CoCoSiA(ココシア)

がたいがいいなと思う人の10個の特徴


がたいがいい人」というのは、あなたにとってプラスのイメージでしょうか、マイナスのイメージでしょうか。

これは個人の価値観や好みなど、それぞれの捉え方によって大きく印象が変わるものでもあります。

「がたいが良くなりたい」と思う人もいれば、「がたいがいいことがコンプレックス」と感じている人もいるでしょう。

がたいがいい事は、良くも悪くも、その人の個性であることに違いありません。

男女ごとに、この言葉の受け止め方も大きく変化すると思います。

今回は、「がたいがいい人」の特徴や悩み、更にはその魅力について考えてみましょう。

がたいがいい人の10個の特徴

がたいがいい人というと、具体的にどんな特徴があげられるでしょうか。

きっと、がたいがいい人にしか分からない事も多いはず。

体型やスタイルは人それぞれで求める理想系が異なるため、着目している観点も個々で違うでしょう。

ある人からすれば“羨ましい”事も、ある人からすれば“嫌な部分”かもしれません。

人の個性は、少し視点を変えるだけで、強みにも弱みにもなるから不思議なものです。

では早速、「がたいがいい人」の特徴を詳しく見ていきましょう。

1.普通の服が似合わない

がたいがいい人は、洋服選びに苦労することが多いようです。

がたいがいいと、肩幅や胴回りがしっかりしているので、洋服のデザインによっては、アンマッチが生まれやすく、不格好になってしまうことがあります。

似合う服装を探すのが大変

がたいがいい人は、体型がガッシリしているため、洋服に印刷されている柄が伸びてしまったり、肩の切り返しや洋服の丈が腕の裾が合わなかったりします。

自分の体型にピッタリと合う洋服を探すのはとても大変です。

「あの服いいな!」と思うデザインがあっても、まず自分の体型との相性を考えてしまいます。

トレンドで流行っているファッションアイテムなんかも、今どきの若者の体型に合わせて細身に作られていることが多いので、取り入れづらいという話もよく聞きます。

そもそもファッション雑誌に載っているようなモデルさんは、みんな細身でとてもスレンダーな体型なので、がたいがいい人からすると、あまり参考になりません。

一般的な体型の人よりも、洋服に関する向き不向きのジャッジが厳しくなるのは、がたいがいい人にとって大きな悩みの種になっています。

もちろんがたいがいい人に似合うファッションも沢山あります。

逆に、一般的な体型の人や細身の人が着てもあまり似合わないファッションをかっこよく着こなすことも可能。

同じ服装を身に纏った時、細身の人より、がたいがいい人が着た方がスタイリッシュに見える洋服も多いんです。

2.体格がいいと言われると照れる

がたいがいいということは、即ち「体格がいい」こととイコールです。

がたいがいいという言葉は、必ずしも言われた本人が喜ぶ褒め言葉というわけではないので、面と向かって「がたいがいいね」という人は少ないものです。

そこで、言い方を変えた「体格がいい」という言葉が使われます。

どちらも、そもそもの意味は変わりませんが、体格がいいという言葉は“よく鍛えられている体”や“しっかりとした体つき”ということで、逞しい体型を目指している男性や、身体が資本となるアスリートにとっては最高の褒め言葉になるのです。

生まれつき体格がガッシリとしていて、がたいがいい人など、自分の体型に対してあまりいいイメージを持っていない人からすると、そんなに嬉しい言葉ではないかもしれませんね。

しかし、体格と言うと体の作りが良い、という意味になるので受け止めやすいそうです。

いざ言われると照れる

心の中で「がたいがいい人だな」と思われているのと、いざ口に出して伝えられるのではわけが違います。

あえて口に出して相手の体型に触れるということは、いい意味で使われています。

とは言え、体格について褒められると、なんとなく照れ臭くなってしまいますよね。

体格がいう言葉な、色々な意味を含んでいることがあるので「どういう意味で言われているのだろう」と、素直に受け止められないこともあるでしょう。

3.バイト先の制服がピチピチで恥ずかしい

がたいがいいと、バイト先や職場の制服のサイズが合わず、ピッチリしてしまうことがあります。

勤務中に着る制服は、だらしなく見えるデザインではいけませんので、タイトに作られていることが多いため尚更です。

一般的な標準体型の人に合わせて作られている制服は、がたいがいい人からすると、とっても窮屈でピチピチになってしまいます。

制服があまりにもピッタリしていると、体のラインが露わになってしまうので恥ずかしいと感じる人が多いようです。

胴や肩がシッカリしているので、胸元のボタンかパツパツになってしまうこともあれば、丈なんかもつんつるてんになってしまうこともあります。

一般的な体型の人が着ると素敵に見える制服も、がたいがいい人が着ると、同じデザインに見えないくらい印象が変わってしまうこともあるのです。

ピチピチで動きにくい

ピッタリした制服は、恥ずかしいだけでなく、大変動きにくいという難点もあります。

腕を上げたり肘を曲げたりする動作さえ、容易ではありません。

ちょっと気を抜くと縫い目が裂けてしまうなんてこともしょっちゅう。