最近、恋人ができたあなたはとても毎日がハッピーな事でしょう。

念願の好きな人とお付き合いできた方や、棚からぼたもち的に恋人が出来たり…

しかし、カップルになったからといって気をつけなければいけない事もいくつかあります。

「えっ?気をつけなければいけない事?」

今、ドキっとしましたよね?

今回は、「付き合いたて」というところにフォーカスをおいて話をしていきたいと思っています。

いつまでも、大好きなあの人と仲良くいられるために、今から気をつけておくべき事を伝授して参ります!

ぜひ、2人が仲良くいられるために実践してみて下さいね。

恋人が出来たら長く付き合っていきたいですよね

「大好きなあの人と、やっとの思いで付き合えた!」

「ずっと、片思いしていた人から告られた。」

なんて、方はなおさら恋人といつまでも仲良く過ごしていたいと考えるのは当然です。

恋人が出来れば、長くお付き合いをしていきたいと誰もが思いますよね。

さらに交際が長く続けば、もちろん結婚の話が出てきたりするわけです。

しかし、お付き合いをしても喧嘩の多い2人や、意見が合わない事も…。

好きなら、それすら乗り越えていけたらいいのですが、なかなかそう簡単にもいかないのが現実だったりします。

相手との性格の違いすら楽しんでお付き合いを出来たらかなりの上級者です。

ここからは、どのような事に気をつければ恋愛が長続きするのか、参考にしていただけたら幸いです。

特に付き合いたてはその気持ちが強い

付き合いたては、相手のいいところと自分の好きな気持ちがマックスです。

そんな時は、相手の行動を何でも許してしまいがち。

初めはいいのです。

ですが、今後そうならないためにも、常に冷静な判断が出来るよう、心落ち着かせてお付き合いしていきましょう。

付き合い始めでお互いのルールも決まったりしてしまいます。

できるだけ意見は言える環境を作っておくといいかもしれませんね。

さらに、付き合いたてには、相手を思う気持ちが強かったり、好きな気持ちが強いので、周りのことが目に入らなかったりしてしまいます。

このまま結婚したい!と思う人もいるのでは?

付き合いたての気持ちがエスカレートしてしまえば、当然相手を知らないまま、「結婚したい!」と、思ってしまうわけです。

もちろん、その気持ちは素敵な気持ちです。

ですが、まだまだ付き合いが浅いのに、一生の相手を決めるのには早すぎでは?と思う人もいるでしょう。

さらに、付き合ってすぐに妊娠してしまい、相手の事を知らないままに結婚し、育児や結婚観が違い過ぎるため、離婚してしまう、なんてケースもよくあります。

しかしながら、できちゃった結婚でも、仲のいい夫婦は沢山いますのであまり気にし過ぎてもいけません。

でも、「結婚で失敗したくない」と、いう気持ちがあるなら、相手の事をよく理解した上で結婚するのがベストなのではないでしょうか?

