CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

可愛い彼女が欲しい人はやるべき10個のこと


今あなたには、彼女がいますか?

もし、いないという人は、やっぱり彼女がほしいですか?

でも、彼女が欲しい!と思ってもなかなかできないのが実情ですよね。

一体どうしたらよいのでしょうか。

出会う機会がないし、自分はイケメンでもないからモテるはずがない、なんて諦めている方もいらっしゃるかもしれませんね。

この記事の目次

付き合うなら可愛い彼女と付き合いたい!

彼女が欲しい。

どうせならかわいくてやさしくて、みんなが羨ましがるような彼女が欲しいですよね。

可愛い彼女ができたら、どんな毎日が待っているのでしょうか。

周りに可愛い彼女を自慢したい


どうせ付き合うなら、可愛い彼女であるに越したことはないですよね。

自分はフツメンだからそんなに高望みはできない、なんて自信のないあなた。

世の中には結構、いわゆる『美女と野獣カップル』がたくさんいるのです。

女性の半数以上が、男性の外見にはこだわらないと言われています。

自分にはもったいないような可愛い彼女をゲットすることも夢ではないかもしれませんよ。

可愛い彼女を作ってみんなに自慢しちゃいましょう。

外見だけでなく中身も可愛いと鼻高々

外見には中身がにじみ出るもの。

見た目が可愛い女の子、中身も可愛かった! というパターンだと最高です。

笑顔が可愛くて愛嬌があって、優しくて性格が良い。

素直に感情を表現して、なにかしてもらったら喜ぶしお礼も言う。

なにか人から意見を言われても怒ったり反論したりする前によく話を聞く。

一緒に入ったお店でサラダを取り分けてくれたり、出るときに上着を取ってくれたりと気遣いがこまやかな女性だと、彼氏としても鼻高々です。

行動あるのみ!可愛い彼女の作り方

こんな可愛い彼女。

どうやったら作れるの? それはもちろん、行動あるのみです。

こうだったらいいな、ああだったらいいなと想像しているだけではなかなかチャンスはやってきません。

まず動いてみましょう。

幸運がやってくるのを待つよりも、あなたから積極的につかみ取りにいってみましょう!

①自分磨きをする

不細工芸人とされる人たちが可愛い彼女がいる、というケース、テレビなどで見かけますね。

男は顔だけじゃない、ということ。

このような芸人さんたちは、収入やトーク力、性格などの内面など、様々なセールスポイントがありますね。

あなたも、まずは自分磨きです! 今以上に魅力的なあなたになれば、可愛い彼女をゲットできる確率もぐんとアップするというもの。

彼女を作るだけでなく、人としての魅力もアップするのでやって損はありません。

清潔感が何より大事

顔がイケメンじゃないから諦める、芸能人の○○風のヘアスタイルに変える、ファッション雑誌を参考にして洋服を選ぶ、という人もいるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。

髪型やファッションも大事かもしれませんが、何より大事なのは清潔感なのです。

清潔『感』というだけに、実際に清潔にしているかがポイントなのではありません。

お風呂に入っていて、洗濯もきちんとしていて、歯磨きだって洗顔だって毎日している!のはもちろんのこと、そうしていそう、というのが重要なんです。

綺麗にしていそうだな、というのが清潔感ということになります。

では、どうしたら清潔感が漂うのでしょうか?
髪型は、おしゃれなヘアスタイルでフケなどもない、のも大事ですが、まずきちんと梳かしていて寝癖がないことです。

洋服も、着こなし方でだいぶイメージがかわります。

同じワイシャツでも、アイロンをかけてぱりっとしている真っ白なシャツと、よれよれしわしわで、首や袖に汗じみが残っているシャツだったら、たとえどちらも洗濯したてのシャツだとしても後者は清潔感がないですよね。

泥だらけの革靴より、真っ白なスニーカーの方が清潔に見えますし、伸び放題よりも短く切りそろえた爪が綺麗です。

あまり神経質にやりすぎるのもよくありませんが、肌荒れはクリームなどで保湿し、眉毛や鼻毛もぼーぼーにならないようにカットしておきましょう。

眉毛はかなりイメージが変わるのでお薦めです。

最近は眉毛専用のサロンもあり、男性も歓迎のところが増えていますよ!プロに整えてもらうとすっきりします。

自信を付ける

自分磨きをすることによって自然と自信がついてきた、という方もいらっしゃるでしょう。

自分に自信がない、という方は、なぜ自分に自信がもてないのかつきつめて考えてみて。

駄目だと思うところを改善し、良いとおもうところを伸ばしていきましょう!

