CoCoSiA(ココシア)

楽しみがない20代が人生を楽しくする方法6選!毎日を楽しんでいる人の特徴も紹介!


「毎日家と会社の往復でつまらない」「人生が楽しくない」と思いながら毎日過ごしていませんか?

仕事も趣味も全力で頑張って、休みの日には友達や恋人と出かけて…と昔思い描いていた20代の自分とは違い、何の楽しみも生きがいもないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、楽しみがない20代が人生を楽しくする方法6選をご紹介していきます。

20代は長い人生の中で見ても特に輝いている時期です。

自分が将来どんな人間になりたいのか、そのために何を取捨選択するのかを考え行動するだけでも、あなたも人生もより一層輝きを放つもの。

人生に楽しみがないと思っているなら、今から変えてみませんか。

20代は人生思いきり楽しむべき!

20代はあっという間に過ぎ去るものです。

つい最近20歳になったと思ったら、あれよあれよという間に25歳を過ぎ、そして30代に突入してしまいます。

20代があっという間なのは、毎日遊んで過ごしているからではありません。

新社会人として社会で一人前を目指して必死になっている内に、あっという間に時間が過ぎてしまうのです。

確かに一人前になるために、あくせく20代を働いて過ごすのも大切でしょう。

けれども仕事だけに短い20代の人生を捧げてしまうと、いざ30代を迎える頃には、「何の面白味もない20代だったなぁ・・」と後悔する羽目になってしまいます。

同年代の友達が充実している姿を横目に見ながら、自分の人生をつまらなく感じるのは実に勿体ないでしょう。

人生は一度きりしかありませんし、また若い肉体と精神を輝かせることができる20代も、たった一度しかありません。

それを無気力につまらなく過ごすよりも、思い切り楽しんで過ごした方が自分のためにもなるでしょう。

楽しくない原因は?

人生が楽しくないと感じる理由は人それぞれです。

しかしどの人にも共通しているのが、今の自分の生き方に不満や退屈さを感じているということです。

毎日仕事に追われている人は、朝起きて会社に行って働き、夜は帰って直ぐに寝るという同じ日々を過ごしているでしょう。

また、大学や専門学校に通っている人も、毎日学校へ通い、空き時間は友達と過ごしながらも、その面子はいつも一緒ですので、何となくマンネリを感じることがあるでしょう。

さらには恋人といつも過ごしている人も、毎回恋人と顔を突き合わせて同じようなデートや過ごし方をしていれば、心の奥底で「何かつまらないなぁ」と感じてしまうのも仕方がないでしょう。

人生をつまらないと感じるのは、毎日を同じように過ごしているからです。

変化の少なく、代わり映えのしない毎日を送っていれば、誰でも無気力に感じたり、つまらなく感じたりするでしょう。

また、時には旅行や刺激的なことをして楽しむことがありますが、それもその瞬間が終わってしまえば、またつまらない日々に戻ってしまうでしょう。

人生を楽しいものに変えたいのなら、無理矢理にでも自分が楽しめることを探したり、見つけたりするしかないのです。

それをするのが面倒だという人は、20代を終えても同じように毎日を楽しくないと感じ続けることでしょう。

人生を楽しくする6個の方法

大前提として、人生を楽しくさせたい、充実させたいと思うのなら、自分でそうなろうと意識して行動する必要があります。

それが面倒くさくて出来ないでいる人は、20代どころかこの先何十年の人生をずっとつまらないと感じ続けることになるでしょう。

しかしそれを不満に思ったところで、自分が楽しくしようと行動できていないので、自分にも誰にも人生を楽しくさせることはできません。

一方で、「せっかくの若い時間を有効に活用して楽しく過ごしたい!」と前向きに意識することができる人は、今日からでも方法次第で人生を輝かせることができるでしょう。

どんなふうに行動すれば、今のつまらない人生を楽しく輝かせられるのでしょうか?以下にその方法をご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

1.落ち着いて考えてみる


20代といえば、社会人になって間もないため、毎日必死になって仕事に追われている人も多いでしょう。

新しく覚えなければならないことも多いですし、アルバイト時代と比べて個人で背負う責任も大きくなっていますので、それだけ気を張る瞬間も増えるでしょう。

また、会社内の人間関係にも気を遣いますし、上司への接し方もあれこれと考えなければなりません。

暇な会社でもない限り、毎日働くだけでくたくたになってしまい、他のことを考えたり、リラックスしたりする時間はなかなか作れないでしょう。