こじらせ男子…苦笑。

その言葉からして、すでに何かをこじらせますね笑。

今回のテーマは「こじらせ男子の特徴」でございます。

僕自身今回はこじらせていきたいと思っております!!←なぜっ!?

一言で「こじらせ男子」といってもどうやらそのタイプは、かなり幅が広いようですね。

根本的な意味合いは

めんど…

…繊細すぎるということでしょうか苦笑。

この特徴、同じ男としては、まさに「苦笑」なのですが…苦笑。

まずは「こじらせ男子」の意味をご説明いたしましょう!!

️こじらせ男子とは?

こじらせているのですから、かなり問題ありなイメージを持ってしまいますが…

色々調べると、懸念は確信へと変わりました笑。

かなりこじれていますね笑。

大まかなタイプを説明しましょう。

まずは極端に恋愛に奥手なタイプです。

これは恋愛に興味がないのではなく、「自分が誰かに好かれるわけがない」とネガティブになっているからです。

なので、当然恋愛経験も少なく、女性とのコミュニケーションの取り方を知りません。

服装やファッションにはとにかく興味がないようですね。

服は生活上しかたなく着ているだけ、という認識だそうです。

でもその理由は「かっこつけてる」などと思われるのが嫌だから、だそうです。

実はプライドが高いのでしょうね。

大人数や体育会系のノリをものすごく嫌う人も多いようです。

自分のコミュニケーション能力欠如は自覚してるようですが、大人数の中では、明確すぎる劣等感を感じてしまうので嫌なのだそうです。

体育会系のノリをする男子は、ノリがいい、コミュニケーション能力が高い、モテるという要素を持っているので、もはや「親の仇レベル」に匹敵するほど憎いそうです笑。

自分の失敗を延々と引きずり、どんどんネガティブ度を引き上げる人も多いみたいですね。

「どうせ俺なんて」と愚痴り、どんなに周囲がフォローしても聞く耳を持たないようです。

特技は「卑下の上塗り」といったところでしょうか笑。

の割には、自分の趣味に関してはかなり饒舌になるそうです笑。

突然水を得た魚のごとく、テンションアゲアゲで、語り始めるらしいです。

もし相手がそれについて興味がないということを知ると、途端に今度は貝のように口を閉ざすのだそうです笑。

大まかに言うと、こんなところでしょうか。

いやあ…

めんどくさいですね!!←言っちゃった…。

しかもめんどくささマックスレベルですね!!

自信がないのに、プライドが高くて、コミュ障なのに趣味では饒舌で、自分を卑下してかつ他人も信用しない

まさにこじれてますね!!すごいですねえ!!誰ですかね最初に表現した人は!!

「こじらせ」なんてうまい言葉でよく表現したものですねえ。

←そこに感心??

やはり端的に言えば、繊細でネガティブということなのでしょうね…。

…これは相当にやっかいですよ…。

以前流行ったこじらせ女子


そもそもはこちらが元祖のようですね。

本やドラマで有名になったのですね。

すいません…全然知りませんでした苦笑。

ではついでに元祖こじらせの女子もご紹介しましょう。

男子と同じで、女子も極端にネガティブな考え方をしているようです。

自分の女子力にまったく自信がなく褒められてもお世辞にしか感じないようです。

女であることは自覚していても、女としての魅力は皆無と完全に思っているそうです。

おかげで恋愛の仕方、その努力の仕方も全く免疫がなく、どうしたらいいか分からないそうです。

結局は果報は寝て待つという、ただの受け身になってしまう、とのことです。

当然キラキラしてる「モテ女子」は大敵です。

圧倒的大差で負ける自信があるので、勝負する気もないようです。

もし、友達になると、自分が気を遣うのが分かりきっているのでできれば友達にもなりたくないようですね。

寂しさにも慣れていて、家に早く帰りたいと思ってる人も多いみたいです。

家に帰れば、本や映画などの世界に没頭できるので、余計な現実を感じなくて済むから、だそうです。

どんなに寂しくても寝れば新しい一日が必ずやってくる、と、妙に爽やかな自信だけは持っているそうです笑。

…男子とあまり変わりありませんね笑。

これは男だから、なのでしょうが…やはり女子の方がまだ可愛げがあるように思えますが…どうなんでしょう笑。

…いや…実際にいたら、苦手に思っちゃいますかねえ苦笑。

「こじらせ」というくらいですから、まず会話しててもこっちの意図がシンプルに伝わらず、こじれて伝わるのでしょう。

これはもうコミュニケーションとして、致命的ですよね…。

何を言っても上手く伝わらないなら「だったらもういいや」と会話を諦めてしまうことも多々あるでしょう。

そして「こじらせ系」にはこれが一番ダメらしいです。

←めんどくさいなっ!!

相手のこの「諦めた感じ」が一番傷つくのだそうです…。

の割に、褒めても卑下、自分からは積極的にならない(趣味は別)

のであれば、周囲はどうしたらいいのでしょう!?

