たまたま友人に親戚の人を紹介する時に戸惑うことがあります。

自分とその親戚の人の関係を的確に表現することと、その親戚の呼び名を思いつかない時があるからです。

「私の父の兄弟で長女の子供の娘です。長女です」などと長々と正確に説明することにもなります。

友人の方も、なんとなく「いとこの娘」なんだと理解したようですが、初めから「いとこの娘なんです」と言えばよかったのかも知れません。

正確に紹介しようとして、余計に分かりにくくなったようです。

「いとこ」とは、簡単には自分の親の兄弟姉妹の子供ということです。

自分の親には、父と母があります。

そしてその父と母の兄弟姉妹がいると、その子供同士は「いとこ」の関係となります。

自分の父と母の兄弟姉妹の年齢や性別によって、厳密には「いとこ」の呼び方は同じでも、漢字で書けば異なるのです。

簡単そうですが複雑で分かりにくいですね。

ついでに漢字でまとめると、年上の男性のいとこは「従兄(じゅうけい)」、年上の女性のいとこは「従姉(じゅうし)」、年下の男性のいとこは「従弟(じゅうてい)」、年下の女性のいとこは「従妹(じゅうまい)」となります。

さらに追加でまとめると、男同士のいとこは「従兄弟」で女同士のいとこは「従姉妹」、男女同士のいとこは「従姉弟」又は「従兄妹」と書くのです。

ひっくるめると「従兄弟姉妹」とも書くようです。

呼び方は「いとこ」なのに、続柄を漢字で書く時には、何とも複雑なのですね。

話を戻しますと、友人に親戚を紹介する時に使う「いとこ」という呼び方は、一般的にも分かりやすい表現だと思います。

しかし、さらにそのいとこに子供ができた時には、その子供は何と呼ぶのでしょうか?仲の良いいとこ同士の場合には、「いとこの○○ちゃんの子供だ」と本人の名前で呼ぶことが多いのですが、知らない人に説明する時には何と呼ぶのかを知っておくことも必要です。

結婚式などでの席次表を書く時には、正式な名称を書く必要があるからです。

親戚の間での続柄を説明する機会があると、いつも困ってしまうのです。

そして、その「いとこの子供」から見ると、自分は何て呼ばれるのかと考えてしまいますね。

この機会に、いとこの子供についてまとめてみました。

いとこに子供ができた!そんなときは何て呼ぶ?


お正月に、久しぶりにいとこが子供を連れてやってきました。

ちょっと会わない間に、もう幼稚園に通っているとのことです。

そして、いとこと母は「私たちも年を取ったから、子供も大きくなるのは当然ね!」などと言って笑うのです。

大きな病気や怪我もなければ、それだけで良しとするようです。

では、「いとこの子供」は何と呼べばよいのでしょうか?いとこの子供が男の子の場合と女の子の場合について考えてみました。

いとこの娘の場合

両親に兄弟姉妹が多い人は、いとこと言えども年齢層も幅広いことになります。

両親の兄弟姉妹でも早く結婚した人の場合は、その人の子供であるいとこは年長のいとこになります。

両親の兄弟姉妹で遅くに結婚した人の子供は、年長のいとこと比べると、10~15歳も年が離れていることもあります。

年長のいとこが大学を卒業すると言う時に、年下のいとこはまだ幼稚園という場合もあるのです。

いとこと言っても、親兄弟の結婚の時期やら環境によっても、すぐに子供を授かったりなかなかできなかったりと、様々なのです。

話を元に戻しますが、いとこの子供が女子の場合には、「従姪(じゅうてつ)」と呼びます。

あまりお目にかからない言葉ですが、いとこの娘を意味します。

「従姪」(イトコメイ)(じゅうてつ)

知り合いの人に自分の親族を紹介する時には、「いとこの娘の○○ちゃんです」なんて言えるのですが、結婚式の時の席次表などに記載する時には、長々と書くことができません。

そんな時に呼称として使われるのが「従姪(いとこめい、じゅうてつ)」なのです。

いとこの娘を指す言葉として「従姪」という漢字が当てられています。

「従姪」の読み方は、「いとこめい」または「じゅうてつ」と読みます。

日頃は何気なくいとこの娘や息子などと表現しますが、漢字で書くと戸惑ってしまいます。

いとこと同じように、「おじ」や「おば」もよく使いますが、これも漢字で書くとなると、両親よりも年上の場合や年下の場合によって漢字も異なっているのです。

家系図などでは、この違いは明確に表示されているようです。

そこで、いとこの娘の呼び方は「従姪」と書いて「いとこめい」または「じゅうてつ」なのです。

従姉妹違(イトコチガイ)

