あなたは日常的に体験する様々な物や事に関して意義をもって捉えていますか?

様々なことに対して意義を持つということはそう簡単にできることではありません。

自分自身に意義を持つという事を癖付けさせなければできるようなことではないからです。

様々なことに対して意義を持つという事は人生においてもとても大切な事です。

意義を考えながら生活をしていると、物事の本質がみえるようになっていき、最終的に自分自身の人生の意義についても見つけられるようになるはずです。

自分自身の人生に意義を見付けているという方は少ないはずです。

日常の物事に対して意義を持つ癖を身に着けていない方は人生に関して意義を見付けられるわけがないからです。

そもそも意義を持つという事自体がよくわかっていない方もいるかもしれませんね。

そこで、今回は意義をテーマにして、意義とはどういうものなのか、そして物事に意義を感じながら生きている人の特徴や人生の意義について簡単にご紹介していきたいと思います。

日常を何も考えずに過ごしている方、自分の人生に意義が見つけられない方には必見の内容ですので、少しでも疑問を感じたり、理解していない方はこの機会に自分の人生の意義を考えるきっかけにしてみてください。

意義を大切にして生きていますか?

先ほどご紹介したように日常の様々なことに対して意義を大切にして生きている人は少ないと思います。

日常の些細なことに関していちいち考えたりするようなことをしていれば時間がいくらあっても足りないからです。

しかしあなたは自分の人生がどんな意義を持っているのかということが気になりませんか?
自分は何のために生きているんだろう、自分の人生って一体何だろうと悩んだ経験をした事がある方は少なくありません。

言ってみれば自分自身のアイデンティティと言い換える事もできるかもしれませんね。

せっかく一度きりの人生を今あなたは生きているのですから、自分の人生をどういうものにしたいのか、どういう意味を持たせたいのかということを考えることはとても大切なことです。

様々なことに意義を持つことによって、時には初めて自分の人生に意味を持たせることができる場合があります。

だからこそ自分の人生の意義を見つけるために、様々な事に対しての意義を見付けるようにしてください。

意義を考える事によって、はじめて気付かされるようなものがあるかもしれません。

また、意義を考える事を癖づけていると今の自分から一段階成長した自分へと変化させることも出来ます。

それを踏まえた上で、まずは意義とはいったい何だろうかという事から考えて頂きたいと思います。

意義という言葉の意味を正しく理解し、正しく身に着ける事によってはじめて意義の概念を知る事ができるようになります。

意義とは?


そもそも意義とは一体何なのかと考えた時に意義という言葉には複数の意味が存在しています。

意義という言葉自体が若干抽象的で何を指し示しているのかわかりづらい言葉でもある為、わからない方やわかりにくいと感じている方が多いのは当然の話です。

まずは意義という言葉の意味を正しく理解し、それから物事の意義、そして人生の意義について詳しくご紹介します。

1.物事の価値

まずはじめにご紹介する意義という言葉の意味は「物事の価値」という意味です。

ちょっと難しい言葉で説明すると「物事が他との関連において固有にもつ価値」を指し示していると捉えることが出来ます。

難しく考える必要はありません。

単純に私たちが日常的に使っている価値という言葉で置き換えて考えてみると分かりやすいと思います。

価値という言葉で考えてみると、私たちが体験している日常の様々なものに価値があると考えることができます。

例えば私たちが食事をする時にはテーブルの上にはたくさんの料理が並んでいますよね。

これも考えてみれば一つの価値が存在するものと捉えることができます。

例えば先ほどご紹介したように物事が他との関連において持つ価値を考えた時に、食べ物や料理は自分自身のおなかを満たしてくれる価値ある存在として考えることが出来ます。

もっと本質的な事を考えてみると、その食べ物や料理を食べることによって、使われている食材が持っている栄養素を自分の体に摂取することができると考えることができますよね。

