今回は彼女が欲しい人のために、彼女との出会いはどこで作るのか、おすすめの方法をご紹介します。

彼女が欲しい人はどんな年齢でもぜひ参考にしていただいて、積極的に行動してくださいね。

️彼女との出会いはどこで作る?

彼女が欲しいと思った時にまず探すのは、もちろん相手です。

もし身近にそういうタイプの人がいないのであれば、きっかけを探す必要があります。

つまり場所ですよね?

男女問わず、恋人がいない人のほとんどの理由が、出会いがないことです。

ではどうしたら出会いを作ることができるのか…。

答えは二つです。

本当に現状に出会いがないのかよりもっと見つめるか、違う場所へ行くかの二つしかありません。

前者は、もしかしたら現状の環境でも、恋愛対象になる人がいるかもしれないという意味です。

人間どこで誰に恋するかは、本当に分からないものです。

昨日までまったく意識していなかったのに、今日になって一言話しただけで妙に気になる、なんてことも往々にしてあります。

もし男女混ざった環境にいるのであれば、その環境の中で本当に恋愛対象になる人がいないのか、じっくり見回してもみましょう。

それでもやっぱり無理というのであれば、環境を変える必要があります。

普段は行かない場所に赴くなど、普段の行動パターンの枠を壊して、範囲を広げてみましょう。

と口で言うのは簡単です。

思ってる以上にこの行動枠の拡大は、エネルギーを要します。

これは当然ですね。

普段は無意識のうちに、エネルギーがかからないような行動をとって、それを日々のルーティンにしているわけですから、それを壊すということは、相当なエネルギーを使うということです。

これも全て出会いの為です。

そこまでしないと彼女できないなら別に面倒だしいらないかな…というのも、もちろんいいでしょう。

ただし、年齢とともにこの面倒はいっそう大きくなります。

さらに恋愛という面では、一般的に年齢が邪魔をするということもあります。

自分の好みは20代前半、でも今年で50才になりました。

では、その好みをまっとうするのはかなり困難でしょう。

つまり本当に欲しいのなら背に腹は変えられないということですね。

出会いは様々なところに落ちている


たとえば同じ職場ではなくても、違う部署では出会いがあるかもしれません。

会社が大きければ、部署が違うとなかなか接点がありません。

気付くと見たことない人もたくさんいるでしょう。

こういったところでも充分に出会いは落ちています。

知り合いを通じて、などすれば、出会いを発見することはそこまで難しいことではありません。

恋愛に発展するかどうかはわかりませんが、少なくとも出会いがないということはありません。

この環境で出会いがないと嘆くのは、かなりネガティブと言えるでしょう。

出会いがないという環境は、例えば工事現場で働いていて、本当の意味で職場が男だらけという環境です。

女が一人もいないという環境にいる人が「出会いがない!!」と嘆くのは相当な説得力がありますよね。

少なくとも女性がいるのであれば、出会いがないのではなく、出会いを作っていない、もしくは落ちているのに気付いていない、という可能性があります。

嘆く前に、もっと冷静に周囲を観察してみましょう。

実は落ちていませんか?

面倒だからといって投げやりになっていませんか?

きっかけは、ふとした瞬間に見つかるものですよ。

出会いがないなら自分で作る

じっくりと観察しても、やっぱりここでは無理!ということももちろんあるでしょう。

エネルギーを使って、普段は行かない場所に行くしかありません。

場所に行くというよりも、普段しない行動をとる、と言った方がいいかもしれません。

さっきも書きましたが、これには相当負荷がかかります。

誰であれ、新しいことを始める時の初めの一歩はとても重く、それだけでモチベーションが落ちてしまうかもしれません。

労力、時間、お金など様々な物が代償になることもあります。

もちろん費やす代償は、できる限り最小限に抑える必要があります。

日常生活に支障をきたすほどの代償はいけませんよ。

日常を豊かにする為の行動で、日常に支障が出たのなら、それは本末転倒です。

もしお金を使うことになっても生活費まで使ってはいけません。

何事も自分で新しく何かを作るというのは、大変なものですよね。

️これから彼女と出会いたい人におすすめの8個の方法


それでは具体例を挙げていきましょう!!