魅力がひとつもない人なんていません。

あなたの魅力を邪魔してしまうのは、自信なさげな態度ということもあります。

自分自身をまず認めてあげましょう。

あなた自身をまずあなたが好きになって認めてあげるのです。

あなたの思う、あなたの良いところはどこでしょうか。

サッカーが得意、料理ができる、などあなたの長所を見つけて、どんどんのばしていきましょう。

自信をもって「料理は少し覚えがあるんだ」といえるようになれば、そこをきっかけにしてあなたの世界が広がっていくかもしれません。

知識をつけるために毎日一冊本を読む、筋肉をつけたいので毎日腹筋をする、など達成できそうな目標を設定し、まずは3日、次は7日、目標を続けて達成できるように努力してみてください。

できたらちょっとずつ期間を伸ばしていきましょう。

きちんと続ければ、気がつけば習慣化しているかも。

実績を積んだあなた。

本棚や鏡を見る度にちょっと自信がつくような気がしてきませんか?
是非その調子で頑張ってみましょう。

コミュニケーション力を身に付ける

彼女づくりだけに限らず、人間関係で大事なのはコミュニケーション能力ですね。

でも、コミュニケーションをとるのは苦手!という方も多いのでは。

うまくコミュニケーションを取れないと、お互いのことを知ることもできないので、信頼関係も生まれず人間関係がステップアップしていきにくいのです。

自信を持てたあなたなら、コミュニケーションも自信を持って、自分の魅力を武器に恐れずに会話をしてみましょう。

付け焼き刃ではないあなたの実績なら、価値観の合う女性なら必ず会話が弾みますよ。

挨拶を大事にする

基本的なことですが、「おはよう」「お疲れ様」「ありがとう」などの挨拶をきちんとするのは意外にも大切です。

挨拶をして返ってこないと、ちょっと不愉快な気持ちになりませんか?
些細なようですが彼氏として以前に、人としてどうか、というのが見えてきます。

お店の人には横柄に振る舞い、「お箸追加で」とタメ口。

持ってきてもらってもなにも言わずに受け取るような人よりも、「お願いします」と頼んで、持ってきてもらったら「ありがとうございます」「すみません」などとお礼をする人のようがとても素敵です。

こうしたことを大切にする人は、礼儀正しく真面目な人として好感度もあがりますよ。

②強みを活かして自信をつける

あなたには”強み”がありますか?

もしもないのであれば、これから見つけてみましょう。

反対に既にあるのであれば、それらを活かして自信を持った行動をしてみましょう。

優しさ

女性は優しい男性に弱いもの。

もしも、自分ってどこか弱弱しくて押しが弱いんだよな・・・なんて思っているあなたは”優しい”性格であることが多いです。

その優しさを惜しみなく女性にだして、優しい人と認定してもらいましょう。

面白さ

話をおもしろおかしく伝えることが出来るのであれば、それをもっと極めてみましょう。

ちょっとしたLINEでもクスッと笑えるような要素をいれたらこちらのもの!