付き合いたてカップルには気を付けるべき事が沢山

付き合いたてのカップルには、「好き」な気持ちが強すぎてなかなか周りが見えていない場合があります。

そうならないためにも、好きな気持ちを少し抑えて、冷静な判断を心がけましょう。

相手を好きだからと言って相手のワガママに振り回されたり、自分まで巻き添えを食らったり…。

そんなお付き合いの仕方では、好きだけのお付き合いになってしまいます。

相手を思い、愛してると思うのであれば、時には心を鬼にしましょう。

そして、相手へ間違っている事を、相手に伝わるように教えてあげなければなりません。

相手のいいなりになるばかりが、愛情ではありません。

相手がよりよきあなたのパートナーになるために、伝えないといけないあなたの気持ちもあるのです。

その事を忘れずにお付き合いを楽しんで下さいね。

付き合いたてのカップルが気を付けるべき12個のこと

ではここからは、付き合いたてのカップルが気をつけるべき12個のことについてリサーチしていきます。

あなたが付き合いたてで、まだお互いのルールが決まる前に先手を打つ必要もあります。

もし、2人が長くお付き合いをしていく事を考えているのであれば、ぜひこれから実行していって下さいね。

お互いを思いやる気持ちがあるなら、好きだけの気持ちで突っ走ってはいけません。

時には冷静な判断で、これからの2人についてじっくりと向き合いながら、将来を見据えていきましょう。

そのための土台のような気持ちで、これからのことを実践して行って下さいね。

少しずつ、繰り返し実践していくことで、いつしか2人の絆やルールになっていきます。

毎日少しずつでも続けていきましょう。

1、しっかりと連絡をとる

まずは、付き合い始めから相手との連絡はきちんととっておきましょう。

都合のいい時だけの連絡は、のちのち音信不通や連絡をめんどくさがられては自然消滅も考えられます。

いつまでも仲良くいられる為には、ちゃんと連絡を取り合っておくように心がけておきましょう。

2人が仲良くいられる為に、互いの予定などもある程度は把握しておくといいかもしれませんね。

ですが、束縛し過ぎたり、相手に気持ちを寄せ過ぎてしまわないように注意は必要です。

相手の行動が気になるあまり、束縛しすぎたり、あなたの気持ちが重たくなり過ぎてしまうかもしれません。

そうならないためにも、程よい距離間を保つ心がけも必要です。

付かず離れずを意識し、連絡をしっかりと取り合って下さいね。

面倒くさいと思わない

男性に多いのですが、連絡を取り合うことをめんどくさいと思いがちです。

しかし、しっかりと連絡を取り合わなければ、付き合い始めなのに、相手から冷められていると感じさせてしまったり、好きなのに相手の気持ちが離れてしまっていったり…。

すれ違いも多くなる可能性があります。

連絡を取り合うことで相手も安心できますし、あなたからの好きだというアピールにもなります。

たとえ、言葉で好きだといわなくても毎日連絡を取り合って、何気ない会話をするだけでも良いでしょう。

めんどくさいと思わずに毎日少しでも、連絡するように心がけましょう。

あなたの大切な人と、いつまでも仲良くいられる為にはちょっとした心遣いも大切です。

少しめんどくさいと思っても、2人が長くお付き合い出来るようにマメな連絡を心がけましょう。

2、毎日一緒にいない

毎日一緒にいると、いることが当たり前になってしまい新鮮さがなくなるのが早いかもしれません。

長くお付き合いをしたいのであれば、たまに会う位にして会えない時間を大切にすることが長続きをさせる秘訣になります。

さらにたまに会うことで互いを気遣い、大切に思う気持ちも増えます。

毎日一緒にいることで慣れ合いになってしまい、感謝の気持ちも薄れてしまう可能性があります。

このように、毎日一緒にいる事をでマイナスな面が気になったり、相手の嫌な面ばかりが気になってしまうという人も多いようです。

もし、毎日一緒に居たいのであれば、結婚を互いに本気で考え始めたら同棲してみてはいかがでしょう?

ずっと一緒だと飽きやすい

学校や職場が同じで、どうしても顔を合わせないといけない状況なら、休憩時間や休み時間に軽く会うくらいがいいかもしれません。

毎日ずっと一緒だと飽きやすく、ドキドキ感もなくなり新鮮さも早く消えてしまうという人もいます。

また、ずっと一緒にいることで相手の嫌な面や、変な癖、マイナスの面が目立ちやすくなってしまうことも考えられます。

付き合いたての時期はほどほどの距離感でお付き合いして、焦らず時間をかけて相手を知っていくのが1番かと感じます。

3、遠慮せずにケンカをする

あなたの気持ちを伝えずに、ずっと我慢していれば、それはいつかストレスとなります。

そして、2人の関係はさらに悪化してしまう可能性があります。

喧嘩を嫌う男性は多いのですが、もし言いたいことがあるのなら遠慮せずに伝えましょう。

変な言い方ですが、喧嘩をすることで相手の本音や気持ちがわかったりするものです。

我慢して付き合うという事は、あなたの本音で相手とお付き合いをしていないということです。

それは本当の関係と言えるのでしょうか?

そういったことを考えると、喧嘩する事は案外悪いことでは無いのかもしれません。

付き合いたては嫌われたくないと思って、なかなか喧嘩ができない人も多いですが、喧嘩を怖れないで下さい。

我慢し続けるよりも、喧嘩できる関係の方が今後の付き合いも楽になりますよ。

必ず仲直りをする!