いとこの娘を表現する時に、「従姉妹違(いとこちがい)」と書く時もあります。

「従姉妹違」というのは、あなたから見て5親等の血族のことです。

あなたから見て「父母のいとこ」または「いとこの子供」を指しています。

この「従姉妹違(いとこちがい)」は別の呼び方で「いとこ半(いとこはん)」とも呼ばれます。

ちなみに、「親のいとこの子」を「はとこ」と呼びますが、その「はとこの親」のことを、あなたから見て「いとこ違い」と呼ぶのです。

このように呼び方も複雑なので、確実にいとこの娘と区別させたい時には、「従姪(いとこめい)」を使うと良いでしょう。

いとこの息子の場合

今度はいとこの子供が男子の場合です。

いとこの子供が女の子の場合には、「従姪(いとこめい)」と表現したように、いとこの子供が男子の場合には「従甥(いとこおい)」と呼ぶのが分かりやすいでしょう。

「いとこ甥」「いとこ姪」と言うと、いとこの子供で男子か女子かも一目瞭然なのです。

兄弟の子供は、男の子なら「甥っ子」、女の子なら「姪っ子」などと表現するので、「いとこ甥」「いとこ姪」が分かりやすいと思われます。

「従甥(いとこおい)」と呼ぶ以外に、「従兄弟違(いとこちがい)」と表現する時もあります。

いとこの娘の場合には漢字で書くと「従姉妹違」で、読み方は「いとこちがい」です。

これに対して、いとこの息子の場合の漢字は「従兄弟違」で、これも読み方は「いとこちがい」です。

娘の場合も息子の場合も、どちらも呼び方は「いとこちがい」ですが、男子の場合は「従兄弟」で、女子の場合は「従姉妹」と表現するのです。

「従甥」(イトコオイ)(じゅうせい)

いとこの子供が息子の場合は「従甥(いとこおい)」で、女子の場合は「従姪(いとこめい)」と呼べば分かりやすいと書きました。

「甥(おい)」なら男系で、「姪(めい)」なら女系と区別できるからです。

また、「従甥」の呼び方にはもうひとつ「じゅうせい」とも言います。

普段の親族間の会話でも、「従甥(じゅうせい)」とか「従姪(じゅうてつ)」と呼ぶことはあまりありませんが、親族の間のそれぞれの関係を表現するには「従甥」とか「従姪」が使われるのです。

地域によっては、いとこの子供という意味で「いとこ半」と呼ぶところもあるようです。

従兄弟違(イトコチガイ)

「従兄弟違」も「従姉妹違」も、どちらも「いとこちがい」と呼びます。

漢字の意味からも「従兄弟違」は男系で、「従姉妹違」は女系だとは想像できます。

「従兄弟違」はいとこの息子のことで、「従姉妹違」はいとこの娘のことなのです。

呼び方だけでは息子か娘かが分かりませんが、漢字で書くと明解なのです。

ここまでの説明を整理しますと、
・いとこの子供で、男子の場合は「従甥(じゅうせい)」、女の子の場合は「従姪(じゅうてつ)
・別の表現では、いとこの子供で男子の場合は「従兄弟違(いとこちがい)」、女の子の場合は「従姉妹違」と書きますが、どちらも呼び方は「いとこちがい」なのです。

・単純にいとこの子供のことを「いとこ半」と呼ぶこともあります。

いとこの出産祝いにおすすめな9個の品!こういうものを渡してみては?


