CoCoSiA(ココシア)

高校生楽しいことランキング!やっておかないと後悔する16個のこと


大人になってから高校生のうちにやっておけばよかったと後悔することは多々あります。

学生の時はわからなくても実際に大人になって初めて気付くのです。

そのくらい 高校生の時にしかできないことは たくさんあります。

いざ大人になってから後悔しないためにもやっておいた方がいい事をご紹介します。

高校生の楽しいことランキングにも入るものばかりです。

いろんなことにチャレンジして、ぜひ一度きりの高校生活を楽しんでくださいね!

高校生のうちにやっておかないと後悔する16個のこと


後悔のない人生を送りたいと思っても、自分がどんなことをすれば後悔せずに済むかは分かりませんよね?

高校生に限定して考えたとしても、今高校生活を送っている本人には気付けないことや予想が付かないこともたくさんあるでしょう。

そこで、高校生のうちにやっておかなければ後悔するであろう出来事を、以下に16個まとめました。

社会人の視点から見た時に、「高校時代にやっておけば良かった・・・」と後悔することをご紹介していきます。

これからご紹介することで、まだあなたがやっていないことがあれば、ぜひ機会を作って行動してみましょう。

今は意味がないように思えても、大人になってから「やっておいてよかった」と思える日が来るかもしれません。

1.制服で遊ぶ・出かける

大半の高校は、指定の制服があります。

高校生によっては自分の高校の制服を「ダサい」と感じている人もいるかもしれません。

しかし、その制服を着られるのはたった3年間だけです。

もしあなたが高校を卒業し、いい歳の社会人になってからまた高校時代の制服を着たいと思っても、早々に着られるものではありませんよね。

精々家の中で着てみるくらいだと思います。

そう思えば、制服姿で外へ出かけたり、遊びに行ったり出来るのも僅か3年間だけなのです。

大人になれば毎日自分で私服を選んで着なければなりません。

しかし高校生のうちは制服を着ると決まっていますので、毎朝服装で悩むこともありませんし、皆同じ制服だからこそ、少しアレンジすれば途端にオシャレに目立てます。

大人になってからではとても制服を着て出歩くことは出来ませんので、今の内に制服で遊んだり出かけたりして、楽しい思い出をたくさん作っておきましょう。

2.制服デート

高校生にとっては、制服でデートするということはごく当たり前の、何気ないことかもしれません。

しかし、大人になってからはその制服デートをしなかったことに対して強い後悔の感情を覚える人もいます。

大人から見れば、高校生というのはまだ可愛い子どものようなものです。

その可愛い青春盛りの年頃に、制服デートをするというのは、したことのない人にとっては強烈な憧れの対象になりやすいのです。

とくに女性の場合はその傾向が強く、女子高に通っていた人が社会人になってから「制服デートしたかった・・」と後悔することも決して珍しくはありません。

そのため、彼氏や彼女がいる人は、高校生の内に一度は制服デートを楽しんでおきましょう。

一緒に街を歩いたり買い食いをしたりと、充実した時間を送っておけば、将来後悔することが一つ減るかもしれません。

3.学校イベントを楽しむ

学校イベントと言えば、文化祭や体育祭などですよね。

小学校や中学校の頃に比べると、高校の文化祭ではクラスごとの出し物も幅が広がりますし、行動範囲も広がります。

そのため、より友達や恋人と自由で楽しい時間を過ごすことが出来るようになります。

また、体育祭でも大いに盛り上がります。

とはいえ、文化祭でも体育祭でも、そういった学校イベントに一切関心のない人もいるでしょう。

クールな振りをしてイベントに無関心を装っている人もいれば、本当にまったく興味のない人もいます。

しかし実際には、学校イベントに参加しなかった人ほど、大人になってからそれを後悔する傾向にあります。

高校時代に学校イベントを大いに楽しんだ人は、大人になってからもその時の思い出を懐かしむことが出来ます。

しかし学校イベントには参加せずに、大人になってからそうしたものに憧れを抱く人の場合、「高校時代にちゃんとイベントを楽しんでおけばよかった」と後悔することがあります。

今は「後悔なんてしない」と思っているかもしれませんが、卒業後にどう考えが変わるかなど、分かりませんよね。

そのため、学校イベントも今の内に楽しんでおいた方が良いでしょう。

4.勉強


学生の大半は、勉強をすることが好きではないでしょう。

中には勉強を熱心にする人もいますが、親の世間体や将来のことを考えて「とりあえず勉強しておく」という人が多いと思います。

しかし、とりあえずでも良いので勉強しておくことで、将来何かと役に立つことがあります。

また、歴史や古典文学など、中には「将来たいして役に立たないだろう」と思う科目も人によってはあるでしょう。