CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

友達の結婚祝いにあげると喜ばれるもの14選。あまり親しくない人にも!


人生にはいくつかのステージがあり、その中で結婚というステージを選ぶ人も少なくありません。

自分の友人がそういった結婚を行うような場合には、やはり心からの祝福を送りたいと思うものなのではないでしょうか。

心からの祝福と知っても慶事のような場合だと、マナーなどもありますし、初めての時には友人という立場でも緊張してしまうものです。

どんなことをすれば良いのか、何を送れば失礼にならないのか、どのタイミングで贈るのかなど、相手のことも気づかって考えると分からなくなってきますよね。

何度も経験していると分かってくるものですが、最初はだれでもどうしてよいか分からなくなるものです。

まして、その結婚する友達から何かを頼まれていたりなどすると、それらも相まって「プレゼントはどうしたら良いのだろう」という気分になるはずです。

ここでは、喜ばしい友達の結婚祝いをするために、どのような方法でプレゼントを選べばよいのかということについてご説明したいと思います。

友達の結婚をお祝いしよう!

本当に仲が良い友達が結婚すると聞いたのなら、まずは祝福したくなりますよね。

結婚というものが完全に「人生において必要不可欠なものである」という認識は既に現代ではなくなっていますが、それでもやはり、友人が結婚すると聞いたときにはおめでとうとう言う言葉が素直に出てくるでしょう。

友達が新しいライフステージで頑張るのだということが分かれば、友達の新しい門出を心かのお祝いで送り出してあげたくなるはずです。

もちろん、そのお祝いには、新しい生活に踏み出す友人への励ましの気持ちもありますし、不安に思っていることもある彼らへの精一杯の激励となるような言葉をかけてあげたいと思うものなのではないでしょうか。

中が良い友達であればあるほど、独身時代に一緒に過ごした思い出がありますし、そんな友人が結婚するとなると感慨深い気持ちにもなるかもしれません。

そんな友人の結婚ですが、いったいどのような形でお祝いをしてあげると良いのでしょうか。

仲の良い友達に心からの祝福を

仲の良い友達の結婚を祝福して上げようと思ったときでも、どのようにすれば良いのか分からないということがあるでしょう。

初めての結婚式が仲の良い友達の物であった場合、心からの祝福を渡したいと思っていても、その方法が分からなくて困ってしまうのではないでしょうか。

結婚という大イベントを控えた友人がいる場合には、サプライズ的な方法でお祝いの気持ちを示すよりは、きちんと手順に沿ってプレゼントを贈るなどの方法で祝福をした方が喜ばれるものです。

あちらも結婚式を控えているとなると忙しいものですし、入籍をしただけであっても、お返しこのことなどを考えると割と大変な時期になってしまっているでしょう。

個人的に色々なお祝いをするのは後からできますが、まずは、きちんと友人という立場から結婚をする人へ失礼のないようなお祝いの気持ちを送ることが大切になりますね。

結婚祝いのプレゼントはどうしよう?

友達から結婚を知らされたときに真っ先に思い浮かぶのは、結婚祝いのプレゼントなのではないでしょうか。

何かをお祝いするというときにはプレゼント贈るという習慣が身についている人も多いですし、結婚というおめでたいときにもそれはやはり同じでしょう。

ですが、結婚祝いというと、普通の誕生日プレゼントなどとは異なって、きちんとしたものを贈らなければいけないというプレッシャーであったり、そのタイミングに対する不安であったりがあるはずです。

また、初めての時の場合には、結婚祝いというと何か決まったものを贈らなければいけないのかなど、不安が押し寄せてくるのではないでしょうか。

実際に結婚祝いというと、確かに誕生日プレゼントなどのように自由度はありません。

ですが、お祝いしたいという気持ちがあることが何よりも大切ですので、きちんと調べて、その中で自分がベストだと思ったものを贈ることができると良いですね。

そもそも結婚祝いとは

そもそも結婚祝いとは何のために贈るのかというと、それはやはりお祝いの気持ちを示すために贈るものです。

何となく儀式のようにご祝儀などを送っている人もいますが、やはり根本にあるのは結婚する二人に対してお祝いの気持ちを示したいという気持ちを表したものだということが大切です。

それが大切な友人であればあるほど、友人の新たな門出をきちんと祝ってあげようという気持ちが起こるのではないでしょうか。

最も、結婚祝いの場合には、きちんとそれなりの形で贈らなければマナー違反のように扱われてしまうこともあるので注意が必要ですね。

きちんとこういった慶事の場合のマナーは心得ていることが大切です。

結婚式や披露宴に出席しなかった場合にも

結婚祝いというと何となくお金を贈らなければいけないと思っている方もいるでしょう。

結婚式や披露宴に出席するときにある程度のお金を送るということが想像されますよね。

ですが、それに出席しなかった場合でも、きちんと送らなければいけません。

何となく「結婚式の参加代」と考えると欠席した場合にはいらないように思われるかもしれませんが、正確に言えばそういったものは全て「結婚のお祝い」なのです。

結婚のお祝いの気持ちを示すのなら、出欠に関わらず、贈った方が良いものでしょう。

ただし、必要な額というのは欠席した倍には変わってきますので、一般的に友人という立場ではどれくらい必要なのかということは、きちんと事前に調べておいた方が良いかもしれませんね。

広義では現金やご祝儀も含まれる

上述のように、広義では現金やご祝儀といったものも結婚祝いの中には含まれることが多いですね。

これらは結婚する二人へのお祝いの気持ちというものもありますが、何となく結婚式の出席代などととらえられることが多くあります。

また、多くは結婚式の支払い費用になっていることも多いので、出席者としてもそれらの内情を知っていると「結婚式費用代」「参加代」という認識になってしまうのではないでしょうか。

もちろん、そういった事情はあるとはいえ、元々は結婚する二人へのお祝いということで始まったのが、現金を贈る習慣であったり、ご祝儀などです。

ただ、これらはマナーの一つとして贈るものであって、何となくそこに心を込めるのは難しいと思う方が多いでしょう。

そういった場合には、やはり何かのプレゼントを贈った方が良いのではないでしょうか。

結婚祝いを送る時期

結婚祝いを送る時期というのも困ったところがありますよね。

ページトップ