喧嘩をしてもいいのですが、必ず仲直りをしましょう。

当たり前の事ですが、売り言葉に買い言葉になってしまったり、感情的になってしまい思ってもいない事を言ってしまうのは、良くない喧嘩です。

喧嘩と一言にいっても、意見の違いや考え方の違いを認めつつ、喧嘩をして下さいね。

感情的になってしまうのは、喧嘩ではありません。

子どもの喧嘩は、互いの思いが伝える事が出来ずに喧嘩になる場合が殆どです。

それに対し、大人の喧嘩は、意見を何処まですり寄せる事が出来るかにあります。

平行線のままでは話が前に進みません。

それだけでなく、互いの関係にもヒビが入ってしまえば、それこそお付き合いも長く出来ません。

必ず、仲直りする事を前提に冷静な話し合いが大切です。

4、奢らない、奢らせない

奢る、奢られるの関係は、片方の負担になってしまいます。

お金の事で後々揉める事がないように、きっちりと考えを提示しておくといいですね。

さらに、男の人はお付き合いしたてや付き合う前などに、男性側がご飯代を奢るのは当たり前だと思いがちです。

でも、少なからず端数を女性に出してもらうなど、工夫をしておきましょう。

奢ってしまう関係性に慣れてしまい、後々後悔する事がないよう、奢り過ぎに気をつけましょう。

さらに、金銭面でのやりとりは都合のいいようにも使われます。

羽振りが良すぎるのも考えものです。

何でもかんでもお金を出して欲しいという女性も怖いものです。

付き合う前に、金銭面の事でおかしいと思うところがあれば、よく話し合いをしておくといいですね。

割り勘か2人でルールを決める

割り勘なら、金銭面でも苦になる事がなく、2人だけの独自のルールを決めておくといいかもしれません。

先ほどもお伝えしたように、男性が食事の際などにお金を多く払いたいのであれば、女性端数を出してもらうようにする。

もしくは、きっちり割り勘だとケチに思われるのが嫌な男性は、いつも、1,000円だけもらうなどと決めておくといいですね。

あまり、奢り過ぎてしまうのもお付き合いして行く上で、相手を重たく感じたり、奢っているあなた自身が嫌になってしまうかもしれません。

そんな事にならないように、しっかりと2人のルールを決めておくといいですね。

5、長所を一度に出さない

付き合いはじめに、良いところを見せすぎてしまえば、それが相手からあなたの標準になってしまいます。

もしあなたが良いところを見せようとしすぎてしまうのであれば、いずれはあなた自身がその行動に疲れ果ててしまいます。

そして、相手の期待に応えることができなくなってしまう可能性があります。

そうならないためには、良いところを小出しにするといいかもしれません。

あなたの良さは、たくさん相手にアピールしなくても、少しずつ小出しにしていきましょう。

そうすれば、相手もその1つずつを丁寧に汲み取り、長所を理解していってくれるのかもしれません。

付き合い始めが、1番肝心だとは思います。

ですが、長所を一度に出しすぎると、後々あなたが自分の首を絞めてしまうことになりかねません。

恋人と接する時だけでなく、あなたの人柄の良さが、周りの人に対しても長所を一度にたくさん見せすぎてしまっていませんか?