この対策は、思った以上にみんな練っているようですね。

要約すると「とにかく危険物のような扱いをする」とのことでした笑。

乱暴に扱っては絶対にいけません。

取扱い注意、割れ物注意的に、大事に大事にコミュニケーションをとるのはもはや必須だそうです。

お説教やダメ出しはもってのほかです。

一気に心を閉ざし、その後のコミュニケーションをより困難にしてしまうからです。

こっちの意見を伝える時は、少しずつ少しずつ、段階を踏みながら、伝えるようにしないと、すぐそっぽを向いてしまうのだそうです。

イメージ的には「ものすごくワガママな動物」みたいな感じですね…。

これは周囲は大変でしょうね!!

個人的には出会ったことがないので(運がいいことに)、対応したことはないのですが、想像するだけで、ちょっと腰が引けますね笑。

多分僕なら放置してしまうかもしれません…。

でもこの放置もNGだそうです…。

もう

知らんがなっ!!というツッコミをしたくなります笑。

こじらせ系とはつまり

ひねくれかまってちゃん

という存在ですね!!

【こじらせ女子について詳しく知りたい人は、こちらの記事をチェック】

男子にもこじらせタイプがいる…?

これは衝撃の事実ですよ!!ほんとにいるんですね!!(だからこのコラムを書いてます)

職場でいたら、先輩や上司はどういった対応をしてるんでしょうね…心中お察しします…。

かなり冷たい言い方をするなら、接点がない限り、こじらせ男子がどう思おうと、放置しておけばいいでしょうね。

自覚がない、もしくは自覚があってもネガティブで直そうとしないのであれば、全ては自己責任です。

この世界では一人で生きていくことはできないという過酷な真実を痛感していただきましょう。

完全に自分と他人に甘えてるわけですから、それを周囲が義理と責任をもって繊細に扱う必要は全くありません。

むしろその甘えを許すから、彼らはかろうじて生きていけてるのです。

その甘えを痛感してもらう為にも、必要以上にクモの糸を垂らすのは止めましょう。

問題は職場にいるなど、接点がある場合ですね…面倒と思ってても、コミュニケーションをとらざるを得ない場合です。

調べてみると…

周囲がとてつもなく気を使って接していることが判明しました笑。

そしてその周囲の努力は本人は全く分かっていないようです。

どうも「そこまでやってもらって当然」と感じている節すらもありますね…。

甘えですね怒。

率直に申し上げますが…

同じ男としてこういう男は僕は極端に苦手です!!

でもこういうタイプを好きになる女子もいるそうです。

いやあ、世の中分からないものですねえ…。

一体どこがいいんですかねえ…←余計なお世話だっ!!

そんな不愉快な気持ちを抱えた僕が出来る限り綿密にリサーチした、より具体的な特徴を挙げてみたいと思います!!

️こじらせ男子の17個の特徴


17個…

特徴ありすぎでしょ!!とツッコミもしたくなりますが、ほんとにこれほどまでにあるのですよ…。

そして全特徴が

めんどくさい特徴です笑。

では勢いでどんどん挙げていきます!!

1.素直になれない

素直になれない以上に、素直になる気もないと言った方が的確ですね。

自分で素直じゃないと自覚していても、それを悪いこととはまったく感じていないようです。

その根本が、全てのコミュニケーションを困難にしていることも、まったく問題視していないみたいですね。

素直になれないのは

この世界が面倒だから

とでも言いたげです。

面倒なのは世界ではなく君ですよ!!

好意も捻じ曲げて受け取る

もし女子が好意を持っても、お世辞か冷やかしにしか感じないようです。

自分なんかが好意を持たれるはずがない、という一種の哲学を彼らは持っています。

でも…

実際どうなんですかねえ…女子から好意を持たれて嫌なはずはないでしょうから…

言い続ければ、案外すぐ陥落するんじゃないですか??笑。

2.空気が読めない

読めないのか読まないのか、定かではありませんが、空気を読んでいない行動をするのは確かですね。

どうせ自分は今この場で浮いてますよね。

ええ、分かってますよ。

でも、自分…

…不器用なもんで…←大物俳優かっ!!

という自覚はあるのかもしれません。

ある意味、空気に合わない行動ができるというのは「勇気がある」とも言えますから、妙な覚悟やプライドはやはり持っている、ということなのでしょう。

3.優柔不断

ネガティブですからね!!判断力は皆無でしょうね笑。

どちらか一つを選べず、考えてるうちにどうでもよくなる、というパターンでしょうね。

まあ、そんな自分も自分だし…

とでも考えているんでしょうかねえ…。

【優柔不断については、こちらの記事もチェック!】

4.余計な一言が多い

普段特に積極的に発言するタイプではないようですが、余計な一言だけは発するようですね笑。

余計な一言を発するということは、つまり「脳内ではきちん意見が固まっている」ということでもあります。

それを発するのは、プライドからか、空気が読めないせいか…。

こればかりは本人にしか分かりませんね。

いずれにせよ…

ちょっと腹が立ちますね笑。

5.視野が狭い

自分の趣味にはどうやらかなり深い知識があるようですから、自分の目に映るものは、能動で追うこともできるのでしょうね。

ただしそれが自分の視界限定、なのでしょう。

とてつもなく狭い視界の中、例えるなら「四畳半の洞窟」で生きている絶滅危惧種

のようなものですかね笑。

6.考え方が偏っている

どうやら彼らは、けっこう他人を見下している部分もあるそうですよ??