このようにして物事の価値についてより深く掘り下げて考えてみることによってそこにはたくさんの自分自身にとって大切な知識が隠れていると捉えることができます。

例えば料理を掘り下げて考えてみると、食材の価値、それはお腹を満たすものであり、必要な栄養素を取得できるものであり、その栄養素が自分の体においてどのような良い効果を与えてくれるのかという価値などが発見できるようになります。

そういったものをたくさん考えて、興味をもって捉えていくとたくさんの引き出しを持てるようになります。

このように考えながら日常を過ごしていくこと、ただ出された料理を自分の胃の中に運ぶだけの作業として捉えてしまう人間とでは知識の差が大きく差が生まれていきます。

料理に限定してお話をしましたが、これは料理に限った話ではなく日常に存在している物事全て共通することです。

意義という言葉にはこのように物事の価値というとても大事な意味が存在しているのです。

2.物事の重要性


次にご紹介する意義という言葉の意味は「物事の重要性」という意味です。

先ほどご紹介したように私たちは日常的に様々な物事を経験しています。

そしてその物事に関しては様々な価値、そして重要性が存在していると考えることが出来ます。

もちろんこれは人によって考え方が違うかもしれませんね。

自分にとってはこの物事は価値があると捉えることができるが、他の人からしてみれば全く価値がないように考えられるかもしれないというものは存在しています。

このように人によってその物事の重要性が違うからこそ価値観の違いというものが生まれていくのです。

それは自分自身が今存在している環境であったり、これまでに育ってきた生活環境や身の回りの人間による影響がとても大きいです。

他人と全く同じ考え方であったり、価値観を持っている人間はほぼいませんよね。

それはこれまでの人生で経験してきた事が人によって違うからなのです。

しかし突き詰めて考えてみれば人によって考え方が違うだけであって、実は全ての物事に意義が存在していると考える事も出来ます。

先ほどご紹介したようにある人はこの物事に対して重要性を感じているが、他の人は別のことに重要性を感じているという風に、必ずしもたくさんの人間がその事に対して重要性を感じていないだけであって、少数派でも重要性を感じていればそれは意義が存在する事になるのです。

つまり多いか少ないかの差なだけであって、考え方次第ですべての物事の重要性を見出すことが出来るという事です。

これを踏まえて考えてみると、やはり私たちの日常で体験する様々な物事に積極的に意義を考えられる人間は魅力的な人間であると考えることが出来ます。

「意味」とはどう違うの?

簡単に意義という言葉の持っている意味についてご紹介していきました。

意義という言葉もっている意味を考えてみると、「意味」という言葉とかなり似ていると感じる方が多く存在すると思います。

具体的に意義という言葉と意味という言葉の違いを説明できる人間は少ないと思います。

しかし厳密にご紹介するとこの二つの言葉は違う意味を持っています。

では具体的にどのような違いがあるのかと考えた時に、改めて二つの言葉の持っている意味を比べてみましょう。

「意義」は「物事が持つ価値や重要性」という意味で、「意味」が持っている意味は「言葉や記号などが表す内容、物事が持つ価値や重要性」という意味になります。

なので共通する意味は持っていますが、わかりやすく説明すると意義を英語一言で表せばWHYになるのです。

そして意味はWHATになります。

つまり、WHY(なぜ)とWHAT(何)という違いです。

つまり意義は、なぜそれが必要なのか、なぜそれが存在しているのかというような解釈で進めることが出来ます。

そして意味はそれは何なのか、という解釈で進めることが出来ます。

似ている言葉ではありますし、日常会話の中では同じように解釈したり、同じような意味で言葉にすると思いますが、よく考えてみると違う言葉なんです。

でもわかりやすく例を出して考えてみましょう。

例えば「食事」という事をテーマにして考えてみます。

食事の意味は、食べる事、そして意義は生きるために食べると考えることが出来ますね。

もっと難しい言葉で表現するならば、食材を調理して食べる事が意味、そしてそれぞれの食材の栄養素を食べる事で摂取し、生命活動のエネルギーとして蓄える、とでも表現してみると明確に違いが分かるようになると思います。