筋肉

人って自分にはないものを持っている人に惹かれることが多いもの。

だからこそ、筋肉が自慢の方は少し筋肉が見えるような洋服を着てみたり、重い荷物を進んで持ってあげるといいでしょう。

筋肉自慢とともに『男らしさ」と伝えることが出来るかもしれません。

笑顔

女性は冷たい人よりも明るくて笑顔がステキな人が好きです。

それはあなただってそうなのではないでしょうか。

ですからいつでもニコニコしているように心がけましょう。

それだけであなたが受け入れてくれているような気がして、一緒にいる心地がよく感じるものです。

③出会いの場を作る

自分磨きをいくらしたところで、家に閉じこもっていては出会えるものも出会えません。

可愛い彼女を作るなら、まずは可愛い女の子に会うことが必要です。

積極的に行動する

合コンやパーティ、飲み会やお見合いなど、なんでも良いのでまず出会いを求めてみましょう。

恋愛目的の出会いでなくても、趣味のオフ会などでもOKです。

とにかく積極的に行動しましょう。

たとえそこで彼女に出会えなくても、可愛い女性との会話の経験を積むことができますし、その人の友達などひょんなところで繋がりが出て来るかもしれませんよ。

好みの女の子がいたら、どんどん話しかけましょう。

「固そうだから話しかけても無駄かも」なんて思わずにアタックあるのみです。

その女の子は緊張しているだけかもしれません。

いつも固そうだと思われてなかなか話しかけてもらえないと内心困っている可能性だってあるのですから。

節度をわきまえる

自分の得意分野だと、いいところを見せようとして延々と話してしまうのはよくやりがちな失敗。

うんちく野郎だと思われて敬遠されてしまいます。

紳士的に、けして上から目線にならず、相手の知識欲に応える形で話す必要があります。

積極的にしつつも、うざがられないよう距離感はほどほどを保ってください。

楽しむ事も大事

あまりいい格好をしようとするよりも、純粋にまずあなたが楽しむことが大事です。

女性はあなたが楽しんでいる姿を見て、微笑ましく思ったり惹かれたりするものです。

④気になる子とはすぐに連絡先交換

素敵だな、と思える女性がいたら、早速連絡先を交換しましょう。

聞きづらい、と臆していては機会を逸してしまいかねません。

電話番号や住所を聞くのは抵抗がありかもしれませんが、メールやSNSのアカウントなら比較的交換しやすいはず。

その人と付き合うかどうかまでその場で考える必要はありません。

知り合いが増えるのは損にはなりませんから、とにかくまず連絡先をゲットです。

連絡を取り徐々に距離を近づけていけば良い

焦って一気に距離を縮めようとするのは逆効果です。

急に近づいてくる人には警戒心を抱いてしまうもの。

逆に何度も話したり顔をあわせたりする内に、徐々に距離が縮まり好感度も上がっていきます。

お互いを知って、良いなと思えば次のステップに進めば良いですし、ちょっと彼女とは違うかなと感じたらお友達として仲良くしていけば良いのです。

連絡先が聞きにくいなら、聞き出しやすい状況を作る

「連絡先教えて!」の一言が言えないシャイなあなた。

連絡先を知ることがメインの目的ではなく、副次的なものになる状況を作りましょう。

たとえば、飲み会参加メンバーで意気投合して後日バーベキューに行こうという話になったら幹事を申し出て、詳細は後日連絡するね、とみんなの連絡先をゲットしやくなります。

気になる女性との会話でお芝居の話になり、あなたは一度も見たことがないけれど興味があって、何を観に行ったらいいのか初心者なのでよくわからない、という状況の場合、お芝居をよく見に行く彼女に今度相談に乗って欲しいと持ちかけてみます。

連絡先を聞きやすくなりますね。

好感触なら一緒に彼女おすすめのお芝居を観に行こうという展開も期待できます。

合コンなら、一斉に全員の連絡先を交換するようにするのも良いです。

相手の好きなものを学ぶ

自分の好きなものを相手が好きになってくれると嬉しいもの。

あなたの趣味の良さを相手にアピールするのも良いですが、相手の趣味をあなたが好きになるのも良いですよ。

付け焼き刃の知識ではなく、本当に好きになることができればお互いの世界が広がりますし、趣味の話をしているだけで時間がいくらあっても足りないほどに。

話題に困ることもありません。

「この前○○監督が好きだって言ってたから、○○監督の映画××を見てみたんだけど」と言えば、自分が話したことを覚えていてくれたんだ、と彼女も嬉しいですし、映画の感想で盛り上がることもできます。

「××が面白かったなら△△も面白いよ」というアドバイスが聞けたり、「だったら今度○○監督の新しい映画が公開されるから一緒に行きませんか?」とデートのお誘いに発展したりすることだってあるかも。

後悔しない様に動く

やっぱり連絡先を聞いておいたら良かった! ご飯に行こうって言われたのに断らなきゃ良かった! など、あとあと悔やむようなことはなるべくしたくないですよね。

本当に彼女に惹かれているのか。

彼女は本当に気立ての良い子か? などよくよく考えましょう。

ただ、後悔がまったくない人生というのも難しいもの。

やらずに後悔するよりは、やって後悔しましょう。

相手に迷惑をかけることは論外ですが、それ以外のことなら積極的に、思いつくことは出来る限り実行していきましょう。

⑤男らしさを忘れない

意中の相手を落とすときに、忘れてはいけないのは男らしさ。

我が物顔にふるまうのではなく、媚びるのでもなく、男らしくあなたらしく!

