最近では離婚するという方が非常に多くなっています。

一時期「成田離婚」といった言葉が流行ったようにスピード離婚や熟年離婚など最近の夫婦の離婚率というものは年々高くなる傾向にあります。

結婚当初はお互いの事が好きでたまらないのになぜ離婚にまで至ってしまうのでしょう。

そこに隠されていたのはズバリ「男女の価値観」にあります。

男と女は基本的に考え方が違ってきます。

一つの事に対しても全くちがった見解がありそのことが両方をイライラさせてしまうのです。

これが続けば喧嘩も日常茶飯事になってきてお互いの顔を見るのも嫌になってしまいますよね。

顔も見なければ話したくもない状態が続けばお互いの身体にも不調が出てきてしまいます。

その結果、離婚を選択する夫婦がとても増えているのです。

一緒になってみて初めて分かった相手の考え方はすぐに理解することも出来ませんし、自分のこれまで考えていたことを全て否定されれば怒りの感情も沸いて当然です。

ですが、お互いがあらかじめ離婚原因となる価値観の違いを理解していたのであれば違った結果に結びつく可能性だってあるわけです。

せっかく好きな人と結ばれてもお互いに憎みあって別れるとしたら少し寂しい気もしますよね?

つい3か月前まではあんなに愛していた人が今では憎しみの対象になってしまうことはとても哀しいことに思えてなりません。

少なくともお互いが冷静に話し合える感情になるには「男女の価値観の違い」というものをお互いが理解していることが必要になってきます。

その上で、離婚を決めるのであればそれほど相手に対して憎しみが沸くこともないでしょうし、場合によっては考え直してうまくいくケースだってあるのです。

それでは離婚原因になる「価値観の違い」とは、具体的に何なのでしょうか?詳しく一覧化して解説します!

男女の価値観の違いって何?離婚原因になるって本当?

元は赤の他人同士が一緒に住むことには様々な弊害が出てきてしまいます。

中でも一番の違いはそれぞれの価値観です。

結婚したからといってもすでに自分という存在や個性は出来上がっていますよね?今更自分の考えを全て相手に合わせることなどムリだと思うのが普通です。

例えば掃除の仕方でも人によってやり方はバラバラ。

端からから掃除機をかける人もいれば部屋の中央から始める人だっていそうです。

そんな時に問題となるのがその人の持つ掃除への価値観ですよね。

自分はこう思う・私はこうでないと気が済まないなど、色々と思っていることが出てきてしまいます。

結婚したばかりの時は喧嘩をしてもすぐに仲良くなれることが多いですが、一緒にいる月日が長くなればそういった甘い生活でもなくなってしまいます。

そのために喧嘩の絶えない日々となってしまい離婚にまで発展してしまうのです。

やはり男女の考え方は根本的な部分でズレがあるようで、そのズレた部分がお互いの気持ちを冷めさせることになってしまいます。

価値観と一言にいっても色々とありますので、どういったケースが離婚を考える原因となるのかお話ししたいと思います。

価値観とは?

まずは価値観そのものについての意味になります。

価値観とはどのような事に対して価値を見出すかという個人の考えです。

例として「お金の価値」をあげますが、夫が貯金して貯めることがお金の価値だという考えを持っていても、妻がお金は使うことに意味があると思えばそこで意見の食い違いは出てきてしまいますよね。

どちらもお金ということに対してに意見ですがこの場合はなかなか意見が合うことは難しいと言えます。

貯金こそが価値という人と使うことが価値の人ではいくら話し合いをしても平行線のままでしょう。

このように男女や夫婦の中では自分との考え方の相違点がいくつも出てきてしまいます。

では、この価値観の違いというものはどのような感情を生み出すのでしょう。

価値観の違いがあるとどうなる?

