先行している傾向にあります。

そうではなくて、自ら楽しさを作り出していくことが大切です。

2人の時間を作っている

本当の意味で2人だけの時間って、お付き合いしていても意外と少ないものなんですよ。

それに気づいているかどうかが仲睦まじくなれるかどうかの違いといえます。

たとえば、同じ部屋で同じテレビ番組を見ていたら2人の時間と呼べるのかという話。

これは「テレビを見る時間」であって「2人の時間」ではありません。

真剣な悩みや将来のこと、それぞれの考え方を打ち明けて、じっくり話す時間を作りましょう。

ここが曖昧になっていると、よからぬ疑念が生じたり、妙なタイミングでの喧嘩になってしまいます。

感情的になりすぎない

仲睦まじいカップルはお互いに感情的になる頻度がものすごく少ないです。

楽しい・嬉しい・幸せは爆発させますが、マイナスの感情についてはいきなりブチ撒けたりしないよう心がけています。

これはカップルに限った話ではなく、大人のコミュニケーションの前提となるレベルのこと。

マイナスの感情をいきなりブチ撒けるのは相手に甘えきっている証で、とても依存的な印象を与えます。

ブチ撒けられた方はストレスを感じますし、そのストレスに耐えてまで一緒にいる価値があるのだろうかと悩み始めてしまうでしょう。

怒ったり悲しんだり悔しがったりしても、その感情のままに言葉を口にする必要はありません。

一呼吸おいて、本当に伝えたいことが伝わる言葉は何なのかを吟味することが大切です。

素直に謝る

仲睦まじいカップルは、自分と同じかそれ以上に相手のことを大切にしています。

それでも何か傷つけたり怒らせてしまうことが無きにしもあらずなので「これはやってしまった」と思った瞬間には即謝ります。

大切にしたいというのが根本にありますからね。

カップル間にくだらないプライドを持ち込む必要性は0。

自分が悪いと思ったら素直に謝らなくちゃいけません。

これから先、結婚して子供を産むとなったらそれこそ、子の手本として素直に謝れる人間になっていないとどうしようもないです。

もしどちらかが素直に謝ることができないでいるなら、幼稚であることを自覚しましょう。

謝ることで失うプライドなんてないし、あるとしたら捨てた方が良いレベルのちっぽけなものです。

すぐに仲直りをする

先述のように、悪いことをしてしまったと思った方が即謝り、そして謝られた方もすぐに許します。

喧嘩が数日間に渡ることはありません。

長くても数時間くらい。

仲睦まじいカップルは、感情を理性で制御できるタイプの2人なので、問題が生じたらそれを放置して先延ばしにするよりも、二人で妥協点をみつけたり、解決することが優先事項だとよくわかっています。

だから変な喧嘩にはならないし、意見を言い合ったとしても、白熱というよりは冷静な話し合いといった雰囲気です。

話し合う時間もしっかり確保するので、喧嘩別れもあり得ません。

ちゃんと相手と向き合う

これもまた恋愛に限った話ではないのですが、ある程度人生経験を積んできた人なら「他者は自分とは異なる生き物である」ということを理解しているはずです。

どんなに仲が良くても、考え方も趣味嗜好も、嫌いなものも全部違って当たり前。

仲睦まじいカップルはそもそも、上記のような違いを持つ多数の他者の中から、自分が受け入れられる範囲で、なおかつ矯正する必要もないと思える相手をパートナーに選んでいます。

受け入れられる存在だというのが前提にあるので、相手に多少嫌なところがあっても、そこを突きすぎずに向き合うことができるのです。

逆に、この前提から間違っていると、どうしたって仲違いします。

話合いをしっかりする

先述の通り、互いにエスパーではないので話さないと理解し合うことはあり得ません。

ちょっとした不満を勝手に溜めこんでいきなり爆発させるのではなく、直して欲しいところがあったら都度提案しましょう。

その上で相手の気持ちや考えも聞き、「そういうことだったのか」とお互い納得し合うのが理想的な形です。

相手の生活を考えられる

「好き!」が増大したときにありがちなのが「今すぐ会いたい!」「なんで連絡くれないの?」「毎週デートしてよ!」「仕事で疲れてるって何?一緒にいたら癒されるよね?」という一方的な要求の数々。

