コミュニケーションツールや連絡手段としてLINEを使っている方は多いと思います。

友達や家族、気になる異性などプライベートな間柄だけではなく、職場の同僚や先輩など仕事関係の連絡で使っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

気軽に送れてテンポよくやり取りができるのでとっても便利なLINEですが、一方で悩まされる事が多いのが「既読無視」問題です。

既読無視をする理由とは?既読無視をされた時はどう対応すればいいの?などなど、悩んでしまう事も多いと思います。

もしかして嫌われているのかなとネガティブになってしまう方もいれば、別に気にしない、という方もいらっしゃるかも?

返信をもらうためにどんな方法が効果的なのかを考えるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

拗ねて冗談っぽいスタンプを送ってみたり、話題を変えてメッセージを送ってみたり、ストレートに理由を聞いてみたりなど色々な作戦があると思います。

実は、既読無視された時にはしつこく追及しないで、その事に関しては諦めるのがおすすめです。

その理由についてまとめてみましたので、既読無視をされると返信が欲しくてどうしてもモヤモヤと悩んでしまう…という方はぜひ参考にしてみて下さいね!

既読無視とは?

LINEで送られてきたメッセージを確認すると「既読」というマークがつきます。

既読無視とは、送ったメッセージに既読が付いていて相手がメッセージは確認しているのに、返信が来ない事をいいます。

返信を楽しみにしているのに返信がもらえないと寂しいですし、もしかして嫌われているのかなとネガティブな事を色々と考えて悩んでしまいますよね。

相手が既読無視をした理由が分からないため、不安になったり、場合によってはイラっとしたりと、どちらかというとマイナスな感情を生みやすい行為といえるでしょう。

中にはあまり気にしないという方もいると思いますし、必ずしもマナー違反だったり非常識な行為というわけではありませんが、そこは人それぞれの価値観が分かれるところだと思います。

似たような状況で「未読無視」というものあり、こちらは既読がつかない未読の状態のままでスルーされるという事です。

未読と言っても必ずしも読んでいないとは限らず、短い文章の場合はトークの一覧ページやロック画面で確認できてしまいますので、メッセージは読んだけど既読マークを付けたくないのでそのままにしているという場合もあります。