恋人や夫婦でもあまりに価値観の違いが多ければ口論の引き金になってきます。

中でも子育てに関しては夫婦間での意見の食い違いが多いと言われています。

子供を私立へ行かせるためのいわゆる「お受験」といったことは女性の目線から見れば将来的なものを見越したうえでの考えになり、私立受験に価値を見出しています。

しかし夫の方は子供に必要なものは友人同士での触れ合いや体力をつけるために外で遊ぶといった考えが多くなり、小さい頃は受験など考えずに遊ぶことを大事にしろなどの意見が聞かれます。

最終的にこれに振り回されるのは子供です。

夫婦の考えがまとまらないまま時間が経過し夫婦間の仲も悪化しますよね。

この状態で終わってくれればいいですが関係がさらに悪化していく場合には離婚という考えも出てきます。

夫は養育費を出し妻は子供を引き取って育てていくということも十分に考えられます。

価値観の違いは本人だけではなく周りの人間も巻き込む可能性があるのです。

離婚、別れの原因に

前述の通り考え方の違いというのは人の感情を逆なでしていきます。

自分がこう思っていても相手に反発されると気分は良くありません。

男性の場合、女性には理解出来ないような趣味を持っている人もいますよね。

鉄道の模型をいくつも集めている人がいたりを女性から見ればゴミとも思える趣味です。

しかし男性にとってはそれは大切な宝物でもあり自分にとって非常に価値のある物になります。

よく聞く話で夫の集めていた趣味のものを捨てるということがありますが、これは十分に離婚の原因となってきます。

妻からみればくだらないオモチャにしか見えなくとも夫には大切な物です。

今では売ってない限定品のようなものもあればレアな物も含まれていたかもしれません。

こういったお互いの趣味などにも全く違った価値観が存在します。

そして、この違いは別れる原因にもなってきますし離婚する場合の理由にもなってくるのです。

価値観の違いで離婚する人は約半数

毎年多くの夫婦が離婚という選択をしていますが、その約半数が価値観の違いからきているといわれています。

考え方が出来上がってしまった後ではどうしても相手の意見を受け入れることが出来ないと考える結果でもあり、夫婦生活の最大の悩みとも言えます。

普段のことでは二人の意見がほぼ同じでも「ある一点」に関してだけは意見が分かれてしまい、いつも喧嘩になってしまうようなケースも多いでしょう。

どちらかが折れるという事ではなく互いが自分の考えを認めてもらいたいのです。

これは中々難しい問題でもあり夫婦の価値観の違いというものは色々な人にまで影響が出てきてしまいます。

友達の縁が切れることも

結婚して夫婦生活が始まるとそれまで見えなかったお互いの気持ちが出てきますよね。

それはお互いの友達との関係にも影響してきます。

夫が月に一度のギャンブルなどを楽しんでいた場合などは当然に友達などが増えてきます。

妻はギャンブルという行為に価値を感じない場合は、友達との縁を切ってくれと言うパターンも出てきます。

逆に妻の友達が浪費家の集まりだったとすれば同じような事態になるでしょう。

結婚前はお互いのお金は自由に使えても一緒に暮らしているとなれば話は別問題です。

高いブランドのバッグなども必要ではなくなってきますし、5,000円のランチも夫にとってはお金の無駄遣いにしか感じられません。

こうした場合も妻は友達との縁を切ってくれと言われるパターンが多くなります。

お金を必要以上に使うことに価値を見出せなければ当然の結果ですよね。

こうした事もお互いに妥協することが出来れば問題は解決しますが、友達との縁を切ることは嫌となれば別れる引き金にもなってきます。

友達も夫婦の喧嘩へ巻き込んでしまうことにもなりかねませんし、二人だけでの問題ではなくなってしまいます

それでは離婚原因となってしまう価値観の違いでどのようなものが多いのか見ていきましょう。

色々なパターンがありますので参考にして下さいね。

離婚原因にありがちな価値観の違い

ある日突然「こんな人とは思わなかった!」といった声が聞こえてきました。

それまでは仲の良い夫婦の関係を築けていたと思っても価値観の違いというものはどちらかが我慢をして相手に合わせているケースが多いとされています。

こんなことが離婚の引き金になり結果としては最悪なものへなってしまいますよね。

自分たちがそういう状況にならないように、どのような価値観から離婚へと発展してしまうのかを知っている必要があるのです。

まずは一番多いとされるお金の問題です。

金銭感覚


金銭感覚が違うという言葉はよく耳にしますよね。

これは両方に言えることで、独身のときのお金の使い方がどうしても直せないというものです。

収入を全て使ってしまう人ときちんと将来の計画を立てて必要なお金は貯金しようと考える人が結婚したらどうでしょう?

