夫婦での離婚の問題については、きちんと周りの人と相談の上行うようにしましょう。

結婚の時とは違い、離婚にはかなりのパワーと精神力を消耗します。

そのため、なかなか離婚にふみきれなかったりまた、離婚が長引いてしまい、なかなか離婚するタイミングやポイントがずれてしまうことにより離婚ができずにいる場合も考えられます。

離婚をすることで夫婦だけの問題ではなく子どもがいることにより子どもの将来のお金や養育費などの問題も絡んできます。

そのため、離婚をしたいけどどのようにしていいのかわからない、またどこに相談していいのかがわからない場合、こちらの記事を参考に離婚を進めていくといいかもしれません。

️離婚の相談をするなら…

まず、離婚を相談するなら離婚相談のカウンセラーや専門家を訪ねてみるのも良いでしょう。

さらに、身近なところで言えば自分の家族や親などに相談するのもいいかもしれません。

また、あなたが心から信頼できる友人がいるのであれば、その人への相談もいいかもしれません。

離婚の相談は、結婚のときの相談とは違い、かなり複雑でお金のことも絡んできます。

そのため、全てを1人で解決することが難しく、さらに誰かの協力がいる場合もあります。

夫からのDVや、妻が浮気したなど離婚の原因にもよりますが、場合によっては裁判になることも視野に考えていくといいかもしれません。

離婚は決定する前に必ず相談を!


離婚は独断で決定するものではなく、必ず誰かに相談をしておきましょう。

1人で考えて離婚をしてしまうことにより、周りが驚かされることとまた周りの信用をしなうことも考えられます。

また、離婚は結婚の時とは違い負担になることが増えてしまいます。

そのため、自分の両親にもその負担がかかることも予想しなくてはなりません。

ましてや、まだ子供が小さく手がかかる場合、自分の親の協力なくしては子育てができないのだと感じます。

このように、離婚するときに必ず単独で行うのではなく、周りに相談しておくことで、より協力を得られやすくまた、あなたの気持ちも前向きになれるのかもしれません。

必ず、離婚の際は決定してしまう前に相談をしておきましょう。

️離婚の相談で話すべきこと

離婚の相談で話すべきことをこちらでお伝えしていきます。

まずは、なぜ離婚に至ったのかをよく考えておきましょう。

離婚の原因が明らかでなければ、離婚することも難しく、また自分勝手な理由で離婚したい場合もよく考えてから離婚をするようにしましょう。

離婚は、したいと思いすぐにできるものではありません。

そのため、離婚の原因が相手にあるものであれば、この先あなた自身がどのように離婚をしていきたいのかをしっかりと考えておく必要がありそうです。

また、ご家庭にお子様が見えることで、より複雑な離婚になることも考えられます。

きちんと、周りにも子供の将来も含め離婚の相談をしておくべきでしょう。

なぜ離婚したいか


なぜ、離婚したいのか?その原因はどんなものですか?離婚することにより、結婚生活よりプラスになる事はありますか?など、様々な視点から離婚をする原因を考えていきましょう。

