学歴の重要性について考えた事がありますか?

時代の流れもあり、学歴が必要ないと考える人も多かれ少なかれ存在するかと思います。

ただ、実際に学歴というものは必要ない場合もあれば、必要な場合などもあります。

どちらかに限定的に考える事は非常に難しい事になるのではないでしょうか。

ただ、立場によって学歴の重要性は非常に変わってきます。

人それぞれの考え方であったり、状況などを含めると、学歴の重要性は様々あるかと思いますが、今回はそんな学歴についてしっかりと考えてみたいと思います。

あなたは学歴は必要だと思いますか?

それぞれの考え方は大事ですし、どちらが正しいという事はないかもしれませんが、様々な角度で考えてみましょう。

ご紹介していきたいと思いますので、学歴について悩んでいる方は是非ご覧になってくださいね。

今は個性が認められる現代?

学歴の重要性を考える上で、現代という時代について考えることが大事になるのではないでしょうか?

昔と比べて、今を考えた時に、今はかなり自由な時代になっていると思いませんか?

昔と比べて、今は仕事などにおいてもかなり自由になってきているかと思います。

自分が何をしたいかという事を自分の意思で決められるようになり、自分自身の人生を非常に自由に歩むことが可能になりました。

なので、個性が認められる時代という風にもなっており、そう考えると行う事によっては、学歴などはまったく関係ないという風な認識になっているからこそ、学歴の重要性がそこまで求められない意見が多くなっているのではないでしょうか?

なにかと自由な社会になってきた

自由という事を考えた時に、具体的に何が自由になっているのかという事を考えましょう。

例えば、昔であれば、自分がしたいと思った事でも、周りの意思であったり、世間の風潮などもあり、こういう事をしなさいという風な事があったと思います。

ただ、今では基本的には自分がしたいと思った事をしたいと思える時代ですし、様々な仕事がある中で、自分がしたいと思った事に関して手が伸ばせる時代になっているのではないでしょうか。

そういった意味でも、自分の意思次第でどのようにでも行動ができる時代にもなりました。

情報に関しても昔と比べて手に入れやすい時代になったので、必要とする事に関してインターネットを通じて情報を得て、行動しやすくもなりました。

そういった意味でも可能性がかなり広がっているので、自由という面でもかなり進歩しているのではないでしょうか。

学歴より実力主義?

人によっては学歴の重要性を非常に感じている人も中にはいるでしょう。

なので、東大や京大などの有名な大学に入って、将来を安定したものにしたい、良い就職先に入りたいと思う方もかなりいるのではないでしょうか?

ただ、学歴だけを重要視してみるのは果たして正しい事なのでしょうか?

事実、学歴以外にも重要な事はあり、例えば仕事において成果を出すという事が何より大事だと考える人もいます。

例えば、営業などに関しては、学歴が高くても成果を出せなければ意味がないですよね。

学歴が優秀であれば、頭の回転も速く、仕事も出来るだろうという見込みで人材を取っているだけであって、仕事ができるという確約はできないのです。

それよりも、たとえ高卒などで学歴がなくても、実力があれば、しっかりとのし上がっていける場合などもありますし、下手をすると実力があればそれなりのポジションにつき、学歴がある人が部下になる可能性などもあります。

そう考えると、実力が大事だと考える人が多くなっても、おかしくはないですよね。

そう考えると学歴と実力と考えた時に、少し難しい選択になるのではないでしょうか?