今やみんなが使っているLINE


LINEとは無料でメッセージをやり取りできたり、音声通話ができるサービスです。

ゲームやマンガなどのサービスもあり色々と楽しめるサービスですが、メインとなる機能は「トーク」というメッセージ機能です。

トークはチャット形式になっており、自分や相手のメッセージが送った順に同じ画面にずらーっと表示されるので、テンポよくやり取りする事ができます。

一対一のやり取りの他に、グループを作って複数のメンバーでトークをする事もできます。

友達同士だけではなく、仕事関係や、お子さんがいる方であればPTAなど親同士の連絡や学校行事の写真を送り合う時などに利用している方も多いと思います。

便利で使いやすく、何と言っても無料で使えるという事で、コミュニケーションツールとしてはかなり利用人口の多いサービスと言えます。

近頃では、相手のLINEは知っているけどメールアドレスは知らない、という関係もあり得るくらい、かなりメジャーなサービスとなっております。

メッセージが読まれると「既読」がつく

LINEの特徴的な機能に、メッセージが読まれると「既読」がつく、というものがあります。

メッセージが送られてきたトーク画面を開くと、送られてきたメッセージを確認したとみなされ、既読マークがつくのです。

通常のメールでメッセージを送った場合には、相手にちゃんと届いたのだろうか、と不安になる事もあると思います。

しかしLINEの場合は既読マークがつく事によって、相手にメッセージが届いて相手がそれを見た事が分かるので、安心感があります。

ぱっと既読が付くと相手が今それを読んでいるんだなという、リアルタイムに繋がっている感覚も楽しむ事ができます。

「既読」がついても返事がないこと


既読が付いているのにもかかわらず返事が来ないという事があります。

メールをしていても、送ったのに返信が来ない、という事はありますよね。

ただメールの場合ですと、もしかしてサーバーのエラーなどでメールが届いていないのかも?という部分を心配する事もあると思います。

そもそも相手に届いていなくて相手がメッセージを読んでいないので返信が来ないという可能性があるのです。

しかしLINEで既読が付いているという事は少なくとも相手はメッセージを確認しているという事なので、読んでいるのに返信が無い、という状況になります。

読まれている事は分かっているのに返信が無いという事で、返事をくれない理由を色々と考えてしまいます。

この事が色々と不満や不安などもやもやした感情を生む原因になってしまうのです。

「既読」機能は便利!

LINEの既読機能は結局便利なの?不便なの?という点について言えば、基本的にはとても便利な機能と言えます。

メールや手紙などにも言える事なのですが、相手に何か送った時に心配なのは「相手に無事に届いているのか」という点です。

仕事関係など重要な場合は特に相手に届いたかどうかが心配ですし、確認のために電話をするという事もありますよね。

LINEの既読機能は相手に確認を取らなくても、自分の目で見て相手が読んだかどうかが確認できるので、とても便利な機能です。

ただ中には、既読が付くとすぐ返事をしなければならない気がするので苦手、と感じている人もいるかもしれません。

急かされているような気がして気が重いのでLINEはやりたくないという、断然メール派の方もいらっしゃると思います。

返事がなくても読んだ証拠

既読が付いているという事は、とりあえずそのメッセージが相手の目には触れていると考えられます。

もし返事が無かったとしても、既読が付いているのは相手がそのメッセージを読んだ証拠と言えます。

誰かに頼まれて連絡事項を伝えた場合などは、とりあえず義務を果たしたという事でホッとできる事でしょう。

届いたほうは読んだことを返事をしなくても伝えられる

既読が付くと送った方は相手がメッセージを読んでくれたことが確認できますが、一方で、届いた方にもメリットがあります。

それは、返事をしなくてもメッセージを読んだ事を伝えられるという点です。

スマホで文字を打つ操作に慣れている人はほぼ数秒でぱぱっと返信できますが、字を打つのに時間がかかってしまう人や、文章を考えるのにが苦手な人などは、返事を作成するために時間がかかってしまいます。

そのため、忙しくて、メッセージを読む事は出来たけど返事をする時間が無い、という場合もあり得るのです。

例えば信号待ちの時にメッセージは確認出来たけど、信号が変わって歩き出したのでスマホを操作していられなくなったので返信はできていない、という事もあると思います。

当日会う予定の相手との待ち合わせ時間や場所の変更など急ぎの用事の場合、とりあえず既読がついていれば相手に伝わっているという事で、送った方も安心する事ができます。

既読無視された気持ちは?

既読無視
とても便利な「既読」機能ですが、この既読機能があるために「既読無視」という問題が起こる事があります。

既読無視をしてしまった方にはその人なりの言い分や事情があるとは思いますが、既読無視をされた場合、された方はどんな気持ちになるのでしょうか?

ポジティブな気持ち

まずはポジティブな気持ちになるパターンを紹介します。

既読無視をされてネガティブになりがちな方からすると、ポジティブな気持ちになるってどういう事!?と思われるかもしれませんね。

ネガティブな感情だけではなく、良かった、と思える場合もあるんですよ。

何事もポジティブに考えられるのは素敵な事だと思います。

読んでくれたみたい!

既読がつくと、返信が無かったとしてもとりあえずメッセージを読んではくれている事が分かります。

メールでのやり取りの場合、何らかのエラーで相手にメールが届いていなかった、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

メール届いた?と確認したい気持ちもありますが、メールは届いているけど相手が返信していない状態の時は、何だか気まずい雰囲気になったり返信をせかしてしまったようで申し訳ない気持ちになってしまいそうです。

LINEの既読機能は、メッセージが無事に相手に届き開封されたという事が確認できるので、無事に届いているし相手の目に触れたという事が分かり、「読んでくれたみたい!」と安心する事ができます。

最近連絡してないけど読んでくれて良かった!