ただ、あなたの視点からだけでなく総合的に考えて離婚を決意することをおすすめします。

例えば、旦那さんの浮気であればそれを許せない奥様と、夫婦間の問題になります。

この場合、子どもの親権は奥さまに行くのが一般的となります。

しかし、奥様の事情により子供を旦那に預けなければならない時、親権は旦那にいってしまうことも考えられます。

なぜ、離婚したいのかをよく考え、本当に離婚しなければならないのかをきちんと考えて進めていくようにしていきましょう。

離婚なのか修復なのか

本当に、離婚すべき問題なのか、またその問題は修復可能なのかなど、きちんと答えを出していくことが大切です。

人に相談することで、離婚をするまでもないと言う人の意見や、離婚をした方が良いと言う人の意見もあります。

しかし、総合的に考えて離婚を決意するのはあなたの気持ちなのです。

離婚した後、きちんとやっていけるのか、生活やお金のことを考えながらでもきちんと離婚後に心配がないように根回しをしておくことも大切です。

このように、離婚を決意した後もきちんと生活ができる事が条件になります。

また離婚したいと考える中で、2人が折り合い話し合うことができ、修復が可能であれば離婚せずに修復する道を選ぶのも1つの考えです。

また、離婚をすることを先延ばしにし子どもたちが親元を離れてからの離婚も悪くありません。

どちらにせよ、離婚すべき問題なのか、離婚せずに修復可能な問題なのかもしっかりと考えていきましょう。

何を改善してほしいか

相手や自分の何を改善しなければならないのかをよく考えていきましょう。

相手が、お金の使い方が荒い人や浮気をよくする人であれば、そこを改善してもらいたいところになります。

しかし、夫婦間の価値観の問題や、将来性の方向性が違うことが原因であれば、なかなか改善することが難しいように感じます。

このように、具体的に何を改善して欲しいのか、またそれは改善可能なのかをよく考え、修復が可能であるならお互いに折れる心も大切です。

このように、相手に何を改善して欲しいのか、また自分自身何を改善しなければならないのかをしっかりと考えた上で、離婚をしなければならないのかを考えていきましょう。

離婚した方が良いのか

あらゆる原因を考えて、本当に離婚したほうがいいのかもよく考えていきましょう。

周りに相談することで、離婚せずに済むことも考えられます。

あなた1人の考えだけではなかなか前に進まないこともあるのです。

子供たちは、自分の将来のことを考えたときに、離婚を選択する方がお互いに幸せになれると考えるのであれば、それは本当に離婚した方が良いのかもしれません。

しかし、ここでの問題は離婚した後に養育費や生活費の問題、また子供の面倒を見てくれる大人が周りにいるのかなど総合的な判断も必要になってきます。

離婚する前は感情的になりやすく何でも自分でできるような気持ちになってしまいがちですが、いざ離婚した後に悩むシングルの方も多いと聞きます。

離婚の進め方について

きちんと離婚の理由が考えられ、離婚に至ったほうがお互いが幸せになれると結論が出た場合、離婚の進め方についてきちんとお互いが理解しておくことも大切です。

離婚の進め方についてですが、まずは夫婦間で離婚後の条件を話し合うようにしましょう。

次に、離婚協議書を作成し夫婦生活の中で得られた財産等を分与するための書類を作成していきます。

例えば、子供の養育費や生活費、慰謝料や財産分与などさらに子供の親権等についても協議されます。

離婚協議書を公正証書にしておくことで、万が一相手が支払いを命じられたにもかかわらず支払いに応じなかった場合、給与取り押さえなどの法的措置が取られることも可能になります。

その人通りが進んだことで、いよいよ離婚届を提出になります。

このように、離婚の進め方についてきちんと段階を踏むことにより離婚を成立させることができるのです。

️離婚の相談に最適な場所や人

それではここからは、離婚の相談に最適な場所や人などについてさらに詳しくご紹介していきます。

離婚問題を話したい場合、どの場所が適しているのか、また夫がDVなど暴力を振るう場合きちんとしたたくさんの人の目のある中で、夫の暴力が行われないように話し合いを進めていけるよう注意しなければなりません。

このように、きちんと離婚の相談に適切な場所や人を選んでおくことで、よりスムーズに離婚をすることができるのかもしれません。

きちんと段取りを踏んでおくことで、離婚後の生活にも協力してくれる人もいる事でしょう。

離婚の相談に適切な人を選べなかったことにより、あなたが悲しい思いをしてしまわないよう、きちんとした人選びも大切です。

️離婚の相談に最適な場所

それではここからは、具体的に離婚の相談に最適な場所をご紹介していきます。

一体、離婚の話をするのにどこを選べばいいの?子供がいる場合は?などそんな人にもオススメな場所を紹介していきますので、子供に離婚の話を聞かれたくない場合にも、きちんと段取りを考え離婚の話をする際には自分の両親などに子供預けたり、両親が面倒を見れない場合、誰かに預けておくことも考えなければなりません。