テーマは大きな代償もなく手軽に始められることです。

ディープになればなるほど、その代償も大きくなりますし、いきなり一人で、というのもかなりハードルが高くなりますからね。

そこまで労力もかからず、新しく始められることをピックアップしてみました!

習い事を始める

社会人になると、どうしても職場と家の往復な日々になりがちです。

そこに一石を投じましょう。

たとえば帰りがけにジムに通うなどはおすすめですね。

出会いを求めてジムというのも、動機がかなり不謹慎に感じられますが、そんな動機は胸に秘めておけばいいだけですからね。

もし出会いがなくても、運動すれば体にもいいですし、リフレッシュ効果もあります。

緩んだ体をビルドアップすれば、男としての魅力も上がります。

パソコンが苦手な人はパソコン教室もいいですし、料理に興味があれば、料理教室などもいいでしょう。

興味があることの知識も増えますし、習い事は非常におすすめです。

サークルに入る

サークルは同じ趣味を持っている人達が集まる場所ですから、必然的に会話も広がるでしょう。

社会人サークルでは出会い目的NGのところもあるので、恋愛OKのサークルを選ぶといいでしょう。

飲み会やBBQなどのイベントに参加すれば一度でたくさんの出会いが期待できますし、スポーツサークルに入れば趣味の合う女性と出会えるかもしれませんね。

友人からの紹介

現実的には、これが一番彼女作りに効果的かもしれません。

身近な友人からの紹介であれば、信頼できますし、何より間に友人がいることによって、スムーズにコミュニケーションをとることが可能です。

これはかなりのメリットですね。

例えば出会いを求めている男とその友人、出会いを求めている女とその友人の四人で会ったとして、いいタイミングでその二人の友達には空気を読んでもらえれば、容易に二人きりになることができます。

