なぜ彼のLINEが既読にならないの⁈

それが原因でけんかしたりしたことはありませんか?

彼がLINEを既読にしないのには理由があるのです。

女性にはわからない男性の気持ちをこっそりあなたに教えます!

彼氏のLINEが既読にならない!心配…

老若男女まで、スマホを持つ人ならほとんどの人が利用しているアプリといえば「LINE」です。

実に便利で、コミュニケーションを素早く取るのに適しています。

LINEには自分が送ったメッセージを相手が読んでくれたかどうかを知ることができます。

それが「既読」です。

既読がつくと自分のメッセージを開いて読んでくれたということになります。

交際している恋人同士でLINEのやりとりをしているカップルは多いでしょう。

ある時、彼女が彼にLINEでメッセージを送りました。

いつもならすぐに既読になるのに、いつまでたっても既読になりません。

何かあったのではないかと心配になると思います。

彼女は彼氏に何かアクシデントでもあったのだろうかと心配していますが、果たしてそうでしょうか?

実は彼のほうはある理由があって既読をつけていない可能性もあります。

▼【関連記事】LINEが既読にならない理由はこちらの記事もチェック!
LINEが既読にならない10個の理由と対処法

実は読んでいるけど既読をつけない!?その方法とは

既読がつかないからメッセージを読んでいないと考えるのは間違っています。

実は、メッセージを開かなくともLINEが来たことは確認できますし、読むこともできます。

通知センターで確認している

既読をつけずにメッセージを読む方法としては、まず通知センターで確認する方法です。

スマホなら設定の画面で通知機能に関する設定をおこないます。

バナーとして表示できるように設定しましょう。

また、バナーは一時的にしか表示されませんから、後で読みたい場合は通知センターに履歴が残るようにも設定しておく必要があります。

携帯本体の設定が終わったら、LINEのアプリ内での設定も忘れずにすることが必要です。

ロック画面で確認している

通知センターでメッセージを確認できるように設定すると、スマホを使っていない状態、すなわちロック画面上にメッセージがでてきます。

複数のメッセージも下にたまっていきますので読むことができます。

ロック画面でのメッセージ表示は2行ほどしか表示されませんが、見えない部分についてもスワイプすることで表示が可能です。

機内モードで読んでいる

メッセージ全文や送られたスタンプまで全てを、既読をつけることなく完璧に読みたければ、機内モードにして読むという方法があります。

機内モードとは通常、飛行機に乗った時に設定するモードですが、ここで使うことで既読をつけずにLINEのメッセージを読むことができます。

アプリを起動したら機内モードをオンにし、オンにした状態でメッセージを開いて確認します。

読み終わったらマルチタスク画面でLINEを終了させて、機内モードをオフにするという方法です。

少々面倒臭い方法ではありますが、ゆっくりと全文を読みたいという人は機内モードにするのがよいと思います。

トークを軽く押すと既読にならず読める

これはiPhone6以降の3Dタッチ対応機種でしかできませんが、3Dタッチの機能を使って読むというワザです。

トークリストの中から読みたいトークを選んで軽く押すと、ポップアップ画面表示となってメッセージがでますので、それを読むことができます。

注意としてはタッチする感覚に慣れていないと、クリックしたことになってしまって既読がついてしまいます。

ですから、慣れていない人には勧められません。

それから、この方法で読めるのは最近送られてきた数個のメッセージだけであって、過去に遡ってのメッセージを読むことはできないことが欠点であると思います。

LINEを既読にしない本音とは?