『男らしさ』は一番女性に評価される

男らしい人、というのは女性に評価されるポイントのひとつ。

ただ、男性が思う男らしさと女性が思う男らしさには食い違いがあることもあるので、その辺りは注意が必要です。

女性が男らしいと思う人は、約束を守る人。

口先だけで「じゃあ今度映画観に行こうか」と言って結局本当に行かない人よりも、「この前言ってた映画の前売り券手に入ったんだけど、週末空いてる?」と聞いてくれる人の方が男らしく感じますし、安心感があります。

潔い人も好かれます。

いつまでも過去のことをひきずっている人よりも、前向きな人の方が一緒にいても心地よいし頼りがいがあると感じます。

キャパシティの広さも男らしさを感じるところです。

電車が遅延していて「なんだよ折角なのに。

いつ復旧するんだよ。

映画間に合わないじゃないか」とぶつぶつ言う人は印象がよくありません。

駅員さんに文句を言いだしたらもうNG! ぐちぐち言っている姿は女々しく見えてしまいます。

想定外のことが起きても慌てず騒がず、余裕を持って決断してくれると男らしいなと思われます。

「10分待って動かないようならタクシーにしようか」「先に晩ご飯を食べようか。

映画は次の回をネットで予約しておくね」などの対応だと、デキる男!という感じですよね。

草食系より肉食系がモテる

男らしさにも通じますが、女性にとっては大人しい草食系よりも肉食系の方が頼りがいがあるように見えがちです。

大抵の女性は男の人からのアクションを待っていたり、男の人からのモーションが嬉しいと感じたりする傾向があります。

奥手で消極的、連絡先を聞くのもデートに誘うのも女性から、という草食系が好きだという女性ももちろんいますが、なにかあったときに頼れる男らしさ、積極性は魅力に映るもの。

