CoCoSiA(ココシア)

バツイチが語る!9個の生活の変化!離婚後の生活はこう変わる


昔の日本では、男尊女卑が当たり前として考えられていました。

女性は男性を立てるべき。

例え理不尽な事があったとしても我慢しようと言う流れだったのです。

だからこそ、多くの女性は自分の気持ちを押し殺し男性につかえてきたのです。

その為、嫌な事が合っても、我慢するしかなく離婚するなどよっぽどの事が無い限り出来ませんでした。

離婚に対する偏見は以前からありました。

実家に帰れば出戻りと言われ近所で噂になる事も珍しい事ではありません。

バツイチで再婚をする事も難しく、まるで犯罪者のように言われるような事もあったと言います。

だからこそ、女性たちは自分の気持ちを我慢して好きでもない旦那に合わせるような生活を送ってきたのでしょう。

けれど、今の時代は違います。

以前は、そもそも女性が一人で生計を立てる事自体が難しい事でした。

その為、生きていく為には男性に合わせなければならなかったのです。

けれど、それも昔の話。

いまでは、女性も男性と対等に仕事をする事が出来るようになっています。

むしろ、男性よりも優秀な女性も多く居るでしょう。

だからこそ、あえて嫌いな男性と一緒に過ごす時間を選択する必要はなく嫌いならば別れれば良いのです。

だからこそ、最近では離婚する人が増えました。

良いことかどうかは難しい問題ではありますが、嫌で嫌で仕方のないほどの相手なのであれば、別れると言う事も、ひとつの方法なのではないでしょうか。

とは言え、いくら相手が嫌いで顔も見たくないとさえ思って居たとしても、だからと言って直ぐに離婚を決断する事が出来るかどうかは別の話です。

なかなか踏ん切りがつかず、長い間悩む方も多い事でしょう。

そこで今回は離婚後に起こりうるであろう生活の変化についてご紹介させて頂きます。

バツイチの経験から離婚後の生活をご案内

最近では、離婚を敬遠する人も少なくはありません。

自分の人生は自分のものです。

嫌いな相手と一生を過ごすのであれば別れる決断をする事も必要な事なのでは無いでしょうか。

ですが、その決断をするには勇気がいります。

結婚は、人生の中でも大きなターニングポイントの一つです。

一度は一生一緒に居ようと思った相手なのです。

『もう少し頑張ればうまく行くのではないか』

『ここまで来たら分からなくても良いのではないか』

など色々な事を考え、決断をする事が出来なくなってしまうのです。

また、周りからの意見を気にすることもあります。

いくら離婚が珍しいものでは無くなったとしても、やはりまだまだ厳しい意見を言われる事もあるでしょう。

親から泣かれてしまうなんて事もあるかもしれません。

そんな時は、離婚を後悔する事もあるでしょう。

ですが、きちんと考えて決断事であれば、多少嫌な思いをしたとしても後悔なく乗り越える事が出来るはずです。

後悔のない決断をする為には、きちんと理解をして決める事が必要です。

どん事が起こるのか。

離婚後の生活では、勿論メリットだけを感じる事が出来るわけではありません。

時にはデメリットを感じる事だってあるはずです。

だからこそ、それらをきちんと理解し決断する事が大切なのです。

離婚までは色々な情報を目にする事が出来るでしょう。

けれど、その後の生活をきちんとありのままに紹介してくれる場所は意外とありません。

だからこほ、こんな事では無かったと後悔してしまう可能性もあるのです。

そこで、離婚後の生活をありのままに紹介させて頂きます。

離婚経験者だからこそ分かる、リアルな意見を是非ご覧下さい。

1.離婚届けを出せば終わりじゃなかった離婚後の書類と荷物の戦い

離婚をしようと決断した場合、イメージとしては離婚届さえ用意すればいいと思ってしまいます。

実際ドラマの中での離婚シーンも離婚届に判を押すかどうかのシーンばかりが注目されています。