彼が彼女のLINEを既読にしない時には必ず理由があります。

既読がつかない期間の長さに分けて考えていきたいと思います。

ここでは1日、3日、そして1習慣LINEに既読がつかない時、彼の本音は何を考えているのかを考察していきたいと思います。

1日

LINEでメッセージを送ってから1日経過しても既読がつきません。

彼との関係の親密度にもよりますが、なんで読んでくれないのだろうともやもやした気持ちになると思います。

しかし、昨日送ったメッセージをまだ読んでいないからといって、自分に対してよく思っていないなどと決めつけることは時期尚早だと思います。

ゆっくりあとで返信しようと思っている

仕事など自分が忙しい時にLINEでメッセージが来た時、すぐに返信したいところですが、時間がないので要件だけを伝える素っ気ないメッセージになりがちです。

特に気になっている異性からメッセージが来た時というのは、時間をかけて相手が好意を持つようないいメッセージを送りたいと考えるでしょう。

そうすると忙しい時に焦って返信するのはやめて、手が空いて時間が取れた時にゆっくりと考えて返信したいと考えているのではないでしょうか。

この場合は気がないから既読がつかないのではなく、その逆で、気になっている存在だからこそ、ここはあえて既読にせず後で返信したいという気持ちの表れなのです。

明日でいいやと思っている

面倒くさがりな人というのもたくさんいます。

特に男性はそういったことが嫌いでずぼらな性格の人はいます。

その日仕事で疲れていたり、何か虫のいどころが悪い時などは、今返信しなくとも明日でいいやと思うのでしょう。

メッセージを送った側からすると返信が来ないので気分はよくないですが、相手が疲れている時に素っ気ないメッセージがすぐに返ってくるよりも、次の日に心のこもったメッセージが来るほうが嬉しいのではないかと思います。