さらに、離婚の相談場所に最適な場所をいくつかあげていきます。

あなたがきちんと話し合いができる場所ではならないため、あなたが1番リラックスして話し合いができる場所を選ぶといいかもしれません。

カフェ

カフェは静かな落ち着いた雰囲気の場所を選ぶと良いでしょう。

そのことにより、お互いに落ち着いて離婚について話し合いが進みそうです。

また、カフェですのでコーヒーやあなたのお気に入りの紅茶などを選ぶことでより心を落ち着かせ、気分を鎮めながら話をすることができるかもしれません。

冷静に話し合いができないような状況では、離婚も成立することができません。

相手の状況や自分の状況もよく把握し、お互いに冷静な話し合いができる場所を選ぶことで、より離婚の話もしやすくなるのではないでしょうか?また、夫に暴力がある場合上での話し合いはお勧めできません。

さらに、感情になりやすい妻がいる場合も、カフェを選ぶことでより落ち着いた雰囲気になるどころか、取り乱してしまうことも考えられます。

ファミレス

ファミレスは様々な層のお客様がいるため、非常に話しやすい状況になりやすいと言えるでしょう。

また、DV夫や、感情的になりやすい妻などの場合、ファミリーレストランのようなたくさんの人の目がある場所を選ぶと良いかもしれません。

また、2人だけでの話し合いが不安な場合お互いの両親や友人、知人などを踏まえ話し合いをするといいかもしれません。

絶対に暴力をしない、感情的にならないと言うことを条件に呼び出し離婚への話し合いを進めていきましょう。

さらに、ファミレスはお客さんの出入りも激しいため長くその場にいるお客さんも少ないため、長々と離婚の話をしていても最後まで話を隣で聞いているお客さんもいる事はありません。

このように、ファミレスでは様々な人の目もあり出入りも激しいためDV夫や感情的になりやすい妻との話し合いには向いているのかもしれません。

居酒屋

居酒屋で、離婚の話をする場合お酒など入りすぎないよう気をつけておきましょう。

また、居酒屋ですので夜子供を誰かに預けて居酒屋に行くわけですので、離婚の話をしに行くことが目的で、お酒を飲み過ぎてしまうことがないよう十分に気をつけておきましょう。