誰とでも接する時には、相手からの印象が気になるもの。

しかし、あなたの良いところをたくさん見せすぎてしまえば、相手にはそれが当たり前に映るのです。

飽きさせない恋人を目指す

「へー!こんな素敵なところもあるんだ。」「知らない素顔が見れて嬉しい!」

など小出しにしていくことで、その長所がより鮮明に相手の脳裏に焼きつきます。

このように、1つずつを小出しにしていくことにより、さらにそのあなたの長所は一つ一つ相手の印象に残ります。

そして、相手を飽きさせない素敵な恋人になれるのではないでしょうか。

飽きさせない恋人を目指すことで、より長続きのする恋人にもなるのです。

すぐに飽きなくてしまう恋人であれば、いくらあなたがいい人であっても、その良さをうまく見せられていない可能性があります。

表現方法を少し変えることで、よりあなたの素晴らしさ良さを伝えることができるのではないでしょうか。

6、相手に甘え過ぎない

相手が何でも許してくれるのであれば、甘えすぎに気をつけましょう。

相手によりかかりすぎてしまえば、いずれ相手も疲れてしまいます。

支え、支えられる関係が1番ベストですよね。

人は、1人では生きられません。

人は、誰かに頼って生きているものです。

しかし、相手に甘えすぎる事は相手の負担にもなりかねません。

相手に負担を与えないためには、自分自身をしっかり持ち相手の優しさに甘え過ぎないと言うことです。

これは、大切な相手だからこそ優しさに甘えすぎないと言うことがポイントになります。

しかし、どうでもいい相手だからといって相手に甘え過ぎてしまえば、いずれ自分の身に返ってくることでしょう。

また、人に甘えることばかりをしていては、自分の成長につながりませんし、自分のことが自分でできるよう努力が必要です。

丁度いい距離感を見つける

相手が、いくら優しい人でも甘えすぎも考えものです。

相手とちょうどいい距離感を見つけることで、それは解決するのではないでしょうか。

甘えすぎず付かず離れずの距離です。

その距離を見つけるのには時間がかかる場合もあります。

見つけにくい場合もあります。

しかし、あなた自身が相手を思う気持ちがあるのなら、相手に迷惑のかからない程度に甘えることが程良い距離なのかもしれません。

例えば、一緒に食事に行っても割り勘にするなど、これもある1つの一定の距離感なのかもしれません。

このように、相手に対して甘えすぎない行動を心がけることで、お互いに気持ちよくお付き合いすることができます。

また、お付き合いが長続きするのではないでしょうか。

7、友達をないがしろにしない

お付き合いが始まれば、友達と全く遊ばなくなってしまう人、居ますよね?

年齢にもよりますが、周りが結婚し始め家庭に入ればなかなか友達と遊ぶ機会も少なくなるかもしれません。

しかし、まだまだ周りの友達も結婚しておらず、仲の良い関係が続いているのであれば、友達を大切にしてください。

友達をないがしろにしてしまうと、付き合いが悪いと思われる事はもちろん、恋人と友達とのバランスも悪くなってしまいます。

確かに、恋人ができれば、友達もある程度は恋人優先の気持ちを理解してくれてはいるのです。

しかし、そこに甘えすぎてしまえば、恋人と別れたら友達と遊ぶ、恋人の悩みを相談するなど都合の良い友達になってしまう可能性があります。

そうならないために、友達と恋人とのバランスをよく考え互いのお付き合いを楽しむようにしてください。

のろけ話ばかりしないように注意

さらに、友達と遊ぶときにのろけ話ばかりしないように注意してください。

確かに、良い話を聞くのは良いのですが、あまりにのろけ話ばかりだと相手も飽き飽きしてきます。

やはり、友達と遊んでいるのですから、のろけ話は程々に友達と遊ぶことに集中をしましょう。

のろけ話や喧嘩の話、相談相手や男女の違いについて等の話ばかりをしていれば、友達と言うよりカウンセラーのような付き合いにってしまいます。

友達にも負担になります。

そのことを肝に銘じ、恋人との距離感や友達との距離感も大切にお付き合いをしていきましょう。

【のろけ話をする時の注意点は、こちらの記事もチェック!】

8、「ありがとう」と伝える

普段から、感謝の言葉をあまり伝えない方はもちろん相手からも感謝される事はありません。

頭でどれだけ感謝の気持ちがあったとしても、言葉に出さなければ相手には伝わりません。

行動で伝えるという人もいますが、やはり言葉で伝える方が素早くそして相手の心に響くことでしょう。

「ありがとう。」と、伝えるだけで相手もあなたが感謝していることを受け止めます。

また、あなたのために頑張ろうと言う気持ちになるのかもしれません。

しかし、やってもらったことに対して「ありがとう」言えない場合は、相手はせっかくやってあげたのに感謝もないの?と損した気分になってしまうことも…。

見返りを求めてしまう事も考え直すべきなのかもしれません。

ですが、感謝の気持ちが無ければあなた自身が幸せになれないことはもちろん、言葉で出さなければ、感謝の気持ちが無いのと同じに思われます。

このように、「ありがとう」を伝える事は、とても大切な言葉なのです。

「分かってくれる」という思い込みは捨てる

あえて言葉にしなくても、感謝が伝わってわかってくれているという思い込み捨てましょう。

人は、必ず言葉に出して気持ちを伝えないとわかりません。

しかし、何でもかんでも自分の気持ちを言ってしまうのは、少し違います。

ですが、肝心なところで、気持ちが伝わらなかったり感謝がなかったりすれば、大切な人すら幸せにはできないでしょう。

このように、わかってくれていると言う思い込みで感謝の言葉を言わないまま過ごしてしまえば、いずれ自分の大切な人も去っていってしまうでしょう。

感謝や謝罪の気持ちは、必ずあなたの口から伝えましょう。

9、遅刻やドタキャンはしない

遅刻やドタキャンしてしまう事は相手に甘えていることにつながります。

あなたは会社や学校で遅刻やドタキャンをしてしまいますか?