LINEしててもつまらない


何かに自分が夢中になっている時というのは、そのことだけしか見えていないので、他のことをやる気持ちがなくなります。

男性は飽きっぽい人も多いので、長時間LINEのやり取りをすることをつまらないと考えている人もいると思います。

男性は女性よりも意外と感情的でデリケートな生き物です。

ですから常に自分に刺激を与えてくれるものを探している傾向があります。

LINEのやりとりをつまらない、面倒臭いと考えている男性もいるんだということを女性は理解しておくべきだと思います。

女性は相対的にコミュニケーションをとるのが上手です。

しかし、男性は上手い人もいますが、苦手で人嫌いなひとも多いという事実があります。

直接会って話そうと思っている

LINEのやりとりを延々とやるくらいなら、パッと会いに行きたい、会って直接話したいと考える男性も多いと思います。

ですから、LINEで会話をしてしまうと、直接会った時に話すことがなくなってしまうと考えているのかもしれません。

女性のほうはLINEで何度もやりとりをして、気持ちを高めてから会いたいと考えているのかもしれませんが、男性はいきなり会ってしまうことに抵抗はありません。

その辺の男女の違いがあるのかもしれません。

3日

LINEで送ったメッセージに3日間既読がつかないとなると、明確な理由というのがあると考えられます。

送った彼女に対しての気持ちが原因なのか、彼自身の問題なのかは何とも言えませんが、送った側からすると不快な気分になるのは確かです。

3日も自分のメッセージを読んでくれていないとなると、自分は相手にとってそんなに大切な存在ではないのだろうなと考えてしまいます。

LINEが嫌い

LINE自体が嫌いと思っている人も中にはいるでしょう。

今の時代どこで何をしているかというのはすぐにわかってしまいます。

誰でもスマホを持っているのでいつでも連絡が取れますし、LINEを使っているなら友達同士でいつでもチャットで会話が出来る状態にあります。

そんな常に自分の動向を皆に知られているという状況に嫌気がさしている人も多いのではないでしょうか。

ほんの数年前まではスマホを持っている人さえそんなに多くはありませんでした。

友人との連絡は電話かメールに限られていたので、いい意味で距離があったような気がします。

それが今はLINEなどのソフトが出現したことで、個人個人のプライベートな時間がどんどん狭くなっているような気がします。

LINEが嫌いという人はこういった考えを持っているのではないでしょうか。

他の事で忙しい


3日相手からのメッセージを読まないということは、相当他に忙しいことがあるという可能性はあります。

締め切りを持った仕事に追われている人などは、のんきにLINEに返信などしている余裕はないでしょう。

もしくは家庭の行事などで忙しいのかもしれません。

特にこれといった行事がなくても、家庭を持っている人間というのは家族に対して時間を割かないといけないのです。

奥さんや子供、親や兄弟などとの関係のために使う時間というのは結構大きなものです。

1人暮らしなどをしている人にとっては、そういった家族の時間を過ごしていないので、時間の感じ方にそもそも差があるのだと思います。

めんどくさい

面倒臭がり人間はたくさんいます。

特に男性の面倒臭がりは手に負えないほどの面倒臭がり人間がいます。

部屋は掃除しないので物が散乱して、身だしなみも気にせず、何もせずゴロゴロしているだけという人は結構います。

そんな人間がLINEのメッセージをすぐさま返信してくるなどありえません。

3日くらいたってやっとメッセージを開いて読むというようないい加減な性格の人はいるでしょう。

しかし、普通の感覚からすると3日メッセージに返信しないというのは非礼だと考えるでしょう。

仕事のやりとりなどで3日もメールをほったらかしにしていたら完全にアウトです。

気になる人がいたとして、メッセージを送ったのはいいけれど3日も返事がなかったら、ああこれは脈なしだなと考えるのが普通です。

「あ、読むの忘れてた。」と後回しにしている

読むのを忘れていたという理由で後回しにしているということは、メッセージを送った人のことを軽視している可能性が高いと思います。

どんな人間でもまず考えるのは自分の損得のことです。

自分とってこの人は有益である、重要であると判断している人なら、その人から来たメッセージを後回しにすることなんて考えられないと思います。

もし自分が後回しにされていると感じたら、その人との付き合い方を考えたほうがいいかもしれません。

現時点で相手はあなたを完全に下に見ているということです。

軽々しく見られないようにするために相手からメッセージを送ってくるまでは自分から送らないとか、しばらく時間と距離を置くといったことを考えたほうがよいでしょう。

1週間

1週間既読がつかないということは人間関係そのものについて考える必要があると思います。

メッセージを送った相手は自分にとってどういう人間なのですか?例えばものすごい親友だとします。

それなら何かの理由で1週間くらい返信しなくとも関係が壊れることはないのかもしれません。

しかし普通の友達、知人だというのなら話は変わってきます。

メッセージを1週間も放置しているということは非常によくない行動だと考えられます。

自分がもし相手に1週間メッセージを無視されたらどうでしょう。

気分は決してよくないと思います。

そもそも返信しなくていい内容だと思っている