きちんと離婚の話し合いができる状況を作り上げておくことが大切です。

お互いに少しのお酒でリラックス状態した状態で話したい場合にはオススメですが、離婚することで気持ちを紛らわすためにお酒を進んでしまうことも考えられます。

そのため、お酒を飲み過ぎてしまったり、離婚の話し合いをする趣旨がずれてしまわないように気持ちを引き締めて話し合いをするようにしていかなければなりません。

個室の飲食店

顔が見えない、個室の飲食店がお勧めです。

2人が落ち着いて離婚の話ができるため、非常に向いていると言えるでしょう。

また、個室になることでお隣同士の顔見えないため離婚の具体的な原因や内容についてまで深く掘り下げて話ができそうです。

さらに、個室になることで2人だけの空間ができます。

もし、離婚話にするにも修復する話にするにも、狭い空間で2人きりで話ができることにより、お互いに心が打ち解けることもあるかもしれません。

このように、個室での飲食店を利用することでより離婚の話を進めやすくなったり、またお互いの状況を冷静に判断することができ修復に至る場合も考えられます。

お互いに向き合って狭い空間で話をするため、よりお互い真剣に向き合うことができるのかもしれません。

ホテルのラウンジ

ホテルのラウンジは、雰囲気がありロマンチックな落ち着いた雰囲気で話ができそうです。

もし、離婚の修復を考えているのであればホテルのラウンジなどの眺めの綺麗な場所での話し合いをおすすめします。

ホテルのラウンジと言うことで、お互いに少々かしこまった気持ちになるため、その緊張感が2人が向き合って話のできる状況を作り上げてくれるかもしれません。

きちんと話し合いで解決したい場合や、相手と離婚を躊躇している場合、相手の気持ちを探るためにも落ち着いた雰囲気の素敵な場所を選ぶことも1つの方法かもしれません。

また、居酒屋同様に離婚の話にお酒が進んでしまうことがないよう、お酒をセーブしておきましょう。

また、お酒を飲むことで、相手が真剣に話をしてくれないと感じてしまえば、試合もできなくなりますのでできるだけお酒は飲まないよう注意しておきたいものです。

相手の自宅

すでに別居している場合、相手の自宅へ行って離婚の話をするといいでしょう。

相手の自宅と言うことで、相手が浮気をしていた場合証拠の品も発見することが考えられます。

離婚の時には必ず相手の浮気の証拠が必要になることが考えられます。

そのため、相手の自宅へ行くことにより離婚を促進できる材料が揃うかもしれません。

しかし、ここでの注意点は絶対に感情的にならないことです。

感情的になってしまうことで、話し合いすらできなくなりまたあなたに不利なことを起こしてしまう可能性も考えられます。

このように、相手の自宅いくことで離婚の話を進めることができるようになる反面、イヤのものを見つけてしまったり、浮気の証拠となるような品も出てきたりしてのことが考えられます。

十分に注意していきたいものです。

自分の自宅は絶対ダメ

相手の自宅行く事は良いですが、自分の自宅に呼ぶ事はやめておきましょう。

自分の自宅に呼ぶことで、相手が離婚を躊躇し出したり、また自宅が恋しくなるのかもしれません。

あなたに非が無く相手に非がある場合、自分の自宅に呼ぶ事は絶対に止めておくようにしましょう。

自分の自宅に招き入れることで、より相手の気持ちを迷わせてしまうことにつながりかねません。

このように、相手の自宅に行ってこの話をするのは良いのですが、自分の自宅に相手を招き入れる事はやめておく方がいいでしょう。

さらに、子どもたちが居るのであれば尚更離婚の話が出ている中、迷わせてしまう事になりかねません。

十分に注意して自分の自宅に招き入れる事はやめておきましょう。

車の中

車の中であれば、相手の自宅とは違いさらに狭い空間になるので話しやすくなる場合も考えられます。

しかし、狭い空間に閉じ込められる気持ちになるため感情的になりやすく、相手を責めてしまうことも考えられます。

離婚する際に絶対にやってはいけない事が、感情的になってしまうことです。

車の中と言うことで、密室になるため相手もあなたに感情ぶつけてくる場合があります。

車の中はオススメですが、感情的や暴力に走りやすい傾向もありますので、感情的になりやすい人や暴力に走りそうな気配がある人であれば、車の中での離婚の話し合いは控える方がいいかもしれません。

電話

「もう会いたくない」、「顔すら見たくない」と言う人であれば、電話で離婚の話をすることが良いかもしれません。

できれば顔見てお互い話し合い離婚することができれば理想的なのですが、なかなかそのような状況に至らない場合も同様に電話で済ませる方がいいかもしれません。

また、感情的にならないよう気をつけて話し合いを進めていきましょう。

また、電話越しでも子供が居る場合しっかり子供が話を聞いている場合が考えられます。

保育園や学校などでぽろっと離婚の話をしてしまわないよう、子供の前で結婚の話をすることも避ける方が良いでしょう。

️離婚の相談に最適な人

それではここからは、離婚の相談に最適な場所を選んだ後に、離婚の相談に最適な人を選んでいきましょう。

離婚の相談に最適な人にはどのような人を選ぶと良いのでしょう?あなたの身近な人やあなたが心を開いて親身に話せる人、またあなたの状況をよく理解してくれてる人に相談をすると良いかもしれません。

