CoCoSiA(ココシア)

波長が合う人の8個の特徴。異性だと恋愛に発展しやすい!


波長が合う人とは、一緒にいると心が癒されて安心感があったり、自然体でいられるため恋愛にも発展しやすい傾向があるようです。

どんな人のことを波長が合うというのか気になりますよね。

この記事では、波長が合っているカップルの特徴や異性の特徴などをご紹介します。

波長が合う人を見つけたいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

出会えたら運命かもしれませんよ!

この記事の目次

️波長が合うと恋愛に発展しやすい?

ある人に、「恋愛の時には相手との波長が合っているかどうかがポイントよ」と教えてもらったことがあります。

波長の合う相手を探せば、恋愛は上手く行くのでしょうか?そしてその後の結婚生活も上手く行くのでしょうか?

波長が合った二人が恋愛から結婚に至ることはよくあることだと思いますが、幸せな結婚になるかどうかは別の問題になります。

結婚は恋愛感情以外にも、お互いの家庭環境や経済状況・生活習慣など様々な要因が絡んでくるからです。

しかし、こと男女の関係となると、波長が合うことによって恋愛に発展することは多いと思います。

逆に、波長の合わないカップルの恋愛は、成立しないか成立してもすぐに破綻してしまうのではないでしょうか。

️波長が合うと感じる異性の特徴8個

「この人とは波長が合いそうだ」と感じるのは、どんな時でしょうか?

また、この人なら波長が合いそうだと判断する時の特徴とは、どんなことでしょうか?

ここでは、波長が合うと感じる異性の特徴についてまとめてみました。

1.一目見てビビッとくる

波長が合うと感じる特徴のひとつに一目見てビビッとくるというものがあります。

芸能人ベストカップルのインタビューで、お互いに初めて出会った時の感想を聞いた時のコメントです。

「この人を一目見てビビッときたの!」と表現していました。

一目見てビビッとですから、時間にして数秒間、いや1秒以下の一瞬の出来事のようです。

一目見ただけで言葉をかけていない間に、波長が合うことを判断したようです。

また、例えばたくさんの異性の集合写真の中から、短時間で自分の好みの異性を探すことはできます。

ただし写真では、顔や髪、服装などの雰囲気から判断するだけで、プロポーションや趣味、好みなどはもちろんわかりません。

写真と違って二人が直接出会ってお互いを認識する場合、写真だけで見る時よりも多くの情報を得ているのでしょう。

また、今までの交際経験や人との交流経験で、人を見る目が養われているのでしょう。

そのことを踏まえて、波長が合いそうだとビビッと感じることは、お互いの波長(相性や信頼など)が一致しそうだと感じることと、これまでの経験からこの人なら自然体で飾らずに付き合えると思ったからだといえます。

ちなみに、面接やお見合いという場面での第一印象は、5割以上が見た目による印象で決まるそうです。

正確には、視覚(見た目)からの情報が55%、聴覚(声・話し方)からの情報が38%、言葉(話し方)からの情報が7%で、第一印象が判断されるのだそうです。(米国の心理学者アルバート・メラビアンの報告)

このことは、先ほどの芸能人カップルの話にあったように、出会って一瞬でビビッとくる感覚と同じだと思います。

これが波長が合うということなのでしょう。

2.”なんとなく”を感じる

波長が合う特徴のひとつが、一緒にいても気を遣わなくていいという感覚です。

ごく自然に付き合えることができるのです。

二人がまったく違った趣味を持っていて、それぞれが違った時間帯で過ごしているのに、「なんとなく」を感じてしまうのです。

趣味が合うとか合わないとかでなく、波長が合う二人はなんとなくお互いを信頼し合い、認め合っていけるのです。

周りの人達は頭で理解できなくても、波長の合う二人は平気なのでしょう。

3.話していて楽しい

波長が合う人とは話していて楽しいと感じる傾向があります。