1週間という長い期間メッセージに対して何のリアクションもないということは、受け取った彼のほうは送った側とは違う捉え方をしているのでしょう。

例えば、メッセージの内容がそんなに重要な内容ではないと判断していて、このメッセージには返信する必要がないと考えているのかもしれません。

しかし、会話というのはキャッチボールですから、普通は投げられたボールは相手に一度は返すというのがマナーではあると思います。

もう何度か会話のキャッチボールの往復をしていて、何度目かのメッセージの返しが来なかったというのなら、それは理解はできると思います。

会話のキャッチボールはどこかで終わらせる必要がありますから、相手が会話を切ったということなのでしょう。

既読にすると連絡が来ていてしつこいからそのままにしている

あまり時間や気持ちに余裕がない時にLINEのやりとりを誰かと始めてしまうと延々と続いて終わらなくなりイライラすることがあります。

特に、それがあまり気にかけていない友人だったりすると余計にそういう思いがでてきます。

相手を不快にさせずにメッセージのやりとりを拒否するには既読をつけないということが一番です。

既読がついたら相手は自分のメッセージが読まれたことがわかりますから、そこからどんどんメッセージを送ってくる可能性があります。

ですからメッセージには触らずに未読のままにしておくのでしょう。

しかし、今の時代1週間もスマホを触らないという人なんていませんから、これだけの期間未読のままでいること自体無理があります。

メッセージを送ってきた相手とこれからも関係を続けていきたいならどこかの時点で返信はしないといけません。

音信不通になりたい

人間というものは生きていれば、なかなか物事がうまくいかない時というのがあるものです。

そういう時には自分が嫌になったり、人とコミュニケーションをとることが嫌になったりすることがあります。

要は現実逃避したいという衝動に駆られることがあります。

人によってそういう落ちている期間の長さは違いますが、1日2日で立ち直る人もいれば、1週間の人もいるし、それ以上という人もいるでしょう。

LINEのメッセージを送ったみもかかわらず1週間も既読がつかないということは、彼が今は現実逃避して音信不通になりたいという意志の表れかもしれません。

彼がそういった行動をとるという性格だということが分かっているのなら気にせずそっとしておくことが一番いいでしょう。

彼が我に返った時に返信してくれるのを待てばよいのです。

こういう時に返事がこないからといって何度もしつこくメッセージを送るのはやめるべきです。

連絡がきたことを忘れている

人間というのは忘れる生き物です。

自分は記憶力がいいと思っていても、フッと大事なことを忘れてしまうということは老若男女問わず誰にでもあることです。

彼女からのメッセージに返信するということを、彼は当たり前だと思っていたのかもしれません。

そして何か別のことをしている合間にコロッと忘れてしまったのでしょう。

あとですぐに返信するつもりだったので、そこまで強く意識していなかったことも考えられます。

そして完全に頭から忘れ去られてしまったのかもしれません。

こういう場合は、もう一度くらいメッセージを送ることで瞬時に思い出すことがあるでしょう。

彼女なら大丈夫だと安心しきっている

気のおける存在というのがあります。

彼女は彼にとって何でも気兼ねせずに言える気楽な存在なのかもしれません。

だからLINEのメッセージ1通くらい返信しなくてもわかってくれるだろうと、どこかで思っているんかもしれません。

これは彼が少し彼女のことを下に見ている可能性もあります。

ちょっとくらい邪見に扱ったところで、自分との関係を切るつもりはないはずだと安心しているのでしょう。

懲らしめるためにこれからは少し冷たい態度ででたほうがいいかもしれません。

思わず返したくなるLINE紹介します

LINEに既読がつかない、メッセージを彼が読まないというのは彼に原因があるということが多いですが、メッセージの内容にも問題があるのかもしれません。

そこは少し頭を使うべきだと思います。

彼が思わずメッセージを開いて読んでしまう文章を送る、そして思わず返信したくなる文章というものを紹介したいと思います。

旅行に来ていてお土産が何がいいか聞く

1週間など結構な長い期間彼から返信がないとしたら、非常にやきもきするものです。

自分のことを嫌っているかもしれないと思うと、居ても立っても居られない気持ちになります。

何とか自然に会話をする方法はないだろうかと考えた時、自分が旅行に出ているというシチュエーションにしてしまうことは1つの手ではあると思います。

何なら本当にちょっとした小旅行をしてしまうというのもいいでしょう。

で、お土産を買うんだけど何がいい?とさりげなくメッセージを送るのです。

人間というものは何かもらえると思ったら思わず反応してしまうものです。

意外とこの物で釣る作戦は功を奏すのかもしれません。

短文で返しやすく送る

LINEやメールがものすごい長文でいつも送ってくる人が周りにいませんか?

思い当たる人が1人2人いると思います。

やたらと文章が長い。

読むのに何度も下にスクロールしないと読めません。

あまりにも長いと読むのにうんざりするし、返信するときに、その長文に対して2,3行の文章だと釣り合わないような気がして、どうも返信する気になれないという経験をしたことがある人は多いと思います。

