これまで、付き合っている相手のことに対し「性格が合わない」なんて思ってることがありませんか?

性格が合わないのであれば、いっそのこと別れた方が良いのでは?なんて思ってしまうカップルも少なくないようです。

今回は、そんな性格が合わないカップルの特徴や対処法についていくつかご紹介してきます。

「性格が合わない」事は、お互いにとって最高の相性になる場合もあります。

考え方や捉え方により、よくも悪くも考えを改めることができます。

今お付き合いしている相手と性格が合わないと思っているあなたは、こちらの記事を読むことで性格が合わないと思っていた相手をいとおしく思えるようになるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

性格が合わないカップルでも大丈夫?!

性格が合わないことで、数え切れないほどの喧嘩を繰り返してきたカップルや、性格が合わないことでいつもイライラしてしまうカップルにとって、「性格が合わないこと」は、ネックになりますよね。

しかし、そんな性格の合わない2人だからこそ、性格が合うカップルに理解されないところもあります。

性格が合わないカップルでも大丈夫だと自信が持てるようになることと、もっと相手のことを信じるようにならなければなりません。

相手のことを深く理解し、性格の違いを楽しめるようになれれば、さらに楽しい付き合い方ができるだけでなく、性格が合わないことが楽しめるようになるかもしれません。

人の性格は十人十色

人の性格はそれぞれです。

100人いれば100人性格が違うように、100通の性格になります。

性格は人それぞれになるため、その性格が同じになってしまうことで、個性のない人になってしまいます。

個性のない人になることで、面白みのない人になります。

人は個性があるからこそそこが欠点になりまたそこが素敵だと思える部分にもなるのです。

人の性格は十人十色。

人はそれぞれ育ってきた環境や、その人の性格感じ方考え方によりその人の個性や人間性につながるところがあります。

人の性格は見ているからこそ心地よさとなり、また違っているからこそ刺激となることもあるのです。

育った環境が違うのだから当然のこと

人それぞれ性格や好みが違う事は、育った環境が違ったり、周りの人たちの影響も多いことが考えられます。

育った環境が違うからこそ、互いに違うところが気になることもありますが、良い相乗効果を生み出すこともあります。

例えば、自分になかった視野を広げることができたり、相手の個性的なところが「かっこいい」なんて思える場合もあるのです。

人それぞれ顔や体格が違うように、育った環境も人それぞれ違いますので当然のことなのかもしれません。

さらに、育った環境が違うからこそ違う意見を聞くこともできます。

互いの違いを尊重できる関係性を築こう

お互いの意見を尊重し合うことができる関係性があることで、その違いを楽しむことができます。

同じ気持ちだからこそ気持ちを分かち合える部分がありますが、お互いの意見が違うからこそ自分とは違うアイデアが生まれたりするのです。

このように、お互いの違いを尊重できる関係になることで、お互いが成長するだけでなく、また足りないところを補い合う関係になることで、相手の考え方ややり方にイライラすることもなく、少しずつ受け入れられるようになってきます。

互いの違いを尊重しあいる関係性を築いていくことでお互いを思いやる気持ちにつながるのです。

それが大人の付き合い

お互いの違いを受け入れ関係性を築いていくことができれば、それこそ大人の付き合いのできる素敵な関係になることでしょう。

また、いくら相手のことが好きでも譲れない部分と譲れる部分がありますよね。

あなたがゆずれないと感じるのであれば、大人の対応や付き合いが必要なのかもしれません。

特に、大きく価値観が違ったり、感覚が違うのであれば付き合いを続けていくことが難しく感じてしまうことでしょう。

しかし、これまでなんだかんだお付き合いが続いていたのであれば、互いに大人の付き合いができていることも考えられます。

このように、互いの違いを尊重できる関係になることで、信頼や関係性が強くなるばかりでなく、大人の付き合いを学ぶことができるのです。

違いを楽しむ、違いから刺激を受けることが大事

特に、深く悩む関係ではなくお互いを尊重しその違いを楽しむことが大切です。

違いにイライラしたり違いを受け入れられるなければ、いつまでたっても互いに成長することはありません。

また、互いの性格が違うことでかえって関係が良くなるケースも考えられます。

お互いに違いを楽しむことで、違いから刺激を受けられる関係が大切なのです。

このように、互いの性格が大きく違うと感じていても、お互いの性格の違いを楽しんだり、その性格の違いから刺激を受けることで、あなたの成長につながることや新しい考えなどを取り入れていくこともできるのです。

これを機に、互いの違いを直そうとするのではなく、受け入れてみることでまたあなたの新しい枠を広げることができるかもしれません。

性格が合わないカップルの8個の特徴

さてここからは、そんな性格合わないカップルの特徴についてお伝えしていきます。

好きな気持ちがあっても、性格が合わないと感じることで、良いお付き合いをすることができないと感じていませんか?