全てのことに意義がある

先ほどご紹介したように全ての物事に関しては本来考え方を変えてみれば意義があると捉えることが出来ます。

その物事の意義を感じられるか感じられないかは自分の考え方次第ということです。

だからこそすべてのことに対して意義を感じて、見つけて、それをよりたくさん理解するようにしていただきたいという事です。

全ての物事に対して意義を感じながら生活している人と、日常の様々なことに対して意義を感じないで生きている人はちょっと話をしただけで全く違います。

意義を感じながら生きている人は物事の本質を捉えることが可能であり、話もとても上手で面白いはずです。

なぜならばたくさんのことに意義を感じる過程の中で培った知識の引き出しがものすごくたくさん存在しているからです。

日常生活全ての事に関して考えていると普通の人がわからないようなことでも、意義を感じている人なら幾度となく考えているのでスムーズに答えを出すことが出来るようになります。

視野も広くなりますし、まさに良い事しかありません。

あなたも全てのことに意義を考えながら生きていきたいと思いませんか?
おそらくこれまでに見てきた景色などがまったく変化するようになると思いますよ。

自分自身を大きく変える可能性がありますし、周りの人間から魅力的に思われる可能性も高くなりますので、意義をもって身近な物として考えてみてください。

「意義」を使った例文

意義という言葉に関して関連した内容をご紹介していきましたが、これまでご紹介した内容を理解していただければ、ある程度意義がどういうものであり、どういう意味を持っているのかという事がお分かりいただけたと思います。

しかし、意義という言葉を完全に理解していただくために、ここからは意義という言葉を使った例文についてご紹介していきたいと思います。

日常生活の中で意義という言葉を普段から使っている方はそこまで難しく感じないかもしれませんが、日常生活の中で意義という言葉をあまり使わない方はもしかしたら間違った使い方をしてしまう可能性もありますので、この機会に意義という言葉の正しい使い方を身につけてください。

1.これは大いに意義のある仕事だ

まずはじめにご紹介する「意義」を使った例文は「これは大いに意義のある仕事だ」という例文です。

この例文の意味を考えるためには、先ほども紹介した意義という言葉の持っている意味を考えて頂き、それを意義という言葉の部分に代入して考えていただければわかりやすいと思います。

改めて意義という言葉のもっている意味は「物事の価値・物事の重要性」という意味が存在しています。

これをあてはめて考えてみると、この例文は「これは大いに物事の(価値・重要性)がある仕事だ」という意味を持っていると理解することが出来ます。

ただいま具体的にどのような状況でこの例文を使うことができるのかと考えた時に、例えばあなたが営業マンだったとして、今度大企業の方に対してプレゼンを行い、そのプレゼン次第では取引をしてもらえるという話が舞い降りたとします。

それは会社にとっては大企業との取引を始めることができるという大きな価値がある仕事になりますし、営業マンにとっては仕事で成功をおさめる大チャンスという重要性がありますよね。

なので、会社にとっても個人にとっても大きな意義のある仕事だと感じられるので、そのような場面で用いられた利するような例文です。

もちろん物事の価値や重要性は人によって大きく変化します。

例え小規模な仕事の内容だったとしても価値があるものもあります。

例えば明らかに事故が起きる心配もないような場所で警備員を行っていたとしても、街の平和に貢献することが出来る価値のある仕事だと本人が思っていればそれが価値がある、大いに意義のある仕事になりえるということです。

2.勉強をする意義とは何ですか?