どちらか一方が頑張って貯金しようと思っても使われてしまっては貯めるお金もありません。

これでは喧嘩になってしまいますよね。

また趣味の問題も出てきます。

夫がバイク好きな場合ですと妻から見れば信じられないような金額をバイクのために払うようなことが起きてきます。

普段は節約しながらの生活でも趣味になると人が変わったようにお金を使う人は実際に存在するのです。

これは金銭感覚の違いでしかなく、二人でとことん話し合う以外には解決策は出てこないでしょう。

お金の問題は結婚してからの方が多く、どちらかの感覚が狂ってしまえば家計にも影響してきます。

ある程度の約束を決めるなどして妥協していくことが必要になってきますが、多くの人は生活を共にしてから気がつきます。

そうならない為には結婚前にきちんと話し合っておくことが大切です。

食事マナー


食事も離婚原因になりうるものです。

肘をついて食事をしたりそれまでのものとはあまりにも違うギャップを見たときなどは喧嘩の原因にもなってしまいます。

恋人同士の時はどうしても自分を良く見せようと思います。

この心理は当然ですし結婚をお互いに希望していれば当然ですよね。

ただし、結婚してからも食事のクセや汚い食べ方は相手に不快な思いをさせることにも繋がります。

独身の時は周りから何も言われることはないでしょうが、結婚すればお互いの友人であったり実家へ遊びにいったり色々な人との付き合いも出てきます。

食事のマナーでどちらかが悪い場合などはきちんと直してほしいと思っているはずです。

長く習慣になってしまったクセは中々直るものでもなく、自分のパートナーへ恥をかかせてしまうかもしれません。

もしそうなってしまえばやはり離婚の原因にもなってきますよね。

どうして直そうとしてくれないのかと、相手に責められますし言われた本人もつい言葉を返すかもしれません。

どちらにせよ食事マナーというのも結婚したあとはお互いに気をつけるべきことであり、問題が大きくならないうちになんとか解決できることが望ましいと言えます。

細かすぎる割り勘主義

こちらもお金に関する価値観の違いですね。

今は夫婦でも共働きといった生活スタイルが多くなり生活費なども収入に応じた金額でやりくりをしているといった家庭が増えてきました。

ただし、現状では妻の収入は夫よりもかなり少ない金額になることが多く細かすぎる割り勘主義というものは口論の原因にもなっています。

割り勘主義がいけないとは言いませんが、外で外食をする場合でもこういった事も持ち込んでしませば相手もいつかは爆発してしまいます。

お金への価値観というものは人によって違いますが、あまりにも細かく分けすぎてしまえば何のために二人が結婚しているのかも分からなくなってしまいます。

この場合も我慢の限界を超えた場合には離婚の確率が非常に高くなりますので行きすぎた考えというものは注意が必要となります。

過剰な趣味重視

結婚しても自分の趣味を続けたいという人は沢山います。

子供の頃から集めていたものやストレス発散にしている車やバイクといったものは簡単にやめられることは出来ません。

結婚前からその事は聞いていたし相手にきちんと話をしていた時でも、のめり込み方が異常であれば相手も不快な気持ちになってしまいますよね。

せっかくの休日でも二人で出かけることもなく朝から晩まで趣味に没頭していたら怒りたくもなりますよね。

最初のうちは許されるかもしれませんが多くの場合、離婚まで発展する原因となるのは子供が産まれたときです。

子供の面倒も見ずに趣味で一日を費やす夫などへだんだんと怒りが沸いてきます。

趣味という息抜きはとても良いと思いますが結婚すれば一人の人生はありませんよね。

夫婦が共通の趣味を持っていたとすれば口論は起りにくいと言えますが、まったく興味がない場合などは喧嘩の原因にしかなりません。

過剰すぎる趣味への行動は離婚へのきっかけにもなってくるので、きちんと家の時間もとるようにすることが大切です。