小さい時から可愛がっていたいとこが結婚して、とうとう赤ちゃんが生まれたようです。

元気な男の子で、生まれた時の体重は3100gだったそうです。

名前も決まって、こちらにも連絡してきたのです。

ご夫婦ともに明るくてお元気なのですが、とても嬉しそうでした。

こちらも何か元気をもらったように感じて嬉しくなったのです。

そこで、早速いとこの出産祝をしようと思い、どんなものをプレゼントしようかと考えました。

あちこちから出産祝いをもらうかも知れないので、重なってしまわないかと心配してしまいます。

すると、重なっても良いもので必要なものならそれでも良いかなとも思ってしまうのです。

最近は、ドライにいとこに直接尋ねるという方法もあるようです。

いとこ本人が「出産祝いならあれを欲しい」と言ってくれれば楽なのでしょうが、それほど親しくないいとこなら、それもできないようです。

何か出産祝いをしたいけれども、何がよいのか迷ってしまいます。

こんな悩みは多くの人も抱えているようで、赤ちゃん用の商品を専門に販売しているお店に立ち寄って、実際にいろいろと見ながらベテランの店員さんと相談するのもひとつの方法です。

しかし、最近では「カタログギフト」というのがあって、贈られた相手がそのカタログの中の希望の商品を選択できるという方式の贈り物なのです。

出産時に必要な商品がいっぱい掲載されています。

本当に欲しいものが選べるので、贈る方としては気が楽です。

お祝い金額に応じた商品を選ぶことができるのです。

最近は、生活様式も変わってきているので、昔ながらのスタンダードな出産祝いよりも、実質的で役に立つグッズなども満載なのです。

ところで、出産祝いはいつごろまでに贈るかということですが、生後1週間を過ぎた頃からお宮参りまでの約1ヶ月くらいの間が理想のようです。

もちろん、後で分かってからお祝いを贈ることも問題はありません。

赤ちゃんが大きくなっていく過程で、いろいろと必要なものが変わってくるのですから、むしろ喜ばれるかも知れません。

そこで、出産祝いに喜ばれるお勧めの品を考えてみました。

ご参考にしてください。

1.タオル

何気なく毎日使っているタオルですが、顔や手を拭いたり、お風呂で身体を洗ったりする時に必要なものです。

大人になっても必需品ですが、赤ちゃんの時も様々なシーンで活躍するようです。

赤ちゃんのお風呂上がりに繊細な身体をソフトに拭いたり、お昼寝の時にもタオルケットのように身体にかけたり、オムツを替える時には身体の下に敷いたりと、非常に役に立つものなのです。

普段から大人が使用しているタオルは、毎日洗濯はしているものの、お母さんにすれば衛生的なタオルを使いたいと思うはずです。

きっと、赤ちゃん用は別に分けておいて、それを繰り返し使うはずです。

とすると、赤ちゃん用のタオルとしては必ず5~10枚ほどは必要なはずです。

赤ちゃんには絶対に使う!

産院から退院したら、家ですぐに赤ちゃんの世話が始まります。

初めての赤ちゃんなら、両親ともに緊張の連続になるのです。

まずは緊張するのが、赤ちゃんの沐浴です。

赤ちゃんの沐浴は、肌を清潔にすることや乾燥肌になりやすいので潤いを与えることです。

そして、身体を温めてやるとリラックスするのです。

赤ちゃんの沐浴には、赤ちゃん専用の沐浴剤も市販されています。

産院から退院してきたばかりの赤ちゃんは、特に清潔にしてあげなければ行けません。

だから、夫婦で沐浴をさせた後は、赤ちゃんの身体を綺麗なタオルで拭くことになります。

吸湿性が良くて肌触りの良いタオルが好まれるのです。

こんなタオルで、愛情を込めて拭いてあげるのです。

赤ちゃんには絶対に必要なのがタオルなのです。

普段使っていないタオルがあると、お母さんは安心なのです。

家庭で使うことも多い

タオルは、家庭でもよく使う物なので、たくさん用意している家庭も多いはずです。

しかし、赤ちゃんができると赤ちゃん専用に分けて使いたいはずです。

だから、赤ちゃん用にタオルを贈ってもらうと、お母さんから大変喜ばれるのです。

タオルは何枚あっても困ることはありません。

古くなると、大人もまた使うこともできるのですから。

タオルは、赤ちゃんだけでなく、家庭でも使うことが多いので大変喜ばれるものなのです。

赤ちゃんにタオルを贈る時には、肌触りが良いこと、アレルギーの心配が少ないオーガニックコットンのものも人気なのです。

ちょっと品質に凝ってみると喜ばれます。

タオルは頻繁に洗濯しますから耐久性が良くて、しかも吸水性、柔軟性にも優れたものを選んでください。

また、大き目のタオルやバスタオルも喜ばれるようです。