返事が欲しければ長文は送らない。

これを徹底しましょう。

短文で要件だけを伝えるのがいいと思います。

そうすれば返信しやすいし、彼のほうも分からないことがあれば逆に聞いてくると思います。

今何しているか聞く

会話というものは問いがあって、それに対する答えで成り立っています。

よって問いの文章、最後に?がついている文章に対してはアンサーするというのが会話のマナーです。

従って返事が欲しいのなら疑問形で問いかける文章にするのが一番効果的でしょう。

普通の関係ならば問いに対して返事をするのは当然のことです。

問いに対しての返しがないということは、何か理由があると考えたほうがよいでしょう。

疑問文の定番として「今何してるの?」というのがあります。

これは彼に対する彼女の興味を伝えるものでもあります。

気にしている人じゃないと、今何をしているか知りたいと思わないでしょう。

あまりしつこいと嫌がられる

ただ、何度も質問するのはやめたほうがいいと思います。

例えば今何しているの?と聞いた時に、すぐに返事がなかったら誰かと一緒にいるとか、仕事か何かで忙しいと考えたほうがよいでしょう。

そこを何度もしつこく聞くと嫌がられる可能性が高いと思います。

今何しているの?自分は今日暇なんだけれど、もし時間があるなら食事にでもいかない?

くらいの文章を送るのが一番すっきりしていいのではないでしょうか?