でも実は、学歴は今でも大事

ただ、事実学歴が必要であるという事は、正しい事でもあります。

例えば、あなたがお金を稼ぎたいと思い、高い賃金を払ってくれる会社に入りたいとします。

誰しもが雇用条件の良い会社に入りたいと思うのは当然ですよね。

ある程度の高い金額だってもらいたいと思うでしょう。

ただ、そうなると大企業に入る事が一番早い道であると考える人が多くなりますね。

そう考えた時に、大企業はどういう人を取るのかという事ですが、大企業に入りたいと思っている人はたくさんいるわけですから、自然と人が集めってしまい、全員と面接をしているときりがないですよね。

そうなった時に、ある程度応募者を絞る作業が必要になるのですが、そこで基準になるのが学歴です。

ここで学歴の重要性が出てくるのですが、学歴があれば基本的には粘り強く勉強をしている人、難しい困難な事にも向かっていく粘り強さがあり、理解力もある、なので仕事ができるのではないかという結論になり、自然と高学歴が有利な状態に立つ事が出来ます。

中には学歴がないとそもそも応募資格がないという企業などもあるでしょう。

そう考えた時に、スタートラインにさえ立たせてくれない状況が生まれるので、学歴の重要性は自然と高まるのではないでしょうか?

今でも学歴が大事という3個の理由

過去に比べて、そこまで学歴が必要ではないというような風潮になっているかとは思いますが、学歴はやはり現代においても非常に大切だと根強い説はあります。

しかし、なぜ学歴がそこまで必要になるのかという事を考えた時に、しっかりとした根拠がない人も中にはいます。

根拠がないのにただ学歴だけが重要だと言われても、説得力にかけてしまうかもしれませんね。

学歴が必要ではないと考える人達にとっては学歴の重要性が理解できないかもしれませんが、あくまでもひとつの意見として見て頂きたいと思います。

学歴が大事であるといえる3つの意見についてご紹介していきたいと思います。

就職活動

まずは先ほどもお伝えした通り、就職活動という部分にスポットを当てて考えてみてください。

就職活動を考えた時には、やはり学歴がある方が有利になるという事です。

先ほどもお伝えした内容ですが、学歴があるないという事が一種の判断材料になりうるのです。

だからこそこぞって有名大学に入りたいと考える人達がたくさんいますし、それが人生においても有利な点として残り続けるからなのです。

就職活動においては、学歴を必要としない場合などもあるでしょう。

ただ、一般的には高い学歴をもってさえいれば、募集要項において人気の高い企業だったり、待遇が良い企業、つまりは大企業に応募できる資格を持っているといえるのです。

高い学歴が武器になり、採用する人の目に留まった時に、少しでも興味をもってもらえる材料になるので、そういう意味では学歴は就職活動において有利な働きを見せてくれるという事になるのではないでしょうか。

学歴フィルター

大企業が取っている手法になるのですが、多くの学生が集まる場合、やはり高い学歴を持っている人を優先して採用するという方法になります。

フィルターにかけるという事から生まれた言葉になるのですが、学歴があっても優秀である人を採用するチャンスを逃してでも、学歴がある人を採用するという方法の方が、採用基準としてはわかりやすいですし、非常に省エネになるという事です。

少なからず、こういった方法を大企業はたくさん行っているので、良い企業に入りたいと思えば思うほど、学歴はあった方が良いという事にもなります。

実際にこういう事が行われているということをしっかりと早い段階で理解しておく事が、今後の人生において考え方が変わる事にも繋がるのではないでしょうか?

書類選考やESで落ちる

学歴がなければ、やはり落ちる可能性は高くはなります。

例えば、中途採用になると話は変わるかもしれませんが、新卒で見た場合、高卒で応募してきた人と、高い学歴を持った、例えば東大や京大などの有名大学を卒業している人が応募してきた場合は、能力的にはやはり有名大学を卒業した人の方が高いとみる傾向がありますよね。

それは難しい問題に関してもあきらめずに解けるまで勉強したり、継続的な努力が出来るという意味でも、有名大学を卒業している人の方が魅力的に感じるのではないでしょうか。

中途採用で見た場合は、突出した業務経験があったり、専門知識を持っている方の方が学歴よりかは有利になる場合などもあるようですが、それでも学歴があった方が有利ではありますよね。

なので、学歴はあった方が良いという事につながるのではないでしょうか?