次にご紹介する「意義」を使った例文は「勉強をする意義とは何ですか?」という例文です。

この例文に関して考えてみると、同じように意義の部分に意味を代入すればわかりやすいと思います。

そうすると「勉強をする(価値・重要性)は何ですか?」という意味の例文になります。

このような例文を使う場合は、自分自身が行っている勉強に関してどのように役に立つのかということがわからない人間が発言している状況になると思います。

現実問題、なかなか今自分が行っている勉強が将来のどういう部分で役に立つのかということを理解していない方はとても多いです。

あなたも学生の時に数学を習っている時、大人になってこんな数学絶対に使う機会ないよな、と思いながら勉強をした経験はありませんか?

厳密に考えてみるとそれは考え方次第であって、日常の様々な物事をその勉強してれないように当てはめて考える機会はたくさん存在しており、そこに意義を感じたり、当てはめて考えてみようという意欲を持った人間であればあてはめることができるのですが、普通に生活をしていればこのように考えることは少ないので、自分の考え方次第になるといえるのかもしれません。

それこそ、物事に対して意義を考えずに生活している事の証明であり、意義を感じていればそのような質問をする事はなくなるのです。

しかし若い年代でこのような事を癖づけるのはちょっと難しいかもしれませんね。

意義という言葉の使い方自体は、正しく意味を理解していればそこまで難しくないはずですし、日常会話でも使っている人も多いので問題はないと思います。

物事に意義を感じながら生きている人の特徴

ここまでは「意義」を使った例文についてご紹介していきました。

これまでご紹介した内容を踏まえてみればあるけど意義という言葉についてマスターしていただけたと思います。

ここまでの内容だけでも意義を持つという事の重要性がある程度理解いただけたと思います。

そして、ここからは様々な物事に意義を感じながら生きている人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

これからは自分も人生の様々な物事に対して意義を考えることができるような人間になりたいと思った方はたくさんいると思います。

しかし、何度もお伝えしてるように様々な物事に対して意義を感じながら生活するということはとても難しいことです。

意識していれば簡単かもしれませんが、これまでの人生であまり意識したことがないようなことを突然取り入れたりするという事は、かなり意識をしなければ取り入れることができませんし、数日間取り入れたところで定着化するわけではありません。

つまり何度も何度も自分の意識の中に意義を感じるという事を刷り込ませて、そして継続して何日もそれを繰り返さなければいけません。

それを何度も繰り返して、意識しなくても考えられるようになって初めて習慣化させることが出来るようになります。

そこで初めて様々な物事に対して異議を感じられるような人間になれるのです。

大変かもしれませんが、定着化してしまえばこちらのものです。

それを理解した上で、具体的にそれを身に着けている人間の特徴についてご紹介していきますので、身に着ける事でこんなに素晴らしい事が得られるという事に着目して、身に着けるきっかけとして利用してください。

1.物事の本質を常に考えている

まずはじめにご紹介する物事に意義を感じながら生きている人の特徴は物事の本質を常に考えているということです。

あなたは物事の本質を考えたりすることはありますか?

何らかの壁に当たったり、問題解決しなければいけない時には限定してこのような考え方を取り入れる方もいるかもしれませんね。

しかし日常的に起きている様々な物事に関して意義を感じていればよりたくさんの物事の本質を理解できるようになります。

日頃からたくさんの本質を理解していれば複雑な問題だったとしても、これまでの経験によってできた引き出しから簡単に解決することが出来るかもしれません。

それだけ知識というものは魅力的な物です。

普段から考える癖を身につけていることによって洞察力などもアップしますので、ビジネスの場面においても大きく自分自身が成果を出すことができるようになります。

考察力を上げたいという方も、簡単にみにつけることができるようになるはずです。

2.論理的思考ができる人

次にご紹介する物事に意義を感じながら生きている人の特徴は論理的思考ができる人です。

人によっては論理的思考という言葉がよくわからないかもしれませんね。

論理的思考とは「人間の思考様式の一つであり、行動的直感的思考」と言われています。

簡単に言えば、物事を筋道立てて論理的に考える能力のことを意味しています。

なのであることについて誰かに説明したりするときに一貫して筋が通っていう考え方や説明をすることができるということになります。

これはロジカルシンキングとも呼ばれており、ビジネスパーソンに必須のビジネススキルと言われています。

つまり論理的思考身につけることによって、ビジネスの世界で大きく役立てることができ、特に考え方や説明能力が身につくと言われています。

たくさんの人の前で自分の考えを発表したりするときに、論理的思考ができる人間であればたくさんの人間にわかりやすいように説明をすることができますし、共感が得やすいように説明をすることができます。