長い間連絡を取っていない人から連絡が来ると、わー久しぶりだな!と嬉しい気持ちになる事ってありますよね。

でも一方で、戸惑ったり、突然何だろう?と警戒してしまう事もあると思います。

もしかして面倒な頼みごととかだったら嫌だな…と思うと、見なかった事にしようという気持ちも働いてしまうかもしれません。

既読を付けてしまうと読んだ事がばれてしまいますし返事を催促される可能性もありますので、既読を付けずに放置しておこうと考える人もいると思います。

久しぶりにメッセージを送る方もある程度は「もしかして返事をもらえないかもな」という覚悟をしている場合があると思います。

それでも既読が付くと、読んでくれたんだ、読んでくれてよかった!と嬉しい気持ちになると思います。

ネガティブな気持ち

既読無視をされるとこちらの気持ちになる方の方が多いのではないでしょうか。

何だかもやもやした気持ち、寂しい気持ち、不満…そんなマイナスな感情が心の中で渦巻いているのではないでしょうか!?
特に、好きな異性に送った時には返信を楽しみにしている気持ちが大きいので、返事が来ない時のガッカリも大きいものになる事でしょう。

「読んだのにどうして返事くれないの!?」と、寂しいを取り越して苛立ちを生んでしまう事もあります。

読んだのに返事しないのかな?

人によって何かをするペースというのはかなり差があります。

LINEやメールの返信をささっと済ませる人もいれば、時間が経ってから返信をする人もいます。

基本的には読んですぐ返信をするという人からすれば、既読が付いているのに返信が来ない、というのはちょっと不思議な感覚なのかもしれません。

「読んだのに返事をしないのかな?」「どうしてだろう?」「何かあったのかな?」と、疑問がわいてくるかもしれません。

スマホで文字を打つのが苦手で時間がかかってしまうから後回しにしてしまう、という人や、なんて返事をしようか悩んでしまいすぐに返信できなかったりで、すぐにぱぱっと返信をする事が苦手という人もいるものです。

しかしすぐに返信する人からすれば、読んでさっと返事してしまえばいいのでは?と疑問に思う所かもしれません。

忙しいのかな

既読が付いているのに返信をもらえないと、何だかもやもやした気持ちになります。

「どうして返事をくれないんだろう」という気持ちが不満になり、だんだんと相手へのイライラに変わっていく事ってありますよね。

そんな時に、きっと忙しくて返信できないんだな、と考える事で自分を納得させて気持ちを落ち着かせる事ができます。

LINEの返信ができないほど忙しいの!?と言いたくなる場合もあるかもしれませんが、もともとぱぱっと返信が出来ないタイプの人であれば、少しは時間が取れる時でも、返信は後でゆっくり時間が取れる時にしようと考えます。

忙しければスタンプをポンと送るだけでもいいんじゃない?という考えの人もいると思いますが、スタンプを1つ選ぶのさえ時間がかかってしまうとか、スタンプだけの返信だと失礼に思われてしまうかも、と考えてしまうのです。

了解、などの短いメッセージやスタンプだけでもいいから早く返信をもらいたいという人もいれば、返信に時間がかかってもいいから長いメッセージがもらいたいという人もいると思います。