セミナー参加ができない

会社で行われるセミナーがあるとして、当然興味がある方は参加したいと思いますよね。

ただ、セミナーを行う場合、有名企業である場合は当然たくさんの受講希望者が殺到するようにもなります。

ただ、残念ながらセミナーによってはある程度の学歴を持っている人しか受けられないという場合などがあるようです。

そう考えると、セミナーにすら参加させてもらえないという事は、学歴の重要性がうまれるようになるのではないでしょうか?

少しひどい話になるかもしれませんが、これが事実なので、どうしようもないという事を理解しておかなければいけません。

裏で絞り込みがされていることも

中には、会社側で絞込をされている事もあるようです。

これは先ほど伝えた通り、応募者の中で、学歴のみを重要視して採用をしている場合などがあるという事です。

事実、悲しい話かもしれませんが、学歴がなければ採用する事はないという企業も存在していますので、こういった事が行われているという事を理解して、早い段階で対策などを考える必要があるという事です。

もちろん、学歴がなくても問題ない場合などもあり、実際中途採用では学歴などを一切見ないという企業もあったりもします。

そう考えた時に自分はどういう風に行動すべきなのかという事を考えて、今後の事を考えておく事が大事になるのではないでしょうか?

どっちかで迷われたときに不利

例えば、採用を迷っている場合なども考えられます。

これはどういう事かといいますと、AさんとBさんという人がいて、Aさんは高卒だが、ある程度のスキルがあり、優秀な人だとします。

それに反して、Bさんは高学歴で、まだ就業経験がない人だとします。

そう考えた時に、どっちかで迷っていた際には学歴を優先されてしまうという事は存在するようです。

それにプラスして、年齢なども見られる事もあるようでして、新卒で高学歴の人の方が社会人経験が乏しいかもしれませんが、よりその企業の色に染まってくれるという事も見越すと、やはり若い新卒の高学歴の人の方が長く勤務してくれるし、採用する側としても会社側としてもやりやすいというのが事実なのではないでしょうか。

人脈作り

学歴があるという事は、人脈作りにおいても非常にメリットがあります。

もちろん、人脈を作る上で学歴が絶対に必要なのかと問われるとそうではないかもしれませんが、それでも学歴がある方がかなり質の高い人脈作りは行えるといえるのではないでしょうか。