問題に当たったとしても、論理的思考ができる人間は理にかなった方法を見つけ出すことが可能になりますので、問題解決能力としても評価されているスキルです。

日常の様々なことに意義を感じながら生きているとこの論理的思考が身につくようになります。

なぜ、なぜ、と掘り下げて考えれば考えるほど隠れた意味を理解し、本質を理解し、解決するヒントを得やすくなり、そしてその過程も理解して説明をする事が出来るからです。

なので論理的思考ができる人は物事に意義を感じながら生きているといえます。

【論理的思考については、こちらの記事もチェック!】

3.頭の回転が速い

次にご紹介する物事に意義を感じながら生きている人の特徴は頭の回転が速いということです。

あなたは頭の回転が速い人は生まれ持ったものと感じていませんか?
それはあなたの偏見かもしれません。

頭の回転が速い人は物事に意義を感じながら生きている人である可能性が高いです。

なぜならば物事に意義を感じながら生きている人は常にたくさんの事を考えます。

日常の物事に関してすべて意義を持つのですから、あらゆることを考えるチャンスがあります。

それはつまり常に考えて脳を動かしているという事になります。

つまり普段から脳を動かしている分、柔らかい考え方ができるようになっており、なおかつたくさんの引き出しもありますので、様々な情報を探しだし、適切な情報を引き出せるようになっているのです。

そして論理的思考も行いやすいのですから、情報量が圧倒的に多く、わかりやすい説明をすることができるのです。

なので意義を感じながら生きていると頭の回転が速くなります。

4.時間を大切にする

次にご紹介する物事に意義を感じながら生きている人の特徴は時間を大切にするということです。

これはどういうことかと言いますと、基本的に私たちはどんな方だったとしても平等に24時間という時間を与えられています。

これはお金をもっていようと、権力があろうとすべて同じです。

この限られた時間の中で、先ほどご紹介したように日常生活全ての物事に対して意義を持つのは時間がいくらあっても足りません。

だからこそ自分にとって大切なことであったり、優先順位が高いものを取捨選択して知識としてインプットしています。

だからこそ時間の大切さということを身をもって理解しているのです。

だからこそ短い時間の中で一番自分が最高のパフォーマンスをするためにはどうすれば良いのかということを考えたりしているのです。

時間の大切さを理解している人ほど仕事をきちんと全うすることができます。

時間の大切さを理解していないほど仕事が出来ずに、だらだらと時間を消費した生活を送り続けてしまいます。

すべての物事に意義を感じながら生きる人は、常に時間に対する意義も考えて行動しているのです。

5.判断力がある

次にご紹介する物事に意義を感じながら生きている人の特徴は判断力があるということです。

これは先ほどご紹介した時間を大切にするという項目とも少し似ているのですが、先ほどご紹介したように時間は有限であり、だらだらとしているといつのまにか無駄に消費してしまいます。

全ての物事に対して意義を感じている人ほど時間を大切にして生きています。

時間を大切にするという事は、無駄な時間を極力作らないようにするということです。

だからこそ何らかの判断行ったりする時には、だらだらと時間をかけずにサクサクと大切な判断を下していく判断力を兼ね備えている可能性がとても高いです。

常日頃から様々なことに関して考えを巡らせている人間だからこそ、本当に大切なことを考えて判断するまでの時間も短くなっているのです。

もしも常日頃から何事に関しても頭を使わないような生活送ってる方は大切な判断をする時こそ、だらだらと時間をかけてたくさんの大切な時間を消費していくことになってしまいます。

日常のちょっとした違いはこれだけ多くの違いを生み出すようになるのです。

人生の意義とは?