リードされるのが好き、という女性以外は、肉食系で男らしく女性をリードしていきましょう。

⑥余計なプライドは捨て去る

プライドを捨てるのではなく、『余計な』プライドを捨てるというのが大切です。

誇りを持つことは大切なので、そこは誤解のないように!
余計なプライドとは、つまらないくだらない自尊心に縛られてしまうことです。

おしゃれな服を研究して着てみたいけど、ファッション誌を読むのはプライドが許さない。

自分からデートに誘うのはプライドが許さない。

女性に奢られるのはプライドが許さない。

相手の意見に従うのはプライドが許さない。

わからないことをわからないと認めるのはプライドが許さない。

などなど、余計なプライドのせいで本当はしたいのにおしゃれもできず、デートも相手から誘われるの待ち。

意見は聞かず俺様で、わからないと言えず楽しく会話もできない、なんてことになったらあなた自信も損をしてしまいます。

変なところで意地をはらず、「じゃあ今日はごちそうさま。次は俺が奢るよ」「その作家は知らないな。どんな本を書く人?」と素直に対応しましょう。

その方がお互いに気持ちよく過ごせるはず。

真っ向勝負する

変な小細工はせず、ありのままのあなたでぶつかってみましょう。

自分磨きをして自信も持てたあなたなら、あなたのどこが魅力なのかもうわかっているはず。

その魅力を存分に彼女に理解してもらいましょう。

『拒否され振られる』 という覚悟・心構えを持っておく

ネガティブな想像をするのは良くはありませんが、いろんなケースを想定しておくのは重要ですよね。

良い感じだと思っていても、告白したら振られるかも、デートに誘ったら断られるかも、というケースも頭の隅に考えておきましょう。

そして、「断られたらどうしよう」とびくびくして告白を取りやめるのではなく、告白して断られても想定の範囲内として打たれ強くなりましょう。

なんでも経験が必要です。

振られることはそれ自体は嬉しいことではないですが、経験として積み重なればより成長し素敵な女性を見る目を養うことができます。

あんまり思い詰めて恋をして、振られるなんて思いもよらず、振られてショックを受けてしまい立ち直れない、となっては大変です。

ショックが高じてストーカー化してはあなたにも相手にも良くないことになってしまいます。

断られる可能性、振られる可能性も想定して、自信と余裕を持って事に当たりましょうね。

⑦女性心を見抜けるようになる

人の心を読むのは難しいことです。

それでも、仲良くなってきたなら少しは見抜けるようになってくるのでは。

特に重要なのは『OKサイン』を読み取るスキル

たとえば髪に触るのは、女性がなにかを意識しているときだそうです。

ただこれは、プラスの感情ではなくマイナスの感情のときにも当てはまるので、彼女の目や表情を見て読み間違わないようにしましょう。

パーソナルスペースを越えて近づいてみたときの彼女の反応を見るのも手です。

嫌だと思っている人なら食事も来ないですが、友達としてしか見ていない、まだそこまではちょっと早いというときは、女性は警戒心を抱いてそれとなく距離をとるもの。

反対にくっついてくるようなら、OKサインと見ても良さそうですよ。

会話がどれくらい盛り上がるかも注意ポイント。

あなただけが喋っていて、彼女はどこか上の空で相槌を打っている、だとちょっと良くないかも。

反対にお互いに共通の話題などで盛り上がってどんどん話が膨らんでいくようなら脈ありかも?

以心伝心で最も喜ぶ行為が出来れば完璧

彼女とだいぶ仲良くなったあなた。

距離が近づくと、だんだんと彼女の考え方や感情、好みなどがわかってきますよね。

彼女の視線だけで、「あの靴欲しいの?」と気がついて買ってあげたり、今日は居酒屋じゃなくてフレンチにしようか、と提案したり、なんとなく以心伝心で彼女の気持ちを読み取る!
とても難しいし、空回りすることも無いとは言えませんが、正解だったときのポイントはかなり高いです!女性は運命的なこと、良いタイミングで訪れるものに喜びを感じます。

「なんで気がついてくれたんだろう! 嬉しい」と思った彼女は、「なんでも私のことをわかってくれるこの人は、私の運命の人なのかも……」なんて思うかもしれませんよ。

⑧女の子にとにかく気を遣え!

女性と行動するときには、必ず”とにかく気を遣うように”しましょう。

なかには「男が上にたたなきゃ意味がない!」なんていう俺様タイプの人もいるかもしれませんが、そんな男性をほとんどの女性は求めてはいないのです。

だって俺様タイプの人ってどこか怖いし、それに自分の意見を受け入れてくれないような気がするからなんですね。

そもそも恋愛とは、お互いがお互いを認め合い、お互いの意見を受け入れることが出来るからこそできるものです。

もしも、どちらか一方が・・・とくに男性がオラオラしているようでは、健全な男女関係を築くことは出来ないんです。

それに少しでもそのような傾向をあなたがみせたのであれば、それまではどんなに調子よく二人の関係がすすんでいたとしても、すぐにだめになってしまうでしょう。

女性は基本的に気を遣ってくれる人を大切にします。

それはあなたも同じでしょう?

だって、自分に気を遣ってくれている人ってどこか自分を大切にしてくれているような気持ちさえするからなんですよね。

気を遣うのに慣れていない・・・という方もいるかもしれないですね。

女性とあまり接したことが無かったり、これまでは自分がいつでも優位にたっていた場合などです。

もしも、本当にその女性とよい関係を築いていきたいと思うのであれば、ぜひともこれからご紹介することを実践してみてください。

どうしてそれが大切なのかの理由までもお伝えしているので、納得できるはずですよ。

些細な変化に気づいてあげる

あなたは、女性のちょっとした変化に気づいてあげられていますか?

ちょっとした変化とは、髪の毛を少しだけ切ったとか、トリートメントをしたとかマツエクをしたとか・・・いつもとはちょっと違うメイクをしているなどです。

男性って全体的に女性を見ているので、あまり女性の変化に気づけないんですよね。

でも、それでは女性は満足してくれません。

だって、あなたのために、あなたに素敵だと少しでもかわいくみられるためにそのようにしてくれているかもしれないのです。

それなのにその相手に気づいてもらえなかったらどう感じると思いますか。

かなり悲しい気持ちになってしまいますよね。

女性はオシャレを自分のために楽しんでいるものですが、それと同時に「かわいくみられる」研究をしているものです。

それもあなたという素敵な男性に少しでもよいと思われるために。

それなのに気づいてもらえないのであれば、女性の変化に気づいてくれる人のそばにいってしまいますよ。

だって、見てくれている人がいいんですから。

また、外見の変化だけではなく内面の変化にもぜひ気づいてあげたいものです。

女性によっては性格的に弱音を吐けない人、甘えることが出来ない人がいるものです。

「女性は甘えられるのが当たり前だ」なんて思っている男性は要注意!