こんなんでは破局まっしぐらです。

結婚して一つ屋根の下に暮らしていたって、個々の生活というのはあるものです。

どちらかの都合に合わせて風呂に入るわけでもないし、食べたい食事だって違うし、仕事の負担も疲労度も異なります。

相手にも生活があるということを、しっかり認識さえしていれば思い遣る気持ちも出てくるはずです。

周りの人も大切にする

若干関係ない話なんですが、ヒグマの雄は雌の子供を殺してしまうんだそうです。

雌のヒグマは子育てをしている間は雄の相手をしないので、子供を殺してしまえば相手をしてくれるようになると本能でわかっているのだとか。

恐ろしい話ですが、束縛系の人ってこれに似ていますよね。

自分の元から恋人が去ってしまうリスクを限りなく減らすために、友人や家族と疎遠にさせて自分しか見えないようにするのですから。

仲睦まじいカップルの場合、こんな恐ろしい手段でお互いを縛り付けあったりはしません。

むしろ、双方が大切にしている人たちを一緒に大切にして、幸せの輪を広げていきます。

相手の友達

まずは相手の友だち。

付き合い出してからしばらくすると紹介し合うことが多いと思います。

いまどき、男女問わず友達がいるのは当たり前ですから、たとえ相手が大切にしている友達が自分と同性であってもライバル視したりはしません。

むしろ、紹介してくれるくらい、そういう関係の相手ではないんだなと安心するくらいの度量を持っていた方が上手くいきます。

相手の家族

このままお付き合いが継続して結婚するとなれば、将来的には「自分の家族」にもなる人達ですから大切にすべきでしょう。

もちろん、恋人が大切にしているなら、の話ですが。

稀に、家族から虐待をされていたという話を恋人から聞いていたにも関わらず「家族は大事に!」という、わけのわからない正義感を振りかざして恋人を危険な目に遭わせてしまう人がいます。

家族関係というのは当人にしかわからないことなので、それこそ話し合って家族に対する思いは聞いておくといいでしょう。

共通の友人

共通の友人なら、どちらも大切にするのは当たり前ですよね。

これは仲睦まじくないカップルでも自然とできているはずです。

お世話になった人

仕事ではとくに、お世話になった先輩との飲み会は断れない、といったお付き合いが存在します。

これを「そんなこと言わないで帰ってこい!」と怒鳴りつけるのはNG。

お世話になった人に義理を果たせる恋人の心意気を褒めてあげるくらいが丁度良いです。

悩みを相談し合う

カップルだからこそ、他の人には言えない悩みを相談できるというもの。

逆に、弱みを見せられないような相手とは長続きしません。

弱みを見せられないということは、それだけ相手の期待が過剰であったり、心を許せる相手ではないということだからです。

辛いときにはそばにいる

辛そうな相手を見て「めんどくさ…」と思ってしまうようなら相性はよくありません。

何もしてあげられることがなくても、ただそばにいるだけで良い関係が理想的。

とにかく無条件で愛してくれる人の存在は、それだけで十分心強いからです。

些細なプレゼントを贈る

とくに記念日などではなくても「このお菓子好きそうだったから」「このネックレス似合うかなと思って」と小さなプレゼントをもらえたら嬉しいですよね。

物が嬉しいというより、なんでもない日に自分のことを考えてくれていたというのが嬉しいのです。

ここに喜びを見出せる二人なら、確実に仲睦まじく過ごせます。

素直に愛情表現をする


付き合いが長くなると、なんだか熟年夫婦みたいになって「好き」とか「愛してる」とか「可愛い」「かっこいい」すら言わなくなってしまうカップルは多いようです。

でも、たまには言わないと、カップルというより、ただの友だちみたいになってしまいますよ。

仲睦まじいカップルは恥ずかしがらずに思ったときに思ったままの愛情表現をします。

口では「もう恥ずかしいよ」と言いながらもめちゃくちゃ笑顔です。

相手の趣味に理解がある

さすがに趣味へ時間もお金も全振りしている人が相手だと「付き合う意味ないんじゃ…」と思えてくるでしょうけど、そんなレベルでなければ何が趣味でも大して困らないはずです。