お金をもらっていますので、仕事では遅刻はありえない話です。

しかし、急用や何かのトラブルから遅刻してしまう場合があります。

学校も、ドタキャンが続けば欠席扱いになり、留年やまたは落第につながる可能性があります。

社会的に考えれば、そのような結果になるのですが、大切な人に対しても、その気持ちは大切です。

デートは遊びだからと考えてはいけません。

大切な人を待たせたり、ドタキャンをしてがっかりさせてしまう事は、相手の時間を奪うとともに、相手を深く傷つけてしまうことにもなります。

遅刻やドタキャンをする事は、社会的に見ても常識がないと思われます。

そして、大切な人すら大切にできないことと同じなのかもしれません。

長く付き合っても絶対しない

どれだけ2人が長く付き合って、お互いのことを理解していたとしても、絶対に遅刻やドタキャンはしないほうがいいですね。

あなたが遅刻してくることで、相手は貴重な時間を無駄にしてしまいます。

さらにドタキャンとなれば、その日をあなたのために、あらかじめ予定もあけてくれていたわけです。

よっぽどの事がない限りしてはいけません。

遅刻やドタキャンを軽視している姿こそ、その人の人間性やレベルの低さに繋がります。

相手の事を大切に思うなら、まずは相手の事を相手の立場に立ち、大切にしてあげましょう。

それが長くお付き合いを続かせる事や、相手を大切にする事にも繋がります。

もし、いつも遅刻してしまうのであれば時間計算を逆算するようにしてください。

長く時間のかかるモノから順番に行うように優先順位を付けてみて下さいね。

10、一緒にいるときはなるべくスマホを弄らない

一緒にいるとき常にスマホを触っていると、恋人はあなたがつまらないのかと勘違いしてしまいます。

自分の存在を無視されているような気分になってしまいますよね。

また、自分より優先しないといけないものがあるのかと気になったりします。

またスマホを触っている間、相手はあなたを待ってくれている場合もあります。

2人でいるときは2人の時間を大切にしてください。

非常事態や緊急事態など以外は、できるだけスマホを触らないようにしましょう。

疑いの原因にもなる

スマホばかりを触っていれば、浮気をしているのかと疑いをかけられたり、恋人以外に気になる人や好きな人がいるのかと思われてしまう場合もあります。

相手に良からぬ疑いをかけられないためにも、スマホを常に触るという行動は避けておきたいところです。

ヤキモチを妬かれる原因にもなりかねません。

疑いの原因になるような行動は避けるべきでしょう。

11、ちょっとした事で浮気だと疑わない

相手の事がどれだけ好きでも、束縛し過ぎるのは良くありません。

浮気だと疑われれば、ありもしない事にショックを受け、相手から信用されていないと感じてしまいます。

また、束縛しすぎると相手の行動範囲を狭めてしまいます。

そして、自分の気持ちも不安定になり相手を信じることができなくなります。

このように、ちょっとしたことで浮気だと相手を疑うことで、相手を苦しめる事だけではなく必ず自分も苦しむことになるということを忘れないようにしてください。

付き合うのが息苦しく感じる

相手を疑うことで、付き合うことが息苦しく感じてしまいます。

相手もあなたの束縛や浮気を疑われる事に苦しく感じますし、あなた自身も相手が浮気をしていないかが常に気になってしまうでしょう。

そして、あら探しをしてしまうようなことになれば、足の引っ張り合いになり、別れてしまいかねません。

ありもしないことで浮気を疑うのはやめて、相手を信頼して付き合うようにすると長続きしますよ。

12、約束を守る

2人でした約束は必ず守るようにしましょう。

2人の約束を守れないのであれば、この先2人が長くお付き合いしてることを難しいかもしれません。

約束を破る事は互いの信用をなくしますし、ルールや約束を作る意味もなくなってしまいます。

もし約束を守れないのであれば相手より、自分が大切なのかもしれません。

もしも守る事ができないルールや約束だとしたら、見直しが必要です。

口約束だったとしても相手にとっては大事な約束

けっして口での約束だったとしても、約束は約束に変わりません。

そのため、口約束だったとしても必ず守るよう努力をしましょう。

口約束すら守れない関係なら、長くお付き合いをしていくのは難しい関係になってしまいます。

よく行動を振り返り、口約束でもきちんと守ることを大前提に約束をしましょう。

守れない約束が増えていくたび、あなたの信用も無くなってしまいます。

じっくりお互いを知っていき、信頼出来る事が長く付き合っていけるコツ

付き合いたてのカップルは、まずお互いをじっくり知ることからはじめていきましょう。

他人と他人のお付き合いですので、もちろんズレがあったりします。

それに、性格の違いや育ってきた環境の違いにより、感覚や感じ方が違うのは当然のことです。

その感覚の違いや感じ方の違いを少しずつ理解していくことで、お互いを信頼し良い関係ができていきます。

焦らずじっくりとお互いを知っていき、相手を思いやる気持ちを忘れないようにできるといいですね。