もしも、今のあなたが気にかけている女性が少しもあなたの前で弱音をはかない、弱いところを見せないのであれば、あなたになにかしらの原因がある可能性があるんです。

「この人にはまだ内面をみせてはいけない」と警戒しているか、悲しいですが「この人は頼りない」なんて思われていることも。

些細な変化に気づき、それとなく伝えてあげましょう。

女性はちょっと落ち込んでいるときに「大丈夫?」と声をかけられるだけでとても元気になれるのですから。

女の子の行動を先読みする

女の子って急に別の話に切り替わるし、別のお店にいきたいと言い出すし、振り回されてしまってむかつくなんて思う男性もいるかもしれません。

しかし、その人があなたの好きになった女の子なんです。

それに毎回のように「あれしたい」「これしたい」と女性に言わせるのもいいですが、たまにはあなたが先回りして女性がやりたいと思うようなことを提案してみてはいかがでしょうか?

例えば、これまでのデートの中で決まって「食事のあとはトイレに行く」女性であるのであれば、自ら「トイレに行く」といい、その女の子もトイレにいけるような状況を作ってあげましょう。

また、ドライブしているときに彼女がSAやPAに寄りたいと言い出す前に「次のSAよろうか?」なんて一言いうだけでいいんです。

そうすると女性はあなたに対して、「なんでも分かる人なんだな」「気が合う人だな」なんて思うようになります。

しかし、女性がSAによりたいと思っているのに男性は思っていない・・・というのが毎回のように起こってしまうと、女性だけではなくあなただって「この人とは馬が合わないのかもしれない」と思うようになり、それまで順調だったお付き合いもダメになってしまう可能性があるんですよね。

たったそれだけ、少しだけ女の子の行動を先読みし、あなたから提案するだけで今よりももっと親密な関係を築くことができるんです。

相手の行動を先読みしたくないと思うようであれば、あなたはまだ人とお付き合いするほどまでに成長できていません。

そのような状態で誰かとお付き合いしてもあなたや相手が苦しい思いをするだけなので、まずは自分自身を磨いてから女の子にアピールするようにしましょう。

時には、あなたの心の成長もとても大切なんですよ。

小さなプレゼントをあげる

女の子にプレゼントをしたことがない方にとっては、どんなプレゼントをすればいいのか悩んでしまいますよね。

指輪か!?ネックレスか!?しかしダイヤモンドなんて買う予算はない・・・なんて思われているかもしれません。

そんなに高級なものではなくていいんです。

そのようなものは、きちんとお付き合いするようになってからすればいい話。

それにまだお付き合いしていない段階でそのような高級なものをプレゼントしてしまうと、「何か下心があるのではないか」と疑われることになってしまいます。

人って少しでも警戒心を抱くようになると、全てを疑うようになってしまうものです。

それに「お金の価値観があわない」なんて思われてしまうことも。

だからこそ”ちょっとしたプレゼント”がとても効果的なんですよね。

それは一緒に買い物をしているときに女の子が「これおいしいんだよね~」なんていっているスイーツ専門店のスイーツ。

それをその場で「今たべる?」なんて提案して、あなたがおごって一緒に食べるだけでいいんです。

あなたも相手もおいしいものを食べることが出来ますし、その感想を共有できますよね!

また、ちょっとした雑貨屋さんによっているときに女の子が食い入るように見ているものがあれば、どうしてみているのか聞いてみましょう。

そうするとたいていは、「買おうか迷ってるんだよね」なんていう返事がくるはずです。

そうなれば、そのものを買ってあげましょう。

プレゼント包装はしてもらわなくて大丈夫。

だってちょっとしたプレゼントなのですから。

そのようにすればあなたの出費もそんなに大きくなりませんし、なにしろ女の子の所有物にあなたが購入したものが増えていきます。

それを見る度に女の子はあなたのことを思い出すようになるんです。

それって嬉しいですよね!