また、あなたがきちんと心を開いている人、あなたが相談することによりサポートしてくれる人などに相談するのも良いでしょう。

離婚すると言う事は、今まで2人でやってきたことをひとりでしなくてはなりません。

そのため、必ず誰かのサポートが必要になる時がやってきます。

このように、離婚の相談に最適な人を選んでおくことで、その後のサポートしてくれることにもつながりますので、人と選んでおくようにしておきたいですね。

両親

自分の両親に相談しておくことで、離婚後のサポートも含めきちんと相談に乗ってくれることでしょう。

また、両親に相談することで離婚を決意することができるかもしれません。

その背景に、離婚後1人で子供の面倒を見なくてはならなくなりません。

そのため、必ずサポートしてくれる人が必要になります。

そのサポート役に両親にお願いしてみてはいかがでしょう?また、両親に相談することで離婚に対し1番良い方法を教えてくれるかもしれません。

やはり、自分の親は自分の子供のことを1番心配し考えているものです。

まず、離婚を考えたら親に相談することがいいかもしれません。

兄弟姉妹

あなたに兄弟や姉妹がいる場合、年齢や境遇も近いため理解してくれやすいと考えられます。

そのため、自分の両親に離婚の話をするのに躊躇してしまう場合、境遇の近い兄弟や姉妹を頼ってみるのもいいかもしれません。

また、兄弟や姉妹は年齢や境遇も近いため、親身になって自分のことのように話を聞いてくれるかもしれません。

身内であれば、変な噂も立てられることもなく、信頼して話ができます。

このように、あなたに兄弟や姉妹がいることで、離婚の相談を考えてみるのも良いですね。

既婚者

同じような境遇と言えば、年齢の近い既婚者の人に相談するのも1つの手です。

既婚者は、夫婦とうまく折り合って生活しているので、離婚を促されるより修復を促される方が大きいかもしれません。

そのため、あなたが思ってるような答えは返ってこないかもしれませんが、夫婦の大切さやありがたさについて知ることができるかもしれません。

このように、既婚者に相談することでより夫婦のありがたみや大切さを教えてくれることにつながるのかもしれません。

あなたが本当に心から信頼できる既婚者がいる場合、いちどその人に離婚の具体的な内容と離婚したい旨を伝え、どのように感じるのかを本音で伝えてもらうようにしてみるのも良いでしょう。

離婚経験者

ここは、離婚経験者の人に相談することで、より具体的でリアルな話を聞くことができます。

離婚経験者は、離婚の大変さや苦しさもよく知っています。

また、離婚後の生活に関してもどのように生活していっているのかについても聞くことができます。

このように、離婚経験者にリアルの話を聞くことで、より離婚についての決意が固まったり、離婚について色々な情報が得られるためあなたが本気で離婚を考えているのであれば、離婚経験者に相談することが1番良いのかもしれません。

また、離婚の原因や離婚したい理由が似ている場合なおさら話を聞くことにより、あなたの求めていた答えが返ってくるのかもしれません。

友人

友人に相談をすることで、客観的な見方ができあなたにアドバイスしてくれるかもしれません。

もし、あなたが離婚を躊躇していたり離婚を本気で悩んでいるのであれば、友人の本音や意見を聞きあなたが感じたことを選択していくといいかもしれません。

友人は、第三者になり客観的な物の見方ができますので、自分の考え方やものの見方を客観的に見たい場合にお勧めです。

友人も離婚の経験がなくてもあなたが真剣に離婚を考えている姿を見て、サポートをしてくれるようになるかもしれません。

このように、信頼できる友達に相談することで、あなたのことを応援してくれる人になるのかもしれません。

親友と呼べるくらいの人がベスト

ここでの注意点は、親友と呼べる位の友達がベストになります。

顔見知りや知り合い、友達レベルの人であれば離婚などの込み入った話をする際に、他の人に離婚の話をされたり、他人にどのように話が伝わるかもわかりません。

きちんと信頼のおける親友と呼べる友達に話をすることが大切です。

変なママ友や友人に話してしまった事により、学校などで離婚の話が蔓延してしまい、あなた自身の子供へ自分たちが離婚することを伝える前に子供に知られてしまったと言う話もありますので、ぜひ話す相手を十分に選んで離婚の話をするようにしていきましょう。

