検討するという言葉を使ったことはありますでしょうか。

検討するという言葉は堅そうな表現ではありますが、使ってみるととても便利な言葉であることが分かるはずです。

検討するという言葉を使ったことがない方は、ぜひ、その意味と使い方をマスターしてほしいですね。

ここでは検討するという言葉の意味やフレーズについて詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

️検討するってどういう意味?

 検討するというのはそもそもどのような意味を持っているのでしょうか。

検討するという意味を知らない方は、簡単に検討するという意味を考えてみてください。

検討の意味


 検討の意味についてまずは見てみることにしましょう。

検討という言葉の感じを見てみると、大体の意味が解けてくるような気がしますよね。

検討の「検」は検査という言葉に使われることがあることからも分かるように、調べるという意味居なります。

検討の「討」は討論するという言葉からも分かるように、尋ねるというような意味になります。

これらを組み合わせてみると、ある物事を対象にして調べたり、訪ねて見たりするという意味であるということが、ぼんやりと理解できるのではないでしょうか。

よく調べて考える

 検討という意味の大きなものとしては、「良く調べて考える」という意味になります。

カジュアルな表現で言うと「考えてみる」というのが一番近いかもしれませんね。

ある物事ついて調べ、しっかりと考えて結論を出すということになります。

様々な点で良し悪しを判断する

 検討する場合には、必ずしもポジティブな意味での「考える」ばかりではありません。

時にはネガティブな意味の「考える」に使われることもあります。

考えるというのはそもそも色々な方向に思考を向けることを言いますから、検討する場合には、対象となっているものに対して色々な方向から視線を向けることになります。

このことから「様々な点で良し悪しを判断する」という意味で使われることもありますね。

考えるだけではなく、しっかりと蚊が得たことを基にして判断をするというところまでセットにしているということが分かるのではないでしょうか。

️”検討”と間違えやすい”見当”

 検討という言葉と間違えやすい言葉がありますので、そちらに注意も必要です。

よく似ている言葉について見てみることにしましょう。

見当の意味


 検討という言葉と同じ読みを持っているのが見当という言葉です。

同じ読みを持っているので、パソコンではどちらも返還に出てきてしまって困るということがあるのではないでしょうか。

見当の方が簡単な字を使っていますので、対こちらを使いたくなってしまうという人もいるかもしれませんね。

だいたいの方向・方角

 見当というのは、大体の方向や方角のことを指します。

これは地理的な意味ですね。

ここで大事にしていただきたいのは、見当という言葉の場合には、大まかなものであって正確なことではないということです。

大まかな予想

 見当には大まかな良そうや見込みという意味も込められています。

「場所に見当をつける」などの使い方をされることがあります。

どちらにしても、検討するという言葉とは全く使い方が違うということが分かるのではないでしょうか。

「おおまかな予想」では、「色々な方向から考え抜く」ような意味を持っている検討とは全く違いますよね。

️検討するの使い方

 検討するという言葉は、どのようなシチュエーションで使われることが多いのでしょうか。

検討するという言葉の意味が分かっていても、使い方が分からなければうまく使うことはできませんよね。

検討するという言葉の使い方や、よく使われるフレーズについて詳しく見てみることにしましょう。

ご検討よろしくお願いいたします

 まずは「ご検討よろしくお願いいたします」という言葉です。

丁寧な言葉で、相手に自分の提案を考えるようにお願いしているシチュエーションですね。

相手に「考えてみて」と気軽に告げるのは難しいものです。

相手の時間を消費してしまうことが分かっているのなら、丁寧に楽しみたいところですよね。

そんなときに「ご検討よろしくお願いいたします」という言葉で頼むことができれば、ビジネスシーンのマナーとしては間違いがないでしょう。

ご検討ください

 「ご検討よろしくお願いいたします」よりも、もう少し直接的な表現をしているのが「ご検討ください」という言葉です。

少し「ご検討よろしくお願いいたします」より圧力がかかっているように感じられますよね。

お願いしますという言葉を省くことで、相手に対しての真剣な気持ちを表現している言葉です。

さらに真剣に考えてほしいとき、自分の提案におとても自信があるような場合には「ご検討ください」という言葉で相手に迫ってみても良いのではないでしょうか。

ご検討いただければ幸いです

 上述の「ご検討よろしくお願いいたします」や「ご検討ください」よりも、少し軽めの表現を望んでいるのなら「ご検討いただければ幸いです」の表現を使ってみるようにしましょう。

幸いですという言葉をフランクな言葉にしてみると「ラッキーです」「嬉しいです」というような意味になりますよね。

自分の提案に対して、上述の二つよりは自信がない時、もしくは相手に対してダメ元でお願いするような場合には「ご検討いただければ幸いです」という言葉でお願いしてみてください。