努力次第にはなりますが、学歴が高い方が有利であり、質が高いという事になるのです。

具体的にどういう事かという事については、しっかりとこれからご紹介していきたいと思います。

同級生のレベルが高い

同級生のレベルが高いという事がいえるのではないでしょうか。

学歴が高い場合、自然と周りに集まっている人も高学歴出る場合などがほとんどです。

例えば、高学歴の場合は、所属するサークルであったり、就職した会社においても、高学歴の人が周りにいるケースが高いですよね。

サークルの場合は、基本的にはその大学の人が所属しているので、みんな高学歴ですよね。

そう考えると、高学歴の人の方が将来エリートになる可能性が高いですし、出世する人達ばかりになります。

なので、そこで人脈を作っておけば、将来のエリートとのパイプが手に入るのです。

しっかりとそのパイプを作っておけば、いざという時に仕事において助けてくれる可能性などがあります。

時には、そのおかげで仕事が成功する場合などもありますし、転職先として助けてくれる場合などがあります。

学歴が高いと、こういうメリットも生まれるという事を理解しておきましょう。

大企業に行く友人が多い

先ほどお伝えした通り、基本的には高学歴の人は有名企業に受かるケースがかなり多いです。

そして、高学歴の人ほど出世する可能性が高いですし、役職につける可能性なども高いです。

例えば、ある企業とのパイプが欲しいと考えていた時に、昔親交があった人がそこで部長をしているという話を聞いて、久々にあった時に、仕事の相談などもしやすいですよね。

昔からなじみがあるという場合は、それ以上に武器になるものはありません。

人間ですから、どうしてもそういう個人的な感情なども仕事には入りやすいですし、昔からの付き合いというものは強いです。

結果で見ると、仕事においても非常にプラスになるので、しっかりと人脈を作っておくことが大事になるのではないでしょうか。

教授もスゴイ人が多い

高学歴である場合、そこで授業をしてくれる教授などもすごい人が多かったりもします。

これまでにかなり実績のある研究成果を上げているような人であったり、かなり優秀な人が物事を教えている場合などもあります。

そうなると、教授は非常に優れた人間であるといえるでしょう。

基本的に、何かを学ぶ際には教えてくれる人も重要です。

優秀な人に教えてもらう方がわかりやすいですし、高度な知識を与えてくれる可能性などもあるからです。

学校でそういう方と親交を持っておけば、いざという時に何かを相談する事も出来ます。

これまでの人生経験も踏まえた上でアドバイスなどもくれるでしょうし、熱心に自分を頼ってくれる学生は教授からしてもかわいいですよね。

そういった意味で、しっかりと使えるものは使うという事を理解して行動する事が大事になるのではないでしょうか?

卒業後もコネが使える

卒業した後も、コネが使えるというのも利点ですよね。

卒業しても大学に通って、教授に相談したりだとか、もしくは卒業後も親交がある同年代の人に対しては有名企業の営業になっている場合などもあったりして、お互いに良い関係を保てる場合などもあります。

上手く希望している会社へと繋げてくれ、商談がまとまるケースなどもあったりもします。

卒業後もずっとコネが使えるので、コネは非常に大事ですし、有利な状況へと導いてくれます。

これもすべて人脈があってこそになるので、しっかりとこの点を大事にしておくことが将来自分自身を有利な立場にする方法になるのではないでしょうか?

高学歴だと色々声をかけられやすい

高学歴である場合、周りからそれをネタにして声を掛けてもらいやすいという事もあります。

それに、就職した会社において、同じ学校を卒業している場合は、それがネタになり、親近感を持てるようにもなるかと思います。

会社の先輩からも同じ大学を卒業しているという事だけで親近感をもってもらい、かわいがってもらえる事などもあったりもしますので、しっかりと使えるものは使いましょう。

また、学歴があれば、初対面でもそれに興味をもってもらい、人間としての価値を高めることも出来ます。

学歴がすべてではないですが、会った方が有利ですよね。

そういった意味で、学歴は非常にたくさんのメリットをもたらしてくれるという事を理解しておきましょう。

世間体

世間体という面でも、学歴があるという事は有利になりますし、少し自慢できる事にもなるのではないでしょうか?

世間体なんて気にしないという方もいれば、ある程度気にする方もいますし、やはりあるにこした事はないと考える人も多いかと思います。

世間体という面で、どういう面で有利になるか、重要になるかという事を理解していただきたいと思いますので、ご紹介していきましょう。

自分のプライド

まずは自分自身のプライドという面から考えてみましょう。

学歴コンプレックスという言葉があるように、学歴を気にしている方ってけっこう多く存在するのが事実です。

今までは気にしなかったけど、社会に出て、周りがすごい人ばっかりであった時に、自分自身の学歴が恥ずかしくなってしまうという事です。

例えば、高卒だとか、中卒だとか、学歴がない人が学歴を聞かれて恥ずかしくなってしまうという事ですね。

もちろん学歴がすべてではないですが、ある方がモテますし、関心も持ってもらえます。

高学歴である場合、言った事で周りの評価が変わったりもしますので、自分自身のプライドという面でも嬉しいメリットがあるのではないでしょうか?

それが自信になっているのであれば、自分に自信を持てるという意味では良い事であるともいえるでしょう。

ただそれをひけらかすのは人間として未熟な風にとらえられるので注意しましょう。

「大学どこ?」の世間話

自然と、学歴の話になった場合、どこの大学出てるの?