事前にミーティングもできますし、現実的にはかなり可能性が高くなる方法でしょう。

趣味友をつくる

例えば、オンラインゲームなどがこれにあたるでしょう。

仮想空間に出向いて、一緒に旅をして、ボスを倒し、その後オフ会で実際に会うなども、頻繁に行われているようです。

もちろんどこの誰か分からないので、この方法はかなり注意が必要です。

実際に危険な被害にあった人もたくさんいるようですし、安易に信用するのはいけません。

もしも信用に値する人であれば、実際に会ってみるというのもいいと思います。

習い事やサークルなども、仲良くなれば趣味友から始まるわけですから、共通する趣味はその後の関係を大きく後押ししてくれるかもしれません。

合コンに行く

出会いを求める場所の代名詞ですね。

お互いに出会いを求めているのですから、合コンに行けば出会える確率は高いでしょう。

恋活イベントに行く

恋活イベントは、最近はよく耳にしますね。

私事ですが、僕の知人で「日本酒メーカー」に勤めている人がいて、この人から「酒コン」と呼ばれるイベントのチケットをいただき、一度行ったことがありました。

男は入場料を払い、女は無料で参加できるもので、見事に半々の割合で男女が入り混じっていました。

年齢は20代半ばから40代くらいまで幅広くいたと思いますが、主に30代だったはずです。

とあるホテルの宴会場を貸し切り、日本酒の老舗が屋台のように並んでいて日本酒飲み放題で、お互いに声を掛け合い、話し、縁を作るというのが目的のイベントでした。

総勢80人ほどはいたと思いますが、その時は実際に成立したカップルが数組いました。

なので、人によってはかなり期待できるかもしれません。

思い切って声をかける

可能性はだいぶ低いかもしれませんが、例えば毎日電車で見かける人などにアタックするのもいいのかもしれません。

ただし間違っても不審者には思われないようにしましょう。

失敗しても失うものはない!という大胆な気持ちが必須の「当たって砕けろ作戦」ですね。

万が一、ということもありますから、もしかしたらバカにはできない作戦かもしれません。

もちろん失敗した場合、その電車にはもう二度と乗れなくなるので、通学、通勤の場合は遅刻しないように乗る電車を変えましょうね。

SNSの交友関係を広げる

手軽な作戦ならば、これが一番現実的かもしれませんね。

ほとんどの人がSNSは利用してると思いますし、SNSの最大の利点は、さらに広げることも可能ということです。

人から人に繋がり、共通の趣味をもったまったく見知らぬ人と縁を築くことも容易です。

恋愛ではないかもしれませんが、れっきとした出会いですよね。

もしその相手が気になるようでしたら、メッセージを送り、実際に会うといったこともできるかもしれません。

その場合はきちんと信用される為に、誠実に誘うようにしましょう。

とにかくアクティブに行動するのがカギ

とにもかくにも行動なくして出会いはありません。

アクティブ&アグレッシブをテーマにどんどん行動しましょう。

ただし、ただ行動すればいいというものでもありません。

出会いを求めるということは、恋愛関係になって初めてその目標は達成となります。

出会いを発見して終わりではありませんから、その後の展開もイメージしておかなければいけませんよね。

出会いというきっかけを得て、はたしてそのまま恋愛に発展するかどうか。

一番の問題はここにあります。

相手から好感を持ってもらい、それを恋愛感情へと導く駆け引きも必要ということですね。

恋愛する時には、大なり小なり駆け引きが必要です。

分かりやすく言うなら「押してダメなら引いてみましょう」ということですね。

ガツガツしてる男性は、よほどのことがない限り受け入れらることはないでしょう。

颯爽と現れ、興味を引き、そのままアタックではなく、必ず段階を設けて接するようにしましょう。

もちろん確信があった場合は別ですが、出会った直後に恋愛感情を期待すると、ほとんど失敗に終わります。

前のめりになるのも分かりますが、そこは理性で抑えて、後日の駆け引きに備えましょう。

せっかく出会ったのですから、大事に気持ちを育み、恋愛関係に至る可能性を少しでも上げましょう。

このバランスがまた困難です。

慎重すぎてもチャンスを失いますし、ガツガツしては印象もよくありません。

つまり、アクティブ&アグレッシブという姿勢にも冷静な判断力が必要ということになりますね。

考えて行動して、慎重かつ迅速に、彼女のハートを射止めるよう尽力しましょう。

色んな人に出会い喋ってみよう

出会いの数だけ、可能性は上がります。

その中で、自己表現していけば、その情報はどこかの誰かに届いていることも考えられます。

SNSの拡散のようなものですね。

ペラペラと自分のことを話すのもややみっともないのですが、そこは巧みな話術で悪印象を与えないようにしましょう。

あなたが出会いを求めていると分かれば、合コンに誘われるかもしれません。

どこかで興味を持った人が現れるかもしれません。

もしかしたら、目の前にいるその人が興味をもってくれるかもしれません。

世の中何が起きるか分かりませんから、備えあれば憂いなしです。

情報を上手く拡散させて、いつでも臨戦態勢をとれる準備をしておきましょう。

ふとした時になぜか現れるもの、それが恋の種です。

️若い人たちの出会い方はもっとスゴイ!