既読されたら諦めたほうがいい!8個の理由

好意を持っている相手から既読スルーされると、不安な気持ちでモヤモヤしたり、不満な気持ちでイライラしたりとマイナスな気持ちになってしまうものです。

こっちは返信を楽しみに心待ちにしているのに、どうして読んだのに返信をくれないのだろう、理由を知りたい、と思ってしまいます。

プライベートだけでなく、仕事仲間や先輩、上司などに連絡した時に既読無視をされた時も、もしかして嫌われた?と不安になる事もあると思います。

結論を言うと、既読スルーをされた時は深追いはせず諦めた方が良いです。

これは恋愛に限らず仕事にも言える事です。

メッセージを送ったのに返信がもらえないと、大抵の人は返信が欲しい、と思うものですよね。

送ったからには返信が欲しいものです。

既読スルーというのは、その気持ちを分かっていながら返信しない、または返信できないという事ですので、何らかの理由があるという事です。

そしてその理由によっては、既読無視を責めたり返事を催促する事で関係が悪化する事が多いのです。

既読無視をするのはどういう理由が考えられるのかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

1.返事ができないほど忙しいから

LINEの返信ができないほど忙しい状況というのはあるものです。

日中ですと仕事中でバタバタしていると状況は想像しやすいですが、夜になっても仕事が終わらなくて時間の余裕が無いという事も考えられます。

相手の状況が分からなくても、お昼休みや休憩時間なら時間が取れるんじゃない?と思ってしまいそうですよね。

けれど休憩と言ってもトイレに行くくらいで、お昼ご飯が食べられないほど忙しい、という状況もあり得ます。

周りが忙しく働いている時にまさかスマホをいじって個人的なLINEの返信をする訳にもいきませんので、さっと確認はしたけど返信ができない、という状況も仕方が無い事です。

返事より優先することがある

物事には優先順位があります。

例えば仕事中ですと、よほどの事情が無い限り一番に仕事を優先させる事でしょう。

他にも友人同士の飲み会の席では、LINEの返信よりもその場にいる友人たちとの会話を優先させるというのは納得できる事です。

忙しくて返事ができないというのは、返事よりも優先してやらなければならない事があるという事なのです。

悪気があって既読無視をしている訳ではありませんし、そんな状況の時に相手を責めたり催促するようなメッセージを送るのは相手を追い詰めてしまう事になります。

2.連絡がくることを好んでないから

ここからは、相手が意図的に既読スルーをしている場合の理由が続きます。

忙しいから返信できないという理由に比べるとちょっとダメージが大きくなると思います。

まず、既読無視をするのは連絡がくることを好んでいないから、という可能性があります。

メッセージを返信するとまた返信が来る事が考えられますので、連絡が来る事をあまり好んでいない場合は返信をしない場合が多いのです。

連絡がきても嬉しくない

好きな人から連絡をもらうと嬉しくて、またメッセージを送ってほしいからわくわくしながら返信をするものです。

逆に、苦手に思っている人から連絡をもらうと全く嬉しくないものです。

むしろちょっと嫌だな、面倒だな、と思ってしまうかもしれません。

そんな時には、メッセージは読むけどそっと既読スルーにしてしまう事もある事でしょう。

返信をするとまた連絡が来る可能性がありますので、やんわりと距離をおこうとしている行動ですね。

それに気付かずメッセージを送り続けても相手はうんざりしてしまいますし、返事がもらえる望みは薄いでしょう。

3.返事をしたくないから

返事をしたくないから返事をしない、というストレートな理由が存在します。

相手が好きな人だったらとてもショックなのですが、こちらはあまり好かれていない、という事もあり得ます。

しかしその人から完全に嫌われているとは限らず、メッセージの内容が問題だった可能性もあります。

もしかしたらメッセージの内容が答えたくない内容の質問や話したくない事だったのかもしれません。

連絡を取り続けたくない

LINEを返信するとやり取りが続く可能性が高いですので、その話題に触れたくなかったり、その人とやり取りを続けたくないと思うと、返信をしないものです。

相手の事が好きだったり会話が楽しければ、やり取りを続けたいと思い、自分の方で返信を止める事はあまりしないと思います。

返信を送らないというのは、やり取りをここで止めたいなあ、と思っている可能性があります。

そもそも相手の事が好きじゃないという理由の他に、嫌いなわけではないけどやり取りが楽しくない、だらだらと続いているのでそろそろ切り上げたいなどという場合も考えられます。