という話になるかと思います。

そこでいわゆるFランの大学であった場合、周りからどう思われてしまうのかという事を気にする場合などもあるでしょう。

気にしすぎても何も変わらないので、あまり気にしない方がいいかもしれませんが、そういった世間話になった時に、有名大学を出ていると、周りからはすごいと思ってもらえることも事実です。

そうなった時に、学歴があれば、周りの関心であったり評価を変えてくれるチャンスにもなりますので、学歴の重要性としてみた時には高いといえるのではないでしょうか?

親のご近所づき合い

親がもしもご近所づきあいなどを行っている場合、当然ながら子どもの話になってくるかと思います。

親の付き合いの中で、そういった話が出た際には、子どもの学歴の話になってくる場合などが多かったりもするでしょう。

そうなった時に、自分の子どもが中卒だったりするとあまり話したがらない親も中にはいるかもしれませんね。

自分自身がしたい事などを目的をもって行っている場合などは問題ないかもしれませんが、世間体などを考えた時には、やはり高学歴である場合の方が親も話やすいでしょうし、自慢になる場合などが多いようにも感じます。

こんな事の為に自分は学歴はほしくないと思う方もいるかもしれませんが、それでもメリットという面でみると、こういった事もあるという事を理解していただけると幸いです。

結婚相手の両親

将来、好きな人を見つけて、当然ながら結婚をする方の割合はかなり大きいのではないでしょうか?

そうなった時に相手の事を知る時には、男性の場合は特にですが学歴などを聞かれることが多かったりするのではないでしょうか?

学歴などを聞かれる際にはやはり高学歴である方がこちらも話やすいですし、高学歴である場合は相手の両親からも一目置かれるような状況になる場合があるのではないでしょうか。

なので、高学歴である場合、こういうひょんな状況からも非常に自信をもって受け答えできますし、周りから一目置かれる状況を生み出せるという面では非常に良い事になるのではないでしょうか?

学歴や新卒ブランドのためにこんなことをする人も?

ここまでは学歴に関しての重要性であったり、メリットなどについてのお話をさせていただきました。

実際にこれまでにご紹介した内容を見て頂くと、学歴がある方が様々な場面において、とても有利に事を運べるという事を理解していただけたのではないでしょうか。

中には、学歴が欲しい、新卒ブランドを身に着けたいと考えるために、ご紹介するような行動をとっている場合などが多いようです。

ご紹介する内容を参考にして、自分自身もしてみようかなと思ったりされる方も中に入るかもしれませんので、是非参考にしてみてくださいね。

より良い大学に編入

まずは学歴が今現在欲しくても持っていないという状況にあるとします。

そうなった時に、学歴が欲しいがために大学に入りなおすような人も中に入るようです。

編入などをする事で、学歴を最終的に優秀な大学の学歴に変えるという目的を持っている場合などがあるようです。

より良い大学に編入する事で、最終学歴がその大学になり、将来的に役に立つ、有利な状況に立てるからという理由が多いようです。

学歴の高い学校に入るには、それなりに努力が必要ですし、並大抵の努力ではいかない場合などもあります。

中には努力しても入れなかった人達がたくさんいますので、非常にいばらの道になるかとは思いますが、それでも目指す価値がかなりあるといえるのではないでしょうか?

改めて大学に入り直す

改めて大学に一から入りなおすという場合などもあるようです。

知っての通り、大学には年齢など関係なく入る事が出来ます。

一流企業に入りたい、人生を変えたいと思って勉強をし直して、一流大学に入る為に努力を行っている人はけっこういます。

実際にそういう人は目的をもって行動しているので、成果を出しやすいですし、気合が違う場合などがあります。

そうして最終的に学歴を取得すれば、今後の人生が有利に進むという場合などもありますあし、成功できるひとつの要因にもなりえますので、是非とも目指し価値があるのではないでしょうか?

興味がある方はこの点も視野に入れて努力してみてはいかがでしょうか?