反社会的なものでなければ。

理解することと、受け入れて一緒に楽しむことは違います。

一緒に楽しめなくても、相手の好きなものであることを認めて否定しないだけでOKです。

ルールや決まりごとを守る

奇跡的に相性が良いカップルはならルールを設けずとも上手くいきます。

でも、そこまでぴったり感覚がハマる相手に出会うのは難しいので、多くのカップルが何かしらのルールを設けているでしょう。

ギッチギチにルールで縛る必要はありませんが、話し合った上でお互いに「このルールがあったら気持ちよく過ごせるね」と納得したものくらいは守ることをおすすめします。

相手の嫌がることをしない

付き合いたてくらいは、相手が何を嫌がるのかが分からなくてやらかしてしまうこともあるでしょう。

でも、相手のことが本当に好きで、よく観察していれば表情の変化などで「あ、これは嫌なんだな」というのが、なんとなくはわかるはず。

仲睦まじいカップルはそれに反応し「ごめん、嫌な思いをした?」と聞いて確認します。

そして、嫌がることを絶対に繰り返しません。

相手の体調を気にかける

相手の体調を気にしなくなってしまったら、その関係は破綻しているのではないでしょうか…。

仲睦まじいとは言わないまでも、そこそこ仲良しのカップルなら当然気に掛けるはずです。

ただ、段々馴れ合いになってくると変化するかもしれません。

楽しみにしていたデートが相手の体調不良でおじゃんになったりしたときに、心配よりも怒りが湧いてしまうことがあります。

そうなったら、その関係の解消を検討すべきです。

言わなくても伝わる

先述しましたが、言わなくてもお互いに察し合うレベルになるには、日頃からの会話の蓄積が必要です。

蓄積があるからこそ推測の的中率が上がるわけで、大したコミュニケーションもとらない中で「伝わる」と考えるのは甘えというものです。

言わなければいけないことはしっかり伝える

推測の的中率が上がりに上がって、本当にツーカーの仲になれたとしても、言わなければならない大事なことは言うべきです。

「仕事が忙しくなるので1カ月会えない」といった、相手を不安にさせてしまうような事柄や、転職などの大きな決断が該当します。

「仲睦まじい」は、マンネリ化しない?

冒頭にもお伝えしましたが、仲睦まじいカップルや夫婦、友人たちはマンネリ化しないことが挙げられます。

仲睦まじい関係でいられるために、どのようなことをしているのか1つずつ考えていきたいと思います。

いつも新鮮でいる事を心がける


いつも新鮮でいることを心がけてかければ、新鮮さを心がけない時点からマンネリ化が始まります。

そのため、相手を見てドキドキしたりするより、一緒にいて楽な方を選ぶような方であればマンネリ化しやすい傾向にあるようです。

女性はいつまでもドキドキしていたいものです。

しかし、男性側が早く落ち着きたいと思っていたりいつまでも新鮮でいることを心がけないがために、マンネリ化しやすくなるということも考えられます。

お付き合いを長くしたいと考えるなら、いつまでも新鮮さを忘れない気持ちでお付き合いをしていくようにするといいですね。

相手に敬意を払う

相手に対し敬意を払わないことでマンネリ化しやすくなると考えられます。

そのため、相手のことを尊重したり、敬意を払えないことで相手のことを馬鹿にしたり、見下した態度になるため一緒にいる相手もあなたといることが苦痛になることが考えられます。