検討させていただきます

 自分が考えてみるという意味で使うようなときには「検討させていただきます」という言葉を使ってみることがおすすめです。

「考えてみます」とほぼ同じような意味ではありますが、これよりも固い表現になりますので、ビジネスシーンにはおすすめですね。

ただし、これは少し違う意味が込められていることもあります。

それに関しては次の項を見てみてくださいね。

検討されている

 ほかのフレーズと合わせて使われることが多いのが「検討されている」という言葉なのではないでしょうか。

「現在ご検討されているのはこちらでしょうか」「検討されているこちらの商品ですが~」など、名詞に掛かってくるのが、この「検討されている」という表現です。

他にも「お考えになっている」などの表現をすることがありますね。

このフレーズだけで使うことはできないかもしれませんが、相手が悩んでいるその商品などについて説明する場合には、便利に使うことができる表現だと言えるでしょう。

方針を検討する

 「方針を検討する」というのは、自分たちの方向性について考えてみるというような意味になります。

これに関しては、身内に対して使っていることが多くあるのではないでしょうか。

「これからの方針を検討する」など、必ずしも目上の人や、取引先が相手に使われているわけではないのです。

少し硬い表現で「考える」というようなことを言いたい場合に、検討するという言葉がぴったりなことが分かりますね。

検討してから連絡するね

 書き言葉と話し言葉というのは難しいもので、現代のLINEなどの便利な通信手段の中でも、完全に話し言葉で書くことは難しいという方もいるはずです。

そんなときには、どこか堅い表現と、完全にカジュアルな表現を混ぜて使うようなシーンをよく見かけます。

「検討してから連絡するね」という表現もそうでしょう。

相手に対して「考えてみるね」というほどには親しくないし、少し敬語を使いたいのだけど、それでは硬くなりすぎるという微妙な表現の時に使うことができます。

このように、検討するという言葉は、必ずしもビジネスシーンに限って使われるわけではなく、カジュアルな言葉と組み合わせてもそれほど違和感のない表現になっていることが分かるのではないでしょうか。

️検討する=断り文句!?

 検討するというのは「考えておく」という言葉とほぼ同じような意味であるということはよく分かりましたよね。

それがビジネスシーンなどの固い場で使われることが多いということもご説明の通りです。

ですが、「検討する」という言葉について考えるときには、実はそれだけでは足りないと言うこともあるのです。

それでは、検討するという言葉を聞いたときにリスクを感じなければいけない理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

検討するという言葉の注意点について見てみることにしましょう。

この注意点を良く知って、相手の言葉の意味の裏まで探ることができれば、「検討する」という言葉をマスターしたということになるのではないでしょうか。

検討する=社交辞令

 検討するという言葉で注意しておかなければいけないのは、検討するという言葉が社交辞令であるという可能性がとても高いということです。

つまり、相手の要求に応える気がないと言っていることと同じである可能性もあるのです。

ただ、社交辞令で考えますと言われているときには、それは考えないと言っているのに近くなりますよね。

誰も社交辞令で言われているようなことを本気にする人はいないように、社交辞令で言われている「検討します」は本気にしてはいけないのです。

検討しますという言葉に喜んで花生けない理由は、それがポジティブな意味合いではないことが多いからです。

とりあえず先延ばしにしておく

 検討しますと胃言葉を言われてしまった場合には、取り敢えず先延ばしにしておくという意味である可能性を考えましょう。

相手がビジネスに必要な相手だったような場合には、強く拒絶するのを躊躇われることもありますよね。

そんなときに「検討します」という言葉で結論を先延ばしにして逃げるようなことが良く行われるのです。

先延ばしにして逃げることで、相手に「見込みがない」と思ってもらうことを望んでいるのです。

そのため、腱粗糖すると言ったからと言って、それから先の期間に本当に考えてもらえるとは限らないことを覚えておきましょう。

むしろ、即決で決まらなかったということは、先方にとってはあまりうれしい提案ではなかった、検討するという言葉で逃げるしかなかったということを覚えておいた方が良いでしょう。

それ以上のプッシュがなければ、最悪の場合は、忘れられたことにして流されてしまう可能性もあるのです。

自然消滅にならないようにするためには、検討するという言葉をもらった際にもうひと押ししておかなければいけません。

修正案を出す必要もあるかもしれませんね。

努力しますに近いニュアンス

 努力しますという言葉も検討するという言葉に近いような響きを持っていますね。

努力するという言葉でその場での対応に対して逃げているような印象を抱いてしまうでしょう。

検討するという言葉は、使う側にとってはとても便利な言葉となります。

その場で決めずに逃げることができ、最悪の場合には、そのことを二度と持ち出さずに闇に葬ってしまうことができるものだからです。

先延ばしにして社交焦れで逃げることができるというのは、自分が検討しますと胃言葉で逃げた経験ある人なら、誰でも分かっているでしょう。

そこでお人好しに「検討してくれると言ったのだから一歩先に進んだ!」と思わない方が良いのです。

もちろん、相手の表情を見ることも大切ではありますが、明らかに相手が気に入っていない様子で「検討します」と言って来たのなら、それを良い方に取っていてはいけません。

しっかりと相手の言葉の意味を考えるようにしてくださいね。

️検討すると言われたら要注意かも?

 いかがでしたか?
 検討するという言葉はビジネスシーンに限らず、色々なところで使われることがある言葉の一つです。

検討するという言葉の意味を知らずにいたら、それは一般常識も知らないということになってしまいますから、恥ずかしいですよね。

検討という言葉の意味を知らなかったという方は、すぐに検討するという言葉をマスターするようにしてくださいね。

その上で覚えておかなければいけないのは、検討するという言葉が断り文句であるという可能性もあるということです。

どうしても相手に要求を通したいときに、この言葉が出てきたら要注意ということになるかもしれません。

相手が「考えます」ということを伝えてくれたからと言って、それはOKだということにはなりません。

むしろ、「考えたけれどダメ」という結論になることの方が多いのです。

どうしても要求を通したいときに検討すると言われたら、それは要注意ということになるかもしれません。

相手の表情を良く見て、検討するという言葉の裏を考えるようにしてください。

言葉の意味を知っているだけではなく、その裏を読まなければいけない言葉には扱いに注意が必要となりますよ。