性格が合わないカップルの特徴を知ることで、自分たちの付き合い方が見えてくることもあります。

性格が合わないからこそ、お互いに楽しく付き合うことができるだけでなく、その違いを楽しめるように受け入れられるようになるかもしれません。

捉え方はあなた次第!大好きな相手と性格が合わないと思っていても、うまく付き合っていくコツが掴めるかもしれません。

いつも言い合いや喧嘩をしている


いつも言い合いや喧嘩をしているカップルの場合、非常に互いの意見の食い違いからすれ違いや喧嘩に発展しやすく気持ちを合わせることが難しい場合もあります。

また、互いに言いたいことを言い合う性格も関係していることがありそうです。

さらに、すぐにカッとなったり感情的になりやすいところも喧嘩の原因にあります。

どちらかが我慢できたり、また寛容な気持ちでいることのできるカップルなら、すぐに行いやいや喧嘩が始まることはありません。

お互いに、お互いの存在が当たり前のようになっている事もあり、特に付き合いの長いカップルにも多い傾向があります。

このように、いつも顔を合わせるなりいやいや喧嘩が始まってしまうカップルの場合、感情のコントロールがポイントとなりそうです。

互いに自分の感性が正しいと思っている

互いに自分の考えや感性が正しいと思い込んでいる場合どうしても相手との考え方の違いやすれ違いが起きてしまうことに、不快感を感じそれを正そうとしてしまいます。

これらのことを無意識的にしてしまうことで言い合いになったり喧嘩が起こったりしてしまいます。

互いに自分の考え方や感性が正しいと思い込むだけでなく、相手のことを尊重し受け入れられる気持ちが大切なのです。

また、相手の意見を受け入れ広い心を意識していくことで、より多くの人の意見に対し幅広く受け入れることができるようになるのです。

常識的に見て…一般的に見て…などと言う考えもありますが、より広い心と感性で相手を受け止める気持ちが大切なのです。

相手の言動にすぐに腹が立つ

相手に対して、イライラしていたり言動に対して納得ができなかったり…すぐに相手の言動に反応し反発したり、反抗したりしていると、いつか相手はあなたに対して発言するのが怖いと思うようになるかもしれません。

また、自分が発言することで相手を苦しめたり、嫌な思いにさせてしまうこともありそうです。

また、相手の言動に敏感になることで、相手はあなたに対して何も話す気にはならない気持ちになってしまいます。

このように、相手の言動にすぐに腹が立ったり、イライラしてしまう様子は相手の気持ちをコントロールしたいあなたの気持ちが強いだけでなく、いつかその気持ちが相手に対して精神的な苦痛を与えていたり、相手の気持ちを押さえつけてしまうことにつながることもあります。

それに我慢し続けているといつか爆発する

相手が自分の気持ちを抑え続けたり我慢し続けていると、その気持ちはいつか爆発してしまう時が来てしまいます。

また、相手に対して言いたいことを言わずに我慢していることも同じです。

我慢し続けていることで、あなた自身いつか爆発してしまうこともあります。

言いたい事は、半分位に抑え言い方を改善していかなければなりません。

きつい言い方や感情のままに言葉にして伝えてしまう事は、相手を傷つけてしまうことにつながることがあります。

しかし、気持ちを抑えつつ、言われる側の気持ちになり考え伝えることで、相手もあなたがイライラして話をするより聞き入れやすくなるのではないでしょうか?

常にイライラしているので精神衛生上悪い

あなた自身、いくら好きな人とは言えど相手の態度や行動にいちいちイライラしてしまうのは精神衛生上良くない傾向があります。

やはり、このようなことを考えても、「他の人とお付き合いした方がいいのかな?」なんて気持ちになってしまうこともあります。

さらに、常にイライラしてしまうことでそのイライラがストレスとなり、爆発したり抑制がきかなくなってしまうことも考えられるのです。

このように、あなた自身が常にイライラしていることで相手にそのイライラが伝わり、相手を我慢させるだけでなく、あなた自身も我慢してしまうことでお互いに良い影響がないこともあるのです。

結局別れてしまうのが早い

上記のようなことが続くと、当然別れてしまうのが早くなります。

結局別れてしまうのが早くなることで、「お互いに性格が合わなかった」などと感じることでしょう。

しかし、相手の行動や言動にいちいち腹を立て、イライラした気持ちで過ごさなければならない事を考えると、同棲生活や結婚始めれば、当然のことそんなイライラする相手と四六時中同じ空間を共有しなければなりません。

