今回のテーマは「こじらせ男子の特徴」です。

一言でこじらせ男子といってもどうやらそのタイプは、かなり幅が広いようですね。

まずはこじらせ男子の意味をご説明いたしましょう!

️こじらせ男子とは?

大まかなタイプを説明しましょう。

まずは極端に恋愛に奥手なタイプです。

これは恋愛に興味がないのではなく、「自分が誰かに好かれるわけがない」とネガティブになっているからです。

なので、当然恋愛経験も少なく、女性とのコミュニケーションの取り方を知りません。

服装やファッションにはとにかく興味がないようですね。

服は生活上しかたなく着ているだけ、という認識だそうです。

でもその理由は「かっこつけてる」などと思われるのが嫌だから、だそうです。

実はプライドが高いのでしょうね。

大人数や体育会系のノリをものすごく嫌う人も多いようです。

自分のコミュニケーション能力欠如は自覚してるようですが、大人数の中では、明確すぎる劣等感を感じてしまうので嫌なんだとか。

体育会系のノリをする男子は、ノリがいい、コミュニケーション能力が高い、モテるという要素を持っているからでしょう。

自分の失敗を延々と引きずり、どんどんネガティブ度を引き上げる人も多いようですね。

そして、「どうせ俺なんて」と愚痴り、どんなに周囲がフォローしても聞く耳を持たないのでしょう。

その割には、自分の趣味に関してはかなり饒舌になり、突然水を得た魚のごとく、テンションアゲアゲで、語り始める人もいます。

もし相手がそれについて興味がないということを知ると、途端に今度は貝のように口を閉ざすことも。

自信がないのに、プライドが高くて、コミュ障なのに趣味では饒舌で、自分を卑下してかつ他人も信用しない。

まさにこじれてますよね。

以前流行ったこじらせ女子


そもそもはこちらが元祖のようですね。

本やドラマで有名になったのが最初なのでしょう。

ではついでに元祖こじらせの女子もご紹介しましょう。

男子と同じで、女子も極端にネガティブな考え方をしているようです。

自分の女子力にまったく自信がなく褒められてもお世辞にしか感じないようです。

女であることは自覚していても、女としての魅力は皆無と完全に思っているのです。

おかげで恋愛の仕方、その努力の仕方も全く免疫がなく、どうしたらいいか分かりません。

結局は果報は寝て待つという、ただの受け身になってしまうのです。

当然キラキラしてる「モテ女子」は大敵です。

圧倒的大差で負ける自信があるので、勝負する気もないようです。

もし、友達になると、自分が気を遣うのが分かりきっているのでできれば友達にもなりたくないようですね。

寂しさにも慣れていて、家に早く帰りたいと思ってる人も多いみたいです。

家に帰れば、本や映画などの世界に没頭できるので、余計な現実を感じなくて済むからなのでしょう。

どんなに寂しくても寝れば新しい一日が必ずやってくる、と、妙に爽やかな自信だけは持っています。

こじらせ男子とあまり変わらないかもしれませんね。

▼【関連記事】「こじらせ女子」についてはこちらをチェック!
こじらせ女子の20個の特徴とは? →

️こじらせ男子の16個の特徴


では具体的にこじらせ男子の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか?