異性の友達との接し方

学生時代は同性に限らず異性の友達も沢山できると思います。

ただ、結婚してからはやり取りを制限されるなどの不満も出てくるようです。

結婚前は異性の友達と朝までカラオケを楽しんだりしてたとしても結婚後はなかなか許されることではありませんよね。

友人という認識を相手に伝えることも大事ですが、相手を不安にさせてまでのつき合いというものはあまり良い結果にはなってきません。

これはどちらの場合にも言えることで、いくら友達といえど接し方は考えるべきなのではないでしょうか。

自分のパートナーの気持ちを落ち込ませるような行動はいかに友達としか見てないといった価値観をもっていても相手には伝わりにくい部分が出てきます。

異性の友達の場合は両方がお互いに知っているような共通の友人でないとかなり難しいとも言えますし、学生のようなつき合いを結婚後もそのまま続けていればいつかは離婚の話しも出るかもしれません。

夫婦ですから当然に疑いの眼差しも持ってきますし生活に影響も出るでしょう。

あまり事を大きくしないようにすることも大切ですので、異性の友達関係は特に注意が必要になってきます。

子供や動物に対する態度

価値観の違いは子供や動物などでも出てきます。

子供に異常に愛情をかけてしまったり、ペットなどへの過剰すぎる執着などは夫婦間の仲を悪くする原因になってきます。

こういった事でも離婚につながることがありますからお互いの注意は必要になってきます。

逆に全く構わないというのもあり得ますよね。

子供が出来ても任せきりという状態です。

これでは一人だけに負担がかかり身体が休まる時がありません。

夫の場合は仕事が忙しいからと言って家にいる時間が減ってきますし、妻の場合なら夫が子供の面倒を見なければいけなくなってきます。

こうした価値観の違いは実際に子供やペットなどが家にいなければわかることは出来ませんし重大なことにも繋がってくるのでお互いの注意が必要となります。

強すぎる束縛

相手を束縛するという気持ちにもお互いの価値観の違いは差が出てきます。

結婚後は他の知り合いと合うことは一切許さないといった強すぎる束縛は相手の反発しか買わないでしょう。

いくら夫婦になったと言えども個人のつき合いというのもあります。

自分の関係のない人たちを巻き込んでの束縛は喧嘩の原因にしかなりません。

つき合う事で明確なデメリットがないということであればお互いが多少のことは許しあえる環境を作っていくことも必要です。

結婚してからは人が変わったように束縛してくる方も多いと聞きますが、限度をすぎたものは離婚の原因にしかなりません。

悪すぎる家族仲

結婚するとお互いの実家ともつき合いが出てきますがここでもまた問題となるものがあります。

例えば夫の実家の家族仲が悪すぎる場合などは妻にしてみれば心を痛める原因にもなってきます。

自分の家族はみんな仲が良くていつでも楽しいのにといった思いも出てくるのではないでしょうか。

価値観の違いと言えばそれまでですがあまりにも家族同士の仲が悪ければ実家へもいきずらいでしょうし、妻の気持ちもだんだん変化していってもおかしくありません。

自分の家族がとても仲が良い場合には相手の家族の仲の悪いことが不思議にさえ思えてきます。

これはお互いの生活環境から生まれてくる要素が大きいので話し合いをしても解決しない場合が多いです。

こういったケースも離婚の原因となってきます。

家族を大切に出来ない人とは一緒にいたくない・結婚しても家族と仲良くすることが信じられないといった双方の意見のぶつかり合いです。

あまりにも違いのある家族への気持ちはお互いの生活にも大きな影響がでてくることが多くなりあらかじめ話し合ってみることも必要なのかもしれませんね。

高すぎる上昇志向

夫婦どちらも上昇志向というものはもっていますが、夫がこの地位で満足していても妻が許さない場合がありますよね?