さらに、熟年夫婦の離婚が最も考えられる原因の1つに、相手に対して敬意を払えなくなることが挙げられるのです。

やはり、女性はいつまでもキラキラ輝いていたいと思うことに対し、男性は落ち着いた家庭に安定をのぞむ傾向にあります。

その考え方の違いから、相手に対し嫌な態度をとるように言ってしまうかもしれません。

お互いに、思いやりが出来る

一緒にいる期間内長くなればなるほど思いやる事ができなくなることが考えられます。

しかし、いつまでたっても思いやりができるカップルであれば、たとえ結婚しても互いに思いやりができるため、マンネリ化しにくいとされています。

笑顔を心がける

自立した大人同士が、一緒に楽しくなることを見つけようとしているのですから、笑顔になるのは自然なことです。

辛くても笑顔を顔面に貼り付けることを心がけているわけではなくて、一緒にいることで考え方を明るくシフトし、心から笑える時間を楽しもうとしています。

言葉選びに気をつける

仲睦まじいカップルもたまーに喧嘩をするかもしれません。

でも、そのときだって人格や個性、大切にしているものを否定するような発言は絶対にしないでしょう。

たとえば、同性している彼氏が夜中に酔っ払って、突然友達を連れて帰ってきてしまったとします。

怒った彼女が次の日になって「お前も友達もロクでもないクズだ。

育ちが知れる」なんて言ったらどうでしょう。

すっごく嫌な感じですよね。

破局になってもしかたないかも、というレベルです。

「楽しい飲み会だったのはわかるけど、一緒に暮らしているのだから、相談もなしに突然友達を呼ぶのはやめてほしい」と言えば済む話。

物事には怒っても、相手そのものに怒りを持ってはいけません。

男磨き/女磨きをする

どんなに仲が良くても「男女」という認識が外れると、ただの友だちです。

カップルは、ストレートな言い方をすれば「抱きたい」「抱かれたい」が無いと成立しない関係。

お互いに異性であることを認識し続けられるように、性的な魅力を磨くことも忘れてはなりません。

相手を一番に考える

自分のことを差し置いてまで、かは別として、周囲の人たちの中で最も大切にすべきは恋人です。

なぜなら、親や兄弟と違って「自ら選んだ相手」だから。

自分の選択には自分で責任を持たなくてはなりませんよね。

このことは、しっかり心に留めておきましょう。

結婚までするとなれば、なおさら相手を一番に考えなければいけません。

妻をないがしろにするマザコン夫や、友達と明け方まで遊び呆ける妻なんてお話になりません。

そもそも仲睦まじいとは?


話が、前後してしまいますがそもそも「仲睦まじい」とはどんな姿を意味するのでしょうか?

「仲睦まじい夫婦」や、「仲睦まじい姿」などカップルや夫婦に向けた使い方がほとんどですが、あまり深く「仲睦まじい」と言う意味を考えたことがありませんよね?

ここからは、そんな「仲睦まじい」意味や、使い方などを解説していきます。

さらに、仲睦まじいキーワードに関する類義語などにも連れて行きたいと思います。

仲睦まじい姿のカップルや夫婦になれるよう、今日からでもできることをお互いにやっていけるといいですね。

さらに、周りから仲睦まじい夫婦やカップルと思われることで、より2人の絆も深まって行きそうです。

意味

「仲睦まじい」の意味とは、双方の間柄を意味する言葉になります。

なので、基本的に1人の人に対して使わない言葉になります。

そのため、仲睦まじいと言う意味は、間柄の仲の良さを表す言葉になります。

また、「睦まじい」と言う使い方も同じ意味になりますので、「仲睦まじい」=「睦まじい」と使っても問題ありません。

このように、仲睦まじいの意味とは人と人とが仲良くしている様子や、その相手と仲良くする間柄を意味しています。

あなたが普段言葉にして、「仲睦まじい」と言うことは少ないかもしれませんが、中の良い様子や仲の良い姿の友達やカップルを見ることで、「仲睦まじい姿」などと感じることでしょう。

使い方

「仲睦まじい」の使い方は、仲良しの対象や、仲が良い様子を想像し、その対象となる主語をくっつければ、使うことができます。

例えば、人を対象にせず、動物を対象にすることができます。

例えば、「オスとメスの2匹の犬が、並んで歩く姿は、仲睦まじい姿に見える。」など、仲が良さそうな姿を示す時にも使える言葉になります。

なので、カップルや夫婦ばかりでなく友達にも使える場合があります。

「友達同士力を合わせて、作品を作り上げていく姿はなんとも仲睦まじい姿に見えます。」と言うように、対象の者が変わるだけで、使う方法は簡単にできるのです。

類義語

「仲睦まじい」の言葉に似た言葉は気になりませんか?「仲睦まじい」=「仲良し」と言うことはよくわかりますが、他に類義語があるなら知りたいと感じてきませんか?ここからは、「仲睦まじい」の言葉に似た類義語をお伝えしていきます。

あなたが、仲睦まじいと言う言葉を使いにくいと感じる場合、以下の言葉に置き換えて使うこともできます。

このように、「仲睦まじい」と言う言葉を使わなくても、いくらでも類義語があると言うことを忘れることなく使用してみるのもいいでしょう。

では、「仲睦まじい」の類義語にはどのような類義語が含まれているのでしょう。

早速ご紹介していきます。

仲良し

「仲睦まじい」の代名詞とも言える「仲良し」は、普段あなたが何気なく使う言葉にもよく含まれる言葉ではないでしょうか?

なかなか、「仲睦まじい」と言う言葉は使いにくいけど、「仲良し」と言う言葉であれば使いやすく親しみが持てる言葉になりませんか?

例えば、「仲睦まじい夫婦」と聞くと少々硬いイメージになりますが「仲良し夫婦」と聞くことでよりポップでかわいいイメージの夫婦になりませんか?