4.関わりたくないから

積極的にコミュニケーションを取りたいと望んで連絡しているのに相手からこう思われていたら、かなりショックですよね…。

送られてきたメッセージの内容がどうとか言うよりも、その人と根本的に関わりたくないなあと思っている時に既読スルーされる事があるようです。

返事をすることですら嫌だと思っている

これ以上この人と関わりたくない、接点を持ちたくないという気持ちで、返信をせずにスルーするという状況があります。

そっけなく短い返信をしたりスタンプだけで済ませる事も出来ますが、それすらも面倒だったり嫌だと感じている時には既読無視をしてしまう事でしょう。

もしかしたら以前ケンカをしたり嫌な事があったのかもしれませんし、好意を向けられているけどその気が無いという事をやんわり伝えようとそういう事をしているのかもしれません。

5.返事の内容を考えているから

既読スルーをするのは何も相手を嫌っている場合だけではありません。

逆に、相手に嫌われたくない、好感を持たれたいと意識するあまりに、返事の内容を一生懸命考えてくれているかもしれません。

もともと誰に対しての返信にもじっくり時間をかけて考えてから送るタイプの人もいますので、それはその人のマイペースという事で、返信を急かさない方がいいでしょう。

慎重に返事をしたいのかも

相手の気持ちを考えてどういう返信がベストなのかじっくり考えて慎重に文章を考えているのかもしれません。

気軽に送れてテンポよくやり取りができるのがメリットのLINEですので、長すぎる文章は読みにくく感じるものです。

出来るだけ短く簡潔に伝えようと文章を削ったり、誤解を招くような言い方になっていないかと文章を読みなおして確認したりなど、1つのメッセージに真剣に向き合ってくれている誠実な人なのです。

しかし返信する内容を打ち込んでいる途中に相手から追加のメッセージが送られてくると、また文章を考え直さなければならず、全てが面倒になって返信を止めてしまう事もあり得ます。

6.すぐに返事をしなくてもいいと思っているから

送った方が思っているほど、返信を重要と思っていない場合もあります。

電話ではなくメールやLINEで連絡するという事は、返事はいつでもOKという意味だと受け取っているかもしれません。

たしかにどれくらいで返信するべきだという決まりはありませんし、自分のペースで返信をするものですが、送った方と送られた方のペースが違うと不満が生じてしまいます。

急ぎの内容でなければかまわない⁉︎

緊急の用事ではなく雑談などの場合、今じゃなくてもいいだろうと思い、一応読んではいるのですが返信を後回しにしてしまうかもしれません。

後で送ろうと思っているうちにその事をすっかり忘れて、完全な既読スルーをしてしまう事も。

これは送ってきた相手の事が嫌いと言う訳ではなく、むしろこの人ならすぐに返信しなくても怒らないだろうという信頼があるからとも言えます。

意外と親しい間柄にも起こりえる既読スルーですね。

全く悪気はなく、そもそもLINEに対してそれほど興味が無いのかもしれません。

返信をそれほど重要だと思っていないので、責めるような言い方をしたり返信を催促すると、なんか面倒だなと思われてしまうかもしれません。

7.返事をする時間がなかったから

時間が無い、という理由は一番納得できますし、嫌われている訳ではないので安心できますよね。

既読スルーされた、と悲しんでいる時も、もしかしたら相手は時間に追われてバタバタしているのに時間を割いてメッセージを確認してくれたのかもしれません。

そんな時に返信が無い事を責めたり催促するようなメッセージやスタンプを連続で送ってしまうと、さらに焦らせてしまったり、イライラさせてしまう事になります。

もしかしたら後でゆっくり返信しようと思っていたのに、それが原因で返事をするのをやめたという事になってしまうかもしれません。

相手の状況が分からない時は追い詰めてしまわないように、対応に気を付けた方が良さそうです。

読む時間はあっても返す時間はないとき

「読む時間があるならぱぱっと返してくれればいいのでは?」「返信するのにそんなに時間かかるかな?」という意見もあるかもしれませんが、読む事は出来ても返事を打つ事ができない状況というのがあるものです。