しかし、それまでに相手に対してイライラする気持ちや腹が立つ気持ちになることがわかっただけでもよかったのかもしれません。

性格が合わないことが結婚後に分かると重症化する

特に、性格が合わないと言うことが結婚後にわかってしまうことで、お互いの関係が重篤化してしまうこともあります。

さらに、お付き合いしている間はお互いに「別れよう」と言う言葉だけで、別れることができますが、結婚後に離婚となるとなかなか簡単にいかないこともあります。

つまり、お金の問題や子供ができてしまった場合子供の親権問題、さらには親族を巻き込んで話し合いをしなければならないこともあります。

このように、性格が合わないことが結婚後にわかることで、これまでお付き合いしていたときの状況とは違い、状況が重篤化してしまうことがあります。

すぐ相手のせいにする


すぐに相手のせいにしてしまう性格は、やはりどの相手とお付き合いをしてもつまずいてしまう部分になるのではないでしょうか?

また、他人のせいにするのではなく自分の責任だと思えるようになることで、一人前に成長できるのかもしれません。

まだまだ相手のせいにしてしまったり、相手に責任を擦り付けるようなことをしていては、まだまだ一人前とは言えないのかもしれません。

このように、すぐ相手のせいにしてしまう性格は、あなた自身の考え方や価値観にも大きく影響しています。

相手のせいにしてしまう性格は、責任を逃れたい気持ちや、相手のせいにすることで自分の欠点をすり替えていたり、相手のせいにする事は何より楽ですよね。

また、相手のせいばかりにしていると、自分自身が成長することもできません。

相手を思い遣らない

さらに、相手を思いやらないことにもつながります。

思いやりのある人は相手のせいにしたり、責任を逃れようとする事は少ないでしょう。

しかし、どれだけ小さな事でも相手のせいにしていたり相手を責め続ける人は、いつまでたっても成長できないばかりでなく、相手のことを思いやる気持ちが少ないように感じられます。

相手のことより自分のことがかわいいだけでなく相手を思いやらない気持ちは、相手から思われることもありません。

互いに感謝の気持ちがない

このように、お互いに感謝の気持ちがないことで、相手に思われたり、相手に思いやる気持ちがなかったりしてしまうことが当たり前になっていることも考えられるのです。

もう少し相手に対して心に余裕を持ち大切な人だからこそ相手を思いやることが大事なのです。

互いに感謝の気持ちがないカップルなら、いずれ別れが来ることもそう遠くない未来なのかもしれません。

お互いに感謝の気持ちを持つことで、どんな時でも協力し合い乗り越えていくことができるのです。

感謝の気持ちがない事は、相手に対して尊敬や敬意の気持ちも少ないことにつながります。

相手を下に見るようになる

相手に対して尊敬や敬意の気持ちが少ないことで、相手を見下したり、自分より下に見るようになってしまいます。

そうなると、相手の良いところや好きなことより、相手を馬鹿にした気持ちが上回ってしまうこともあります。

このようなことから、別れに至るケースも少なくありません。

また、相手を下に見るようになることで、自分のが優位に立っていると勘違いするだけでなく、相手を下に見るようになることで、相手に対する態度や発言も上から目線になってしまいます。

これらのことが、当たり前となり相手に対して見下したような言い方になってしまう事で、相手に対して良いところが見えなくなってしまいます。

相手の良いところを見ようとしない

また、相手の良いところを見えなくなるのではなく見ようとしないことも考えられます。

特に、相手の良いところが見えなくなることで、「好きな気持ち」がなくなるだけでなく相手と顔合わせるだけでイライラしてしまうことがあります。

このように、相手の良いところを見ようとしないだけでなく、相手のことを馬鹿にした態度や見下したような態度になってしまうこともあり、端から見ていても嫌な気持ちにさせてしまうことがあります。

さらに、結婚後に、相手の良いところを見なくなってしまうことで、相手に対して敬意や尊敬する気持ちがなくなり、相手に対して見下した態度をとることで、子供たちがその様子をそばで見ています。

また、その様子を家の中や外でも真似してしまうことにもつながります。

相手の良いところが見えなくなることで、気持ちに余裕を持てなくなり、狭い範囲でしか物事を考えられなくなってしまうことでしょう。

悪いところばかり目に付く

悪いとこばかりに目がいってしまうのは、相手のことを過剰に意識してしまうところがあるようです。

つまり、あなたの気に触ったり、気になるポイントを強く押してくると思うところもあり、どうしても悪いとこばかりに目がいってしまうのでしょう。

このように、悪いとこばかりに注目してしまうことで、自然と相手の良さが分からなくなってしまい、嫌なことの方が印象に残る傾向もあり、自然と暗い気持ちになったり、イライラしたり、悪いとこばかりに目がついてしまうのかもしれません。

このように、悪いところばかりに目がいくことで、当然相手の行動に対してイライラしてしまうことや、腹が立ってしまうことが多いのではないでしょうか?