もし時間があって彼女と時間が過ごしたいと思うならすぐに返信があるはずです。

今日が忙しいなら彼のほうから別の日の提案があるはずです。

彼に何をしているかばかりを聞くよりも、自分のスケジュールを開示して彼の反応を待つほうが、彼も返事をしやすいと思います。

相手の得意分野に関する質問

自分の得意なこと、好きなことについて質問されると嫌な気持ちにはなりません。

ですから、彼の得意なことについて質問してみることで会話が弾む可能性はあります。

例えば彼が車好きで、自分で車をいじったりよくする人だとしたら、カー用品のことについて質問してみるのもよいかもしれません。

彼なりのこだわりもあるでしょうから熱く語りだす可能性もあります。

また、自分の得意分野に彼女が興味を持っているということが分かると、嬉しいものです。

趣味趣向が合うというのは大切なことですから、より関係が深まるでしょう。

体調を心配する内容

文章としては無難というか、定番なのが相手の体調を心配するメッセージです。

仕事が忙しく近頃体調を崩していたとしたら、そういった心づかいがとても嬉しく感じるでしょう。

皆、自分のことで精一杯ですから、そんな中自分のことを気にしてくれている人がいるのは、悪い気はしないと思います。

そこから会話が始まってもっと仲良くなることができる可能性はぐんと広がると思います。

何度も言うと逆にしつこいと思われるので気を付ける

しかし、何かというと体調のことばかり聞いてくると思われると、しつこいな、うっとうしいなと思われるようになります。

過保護な親じゃないんですから、いつも体調のことを気にしなくてもいいと思います。

体調や天気や時事ニュースのことばかりが話題になるということは、非常に薄い人間関係しか築いていないことを意味します。

まだその人のパーソナルな部分に全く踏み込めていないのでしょう。

毎回そんなどうでもいい質問をされて返信したいと思うでしょうか?無難な質問というのはほどほどにしておくことが大切です。

それよりも彼が興味を持っていることをチェックして、そっちに踏み込んでいくことです。

お誘いLINE

男性も女性も異性を誘うという時にはドキドキするものです。

返事がこないと憂鬱になるし、意中の人から返事があると天にも昇るような幸せな気持ちになります。

男女の駆け引きというか、こういったやり取りをしている時というのが、一番恋愛で楽しい時だと思います。

女性のほうから男性にお誘いのLINEを送るのですから、男性も意識すると思います。

普通は男性ほうから誘うほうが割合としては多いと思いますが、女性から誘うのですから女性もそれなりに気合が入っているのかもしれません。

次のデートはどこに行くか提案する

デートをどこに行くかという提案をしてみましょう。

どこどこに行きたいと甘えてみるのもいいかもしれません。

もし彼があなたのことに興味があるなら、必ずいい返事がくるでしょう。

既読にならない時にする5個のこと

あなたの送ったLINEメッセージが既読にならない時にどうすればよいのかを考えたいと思います。

少しでも意識することで今後既読になることが増えていくと思います。

相手の考えていることをコントロールすることはできませんが、自分でできることはやるべきです。

既読にならない、返事がこないことに対し相手にばかり怒りやイライラをぶつけていたところで何も変わらないからです。

大切なことは自分のできることにフォーカスして改善していくことです。

【既読が付かないときにやってはいけないNG行動は、こちらの記事もチェック!】

しつこく送らない

男女の関係がうまくいくかどうかは、押し引きのバランスをどれだけうまく考えることができるかということです。

特に男性はあまりにも女性にぐいぐいと来られるのを嫌う人は多いと思います。

どちらかというと男性が女性にアプローチをするというのが普通ですから、女性からいくときはあまりガツガツしてしつこくないようにしなければいけないと思います。

相手にペースを合わせる

会話のキャッチボールを心地よくやろうと思うなら、どちらかが相手のペースにあわせて話す必要があります。

相手に話させてちゃんと相づちをうってあげたり、相手の会話の内容を受けて自分の話をするというように、相手のリズムで話すのです。

女性はどちらかというと自分の話を聞いて欲しいために相手のことを考えずに自分の好きなことだけを話す傾向にあります。

彼のことが気になるなら、そういった衝動を押さえて、彼のペースで会話をするように心掛けましょう。

それだけで彼はあなたに好感を持つと思います。

LINE以外で連絡してみる

最近の若い人達は相手のメールアドレスも知らない、電話番号すら知らないという人が非常に多いようです。

ではどうやって連絡を取るのかというと、LINEだけということです。

ですが、それだけというのも選択肢がなくてよくないと思います。

もし、LINEに既読がつかない時には、メールを送ってみるとか、電話をしてみるのもありだと思います。

LINEにも通話機能はありますが、電話番号で普通に電話すると、何か大事なことなのかな?と思って電話に出てくれる可能性も高いと思います。

気にしすぎない

一番大切なことかもしれませんが、既読にならないくらいでいちいち気にしないことです。

冷静になって考えてみるとそんなことでイライラしたりすること自体馬鹿馬鹿しいことだと思います。

自分はそんなことで感情が揺さぶられるようなちっぽけな人間なのか?と問いかけてみましょう。

そうすると目が覚めるはずです。

自分の本分である仕事、あるいは学業をちゃんとやっている人なら、こんなことくらいで動揺したりはしないでしょう。

自分がちゃんとできていないから、自分に自信がないから、こんなことで心が揺らぐのです。

何が大事かを常に考えましょう。

後日会った時に理由を聞いてみる

LINEのメッセージに既読がつかなかった友人に、また会うこともあるでしょう。

その時にストレートに「なんでこの間返事くれなかったの?」と聞いてみるのもありだと思います。

意外と忘れていたとか、忙しかったとかたいしたことのない理由であることが多いと思います。

そうやって聞くことで、相手もあなたに対して悪かったなと思う気持ちもあるでしょうし、次回からはちゃんと返事をくれるのが普通ではないかなと思います。

既読にならない時は落ち着いて少し待ってみよう

良くも悪くも、今の時代はネット時代、スマホ時代です。

欲しい情報は瞬時に手に入りますし、人との連絡も手軽にスムーズにとれて便利な世の中です。

そういった便利なことになっている反面、何もかもがすぐに筒抜けになるというデメリットもあります。

何をしているか、どこにいるかもすぐに知られてしまう可能性があるので、ごまかすことができません。

人間関係においては相手のことを全て知ってしまうよりも、知らないほうがいいことも多々あります。

そうやっていい距離間を保っているからこそ、人間関係もうまくいくことがあります。

LINEひとつをとってみてもメッセージを相手が読んだか読んでいないのかを知ることが、いい人間関係の構築に必要だとは思えません。

そういったところはグレーにしておいたほうが本当はよいのかもしれません。

それで、既読がつかないと嘆いている人がいるのですから困ったものです。

相手の反応がリアルタイムにわかる世の中ですから、とにかく皆、人がどう思っているかばかりを気にして、自分のことをおろそかにしすぎではないでしょうか?

大事なのは自分がどう考え、どう感じるかであって、相手の反応ありきではないはずです。

これからの未来をいきる人々は、もう一度自分にとって大事なものを見つめ直す必要があると思います。

そうすれば、LINEの既読がつかないことに対して、落ち着いて対処できるようになるはずです。