それに思い出す回数が多いほどに「恋をしている錯覚」に陥ることもあるので、ぜひ活用してみてください。

会話では共感をしてあげる

女の子は会話が大好き。

もしもあなたの前で口数が減っている女の子がいるのであれば、極度に緊張しすぎているかあなたに話してもムダだと思っています。

前者であればどうにか改善することは出来ますが、もしも後者のように思われてしまっているのであればそれは問題ありです。

むしろ、そのままにしていたらあなたと女の子はお付き合いすることができないでしょう。

なぜ話してもムダだと思われるのでしょうか?

あなたも、誰かに話をしているときに「こいつに話してもムダだったな、話さなきゃよかった」なんて思うことがあるのではないでしょうか。

そういう感情になるときって、たいていは相手が話を聞く態度をしない、聞いているかのように見えるけれども返事がそっけない、そもそも「そんなつまらないことを話すな」なんて言われてしまうんですよね。

相手にとってはどうでもいい話なのかもしれませんが、あなたにとってはそれなりの価値のある会話だったはず。

それを真っ向から否定されたら、誰だって「もう二度とこの人には重要なことを話すのはやめよう」と思うようになります。

それは女の子だって同じです。

いつもにこにこしていて、なんでも受け入れてくれるような女の子だってそのような感情をもっているものです。

だからこそ、少しでも「興味がないな」と思うような内容であっても共感して聞いてあげるようにしてください。

そうするとあなたはしっかりと自分の話を聞いてくれていて、それに共感もしてくれる=気が合う=一緒にいて心地が良い、と思えるようになるんです。

女の子と仲良くなれるけれどもお付き合いまでいたらないのは、その共感力がないからかもしれません。

だって違う価値観を持ちすぎている人と一緒に過ごしてもお互いが苦しいだけ、というのを女の子は理解しているんです。

ちょっとした会話からそれを判断しているので、会話する際にはしっかり耳を傾け、共感するように心がけましょう。

どんなに「おかしい」と思うような内容であっても決して”真っ向から反対しない”こと。

それだけで「この人と一緒にいると否定ばっかりするし、つまらない」と思われるようになり、次回からのデートを断られてしまうかもしれないですね。

椅子や道を譲ってあげる

女の子と電車やバスでデートするときや、お店に入ったときなどには常に”レディファースト”を心がけるようにしましょう。

というのも、何をすればいいのか分からないですよね?

ずばり”席や道をゆずってあげる”だけでいいんです。

電車に乗り込んだときに一人の座席しかあいていないのであれば、あなたがどんなに疲れていても女性に座らせてあげましょう。

また、歩いているときもひとりでズカズカと前にすすまないこと。

まずは、女性の歩幅に合わせて歩き、そしてあいている道に女の子を誘導してあげましょう。

これは当たり前のことですが、できない男性が多いんですよね。

「むしろ女性は男についてこいや!」なんて思っている人もいますが、女性ははっきりいってそういう男性は好きではありません。

とくに現代では女性も活躍する時代になっているため、男性がいつも上の立場にいるという感情を出すだけでさようならの対象になってしまうこともあります。

女の子のことを一番に考えていれば、一人でずかずか歩いていってしまうことはないし、それに座席がひとつしかあいていないときにも自分だけ座るようなことはしないはずです。

そんな小さな優しさの積み重ねが女の子からのあなたへの評価をあげてくれます。

モテる男性というのはこれが普通に出来ているんですよね。

しかも、モテるためにやっているのではなく、相手のために自然にできてしまうのです。

あなたも心掛けていれば自然にできるようになりますし、なにしろ女性だけではなく年長者からの評価も格段に良くなりますよ。

率先して自分が動く

女性は男性にリードしてもらうことをどこか望んでいます。

というのも、ズカズカと最初に歩いてどこかに行ってしまう・・・というものではありません。

どこのお店に入ろうか迷っているときに候補をあげてくれたり、飲食店に入って冷水をもらえなかったときに率先して「お水ください」といえるような行動のことです。

最近では、草食系男子が増えているので自分で何か問題を解決しようとしない男性も多いんですよね。

そこで女性が率先して動いてしまうと「この男性は頼れるときに頼れない人だ」とマイナスな評価をされることになってしまいます。

それにその評価が一度されるとレッテルを貼られることになるので、なかなか覆すことはできません。

もうその時点で「この人とのお付き合いはないな」なんて思われてしまうことだってあるんです。

率先して何かを提案したりするだけで、あなたの評価もあがりますし、相手との関係も良好なものになります。

恥ずかしいかもしれませんが、女の子とお付き合いするための儀式だと思ってがんばってみましょう。

⑨女の子を助けてあげよう!