このように、使い方1つにより対象となるもののイメージが大きく変わります。

もしあなたが「仲睦まじい」と言う言葉が少々硬いイメージに思う場合「仲良し」というキーワードに起き変える事により、より使いやすく軽いイメージになるのかもしれません。

また、使う人にもよりそのイメージが強い方を使う事で、あなたがしっくりくる言葉や話す相手にイメージさせやすい言葉を使い分けるといいですね。

親しい

「仲睦まじい」と、「仲良し」が類義語はよくわかります。

しかし、「仲良し」=「親しい」とも使えますよね。

そうなんです、親しい事は仲良しであると言う事は、「親しき仲にも礼儀あり」という有名な言葉を考える時に頭で、「親しき」が「仲良し」の様子を連想させますよね。

このように、「仲睦まじい」と言う意味は「親しい」という意味にも通じていきます。

「仲睦まじい」を「親しい」に起き変えるた「仲睦まじい夫婦」は、「親しい夫婦」に起き変えても、内容は伝わります。

しかし、親しい夫婦と聞くと、意味は分かるのですがあまりしっくりくる言葉に感じません。

そこで、仲のいい夫婦や間柄を示す場合、「仲睦まじい夫婦」と、入れる事でより仲良しなイメージの夫婦を連想できるのです。

親密

「仲睦まじい」と、「親密」はよく似た意味に使われます。

「親密」と、聞くと仲良しよりさらに仲の良いイメージになります。

そのため、仲良しや親しい関係や間柄より、親密の方がより仲のいいイメージになるのです。

そのため、「親密な夫婦」と聞くと、仲良しな夫婦とは分かるのですが、より硬いイメージの仲良しに聞こえます。

ガッチリと手を組み合い、互いに離さないような、また表に現れて仲良しというより隠れながらも水面下ではかなり仲の良い様子にも感じとれる言葉のイメージになりませんか?

このように、類義語の中には同じような意味の言葉にも、その言葉一つ一つにその言葉のイメージが違いますよね。

日本語は、面白いですね。

親愛

「親愛」とは、親しく愛すると言う意味にも取れます。

そのため、使い方は相手へ投げかけるような使い方がしっくりくるでしょう。

例えば、英語の「Dear」は、まさに「親愛なる」と言う意味になりますので、あなたが親しく大切に思う人へ送る手紙の頭に付ける事で、より相手に敬意を払い大切に思う気持ちも、文章に載せる事ができます。

また、日本語で「親愛なる」と使うとかしこまってイメージになりますが「dear」と英語で使うことでかしこまったイメージを解くことができそうです。

このように、「親愛」の使い方を無理に使おうとするのではなく、その時々を使う相手により使い分けていくことで、相手とあなたの信頼関係や愛情の深さが伝わり合うのかもしれません。

懇ろ

まずは、何と読むかわかりますか?

「懇ろ」=「ねんごろ」です。

「ねむころ」が転じて「ねんごろ」になったとされています。

この、「懇ろ」の意味としては、「丁寧な」や「心を込めた」と形容詞に使われるのですが、男女が仲良くする姿にも「懇ろ」は、使われます。

あなたが、友人や知人、または会社の人などへ「懇ろ」と使う事で、あまり聞きなれない言葉に、意味を聞いてくる事で、話のネタになるかもしれません。

そんな話題になりそうな「懇ろ」ですが、使い方としては「あなたは、奥さんと懇ろだね。」など、「親しい」や「仲良し」のような感覚で使用するとしっくりくるようです。

仲睦まじいカップルを目指そう!(まとめ)

いかがでしたか?「仲睦まじいカップル」なる事は、いつまでも新鮮な気持ちでいられるカップルなるかもしれません。

そのため、「仲睦まじい」という意味をよく理解していなければ仲睦まじいカップルになることができません。

仲睦まじい姿は、お互いを尊重試合、また敬意を払う中で、親しみや仲良くする姿になり、現れてくるのかもしれません。

あなたが、いつまでも「仲睦まじいカップル」でいたいと思うのであれば、まずは相手のことを大切に思う気持ちから始めてみましょう。

またあなたも相手から大切に思われるよう努力が必要かもしれません。

このように、仲睦まじくいつまでも仲良しでいられるカップルになりたいのであれば、仲睦まじい姿のカップルをお手本にするとうまくいきそうです。

マンネリ化や、相手に対する敬意がなくなることで、いつまでも付き合いたての頃のような新鮮さもなくなり、情に流されたお付き合いになってしまうことも考えられます。

このように、いつまでも新鮮な気持ちでお付き合いをしたいなら、相手に魅力的に映る人になりましょう。

そうすることで、今までのマンネリ化した状況からの脱出できるかもしれません。

素敵な夫婦や、仲睦まじい姿のカップルを見ることで、よりあなた自身も仲睦まじい姿に憧れるのではないでしょうか?

仲睦まじいカップルを見て、羨ましく思う立場から羨ましいと思われる立場へと変換していきましょう!