一般的に言う見栄の気持ちが高すぎる上昇志向をうむきっかけになっています。

この場合も自分の地位という価値観に大きな違いがでてきます。

ある程度の上昇志向は生活の張りにもなり夫の気力へも繋がりますが、到底無理に思われるほどの考えでは夫の精神は参ってしまうでしょう。

期待する気持ちを否定するつもりはないのですが、大きすぎることを望まれても本人にとってはストレスにしかなりません。

夫婦生活において大切なことは不安定な生活にならないことが大切であり、地位があがったからといってそれが保証されるわけではないのです。

期待が大きければ大きい程、夫の気持ちは離れていき最終的には離婚ということにもなってきますのであまり期待をかけすぎるのも問題があると言えます。

子供の教育に対して

子供の教育にも色々な違いが出てきます。

大学であれば有名な所でなくてはダメだとか、塾は週に5日以上通わせないといけないなど、子供の教育方針に関しては昔から色々なことが問題にもなっています。

自分が大学へいけなかったから絶対に良い大学へ入学させたいといった人もいるでしょうし、早くから塾へ通わせないと将来が心配という人も出てきます。

この場合夫婦の問題だけではなく子供の生活にも影響が出てくるので話し合いといったものは必要ですよね。

一人で独断で決めることが多いので問題になってくるので、家族での会議といった方法で決めてみることが大切になります。

生き方や生活スタイル

生き方や生活スタイルにもそれぞれの考え方が出てきます。

何にでも積極的であったり、反対にどのようなことでも慎重に進んでしまう人もいます。

自分の生き方などに合わないと口を出してしまう人がいますが、個人の性格によるものも大きく関わってきますので簡単に改善されるとは思えません。

お互いが妥協できる点を探して解決する方向へもっていければ理想的ですが、多くの場合は自分の考えの押しつけになっているようです。

こういったことも離婚の原因になってきますので、注意が必要になります。

仕事に対する価値観

仕事ということに対しても男女の違いは出てきますよね。

男性の場合、多くの人は会社への貢献を第一に考えていきますが、女性の場合は自分の生活リズムを出来るだけ崩したくないといった考えが多いようです。

中でも喧嘩の原因になりやすいのは残業です。

女性の場合は適度な残業であれば普通にこなしますが、夫の場合の残業はとにかく時間が長いという点から意見の食い違いが出てきてしまいます。

男性の場合はやはり家族を守るという意識から残業が多少長い時間になっても我慢することが出来ますが、女性の場合は残業が毎日続く場合などは夫への理解が足りない状態になってくるようです。

違った価値観、あなたならどうする?

さて色々なケースの価値観の違いというものがありますが、こういった事になってしまった場合あなたならどうするでしょう?

放っておけば離婚の危機にもなりえますし、自分から相手の意見に合わせるでしょうか?

解決する方法はコレだ!という明確なものはありませんが、こういった考えで進めていけば解決への道が開けるという考えをお話ししていきます。

同じ価値観を持った人はいない

まずお互いが理解してほしいことですが「同じ価値観を持った人はいません」これは必ず二人が理解して頂きたいと思います。

元々の家族でないから分かり合えないといった事ではなく、どんな人間でも完璧に同じ価値観をもつということは不可能です。

ですから元々が他人であれば尚更そういったことは出てきますよね。

むしろ価値観の違いがでることは普通のことになります。

始めにわかっていただきたいのはこれについてです。

物事を解決しようとする時にいきなり本題に入ってしまう人がいますがそれは正しいやり方ではありません。

どの様なことが問題になっているのかをまずは当事者同士が理解することから始めなければあとで意見の食い違いが出てくるからです。

ですから価値観に違いが生じた場合、最初に行うことはどんな人間でもそれぞれの価値観をもっており理解されなくても当たり前だと思って下さい。

価値観を一緒に育てることが大事

次にやるべきことは話し合いです。

価値観というものがそれぞれ違うのであれば、二人で共有できる価値観を新たに作っていけば問題は解決に向かいますよね?