若さの最大の利点は行動力とも言えます。

大人ならば物怖じしてしまうことでも、容易に行えます。

もちろん後々振り返ると若気の至りと思えることもあるでしょうが、それも若さの特権です。

今は落ち着いて思慮深くなっていても、誰にでも一度や二度の若さゆえの暴走はありますよね。

この行動力を持っている現代の若者が、どうやって出会いを作っているか、観察してみましょう。

恋愛アプリ

スマホが必需品となった現代では、無数のアプリがあります。

その中で「恋愛アプリ」と呼ばれるものがあります。

実はスマホやPCが普及する前からこれらのサイトは存在していました。

出始めた頃は、無料で必ず出会えるというキャッチコピーで、多くの男性を虜にしていました。

出会いがない、恋人が欲しいと思っていた男にしては、神のようなサイトに思えたことでしょう。

【恋愛アプリについては、こちらの記事もチェック!】

ナンパで出会う

もはや原始的スタイルとも言えますが、一番手軽なのかもしれません。

ただし、もし成功してもお金がかかります。

ナンパして飲みに行って「じゃあ半額出して」はありえませんから、全部自分持ちということは覚悟しておきましょう。

️男性に聞く彼女と出会ったところ

これは男性による男性の為の情報ですね。

実際に出会ったことがある場所ですから、信憑性も高いはずです。

ただしそこに行けば出会えるというものではありませんよ。

学校のクラスメート

学生ならば定番のクラスメート、これはもう鉄板ですね。

というよりも学生ならば、ほぼここになってしまうでしょうね。

クラスメート、同級生が最も身近で可能性が高い相手です。

部活の先輩や後輩

そして部活の先輩後輩となれば、もはや青春そのものですね。

学生はその学校内での出会いが日々、無数ともいえるほどあるので、社会人よりは、出会いが現実的ですよね。

もちろん学校内で出会いがなければ、かなり深刻にもなりますが、概ね学生が出会いに困ると言うことはなさそうに見えますよね。

サークル内恋愛

そして大学生ともなればサークルでの恋愛です。

趣味も合う、場所機会も頻繁にあるとなれば恋に困ることはないでしょう。

社内恋愛

本来はここで出会えるのが理想的ですよね。

ですが、会社はあくまで仕事をする場所なので、学生における学校とは意味合いが異なります。

もちろん学校は勉強する場所ではありますが、責任という意味では別物ですね。

仕事は会社に迷惑かけるかもしれませんが、勉強は個人作業ですからね。

責任が付いて回る会社での出会いと、学生における学校での出会いは似て非なるものです。

学生時代から付き合っていて、そのまま結婚ということもありえますし、社内恋愛のハードルは思ってる以上に意外と高いものでもあります。

遊びに行った学園祭で

こんなパターンもあるんですね。

出会いがないと嘆くよりまずは外での行動という今回のテーマに、ものすごく準じている行動ですね。

学園祭は誰でも入れますし、社会人の人でも、この場を活かすことができるかもしれませんね。

飲み屋で意気投合

酔った勢いというのは、誠実さにかけるものですが、これも実際にある話です。

飲んでほろ酔いになると、お互いに隙が生じますから、そこを上手くついて連絡先を交換するというのも、作戦としてはありですよね。

ただし飲み過ぎてよく覚えていないというのだけは絶対に回避しましょう。

共通の趣味を通じて

共通の趣味は、会話に花を咲かせますから、出会いから恋への発展がスピーディかもしれませんね。

さっきも書きましたが、例えばジム、例えばゲームなども共通の趣味ですし、出会いの場ににもなりえます。

こうした共通の趣味を通じて出会って、恋愛に発展するというのは頷けますよね。

バイト先の人

学校で出会いがない学生にとっては、かなり価値がある場所ですね。

同じような年齢であれば、共通の話題もあるでしょうし、バイト先で彼女ができたというのも非常に納得できる出会いですね。

もしバイト先でも出会いがなければ、行動範囲は一気に学校と家の往復だけとなります。

学生も楽ではありませんね。

習い事や予備校で

受験生なら予備校というパターンも確かにありますね。

予備校は学校より集中して勉強する場所ですから、そこで出会いがあったというのはかなりの幸運かもしれません。

出会いを求めて予備校に行く人はいませんからね。

習い事もまた結構出会いの場所として成立するでしょうね。

やはり共通話題というのは、大きなきっかけになってくれるものです。

駅でよく見かけていた

かなりの幸運というか奇跡と言えますね。

なかなか女性からは声をかけづらいでしょうから、ほとんどは男性から声をかけているのでしょう。

一種のナンパですが、駅でよく見かけていて、声をかけて成功するということは相手も気になっていたということですよね。

そんなことは伝わりようもないですから、そのタイミングで、声をかけて恋愛に発展したという事実はもう神懸っているといってもいいいでしょう。

このきっかけで末永く恋愛してるのであれば、その二人は間違いなく恋愛の神様に愛されていますね。

SNSで知り合って

これは現代ではあるあるなのかもしれませんね。

むしろSNSをそういう出会いの場として使っている人も多いようです。

️彼女との素敵な出会いがありますように…

真剣に考えれば考えれるほど、出会いは難しく感じられますね…。

ですが今回書いたように、まずは行動です。

きっかけはどこに落ちているか分かりませんよ!

そして一握りの勇気をふりしぼり、駅で見かけるあの子に声をかけたら…恋愛にならないとも言い切れません。

分別ある行動をしながら、ぜひ素敵な出会いが求めてくださいね!

【彼女欲しい人がやるべきことは、こちらの記事もチェック!】