ここまでは物事に意義感じながら生きている人の特徴についてご紹介していきました。

常に物事に対して意義を感じるだけでこれほど魅力的なメリットや特徴を身に着けることが出来るんだと驚いた方も多いと思います。

これを理解いただいたところで、人生の意義について考えていきたいと思います。

人生の意義とは一体何なのかと考えた時に、それは結論としては個人個人の考え方次第になると思います。

これは他人が決めてそれを信じるようなものではありません。

自分自身が考えて自分自身が納得いくものを見つけるということが本来の人生の意義になるのです。

しかし、あえてたくさんの方が持っている人生の意義についてここからはご紹介していきたいと思います。

あくまで一例として、自分の人生の意義を考える上での参考にして考えてみてください。

1.自分の目標や夢を達成すること

まずはじめにご紹介する人生の意義は自分の目標や夢を達成することです。

自分自身の目標であったり夢を達成することで自分の人生においての意義だと感じている方は多いです。

これまでの人生であなたは自分の目標や夢を達成するために本気で努力したことはありますか?
これに目標や夢の大きさなどは関係ありません。

大切なのは本気で努力をしたかどうかです。

本気で努力をした経験があるのであれば、目標や夢を達成したときに何とも言えない感動を味わえたはずです。

これを味わうために人生を生きてきたといっても過言ではないほどの感動です。

これは本気で努力した人間にしか味わえない魅力です。

これも十分人生の意義と考えておかしくない考え方です。

2.家族を愛すること

次にご紹介する人生の意義は家族を愛することです。

本来私たちを生物としての観点で考えた時に、私たちの本来の目的は自分の子孫を繁栄させていくことと考えることができます。

つまり好きな人と自分の子供を作って自分の子孫を後世にも残していくことと考えることができます。

それは家族を持つという事と同じであり、家族を愛する事、守る事が人生の意義だと考えるのも十分当てはまると思います。

幸せな家庭を築くのが夢だと考えている方はとても多いです。

自分にとって大切な存在を得る事で自分の人生の意義を見付けられるという事もひとつの人生の意義になります。

3.人のために尽くすこと

次にご紹介する人生の意義は人のために尽くすことです。

私たちは一人で生きていくことができません。

もちろん自分の選択によっては他者と関わりを持つことなく孤独に生きていくことができるかもしれませんが、それは全く幸せを得ることもなく楽しみが存在しない道になる可能性が高いです。

人に対して優しくして感謝されたり、尽くす事によって幸せを感じている方は多いです。

なので人と積極的に関わり、人のために尽くすことが人生の意義だと感じている方も多いです。

あなたもこれまでの人生で人から感謝されて暖かい気持ちになった経験があると思います。

その暖かさや魅力を理解していれば十分自分の人生の意義を見付けられる魅力を持った行為であると考えることが出来ます。

人生の意義は自分で作り出すもの

今回は意義をテーマにして、意義とはどういうものなのか、そして物事に意義を感じながら生きている人の特徴や人生の意義について簡単にご紹介していきました。

今回ご紹介した内容を踏まえてあなたは様々な日常の物事に意義を感じて生きていきたいと思いましたか?
あくまでこれは選択肢の一つに過ぎません。

どのようにして人生を生きていくのかということは自分自身で決めていくものです。

しかしたった一度きりの人生ですので、やはり自分が死ぬまでの間に自分の人生の意義を見付けたいと思うのは自然な事ですよね。

繰り返しお伝えしますが自分の人生の意義については自分自身で考えて作り出すものです。

あなたも自分だけの意義を見付けて、有意義な人生を送れるように工夫してみてください。