相手の言う通りにしたくない

また、相手からお願いされたことや頼まれたことに対しても相手の言う通りにしたくない気持ちが強いことから、どうしても相手の言いなりになることが納得できず相手に対して反抗してしまうところがあります。

そんな関係を続けていても、仲の良いカップルになる事はありません。

いちど、相手の言動や行動にイライラしてしまう気持ちが爆発してしまえば、後は、相手の言う通りにしたくない気持ちが強くなったり、互いに反発し合う気持ちが生まれてしまいます。

相手に従うことが腹立たしくなっていたり、相手の言う通りにしたくない反発心が強ければ強いほど、2人の交際も続けることが難しくなることでしょう。

性格が合わないカップルの対処法

それではここからは、性格が合わないカップルの対処法についてご紹介していきます。

これまで、お付き合いしてきた相手に対し「性格が合わない」と感じているカップルならぜひこちらの対処法を試してみてはいかがでしょうか?

また、性格が合わないと思うのではなく、性格が合わない事をポジティブに考え直すことができるよう心がけていきましょう。

マイナスなことに気持ちをとらわれてしまうのではなく、性格が合わないからこそ楽しめることや、楽しくなる方法をきちんと考えていきましょう。

相手の良いところを見るようにする

あなたは、相手の良いところを見るようにしていますか?

損得勘定だけで、自分の都合の良いように考えてしまっている場合、きっとその気持ちを相手に伝わっています。

また、相手の良いところを見るようにすることで、相手の良さに改めて気づくことができたり、その相手の良いところがまた好きになったりすることもあります。

このように、相手の良いところを見るようにする事はとても大切なことなのです。

相手のことを馬鹿にしていたり下に見ているのであれば、相手もあなたに対し馬鹿にしていたり見下しているのかもしれません。

お互いに、合わせ鏡のような存在であることを覚えておきましょう。

あなたが相手に対する態度を改め、相手の良いところを見るようにする姿勢が大切なのです。

まずは、あなた自身の態度や姿勢を改め、相手の良いところを見るようにしていきましょう。

ちょっとしたことでも相手に感謝を伝えるようにする

これまで、ちょっとしたことでも相手に対して「ありがとう」と言う気持ちを伝えることができなかった人の場合、これを機にちょっとしたことでも相手に感謝の気持ちを伝えるようにしてください。

また、「こんな事でも感謝してくれるの?」なんて相手に思われても感謝の気持ちを伝え続けることで、「こんなにも自分のことを大切に思ってくれている」などと思わせることができます。

さらに、相手があなたに対して感謝をするようになることもあります。

時間がかかってしまうかもしれませんが、ちょっとしたことでも相手に感謝する気持ちを伝えていく事は、相手に嬉しい気持ちが伝わるだけでなく、相手からもあなたに対して感謝の気持ちに変わることがあります。

このように、ちょっとしたことでも相手に感謝の気持ちをきちんと言葉にして伝えることを大切にしていきましょう。

共通の趣味を作る

共通の趣味を作ることで、お互いに楽しい時間を過ごすことができそうです。

また、共通の趣味を作る事は、お互い共有する時間を作ることにもつながります。

そのため、いくら性格が合わない2人でも共通の趣味を作ることで、お互いに切磋琢磨するような関係になることも考えられます。

同じ1つの目標に向かい性格の違う2人が何かを求めることで、より気持ちが一致団結したり強く、硬く結ばれることもあるのです。

このように、共通の趣味を作ることでお互いに共有する時間が増えるだけでなく、性格の合わないところが1つの目標に向かい1つの気持ちとして重なることも考えられるのです。

