CoCoSiA(ココシア)

彼女彼氏と性格合わないカップルの8個の特徴と対処法


いざ付き合ってみると彼女彼氏と性格が合わないと感じることもありますよね。

それが別れの原因になることもあるでしょう。

しかし性格が違うのは当たり前で、そのことを理解しきちんと向き合えばお互いにとって最高の相性になる可能性もあります。

捉え方によって、良くも悪くも考えを改めることができます。

そこで今回は、性格が合わないカップルの特徴と対処法をご紹介します。

性格が合わないこともプラスに捉えていきましょう。

性格が合わないカップルの8個の特徴

さてここからは、そんな性格合わないカップルの特徴についてお伝えしていきます。

好きな気持ちがあっても、性格が合わないと感じることで、良いお付き合いをすることができないと感じていませんか?

性格が合わないカップルの特徴を知ることで、自分たちの付き合い方が見えてくることもあります。

性格が合わないからこそ、お互いに楽しく付き合うことができるだけでなく、その違いを楽しめるように受け入れられるようになるかもしれません。

捉え方はあなた次第!大好きな相手と性格が合わないと思っていても、うまく付き合っていくコツが掴めるかもしれません。

1.いつも言い合いや喧嘩をしている


いつも言い合いや喧嘩をしているカップルの場合、非常に互いの意見の食い違いからすれ違いや喧嘩に発展しやすく気持ちを合わせることが難しい場合もあります。

また、互いに言いたいことを言い合う性格も関係していることがありそうです。

さらに、すぐにカッとなったり感情的になりやすいところも喧嘩の原因にあります。

どちらかが我慢できたり、また寛容な気持ちでいることのできるカップルなら、すぐに行いやいや喧嘩が始まることはありません。

お互いに、お互いの存在が当たり前のようになっている事もあり、特に付き合いの長いカップルにも多い傾向があります。

このように、いつも顔を合わせるなりいやいや喧嘩が始まってしまうカップルの場合、感情のコントロールがポイントとなりそうです。

互いに自分の感性が正しいと思っている

互いに自分の考えや感性が正しいと思い込んでいる場合どうしても相手との考え方の違いやすれ違いが起きてしまうことに、不快感を感じそれを正そうとしてしまいます。

これらのことを無意識的にしてしまうことで言い合いになったり喧嘩が起こったりしてしまいます。

互いに自分の考え方や感性が正しいと思い込むだけでなく、相手のことを尊重し受け入れられる気持ちが大切なのです。

また、相手の意見を受け入れ広い心を意識していくことで、より多くの人の意見に対し幅広く受け入れることができるようになるのです。

常識的に見て…一般的に見て…などと言う考えもありますが、より広い心と感性で相手を受け止める気持ちが大切なのです。

2.相手の言動にすぐに腹が立つ

相手に対して、イライラしていたり言動に対して納得ができなかったり…すぐに相手の言動に反応し反発したり、反抗したりしていると、いつか相手はあなたに対して発言するのが怖いと思うようになるかもしれません。

また、自分が発言することで相手を苦しめたり、嫌な思いにさせてしまうこともありそうです。

相手の言動に敏感になることで、相手はあなたに対して何も話す気にはならない気持ちになってしまいます。

このように、相手の言動にすぐに腹が立ったり、イライラしてしまう様子は相手の気持ちをコントロールしたいあなたの気持ちが強いだけでなく、いつかその気持ちが相手に対して精神的な苦痛を与えていたり、相手の気持ちを押さえつけてしまうことにつながることもあります。

それに我慢し続けているといつか爆発する

相手が自分の気持ちを抑え続けたり我慢し続けていると、その気持ちはいつか爆発してしまう時が来てしまいます。

また、相手に対して言いたいことを言わずに我慢していることも同じです。

我慢し続けていることで、あなた自身いつか爆発してしまうこともあります。

言いたい事は、半分位に抑え言い方を改善していかなければなりません。

きつい言い方や感情のままに言葉にして伝えてしまう事は、相手を傷つけてしまうことにつながることがあります。

しかし、気持ちを抑えつつ、言われる側の気持ちになり考え伝えることで、相手もあなたがイライラして話をするより聞き入れやすくなるのではないでしょうか?

常にイライラしているので精神衛生上悪い

あなた自身、いくら好きな人とは言えど相手の態度や行動にいちいちイライラしてしまうのは精神衛生上良くない傾向があります。

やはり、このようなことを考えても、「他の人とお付き合いした方がいいのかな?」なんて気持ちになってしまうこともあります。

さらに、常にイライラしてしまうことでそのイライラがストレスとなり、爆発したり抑制がきかなくなってしまうことも考えられるのです。

このように、あなた自身が常にイライラしていることで相手にそのイライラが伝わり、相手を我慢させるだけでなく、あなた自身も我慢してしまうことでお互いに良い影響がないこともあるのです。

3.結局別れてしまうのが早い

上記のようなことが続くと、当然別れてしまうのが早くなります。

結局別れてしまうのが早くなることで、「お互いに性格が合わなかった」などと感じることでしょう。

しかし、相手の行動や言動にいちいち腹を立て、イライラした気持ちで過ごさなければならない事を考えると、同棲生活や結婚始めれば、当然のことそんなイライラする相手と四六時中同じ空間を共有しなければなりません。

しかし、それまでに相手に対してイライラする気持ちや腹が立つ気持ちになることがわかっただけでもよかったのかもしれません。

性格が合わないことが結婚後に分かると重症化する