1.素直になれない

素直になれない以上に、素直になる気もないと言った方が的確ですね。

自分で素直じゃないと自覚していても、それを悪いこととは感じていないようです。

その根本が、全てのコミュニケーションを困難にしていることも、まったく問題視していないという人が多いかもしれません。

素直になれないことを周りのせいにしてしまうような人もいます。

好意も捻じ曲げて受け取る

もし女子が好意を持っても、お世辞か冷やかしにしか感じないようです。

自分なんかが好意を持たれるはずがない、という一種の哲学を彼らは持っています。

2.空気が読めない

読めないのか読まないのか、定かではありませんが、空気を読んでいない行動をするのは確かですね。

「どうせ自分は今この場で浮いてますよね。ええ、分かってますよ。でも、自分…不器用なもんで。」という自覚はあるのかもしれません。

ある意味、空気に合わない行動ができるというのは勇気があるとも言えますから、妙な覚悟やプライドはやはり持っている、ということなのでしょう。

3.優柔不断

ネガティブですから判断力は皆無でしょう。

どちらか一つを選べず、考えてるうちにどうでもよくなる、というパターンなのでしょう。

まあ、そんな自分も自分だし、とでも考えているかもしれません。

【優柔不断については、こちらの記事もチェック!】

4.余計な一言が多い

普段特に積極的に発言するタイプではないようですが、余計な一言だけは発することも。

そんな一言に周りは不快な思いをすることもあるでしょう。

余計な一言を発するということは、つまり「脳内ではきちん意見が固まっている」ということでもあります。

それを発するのは、プライドからか、空気が読めないせいか…こればかりは本人にしか分かりません。

5.視野が狭い

自分の趣味にはどうやらかなり深い知識があるようですから、自分の目に映るものは、能動で追うこともできるのでしょう。

ただしそれが自分の視界限定、なのでしょう。

6.考え方が偏っている

考え方がかなり偏っているので、自分に合っているものだけ肯定し、あとは全否定、という傾向もあるようです。

他人の意見を素直に受け入れることができないのも、考え方が偏っているからでしょう。

7.保守的

こじらせているのはネガティブなメンタルですが、この保守的な考えもかなりのポイントのようです。

つまり、絶対に傷つきたくない、失敗したくないという、恐れがあるのです。

傷つきたくないから、他人となるべく関わらず、自分の世界に閉じこもるのでしょう。

8.自分の世界がある

上記の保守的な自分の逃げ道がここです。

そこだけが自分にとってのリアルな世界なのでしょう。

困った時、いや困らなくてもすぐこの世界に逃げ込んで、現実世界との縁を切ってしまうから、色々とこじれるのでしょうね。

自分の世界があるのは良いことですが、そこに逃げ込んではいけません。

9.自信がない

ネガティブで自信がない、というのはよく分かります。

そしてそういう人はけっこういると思います。

彼らはネガティブなのにプライドが高いから、やっかいなんです。

自信がないなら、いっそのことその誇りも捨てられれば楽なのかもしれません。

10.人を信じられない

これがこじらせ系の根本なのでしょう。

他人を信じられないため、恋愛も上手くいかないのです。

自分のことを好きだと言ってくれる女性が現れたとしても、それを信じることができないため、恋のチャンスを逃してしまうのです。

11.傷つきやすい

他人の意見は気にしないようにみえて、実は人一倍傷つきやすいのがこじらせ男子です。

人を信じられないのも傷つきたくないからという思いが根本になるからでしょう。

こうして自分が傷ついてしまうかもしれないことからは、いつもすぐに逃げてしまうのです。

12.理屈っぽい

これは多分、コミュニケーションをとっていなくても、脳内では自分の理屈で情報を処理しているからでしょう。

普段積極的に表現しないので、端的な表現性に欠けるのが原因です。

13.プライドが高い

こじらせ男子はプライドが高く、自分に自信もないため、ひねくれた性格に見えてしまうのかもしれません。

人から意見やアドバイスを言われても、プライドが邪魔をして素直に聞くことはできず、高圧的な態度をとってしまうこともあるかもしれません。

そんな態度に周りの人はとっつきにくいと感じ、あまり良いイメージを抱かないことでしょう。

14.理想が高い

プライドに直結するような部分ですね。

理想の前に現実を見なさい!と一喝したくなりますが、こじらせ男子は自分の中の理想を絶対に曲げることができないのです。

なかなか恋愛できないのもこのせいかもしれませんね。

15.恋愛経験が少ない

中には好感を持つ女子もいるかもしれませんが、基本的にこじらせ男子は恋愛をする気がありません。

また、理想の女性が現れたとしても、自分からアタックすることはないでしょうから、恋愛経験はかなり少ないでしょう。

16.いちいち面倒くさい

これはこじらせ男子の周りにいる人たちが日頃感じていることかもしれませんね。

これらの特徴に当てはまるこじらせ男子がそばにいたら、誰でも「いちいちめんどくさいな…」と思ってしまうのも仕方ないことなのかもしれません。

ですが、本人は気付いてない部分もあるので、もしこじらせ男子を変えたいと思うのであれば、時には本人にはっきりと言ってあげることも大切です。

️こんなこじらせ男子には注意!

こじらせ男子の特徴はいかがでしょうか。

もし自分に当てはまっているという男性がいるなら、今日から見直してみてはいかがですか?

こじらせていても何も良い事がありませんし、前に進めません。

人間関係も恋愛もきっと上手くいかないことでしょう。

こじらせ男子を抜け出したいと思うなら、自分の意志で変わっていきましょう。