腹立ちますねえ笑。

考え方がかなり偏っているので、自分に合っているものだけ肯定し、あとは全否定、という傾向もあるそうです。

…腹立ちますねえ笑。

7.保守的

こじらせているのはネガティブなメンタルですが、この保守的な考えもかなりのポイントのようです。

つまり

絶対に傷つきたくない、失敗したくないという、恐れがあるみたいです。

傷つきたくないから、他人となるべく関わらず、自分の世界に閉じこもるのでしょう。

なので、周囲の方は、あまり関わらないようにしましょう。

そのプライド高い「自分だけの世界」に閉じこもったまま、現実社会でどこまで生きていけるのか、ぜひ実践していただきましょう。

8.自分の世界がある

上記の保守的な自分の逃げ道がここです。

そこだけが自分にとってのリアルな世界なのでしょう。

困った時、いや困らなくてもすぐこの世界に逃げ込んで、現実世界との縁を切ってしまうから、色々とこじれるのでしょうね。

自分の世界があるのは良いことですが、そこに逃げ込んではいけません。

9.自信がない

その割にプライドが高いというのが謎なんですよねえ!!

自信はないけど、誇り高いんですよ??メンタル構造が理解できませんね…。

ネガティブで自信がない、というのはよく分かります。

そしてそういう人はけっこういると思います。

彼らはネガティブなのにプライドが高いから、やっかいなんですよ!!

自信がないなら、いっそのことその誇りも捨ててください、と言いたくなります笑。

10.人を信じられない

これがこじらせ系の根本なのでしょうね。

他人を信じられない理由は主にこれです。

「どうせこいつらは…」

他人を見下しているのですよ怒。

よくもまあここまでの弱点を抱えて他人を見下せますよねえ、感心しますよ。

…いや…感心は嘘です。

やっぱり腹立ちますね笑。

11.傷つきやすい

…めんどくさっ!!

もはや「いい加減にしてよ!!」という特徴だけがここに羅列されてますね笑。

傷つきやすいから、保守的になり、自分の世界に逃げ込み、こっそりと他人を見下している

というわけですか…。

自分なんか誰かに好かれるわけがないというネガティブ発言には僕は大賛成ですね笑。

君が好かれることはありえませんよ!!

…でもそうとも限らないんですよねえ…

好きになった女子に聞いてみたいですね。

どこに魅力を感じたのかを…。

12.理屈っぽい

これは多分、コミュニケーションをとっていなくても、脳内では自分の理屈で情報を処理しているからでしょう。

普段積極的に表現しないので、端的な表現性に欠けるのが原因です。

同じ理屈っぽいでも、長話好きな上司とは、だいぶ意味合いが違います笑。

13.ちょっとキモい

これまた身もふたもない…笑。

いや、もうこれはちょっとどころのレベルではありませんよ…

ファッションも全く興味ないんですよ??極度のネガティブですよ??よく

「どうせ自分なんて…」という言葉を口にするんですよ??

充分キモいです!!

…と本人に言うのも完全NGだそうです苦笑。

14.プライドが高い

問題はとにかくこれですよ!!

これが、多分最もやっかいなこじらせ原因です。

プライドが高い人は一般人でもなかなかやっかいですが…

自信なくこれですからねえ…

どうやってそのプライドを維持してるのか、直接本人に聞いてみたいものです。

15.理想が高い

こじれますねえ…笑。

プライドに直結するような部分ですね。

理想の前に現実を見なさい!!

と一喝したくなります。

ちなみに一喝も完全NGだそうです笑。

16.恋愛経験が少ない

それはそうでしょうね笑。

中には好感を持つ女子もいるでしょうが…

基本無理ですよね??

これでもし「モテ男子」なら…

僕もなんとかこじらせてみます笑。

自分からアタックすることはないでしょうから、恋愛経験はかなり少ないでしょうね。

17.いちいち面倒くさい

ええ。

もう、今回はこれを一番言いたかったんですよ…。

はっきり言って、結論はこれだけです。

いちいちめんどくさいんですよ!!

️こんなこじらせ男子には注意!

注意も何も放置しましょうよ放置笑。

接点がなければ、ですが…。

どうしてもコミュニケーションをとる場合は「危険物扱い」しましょう。

下手すると爆発しますから、充分にご注意を…。

…いやあ、今回は書いてるだけでめんどくさくなってしまいましたよ笑。

最後にかなり批難めいたことを書いてしまったお詫びを。

失礼しました。

今回はあまりに本音を書きすぎました笑。