社会人と通信制大学のかけもち

通信制大学という選択肢も中にはあるようです。

実際、仕事をしながらでも学歴を取得するために行動している人も中にはいます。

高卒、専門卒、短大卒の人が大卒の資格を取得するために夜間など、もしくは通信での大学に通う場合などがあるそうです。

仕事をしながらになるので、かなり大変な道かとは思いますが、それでも目的をもって行っている人が多いようで、非常にこれらもメリットがある、選択肢を広げるという行動になるのではないでしょうか?

かけもちは非常に大変かもしれませんが、目指す価値がかなりあるといえるでしょう。

学歴が欲しいけど、仕事もつづけたいと思っている人はこういう方法もあるんだよという事をしっかりと理解して行動してみてはいかがでしょうか?

人生の選択肢を増やすという意味で、無駄な行動では決してないはずですよ。

8留してまで大学に通う

中には留年してまでも大学に通うという場合などもあるそうです。

それもそうで、入学しても、そこからが大変で、かなりの勉強などをしないと卒業できない場合などもあります。

特に高学歴の大学の場合には、テストなども非常に難しい場合などがあるかと思います。

入れても、卒業できなければ意味がありませんし、卒業できてこそ、おっと思われるようにもなります。

入れるだけでもすごい事ですが、それでもついていけなかったというレッテルを張られてしまうのは悲しいですよね。

だからこそ、卒業はなんとしてでもしたいという考え方になり、何度留年しようがそれでも通い続けるという事もあるのではないでしょうか。

そこまでしてでも、卒業という事に魅力を感じている人がかなり多いというのも事実ですよね。

逆に8浪してまで受験

大学に入るには、受験をしなければいけませんが、この受験に関しても東大や京大などの有名大学に入る為に浪人してまで勉強するという方も中にはいるでしょう。

そこまでして入りたいと思うのは、やはりその大学という学歴を取得したいがためですよね。

卒業して、その大学を卒業したという学歴は人生でずっと役に立つ事にもなります。

なので、人生の中で1年を時間をかけてでもその大学にはいりたいと思う人はかなり多いかと思います。

そこまでして入って、学歴を取得してこそ、価値があるものにもなるかと思いますし、事実、学歴があればこれからの人生が大幅にメリットがあるという事を理解しているからこその行動になるのではないでしょうか?

そこまでの執着心が持てるほど、学歴というものは魅力的であるという事が理解していただけるのではないでしょうか?

あえて単位を落として就職浪人

中にはあえて単位を落として就職浪人になる場合などもあるそうです。

これに関しては、なぜこのような事をするのかという疑問を持たれる方もかなり多くいらっしゃるのではないでしょうか?

要は、第一志望の就職先に入りたいからだという事です。

新卒であるということは一種のブランドにもなるのです。

新卒であるというだけで、価値が高まります。

その事をしっかりと理解しているからこそ、新卒にこだわり、希望する就職活動が出来なかった場合には就職浪人となって、もう一年就活の為に行動するという結論になる場合があります。

これが正しいのか、悪い事なのかはその人によって違いますし、答えがないですが、それほどまでに新卒であるという事はブランドになるんだという事を理解しておく事が大事であるといえるのではないでしょうか。

学歴は思っているよりも大事なのかも…

いかがでしたでしょうか?

今回は学歴に関してご紹介していきましたが、学歴と聞いて、そこまで必要ないと思っていた方も、少し考え方が変わった人も中に入るのではないでしょうか?

学歴はあれば有利ですし、メリットがたくさんあります。

ただ、学歴が必要ない業種であったり、業界などが存在するのも事実です。

自分がどうしたいか、どうなりたいのかという事が大事であり、学歴はあくまで有利になる為に道具という所にすぎないのではないでしょうか。

ただ優秀すぎる道具である事もひとつなので、それはあなた自信で考えて導き出す事になるのではないでしょうか。

自分がどうなりたいのかという事を見据えた上で、あったほうがいいのか、なくても問題ないのかという事を判断してみてはいかがでしょうか?