上司や先輩

仕事での上司や、昔から知っている先輩などに相談をすることで解決する場合もあります。

また、上司や先輩は自分より長く生きているため経験がある人も多いのです。

そのため、あなたが信頼できる上司や先輩に相談することにより、離婚を前向きに考えられるようになるかもしれません。

きちんと状況を伝え話をすることで、相手もあなたにできることを考えてくれるのかもしれません。

さらに、上司や先輩に離婚経験者がいる場合、その人たちに相談してみるのも良いでしょう。

さらに、素敵なアドバイスを切ることができるかもしれません。

結婚相手の友人

結婚相手の友人に相談してみるのも良い考えですね。

結婚相手の友人と言うことで、必ず他の人には漏らさないように釘を刺しておく必要はありますが、結婚相手のことをよく知る人になりますので、どのような心境や状況になるのかを理解してくれるのかもしれません。

ここでのポイントは、結婚相手の友人に話すことで自分の味方を作るのではなく、結婚相手の友人に話すことで離婚について、相手とどのように関われば良いのか、また離婚をした後にどのようなことが考えられるのかを中心に相談していくといいかもしれません。

結婚相手の友人なれば、結婚相手からの相談も受けている可能性が考えられます。

このように、結婚相手の友人に相談を持ちかけることで、結婚相手の本音を聞けることがあるかもしれません。

興信所

興信所(こうしんじょ)をご存知ですか?企業や個人の信用・所在地、行動などの調査を行う民間の機関になります。

いわば、探偵という事になります。

興信所へ行くことにより、結婚相手に合わなくても相手の身辺調査をすることができます。

さらに、結婚相手の友人などに相談してしまうことにより、あなたの気持ちを話すなくてはなりません。

そうなると、結婚相手にあなたの気持ちを知られてしまうことも考えられます。

興信所のように探偵の仕事をしてくれる所へ頼むことにより、誰にバレることでもなく、結婚相手の身辺調査を行うことができないようになります。

しかしその場合、お金がしっかりないと雇えないことが考えられますので、きちんとお金の確保が大切です。

また、探偵や興信所などの機関により様々な金額設定も考えられます。

そのため、あなたが結婚相手の身辺調査を行って欲しい内容により音楽をある程度見積もっておく必要もありそうです。

弁護士

弁護士を雇うことで、離婚が早く成立する場合が考えられます。

弁護士が、相手の調査も含め行ってくれる可能性があります。

また、離婚の親権問題や財産分与、離婚後の生活費など全てにおいて問題を解決してくれることも考えられます。

しかしこちらも興信所や探偵のようにお金がかかってしまうことが前提です。

そのため、無理をして大金を支払い後で泣き寝入りが内容考えていかなければなりません。

自分に非がないのであれば、問題ありませんが、あなたに非がある場合弁護士を雇うことも考えなければなりません。

️離婚の相談は場所と相手をよく見極めて

いかがでしたか?離婚の相談はきちんと場所と相手をよく見極めてから選ぶようにしていきましょう。

あなたの勝手な判断や思い込みで間違った選択をしてしまわないよう充分に気をつけておきましょう。

また、あまり親しくない人に話をしてしまうことで、話がどのように伝わっていくかもわかりません。

後で失敗してしまったと言うことがないように気をつけておきたいところです。

また、離婚する気持ちが「寂しい」や「悲しい」気持ちになるのはわかりますが、人を選んできちんと話をするようにしていきましょうね。

自分の身は自分で守ることしかできません。

子どもがいるのであれば、なおさらのこと軽はずみな行動することができません。

子どもの将来や離婚後の生活などきちんとどのようにしていくのかを考えた上で、正しい離婚を選択していきましょう。

【離婚カウンセラーについては、こちらの記事もチェック!】