女の子と一緒にいるときには、出来る限り女の子の行動を手伝ってあげるようにしましょう。

これまでに誰かを手伝うということをしたことがない人や、人を手伝うのが苦手な人というのは「どこをどのように手伝えばいいのだろう」と悩んでしまうはず。

下手に手伝って「それはちがう!」なんていわれたらとても悲しいですものね。

ここでは、女の子に手伝ってあげるべき点をご紹介しています。

すぐにでもできるようであれば、すぐに実践してみてくださいね!

それも嫌な顔をして行わないこと。

もしも、少しでもあなたの表情に嫌な要素が含まれていたら、あなたのことを嫌な人として認定することになってしまいますよ。

仕事を手伝ってあげる

同じ職場、または違う仕事だけれどもお手伝いできる仕事があれば手伝ってあげましょう。

なかには仕事を全て一人で終わらせたいというプライドの高い女性もいるので、相手の性格を見極めてから行ってください。

期限が迫っているのになかなか終えられていない、または、スランプに陥っているような女性は内心誰かに手伝って欲しいと思っていることが多いです。

もしも、そのような傾向があったら「手伝えることある?」と聞いてみましょう。

その時、「手伝ってやるから」という上から目線の態度はやめましょう。

体調不良を心配する

女性って男性に比べて体調を崩しやすい面があります。

だからこそ、一緒にいるときにちょっとしたくしゃみや咳でも気にかけてあげてください。

少しでも体調が悪そうなときはムリをさせないようにするだけでも、女性は「大切にされているんだな」と思えるものです。

とくに「体調が悪い」と主張してくるときはかなり体調が悪いことが多いです。

しかしあなたに心配させないようにと元気に振舞っていることもあります。

少しでも体調不良が見受けられたのであれば、心配の言葉をかけたり温かくしてあげたり、消化に良い食べ物を食べさせてあげたりするといいでしょう。

重い荷物を持ってあげる

職場や学校で重い荷物を運んでいる女性がいたら、あなたが手伝ってあげましょう。

また、身長が足りなくて届かない書類を取ってあげたり、女性ができないことをやってあげましょう。

そこで男性らしさを見せることが出来れば、頼れる人としてあなたをみてくれるようになります。

⑩勇気と自信を持って告白する

一目惚れでいきなりの告白は、よほど相手の理想にあなたがどストライクでもない限り厳しいかも。

でもその半面、経過を大事に育ててお互いをよく知ってから、好感度をあげてからの告白は八割以上成功するといわれています。

2人きりでデートを重ねられる関係になれたら、次はいよいよ告白。

こんなに仲良しになれたのだから、勇気と自信を持って思いを伝えましょう。

行動力が大切

彼女を作るときだけではなく、友達や仕事の関係などでも同じことが言えるのですが、とにかく行動力が大切です。

注意深く見ていると、彼女がいる、仕事ができる人というのは大抵フットワークが軽いもの。

良いと思ったことはすぐに行動にうつしましょう。

チャンスの神様は前髪しかないとも言いますし、面倒くさがったり躊躇したりせず、即座にぱっと動くようにしてみてください。

失敗を恐れて動かないで後悔するよりも、前向きに行動してみましょう。

断りやすい告白の仕方を!

思い詰めて思いの丈をぶつけるのですから全力でぶつかってしまいそうなところですが、ここはちょっと大人になって、一歩引いて余裕を持って告白しましょう。

「結婚してください」のような重めの告白だと、いくら好感触の相手でもひいてしまう可能性があります。

ライトな感じで、相手が困ったら冗談だったと持っていけるくらいの言い方の方が、万が一断られたときあなたも気まずくなりにくいし、なにより告白の後も良い友人関係を気づける可能性が高くなります。

落とし方の知識を腐らせることなく 実践で使うことが肝心

いろいろ勉強したとしても、実際に使わないことには宝の持ち腐れです。

是非できることから実践してみてください。

十人十色、必ず成功する告白というものはありませんが、頑張ってきたあなたならなにか結果を残せるはず。

うまくいくことを願っています!

ページトップ