どんなに頑張ってみたところで個人の価値観を変えることは不可能です。

怒鳴っても喚き散らしてもそれは変わることのない事実です。

そうであれば二人が納得できる新しい価値観を持つということがとても大事になってきます。

今までは個人がもつ価値の中で意見の対立が起きてしまいましたが夫婦になって大切なのは同じ価値観を共有することです。

これをするかしないかで離婚という悲しい結果にもなりますし、幸せな生活を送ることが出来るきっかけにもなってきます。

どうせ同じ価値観を持てないとわかってしまえば新しい二人だけの価値観をもつことにしてみることが大切なことになってきます。

価値観を合わせるのは違う

この価値観ですが、一方が合わせるといずれは感情の爆発が起きてしまいます。

自分が元々もっている考えを全て否定されるということは耐えるにしても限度があるからです。

どちらかが合わせるようなやり方では必ずつらい結果へと導かれます。

そうなってからでは修復しようにもムリだといっても言いでしょう。

ですから、自分の考えを相手に押し付けて無理やり納得させるやり方は絶対にしてはいけないことであり解決することもありませんのでご注意下さい。

離婚する人が多いのはこの部分で間違いに気づけない人が多いからになります。

相手に合わせるということは誰の得にもなっていませんよね?

自分は苦しむだけで最悪の場合はそれが離婚への引き金にもなってきます。

間違ったことはやめて、正しい解決方法を選ぶようにしなければいけないと言えます。

価値観の違いを知って、相手を受け入れよう(まとめ)

価値観の違いで離婚をする人がかなり増えているということを知って頂けたでしょうか。

自分の考えというものは自分だけのものであり、他人に強制することは不幸を招きます。

私たちはいつでも色々な部分で価値を見出していますが、夫婦であるならば同じ価値観をいうものを抱く必要性が出ていると感じます。

いくら仲の良いフリをしていてもいつかはその関係は壊れてしまうおそれがあるからです。

相手の言いたいことと自分が思っていること、この二つの考えを練り合わせていくことで全く新しい価値観というものが生まれてきます。

これは二人にしか理解できないことでもあり、他の誰に言ってもわかってもらえないかもしれません。

それでも二人の問題というものは当事者同士が解決するしか道はありません。

その為に必要になってくることが価値観の共有なのです。

離婚というものはお互いに体力を消耗させ精神的なダメージも大きいです。

自らで苦しい選択をしてしまえば健康にも影響してくるかもしれません。

結婚して数年はどちらかが合わせるといった方法で乗り越えられたとしても、子供が産まれ環境が変われば女性の価値観も違ってくることが多くなってきます。

そんな時は二人の意見を出し合って共有できる価値観を作り上げていけば良いだけの話しです。

自分の意見を押し通そうとせずにお互いの気持ちを組み入れたものを二人で作り上げていけば幸せな未来が待っていると言えるでしょう。

そして、離婚という悲しい結果は誰も望んでいませんよね?

お互いが好きで一緒になったのに価値観の違いだけで別れてしまうのはあまりにも馬鹿らしいことなのです。

解決できる方法は少ないですが、二人が真剣に相手の事を思っていればきっと良い案が見つかるはずです。

せっかく巡り会った二人がちょっとした考え方の違いで離婚してしまうのはもったいないと思いませんか?

その時は喧嘩をしたとしても将来は笑い話にできるようにすることが大切であり二人にとっての幸せでもあります。

自分たちの仲に不安を感じ始めていたとしたら、勇気を出して新しい価値観を作ってみませんか?

【男女の価値観については、こちらの記事もチェック!】