例えば会議中や食事会の途中など、ぱっとメッセージを読む事は出来ても、その後返信をするほどの余裕が無かったり、スマホをポチポチしているのが見つかるとあまりよろしくない状況というのもあります。

信号待ちや電車が来るのを待っている時なども、信号が変わったり電車が来たりすると歩きながらスマホを操作するのは危険ですし、立ち止まっていると迷惑になってしまいます。

本人は、既読を付けたからには早く返信しなければ、と焦りを感じているかもしれません。

読む時間はあっても返す時間が無い時というのは存在しますので、相手を焦らせて追い詰めてしまわないように気を付けた方が良さそうです。

8.わざと既読無視をしているから

既読スルーの中で一番というくらい傷付くのは、わざと既読無視をされるという事ではないでしょうか。

これは既読スルーをされると不安だったり寂しい気持ちになるというのを十分に理解した上で、わざと既読無視をするというものです。

送ったメッセージの内容に原因があるのかもしれませんし、この人と関わりたくない、そっとしておいてほしいなど、何らかの理由があって既読無視をしています。

触れられたくない内容だったのかもしれませんし、もしかしたら返信に悩むような、返しづらいLINEを送ったために面倒に思われたという可能性もあります。

迷惑だと思っている

LINEのやり取りをしたくない時は、返信しないというのが効果的です。

もう送ってこないでなどとはっきり言ってしまうと相手の怒りを買いますし、自分が悪者になってしまいますので、あまりはっきり言う人はいないと思います。

無視していればそのうち送ってこなくなるだろうと、既読無視で無言のアピールをする人が多いのではないでしょうか。

一度既読無視をされたくらいですと、もう一度違う内容で送ってみたり、冗談っぽいスタンプを送ってみる事もあると思います。

それでも既読無視が続くとさすがに、もう送らない方がいいのかな…と思いますよね。

迷惑だと思っていても無視はせずにとりあえず返信はするけど、その内容がとてもそっけないという人もいると思います。

そこで迷惑がられているのかな、と気付かずにメッセージを送り続けると、相手はもう既読無視するしかなくなります。

そっけなくても返信が来るならばまだ少しは希望を感じられますが、それが完全なる既読無視になると、距離を置きたがっている気配がしますよね。

迷惑だと思っている相手にメッセージを送り続けても関係が良くなるとは考えにくいです。

むしろますます嫌われてしまいそうです。

まとめ

メッセージを送る時は返信がほしいものですので、返事が来ないと寂しいですよね。

既読スルーされた方は不安だったり寂しかったりするので被害者意識を持ってしまい、「どうして返事をくれないの?」「そんなに忙しいの?」と相手を責めたくなる気持ちにもなると思います。

しかし既読スルーをされた時にメッセージを送り続けても、状況が良くならない事が多いのです。

むしろ、しつこくする事で相手をイラつかせたり、嫌われてしまう危険性が高いです。

既読無視をされたからといって相手から嫌われている、とは限りません。

仕事中などで本当に忙しくてバタバタしている時や、外出先であまり長い間スマホを見ていられない時などもあります。

そんなに忙しくてもとりあえずメッセージを読んでくれたんだな、と前向きに考えてみると優しい気持ちになれるでしょう。

そもそも返信をするという習慣があまり無いという可能性もあります。

読んで既読がついたので、確認済みという事で後はOKだろうと思っているかもしれませんし、とても面倒くさがりだったり、LINEでのやり取りが好きじゃないのかもしれません。

嫌われたらどうしようと思いつつ我慢できなくて返信を催促してみたら、ただ単に忘れていただけ、という拍子抜けするような理由という事もあると思います。

ただ、返信を催促したり責めたり何度もメッセージを送り続けるというのは、相手をうんざりさせてしまう可能性が高いです。

既読無視をされた時は深追いせずに諦めるのがおすすめです。