CoCoSiA(ココシア)

浪人してから気付く、浪人をすることによるデメリットや後悔したこと


「浪人したいですか?」と聞かれたら、多くの人は「嫌だ」と答えるでしょう。

それは希望の大学に落ちてしまうということになるからです。

ですが、嫌かどうかという本人の希望がどうであれ、希望する大学に落ちてしまったときには浪人するしかないですよね。

滑り止めの大学に受かっている場合には浪人するかどうかに迷うに違いありません。

大学受験の本番に臨む前から、保護者の方とは「落ちてしまったらどうしよう」という話し合いをしている方もいるかもしれませんね。

浪人と簡単に言っても、そのメリットやデメリットを考えなければ、簡単に決意することはできません。

ここで、浪人のメリットやデメリット、そし手後悔したことについて見てみることにしましょう。

浪人って実際どうなの?

大学受験の場合には、高校受験とは違って「浪人」という選択肢が一般的に多くあります。

それでは、浪人するかどうか、という局面に至ったとき、一般的にはどんなことを考えるのでしょうか。

また、どのような点で悩むことになるのでしょうか。

「実際に浪人ってどうなの?」とたくさんの人が思うでしょう。

その一部についてご紹介いたします。

浪人するか迷っている


希望の大学に合格できなかったとき、多くの人が考えるのが「浪人」でしょう。

高校入学の時とは異なり、大学入試においての浪人はかなり現実的です。

そんな浪人ですが、そう簡単に「浪人します」と決められるものではありません。

浪人するかどうか迷うというのはかなり自然な考えだといえるでしょう。

もちろん、その大学に入る気持ちがとても強いものであれば、当たり前のように浪人という言葉が思い浮かぶかもしれません。

保護者の方の賛同を得られているのなら迷うこともないかもしれません。

また、他の大学の滑り止めを受けていない方は、必然的に大学進学をあきらめて浪人することになりますよね。

ただ、それ以外の人にとっては、浪人するかどうかというのは悩んで当たり前なのではないでしょうか。

自分の人生の大切な分岐点なのですから、むしろ、しっかりと悩んで自分自身で道を選択しなければいけません。

現役で入った方がいい?

現役で入った方が良いというのは、当たり前のように言われていることです。

誰もが限で気の合格を目指して頑張りますし、現役生の方がちやほやされるのは当たり前ですよね。

現役で入ることの良さというのは、いわば共通認識のようになっていて、それは誰もが疑わないのです。

もちろん、現役生で入るというのはとても良いことです。

高校時代の努力が報われたということでもありますし、幸運だったということもあるでしょう。

人生の中でつまずくことがなく歩んでいくことができるのは、全く後ろめたいことのない人生ということで誰もが望んでいることには違いありません。

ただし、現役で入ることに対して、当たり前のようにこだわっていることが正しいことであるとも思いません。

現役で入ることは良いことではありますが、それを自分の状況と照らし合わせたときに、正しい選択であるかどうかは誰にもわからないのです。

分かるのは自分だけでしょう。

現役信仰のようになっているのは間違いではありませんが、実際、結果的に「不合格」を突きつけられているときに、原型にこだわる必要はないのではないか、ということです。

納得できるのか?


現役で入ることをこだわるのは間違ってはいません。

ただし、実際に浪人をせずにほかの大学に入学することで自分の心は納得するのでしょうか。

どこかで「こんな人生を歩む予定ではなかったのに」などと感じてしまうのではないでしょうか。

現役にこだわって浪人という生活を選ばなかったことによって、一生後悔し続けるのはもったいないですよね。

大学に入学するときには、しっかりと自分が納得できるような選択をするようにしてください。

数十年後に酔っぱらって「あのとき、あと一年頑張っていれば!」と言うようなことがないように、自分自身が納得できるような結論を出すようにしてください。

浪人のメリットとは

浪人という言葉にはメリットがないように思われるかもしれませんが、浪人生が浪人期間を振り返った時に意外とキラキラしているというように感じる現役性もいるようです。

浪人生のメリットがないわけではないのです。

デメリットばかりのように思われますが、一年大学に進学するのを遅らせるだけの何かがあるというように考えることができますね。

浪人期間中のメリット

浪人期間中のメリットとはどのようなものなのでしょうか。

浪人というと辛いことばかりというイメージがありますし、できる限り浪人はしたくないと思っている方もいるでしょう。

ですが、浪人期間中にはいくつかのメリットがあります。