相手の趣味の世界に踏み込むのも良い

相手を、趣味の世界に引き込むことで、あなたが自分の大好きな趣味の良さに共感してもらえることがあるかもしれません。

しかし、あなたばかりでなく相手の趣味である世界にあなたが足を踏み入れることで、相手のことをより理解することができるのかもしれません。

このように、相手の趣味の世界に踏み込むことがこれまで、「怖い」と感じていたり「相手の趣味なんて馬鹿馬鹿しい」なんて思っていても、やってみなくてはわかりません。

やってみて、初めて相手の気持ちがわかることもあるのです。

まずは、やる前から相手の趣味や相手に対して見下した言い方読み方をするのではなく、相手の趣味の世界に足を踏み込むことで、また違った世界にあなたが足を踏み入れることになります。

視野を広げるだけでなく、あなたの心の器を広げることができるかもしれません。

気持ちをなるべく顔に出さない

思ったことや感じたことがすぐ顔に出てしまう場合、気持ちをなるべく顔に出さないようにしておくことがポイントです。

気持ちをなるべく顔に出さない事で、相手に気持ちを悟られないようにしておきましょう。

気持ちを悟られてしまうことで、あなたは今何を考えてるのか分かってしまうことがあります。

口では、「いいよ。」なんて言っていても、頭の中では「絶対にやだ!」なんて思っていることであれば、なおさら顔に出てしまうことでしょう。

また表情が暗くなったりそのことでいちいち悩んでいるようであれば、きっとその様子は相手に伝わってしまいます。

まずは、思ったことが表情や顔に現れていないか、気をつけることとあなたが感じる事は素直に言葉を柔らかくして相手に伝えてみてはいかがでしょうか?

もし、感情的になってしまったり、上から押さえつけるような言い方をしてしまっては、当然あいけどうまくいくはずもありません。

相手の気持ちになり受け入れやすい考え方や捉え方ができるよう、柔らかい言葉を使いきちんと伝えるようにしてください。

我を通すと結末が近くなる

あなたの我を通すことで、結末が近くなってしまうことがあります。

つまり、自分の意見ばかりを押し通してしまうことで、相手に結局我慢させてしまうことにつながります。

相手があなたに対して我慢することが増えれば増えるほど、あなたに対して反発心や反抗心、また「自分のことを切れてもらえない」気持ちが強くなることも考えられます。

あなたが自分の気持ちを押し通したり、相手の気持ちを考えず発言、行動してしまう事はよくよく自分に返ってくるということです。

相手の気持ちをきちんと考えられるようにならなければ、あなた自身が苦しい道を選ぶことになりそうです。

合わない部分を楽しむ気持ちを持つ

「合わない部分」があるからこそ、お互い刺激になったり学び愛ができるところがあるのです。

しかし、合わない部分を楽しむことができなければ、当然そのお付き合いも楽しいものにはなりません。

つまり、性格で「合わないな…。」なんて思っていてもその部分を楽しむ気持ちがあれば、たとえどんなことであってもそれらを乗り越えていくことができるのです。

これまで、合わない部分だけが気になっていたり、合わない部分でいい合や喧嘩になっていた場合、合わない部分を認めないのではなく、合わない部分を受け入れるようにしてみてはいかがでしょうか?

どうしても受け入れられない場合は仕方がありませんが、受け入れようとしてくれる様子を見て、相手もあなたに対して考え方が変わるかもしれません。

合わないからこそ新しい発見が多い

合わない時には、悩んだり言い争うのではなく、合わないからこそお互いに新しい発見があるということを覚えておきましょう。

同じような考えで、同じような方向性を見つめている相手であれば、当然居心地は良いのですが、そこから得られる学びが少ないのかもしれません。

お互いに性格が合わないからこそ、新しく発見することができたりまた違った見方で楽しむことができるようになるのかもしれません。

合わないことが「辛い」「苦しい」我慢しなければならないなどと苦しく感じる必要はありません。

どのような時でも、またどのような人に対しても「合わないからこそ新しい発見が多い」などとおおらかな気持ちで過ごすことで、よりあなた自身が行きやすくなる環境作りが出来上がっていくのです。

大きな視野や広い心を持つことはとても大切なことなのです。

合わなくても楽しめる

いかがでしたか?

合わなくてもお互いに楽しむことができる方法は、「お互いにお互いのことを受け入れ合う」と言うことなのかもしれません。

また、合わないことが「楽しい」と思えるようになったり、合わないことが「新しい発見」につながるのであれば特に、性格が合わない事は大きな問題にはなりません。

むしろ、相手から刺激を受けることで、あなたの成長につながることもあるのです。

大好きな相手と性格の合わないことを悩むのではなく会わなくても楽しめるよう試行錯誤してみることで、より2人の愛や絆が強く深く結ばれるようになるかもしれません。

素敵な恋愛をすることで、お互いに磨かれるのであれば、それはとても素晴らしいことなのかもしれませんね。