CoCoSiA(ココシア)

熟年離婚で後から後悔する6個の理由と老後の対策


長年連れ添ってきたはずの配偶者なのに、年齢を増すごとに嫌いな要素がどんどん増えていくことに悩みを抱えていませんか?

そのような悩みを抱えている人というのは、あなただけではないんです。

そのように長年連れ添ってきて死ぬ時も一緒…なんて約束をしたはずの奥さんや旦那さんに対して愛想をつかしてしまう人というのが最近増えています。

それを象徴しているのが「熟年離婚」なんですよね。

あなたは、芸能界のニュースや新聞の記事などで「熟年離婚」という言葉をよく耳にすることができるようになったのではないでしょうか?

ずばり、そのように熟年離婚する人が増えているんです。

なかには、「離婚をしたいけれどもなかなか踏み切ることができない」「言い出すことができない」という方もいれば、「離婚をするほどでもないんだよね」なんて思っている方もいらっしゃることでしょう。

そのような悩みを抱えているのもあなただけではありません。

ずばり、あなた以外の人でもそのように感じている人がたくさんいるからこそ、そしてその悩みの段階から一歩踏み出したからこそ熟年離婚が増えています。

旦那さんの給料で過ごしてきた人にとっては、シングルになることというのはとても怖いかもしれないですね。

なぜかといいますと、「生活していくことができるのか」「本当に一人で生きていくことができるのか」なんて感じてしまうからです。

しかし、今まさにそのような悩みを抱えているということは、あなたは人生の転機に来ていると思っていただいてもよいかもしれません。

その転機を良いものにしていくためにも、これからやってくる老後を何も気にせずに楽しんでいくためにもぜひこの記事を参考にして“熟年離婚”について学んでください。

この記事では、熟年離婚について特集しています。

熟年というのは何歳からいうのか?またどのようにして熟年離婚すればいいのか?そのメリット、また熟年離婚することによって後悔すること…などなどあらゆる角度から“熟年離婚”についてお伝えしていますよ。

今はまだ悩んでいる段階かもしれませんが、この記事を読めばそのような悩みがなくなるかもしれません。

️熟年離婚とは?

あなたは、「熟年離婚をしたい」と考えているのでしょうか。

それとも身近にも増えてきた熟年離婚に対しての情報を得たいと考えているのでしょうか。

どのような場合にせよ、最近よく見聞きすることの増えた“熟年離婚”というのは、どんなものなのかしっかりと理解している方は少ないのではないでしょうか。

おそらく、多くの方が「熟年になった夫婦が離婚すること」ととらえていることでしょう。

もちろん、そのような考え方でもおかしくはありませんし、正解としてもよいでしょう。

しかし、熟年離婚の“熟年”というのは大体の年齢が決まっているといわれているんです。

もしかしたらあなたは「熟年離婚をしたい」と考えていたとしても、実際は熟年なんかではなくてただの“離婚”であったなんていうケースもあるんですよね。

とはいえ、子供も大きくなったし、家のローンの支払いも終わった、それにお互いの親族もぞくぞくとこの世から去っている…そのような状況だと、自分たちも熟したな、もう老後が近いのかな…なんて思うようになりますよね。

そのような状態で離婚をする、そしてこれまで長年連れ添ってきた配偶者との別れを決意するとなったときには、さらに自分たちがこれから熟年離婚をしようとしていると感じるのではないでしょうか。

そうはいっても、熟年離婚をするとはいえ、それがどのようなものなのかしっかり把握していないと困ってしまいますよね。

いざ、熟年離婚をしようとしたときに問題が発生しないように、そして後になって後悔しないようにしっかりと「熟年離婚」とはどのようなものなのかについて学んでおきましょう。

では、まずは「熟年離婚」とはどのようなことをさしているのか、その基本情報についてお伝えしていきます!

何歳からが熟年離婚?

あなたはおいくつでしょうか?おそらく「熟年離婚」をしようとしているのですから、50歳以上の年齢になっているのではないでしょうか。

あなたは、もっと若くても相手の年齢が50歳を超えているなんて言うこともありますよね。

そうなんです。

「熟年離婚」をすることになる人の年齢というのは、だいたい50歳を超えている夫婦で、それでいて結婚生活を20年以上送ってきている人のことをいうんですよね。

つまり、あなたたちご夫婦がそのような条件にあてはまり、さらに離婚をしようと考えているのであれば、世間一般から見ればそれは“熟年離婚”になるということになります。

しかし、なかには結婚生活を20年以上してきたとはいえ、お互いの年齢が40歳代ということもありますよね。

お互いに早くにして結婚したケースです。

そのような場合でも、結婚生活をだいたい20年以上してきているので“熟年離婚”ということができるようになります。

あなたがこれからしようとしている離婚は、はたして熟年離婚なのかどうかなのかを先に把握しておきましょう。

また、これからそのような条件にあてはまるようになるご夫婦も、その年代になってから離婚をすれば“熟年離婚”することになります。

熟年離婚の割合


これまでに熟年離婚というのはどのようなことをいっているのかをお伝えしましたね。

そんな熟年離婚ですが、ここ数年でやたらその言葉を見聞きする機会が増えているのではないでしょうか?

そのため、熟年離婚をするのは当たり前だと考えて、その考えにのっとって離婚をする人も増えています。

とはいっても、自分の身近な人で熟年離婚をしている人がいないとどうしても「まだまだ熟年離婚をする人はすくないのではないか」「そのような状況で熟年離婚をしてしまったら、悪く見られてしまうのではないか」なんて世間体を気にする材料になってしまいかねません。

では、実際はどうなのでしょうか?ずばり、日本国民全体の離婚率を100%とするのであれば、20年以上の結婚生活を過ごしてきた夫婦が離婚するのはその全体の15%くらいになります。

つまり、とても多いというわけでもなく、若者の離婚率に比べれば低いといってもいいんですね。

しかし、1990年代から比べると2000年台に入ってからは、熟年(20年以上の結婚生活をしてきた人たち)離婚する人たちは増加傾向にあります。

今では全体の約15%くらいしか行われていない熟年離婚ですが、これからますますその熟年離婚をする人は増えるといってもよいかもしれませんね。